Sweetheart Of The Radio

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あれから1年・・・

 ロイヤル・アルバート・ホールの画像  『ロイヤル・アルバート・ホール』 / ボブ・ディラン 早いもので、萩原健太さんのNHK-FMのオールディース番組が終わって、今日で1年になりますが。9年間全437回の放送を聴き、記録し、そして毎週のようにリクエストカードを書いてた楽しみを奪われた淋しさは、今尚、完全には埋め切れずにいます・・・。どうやら健太さんは、今日のTBSラジオ「ストリーム」ではドナルド・フェイゲンの新作を紹介されてたようですけど(ディオンの新作もこの前紹介されてたみたいですね)、やはりWBC優勝のお話もされたんでしょうねぇ・・・。とにかく春の到来以上にNHK-FMでのDJ復帰が待ち遠しいばかりです。   その前に、まず僕がやらなければいけないことは、ネット上に健太さんの番組の記録をしっかりと構築すること。ちなみに上記写真の左側に写ってるのは、僕が9年間、毎回欠かさず番組を聴きながら記録してたノートです(これがRadio Sweetheartを立ち上げる元になりました。全部で7冊程あります。最初は特集名や主要曲目くらいしか書いてなかったのですが、2年目くらいから曲目と共にチャートや年代、更にはオンエアで話題になったことや、五輪やW杯、ワイドショーねたなど、その時々の出来事なども出来る限り書き添えるよう心掛けてました)。そして写真右側に写ってるのが、先日、豊島区2号さんから頂戴したFMファンの健太さん関連の番組表の一部(お忙しい中、何と96年から2001年までの大量のページを切り抜いて送って下さいました!本当に有難うございました!!)。おかげで、手始めに「ポップス・グラフィティ」96年4月放送分のエアプレイ・リストをHPにUPすることが出来たのですが、まだまだ道半ばなので、以後も協力者の皆様のご好意を決して無駄にすることのないよう、僕のノートとすり合わせつつ、少しずつ入力作業を重ねて行くことを今日ここに誓います♪(健太さんの次の番組が始まる迄に作業完了を目指して頑張ります!)。  話は変わって、ボブ・ディラン『ノー・ディレクション・ホーム』、一昨日(3/19)に京都みなみ会館に観に行って来ました。関西公開2日目の日曜日の割りには、意外と空いてました(ピーター・バラカンさんも執筆されてるパンフは800円。500円のポスターはイマイチだったので買いませんでした)。宇田和弘さんもレココレ2月号に書いておられましたけど、マンチェスター公演の「ユダ!」、カラーで映像が残ってたんですね!プレイ・イット・ファッキン・ラウド、鳥肌立ちました(若い頃のリック・ダンコもやっぱカッコいいわ)。 でも、「こりゃ流石に最近のジョニー・キャッシュ・マイブームもひと段落して、一気にディラン・モードにシフトするか」と思いきや、ジョニー・キャッシュも映画に登場してたのでそうも行かず(^^;)、更にまさかの雪降りの中(!)帰宅して、上柴とおる親方のFM-COCOLO「南港♪ミュージックエンタテイメント」の録音聴いたらストーンズ特集だったので、益々頭の中はこんがらがる一方(この辺みんなディランと繋がってるので尚更です)。トム・ペティ熱もまだまだ引きずってるのですが、加えて、アレン・ギンズバーグの足音も忍び寄って来てるかも!?。 とはいえ、まだまだ映画の余韻に浸っていたいところなので、只今のBGMは、まさにそのプレイ・イット・ファッキン・ラウドな1966年5月17日のマンチェスター公演を完全収録した『ロイヤル・アルバート・ホール』のエレクトリック・セット(Disc2)。「ポップス・グラフィティ」1998年11月2日放送でも特集して下さってましたけど、この凄まじい演奏にはただただ痺れるばかり。そう言えば湯浅学さんがNHK-FM「私の名盤コレクション」出演時に「ディランを聴き続けるとディラン酔いする」というようなことをおっしゃってましたが、どうやら僕も既に酔いがまわって来てるようです(^^;)。
スポンサーサイト

| カテゴリ無し | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |