Sweetheart Of The Radio

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大阪下町長屋カフェ

ということで、5/14(日)「ジュリーのコンサートに行く」日記の続き②です。 そもそも、僕がR cafeに行こうと思ったのは、毎日放送の音楽番組でaikoが行ってるの見て素敵なカフェだなと心惹かれたからなんですが、お店に入ると、レジ手前の腰板には「大判小判がじゃくじゃく、痛快!エブリデイ」桂雀々さんのサインがありました(笑)。    ◎R cafe:http://rcafe.littlestar.jp/ 玄関で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えてると、「2階のお席にどうぞ」とおっしゃって下さったので、その言葉に従い、傾斜キツめの階段を上ったら、2階席はしばし貸切り状態。流石はリサイクルが信条のR-Cafeだけあって、テーブルは古い木戸を再利用したものなら、手渡されたメニューは藤山一郎センセイのレコード盤でした(裏面が笠置シズ子さんなのが尚グーです・笑)。   僕が注文したのはオムライス(ランチタイムはミニサラダ付きで680円。プラス200円でドリンクが付くので冷珈を頼みました)。フードメニューはそんなに種類がないので、実のところあまり大きな期待はしてなかったんですが、でもこれがケチャップの甘みがやさしくて、家庭的な味でとってもおいしかったです!それに何より、下町の風情やら気取らない長屋の佇まいが妙に懐かしくて居心地良くて、気付けば結構長いこと居座ってました(^^;)。BGMに流れる原田郁子さんの歌声もそんな雰囲気にマッチしてて、ほっこりええ感じでした♪(店内には、ペンションの落書き帳みたいなのが何冊か置いてあったので、僕も記帳すると共にパラパラ読ませて貰ってたんですが、遥々東京から来られてるカフェマニアの方も複数いらっしゃるようでした。でもその気持ちもわかります。僕も大阪来る度にここ通いたいくらい、すっかりファンになりました)。  ピアノの画像  『ピアノ』 / 原田郁子 (以下パート③に続く)。
スポンサーサイト

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春の京都遠足④

アーカイブ・シリーズその④、すっかり遅くなってしまいましたが(汗)、4月9日(日)の最終章です。 ガケ書房を出た後は、今出川通まで戻って、市バスで「出町柳」へ移動。賀茂川べりの河原のベンチにでも座って、のんびり夕方の情景を楽しむつもりが、花見客の数が物凄くて全然和めず・・・(とくに中洲は学生サークルと思しき複数の若者の団体で大賑わい状態・汗)。なので結局、缶コーヒー飲んで軽く一息入れただけで退散(でも帰りにしっかりお子茶間達に混じってデルタ地帯の飛び石ピョンピョンして来ました・苦笑。そう言えば、映画『パッチギ』のケンカのシーンって、ロケ地ここですよね?)。   「出町柳」からは京阪電車で「三条」へ。移転して新しくなった新京極のビーバーレコードを軽く覗くも、広くてキレイになった代わりに以前の面白味がなくなって正直ガッカリ(一緒に移転したセカンドハンズが完全に吸収合併されてて、まるで「まんだらけ」っぽいJETSETみたいというか・・・。また一つ僕の好きなお店が消えてしまいました。やっぱりセカンドハンズはセカンドハンズとして残しておいて欲しかったです)。     マエダコーヒー明倫店(京都グルメMAPさまより♪) 気を取り直して、夕食はマエダコーヒーの明倫店で4月限定の「オクラのキーマカレー」(サラダ、ドリンク付きの小セットで780円。売り切れ寸前の最後の1人前だったようです。特典デザートはアイスでした)。いつもはランチに利用してましたが、夜の旧明倫小学校はライトアップされてて、奥のギャラリーで生け花展が開催されてたこともあり、廊下にも飾られたりして、レトロな佇まいが益々素敵でした。実を言うと僕、オクラ食べるのはこれが初めてだったんですが(我が家の食卓には並ばないもので・汗)、ピリカラのキーマカレーとの相性も良くて、美味しく頂けました。 で、カレーと言えば、この前、よみうりテレビの「大阪ほんわかテレビ」で「関西ではカレーにソース、関東では醤油をかけて食べるのが主流」(某食品メーカー調べ)と言ってたんですが、本当なんでしょうか?(確かに、僕はどちらかといえばソース派ですが)。 尚、下記の「カレー専用ソース」は、ルーではなくてご飯にかけて食べるのだそう。  ◎蛇ノ目食品 廣田徳七商店:http://www.kyoto-thinking.co.jp/hirota/ 一方、カレー専用の醤油はルーにかけるみたいです。  ◎湯浅しょうゆ:http://www.yuasasyouyu.co.jp/ (※6/19UP)

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨の長浜ドライヴ

3月12日(日) 雨 待ちに待った日曜日。 「パレードに雨なんて降らせないで♪」とカーステでピチカート・ファイヴなどを流しつつ、琵琶湖岸を北上して太閤秀吉さん~山内一豊ゆかりの長浜市でレイニー・ドライヴ(本当は春の陽射しの中を「陽の当たる大通り」や「ベイビィ・ポータブル・ロック」を聴きながら湖岸道路ドライヴとシャレ込みたかったんですけどね・苦笑)。生憎の空模様ながら、折りしも盆梅展の最終日で、「北近江一豊・千代博覧会」開催中ということもあってか、市内中心部の観光客向け駐車場は軒並み満車状態(汗)。仕方なく少し離れた長浜駅西側の市営駐車場に車を入れて、歩いて黒壁スクウェアへ。 既にお昼も過ぎてたので、まずは腹ごしらえにと向った先は、「カフェレストラン洋屋」(北国街道沿いの「秀吉公の茶亭門」を潜り、石畳を少し奥に進んだころにある、蔵を改造した落ち着いた雰囲気のお店です)。窓際の席でボサノヴァのBGMを聴きながら、僕が注文したのは一番人気のオムライス(サラダ付きで750円)。クリームソースとケチャップの2種類あったので、定番のケチャップにしたんですが、ご飯にもしっかり味が付いてて、シンプルながら美味しかったです!でも次回はクリームソースに挑戦してみたいと思います(と、早くもまた行く気満々の食いしん坊野郎なのでした・苦笑)。 エピソード②に続く・・・。 ≪この日のDrive Music♪≫ ◎ピチカート・ファイヴの自家製ベストMD ◎『ビート・ザ・スポンジトーンズ』/スポンジトーンズ ◎FM-COCOLO「南港♪ミュージック・エンタタイメント」(殿下特集) そう言えばピチカート・ファイヴは、3月31日に15タイトルが新装再発されると共に新たな編集盤が2枚発売されるみたいですね。  pizzicato five bestの画像  pizzicato five????の画像  『pizzicato five best』  『pizzicato fiveの名曲集』 ≪関連リンク≫ ◎黒壁スクウェア:http://www.kurokabe.co.jp/ ◎小西康陽さんの公式サイト:http://www.readymade.co.jp/

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『コーヒーもう一杯』

 コーヒーもう一杯(1)の画像   『コーヒーもう一杯』(1)   ここ数年、マンガといえば本秀康画伯ひと筋の僕なんですが(レコスケくんグッズのコレクションもじわじわ増える一方・笑)、実は今ちょびっとだけ浮気させて頂いて(^^;)、山川直人さんの『コーヒーもう一杯』を愛読してます。といっても、この本買ったのは、地元のヴィレッジヴァンガードの本画伯コーナーのすぐ横に置いてあったのが目に止まり、タイトルに心惹かれたからなので、僕の中では一応画伯つながりなんですどね(と勝手な言い訳・笑)。著者による前書きでは、やはり本のタイトルはボブ・ディランの曲名から拝借したものの、中味はディランとは関係ないとのことでしたが、でもディランを聴きながら描いたページが沢山あるんだとか。本の帯には「カップ一杯分の温もりににも似た、コーヒーを巡る、ささやかな物語集」という一文があるのですが、まさしくその通りで、僕もこの作品に、時にはほろ苦く、時には甘いコーヒーのような味わいやほっこりとした温もりを感じてます(そして、読めば読むほど無性に旨いコーヒーが飲みたくなります・笑)。先日は朝日新聞の書評で湯浅学さんが取り上げておられたのですが、もしかしたらこの本からは、(タイトルだけでなく)ある種の音楽好きを惹き付ける香りが立ち篭めているのかもしれません。 下の写真は、この前、歩き疲れて、何気にふらっと立ち寄ってみたゴッドマウンテンカフェ京都四条店のコーヒー。ブレンド250円とお手頃価格ながら、なかなかどうして本格的な味わい。閉店1時間前だったからなのか、3割引だったホットサンド(ハムツナ)も、コンビニやファーストフード店より断然美味しいなと思ったら、どうやらお店の手作りだったようです(広々とした2階席は禁煙でBGMは落ち着いた雰囲気のJAZZ。椅子やテーブルもゆったりしてて結構居心地良かったのですが、帰宅後PCで調べてみたら、2階ではインターネットも利用出来るみたいです)。         ゴッドマウンテンカフェ京都四条店  (こちらのページでも紹介されてました♪) 更に、ここのベーグルは「どっちの料理ショー」でも紹介されたことがあるらしくて(そう言えば店頭にもそんなようなこと書いてありました)、楽天市場にも通販ショップがありました。  http://www.rakuten.co.jp/godmountain/ 今迄、京都でのレコード店巡りの休憩やライヴ前のちょっとした待ち合わせ等には、大体ドトール派の僕でしたが、これからはゴッドマウンテンカフェにしようと思います♪

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅葉狩りのはずが・・・

 喫茶ロック~キング編の画像  『喫茶ロック~キング編』   東福寺で紅葉狩りを満喫した後は、おけいはん(京阪電車)に乗って四条へ移動。お昼ご飯を食べにお友達に教えて貰ったカフェコチに行こうとしたところ、タイミング悪く定休日だったのでガックシ。 結局、歩き疲れて迷った末にマエダコーヒーの明倫店に行ったのですが、気付けばお昼時はとうに過ぎ、すっかりオヤツの時間だったので、流石にお腹ペコペコでした(^^;)。 マエダコーヒーの明倫店は、平成5年まで小学校だったレトロな造りの明倫ビル(現在は京都芸術センター)の1階にあるんですが、店内には、かつての教室だった頃の面影もそれとなく残っていて、まるで「永遠の放課後」気分♪(この界隈は、こうしたレトロなビルと、昔ながらの町屋が混在していて、なかなか雰囲気のいいところです。実は7月にも来てました)。      マエダコーヒー明倫店(京都グルメMAPさん内の紹介ページ♪) そんな雰囲気の中で、僕が注文したのはハヤシライスのセット(サラダとコーヒーが付いて中サイズで850円)。中サイズでもかなりボリュームがあってお腹一杯になったのですが、更に京都グルメMAPのHPみましたと言って食後にキャラメルりんごデザートをオマケして貰ったので(このアイスがコーヒーとの相性抜群でまた美味しかったんですよ!)、心もお腹も満タンになって、マエダで結果オーライだったような気がします(^^)。近いうちに今度は豆乳チャイ(350円)を飲みに来たいです♪     その後、三条~四条界隈でブラブラと買い物を楽しんだのですが(その気になれば紅葉のライトアップにも行けたんですけど、昼間だけでも満喫出来たことだし、寒かったのでパス・苦笑)、久々に京都市役所近くの中古盤屋でドーナツ盤3枚100円コーナーを漁ってみたところ、思いがけずヒューイ・ルイス&ザ・ニュース「ビリーヴ・イン・ラヴ」日本盤プロモを発見!(イエ~イ!!)。       そんな訳で、紅葉狩りのハズがやっぱり最後はレコード狩りになってしまう音楽莫迦野郎なのでした(笑)。

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都カフェ探訪

11月4日 題して「ほっこりフライデー」日記の続きパート②  喫茶ロック now(2)の画像  『喫茶ロック now(2)』(ハンバートハンバートの「夜明け」も収録♪) 知恩寺から歩くこと約200m(もないかな?)、お昼ご飯を食べにやって来たのは京大北門前の「進々堂」。昭和初期の西洋建築で有名な老舗カフェです。       僕が頂いたのはカレーライスセット(ミニサラダ+コーヒー付きで750円)。量はちょっと少なめでしたが、レトロなお店の雰囲気も手伝って、何となく懐かしい味わい。基本的に最初からミルク入りのコーヒーも、やっぱり量はやや少なめながら(^^;)、まろやかな口あたりでした。     そう言えば、何でも「コーヒーにはミルクとお砂糖をたっぷり」が京都流儀なのだとか。おかげで甘党の僕もそれに乗っかって、堂々と甘口のミルクコーヒーをグビグビ飲めるので、京都のカフェが尚居心地よく感じるのかもしれません(苦笑)。その結果、何とこの日僕は更にカフェのはしごを楽しむことになるのでした(つづく・笑)。 ≪追記≫ カフェの話ついでに「ヤスヒロックSHOW」より業務連絡。3月から休業してる「ヤスヒロックCafe掲示板」ですが、クリスマス前~新年早々くらいの期間限定で、久々シャッターを開けようかと思ってます(でもお客さんが来なかったらひっそり閉めます・苦笑)。

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Driving Rain

7月3日(日) 雨 ドライヴィング・レインの画像 見かけによらず(?)、基本的に僕は「In My Room」志向が強くて、たとえ日曜日であっても、どこかに出かけるより、自分の部屋でゴロゴロ寝転んで、ギターをポロポロと弾いたり、お気に入りのレコードを聴いてウダウダ過ごす方が好きなんですが。それが雨の日ともなれば、何とも憂鬱だし、髪型もイマイチ決まらないし(って、ウソ付け、5年前からずっと丸坊主やんけ・笑)、車も汚れるので、尚更外に出るのが億劫で(^^;)。 でもでも、そんな僕を見かねてか、お友達が「雨の日でもたまにはどっか外遊びに行こうよ」というので、それならばとドライヴがてら琵琶湖岸にあるログハウスの喫茶店シャーレ水ヶ浜に行って来ました。   シャーレには、京阪神方面在住の僕の友人達もドライヴやツーリングで訪れてるようなんですが、この日も、生憎の雨模様ながら駐車場には神戸や横浜といった遠方ナンバーの車もちらほら(名古屋ナンバーのプジョーが何台か並んでました。多分プジョー・オーナーのツーリング・サークルか何かなんでしょうね)。      丁度、運良く琵琶湖に面したテラス席が空いてたので、そこに陣取り、僕が注文したのは、自家製ビーフカレー(サラダ付きで900円。カレーの前にあるラグビーボール型の木の板はお店のお品書きです)。何だか、毎週末のようにカレーを食べてるような気がしないでもないのですが(笑)、でもここのカレー、まろやかで旨みが凝縮してて、ホントに美味いの何の!勿論、あっという間にたいらげて、食後には、天然山水の竹炭焼コーヒーを頂いたんですが、これがまた口当たりが滑らかで、澄んだ味わいでとっても美味しいんですよ!(400円)。それに加えて、目の前に広がる琵琶湖をの~んびりと眺めながら頂くこのシチュエーションがとにかく最高の気分!(丁度、目の前にヨットが停留してあって、それが絵になる一方で、波打ち際にはペットのアヒルが何匹かジャブジャブ泳いでたんけど、そのコントラストが面白くて、何ともほのぼのさせてくれてるというか・笑)。       景色に関しては、やはり天気がよければ尚良かったんでしょうけど、でも、喫茶店のお庭のアジサイが雨に映えてとっても綺麗だったので、かえって雨でよかったのかもしれません。 以上、こんなふうに僕はDriving Rainを楽しんだのですが、たまには雨の日でも億劫がらず出かけてみるもんですね(^^;)。 PS.レジの脇にC.W.ニコルさんのサイン色紙が置いてあったので、帰り際にパシャリと携帯カメラに収めて来ました(笑)。シャーレは景色も最高なんですが、店内も天井に大きなファンが回っていて、フロア中央には薪ストーブがあったりと、とっても素敵な雰囲気の喫茶店なので、お近くにお越しの際は是非立ち寄ってみて下さい♪

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

混むさカフェ

ちょっと間が空いてしまいましたが(汗)、遅ればせながら6/11ミラクル・サタデー日記のパート③です(^^;)。   ディスカヴァー・アメリカズ・ハート&スピリット~ロッキン・ビーツの画像 新大阪駅に到着したのは、丁度、香川のお友達が乗って来る新幹線の到着時刻ピッタシの午後3時5分(ある意味これもミラクルじゃないでしょうか・笑)。とりあえず僕達は改札の前でお友達が出てくるのを待ってたのですが、お友達は別の改札から登場(笑)。「体調があまり良くないので、今日行けるかどうかわからない」みたいな話を聞いてたので、ちょっと心配してたのですが、元気な顔を見れて安心しました。 そして4人になったところで、再び地下鉄に乗って、またまた梅田へ。ライヴの開場までには、まだ時間もあるのでと、ヨドバシ梅田の7F「スウィーツミュージアム」内にあるカフェコムサでお茶することに。 土曜日だったせいでしょうか、エレベーターを降りると目の前まで長蛇の列が出来ていてちょっとビッ栗したのですが(汗)、でも、「コムサのカフェだけに土日は結構混むさ」などと、僕がしょーもない駄洒落を連発して失笑をかってる間に(^^;)、見る見る列は進んで、思ったよりも早く入店することが出来ました(しっかしまぁ、だだっ広いカフェですな~)。 当初僕は、「まだそんなにお腹も減ってないから、お茶だけでもいいや」と考えていたのですが、残りの女性陣3名が「みんなでいろんな種類のケーキを回し食べしたいから、あんたも何か頼み!」と言うので、結局、勢いに圧されてケーキも注文することに(^^;)。それで僕はアイスコーヒー(525円)と共にバナナのケーキを注文したのですが(630円。正式名称失念)、このバナナケーキが丸々バナナ1本以上使ってて、とにかく巨大なこと!(とっても美味しかったんですけど、お腹いっぱいになり杉て、少々気分が悪くなる程でした・苦笑)。      そんなふうに、巨大バナナケーキと格闘しつつ、呑気に談笑&ケーキ回し食べに興じていたら、いつのまにか時刻は午後5時。そこから地下鉄を乗り継いでライヴ会場となる南堀江のKNAVE(ネイヴ)へと向ったのですが、なんだかんだで、到着出来たのは開場時間の午後6時ちょっと前。あとから合流する予定だった愛知のお友達は既に会場に一番乗りしてました(^^:)。 ということで、以下はいよいよライヴ本編パート④につづく、なのですが、いつになりますやら(苦笑)。尚、写真はカフェコムサのバナナケーキと、ここでもやっぱりレコガシラくんでした(^^)。

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |