Sweetheart Of The Radio

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

播州赤穂ビートルズ探訪

Beatles

2016年08月30日(火)

新快速で片道2時間半かけて赤穂市立民俗資料館へ。

Beatles

「ビートルズ来日50周年記念展」
最終日に何とか間に合いました!


Beatles

ということで、今年の夏旅の記録その1。まさか昨年夏に続いて、2年連続で赤穂を来訪するとは思ってもいませんでしたが、これもきっとビートルズのお導き。そんな気がします。

Beatles

ちなみに赤穂市立民俗資料館入館料百円(!)、ビートルズサロン『GLASS ONION』は入館料の代わりにドトールの自販機でコーヒーを1杯。いずれも写真撮影OK

Beatles

お陰で旅気分と共にビートルズ気分をたっぷり満喫して、帰宅翌日からの稲刈りも頑張れました!では一旦、時間を少し巻き戻して・・・。

Beatles

2016年08月21日(日)

映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』
前売りムビチケ第2弾はショルダートート付き!
昨日早速、買って来ました。
トートだけでも500円以上しそうなのに、
映画込みで1500円とは有難い限り。
公開が待ち遠しいです。


Beatles

2016年09月02日(金)

ビートルズのミニチュアジャケットコレクション
『With the Beatles』でした。
一応、盤と内袋みたいなのも付いてますが、
内袋に入れるとジャケにはキツキツで収納難しいです。


Beatles

2016年09月17日(土)

やはりCDで買うことに意義がある
『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』
(そう呼ばせて下さい)、ようやく受け取りました。
レコードは朝妻一郎会長や亀渕昭信さんのコメント
なども掲載されてて、
耳に馴染んでるこれがあればいいかなと。


Beatles

2016年09月24日(土)

映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK–The Touring Years』、
昨日観に行って来ました。
正直、CDジャケは少々微妙に思ったものの、
10インチ盤ジャケ・サイズの映画パンフ(900円)は
なかなかゴキゲンな仕上がり!


BeatlesBeatles

興奮と熱狂の渦の中、PAもなく、
自分達の演奏がまったく聞こえない状況でも
一体感のあるバンドサウンドを奏でるビートルズ、
ポールのシャウト、カントリー・ロッキンなジョージのギター、
コンパクトかつタイトなリンゴのドラム、
ジョンがヒジで弾くオルガン(!)、
やはりシビレました。


Live at the Hollywood BowlLive at the Hollywood Bowl
(2016/11/18)
The Beatles


バッドフィンガー愛好家としては、ちらちら映るマル・エヴァンスの姿にも涙。
そして映画パンフを手に取って、「これならLPもアリかな」と心変わりしつつあるので、ビートルズの魔法、恐るべしです(笑)。

スポンサーサイト

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Revolution 69』

ビートルズ1 ビートルズ1

2015年11月06日(金)

「ガンプラEXPO」2015 in Osaka「怪獣酒場でランチタイム」の続き。
この日は待ちに待ったディスクユニオン大阪店オープン初日。余力があったら帰りに寄ろうかと考えていたものの、なんば~日本橋界隈ですっかり歩き疲れたし(^^;)、ツイッターで情報チェックしてたら朝とか行列が出来て結構混んでたようだったので、また後日ということに。それならばと、タワーレコード梅田大阪マルビル店に立ち寄ってみたところ、丁度『ザ・ビートルズ 1+ 』発売当日だけに店頭はビートルズ一色

ビートルズ1 ビートルズ1 ビートルズ1

とはいえ、ひねくれ者はこれだけ盛り上がられると逆に冷めてしまうというか、個人的には近年のビートルズ商法にすっかり食傷気味な上、そもそも『ビートルズ1』自体にあまり関心がなく(どちらかというと 『20グレイテスト・ヒッツ』世代)、映像にも執着が薄いので、どうも盛り上がれません。

ビートルズ1 ビートルズ1

実は11月末には爆音試写会の招待ハガキも頂戴したんですが、生憎都合がつかず、会場に足を運ぶことが出来ませんでした・・・。

ビートルズNo.1 ビートルズ

結局、耳に馴染んでるレコードがしっくり来ます。
『ステレオ!これがビートルズ Vol.1』『プリーズ・プリーズ・ミー』の曲順が違う来日記念盤。見開きジャケはペランペランでも(苦笑)、やっぱりアナログで聴くビートルズは格別。大学時代に買った米国発のコンピ盤『ヘイ・ジュード』もマルビルの店頭ディスプレイ見て思い出して、久し振りに針を落としました。

BEST OF 1966 QUARTETBEST OF 1966 QUARTET
(2015/6/24)
1966 QUARTET


そうそう『ザ・ビートルズ1』といえばこのパロジャケ、なかなか洒落てますよね!(The Fab Fourこれよりセンスいいなと思いました)。『加藤ひさしのコロムビア大行進』でもお馴染みの1966カルテット原田真二さんのライヴ観にビルボード行った時も開演前に彼女たちのPVがずっと流れてました。密かにファンです。

Revolution 69Revolution 69
(2010/7/5)
Tok Tok Tok


あとビートルズ関連で最近よく聴いてるのはドイツのアコースティック・ソウル・バンド(?)、Tok Tok Tokによるビートルズのカヴァー集『Revolution 69』。確か今年の春頃に細野晴臣さんがラジオでこのアルバムから2曲かけて下さってましたけど、そうか、2013年に活動休止してたんですね・・・。



今更ながらLPだと2枚組で曲数がちょっと多いということを知り、レコードも買おうかと気になってます。

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Basie's Beatle Bag』

バンザイ

先週の2015年5月13日(水)、当ブログのアクセス数50万を越えました。サービス終了により消滅した旧ブログと合わせるとざっと60万以上、仮に読者が3人だとしても一人20万回アクセスして下さったことになるので(笑)、いや本当に有難いことです。総拍手数6445にもビックリ。

厚く御礼申し上げます。

gremzgremzgremz

そんな中、ブログで育ててるグリムス(gremz)の木14本目。11本目までは内モンゴル自治区モンゴル国に植林して頂きましたが、先日、12本目(なのかな?)を千葉県九十九里海岸に植林したとの報告を頂戴しました(NGOの皆様、有難うございます!)。GW期間中のこどもの日ヴァージョン5月05日当日は金太郎さんがお目見えしてたんですね(^^)。

所詮はちっぽけな個人ブログと自己満足のエコアクションだとしても、何事も「継続力なり」。僕以外の人にとっては、大して面白くないかもしれませんけど(苦笑)、お暇な時にでもまたアクセスして頂けたら幸いです。

ベイシーズ・ビートル・バッグ
(2015/05/20)
カウント・ベイシー
VERVE
ユニバーサル

ということで、50万アクセス越えのお祝いミュージックカウント・ベイシー楽団によるゴキゲンなビートルズのカヴァー集『ベイシーズ・ビートル・バッグ』(1966年)。だってほら、ポール・マッカートニーOut Thereツアー開演前におけるプレショーで流れる「I Wanna Be Your Man」ってカウント・ベイシー楽団のヴァージョンだったでしょう。それもあって、これ聴くと益々気分が高揚して嬉しくなっちゃうんですよ。輸入盤のCD『On the Beatles』にはボーナス・トラックがたっぷり11曲も付いてましたが、やはりアートワークはオリジナル・ジャケの方が断然素敵。



丁度タイミング良く、近々ユニバーサルの"ビッグバンドの聖典"シリーズから1404円で再発されるみたいですね!

| Beatles | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田植え準備2015

田植え準備 田植え準備

2015年04月25日(土)

我が家の田植え準備もいよいよ本格化。
この週末は汗と泥にまみれてます
大阪公演の日程を先にしてくれたポールにホント感謝!)。

田植え準備 田植え準備

ちなみにこれ履く時、GUの足袋靴下が丁度いいことに気付きました(笑)。

田植え準備2015 田植え準備2015 田植え準備2015

2015年04月26日(日)

追記挿入。たんぽぽ、早くも綿毛のお散歩が始まってるところもありました。

Let Us In Americana the Music of Paul McCartneyLet Us In Americana
the Music of Paul McCartney

(2013/06/25)
Various Artists


そして、田植え準備に追われつつも、ポール来日公演の余韻を噛み締めてる今の僕に気分ドンピシャなのがこのアルバム『Let Us In Americana the Music of Paul McCartney』スティーヴ・アールブルース・コバーンをはじめ、ロドニー・クロウェルバディ・ミラージム・ローダーデイルといったアメリーナ系のアーティストによるポール・マッカートニーのカヴァー集で、1曲目に「Come And Get It」のカヴァーというのがまたバッドフィンガー・ファンとしてもちょっと嬉しいところ(^^)。リチャード&リンダ・トンプソンの息子さん=テディ・トンプソンが参加してる点でも個人的に要注目盤です(どうやらアマゾンの取り扱いはMPだけのようですが、CDもあります)。



最近、原田知世さんも歌ってる「I've Just Seen A Face(夢の人)」サム・ブッシュがカヴァー。やはりブルーグラスにもばっちりハマっててゴキゲンですねぇ!

尚、今回も最高に素晴らしかったポールの大阪公演については、既にメディアなどに出てますけど、一応ネタバレ防止の為、来日公演全日程が終わった後にゆっくりと、ということで。これから観に行かれる方はどうぞ存分に楽しんでらして下さい。

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すべてポールのせいさ

ポール号外

ポール・マッカートニーのリベンジ来日『アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015』、いよいよ目前に迫って来ましたが、来日の号外、有難いことに今回も頂戴しておりました(去年の黄色い号外、当初は額装する気満々だったんですけど、幻となってしまったので結局そのまま保管)。

ポール全面広告

勿論、ポール来日の朝日新聞全面広告も順次キープ。
やはり紙質は号外の方がちょっといいです。

ポール全面広告 ポール全面広告

武道館公演の号外は昨年のと大体同じデザインと配色ながら、今年の号外にはビートルズ武道館公演のチケットを踏襲したデザインが追加されてますね(それにしてもチケット代、いくら特別な公演にしろ、もうちょっと何とかならなかったんでしょうか・・・)。

paul

実を言うと、昨年の5月以降、ショックが尾を引いて、あまりポールを聴く気になれず、トリビュート盤『Art of Mccartney』もざっと試聴しただけで「ああ、こんなもんか」という感じだったんですが。バレンタイン米盤のDVD付き2枚組CDを貰えたのでリベンジ来日に向けて丁度いい具合に心持ちを切り替えることが出来ました(感謝)。加えて、1月に自分自身への誕生日プレゼントに選んだのは新曲「Hope For The Future」の12インチでしたし、先月には思いがけずラジオのリスナー・プレゼントという形でグロウキューブも手にすることが出来たので、これも全部ポールの演出じゃないかと思うくらいの素敵なタイミングに心躍らせています(^^)。

チョコ チョコ

ちなみにこれが今年のヴァレンタイン、というより、にゃれんたいんのチョコ。
食べにくいです(苦笑)。

それとビッテ「フチ田篤人が当選したら寄こせ」という交換条件付きだったものの、残念ながら当選ハガキは見当たらず(^^;)。

クラウドサージ

ともあれ、お陰様でコンサート・チケットも先週末「ヤマト運輸で発送します」とメールがあった翌朝には無事到着(今回はキョードー東京さんからの発送でCrowdsurgeのカッコイイ封筒ではなくキョードーの封筒、住所表記も漢字に変換されてました)。直前までハラハラさせられた一昨年とはえらい違いです(笑)。中止を経験してこそのポール・ファンとはいえ、今年こそはポールと共に夢のような素晴らしい時間を過ごせますように(祈)。

ぴあSpecial Issue ポール・マッカートニー来日記念号2015 (ぴあMOOK)ぴあSpecial Issue
ポール・マッカートニー来日記念号2015
(ぴあMOOK)

(2015/04/02)



諸々準備しつつ、この週末はぴあのポール来日記念MOOKを読んで、参考にさせて頂くとします(とくに2015 年号の健太さんによる2013年公演の分析をじっくりと。ついでに2013年号に掲載されてた健太さんのワシントン公演レポートも今一度再読!)。

TULIP

最後に、今回のブログ・タイトルはTULIPによる愛すべきビートルズのカヴァー集『All Because Of You Guys -すべて君たちのせいさ』からアイデアを拝借。当時シンコーミュージックの社員だったピーター・バラカンさんが発音指導をされてたなんて、最近まで知りませんでした!?


| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グロウキューブがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!

グロウキューブ

ラジオ関西『サイケトリップストリート』第1295回放送(2015年2月25日)におけるリスナー・プレゼントに初めて応募してみたところ、思いがけず当選の栄誉に与り、ポール・マッカートニーのグロウキューブを頂戴しました!?間違いなくレアな非売品のプロモ・アイテムですし、流石にもう入手出来るチャンスはないかもしれないと諦めかけてただけに尚更感謝感激(*>□<*)。同封して下さった番組ステッカーも嬉しいです!石井さん、有難うございました!!

グロウキューブ

ちなみにこのグロウキューブには交換可能なボタン電池が3個内臓、
こんな感じで点灯します。

グロウキューブ

しかもボタンを押す度に色が変わる仕掛けになってるではありませんか!

グロウキューブ

これならペンライトの代わりにコンサート会場へ持って行けるかしら、なんて(笑)。
それは冗談としても、昨年のリベンジとなる来日公演、上手い具合に我が家の田植えスケジュールと重ならかったので、勿論観に行く予定です!今年こそは、どうか無事にその日その時を迎えられますようにと、ポールの健康世界の平和を祈らずにはいられません。そう言えば『NEW』のジャパン・ツアー・エディション、ちょっぴりプライスダウンして再発されるようですね。本秀康画伯の表紙による『レコード・コレクターズ』増刊ポール本の発売も楽しみ!

グロウキューブ

そして『サイケトリップストリート』は来週の放送で祝1300回!!!
それなのに4月からは放送時間が土曜の深夜3時30分に変わってしまうとのことですが、マニアックなサイケデリック・ロックに加え、パブ・ロックパワーポップなども意欲的に紹介して頂ける貴重な老舗の洋楽ロック番組なので、とりあえず終了じゃなくて良かったです・・・。更に夜の深い時間であろうと、何曜日であれ、ロックで培った反骨精神でしっかり追いかけて、喜んで拝聴させて頂く所存ですので、どうぞ末永く続けて下さい!!これからもゴキゲンな放送、期待してます&応援してます!!!

 http://jocr.jp/blog/psyche.php

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Eight Days Cafe in Osaka

EIGHTDAYS CAFE EIGHTDAYS CAFE

2013年11月22日(金)

ザ・コレクターズ加藤ひさしさんバースデー・ライヴを見届けに行くべく、10日ぶりに大阪へ。その前に、まず立ち寄ったのは、ポールの来日を記念して期間限定でオープンしたエイトデイズ・カフェ(大阪店は中ノ島リバーサイド。京阪中之島線、初めて乗りました)。

EIGHTDAYS CAFE EIGHTDAYS CAFE EIGHTDAYS CAFE

元々はサン・ルイ・アミューズというフレンチ系のカフェ・レストランらしく、店内にディスプレイされてるレコジャケは本物じゃなくてコピーのパネルだったり、バイオリン・ベースヘフナーじゃなくてエピフォンのコピー・モデルだったりと、どうしても取って付けた感は否めないものの(^^;)、それでもBGMが全編ビートルズとあらば気分上々、10日前の興奮と感動も自ずと蘇ります。

EIGHTDAYS CAFE EIGHTDAYS CAFE

そんな中、僕がオーダーしたのは「Let It Be」と名付けられた「本日のパスタ」前菜サラダバケットが付いて1000円)。白魚メインのさっぱりとした上品なお味で、食後にはプラス300円でコーヒープチデザートも頂いちゃいました(^^)。

EIGHTDAYS CAFE EIGHTDAYS CAFE

食事を終え、レジで会計を済ませ、お店を出ようとしたら、店員さんから「お客様!」と呼び止められたので、はて何だろうと思ったら、嬉しいことにポールのクリアファイルを下さったではありませんか!?(ご覧の通り、表はアウト・ゼアー・ジャパンツアーのポスター、裏面は新聞の記事風に写真と湯川れい子さんによる文章が掲載。どうやら7月16日の夕方に東京都内や横浜、福岡で配布された朝日新聞の広告号外をクリアファイル化したものみたいですね)。お陰で、また一つ記念の品が増えました(有難うございました!)。

ただ残念ながら、(当初は東京店同様、年内いっぱい営業予定となってのに)大阪店は12月12日をもってクローズされたのとこと(11月22日の時点でグッズは既に売れちゃった後なのか殆ど置いてなくて、再入荷の予定もなし。お昼時でもお客さんの入りは・・・だったので、仕方ないのかもしれません)。

Timeless-the Musical Legacy of BadfingerTimeless
-the Musical Legacy of Badfinger

(2013/11/21)
Badfinger


そう言えば、僕がポールにお熱を上げている間に、以前から噂のあったバッドフィンガーの新たなベスト盤、『Timeless』がようやくリリース!来年2月には国内盤も出して頂けるようですが、オール・タイム・ベストと言いつつワーナーの音源は2曲だけなんですね(それも1曲は再結成「ガラスの恋人」)。今月に入り、UK盤に続いてUS盤も発売されましたけど、Apple/UniversalからのUK盤Capitol/UniversalのUS盤とでは微妙にタイトル&ジャケのデザインが違うんでしょうか?いずれにしても、輸入盤のお安いこと(ちなみにこちら、昨夜アマゾンで785円でした)。



先頃BBCで放送されたというバッドフィンガーのドキュメンタリーNHKBS辺りで日本語字幕入りオンエア希望!!!


| Beatles | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとりぼっちのロンリー・ナイト

ひとりぼっちのロンリー・ナイト あの娘におせっかい

2013年08月31日(土)

今さっき「あの娘におせっかい」
日本盤シングルで聴いてたんですけど、
歌詞カードに「ジミー・マカロッチ(g)、
ジョー・イングリッシュ(ds)を含む新編成でーす。」

と書いてありました。
当初の表記はマカロッチだったんですね(^^;)。

pic.twitter.com/Nlc1YBplTE
posted at 22:59:35

そう言えばポールの新作
プロデューサー陣にジョージ・マーティンや
グリン・ジョンズの息子さん達も名前を連ねてますね!
こちらは80年代のジョージ・マーティンさんプロデュース。

https://pic.twitter.com/JpIE9VNYHh
posted at 23:06:17

と、これはポールの大阪公演の詳細が発表になる前のツイートより。
振り返ってみれば、この辺りから僕は暇さえあればポールのことばかり考えてたような気がします(苦笑)。

残念ながら今回のツアーでも演奏されなかったですけど、リアルタイムでポールに初めて接したのが1980年代だった僕のような世代にとって「No More Lonely Nights」はとっても思い入れの深い1曲。ツアーパンフのインタビューでポールに「パクらせて貰うかもしれないよ」とまで言わしめたアリソン・クラウスによるカヴァー・ヴァージョンも、歌い出しだけで泣いちゃいそうです。



ポール、ホントにパクってくれないでしょうか?

Now That I've Found You: CollectionNow That I've Found You: Collection
(1995/02/07)
Alison Krauss


更に欲を言えば、(スタジオ録音ヴァージョン初期のベスト盤にも入ってますが)アリソン・クラウスが歌う「I Will」のカヴァーも素敵なので、是非これもポールにパクって(?)欲しいなぁ~、一度でいいからステージで歌って欲しいなぁ~、と願わずにいられません。



やはり日本公演が終わった今も、僕の頭の中はまだまだポールのことでいっぱいなのでした(笑)。


| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鴨 and Get It

田んぼ 鴨

2013年05月20日(月)

我が家の田植え2013
お陰様で先週末のパート10で無事終了。
この季節、風がなければ
水田はまるで鏡のようです
(よ~く見ると鴨が一匹泳いでてビッ栗。
自然に合鴨農法!)

https://pic.twitter.com/GLqTifu11m

と、田植えどころか稲刈りもとっくに終わってるんですけど(^^;)、ここで話は一旦5月に遡ります(鴨が泳いでるの、わかります?)。

実は田植えが終わったら、溜まってた宿題(ラジオのエアプレイ・リスト作り)に着手するぞと意気込んでた矢先、思いがけず昨年秋に新調したばかりのパソコン不具合が発生し、急遽、引き取り修理に出すハメに!?「NASA国際宇宙ステーションでも使ってる頑丈さが売りじゃなかったのかよ!」と突っ込みたい気分でしたが、HDDが不良品だったようなのでこればっかりは仕方ありません(一週間後、新品のHDDに交換されて工場出荷状態で帰って来ました。保証期間内のトラブル、運が良かったのか悪かったのか・・・)。やっぱり、中国メーカーはもういいです。

iPad ネクサス7

修理に出してる間、6年前に買った動きの鈍い旧パソコンだけじゃ正直ちょっとツライなと不安を感じてたら、救いの神々最新モデルのiPadNexus7を貸してくれたので、めちゃ助かりました(その節はどうも有難う!)。

キンドル リラックマ

それで僕も、いざという時の為にタブレット端末を導入しようと考え始めたところ、ネクサス買うつもりだったのに7月今だけ3千円OFFセールに釣られてKindle Fire HDを購入。丁度、ジョーシンさんから優待クーポンの引換券が届いてたので、それ利用してリラックマのバスタオルを貰いました(ウクレレ弾いてる・笑)。

アプリの豊富さはネクサスには到底及ばないものの、値段も値段ですし、Twitterややメール・チェックする程度なら充分なスペック。画面の美しさ、あと文字入力のしやすさはキンドルの方が上かなという印象。ラジオ・アプリ電子書籍なども試しつつ、それなりに重宝してます(おつ、新型出ますね)。

キンドル PCメガネ PCメガネ

当然のようにカバーはシャア専用気分で(苦笑)赤を装着。
そう言えばPCメガネ、最近は家電量販店やホームセンター、コンビニなんかでも売ってますけど、ダイソーセリア105円を見つけた時は流石に驚きました。 ダイソーのはブルーライト何%カットか明記ないですが、セリアのはブルーライト約60%カット! 機能的にはメガネ屋さんのと比べても遜色なさそうだし、今これ愛用してます(実際、昨年秋に楽天で買った千円ちょいのPCメガネよりセリアの105円の方が効果あるような気が)。

NEWNEW
(2013/10/14)
ポール・マッカートニー


ちなみにポールの新作もご縁があって、というか楽天ポイント10倍に釣られて(^^;)ジョーシンさんで注文。アナログ盤のリリースはまだ先なのでとりあえず国内盤CD買おうと決めたのは発売日の前々日。駆け込みで予約した際には「発売日以降のお届け」となってたのに、発売前夜に発送連絡が来て当日到着して感謝感激!


paul paul

ポールが表紙の『MOJO』マガジン11月号も運良く確保出来たし(送料無料のHMVエルパカでお安く買えました!)、これまたポールが表紙になってるキョードー大阪のフリー冊子『KEP』10月号も無事入手。その『MOJO』に載ってたリッケンを爪弾く若き日のハリー・ニルソンの写真とっても素敵でしたけど、『NEW』のブックレットに掲載されてるポールのギターラックの写真レフトハンド・モデルの12弦リッケンも並んでましたね!!最近ツアーで弾いてる12弦アコギ、来日公演でも披露してくれるでしょうか?早いもので大阪公演までもう1箇月切りましたし、とにかく待ち遠しいです!!!

PS.TBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』10月14日(月)放送の「メキキの聞き耳」健太さんによるポール・マーカートニーの新作アルバム紹介。ポッドキャストのダウンロードはお早めに。

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Now we are 'New'

ポール

7月からまだかまだかとぼやいてた(苦笑)ポール・マッカートニー大阪公演の詳細もようやく発表となり、9月14日付けの朝日新聞に再びポールの全面広告がお目見え。詳細発表を待ってる間に新作リリースというめでたいニュースも届いて、来日公演への興味や期待感も益々膨らむばかりですが、そんな中、厳しい争奪戦を覚悟してたチケットを思いがけず公式サイト先行販売にて呆気ないくらいすんなりとアリーナ確保することが出来てビックリ!?(プレイガイドの勿体ぶった販売形態各種手数料ぶんどり商法にウンザリしてたので、自分で好きな席も選べて、チケット代と送料300円だけでOKとは有難い!サンキュー、ポール!!)。

NEWNEW
(2013/10/14)
ポール・マッカートニー


お陰で、(流石に昨夜は台風18号による数十年に一度の大雨に気を揉みつつも)先週末から何だかうわの空状態で、早くも新曲「New」が脳内でへヴィロテ。ビートルズ時代を彷彿とさせるポールらしいキャッチーなポップチューンで、胸が踊ります!!!(新作のトラックリスト詳細を見ると、プロデューサー陣にはジョージ・マーティングリン・ジョンズ息子さん達も名を連ねてますね。ワクワク)。



そう言えば11年前はよみうりテレビFM802の共同制作による来日記念番組『PAUL KNIGHT NIPPON』(2002年10月14日放送)が楽しかったですけど、今回は我らが萩原健太さんDJによる10月23日(水)深夜放送のJFN系『Big Special』来日直前ゼミでばっちり予習出来そう(この際、勝手に『ポール・ナイト・ニッポン2013』と呼びたい気分・笑)。ピーター・バラカンさんと健太さんによる「ポール・マッカートニー来日記念特別対談」、関西でInterFMのフリーペーパーは入手困難なだけに、WEB掲載、大変嬉しいです。

 http://www.interfm.co.jp/paulmccartney/

| Beatles | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT