Sweetheart Of The Radio

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミニエレキの誘惑

大人の科学マガジン Vol.26(ミニエレキギター) (Gakken Mook)大人の科学マガジン Vol.26
(ミニエレキギター)
(Gakken Mook)

(2009/12/17)
大人の科学マガジン編集部・編



今更ながらなんですが、昨年末に発売された『大人の科学マガジン Vol.26』付録ミニ・エレキギター。これが超ショートスケールで4弦しかない手作りミニエレキギターながら、内蔵スピーカーに加えアンプパソコンに繋げて演奏も出来たりと、なかなか良く出来てるみたい(自分でギターを組み立てることでブライアン・メイ気分もちょっとだけ味わえたりもする?)。それに何よりこの野村義男さんによるデモ演奏動画見てたら欲しくなってきました!(亀田誠治さんも気に入られたご様子・笑)。



左右対称のデザインだから弦を逆に張れば左利きの僕でも大丈夫そうですね(^^;)。

 http://otonanokagaku.net/magazine/vol26/index.html




スポンサーサイト

| Wish List | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/12 RX-78-2 GUNDAM

HY2M HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM


全高約1.5m定価35万円ということでも発売当時話題になった1/12スケールのガンダム組み立てキットが、何と今アマゾンウィンターバーゲン43%オフ19万8975円という超破格値で売られてるではないですか!!

とはいえ、それでも流石に全然手が出ないですけど(苦笑)。


| Wish List | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時をかける少女

music & me (DVD付)music & me (DVD付)
原田知世 (2007/11/28)
ヒップランドミュージックコーポレーション


まもなく発売される原田知世さんの新作『music & me』は、デビュー25周年記念盤とのことだけあって、プロデューサーがボサノヴァ・デュオ、naomi & goroMOOSE HILLでご活躍の伊藤ゴローさんなら、参加アーティストも鈴木慶一さんや高橋幸宏さんをはじめ、キセルオニキユウジさん、高木正勝さんと、なんとも豪華な顔ぶれ。収録楽曲も彼らの提供作品に加え、幸宏さんの選曲&編曲によるバカラック・カヴァーやキセルの辻村豪文とのデュエットによるビートルズ「I Will」のカヴァー、更には大貫妙子さんの「色彩都市」のカヴァーに「時をかける少女」のセルフ・カヴァーもあったりと、とくに原田知世さんのファンでもなければ決して熱心な聞き手でもない僕にとっても、少なからず興味を惹かれるものがあります(My Spaceで何曲かちらっと試聴出来るんですけど、なかなか悪くないですよ。ボッサな味付けの「時をかける少女」もゆったり心地いいです。キセル作による「くちなしの丘」PVダイジェストや知世さんによるセルフライナーノーツなども公開されてます)。

http://jp.myspace.com/haradatomoyo

そしてmusicshelfには11/21付けで原田知世さんのインタビューもUPされてました(彼女のプレイリスト「マイ・フェイヴァリット・ヴォイス~私の好きな声」共々、ファンの方は要チェック♪)。

http://musicshelf.jp/?mode=static&html=series_b29/index

尚、『music & me』初回盤はDVD付きの2枚組仕様だとか。今アマゾンで予約すると、15%オフのようですが、これから年末にかけて欲しいCDが沢山発売されるので、冬将軍真っ只中の懐具合を考えると、正直悩むところです(^^;)。どうやら来年1/12(土)には、大阪でもタワーレコード梅田NU茶屋町店でインストア・ライヴも予定されている模様(翌日の1/13には坂本美雨さんのインストア・ライヴも決まってるみたいです)。

それにしても、早いもので原田知世さんがデビューされてから、もう25年になるんですか・・・(道理で僕もオッサンになってく訳ですな・苦笑)。

http://haradatomoyo.com/


| Wish List | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Smile Again

SMILE AGAINSMILE AGAIN
ワークシャイ (2007/11/21)
インペリアルレコード


ロンドン発のアーバン・スタイリッシュ・ポップ・ユニット、ワークシャイの5年ぶりとなる新作『SMILE AGAIN』が、いよいよ11/21に日本先行でリリース。

1989年のデビュー・アルバム『いつかどこかで』トッド・ラングレン「I Saw The Light」をお洒落にカヴァーしてた彼らですが、今回アルバムの冒頭を飾るのは、再びトッドのカヴァーで「Hello It's Me」!これがまた、いかにもワークシャイらしい、柔らかくて心地よいサウンドに仕上がってるなと思ったら、続く2曲目の「Smile」も程よくソウルフルで爽やかなポップチューンで、聴いていてとっても気持ちいいです(既にFMラジオでも結構かかってるようですが、発売元であるテイチクインペリアル・レコードさんのサイトでも試聴出来ますよ♪)。

http://www.imperialrecords.jp/intl/artistlist/artist/workshy/smileagain.html

いつもながらジャケなどのアートワークもセンスが光ってて、バッチリ決まってますね!(僕の好きなデジパック仕様というのが嬉しいです)。



| Wish List | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Juke Box Music

WINTECH 019X-018-14 ジュークボックスCDラジオWINTECH 019X-018-14
ジュークボックスCDラジオ

(2004/12/10)
KOHKA


先日、行きつけのヴィレッジ・ヴァンガードで買い物してた時のこと。連れが店頭のジュークボックス型CDプレーヤー(※10万円の大きいのじゃなくて、1万3千円くらいの小さい方のやつ)を見て、「これ、音も普通のCDラジカセとかとそんな変わらんやん!欲しいわ~!」と言うてたんですが。昨日、何気にアマゾンを物色してたら、更に8,680円とお手頃価格のジュークボックス型CDラジオを発見しました。確かに、こうゆうのでオールディーズとか聴けば、よりいっそう『アメリカン・グラフィティ』な気分が味わえるかもしれません(勿論、その前にお部屋のインテリアとの調和が大事ですけど・苦笑)。ということで、「これなんかどう?」(と、ブログ上から呼び掛けてみる・笑)。

KOHKA アンティークラジオ アンティークラジオ AR233-1 KOHKA アンティークラジオ
AR233-1

KOHKA


ちなみに僕は、やはりヴィレヴァンニュースタイルで1万円くらいで売られてる英国製のレトロでスタイリッシュなラジオを「カッコイイなぁ~」と思っていつも眺めてたんですけど、これまたアマゾンで見つけた アンティーク調のラジオも、丸っこいフォルムが愛嬌あって、値段も1,275円とのことなので(CD買うより安い!)、にわかに心惹かれております(^^;)。

The Very Best of Elo Vol.2The Very Best of Elo Vol.2
Electric Light Orchestra
(2007/10/15)
Sony Bmg


最後にラジオといえば、そりゃもう断然エレクトリック・ライト・オーケストラ「Mr. Radio」な訳ですが(と、かなり強引な展開・苦笑)。WOWOWのインターネット・ラジオ局、AZステーション松村雄策さんがBBCのライヴ音源を紹介する『BBC ROCKレジェンズ』なる番組が配信されてまして、毎週木曜日に更新されてるんですけど、先週と今週はELOの特集やって下さってます!

http://radio.wowow.co.jp/

昨日、ELO特集のVol.2に更新されたものの、バックナンバーでVol.1も聴けますので(その他、バックナンバーにはWILCOニック・ロウキンクスポール・マッカートニーパイロット、そして我が最愛のバッドフィンガーなども!でも松村さん、WILCOの発音ちょっと変・笑)。メアド登録すれば無料で聴けるんで、まだご利用じゃない方も是非一度お試しあれ(ネット・サーフィンのBGMにでもお楽しみ下さい♪)。




| Wish List | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Goffin & King

Goffin & King: A Gerry Goffin and Carole King Song Collection 1961-1967Goffin & King:
A Gerry Goffin and Carole King
Song Collection 1961-1967

Gerry Goffin、Carole King 他
(2007/10/08)
Ace


今さっき「Goin' back 」で思い出したのですが。そう言えばこの記事、先々週10/17にジャケだけUPして、とりあえず「Coming Soon」と書いておきながら、本文入れるのすっかり忘れてました(ス、スイマセン・汗)。では、遅くなりましたが、あらためまして仕切り直しさせて頂きます。

今月、英Aceからジェリー・ゴフィン&キャロル・キングの全26曲入り作品集がリリースされました。収録曲目はアマゾン等のオンライン・ショップに掲載されますが、トーケンズクリケッツアニマルズアレサ・フランクリンなどのヒット曲は勿論、ジャック・ニッチェのプロデュースによる未発表曲や、初CD化音源も含まれてるとか!(「Some Of Your Lovin' 」ダスティー・スプリングフィールドじゃなくてハニー・ビーズのヴァージョンで入ってますね)。

ゴフィン&キング・ソング・コレクション1961-1967ゴフィン&キング
・ソング・コレクション1961-1967

V.A.
(2007/11/25)
ミュージック・シーン


そう聞いて、すぐにポチッっと行きそうになったものの、MSIさんから届いたリリース・インフォによると、11/25に発売予定の国内盤には、アル・クーパーによるジェリー・ゴフィンのインタビューを含む4万字に及ぶ解説に対訳を付けて下さるとのこと。 

http://www.musicscene.co.jp/

英語で堪能でない僕はやっぱり対訳がないとしんどいので、それならばMSI盤の発売を待とうかなと(^^;)。ちなみに今日現在、アマゾンでは輸入盤が3354円ですから、そう思うと対訳付きで3150円のMSI盤は高くないですが、でも一時、輸入盤が2500円くらいまで値下がってたような・・・(HMVはもっと安くてビックリ。更に2枚買うと25%オフなので、対訳のこと抜きにして値段だけを考えるなら、それもアリかもしれませんね)。



| Wish List | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美空ひばりジャズを唄う

LITTLE JAMMER PRO. 専用ゲストプレイヤー 美空ひばり ジャズを唄うLITTLE JAMMER PRO.
専用ゲストプレイヤー
美空ひばり ジャズを唄う

(2007/12/14)
バンダイ


今、NHK-FMGONTITI「世界の快適音楽セレクション」を聴いてるんですが、最初の方にかかった美空ひばり「チャルメラそば屋」、めちゃめちゃカッコいいですねぇ~!(実はこの曲好きなんです。思わず聴き惚れました)。本日のテーマは「麺とライスの音楽」とのことで、他にもダミアン・ライスや(笑)斉藤哲夫さんの「吉祥寺」なんかもかかって、朝から気分いいです♪

さて、美空ひばりといえば。バンダイから発売予定の「LITTLE JAMMER PRO. 専用ゲストプレイヤー 美空ひばり ジャズを唄う」なるもの、なかなか良く出来てるじゃないですか!(下記商品紹介ページでデモ演奏の「お祭りマンボ」を視聴出来ます)。

http://livehour.jp/ljpro/accessory/hibari.html

値段は安くないですけど、今年のクリスマス・プレゼントには是非これが欲しいです(ひばりファンのうちの両親も喜んでくれそう!)。サンタさん、いい子にしてますので、どうか宜しくお願いします(^^)。

LOVE! MISORA HIBARI JAZZ & STANDARD COMPLETE COLLECTION 1955-66LOVE! MISORA HIBARI JAZZ & STANDARD COMPLETE COLLECTION 1955-66
美空ひばり
(2005/07/20)
コロムビアミュージックエンタテインメント


このCD、マジ最高!



「It's Only A Paper Moon」もパーフェクト!



そしてこちらは伊東ゆかりしばたはつみ世良譲らとのスタンダード・メドレー。日本語詞は違いますが、「Lover Come Back To Me(恋人よ、我に帰れ)」「Get Out And Get Under The Moon(月光価千金)」バンバンバザールも歌ってますよね(バンバン・ヴァージョンの「月光値千金」の日本語詞好きです)。




| Wish List | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くうきピストル

ドラえもんひみつ道具 くうきピストルドラえもんひみつ道具
くうきピストル

(2007/10/20)
エポック社


今朝「めざましテレビ」「本日発売」コーナーで紹介されてたエポック社くうきピストル、くうきピストル型のリモコンで、「バンッ!」と言うと掛け声に反応して、赤外線信号を発射しチャンネルが変わる仕組みなんだそう。しかもこれ一つでテレビやDVD、ミニコンポなど、最大4つのAV機器を操作出来るんだとか(詳しくは以下リンク先ご参照下さい)。

http://epoch.jp/main/doraemon/kukipistol/

ちなみに定価は2940円で、アマゾンだと今なら16%オフ2460円。ちょっぴり遊び心くすぐられるものがあります(苦笑)。



| Wish List | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Don't Think Twice,It's All Right

アイデン &ティティアイデン & ティティ
峯田和伸、麻生久美子 他
(2004/08/27)
東北新社


ボロフェスタ日記のパート⑧の前に、パート④の話の番外編、というか、ちょっとしたこぼれ話(というか蛇足)。銀杏BOYZのライヴ終了後、客電が付いてBGMにボブ・ディラン「Don't Think Twice,It's All Right」が流れたんですが(やはり映画『アイデン & ティティ』を意識しての選曲だったんでしょうか)、それがライヴ終わりの雰囲気と西部講堂の空気感にマッチしてて、やけにグッと来るものがあって、以来、頭の中にこの曲がこびりついているんですけど(そう言えば今月のBS2『フォークの達人』斉藤哲夫さんもこの曲を大阪弁ヴァージョンで歌っておられましたよね)。そんな折り、You Tubeで見つけたチェット・アトキンス御大とジェリー・リードによるヴァージョンがまた絶品だったので、益々僕の脳内では「くよくよするなよ」がへヴィロしまくり!(せっかくなので、こちらをご覧になって下さってる皆様方にもお裾分けさせて頂きます♪)。



さて、ディランといえば、まもなくデビュー45周年記念のCD3枚組のBOXセット『DYLAN』が発売となりますね。

DYLANDYLAN
ボブ・ディラン
(2007/10/24)
ソニー・ミュージックジャパン
インターナショナル


個人的にディランは、オリジナル・アルバムの形で聴くのが一番いいかなと思わなくもないのですが、でも、「最新デジタル・リマスター」「布張りカバーのデラックス・エディション仕様」、更に「日本盤は8,000セット限定」で、「10枚組の限定ポストカードつき」 とか言われると、ディラニストであろうがながろうが、やっぱりどうしても気になってしまいます(^^;)。他にも、新ベストや伝記映画『I'm Not There』の2枚組サントラなど、いろいろとリリースが予定されてるようなので、寒さ厳しい懐具合と相談しつつも(苦笑)、当面ディラン関係はこまめにチェック入れといた方がよさそうです。

I'm Not There I'm Not There
Original Soundtrack
(2007/10/30)
Columbia


ヨ・ラ・テンゴキャレキシコロス・ロボス、あとスティーヴン・マルクマスジェフ・トゥイーディー等々のディラン・カヴァー面白そう!

http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=16703




| Wish List | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

How Long



何度も言ってることですが。イーグルスといえば、後期よりも断然初期派で、メンバー的にもグレン・フライドン・ヘンリーより、むしろバーニー・レドンランディ・マイズナーに思い入れが強い僕(ジョー・ウォルシュティモシー・B・シュミットもフェイヴァリット・アーティストではあるんですけど、でもそれはイーグルス加入前やソロ作品における好印象の方が大きかったり・・・)。

要するに『ホテル・カリフォルニア』がいくらロック史に名を刻む傑作だからといって、それをもって「=イーグルスの代表作」とは認めたくない初期イーグルス・ファンとしては、後期メンバーによる再結成イーグルスには、負け惜しみの一つでも言わないと気が済まないところがあるのですが(例えば、「後期メンバーでやるならやるで、やっぱりドン・フェルダーをクビにすることはないだろう!」とかね・苦笑)、しかしそうは言いつつも、新曲の「How Long」、これがなかなかどうして悪くないんですよね~!(1994年の再結成の時、ポール・キャラック「Love Will Keep Us Alive」を取り上げていたので、今回も最初「How Long」ってタイトルだけ聞いた時、一瞬、またポール・キャラックがエース時代に歌ってたあの曲かと思っちゃいましたよ・苦笑)。

PVの続きが気になる方は、ヤフー動画で全編視聴可能ですので、是非チェックしてみて下さい(You TubeにもUPされてました)。 ジョー・ウォルシュのギター・ソロとかもカッコイイですから!

 http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00101/v02612/

そんな訳で、内心ちょっぴり悔しいなと思いつつも(^^;)、新作の『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』がそれなりに(というか結構)楽しみな今日この頃です♪




| Wish List | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT