Sweetheart Of The Radio

2002年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

I Love Donut Song①

バラバラ

僕の思い入れのあるシングル盤を順次ご紹介していく新コーナーです。

 【第1回】「バラ・バラ」/ レインボウズ

つい先日、引き出しの中を整理していたら、下記のようなメモが出てきました。 

 (入場BGM:「Council Meetin' 」/ スタイル・カウンシル)

①「My Baby Baby Balla Balla(バラ・バラ)」
②「Slow Down」
③「Dirty Water」
④「Heartbeat」
⑤「(I'm a)Bedroom Rock'n'roller」

≪Encore≫
⑥「All or Nothing」
⑦「恋の乗車券」

 (退場BGM:「Groovin」ブッカー・T&MG'S)


「はて、何だっけかな?」と思いきや、何のことない、僕が昔やったライヴのセット・リストでした(汗)。

では、せっかくなので、ここで各曲についてざっと振り返ってみしょう(笑)。
まず1曲目はドイツのグループ、レインボウズのナンバー(というより、以前、日テレで放送されていた『バラ色の珍生』の番組テーマ曲と説明した方がわかりやすいでしょうか)。結局、人前で演奏したのはほんの数回だけでしたが、決まって1曲目はコレでした(原形がないくらい荒削りに、それも1コーラスだけ演って、間髪入れず次の曲に突入します)。
2曲目はビートルズでお馴染みのラリー・ウィリアムスの曲(ジャムもカヴァーしてましたが、僕はヤング・ラスカルズのヴァージョンが好きでした)。
3曲目はパブ・ロッカーにとっては教科書的なスタンデルズのナンバー。情けない話ですが、既に3曲目の時点で僕は息切れしてたような気がします(苦笑)。
4曲目のオリジネイターはご存知バディ・ホリー。でも僕らはザ・ナックのカヴァー・ヴァージョンを参考にしていました。
そして本編の最後を飾る5曲目は唯一のオリジナル曲。といっても、歌詞は延々「(I'm a)Bedroom Rock'n'roller~♪」の繰り返しのみで、曲は大好きなムーヴボ・ディドリーの完全なパクリでした(ロイ・ウッドさん&ボ・ディドリーさん、どうもスイマセンでした・笑)。

そんなこんなで、程なくして、求められてもいないアンコールに突入(苦笑)。
6曲目は勿論スモール・フェイセスのあの曲です(ただ、僕らはトリオ編成だったので、晩年のスティーヴ・マリオットが率いたパケット・オブ・スリーのヴァージョンをお手本にしていました。ここだけの話、当初はバンド名も真似して「ラケット・オブ・スリー」にしようかと考えてました・笑)。
そして締めの7曲目はラトルズの「恋の乗車券」!それも勝手に日本語詞を付けて日本語ヴァージョンにして歌ってました(ニール・イネスさん、どうもスイマセンでした・笑)。

以上、勘のいい方なら、何となくお気付きかもしれませんが、上記演奏曲は(アンコールの2曲を除けば)3コードで演奏出来るロックンロール・ナンバーのオンパレード。いかに我がバンドに演奏テクがなかったかがバレバレですね(苦笑)。

という訳で、思いがけず見つけたメモから、当時のライヴに思いを馳せつつ、久し振りにレインボーズのシングル盤に針を落としています♪(メモ、捨てようかと思ったけど、やっぱり記念に残しておこうかな・・・)。

PS.入場BGMがまた萩原健太さんの番組リスナーっぽくていいでしょう(笑)。
 
-旧ブログより転載-


スポンサーサイト

| I Love Donut Song | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |