Sweetheart Of The Radio

2005年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「今週の脳内ヘヴィーローテーションBEST10」(~6/19号)

「たまには、また脳内へヴィロテもやって下さい」と、お1人の方からリクエストを頂戴したので(有難うございます。そう言えば最近全然UPしてなかったですね・汗)、では久々に僕の脳内へヴィロテご披露したいと思います(^^;)。  20 Greatest Hitsの画像 ①「Outside Chance」 / タートルズ ②「I'm Just Dreaming(夢の中で)」 / ルベッツ ③「That's The Way A Woman Is(気になる女の子)」   / メッセンジャーズ ④「Sweet Is The Night」 / エレクトリック・ライト・オーケストラ ⑤「One Wonderful Night」 / Honeybees ⑥「おなじ話」/ HUMBERT HUMBERT ⑦「Uptight」 /スティービー・ワンダー ⑧「Sweet Baby」 / カーネーション ⑨「バブルガム・ファクトリー」/レッド・クロス ⑩「Short Shorts」 /ロイヤル・ティーンズ ①近頃何故か僕の中では空前のタートルズ・ブーム。初期のウォーレン・ジヴォンのペンによるこの曲は、限りなく中期B4流儀のフォーク・ロックといったところでしょうか。カウベルだけでも白いご飯2杯くらい行けそうです(笑)。 ②ルベッツもまた最近僕の中で結構キテルてるんですよ~!「夢の中で」はシングル・カットされていないんですが、ドゥ-ワップ風味満点で、僕の大好きなダンドゥビ・ソング。よく車を運転しながらダンドゥビ・パートを口ずさんでます♪  ③1971年61位。最近またCMソング(大塚製薬のアミノ飲料)として耳にする機会が多かったせいか、脳内にこびり付いてしまったようです(もしかしたらブー・ラドリーズなんかも、この曲をヒントにして「イッツ・ルル」作ったのかなぁ~?、なんて今更ながら思ったりしてます)。 ④とにかくジェフ・リンが好きなんだから仕方がない(苦笑)。  ⑤ゴフィン&キング作品。いかにもキャロル・キングらしい曲調といえばそれ迄なんですが、でもやっぱいいもんですね~(笑)。ガール・グループ万歳! ⑥今年の春先だったか、NHK-FM「ライヴビート」のエンディングテーマに使われていて、気に入った曲。残念ながら春一番のプレライヴも春一番も見逃しちゃったのですが、先日の「ライヴビート」もとってもよかったので(高田渡さんの「生活の柄」のカヴァーも沁みました)、是非そのうちライヴ会場で生で聴いてみたいです。 ⑦60年代のスティービー・ワンダーが好きなもので。でも近頃、この曲を聴くと、グッバイの「LET'S GET TOGETHER」と間違えて思わず「イエイッ!」と拳を振り上げてしまいます(苦笑)。 ⑧直枝さんの中のトッド・ランクレンの神様に感謝!(?)。 ⑨アメリカのすかんち(?)によるゴキゲンなバブルガム讃歌(笑)。 ⑩言う迄もなく、「毎度お馴染み流浪の番組~」のテーマ曲ですね。 以上、ご覧の通り、相変わらずの音楽馬鹿です(^^;)。
スポンサーサイト

| 今週の脳内ヘヴィロテBEST10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6/11『Three Size Men』 大阪場所

そう言えば、6/11のミラクル・サタデー日記、続き(それも肝心なところを)書くのすっかり忘れてました(スビバセン・滝汗)。今更ながらの上、とりあえずなんですけど、備忘録ということでセット・リストだけUPしときます(以下、一応6/11のパート④です)。気が向いたらレポ書き足します(^^;)。 6月11日(土) 松尾清憲・セロファン・ヨシンバ 東京・大阪ライブツアー 『THREE SIZE MEN』大阪場所@南堀江・Knave ハズムリズムの画像 AFTER THE RUSHの画像 BRAIN PARKの画像   【00:Opening Act~ぱぱぼっくす】(PM7:03~7:16) 【01:ヨシンバ】 (PM7:28~8:16)  【引用始まり】 --- ①浮かびかた ②幸せの鮮度 ③木漏れ日の停戦 ④夕暮れのワルツ ⑤いいみたい ⑥寝起きのブルース ⑦ソウルフル ⑧背中 【引用終わり】 --- 【02:セロファン】 (PM8:25~9:11) 【引用始まり】 --- ①自由の真下 ②旅の途中 ③シラフだぜ ④Strange Love ⑤アナナス ⑥ルキアーノ! ⑦(HOW TO BE A)SONG WRITER 【引用終わり】 --- 【03:松尾清憲&Velvet Tea Sets】 (PM9:20~10:11) 【引用始まり】 --- ① The Music Never Dies ② ハロー・ミスター・シェイクスピア ③ 瞳の中のラビリンス ④ 愛しのロージー ⑤ バルーン  ⑥ 僕が蒸気のようにとろけたら ⑦ Graduation Day ⑧ サニー・シャイニー・モーニング ⑨ グッバイ・ガール ⑩ 君にメランコリー・ブルース 【引用終わり】 --- ≪アンコール≫ (PM10:12~10:18) 【引用始まり】 --- ⑪ Hello , It’s Me (出演者一同) 【引用終わり】 --- 尚、時間はすべて僕の電波腕時計による計測です。 (※8/24UP)

| ライヴの感想など | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

混むさカフェ

ちょっと間が空いてしまいましたが(汗)、遅ればせながら6/11ミラクル・サタデー日記のパート③です(^^;)。   ディスカヴァー・アメリカズ・ハート&スピリット~ロッキン・ビーツの画像 新大阪駅に到着したのは、丁度、香川のお友達が乗って来る新幹線の到着時刻ピッタシの午後3時5分(ある意味これもミラクルじゃないでしょうか・笑)。とりあえず僕達は改札の前でお友達が出てくるのを待ってたのですが、お友達は別の改札から登場(笑)。「体調があまり良くないので、今日行けるかどうかわからない」みたいな話を聞いてたので、ちょっと心配してたのですが、元気な顔を見れて安心しました。 そして4人になったところで、再び地下鉄に乗って、またまた梅田へ。ライヴの開場までには、まだ時間もあるのでと、ヨドバシ梅田の7F「スウィーツミュージアム」内にあるカフェコムサでお茶することに。 土曜日だったせいでしょうか、エレベーターを降りると目の前まで長蛇の列が出来ていてちょっとビッ栗したのですが(汗)、でも、「コムサのカフェだけに土日は結構混むさ」などと、僕がしょーもない駄洒落を連発して失笑をかってる間に(^^;)、見る見る列は進んで、思ったよりも早く入店することが出来ました(しっかしまぁ、だだっ広いカフェですな~)。 当初僕は、「まだそんなにお腹も減ってないから、お茶だけでもいいや」と考えていたのですが、残りの女性陣3名が「みんなでいろんな種類のケーキを回し食べしたいから、あんたも何か頼み!」と言うので、結局、勢いに圧されてケーキも注文することに(^^;)。それで僕はアイスコーヒー(525円)と共にバナナのケーキを注文したのですが(630円。正式名称失念)、このバナナケーキが丸々バナナ1本以上使ってて、とにかく巨大なこと!(とっても美味しかったんですけど、お腹いっぱいになり杉て、少々気分が悪くなる程でした・苦笑)。      そんなふうに、巨大バナナケーキと格闘しつつ、呑気に談笑&ケーキ回し食べに興じていたら、いつのまにか時刻は午後5時。そこから地下鉄を乗り継いでライヴ会場となる南堀江のKNAVE(ネイヴ)へと向ったのですが、なんだかんだで、到着出来たのは開場時間の午後6時ちょっと前。あとから合流する予定だった愛知のお友達は既に会場に一番乗りしてました(^^:)。 ということで、以下はいよいよライヴ本編パート④につづく、なのですが、いつになりますやら(苦笑)。尚、写真はカフェコムサのバナナケーキと、ここでもやっぱりレコガシラくんでした(^^)。

| カフェ探訪 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「カレーなる週末」再び

6月11日 ミラクル・サタデー、パート② お友達の1人とは大阪到着後早々に合流出来たものの、もう1人のお友達からは「忘れ物を取りに帰るので40分程遅れます」という連絡があったので、ならばその間にと梅田ロフト7Fに最近オープンしたヴィレッジ・ヴァンガード梅田店を探検しに行くことにしました。 ヴィレヴァンは僕の大好きな書籍&雑貨店。全国にチェーン展開してて、関西にも沢山店舗があるのですが、同じヴィレヴァンでもお店によって品揃えや雰囲気がかなり違うので、僕は密かにヴィレヴァン巡りを楽しみにしているのでした(先日は朝日新聞の土曜版に、社長さんのインタビューが掲載されていました)。でもざっと見たところ、残念ながら梅田店の品揃えは広いわりにイマイチといった感じ(地元のヴィレヴァンの方がいいです。唯一、レトロなラジオのポスターにはちょっとばかり心惹かれましたが)。 そうこうしてるうちに、遅れて来たお友達とも合流。時計を見れば既に午後1時を過ぎていて、そろそろお腹も減って来たので、早速お昼ご飯を食べに行くことにしました。向った先は、僕の希望でインド喫茶カンテ・グランデの中津本店。 カンテは、かつてウルフルズのトータス松本さんとケイスケさん(岩本さん)、あとベースのジョン・B・チョッパーこと黒田さんがアルバイトされてたこともあり、「大阪ストラット」の歌詞にも出て来る大阪名所(なのかな?)。しかしながら僕は生憎、カンテにはマルビル店や他の支店どころか、本店にも行ったことがなかったので、常々一度行ってみたいと思ってたのでした。  大阪ストラットの画像 有難いことに既に雨も上がっていて(これもミラクルのうちかな?)、中津本店までは梅田から徒歩でも15分程度とのことだったので、歩いて向ってみたものの、3人共、本店には行ったことがない上、ちょっとわかりにくい場所だったこともあり、途中で迷いそうになって、少々遠回りしたちゃったんですが、それでも、どうにかこうにか無事に辿り着くことが出来ました(^^;)。         庭づたいに外階段を降りて、お店に入ると、マンションの地下1階ながら明るく広々としていて、抜群の雰囲気(喫茶の一角は雑貨コーナーになっていて、ギャラリーも併設されている模様。ただ、看板猫ちゃんのシロの姿は見ることは出来ませんでした)。インド音楽のBGMを聴きながら、気分よく僕が注文したのは、チキンカレーとアイス・チャイ(セットで1250円)。どちらも評判通り美味かったです!(チキンカレーは程よい辛さで、結構あっさりしてて、1週間3食これでも暮らせそうな感じです・笑)。友達が注文したチャパティ定食もちょっと頂いたんですが、チャパティも美味しかったです(でも僕は基本的にご飯好きなので、インドカレーで大正解でした。帰り際に割引券も貰ったので、また是非来たいと思います)。           そうして、ようやく空腹を満たしたところで、香川のお友達から新幹線で3時5分に新大阪駅に到着すると連絡が入ったので、迎えに行くことにしました(レシートを見ると、清算してカンテを出たのがPM14:48。中津から新大阪までは地下鉄で2駅。場所的にも時間的にもバッチリでした♪)。 ≪以下、パート③に続く≫

| ライヴの感想など | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「宇宙の友達」勢揃い!

 ディスカヴァー・アメリカズ・ハート&スピリット~ジェントル・メロディーズの画像 6月11日(土)パート① 雨のちブリティッシュな曇り空(笑)。 松尾清憲さん、セロファン、ヨシンバによる東京大阪ライヴ・ツアー『THREE SIZE MEN』を観に行くべく、2週間ぶりに大阪へ。 ライヴは午後7時開演だったのですが、気の早い僕は2週間前同様、やはりAM11時前に大阪駅に到着(^^;)。そして、当然のように向ったまず先は本秀康さん画伯のガチャガチャが置いてある梅田の某セレクト・ショップ。勿論、狙うはシークレットのレコガシラくんのみ、だったのですが。これが何と何と、驚くなかれ、いきなり一発目で出ちゃったんですよ、シークレットのレコガシラくんが!?流石にこれには僕もビックリ仰天で「レコガシラくんフォ~ッ!」状態(By-レイザーラモン住谷・笑)。       おかげ様で、ようやくこれで「宇宙の友達」シリーズを正真正銘、完全コンプリすることが出来たんですが(頭のターンテーブルがめっちゃカワイイ・感涙)、いや、それにしても本当にこんなことって、あるんですね~。願えば通じるもんなんですね~(ガチャガチャの神様に感謝!)。 とまぁ、こんなふうにして僕のミラクル・サタデーは幸先よく幕を開けたのでした(^O^)。 以下、パート②に続く(今度は何部作になることやら・苦笑)。 【追記】 何でも、「宇宙の友達」ガチャガチャの日本国内発売分は、もう1年以上前に売り切れていたんだとか!(道理であまりガチャガチャ見かけなくなってた訳です)。もしかしたら大阪のこの店に残ってるガチャガチャが最後なんでしょうか?(全国のガチャガチャ情報求む・笑)。何にせよ、ここに来てレコガシラくんをGETすることが出来て、益々感激です!(※「宇宙の友達」については、1月20の日記にも書いてました)。

| ライヴの感想など | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |