Sweetheart Of The Radio

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アル・ウィルソン

サーチング・フォー・ザ・ドルフィンズサーチング・フォー・
ザ・ドルフィンズ

(2008/02/15)
アル・ウィルソン



さる4月21日に腎不全のためカリフォルニア州フォンタナの病院でお亡くなりになられた大御所ソウル・シンガー、アル・ウィルソンさん(享年68歳)。ぶっちゃけ僕は、オスカー・ブラウンJr.のカヴァーで、モッズ・ファンにも人気のデビュー曲「The Snake」や、1971年にNo.1を記録した最大のヒット曲「Show And Tell」(そう言えば山下達郎さんも5月25日放送の「サンデー・ソングブック」でこの曲をかけて追悼されてましたね)とか、わりと有名どころの曲しか知らなくて、CDもベストくらいしか持ってなかったんですが(汗)、でも木崎義二さんの「DAYBREAK」(月曜日)4月28日放送で、彼が歌うC.C.Rのカヴァー「Lodi 」を聴いて、その素晴らしさにビックリ!?(同じくC.C.Rの「Born On The Bayou」のカヴァーはベスト盤にも収録されてましたけど、この曲も歌ってたとは。「Lodi」大好きな曲で、萩原健太さんの番組にも「ポップス・グラフィティ」時代にリクエストして1998年9月28日放送でかけて頂いたことがありました)。感激して、すぐに番組宛てに「早速CD探してみます!」とメールを送ったところ、5月12日の放送で木崎さんが「多分今頃もうCD見つけて買ってくれてるんじゃないかなと思います」とコメントして下さってましたが、はい、木崎さんのご推察通り、アマゾンでこの『サーチング・フォー・ザ・ドルフィンズ』のCDを見つけてバッチリ確保しましたとも(^^)。

どうやら本作はジョニー・リヴァースが主催するソウル・シティ・レーベルから1968年に発売された1枚目で、今年の2月にリイシュー再発されたばかりのよう。ボーナス・トラックとしてアルバム未収録のシングル音源がたっぷり11曲も追加されていて、これはかなりお買い得。

「Lodi」以外にも、ジミー・ウェッブの名曲「By The Time I Get To Phoenix(恋はフェニックス)」「Do What You Gatta Do」、それから言わずと知れたバート・バカラック作品「This Guy's In Love With You」ジェリー・バトラー「I Stand Accused」、更には所属レーベルの親分、ジョニー・リヴァース「Poor Side Of Town(僕等の街)」「Summer Rain」なんかも歌ってれば、デイヴ・エドモンズのレパートリーとしてもお馴染みのスマイリー・ルイス「I Hear You Knocking」も取り上げていたりと、イカしたカヴァーが多数収録されていて、こりゃカヴァー好きには溜まりません!(勿論、冒頭を飾る「The Dolphins」フレッド・二ールの代表曲。アルバム・タイトルもこの曲の歌詞の一節から取られたようですね)。

哀愁漂うシルエットのジャケットもとっても素敵で、文句なしに気に入りました♪
あらためまして、こんないいものを教えて下さった木崎さんに感謝すると共に、アル・ウィルソンさんのご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アコースティック・ライフ

SMALL TOWN TALK ~“アコースティック・ライフ”カバーズ~SMALL TOWN TALK
~“アコースティック・ライフ”
カバーズ~

(2008/05/28)
おおはた雄一



高田渡さんの後継者」との呼び声も高いおおはた雄一さんの新作『SMALL TOWN TALK ~“アコースティック・ライフ”カバーズ~』はナチュラルなアコースティック・サウンドによる洋邦の名曲カヴァー集。ボビー・チャールズのタイトル曲をはじめ、ディラン「Don't Think Twice, It's All Right (くよくよするなよ)」エリック・カズ「If You're Lonely」ニック・ドレイク「ピンク・ムーン」トム・ウェイツ「Martha」ジェイムス・テイラー「Don't Let Me Be Lonely Tonight (寂しい夜)」等々といった洋楽のカヴァー選曲もさることながら、邦楽の方もかまやつひろしさんの「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」高田渡さんの「コーヒー・ブルース」に加え、友部正人さんの「水門」といった渋い楽曲が取り上げられていて、その筋の音楽ファンにはたまらないものがあります(「Good Night Irene」で聴けるおおはたさんのスライド・ギターもいい按配ですね)。

そして、このカヴァー集と共に要注目なのが同時発売で萩原健太さんの選曲&監修による洋楽コンピレーション『アコースティック・ライフ』

アコースティック・ライフアコースティック・ライフ
(2008/05/28)
オムニバス
フィフス・アヴェニュー・バンド



だって、いきなりツカミがアメリカ「Ventura Highway」なら、シールズ&クロフツ「Summer Breeze (想い出のサマー・ブリーズ)」ブレッド「Make It With You(二人の架け橋)」も入ってて、更にはライ・クーダーによるヴァージョンでの「Dark End Of The Street」マリア・マルダーの歌声による「Any Old Time」、他にもリトル・フィートの名曲「Willin'」ボニー・レイット版の「Love Has No Pride」イーグルスのカヴァーでもお馴染みのトム・ウェイツ「Ol' 55」などが収録されていて、健太さんのラジオ番組で洋楽の「いろは」を学んだ者にとっては、これまた最高に魅力的な選曲なんですもん!(そう言えばティム・ムーア「Second Avenue」は、僕もNHK-FM「ミュージック・プラザ」第2部(月曜日)時代にリクエストして2003年4月28日放送の「オール・リクエスト」大会でかけて頂いたっけ・・・)。

 http://wmg.jp/wmlife/sp/acoustic/

勿論、これだけ充実した内容なので、カヴァー集か洋楽コンピどちらか一枚だけでも充分聴き応えありそうですが、でもやはり出来れば2枚とも購入した方が、より心地よく、より味わい深く楽しめそうな気がします♪

ちなみに、大阪では6/29(日)タワーレコード梅田NU茶屋町店で、東京では6/15(日)タワーレコード新宿店でこのカヴァー・アルバムの発売を受けてインストア・ライヴ&サイン会も予定されてるようですね。

 http://www.yuichiohata.com/

ということで、以上、Radio Sweetheartからのご案内でした。




| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大丸心斎橋店

5月10日(土)「大阪ス虎ット♪」のつづき【Part4 】です。

0510_27ds.jpg


「千ぶら」「梅ぶら」とくれば、そりゃもう次は心斎橋筋をぶらぶらの「心ぶら」でしょう、という訳でもないんですけど(苦笑)、地下鉄御堂筋線に乗って心斎橋へ。そして真っ先に向かったのはウィリアム・メレル・ヴォーリズさんが手掛けた大丸心斎橋店。そうです、【Part 4】では先月のヴォーリズ建築ぷち探訪の大阪編を楽しもうという寸法であります。

0510_23ds.jpg


とはいえ、相変わらずまだまだ雨が降り続いていたので、外観の写真撮影は程々にして、店内中心ということで。

0510_14ds.jpg


それにしても心斎橋筋側の入口を飾る孔雀の見事なこと!

0510_19ds.jpg


ご覧の通り、1階の天井も実に洒落てます。

0510_20ds.jpg


こちらは御堂筋側の入口上部をまず内側から撮影したもの。

0510_21ds.jpg


そしてこれが御堂筋側の外側から見た入口上部。ベースとなる模様は同じでも、それぞれに手の込んだ装飾が施されていて、また違った趣きがありますね。

0510_18ds.jpg


「洋館の醍醐味は”階段”にあり」と、谷啓さん司会によるNHKの番組「美の壷」でも紹介されてましたが、確かにこの大理石仕上げの階段は格調高くて風格もあって、絶好の鑑賞ポイント。

0510_16ds.jpg


更に踊り場には、こんな立派な水飲み場も。

0510_15ds.jpg


また、中2階には、その名もサロン・ド・デ・ヴォーリズ(SALON de the VORIES)なる英國屋系列のティー・サロンもあったんですけど、どうやらちょっと値段もお高めなら、セレブなマダム向けのお店かなという印象だったので、まったくお茶していこうという気にはなりませんでした(^^;)。

その他エレベーターホールがとっても素敵だったので、是非写真に収めたかったんですが、エレベーターガールさんに「撮影はご遠慮下さい」とやんわり注意された為、断念(スイマセンでした・汗)。

0510_28ty_k.jpg


仕方なく、それで大丸心斎橋店を後にして、傘を広げてたこ焼きを買いにアメリカ村甲賀流へ(300円)。そう言えば僕、昨年9月にスタンダード・ブックカフェのJUKE展テリー&フランシスコのインストア・ライヴを見に来た時もそうだったけど(※2007年9/9日記参照)、ミナミに遊びに来た時は大体決まって甲賀流のたこ焼きを買ってるような(^^;)。勿論今回も雨が降ってたので、ビックステップのベンチでそそくさと完食。

0510_30mce.jpg


その後、今度こそ「どこかカフェでお茶でも」と思いつつも、目の前にマクドナルドがあったので、雨宿りがてらというか、エビちゃんの看板に誘われたのか(でも、2月のヴァージョンの方が良かったな・笑)「この際ここでいいや」と手を打つことに。例の如く僕は別にコーヒーとチョコパイくらいで充分かなって感じだったんですけども、「現地ガイドさん」改め自称「ラッキーガールさん」が「遅くなるかもしれないから、何か食べておいた方がいい」と言うので、それもそうかなと発売されたばかりのチーズカツバーガーをオーダー。とりあえずお腹もふくれて、それなりのお味だったものの、ただやっぱり、当然ながら南彦根SUN-BURGER近江牛バーガーの美味さとは全然比べものにならないです(※2008年3/9日記参照)。

0510_32ls.jpg


そうこうしてるうちに、早いもので時刻は午後6時過ぎ。いよいよ開場時間も近付いて来たので、歩いて会場へと向かうことに(途中で僕の好きなリキテンスタインなビルを見つけて、思わずパシャリ♪)。

ということで、ちんたらぽんたらと長々綴って参りましたが(^^;)、以上が僕のライヴ前の陽気なぶらり途中下車珍道中の全行程でした。

では最後に、【Part 1】【Part 3】に続いて、僕の山下達郎ポスター・コレクションから『COZY』をご披露して、ライヴ本編【Part 5】にケイゾク。

0502_ty_cz.jpg


【追記】
竹内まりやさんがご自身のブログに写真を掲載されてますが、達郎さんとまりやさんもホテルの窓から大丸心斎橋店を眺めておられたようですね(^^)。

 http://mariya30th.exblog.jp/7907297/



| Diary | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

いちごの肩重い

0311_ichigo4.jpg


或いは、「いちご乗っかった重い」(?)。

とにかく、イチゴにかこ付けて、You Tubeからペイシェンス&プルーデンスナンシー・シナトラ「Tonight You Belong To Me(イチゴの片想い)」でも拝借して来ようかなと思ったんですが、ジャネット・クライン嬢による「イチゴの片想い」ウクレレ弾き語り講座の動画を見つけたので、急遽変更。でもこれ、チューニングが通常とは違いますね(^^;)。



ところで、ジャネット・クラインといえば。今年の夏にフジロックに来日すると共に、東京、横浜、福岡で単独公演もあるようですが、何故か関西だけスルーみたいで、何とも淋しい限り。

 http://www.buffalo-records.com/newsdetail.asp?category=6&id=466

といっても、僕のお目当ては彼女よりもバックのパーラーボーイズの一員にして、 かつて「You Turn Me On」(1965年8位)のヒットを放ったイアン・ウィットコムさんなんですけどもね(^^;)。イアンさん、2004年11月の磔磔公演の時も、ウクレレピアノギターにと大活躍でした(僕の中では間違いなくポール・マッカートニーにも匹敵するレフティー・ヒーローです!ちなみに僕の大好きなお月見ジャケ・アルバム『アンダー・ザ・ラグタイム・ムーン』ではニール・イネスがプロデュースを手掛けてました)。

アンダー・ザ・ラグタイム・ムーンアンダー・ザ・ラグタイム・ムーン
(2002/12/25)
イアン・ウィットコム



そう言えばジャネットの最新作『レディ・フォー・ユー』の日本盤には「銀座カンカン娘」「泣かせて頂戴」という、レトロな日本語曲のカヴァーもボーナス・トラックに収録されてましたけど、これがまたオールド・タイミーでキュートなこと!

レディ・フォー・ユーレディ・フォー・ユー
(2008/04/16)
ジャネット・クライン



実は「泣かせて頂戴」については昨年発表されたバンバンバザールのアルバム『One Day,One Month,One Year!』に収録されてたんですが、何でもそのライナーによると、2006年4月の来日公演でバンバンが前座を務めた際、ジャネットにジャパニーズ・オールド・ソングを歌うことをオファーしたことからレコーディングが実現したとか。次はバンバンがアメリカで米国のオールド・ソングを英語で歌うことを約束したそうなので、是非実現させて欲しいものです(^^)。

One Day,One Month,One Year!One Day,One Month,One Year!
(2007/06/01)
バンバンバザール



尚、そのバンバンとの共演による「泣かせて頂戴」は以下monstar.fmでもちょこっと試聴出来ますので、ご興味のある方は是非どうぞ!有山じゅんじさんや吾妻光良さん尾藤イサオさんや藤井康一さん等々、その他のゲスト陣も豪華で楽しい作品です♪

 http://monstar.fm/song/11407/




| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たたえる歌

0429_2.jpg


先月末から仕事で信楽方面に通ってます。
第2名神の橋脚はまるで神殿の柱か巨大オブジェのようです。

0429_1.jpg


信楽の高原の更に上、信楽高原鉄道の鉄橋よりも更に高いところを走ってます。

0428_6sm.jpg


紫香楽宮跡の公園でトイレをお借りしてちょっと一休み。
新緑の木々の隙間からはウグイスの泣き声も(癒されます)。

0430_6sm.jpg


宮跡があったのは、この小高い丘の上。ここで僕の歴史好きお城好きの血が騒ぎ、
せっかくの機会なので登ってみることにしました(笑)。

0430_7sm.jpg


登ってみると、そこには金堂跡があり(小さな神社が奉ってありました)、その背後を囲むように僧坊跡・経堂跡・鐘楼跡・塔院跡などの礎石が並んでてと、規模の大きさも想像以上なら、その広さにもビックリ。伽藍配置を確かめつつ、頭の中で復元図を描いて、「もしかしたら毘盧遮那仏は奈良の東大寺ではなく、ここに建立されていたのかもしれないんだよなぁ・・・」と思うと、益々もって歴史への浪漫を掻き立てられるってもんです(先週、新聞にも載ってましたけど、宮町遺跡から万葉集の歌が墨書された木簡が見つかったようですね)。

とにかく、そんなふうに息抜きをしつつも、最近ちょっと疲労が蓄積しててバテ気味なので(紫外線あびまくって日焼けで肌もボロボロです・涙)、三宅伸治さんの「たたえる歌」を聴いて自らを鼓舞してます。

つづく(DVD付)つづく(DVD付)
(2007/09/12)
三宅伸治、
三宅伸治 with friends 他



とくに昨年発売されたデビュー20周年記念アルバム『つづく』の収録ヴァージョンは、木村充揮さんや石田長生さんをはじめ、真心ブラザーズYO-KINGザ・クロマニヨンズ甲本ヒロト真島昌利アナム&マキ友部正人さん、更には仲井戸麗市さんや忌野清志郎御大等々、豪華ゲスト陣とコラボしてて(ゆず北川悠仁も歌ってますね。あと意外なところでは宮藤官九郎の姿も)、「歌力」も結集してるのか、テンションが上がるというか、滋養強壮にも効きそうなんですよね(笑)。




http://www.tearbridge.com/miyakeshinji/

そう言えば楽器車ごと盗まれてしまったチャボさんのギター、先月「めざましテレビ」にも電話出演されて情報提供を呼び掛けておられましたが、残念ながらまだ発見されてないようですね・・・(何とか見つかって欲しいです・祈)。

http://www.up-down.com/info/index.html


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今月の収穫

今月の収穫~2008年5月編♪

0519_04r.jpg


まずはドーナツ盤から。アグネス・チャン「ポケットいっぱいの秘密」(数ある松本隆作品の中でも大好きな曲!バックは勿論キャラメル・ママ。歌詞カードに譜面も載ってました)、渡辺満里奈ちゃんの「マリーナの夏」ディック・セント・ニクラウスの関西地区限定発売シングル「マジック」(ライナーノーツはラジオ関西の木元英治さん)、ボビー・ジェントリーとグレン・キャンベル「夢をみるだけ」(僕が生まれた年の生まれ月に発売されたものみたい。ライナーノーツは八木誠さん)、そして小林旭「熱き心に」(いずれも「5枚で180円コーナー」より)。

残念ながらお目当ての早見優がなかったので、代わりにこの5枚を救済(苦笑)。
早見優のシングル・コレクション、あともう一息でコンプリなんですけどねぇ(^^;)。

0519_03g.jpg


続いてフィギュア関係。ガンダムスペシャルクリエイティブモデル(480円)。ご覧の通り、フル装備でしかも全身関節フル稼働のアクション・フィギュア!おまけにコアファイターはコアブロックに変形して胴体に収まるスグレモノです(笑)。

0522_g3k.jpg


サイズ的には1/144スケールみたいなんですけど、僕が子供の頃に作ったプラモデルよりも精巧な作りで、こいつは楽しいや(^^)。以上、開放倉庫にて購入。

0522_g00.jpg


更にフィギュア関係では「機動戦士ガンダム00」のAEUイナクト量産型(飛行形態)とサーシャス専用イナクトカスタム(ガチャポンで各200円)。「出来ればユニオンのグラハム専用フラッグカスタムが欲しいけど、イナクト以外なら何でもいいや」と思ってコインを投入してみたところ、よりによって出て来たのはイナクトばっか(苦笑)。でも、組み立ててみたらこれはこれでカッコイイじゃんと結構気に入ってます(^^;)。

機動戦士ガンダム00  (1)ソレスタルビーイング (角川スニーカー文庫 0-75)機動戦士ガンダム00
(1)ソレスタルビーイング
(角川スニーカー文庫 0-75)

(2008/04/01)
富野 由悠季矢立 肇



それにしても、「化石燃料が枯渇した24世紀、人類は3本の軌道エレベーターを軸とする太陽光発電システムの完成によって半永久的なエネルギー供給を得るも、地球はアメリカ合衆国を中心に日本も経済特区として傘下に従えるユニオン、中国・ロシア・インドを中心とした人類革新連盟、ヨーロッパを中心とした新ヨーロッパ共同体AEUという三つの大きな国家群に集約され、エネルギー利権や宇宙開発競争などをめぐって尚も争いを続けていた・・・」というようなガンダム00の設定が現実にならないことを願うばかりです(たとえもしそれに近い形になったとしても、戦争だけはまっぴら御免ですよ)。その前に値上がる一方のガソリンの高騰もそろそろ何とかならないもんでしょうかね・・・。



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好き好きシャーツ♪

0523_rtk.jpg


といっても、ギターのカッティングが小気味いいヘアカット100「Favourite Shirts」の邦題ではなく(^^;)、ホントにシャツのお話なんですが。まぁ見て下さいよ、このラジオTシャツ。生憎Mサイズだけしかなかったんですけど、あまりにも可愛らしくて、オマケに値段も499円と激安だったので(!)、思わず買っちゃいましたよ(笑)。しかも嬉しいことに、家に帰って駄目元で試着してみたら、通常のMサイズよりも幾分大きめなのが幸いしてか、僕でも充分着れるじゃないですか(^^)。

それにしても、このTシャツ、配色といいデザインといい、まるでRadio Sweetheartオフィシャル・グッズみたいだと思いません?これにあと背中にHPのロゴとURLをプリントすれば、そのままもう「Radio Sweetheart」グッズになりそうなくらいですよ(苦笑)。よし、じゃぁ、このデザインをちょっと参考にさせて貰って、HPの節目の時にでもオリジナル記念Tシャツを作っちゃおうかな!(そう言えば来年1月で独立5周年を迎えるんですよね)。あ、でも、ネット上にもオリジナルTシャツを作ってくれるオンライン・ショップがいくつもありますけど、茶色のTシャツ素材が選べるお店ってあんまりないような・・・(どなたか、安くていいTシャツ業者さんご存知の方いらっしゃったら是非教えて下さい♪)。

0515_010flt.jpg


ちなみにこれは、ラジオTシャツ買ったお店とはまた別の「ユニクロしまむらより安い激安衣料品店」(笑)で最近僕が買った長袖Tシャツ(お値段なんと399円!)。これもなかなかポップでいいでしょ(^^)。

0522_th.jpg


そしてこれはニック・ヘイワード、じゃなくて平和堂のセールで見つけて購入した長袖Tシャツ。バックプリントが気に入って購入したんですが、980円から500円に値引きされてました(所詮、音楽馬鹿の僕がファッションに使う金額はこんなもんです・苦笑)。

ストリートコアストリートコア
(2003/10/16)
ジョー・ストラマー
&ザ・メスカレロス



ところで、ユニクロといえば、例のエピタフ・レーベルとのコラボTシャツ、遂に今週5/19から発売されたようなんですが、何でも大型店舗オンライン・ショップのみの販売で、うちの近所の郊外店舗には入荷しないとのこと(そりゃないよ~!)。

 http://ut.uniqlo.com/epitaph

やはり出来れば購入するのは実物を見てからにしたいので、ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロスTシャツは、来月京都行った時にでもあれば買うことにしようかな・・・(ガンダムTシャツは僕が期待してたものとはだいぶ違ってて、カラー・ヴァリエーションも少なかったので、結局一枚も買いませんでした)。


【追記】
そういや、バレンタインに貰ったラジオのポスター(※2月15日の日記参照)、まだ筒のままだった(汗)。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪ス虎ット♪

5月10日(土)「タラートソウル」のつづき【Part3】です。

0510_12ht.jpg


千林商店街をぶらぶらと「千ぶら」して楽しんだ後は、地下鉄谷町線千林大宮から東梅田へ出て、今度は梅田をぶらぶらの「梅ぶら」の巻。まずは今シーズンも出足好調な阪神タイガースにあやかろうということで(というか、お友達へのお土産を買いに)阪神百貨店8Fのタイガース・グッズ売り場へ。

0510_13ht.jpg


実は子供の頃からタイガース・ファンだったくせに、ここ来るの初めてだったんですけど(^^;)、丁度、金本選手の400号本塁打達成記念グッズや新井選手の200号本塁打記念グッズも販売されてるとあって、大いに賑わってました。

その後、タワーレコードのマルビル店に足を延ばすも目当てのものはなく完全に空振り。それでもう「梅ぶら」は早々に切り上げて、次なる目的地へと向かうことにしました。

ということで最後に【Part1】に続いて、僕の山下達郎ポスター・コレクションからタイガース・カラーの(?)『ON THE STREET CORNER 3』のポスターをご披露します。

0502_ty_os3.jpg


やはりこれまた当時行きつけだったCDショップの店員さんがご好意で下さったんですが、どうやらその店員さんも萩原健太さんのオールディーズ番組のリスナーさんだったらしく(ビートルズ・クラブの会員さんでもあったのかな?)、ある日、レジで差し出したスタンプカードの僕の名前を見て「あっ、あなたが!」と言って握手を求めて来て下さって、それからお店でCD買う度に僕が好きそうなアーティストのポスターを見繕っては「どうぞ」とこっそりと手渡して下さるようになったのでした(^^)。残念ながら現在はもう別のお店に移動されたみたいで、久しくお目にかかってないんですけど、お元気でお過ごしでしょうか?もし今もここご覧になって下さってましたら、その節は有難うございましたと、あらためて厚く御礼申し上げます(ご覧の通り、頂いたポスター、全部大事に取ってます!)。

そう言えば今週、木崎義二さんの「DAY BREAK」(月曜日)『ON THE STREET CORNER 3』から「ラブ・TKO」をかけて下さってましたね(続けてオンエアされたのがアル・クーパーのプロデュースによる音壁系チューン、エイト・フィート「Bobby's Come A Long Long Way」というのがまた心憎いったらありゃしない!!ちなみにこのCDに収録されてます)。

フィルズ・スペクトル2-フィル・スペクターの時代フィルズ・スペクトル2
-フィル・スペクターの時代

(2005/09/16)
オムニバス



僕のリクエストも2週連続でかけて下さって、嬉しかったです(感謝♪)。


【Part 4につづく・・・】



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シロノワール

0518_10kks.jpg


名古屋を拠点に約300店舗フランチャイズ展開してるらしいコメダ珈琲の滋賀初進出となる水口店がオープンしたのは2006年12月。車で前を通ると、平日でも時間帯問わず駐車場がいっぱいで繁盛してるようだったので、是非一度行ってみたいなと思ってたんですが、そうこうしてるうちに今年になって野洲に2号店もオープン(笑)。とにかく一度どっちか行ってみなきゃということで、5月18日の日曜日にランチを食べに野洲店へ。

0518_02kks.jpg


勿論、まず僕らが注文したのは名物のシロノワール(590円)。そしてハンバーガー(380円)とアイスコーヒー(380円)。温かいふんわりデニッシュの上に冷たいソフトクリームがドカンと乗っかったシロノワールはホットケーキのようにメープルシロップをかけて食べるんですけど、成程この美味さはダイナミック!(恐るべし名古屋グルメ)。更にシロノワールのジャンボサイズもさることながら、ハンバーガーも380円なのに佐世保バーガー級のバンズのデカさでビックリ!?(その代わりパティは小ぶりだったものの、上に目玉焼きも乗ってて、ボリュームにも味にも不足は感じませんでした)。コーヒーにもれなくオマケで豆菓子が付いてくるあたりはいかにも名古屋の喫茶店らしいなと思いましたが、最初からガムシロップ入りで出てくるところは、京都の進々堂旧ブログ2005年11/4日記参照)やイノダコーヒー2005年3/27日記参照)にもちょっと通じるものがあるようなないような・・・(甘党の僕には大歓迎です・苦笑)。何でも、やはりジャンボサイズなカツサンドも美味いという評判なので、次はそれにしようかなと早くも狙いを定めています(^^;)。

COME ALONGCOME ALONG
(1997/06/04)
山下達郎



大満足のランチの後は、琵琶湖岸を「Riding in My Car」「Drive My Car」
BGMは山下達郎さんの『COME ALONG』木崎義二さんも、昔カーステでこのカセットばっかり聴いてたと以前ラジオでおっしゃってましたが、僕も学生時代から夏場の琵琶湖岸ドライヴのBGMは、もっぱら『COME ALONG』かフリッパーズ・ギター『THREE CHEERS FOR OUR SIDE~海へ行くつもりじゃなかった~』でした(もしくは杉真理さんの『HAVE A HOT DAY!』)。流石に夏にはまだ少し気が早いですけど(^^;)、でも、お天気も良くてめちゃ気持ちよかったです!(だからこそ言いたい。僕の大好きな琵琶湖で人を殺したり、遺体を棄てたりしないで!!)。

最後にボーナス・トラック。好評につき(?)、田植え2008写真をもう1枚。

0515_t01.jpg



【追記】
「BS熱中夜話」
”ビートルズ”ナイト、いよいよ今夜、第2夜「ビートルズ:プレイ・ザ・ビートルズ編」放送ですよ!

 http://www.nhk.or.jp/nettyu/2008/beatles/index.html


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山下達郎アコースティック・ミニライヴ大阪公演

0510_35tyac.jpg


5月10日(土)のライヴ前の「ぶらり途中下車珍道中」はまだもうちょっと続きそうなので(^^;)、とりあえず先にセット・リストだけアップしときますね。

山下達郎「サンデー・ソングブック」800回記念
~アコースティック・ミニライヴ

2008年5月10日(土)  大阪厚生年金会館芸術ホール


【PM7:01 入場開始】
【PM7:31 間もなく開演しますブザー】

【PM7:35 開演~ライヴ・ビデオ上映】

00. JACCSカードのCM(柴崎コウ)
01. アトムの子 
 (Live at 中野サンプラザホール 1992年3月15日)
02. Get Back In Love
 (Live at NHKホール 1999年2月4日)
03. ずっと一緒さ
 (テレビ・サイズPV)

【PM7:54  アコースティック・ライヴ本編スタート!】
01. Bomber
02. Donut Song
  MC
03. Paper Doll
04. Forever Mine
  MC

【以下3曲カラオケを使用してのアカペラ・コーナー】
05. バラ色の人生~ラヴィアンローズ
  MC
06. Chapel Of Dreams
  MC
07. Smoke Gets In Your Eyes
  MC

【再びアコースティック・トリオで】
08. What’s Going On
09. 蒼氓
  MC
10. さよなら夏の日
  ※ここでハプニング!(高田渡ミニコーナー?)
  MC
11. Ride On Time

【PM9:26 本編終了】

【PM9:27 アンコール】
12.ずっと一緒さ
 (※カラオケで)
13.Let It Be Me
 (※竹内まりやさんとカラオケでデュエット!)
14.クリスマス・イブ

【PM9:45 終演】

【クロージングBGM】
That’s My Desire

0510_34hn.jpg


【出演】
山下達郎 (ヴォーカル、ギター、メタルカバサ、タンバリン、グロッケン、シェーカー)
伊藤広規 (ベース)
難波弘之 (ピアノ)

【スペシャル・ゲスト】
竹内まりや(ヴォーカル)



時間は僕の腕時計によるものなので、あくまでも目安ということで(もしかしたら1分くらい進んでるかもしれません・汗)。感想などはまた後日書き加えることにします。

【2008.6.05追記】
結局、感想など続きはこちらに書きました。




| LIVE/EVENT | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

タラートソウル

5月10日(土)「いざ、Circus Townへ♪」のつづき【Part 2】です。

0510_03sen.jpg


京阪電車を乗り継いで、やって来たのは千林。改札を抜けると、すぐそこが千林商店街。流石は大阪のオバちゃんの聖地にして(?)街頭インタビューのメッカだけあって(いきなり関西テレビがインタビューしてはるとこに遭遇!)、地方の疲弊したシャッター商店街とは違って、活気がみなぎってました。

とにかく、まずは庶民情緒溢れる商店街をたっぷり堪能しようと、アーケードを端から端までぶらぶら探索してみることに。いろんなお店を眺めながらただ歩いてるだけでもなかなかオモローなひとときだったんですが、そんな中、何気にふらっと立ち寄ってみたブックオフで、買おうと思いつつも買いそびれてた『CDジャーナル』のバックナンバーを250円で発見(^^)。会計を済ませてお店を出ると、丁度お昼時となり、ぼちぼちお腹も減って来たので、お好み焼きを食べようか、それ共うどんにしようか、いやカツ丼も捨て難いなと迷った末、結局、ふり出しに戻って千林駅前の讃岐うどん屋さんに入店。「雨降りでちょっと肌寒いくらいだから、あったかいもん食べようじゃないか」ということで僕が注文したのはカレーうどん(380円。ご飯とセットのカレーうどん定食が500円であったものの、100円の鮭おにぎりを追加して合計480円)。

0510_04cu_k.jpg


丸亀製麺同様、セルフ方式のお店ながら、割り箸じゃなくて塗り箸なのがエコで好感が持てたんですが、BGMにジャズが流れる店舗奥のテーブル席が落ち着いた雰囲気で、思いのほかゆったりと食事を楽しむことが出来ました(お肉たっぷりなカレーうどんもまいう~。勿論、キレイに完食・笑)。

0510_06cuks.jpg


食事の後は、お茶を飲みつつ、持参した友沢ミミヨさんのマンガなどを広げながらしばし馬鹿話(苦笑)。そしてここで初めて「現地ガイドさん」改め自称「ラッキーガールさん」が当ててくれた山下達郎さんのアコースティック・ミニライヴの招待状を拝見。

0510_08tyc_k.jpg


封筒に記載の整理番号は29番。「もしかしたらいい席かもね!」と期待を込めて話してたんですけど、実際後々この整理番号の有難味を物凄く痛感することになるのでした。

そんなふうに空腹を満たしたところで、向かった先は千林に降り立った最大の目的である雑貨&衣料の「Talat Soul(タラートソウル)」さん。

0510_11tc.jpg


上柴とおる親方FM-COCOLO「南港♪Music Entertainment」で昨年から度々話題になってたお店なんですが、成程、噂通り、音楽好き&雑貨好きの心をくすぐる愉快な品揃え。しかも店長さんは、上柴親方の番組はFM-OSAKA 「ポップス・ア・ゴーゴー」の頃からのリスナーで、達郎さんの番組も土曜日の 「サタデー・ソングブック」時代から、更に萩原健太さんの番組もずっと 聴いておられて、常連リスナーだった僕の名前も10年以上前から知ってて下さったと伺い、大変驚きました(^^;)。

0510_40k.jpg


ちなみに、僕が購入させて頂いたのは、まずテクニクスのターン・テーブル型キーホルダー(SL-1200?)と「アニメ・ザ・ビートルズ」ならぬ、よく見ると「The Peatles」になってるゴム製のキーホルダー(ピ・ピ・ピートルズって・笑)。これぞまさしくオモロー!

0510_38tcb.jpg


それから、店長さんがビー・ジーズの缶バッヂが一向に売れないとぼやいておられたので(^^;)、そのうちの一つを僕がエルヴィスの缶バッヂ共々購入させて頂いたんですが、レコジャケを模したデザインがなかなかいいでしょう?(以上4点、いずれも1個300円)。こちらをご覧の関西近郊の洋楽リスナーの方は、タラートソウルさんに是非ビー・ジーズのバッヂを買いに行きましょう(笑)。他にもエルヴィスやジョン・レノンのバッヂに加え、The WhoVUラモーンズデッド・グッズ等々、いろいろありましたよ!(アクセスは以下のページをご参考に)。

 http://www.coco-fancy.com/otanoshimi.html

最後に、このロボットのキーホルダーは店長さんからオマケで頂戴しました(店長さん、あらためましてどうも有難うございました!残念ながらそうしょっちゅうは伺えそうにありませんが、でもそのうちまた絶対寄らして貰いますので!!)。

【Part 3につづく・・・】


| Diary | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田植え2008完結

0515_t07.jpg


有難いことに天候にも恵まれ、我が家の田植え2008は、今週5月15日(木)パート(3)で無事終了。ご覧のような細長~い田んぼで、両端をうちのオトンが、それ以外は大体僕が植えました(自分でも気持ちいいくらい真っ直ぐに植えることが出来て大満足。今年の僕の最高傑作です・笑)。

0515_t03.jpg


とにかく、これでひとまずほっと一息付けそうなので、明日は久々にサンデー・ドライヴに出かける予定(お天気も良さそうですしね!)。決して引っ張るつもりはないんですけど、まだまだ先が長くなりそうな「山下達郎さんのライヴ観に行って来ました」日記の続きは、来週また追々ということで(^^;)。

最後に、今の気分で1曲:
「My Dad The Weatherfan」 / パールフィッシャーズ

Sky MeadowsSky Meadows
(2003/09/23)
Pearlfishers



毎年同じようなこと言ってるような気がしないでもないですが(苦笑)、やっぱり新緑の頃は、カントリー・ロックグラスゴーのフォーキーなポップミュージックが美味しい季節。なかでもこのパールフィッシャーズが2003年に発表した4作目『Sky Meadows』はジャケもサウンドも爽やかで、まさにエヴァーグリーン!(現在はBMXバンディッツでも活動してるデヴィッド・スコットが書く曲、ホント大好きです)。「My Dad The Weatherfan」を含めて、My Spaceの彼のページで4曲程フルサイズで公開されてますので、ご興味のある方は是非聴いてみて下さい♪「心の森林浴」をお約束します(笑)。

 http://www.myspace.com/thepearlfishers




| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ、Circus Townへ♪

5月10日 土曜日

0502_ty_li.jpg


生憎の雨模様の中、山下達郎さんの「サンデーソングブック」800回記念アコースティック・ミニ・ライヴを観に行くべく、久々に大阪へ(ちなみにこれは僕の山下達郎ポスター・コレクションのひとつ。数年前、当時行きつけだったCDショップの店員さんがご好意で下さいました。やっぱ鈴木英人さんのイラストは爽快ですね!そう言えば英人イラストが表紙の「FMステーション」を毎号買ってた中2の頃には、部屋に『COME ALONGII』のポスターを貼ってたっけ。あのポスター、どこいっちゃったのかなぁ・・・)。

0510_01tawawa.jpg


通常、大阪へ行く時は乗り換えいらずのJR新快速一本なんですけど、今回は京都駅で一旦途中下車。駅前の金券ショップでスルッとKANSAIカードを買って(店員さんが飴ちゃん一つくれはりました♪)、京都タワーのマスコット・キャラ「たわわちゃん」のゆる~い看板を横目に見つつ(ひこにゃんの兄弟みたいなもんですしね・笑)、向かった先は京阪電車七条駅おけいはんに乗るのは、やはり大阪厚生年金会館にブライアン・ウィルソン『SMiLE』ツアー千秋楽を観に行った2005年2月3日以来実に3年ぶり。なので記念に(?)3代目おけいはんの新作ポスターも思わずパシャリ(^^;)。

0510_02okeihan.jpg


京阪特急で伏見桃山城などの車窓の風景と独特の甘~いトーンの車掌さんによるアナウンスを楽しんでたら、あっという間に枚方市駅。そこで現地ガイドさんと合流し、急行電車に乗り換えて、しばしガタゴト。更に守口市駅で普通電車に乗り換えて、もうちょっとばかしコトコト。扉が開いて、たどり着いた先はCircus Townなのか、それともDown Townなのか?とにもかくにも、こうして僕史上最高の5月10日は幕を開けたのでした。

ということで、以上、まずはほんのPart1Part2につづく)。

中川家礼二責任編集長『笑う鉄道』関西私鉄読本中川家礼二責任編集長
『笑う鉄道』 関西私鉄読本
(ヨシモトブックス)

(2008/05/02)
中川家礼二



そうそう、おけいはんといえば、中川家礼二のこの本、面白そうです(笑)。




| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明るい表通りで

マキズ・バック・イン・タウン!マキズ・バック・イン・タウン!
(2006/02/22)
まきみちる



5月4日の続きです。偶然にも当ブログで「On The Sunny Side Of The Street」をネタにしてた矢先、5月5日深夜放送のJFN系「DAY BREAK」(月曜日)で木崎義二さんがコーラスアレンジの洒落たフォー・フレッシュメンのヴァージョンのをかけて下さったので、とっても気分爽快だったんですが。やはり木崎さんの番組で教えて頂いた「若いってすばらしい」槙みちる(まきみちる)さんによるフランク・シナトラの愛唱歌カヴァー集『マキズ・バック・イン・タウン!』に収録されている「On The Sunny Side Of The Street(明るい表通りで)」も、エリック宮城オールスター・ビッグバンドのゴージャスな演奏を従えたみちるさんの凛とした歌声がのびやかで心地よくて、今やすっかり僕のお気に入りです(昨年5月28日放送の「DAY BREAK」月曜日にもリクエストしてかけて頂きました)。

そしてれこれは先日You Tubeで偶然見つけたニューヨークのストリート・ミュージシャンによる「On The Sunny Side Of The Street」



どこの誰かも知らなければ、決して上手い演奏とは言えませんが、でもこのノリ、この雰囲気、ピースフルで何となくほっこりとさせてくれるものがあって、僕は嫌いじゃないです♪



| Diary | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・田植え2008

0507_t05_k.jpg


田植え2008パート(2)、おかげ様で天候にも恵まれ昨日5/7に無事終了しました。大きい田んぼは、基本僕が田植え機運転担当だった為、あまり写真も撮ってられなかったので(まっすぐ植えてやろうと必死でした・苦笑)、とりあえずこの一枚だけ。日焼けの後がマッカートニーでヒリヒリ痛いです(^^;)。

あと我が家の今年の田植えは、来週、違う品種の小さな田んぼ一枚のパート(3)を残すのみ(それがうちで食べるご飯になります)。それが終わってから、この本じっくり読み進めるとします(ようやくGETしました)。

ぼくは散歩と雑学が好きだった。 小西康陽のコラム1993-2008ぼくは散歩と雑学が好きだった。
小西康陽のコラム1993-2008

(2008/03/07)
小西 康陽



元々僕は、学生時代から昼飯代やバス代・地下鉄代などもを浮かして、ただひたすらお目当てのレコードを求めて京都市内の中古盤屋さんを足を棒にして歩き回るだけのつまらん男だったんですが(まぁ、今でもつまらん男ですけど・笑)、そんな僕にレコード屋さん巡りと共にカフェ巡りの楽しみを教えてくれたのは、小西さんが2000年に朝日新聞に執筆されてた連載コラム「レコードジャンキー」だったので、僕にとって小西さんは恩人も同然です(勿論、小西さん経由で教わった音楽も沢山ありますし)。小西さんが生み出す音楽もさることながら、文章もセンスが良くて大好きです。この本のタイトルも植草甚一さんの『ぼくは散歩と雑学がすき』へのオマージュですしね(先日、先日、京都の恵文社でサイン会があったんですが、どうやら5/25には大阪・心斎橋のスタンダード・ブックストアのカフェスペースで、トークショー&サイン会が開催されるようですね。先着70名だとか)。

 http://www.standardbookstore.com/archives/65013515.html

ということで、田植えパート(2)の【テーマソング】

◎「Mandolin Wind」/ロッド・スチュワート



何となく田植えの季節はブリティッシュ・フォーキー・モードな僕(^^;)。
昨日も日差しはキツかったものの、風が心地よくて、田植え機のハンドル握りながら、頭の中でこの曲のイントロがへヴィロしてました。You Tubeから拝借して来た画像は、『MTV アンプラグド 』でのロン・ウッドとの共演シーン。おっ、ロン・ウッドのアコギはゼマティスでしょうかね(^^)。

 http://www.zemaitis.jp/



| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田植え2008

5月6日 大安

0506_t13k.jpg

五月晴れというよりも、まるで真夏のような日差しの中(汗)、世間はGW最終日でも我が家はいよいよ田植えの本番パート(1)。

0506_t11k.jpg


おかげ様で、昨年新調した田植え機は今年も快調!

0506_t09k.jpg


こんな感じでバリバリサクサクサクと田植えは進み

0506_t05k.jpg


思ってたよりも早く小さい田んぼ2枚の田植えが完了。

0506_t22k.jpg


そして明日は大きな田んぼの田植えパート(2)です。

0506_t19k.jpg


ということで、まずは本日の田植えパート(1)の【テーマソング】

◎「How Come」/ロニー・レイン&スリム・チャンス



何となく脳内でこの曲を口ずさみたくなる、そんな陽気だったんですけど、何でもこの曲、1/26にタワー・レコードの梅田NU茶屋町店におけるザ・コレクターズの大阪インストア・ライヴの時、リハで演奏されたとか(それ聴いてみたかったなぁ~!)。

ロニーロニー
ロニー・レイン
(2007/11/22)
Happinet(SB)(D)


そう言えば映画『ロニー』のDVD、コレクターズが「BS★フジイ」にゲスト出演した際にも佐橋さんのコーナーで取り上げられていて、屋敷豪太さんもロニーの歌が大好きだとおっしゃってましたが、何号か前の『BRIO』では伊藤銀次さんがロニーへの愛情溢れる優しい眼差しでレビューを書いておられたので、読んでて嬉しくなりました。



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンサーソングは哀愁

The Answer to Everything: Girl Answer Songs of the 60\'sThe Answer to Everything
: Girl Answer Songs of the 60's

(2007/10/30)
Various Artists



昨年秋に英Aceから発売された『The Answer to Everything: Girl Answer Songs of the 60's』は、タイトルが示す通り、ガール・グループガール・シンガーが歌うアンサー・ソングばかりを集めたイカしたコンピレーション。

全28曲入りとボリュームたっぷりなら、収録曲もジム・リーヴス「He'll Have To Go」に対するジーン・ブラック「He'll Have To Stay」や、フォー・シーズンズ「Sherry」(1962年1位)に対するトレイシー・デイ「Jerry (I'm Your Sherry) 」(僕もこの曲好きで何年か前、萩原健太さんの番組にリクエストしてかけて貰ったっけ・・・)、更にはサム・クック「Bring It On Home To Me」(1962年13位)のアンサー・ソングで、カーラ・トーマス「I'll Bring It On Home To You」があれば、ディオン「Runaround Sue(浮気なスー)」(1961年1位)へのアンサー・ソングで、ジンジャー・デイヴィス&ザ・スナップスによる「I'm No Runaround」もあってと、オールディース好きであればある程、聴く楽しみの多い一枚、という気がします(とくに僕のようなガールポップ・ファン兼アンサーソング好きには一粒で二度美味しいです・笑)。エルヴィス「Are You Lonesome Tonight(今夜はひとりかい?)」に対するドディ・スティーヴンス「Yes, I'm Lonesome Tonight」という返事なんかにしても、実に洒落てるじゃないですか♪

そう言えばゴフィン&キング作品でボビー・ヴィーがヒットさせた「Take Good Care Of My Baby(さよならベイビー)」(1961年1位)のアンサー・ソング「You Should Know I'm Still Your Baby」を歌ってたサミー・リンは、ジャック・ニッチェの奥様だったんですね!3月31日放送の「DAY BREAK」(月曜日)で木崎義二さんの解説聞く迄、知らずに過ごしてたような(^^;)。

尚、エスター・フィリップス「When A Woman Loves A Man 」は勿論パーシー・スレッジ「男が女を愛する時」のアンサー・ソングであって、1980年代にレベッカが歌ってた同名曲ではありませんので(当たり前じゃ・苦笑)。

ということで、最後に【今の気分で1曲】

◎「アンサーソングは哀愁」/早見優
  (作詞:阿久悠、作曲:馬飼野康二、編曲:萩田光雄)




| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

光さすこの道を

GET HIP SHOW CASE 2~Favorite title \'00 ~ \'08GET HIP SHOW CASE 2
~Favorite title '00 ~ '08

(2008/03/29)
ちょい濡れボーイズ、Little fats & Swingin' hot shot party、OLD SOUTHERN JUG BLOWERS、HOT SAXY、ボガ


3月に発売されたGET HIP RECORDSのレーベルベスト盤コンピ『GET HIP SHOW CASE 2~Favorite title '00 ~ '08』は、ちょい濡れボーイズLittle fats & Swingin' hot shot party、そして残念ながら解散してしまったふたり乗りらの新録も含む全16曲入りで、お値段税込み1050円とかなりお買い得な一枚(更にレーベルのオンライン・ショップONLYSWING.COM STOREで購入すると、ステッカーポスターなどの通販限定特典も貰えちゃいます)。ジャケのイラストもキュートですが、中身の方もオールド・タイミーでグッド・タイミーなジャグバンド・ミュージック揃いで、実にゴキゲン♪

なかでも僕のお気に入りは、Little fats & Swingin' hot shot partyによる「On The Sunny Side Of The Street」。最近では、ビールのCMソングとしてもお馴染みのスタンダード・ナンバーですが、Little fatsのヴァージョンも渋みが効いてて、なかなか味わいがあります(でも、日本語の詞は、バンバンバザールが歌ってる藤井康一さんの訳による「明るい表通りで」の方がしっくり来るかも・・・)。My Spaceでもフルで試聴出来ますので、ご興味ある方は是非お試しあれ♪

 http://www.myspace.com/lfshsp

そう言えば、西院ミュージック・フェスティヴァル、今年も8月2日(土)8月3日(日)に開催されることが決定したとか。去年は空腹に負けてLittle fatsの出番見逃しちゃったので(^^;)、今年も彼らが出演するようなら、是非また観に行きたいです!

 http://saifes.dip.jp/




| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱中夜話のビートルズ・ナイト

080407_2bt.jpg


Radio Sweetheartよりお知らせ。

NHK-BS2『BS熱中夜話』の次回”ビートルズ”ナイトに、どうやら鈴木慶一さんと共に我らがDJ、萩原健太さんがゲスト出演される模様です(昨夜、”戦国武将”ナイトを見てたら番組終了後の次回予告にお二人の姿も映ってました)。放送日時は5月15日5月22日24:00~24:44とのこと(通常より5分延長しての放送となるようです)。詳しくは以下の番組サイトにてご確認下さい(また少し遅れてから、地上波でも再放送があるかもしれませんね)。

 http://www.nhk.or.jp/nettyu/

それから、MUSIC BIRDの新番組「萩原音楽堂」の件なんですが。4月3日の日記で「生憎、僕は受信環境が整っておらず聴けない為、Radio Sweetheartでエアプレイ・リストのアーカイブは出来そうにありません」というようなことを書いたところ、あるリスナーの方から「あなたがやらないで誰がやる!!」という叱咤激励のメール(?)を頂戴しまして(恐れ入ります・汗)。確かに、まぁ、そう言われてみたらそうかもしれないなと思い(^^;)、とりあえず4/6の第1回放送と4/13の第2回放送分についてはMUSIC BIRDのウェブサイトのソングリストで発表があったので、それを元に、一部の誤りに訂正を加え、邦題などを書き足してエアプレイ・リストを作成して、Radio Sweetheart Infoの方にUPしときました(でも第3回以降の放送についてはウェブサイトのソングリストに掲載されなかったのでわかりません。あと第1回放送の後半のニール・セダカ特集の部分も・汗)。もし、どなかた記録を残しておられる方がいらっしゃいましたら、特集名だけでも構いませんのでこちらまで情報提供などご協力頂けると嬉しいです(宜しくお願い致します)。

尚、冒頭の写真は、僕のFAB4Tシャツ・コレクションのほんの一部(多分、ビートルズ関係だけで30枚くらいあるような・苦笑)。一応どちらも、アップル・ライセンスの正規品のようなんですが、左側の黒Tは、僕がまだ大学の4回生だった頃に、近所のスーパーの2F紳士服売り場で980円くらいで普通に売られてたのを偶然見つけて購入。右側のグレーTはかれこれ10年以上前、うちのオカンの職場に業者の方が売りに来てたとかで、ビートルズ好きの息子の為にと買って来てくれたものです(何と一着500円だったそう!?。ちなみにビートルズ・シネ・クラブの会報誌1993年6月号P20のグッズ通販ページでは、同じものが1900円+税57円、送料618円で販売されてました)。

beatleshenotabi.jpg
ビートルズへの旅 (とんぼの本)
(2008/04)
リリー・フランキー、福岡 耕造 他
新潮社


最後にこれは、まだ読み始めたばかりのリリー・フランキーさんと福岡 耕造さんの共著『ビートルズへの旅 』。正直、ビートルズ関連書籍は相変わらず沢山出まくってて、もうお腹いっぱいだなと思いつつも、リリー・フランキーさんってことで性懲りもなく手に取っちゃいました(^^;)。

 http://www.shinchosha.co.jp/book/602170/



| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |