Sweetheart Of The Radio

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ニューオリンズにて



暑い一日の夕暮れに、ふと口ずさみたくなるバンバンバザール不朽の名作「ニューオリンズ」にて(このところ「湿った空気は行ったり来たり」ですしね)。先月、京都のインストア・ライヴでは曲紹介されたものの結局演奏して貰えなかったので(苦笑)、とりあえずYou Tubeで我慢(バンバン仲間がこんなのUPさてたよと教えてくれました。カンザスシティ・バンドとのコラボ、益々ご陽気でゴキゲンで、いい感じで盛り上がってますね!)。ツイン・ウッドベースのソロ&スキャット合戦、僕も生で聴いてみたかった(笑)。

以上、久しぶりに青空が広がった8月最後の日に、過ぎゆく夏を惜しみつつ・・・。



スポンサーサイト

| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スターダスト

スターダストスターダスト
(2008/07/23)
ウィリー・ネルソン
&ウィントン・マルサリス



カントリー界の大御所、ウィリー・ネルソンとクラシック界での活躍もめざましいジャズ界屈指のトランペッター、ウィントン・マルサリスによるスペシャルな共演ライヴ盤『スターダスト』。何でもブルーススタンダードばかりを演奏する企画のライヴだったそうで、演奏曲目は「スターダスト」「我が心のジョージア」といったお馴染みの名曲ばかり(日本盤にはボーナス・トラックが1曲付いて全11曲入り)。勿論、渋くて艶のある歌声も、極上の演奏も格別の味わいで、アメリカのポピュラー・ミュージックの楽しさや素晴らしさ、そして奥深さを知るには絶好の一枚。



近頃、CDの衝動買いはめっきり減ったものの、流石に今回ばかりは我慢しきれず、気付けばポチッとクリックしてました(^^;)。


それからもう一つ、ウィリー・ネルソン御大の「スターダスト」といえば。

スターダスト 30周年記念盤スターダスト 30周年記念盤
(2008/08/27)
ウィリー・ネルソン



1978年に大ヒットしたブッカー・T・ジョーンズのプロデュースによる同名アルバムの30周年記念盤もリリースされましたね。やはりこちらにも「Stardust」や「我が心のジョージア」をはじめ、「Unchained Melody」「Someone to Watch Over Me」、更に僕の大好きな「On The Sunny Side Of The Street(明るい表通りで)」などの名曲名唱が詰まってましたが、Disc-2には「What a Wonderful World(この素晴らしき世界)」「Mona Lisa」なんかも収録されてる模様(詳しくはSony Music Shopiconの紹介ページをご参照下あれ。何曲か試聴も出来ますよ♪)。

どちらの『スターダスト』も、これから秋の夜長を過ごすのに、大いにお世話になりそうです。



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAYBREAK(月)#73

ザ・ロード・アイム・オン:ア・レトロスペクティヴザ・ロード・アイム・オン:
ア・レトロスペクティヴ

(2008/07/23)
ディオン



#73:DAYBREAK (月)  2008年8月25日深夜放送

01)I Have a Boyfriend /シフォンズ
02)One More Mile /ジム・メッシーナ
03)It's Gotta Be You /レスリー・ゴーア
04)Spanish Lace  /ジーン・マクダニエルス
05)Moonlight Swim 月影のなぎさ /エルヴィス・プレスリー
06)The Girl In White  /山下達郎
07)Bobby's Girl ボビーに首ったけ /マーシー・ブレーン

08)Since I Don't Have You /ドン・マクリーン 

09)Up On The Roof /ローラ・ニーロ 
10)No End In Sight  /カトリーナ・エラム Katrina Elam 
11)Stand By Your Man /ベティ・スワン Bettye Swann 
12)To Love Somebody /マイケル・ボルトン 
13)Saturday Night /ベイ・シティ・ローラーズ
14)This Little Girl /ディオン  
15)Drop Down Baby /ディオン
16)25 Or 6 To 4 長い夜 /シカゴ
17)Knight in Rusty Armour 騎士と乙女 /ピーター&ゴードン
18)ふたりはステディ /竹内まりや
19)Funny How Time Slips Away 時のたつのは早いもの
 /ウィリー・ネルソン
20)Groove Of Midnight /サイーダ・ギャレット Siedah Garrett
21)Love Letters In The Sand 砂に書いたラブレター
 /マック・ワイズマン Mac Wiseman 
22)Free /デニース・ウイリアムス



それでは今週も木崎義二さんの「DAYBREAK」月曜日のエアプレイ・リストをアーカイブ(右メニューのカテゴリー【DAYBREAK】をクリックして頂くとエアプレイ・リスト一覧が出て来るようになってます)。

冒頭、8月21日(木)に開催されたCRT&レココレ「エルヴィス'68カムバックスペシャル」ナイトの話で幕を開けた8月25日深夜放送の目玉は、やはり何と言っても『ザ・ロード・アイム・オン:ア・レトロスペクティヴ』の国内発売を祝してのディオン2連発!(14曲目は9曲目のローラ・ニーロ同様、ゴフィン&キング作品で、15曲目はスリーピー・ジョン・エステス作品)。ご記憶の方もいらっしゃるかと思いますが、NHK-FM「ポップス・グラフィティ」(月曜日)1997年3月17日放送の特集コーナーで健太さんが紹介して下さってた2枚組アンソロジーなので、当初は「今更国内盤が出たところで買うまでもないか」と思ってたものの、何と今回、日本盤のみのボーナス・トラックとして、シングルのB面2曲が追加収録されたとのこと!?加えて、ライナーの訳や歌詞・対訳も付いてるようなので、これは米盤を持ってても無視出来そうにないですね(詳しくはSony Misic Shopiconの紹介ページをご参照あれ)。

その他、心惹かれるものがあったのは、まず10曲目「美人カントリー・シンガー」コーナーのカトリーナ・エラム。ぶちゃけルックスはそう好みでもないんですけど(^^;)、歌声は嫌いじゃないです(またしても木崎さんにいいものを教えて頂きました。「No End In Sight」、My Spaceでもフルサイズ公開されてますね♪)。    

 http://www.myspace.com/katrinaelam

それから、続く11曲目のベティ・スワンによるソウルフルなタミー・ワイネットのカヴァーがまたゴキゲン!(キャンディ・ステイトンのカヴァー・ヴァージョンは前にかかりましたっけ?)。一方、マック・ワイズマンによる21曲目「砂に書いたラブレター 」は軽快なカントリー調で思わずニンマリ。でも、木崎さんの解説によれば、このマック・ワイズマン版の方がパット・ブーンよりも4年も前にヒットしてたんですね(そもそも作曲されたのは1930年代だったとか。いや勉強になります)。

あと、レオン・ラッセルのピアノ伴奏によるウィリー・ネルソン御大の19曲目「Funny How Time Slips Away」は、オンエアで邦題「時は過ぎゆき」と曲紹介がありましたが(確認出来ず?)、手持ちのCDには「時のたつのは早いもの」と表記されてましたので、とりあえずそれに従いました。

尚、僕がドン・マクリーンによる「Since I Don't Have You」をリクエストさせて頂いた経緯については8月11日深夜放送のところで触れた通り。 

そして最後に前からちょっと気になってたことを一つ。ベン・ワイズマンの作によるエルヴィス「月影のなぎさ」(オリジナル・ヒットはアンソニー・パーキンス)は、うちのオカンから貰ったウクレレ・ソングブックにも載ってたので、僕も中学時代から親しんでる曲なんですけど、もしかしてこの曲は杉真理さんの「月へ行く舟」歌い出しの元ネタだったりするんでしょうか?(要するに「ムーンライト~♪」が同じというだけなんですけどもね・苦笑)。

ところで、来週はアシスタントの由起さんが番組をお休みされるとのことですが、ということはどなたか代わりの方がいらっしゃるんですかね?木崎さんお一人だけだと、ちょっぴり心配かも(^^;)。



| DAYBREAK/TO VILLA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

君の瞳に恋してる

P-CAN(紙)P-CAN(紙)
(2003/11/27)
少女隊



キャンディーズスーちゃん派で、ribbonはちょっぴり迷うものの(?)やっぱり永作ちゃん派と、基本的に3人組のガールグループは断然センター・ポジション派の僕(と言いつつ、Perfumeのっち派なんですけど・苦笑)。そんな訳で一心同体少女隊は勿論レイコちゃん派(^^;)。

そして少女隊といえば忘れちゃいけない「君の瞳に恋してる」
どうやら最近また織田裕二が月9ドラマの主題歌として変名でカヴァーしてるみたいですけど、誰が何と言おうと、僕の中でこの曲のカヴァーは少女隊のヴァージョンがBESTです(なんだ、本物の「ザ・ベストテン」じゃなくて、「ひょうきんベストテン」なのね。流石にこれじゃひょうきん人形ダンサーズが邪魔・笑)。



そう言えばこんなパキパキのリミックス・ヴァージョンなんかもありました。



ちなみに、これが僕のHPのクリスマス・ソング特集コーナー「Christmas Wish」のトップ・ページに掲載してた少女隊の12インチ・シングル「From Santa Claus Village」のB面(音は何も入ってなくて、代わりにこんな飾り絵のレリーフが彫られてました)。

825_sfscb.jpg

A面にはタイトル曲と共に「君の瞳に恋してる」がちょびっとだけ入ってます(^^;)。

それにしても、口パク・アイドルのPeachy'sは誰が歌ってるんだろうと思ってたら、森三中だったとは(苦笑)。



| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Music From The Magic Shop

Music From The Magic Shop (プレミアム・エディション) 初回生産限定盤Music From The Magic Shop
(プレミアム・エディション)
初回生産限定盤

(2008/09/10)
おおはた雄一
クリス智子



おおはた雄一さんの約2年半振りとなるオリジナル・フル・アルバム『Music From The Magic Shop』ニューヨーク録音で、何とジェシー・ハリスリチャード・ジュリアンが共同プロデュースとのこと! (どうやら初回生産限定盤でタイアップやコラボ曲を収録した6曲入りのリミテッド・ディスク付きの2枚組プレミアム・エディションも同時発売されるようですね。税込3,500円で全18曲入り豪華W紙ジャケ仕様だとか)。

ワーナーのサイトで各曲30秒ほどずつ試聴しましたが、ボサノヴァ風味も効いてて、何とも心地よい響きで、まさに「上質のアコースティック・グルーヴ」(笑)。「新境地にして最高傑作」という宣伝文句も決して大袈裟ではなさそうです。

 http://wmg.jp/artist/ohata/

早くも、9月21(日)には14:00からJEUGIA四条店で、更に18:30からはタワーレコード梅田NU茶屋町店インストア・ライヴ&サイン会も決定してるようですが、生憎その時期は我が家の稲刈りスケジュールど真ん中ゆえ、まず行けそうになく・・・。

同じくそんなような理由から、おおはたさんと坂本美雨さんの「大雨」コンビも出演する9月23日(火・祝)大阪城音楽堂での野外イベント「SOUNDS GREEN 2008」にも多分行けないので応募すらしてないんですけど、でも「1500組3000名ご招待」なら当選確率はそう低くないかも?(出演はその他、元ちとせスネオヘアーなど。ECOをテーマにしたイベントらしく、水筒を持参すると給茶して頂けるサービスなんかもあるそうです)。

 http://funky802.com/soundsgreen/

もしどなたか当選されたら、是非お土産話など聞かせて下さいね(笑)。
6月のインストアもたっぷり演奏して下さってたので、今度のインストアもきっと聴き応えあると思いますよ♪

【8月29日追記】
CDJournal.comおおはた雄一さんのスペシャル・インタビューがアップされましたね(聞き手は天辰保文さん)。インタビューに加えてみうらじゅんさんとの対談があったり、友部正人さんや佐野史郎さん、コトリンゴさん(彼女も間もなく新作が出ますね!)といったおおはたさんゆかりのアーティストからの感想コメントも掲載されていたりと、なかなか興味深いです。


 http://www.cdjournal.com/main/interview/interview.php?ino=165


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パイロットとウィザード

818_pilot.jpg

今の愛車に乗る前、「ロイ・ウッドが好きだから」という理由もあって、ワインレッドいすゞWIZARDが欲しいなと思ってた時期もあったんですけど(いやマジで、いすゞの4WD結構好きだったので、乗用車部門からの撤退が発表された時は非常に残念でした。願わくばビッグホーン共々、クリーンディーゼル・エンジン搭載で復活させて欲しいくらいです)、もしこのホンダ北米専用SUV「パイロット」が日本でも発売されたら、やっぱり(バンドの)「パイロットが好きだから」という理由で欲しくなってしまうかも(勿論その前に「バッドフィンガー」という名前の車でも発売されなければの話ですが・苦笑)。

 http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000018628.html

とまぁ、そんなようなことを考えたりしながら、夏バテ気味の弱ったボディーにカツを入れようと、昨日あたりからウィザードの分厚くて重低音がビシバシ効いた音壁サウンドを浴びるように聴いとります。

Singles: A's & B'sSingles: A's & B's
(2002/11/20)
Roy Wood & Wizzard



この『Singles: A's & B's』はジャケ写のインパクトもさることながら、全18曲入り74分37秒とボリュームもあって、ポップでキャッチーなシングルA面曲とアヴァンギャルドでクレイジーなB面曲との落差が楽しめてと、何とも味わい深い一枚(苦笑)。健太さんの責任選曲による『決定盤~ロイ・ウッドのすべて』萩原音楽堂2008年6月22日放送)も僕の好みとかなりの部分で重なってて、なかなか嬉しい選曲ですが、出来ればあとこれにボーナス・トラックとして、ザ・ムーヴ「Beautiful Daughter」「恐竜ブロンドザウルス」、そしてノンヒットながらウィザードのシングルの中で僕が一番好きな「You Got Me Running」を追加収録して頂けたら尚言うことなしです(^^;)。

追記:やっぱ「Oh What A Shame」も!


【ラジオメモ】山本さゆりさんDJによるNHK-FM「懐かしの洋楽ヒット」渋谷陽一さんの「サマー・ロックトークセッション」、いよいよ今夜からですね(先日、渋谷さんのブログにギターを手にしたチャボさんの写真がアップされてたので、どうやらチャボさんがゲストの木曜日は生演奏もありそうな予感♪)。



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青い空の音符

822_01ss.jpg

1993年8月22日(日)の鈴木祥子さんのスペシャル・ライヴ招待状(IMPホール)。

僕が鈴木祥子さんの音楽を一番よく聴いてたのは恐らくこの当時だと思うんですけど、もう15年も前になるんですね・・・(招待状1枚で2名入場可で、僕は友達のチケットで一緒に入場したような。あと確かライヴの模様は後日FM802でオンエアされて、もしかしたらまだ録音テープ残ってるかも)。

近年は鈴木祥子さんの音楽からも、ライヴ会場からもすっかり遠のいてるものの、それでもお盆過ぎると急に涼しくなって、それこそ「夏はどこへ行った」という気分になると共に、鈴木祥子さんの歌が恋しくなる今日この頃。そんな訳で今年もまたカーステ『Long Long Way Home』を聴いてます(基本的に佐橋佳幸さんのサポートが光る初期4枚に思い入れが強いんですけど、やっぱりこのアルバムが一番好きで、結局ここに帰って来るみたい)。アルバム前半もさることながら、学生時代、カセットテープのB面に録音して愛聴していた6曲目以降の「夏のまぼろし」「あの空に帰ろう」「青い空の音符」「かもめ」辺りが、なんともせつなくて、やけに胸に沁みます(とくに大貫妙子さん作詞の「青い空の音符」は、祥子さんご自身もCDJournal.comのインタビューで語っておられましたけど、歌詞に深みがありますからね)。

さて鈴木祥子さんと言えば、今年はデビュー20周年ということで、僕の大好きな初期4枚の音源をまとめたDVD付きの集大成ボックス『SHO-CO-SONGS Collection1』のリリースなどもありましたが、いよいよ9月10日には2年ぶりの新作アルバムとなる『SWEET SERENITY』が発売(どうやらSACDとのハイブリッド仕様のようですね)。

SWEET SERENITYSWEET SERENITY
(2008/09/10)
鈴木祥子



前評判も高く、特設ページのコメントなどを見ても、かなりの自信作のご様子で、ジャケット写真からも傑作オーラがぷんぷん。

「我が家の稲刈りが先か、それとも祥子さんの新作が先か」

どちらにせよ、夏バテしてる場合ではなさそうです(^^;)。

 http://syokosuzuki.sakura.ne.jp/index.html


| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海の見える街




先月20日、京都はJEUGIA三条本店での『ウクレレバンバンバザール』発売記念インストア・ライヴでも演奏して下さった「海の見える街」『魔女の宅急便』より)。どうやら8月3日に北九州で開催されたバンバンの主催フェス「勝手にニューポート2008」でのステージのようですけど、やはり富やんウクレレはまるでラグタイム・ギターのようで、ホント絶品!

夏の終わりの夕暮れ時に、まったりと聴いていたい気分。



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAYBREAK(月)#72

ザ・ベスト・オブ・エア・サプライ~30thアニバーサリー・パーフェクト・コレクションザ・ベスト・オブ・エア・サプライ
~30thアニバーサリー
・パーフェクト・コレクション

(2007/08/22)
エア・サプライ



#72:DAYBREAK (月)  2008年8月18日深夜放送

01)Baby Hold On /グラス・ルーツ
02)Lady Marmalade /ラベル 1975年1位
03)Born In The U.S.A. /ブルース・スプリングスティーン
04)It Hurts To Be Sixteen なみだの16才 /竹内まりや
05)Lost In Love /エア・サプライ
06)Take Me Home Country Roads 故郷に帰りたい
 /オリヴィア・ニュートン・ジョン
07)Guilty  /ブルー  
08)You Need a Friend Like Mine  /アネット・トーマス Annette Thomas
09)Candlelight Kisses  /アカディアンズ Accadians
10)Society Girl /ラグ・ドールズ  
11)My Way /エルヴィス・プレスリー
12)New York's A Lonely Town ニューヨークはさみしい街
 /トレイド・ウィンズ
13)Get A Job!  /シルエッツ The Silhouettes 1958年1位
14)Merry-Go-Round  /バッファロー・スプリングフィールド
15)Dirty City /スティーヴ・ウィンウッド
16)If /ジョー・スタッフォード
17)Juvenileのテーマ~瞳の中のRainbow~ /山下達郎
18)Right Time of the Night 星影の散歩道 /ジェニファー・ウォーンズ
19)僕らのこの素晴らしき世界  /BEGIN
20)Waiting For Tonight /ジェニファー・ロペス
21)Hawaii Five-O /ベンチャーズ



木崎義二さんの「DAYBREAK」(月曜日)8月18日深夜放送のエアプレイ・リストです(右メニューのカテゴリー【DAYBREAK】をクリックして頂くとエアプレイ・リスト一覧が出て来るようになってます)。

今回のオンエアでの個人的な山場は大きく分けて三つ。まず一つは4時台のスティーヴ・ウィンウッド。今年出た最新作『Nine Lives』からは以前にも7分49秒もある「Fly」をかけて下さったので驚いたんですが(※6/9深夜放送)、更に今度はエリック・クラプトンのギターをフューチャーした7分44秒ある「Dirty City」も全編ノーカットでかけて下さるとは!(またしてもラジオの前で、”そこはかとなくソウルフル”なウィンウッド節と、木崎さんの心意気に大いにシビレました!)。 尚、この2曲は、ウィンウッドさんの公式サイトで公開されてますので、未聴の方は是非チェックされたし♪

 http://www.stevewinwood.com/

それからAM3:41からの9曲目と10曲目のガール・グループもの2連発にも胸がバクバク。アカディアンズの曲紹介では、健太さんの名前もちらっと飛び出して思わずニンマリだったんですけど(^^)、ラグ・ドールズ「Society Girl」L⇔Rの、じゃなくて(笑)フォーシーズンズ「悲しきラグ・ドール」へのアンサー・ソングですよ!(『Cameo Parkway 1957-1967』にも収録されてましたよね)。この辺り、4曲目の竹内まりやさんによるアンドレア・キャロルのカヴァー共々、ガール・ポップ・ファンには嬉しい3時台の選曲でした♪

そしてあともう一つ、何と言っても感慨深かったのが5曲目にかかったエア・サプライ「ロスト・イン・ラヴ」。というのもこの曲(NHK-FM「ポップス・グラフィティ」時代にも投稿したことあるんですけど)、僕の洋楽ハジレコなんですよ。関西メタルの洗礼を受けるまでは、洋楽はエア・サプライ、邦楽ならオフコースとかTULIPとかばっか聴いてるような中学生でした(あと勿論、杉真理さんとザ・グッバイも・笑)。それで何だか無性に懐かしくなっちゃって、今週は彼らのアルバム引っ張り出して来ていろいろ聴いてます(去年リリースされた30周年記念『パーフェクト・コレクション』には「ロスト・イン・ラヴ」のアコースティック・ヴァージョンも入ってて、なかなか良かったですけど、ノスタルジックな気分に浸るならやっぱりCDよりも当時のアナログ盤。なかでもこの2枚はホントによく聴いてました)。

820_ap.jpg

いずれも夏っぽいジャケで見た目も爽快ですが、ちなみにこのヨット・ジャケのグレイテスト・ヒッツの解説は山本さゆりさんによるもの(来週また久々にNHK-FMの「懐かしの洋楽ヒット」でお声が拝聴出来ますね)。今からでも機会があればコーラスの上手い人を集めて、エア・サプライのコピーバンドやってみたいものです(僕、左利きだし丁度いいでしょ・苦笑)。そう言えばいつだったか、小柳ルミ子さんが僕の大好きな「Making Love Out Of Nothing At All(渚の誓い)」を「愛されたいの~♪」と日本語で歌ってるのを聴いて複雑な気分になったことがあったっけ(^^;)。

その他、晩年の録音とはいえ、エルヴィス「マイ・ウェイ」はやはり格別。でも、僕の曲目記録ノートにはなまる印を付けたのは、そのエルヴィスでもなければ、グラス・ルーツやラベル、トレイド・ウィンズやシルエッツ、はたまたオリヴィアやジェニファー・ウォーンズといった辺りのお馴染みどころでもなく、ノンヒットながらゴキゲンなレディ・ソウルのアネット・トーマスでした。

あと蛇足ですが、ブルー「Guilty」は確か元テイク・ザットゲイリー・バーロウとの共作チューンでしたよね(リリース当時なかなかいい曲じゃんと思ったものの、国内盤がCCCDだったので買う気が失せたのを何となく憶えてます)。それと19曲目BEGIN「僕らのこの素晴らしき世界」は彼らの最新マキシ・シングル。木崎さんがBEGINをお好きだというのも何となくわかるような気がします。

それにしても、鈴木英人さんのイラストを見ると、どうしてもFMステーションの表紙を連想せずにいられないのは僕だけでしょうか?(笑)。



| DAYBREAK/TO VILLA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・アポロでドライヴ

apc.jpg

何だかんだしてるうちにすっかり遅くなってしまいましたが(スビバセン・汗)、7月12日(土曜日)「アポロでドライヴ」の続きです。ではまず先にセット・リストから。

STAR LIGHT LIVE SUMMER SPECIAL
アポロ・ボーイズ アコースティックライヴ

2008年7月12日(土) 
ラフォーレ琵琶湖
プラネタリウム「デジタルスタードームほたる」

【本編開演 16:00】
01)キミと一緒にアポロに乗って
02)バカのままで
03)土砂降りの雨と晴れ渡る空

MC:トイレの話(By-首藤アポロ・笑)

04)宇宙の中の僕 僕の中の宇宙
05)キミに会いたい
06)僕のおじいちゃん

MC:晴れ男

07)黄色いクリスマス

MC:「今日はいつもの15%」(By-池田アポロ・笑)

08)この世にただ一人
09)アポロでドライヴ
10)LOVE or PEACE
【本編終了 17:00】

【アンコール】
11)おんなじこころで (with ブルー・アポロ)
【終演 17:10】


ステージ上の布陣は、向かって左から順に首藤健祐さん(ヴォーカル、ブルースハープ、タンバリン、ピアニカ)、池田聡さん(ヴォーカル、アコギ)、それから中央やや後方にみのすけさん(ヴォーカル、カホン、グロッケン)、そして曾我泰久さん(ヴォーカル、アコギ)、 草野徹さん(ヴォーカル、ベース、ウクレレ)という並びで、勿論僕の座席は後の方ながらやっちんのほぼ真正面(狙い通り・笑)。

待ちに待ったライヴ本編は池田アポロがリードヴォーカルの「キミと一緒にアポロに乗って」で快調に幕開け、のハズが、いきなり歌詞を間違えてしまい、「こんな僕で/ごめんなさい/迷惑かけます♪」の歌詞のところでホントに謝る池田さん(苦笑)。でも、そんな池田さんも笑顔なら、それを見守るメンバーの皆さんも笑顔で、客席のオーディエンスもみんな笑顔(^^)。すると、サビの部分に合わせてプラネタリウムのスクリーンに宇宙空間を航行するアポロ11号がデカデカと映し出されたではありませんか!(爽快さのあまり、心の中で思わず「ナイッ!」と叫ぶ僕)。その後も曲に合わせて星空マンモス雪景色などが映し出されたりと、何とも心憎い素敵な演出で、メンバーの皆さんもドーム型の天井を見上げながら気持ち良さそうに演奏されてました。

曾我アポロが歌う2曲目「バカのままで」を経て、再び池田アポロがメインの3曲目「土砂降りの雨と晴れ渡る空」が終わったところで、少し長めのMC。首藤さんが「出番前、トイレに行ったら、ここの男性用トイレの大きい方はドアじゃなくてアコーディオン・カーテンになってて、ロックする代わりに「使用中」の札を裏返して出すようになってたんだけど(※確かに男性用トイレの一番奥の個室がそうなってました)、それだけだと何だか無防備で不安だったので、誰かが入って来る度に咳払いとかして「ここ入ってますよ」というのを必至でアピールしてました」という話をしたら、「せっかくロマンティックで素敵な雰囲気の会場なのに、なんて話をするんだ!」とやっちん(笑)。更に逆サイドから「ああ、僕がトイレ行った時にあそこ入ってたの首藤さんだったんだ」と応じた草野さんに対しても、「この話もう広げなくていいから!」とやっちん(笑)。それでもみのすけさんが「確かに新幹線とかのトイレ入ってる時に開けられると気まずいよね」と続けようとしたら、「だからもう、この話は広げなくていいから!!」と懸命に制止するやっちん(笑)。

そんな話をさんざん繰り広げたせいでしょうか、次の名バラード「宇宙の中の僕 僕の中の宇宙」で、トイレへと席を立つお子ちゃま達が続出(苦笑)。みのすけさんの涼しげなヴォーカルがとっても心地良かっただけに、何とも勿体ないなというか、みのすけさんにもお気の毒でちょっぴり残念(でもこのアコースティック・ヴァージョンが本当にクールで深みがあって、うっとり聴き惚れました)。

続く「キミに会いたい」「僕のおじいちゃん」の2曲は演奏を従えて首藤アポロのポエトリー・リーディング。 とくに僕は後者の「僕のおじいちゃん」にグッと来たんですけど、首藤さんのまっすぐな朗読もさることながら、何といってもこのパートでは草野アポロによるウクレレが大活躍で実にブラボーな演奏(こりゃ山田まりやさんが惚れるのも当然・笑。杉真理さんも昨年アポロ・ボーイズと共演した際、草野さんのウクレレをお褒めになられたそうですけど、それも納得です。詳しくはSUGI'S BLOG参照)。

その他、今回のツアーではラフォーレ琵琶湖公演だけの特別メニューだった池田アポロのヴォーカルによる7曲目「黄色いクリスマス」もロマンティックで格別の味わいだったものの(プラネタリウムのスクリーンには、雪景色と共に「Merry Christmas」の文字が!)、やはり一番盛り上がったのは「アポロ・ボーイズのテーマソング」とでも言うべき"がむしゃら"勇気百倍パワーポップ・チューン「アポロでドライヴ」!流石に「Y.M.C.A.」、じゃなくて「A・P・O・L・L・O」ポーズは窮屈な座席ではちょっぴりやりにくかったですけど(^^;)、生で聴けて&一緒に歌えて嬉しかったです!

おんなじこころで / LOVE or PEACEおんなじこころで / LOVE or PEACE
(2008/05/31)
アポロ・ボーイズ


そうしてライヴ本編は、池田アポロ、曾我アポロ、みのアポロの3人がリレー形式でリード・ヴォーカルを担当する「LOVE or PEACE」でバシッと締め括り(この曲とかはアコースティック編成だとしんどいかなと思いきや、全然そんなことなくて、むしろすっきりしてて痛快なくらい!みのすけさんのカホンもそう激しくバコバコ叩いてる感じじゃくても、いい塩梅で小気味いい響きでした)。ここまであっという間の一時間。しかしまだこれで終わりではありません、最後のアンコールは、これまたやっちん節炸裂のアポロの代表曲「おんなじこころで」でもうひと盛り上がり!ここでは、星のお兄さんも前日購入したばかりでまだ値札が付いたままの青い作業ツナギを着て新メンバー「ブルー・アポロ」としてセンター・ポジションで参加されたんですが(もう、おいしすぎ・笑)、「自転車に乗って/両手離して/スピードあげて♪」の歌詞に「あぶない、あぶない」と合いの手を入れたりと、最後の最後まで賑やかでとってもゴキゲンなステージでした(^^)。

0714_apc.jpg


ライヴ終演後は、汗が乾く間もなく、すぐにロビーで握手会。恥ずかしながら僕も参加させて頂いたところ、メンバーの皆さんは僕みたいなムサ苦しい野郎に対しても、じっと目を見つめて両手でがっつり握手して下さるので、恐縮することしきり(汗)。でも遂に念願叶ってやっちんに「中2の頃からファンでした」と告げると共に、両手でしっかり握手して頂いて、本秀康画伯の地球人フィギュアこれと同じやつです)も直接手渡しで差し上げることが出来て、感激ロックで感無量でした(男泣)。この瞬間のこと、中2の頃の僕が知ったらきっとめちゃめちゃ驚くだろうなぁ~(^^;)。

以上、長くなりましたが、何よりも「僕自身の為のライヴ備忘録」ということで。そう言えばやっちんは7月10日(木)にα-STATION (FM京都)の「ROUTE 894」ゲスト出演した際、「メンバーそれぞれに仕事があるので、それが終わってから夜中に集まってバンドのリハーサルをして、朝になったらまた各々の仕事に行ってという具合で大変だけど、それでも自分達でワゴン車を運転して全国をまわって、目の前で演奏を聴いて気に入ってくれた人がCD買ってくれて、ファンの人達とも交流が持てたりと、そういった音楽の原点のようなことをこの年になって出来ることが嬉しい」とおっしゃってましたが、実際メンバーの皆さんが楽しんでやってる様子は音や表情から観客にもビンビン伝わってきて、本当に楽しくて幸せなひと時でした。アポロ・ボーイズの皆さん、素晴らしいライヴをどうも有難うございました!これからも陰ながらずっと応援してますので、また是非ラフォーレ琵琶湖にも来て下さいね!!

0712_ab3.jpg


尚、この写真は帰り際にプラネタリウムのロビー前から撮影したもの(湖岸道路の向こうはすぐ琵琶湖です)。このプラネタリウム、こじんまりとしたアットホームな雰囲気に加えて、音響も意外と良いですね(それでアポロのメンバーも気に入ったのか、昨年のツアー後にはまずやっちんが健太さんと共にファンクラブイベントで、更に池田さん&みのすけさんも弾き語りツアーで来て下さってましたけど、何と今年のGWには角松敏生さんの公演もあったとか!?いやはや、これはライヴ会場としても侮れないっす!)。


【追記】
THE APOLLO BOYZは早くも来年1月の吉祥寺シアターでの舞台公演が決定しましたね(舞台から生まれたバンドだけに、やはり一度でいいから観に行ってみたいものです。本家のやっちん同様、1月生まれの山羊座のA型なもので、丁度僕の誕生日もあるんですよね・・・)。

 http://www.apollo-boyz.com/




| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

線香花火'08

816_11h_k.jpg

「真夏のジュージュー」の続きをちょこっとばかり。
お盆のバーベキュー大会の最終日にはぷち花火大会も開催。

816_13sh_k.jpg

実は花火なんてするの十数年ぶりとかだったんですけど(^^;)、
たまにはいいもんですね。
勿論、僕の脳内BGMテリー&フランシスコ「線香花火」
昨年のインストア・ライヴを思い出します・・・)。

816_14.jpg

それにしても、規模の大小を問わず、花火を写真に収めるのって、
なかなか難しいです(^^;)。

816_15s_k.jpg

そんなこんなで、ぷち花火大会を楽しんだ後は
甘くてジューシーな大中スイカで締めました。

そして結局、弟夫婦は翌17日の朝早くに新名神ルートで横浜までUターン。
見送った後、車で片道45分程の距離にある母方の祖父母のお墓参りに行って、
僕のお盆は終わったのでした。

ではまた最後に、前回に続いてRadio Sweetheartからのご案内。NHK-FM「伝説のスーパースター列伝Vol.4」、今回も充実したラインナップで聴き応え抜群でしたが、興奮が冷めないうちにと、早速両日のエアプレイ・リストを(邦題なども追記して表記を整えた上で)サイト内に収めました(今回はアメリカ編イギリス編に分けときました)。近日中にはサイト内検索やグーグルの検索などにも反映されると思います。どうぞご確認あれ。

820_elp.jpg

エマーソン、レイク&パーマー「展覧会の絵」を久しぶりに聴いてすっかりテンションが上がってしまい、白くまアイスバー食べながら観音開きジャケ『恐怖の頭脳改革』を聴いてます(今、この紙ジャケCD1500円なんですね!?)。白くまもEL&Pも、どちらもクールです(笑)。




| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真夏のジュージュー

814_t4.jpg

14日から弟夫婦が帰省してたんですが。そうした中、急遽うちの中庭(というか離れの軒先)にてバーベキュー大会が始まりました。まず14日の夕方は焼きもろこし大会(勿論、とうもろこしは我が家の裏の畑から正真正銘の産地直送・笑)。流石にお盆にもなると、実もぎっしりと詰まってて、マジで美味いんだなこれが!(香ばしくて、ほんのりとした甘味が何とも言えず最高!)。更にソーセージとか、とうがらしとか、からあげとか串カツとか(笑)、手近にあったいろんなものを網で焼き焼きして、初日は終了。

815_3.jpg

続く15日の夜は鉄板でギューギューをジュージューと焼き肉大会(近江牛じゃないかもしれないけれど、「お義兄さん、国産和牛買って来たよ」と義妹が言ってたので和牛なのは間違いないです)。ご覧の通り、僕だけ焼肉丼にして、大盛り2杯がっつり頂きました(^^;)。牛タンも食べたんですが、モーレツにまいう~でした(^^)。

816_04ys_k.jpg

そして16日の夜は焼きそば大会(焼きそばの前に弟夫婦は醒井養鱒場で釣ってきたニジマスも焼いてたんですが、僕は焼きそばから参加)。

816_05ys_k.jpg

具沢山でエビもプリップリで、これまた美味しゅうございました(ごっつあんでした!)。

実を言うと、うちは今迄家でバーべキューとかほとんどしたことなかったんですけど、でも今回で味をしめて、もしかしたらこれから恒例行事になるかもしれません(笑)。

ということで、お盆日記にはあともうちょっと続きがあるものの、ひとまずここまでにして、以下Radio Sweetheartからのお知らせ。

 fm02_kenta.jpg

先日来お伝えしております通り、NHK-FM「伝説のスーパースター列伝」Vol.4、いよいよ今夜23:00からの放送です!(取り急ぎInfo Boardの方に曲目一覧アップしといたんですけど、オンエア終了後にはまたサイト内にもしっかりと収めさせて頂きますので)。健太さんのおかげで今夜はカントリー・ロックアメリカン・ルーツ・ロック、明日はスワンプ・ロックブルース・ロックのライヴ音源がたっぷり楽しめそうですが、どうやら健太さんはロス・ロンリー・ボーイズの新作『フォーギヴン』の国内盤ライナーノーツも担当されてるようですね。

フォーギヴンフォーギヴン
(2008/08/27)
ロス・ロンリー・ボーイズ



国内盤はボーナス・トラック2曲付きとのこと。相変わらずこちらも土臭くてグルーヴィーでゴキゲンな仕上がりのようなので、バーベキューのBGMにもいいかも♪

 http://www.myspace.com/loslonelyboys




| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スヰート檸檬

スヰート檸檬スヰート檸檬
遊佐未森
(2008/01/23)
ヤマハミュージック
コミュニケーションズ


今年の1月に発売された遊佐未森さんの『スヰート檸檬』は、2002年の『檸檬』に続く昭和歌謡をテーマにしたカヴァー集。確か2月だったかに、桂小米朝さんが司会されてるNHK大阪放送局製作の情報番組に未森さんがゲスト出演されて、このアルバムの中から服部メロディの「銀座カンカン娘」と古賀メロディの「青春サイクリング」を歌っておられらるところも偶然テレビで見たんですけど、未森さんのほがらかな歌声は勿論、上田禎さんによる洒落たアレンジも的を射てて、ばっちグーなハマり具合(レトロモダンな衣装やジャケットのアートワークだけを見ても、昨今流行の安直なカヴァー・アルバムとは違い、しっかりとしたコンセプトで作られてるのは一目瞭然です)。

そう言えば細野晴臣さんが2005年8月15日に放送された忌野清志郎さんとのNHK-FM「ダブルDJショー」で、「(キヨシローさん&坂本冬美さんとのユニット、HISの活動再開にあたって)昔の歌謡曲を聞き返したところ、どれもメロディがいい!今よりもインターナショナルでワールドミュージックに近く、編成もジャズ。センスも良かった」とおっしゃってましたが、僕も未森さんのこのカヴァー集や、大瀧詠一さんDJによる「ひばり島珍道中」のエアチェックMDなどを聴き返すにつけ、本当ににその通りだなと実感すると共に、大いに魅了されまくってます(マジで今の僕にとっては最新の洋楽より、昭和歌謡の方が遥かに刺激的かも)。タイムレスに季節を問わず楽しめる作品ですけど、夏場のお昼寝や夕涼みのお供にも「もってこい」です♪


 ◎『スヰート檸檬』期間限定サイト
 http://www.sweetlemon.jp/

 ◎インタビュー(CD Journal.com)
 http://www.cdjournal.com/main/interview/interview.php?ino=77


ところで美空ひばりさんといえば。来年の没後20年を前にネット配信やアナログLP盤の復刻、ジャズCDの紙ジャケ再発など、旧来のひばりファンに加えて若者や新たなファンも獲得すべくリリース・ラッシュが続々と展開されてるようですが、僕のマイブームともリンクしてるだけにどうしても気になるところです。

ひばりジャズを歌う~ナットキング・コールをしのんで(完全限定生産盤)ひばりジャズを歌う
~ナットキング・コールをしのんで
(完全限定生産盤)

(2008/08/20)
美空ひばり



先日もそうした動きが朝日新聞でも取り上げられていて、湯浅学さんも「ひばり鉱脈は掘れば掘るほど深い」とコメントを寄せておられましたね(おっしゃる通り!)。

ひばりとシャープ 虹の彼方(完全限定生産盤)ひばりとシャープ 虹の彼方
(完全限定生産盤)

(2008/08/20)
美空ひばり



もしかして、大瀧さんは今年から来年にかけてそうゆう盛り上がりが出てくるだろうということを見越した上で、今年のお正月に「ひばり島珍道中」をリマスターされたんでしょうか?(何だかそんなような気がしないでもなく・・・)。

ひばり世界をうたう(完全限定生産盤)ひばり世界をうたう(完全限定生産盤)
(2008/08/20)
美空ひばり



昨年の秋から僕が目を付けてたバンダイ「美空ひばりジャズを唄う」フィギュア、やはり心惹かれるものがあります(結局サンタさんはクリスマス・プレゼントにくれませんでした・苦笑)。




| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAYBREAK(月)#71

音壁JAPAN音壁JAPAN
(2008/03/19)
オムニバス
シュガー・ベイブ



#71:DAYBREAK (月)  2008年8月11日深夜放送

01)Lucille /エヴァリー・ブラザーズ
02)February Sunshine /ザ・ローズ・ガーデン
03)What A Woman Wants /ラリ・ホワイト Lari White
04)Since I Don't Have You /スカイライナーズ
05) MIDAS TOUCH /山下達郎
06)Over The Rainbow 虹の彼方に /ヴォーグス
07)A Love So Beautiful  /ロイ・オービソン
08)80's Ladies /K.T.オスリン K.T. Oslin
09)It's Too Late  /デレク&ザ・ドミノス
10)I've Been Everywhere  どこへでも行ってやろう
 /リン・アンダーソン&ジョニー・キャッシュ
11)I Wanna Love You Forever /ジェシカ・シンプソン
12)Give It Up Or Let Me Go  /ボニー・レイット
13)Theme From 'A Summer Place'  夏の日の恋 /コーデッツ
14)Don't Let Me Down /ビートルズ (※『ネイキッド』ヴァージョン)
15)Soon As I Touched Him  /フォンテラ・バス
16)I Fool Around Sometimes /ジミー・ルイス Jimmy Lewis
17)水とあなたと太陽と /竹内まりや
18)Stay At Home Sue /リンダ・ローリー Linda Laurie

19)夏休みの宿題 /杉真理
20)Amazing Grace /ジュディ・コリンズ
21)Sippin' 'N Chippin' 真っ赤な太陽 /T・ボーンズ



木崎義二さんの「DAYBREAK」(月曜日)8月11日深夜放送のエアプレイ・リストです(右メニューのカテゴリー【DAYBREAK】をクリックして頂くとエアプレイ・リスト一覧が出て来るようになってます。遅ればせながら6月16日深夜放送分の曲目リストも復刻しました。更に追々遡って行くとします)。

9曲目と10曲目は先週のミニ特集に続いて『ベスト・オブ・ジョニー・キャッシュTVショー』からの選曲(デレク&ザ・ドミノス上柴とおる親方の番組でも目玉曲として4月27日放送でかけて下さってたんですが、DVDには未収録でCDのみに収録されてるリン・アンダーソンジョニー・キャッシュのデュエットも、やはり目玉曲と言ってもいいかもしれません。ハンク・スノウのヒット曲のカヴァーという点でも注目ですしね)。

18曲目リンダ・ローリー「Stay At Home Sue」はご存知ディオンの大ヒット曲「Runaround Sue(浮気なスー)」(1961年1位)へのアンサー・ソング。当然、僕の気分は「暑いの暑いの飛んでヘレヘレ」(笑)。
 
そして、杉真理さんの「夏休みの宿題」は、前から僕が何度かリクエストさせて頂いてた曲。何でも木崎さんは当初タイトルにちなんで8月後半にオンエアするつもりだったそうですが、「これ以上もう引っ張れないので」と、このタイミングでかけて下さったとのこと(恐れ入ります・感謝)。エレキギターが鈴木茂さんでアコギが佐橋佳幸さん、そしてコーラスには須藤薫さんと、豪華なメンバーが脇を固めてますけど、杉さんらしいロマンティックで胸キュンな歌詞を彩る華麗なサウンドは思いっきりナイアガラしてて、まさしく「日本の音壁」状態!(ホント大好きです)。

その他、爽やかサンシャイン・ポップなローズ・ガーデンをはじめ、ロドニー・クロウェルがプロデュースを手掛けたラリ・ホワイトや、カントリー・シンガーにしては珍しくブロードウェイ・ミュージカル出身だというK.T.オスリン、ディープ・ソウル・コーナーでかかったジミー・ルイス等々、今週もいい勉強になりました(お馴染どころではスカイライナーズヴォーグスコーデッツの歌声が耳心地よかったです。ロイ・オービソン「A Love So Beautiful 」も夜の深い時間に聴くと益々沁みますね。あとフォンテラ・バスなんかももっと聴きたいところですし、「Since I Don't Have You」ドン・マクリーンのカヴァーも大変素晴らしいので、是非そのうちかけて頂きたいものです)。

そう言えば、今週も最後はT・ボーンズ「真っ赤な太陽」とエレキ・インストものが4週続けてラストを飾ってますが、どうやらこれはエレキ・インストものを狙った訳ではなくて、(「孔子の言葉」コーナー が出来たことによる)時間的制約から短い曲しかかけられないという事情のようですね・・・(^^;)。



| DAYBREAK/TO VILLA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

残暑お見舞い申し上げます

0808_07scc_k.jpg

そんな訳で、「八月、最初の水曜日」の予告通り、ぷちリゾート気分天然山水でたてた美味しいアイスコーヒーを味わうべく、先週末シャーレ水ヶ浜に行って来ました。

0808_05smhb_k.jpg

生憎この日はやや曇りがちで、決して「快晴」という程ではなかったものの、
空気は澄んでて、琵琶湖の対岸までくっきりと見渡すことが出来ました。

0808_12_smh_k.jpg

それでも、やはり真夏は日差しがキツくて暑いせいか、特等席のテラス席は人影もまばら(結局僕も昨年同様、特等席は敬遠して木陰のテラス席に陣取ることに・汗)。

0808_06scc.jpg

お目当てのアイスコーヒーは口あたりがまろやかで、相変わらず抜群の美味さ!(ただ、ケーキセットは以前と変わらず750円だったんですけど、コーヒー単品は50円値上がって450円になってました。まぁ、このご時世では仕方ないですね・・・)。

0808_14_ba_k.jpg

のんびり&まったりとコーヒーを味わった後、砂浜に降りてみたら、ロッキン・ダックアヒルちゃんが休憩してたので、写真を撮ろうと近づいたら、あっという間に逃げられちゃいました(苦笑)。

0808_23_smhh_k.jpg

そして砂浜の方からシャーレ水ヶ浜を見上げると大体こんな感じ。

0808_20_h_k.jpg

そうなんです、シャーレは琵琶湖だけでなく、緑の木々や季節の花々にも囲まれていて、今は丁度ひまわりが見頃を迎えていました。

0808_04smh_k.jpg

今度はまた紅葉のシーズンにでも、
大好きな竹炭焼コーヒーを味わいに来ようかなと計画しています。



ちなみに、この日のランチはシャーレではなく、
餃子の王将天津飯でした(税込399円!)。

0808_03tsh_k.jpg

というのも、この前「アメトーーク!」「餃子の王将芸人」特集を見て以来、何だか無性に王将の天津飯が食べたくなってたもので(^^;)。久しぶりに食べましたが、やっぱり王将は安くて早くてウマくて最高!(高校時代、部活の練習試合の帰りは決まって王将かドムドムバーガーだったもんな・苦笑。「アメトーーク!」で最後に出演者がみんなで食べに行った下北沢店には、僕も1993年にポール・マッカートニー東京ドーム公演を観に行った帰りに弟と晩飯食べに立ち寄ったっけ・・・)。

ところで天津飯といえば。先日テレビでちらっと見て驚いたんですけど、西日本の天津飯茶色い醤油味の「あん」なのに対して、東日本の天津飯赤いケチャップの「あん」なんですってね!?(そんなの初めて知りました。じゃぁ、もしかしてカニ玉も赤いケチャップあんだったりするんでしょうか?)。赤いケチャップあんの天津飯、正直、僕には想像出来ないです(^^;)。



【Radio Sweetheart Info】
7月31日の続報です。半期に一度のお楽しみ、NHK-FM「伝説のスーパースター列伝」Vol.4のオンエアに先駆けてNHKブログ萩原健太さんからリスナーの皆さんへの「スペシャルボイスメッセージ」が公開されてますよ!

 http://www.nhk.or.jp/fm-blog/200/10458.html

今回はCSN&Yバーズポコフライング・ブリトー・ブラザーズモビー・グレイプ等々、カントリー・ロック系の貴重なライヴ音源が充実してるみたいで、早くも僕のエアチェック魂はメラメラと燃え上がるばかり(笑)。2日目のイギリス編はデレク&ザ・ドミノスもさることながら、ウィッシュボーン・アッシュにもそそられるものがあります。

それから渋谷陽一さんの「サマー・ロックトークセッション」は、僕の期待通り、4日目のゲストは仲井戸麗市さんでした(^^)。

 http://www.nhk.or.jp/fm-blog/200/10726.html





| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢伝説

夢伝説夢伝説
(2008/08/27)
スターダスト・レビュー



スターダスト・レビュー「夢伝説」が最近またCMで流れてますが(どうやら新録のマキシCDも発売されるようですね。ジャケ写も爽快!)、先日、懐かしのシングル盤を開放倉庫の「1枚50円、5枚で180円」コーナーで発見しました(ジャケットには「カルピス・イメージソング」の文字が)。値段も値段だし、せっかくなので何か5枚買うことにして、エサ箱をトコトン物色しまくった末、僕が選んだ「夢伝説」以外の4枚はと言いますと。


0809_kfs_k.jpg

まず、「初回生産分のみカラーレコード(赤」)」という宣伝文句にも釣られて稲垣潤一さんの「バチュラー・ガール」(言う迄もなく作詞・作曲は松本隆大瀧詠一コンビで、編曲は井上鑑さん)。大滝さん本人のヴァージョンもさることながら、稲垣さんヴァージョンも結構好きです。

それから羽田健太郎さん作曲&編曲による壮大かつシンフォニックな展開が印象深い『超時空要塞マクロス』の主題歌「マクロス」。同じくハネケンさんの作曲&編曲によるB面のエンディング曲「ランナー」が何だか無性に聴きたくなって、思わず買ってしまいました(確か最終回だけリン・ミンメイ役の飯島真理さんが歌ってましたっけ・・・)。マクロスといえば、現在放送中の『マクロスF(フロンティア)』坂本真綾さんが歌う主題歌の「トライアングラー」好きだったんですけど、今月から違う曲に変わっちゃってちょっぴり残念(ちなみに「トライアングラー」をはじめとする音楽全般は菅野よう子さんが手掛けておられますが、カップリング「ことみち」の作曲は高田みち子さんなのでした)。

そして萩原健太さん監修のコンピレーションCD『洋楽天国』(EMI編)にも収録されていたマーティ・バリンのヒット曲「Hearts(ハート悲しく)」(1981年8位)。ジャケットの写真はアルバム『Balin』と同じで、ライナーノーツは湯川れい子さんがを書いておられるんですけど、そう言えば「ハート悲しく」は湯川れい子さんの日本語詞で稲垣潤一さんがカヴァーしてて、マーティ・バリンも稲垣潤一さんの「一人のままで-There's No Shoulder-」(作詞:湯川れい子/作曲:松尾一彦/編曲:井上鑑)を日米競作みたいな感じで歌ってましたよね(上柴とおる親方の番組でも以前かかってました)。

あとは、僕的にあんまり目ぼしいのがなかったので、数合わせで選んだのがベイ・シティ・ローラーズ「サタデー・ナイト」「バイ・バイ・ベイビー」の最強カップリング・シングル。てっきりシングル盤はベタすぎて(?)持ってなかったような気がしたんですが、帰宅後に調べてみたらしっかり持ってました(^^;)。こんなことなら、コンディションが悪くとも郷ひろみさんの「バイ・バイ・ベイビー」の方を買っとけばよかったです(苦笑)。

0808_27khf_k.jpg

その他、今回はレコードやマンガ本と共に面白半分でガンダムのガチャポン・フィギュアの詰め合わせパックも一袋購入(300円)。

0808_28_f_k.jpg

うちに帰って袋の中を確認してみたところ、1/400スケールらしい台座付きのフィギュアがぎっしりと29個も入ってました(笑)。正直、知らないモビルスーツもいくつかあったものの(基本的にZ以降のシリーズには馴染みが薄くて、SEEDとかも見てなかったもので・汗)、ガンダムが3ポーズ、Zガンダムの飛行形態ウェイブライダーに加え、シャア専用ザクゲルググ、それと百式、更にはギャンゾックなどが入ってたので、とりあえずそれで充分満足してます(そんな中、唯一ゾックだけがダブって2個入ってたので、どなたか欲しい人いたら差し上げます。何ならBCRのシングル盤付きで・苦笑)。

0808_29_gf_k.jpg

おかげで、僕の机の上は今この有様です(笑)。

以上、ささやかではありますが、「今月の収穫」報告でした。


【追記】

0508_prc.jpg

ひこね赤祭り、今年は8月3日に開催されたようですね。どうやら大半はスポーツカー系で、4駆系は少ないようですし、また来年以降もあるようなら、僕も赤い車に乗ってるうちに一度参加してみようかなと思わないでもなく・・・(尚、これは僕の家の中での愛車でやはり赤備え。この先も原油高が続くのなら、マジでこれに乗りたい気分)。

 http://akairo.jp/

10月の「ゆるキャラまつりin彦根~キグるミさみっと2008」には奈良のせんとくんもやって来るみたいですけど、果たしてせんとくんは「ゆるキャラ」なんでしょうか?(笑)。

 http://kigurumi.shiga-saku.net/




| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAYBREAK(月)#70

ベスト・オブ・ジョニー・キャッシュTVショーベスト・オブ・ジョニー・キャッシュ
TVショー

(2008/04/23)
ジョニー・キャッシュ
ロイ・オービソン



#70:DAYBREAK (月)  2008年8月04日深夜放送

01) One Way Or The Other /フィフス・アヴェニュー・ バンド
02)The Heart Of The Matter  /ドン・ヘンリー
03)Peggy Sue /ボビー・ヴィーとクリケッツ
04)Not The Only One /ボニー・レイット
05)Wonderful ! Wonderful ! /タイムス
06)天使のため息 /竹内まりや
07)Sealed With A Kiss  涙のくちづけ /レターメン
08)Don't Let Me Be Lonely Tonight 寂しい夜 /ジェイムス・テイラー
09)Desperado ならず者 /イーグルス
10)Under The Boardwalk 渚のボードウォーク /ドリフターズ
11)Scarborough Fair /サラ・ブライトマン

【ミニ特集:ジョニー・キャッシュTVショー】
12)I Walk the Line /ジョニー・キャッシュ
13)Girl Of The North Country  北国の少女 
 /ジョニ・ミッチェル&ジョニー・キャッシュ 
14)I Never Will Marry 花嫁にはなれない  /リンダ・ロンシュタット
15)Daddy Sang Bass パパが歌えば
 /ジョニー・キャッシュ、カーター・ファミリー、スタットラー・ブラザーズ、
  カール・パーキンス、テネシー・スリー

16)You Can't Hurry Love 恋はあせらず /フィル・コリンズ
17)I'd Much Rather Be With The Girls /ドナ・リン
18)パレード /山下達郎
19)Summer Breeze 想い出のサマー・ブリーズ /シールズ&クロフツ 
20)Invisible Touch ジェネシス 1986年1位
21)Call It Love /ポコ
22)Theme From Leningrad 夜霧のレニングラード
 /ザ・フィーネーズ The Feenades


ちょっと遅くなりましたが、木崎義二さんの「DAYBREAK」(月曜日)8月04日深夜放送のエアプレイ・リストです(右メニューのブログ・カテゴリー【DAYBREAK】をクリックして頂くとエアプレイ・リスト一覧が出て来るようになってます)。

この日の目玉は何と言っても久々のミニ特集。先週7/28深夜放送ロザンヌ・キャッシュをかけた際の「近々、ジョニー・キャッシュTVショーをまとめて紹介しますので」という約束を早速果たして下さいました(ちなみに木崎さんの大好きなリンダ・ロンシュタットDVDのみの収録で、CDの方には入ってなかったので、1977年の彼女のアルバム『夢はひとつだけ(Simple Dreams)』からの選曲。ドリー・パートンとの息の合ったハーモニーが素敵です)。

勿論、ミニ特集以外の選曲も、冒頭のフィフス・アヴェニュー・ バンド をはじめ、イーグルスポコシールズ&クロフツレターメンJTドリフターズなど、お馴染みどころながら爽やかで耳心地良く、なかでも5曲目のタイムスと、アンドリュー・ルーグ・オールダム&キース・リチャーズのコンビが手掛けたドナ・リン「I'd Much Rather Be With The Girls」あたりが僕のツボでした(それにしても彼女、この曲のレコーディング当時まだ14歳だったとは!?)。その他、木崎さんはボニー・レイットサラ・ブライトマンも「全曲特集したいくらいだ」とおっしゃってましたが(いいですねぇ・笑)、ボビー・ヴィーの歌声も更にいろいろと聴かせて頂きたいものです♪

尚、最後にかかったフィンランドのエレキ・インスト・バンド、ザ・フィーネーズ「Theme From Leningrad」の邦題を「哀愁のレニングラード」と曲紹介されてましたけど、正しくは「夜霧のレニングラード」。おそらく、「哀愁のカレリヤ」 とごっちゃになったんでしょうね(苦笑)。

そう言えば、このところクロージング・ナンバーはベンチャーズアストロノウツフィーネーズと3週続けてエレキ・インストものがかかってますね(となると、来週以降スプートニクスの出番もあるでしょうか・・・?)。




| DAYBREAK/TO VILLA | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「八月、最初の水曜日」

PA0_0034.jpg

去年の夏、琵琶湖に泳ぎに行った時(2007年9月24日参照)、お昼ご飯を食べに近江八幡シャーレ水ヶ浜に立ち寄りました。というのも、僕はここの竹炭焼コーヒーこれです)の大ファンでして、同じく天然山水でたてたアイスコーヒーもホント美味しいんですよ(400円)。加えて、目の前にドーンと広がる琵琶湖の景色がまた最高!

PA0_0029.jpg

中でも特等席は湖面に浮かぶヨットの真正面のテラス席。

PA0_0037.jpg

でも、流石に真夏は日差しがキツくて暑いので、
木陰のテラス席の方が過ごしやすいかもしれません(^^;)。

PA0_0042.jpg

ちなみに、木陰のテラス席からは、こんな風景が楽しめます。

PA0_0038.jpg

そしてこれが僕が食べたピラフ(サラダ付きで800円)。人気の自家製ビーフカレー(900円)もさることながら、このピラフもなかなかまいう~!(ボリューム的には一番)。

PA0_0043.jpg

生憎、今年の夏もとくにこれといって楽しい予定もないので(^^;)、せめてまた美味しいコーヒーとぷちリゾート気分だけでも味わいに出かけてみようかなと思ってます。



以上、渡辺満里奈ちゃんの「八月、最初の水曜日」にちなんで、何か夏っぽいネタをという一心から、ムリクリ去年の想い出を掘り起こしてみました(苦笑)。

0803_wm.jpg

CD棚からひとつかみ♪(実はまだ寝室にも2枚程・笑)。

【追記】
こうしてお気楽なことを書いてられるのも平和であればこそ。
「核兵器は廃絶されることだけに意味がある」、本当にそうであって欲しいものです。



| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グリムス

グリムス+ロッキン・ダックグリムス+ロッキン・ダック
(1995/09/25)
グリムス
MSI


「レコード・コレクターズ」「大人のロック!」等々、相変わらずビートルズを特集する雑誌が多いものの、どちらかと言うとここ数年僕が興味を持ってるのはビートルズそのものよりもその周辺、例えば、アーサー・アレキサンダーチェット・アトキンスのようなビートルズに影響を与えたロックンロールやカントリー、R&Bだったり、ブルース・チャネル「Hey! Baby」ボビー・パーカー「Watch Your Step」のようなビートルズが思わずパクっちゃった曲だったり(苦笑)、或いはロン&デレク ヴァン・イートンのような一向にスポットが当たらないアップル・レーベルのマイナーなアーティストだったり、モンティ・パイソンMr.ビーンにも繋がる裏ビートルズ人脈だったり。ラジバンダリ(?)。

そんな中で最近またよく愛聴してるのがグリムスのこのCD(1stと2ndとの2in1になってます)。ボンゾ・ドッグ・バンドリヴァプール・シーン、そしてスキャッフォルドのメンバーが集結してるだけあって、さながら裏ビートルズ界のオールスター・バンドといった感じですが、実際これが興味深いったらありゃしない!とりわけ僕のお気に入りは、ポエトリー・リーディングポップ・ミュージックが混然一体となった彼らの公演活動をそのままライヴ・レコーディングした1st『Grimms』(1973年)。正直、朗読や語りの部分は、CD聴いてるだけだと理解するのは難しいんですけど(^^;)、それでも笑い声や拍手など観客のリアクションも含めて楽しめますし、加えて国内盤CDには詳細な対訳が付いているので(解説は勿論和久井光司さん)、言葉の壁も何のその。音楽部分に関しては、後のラトルズニール・イネスポール・マッカートニーの実弟、マイク・マクギアもさることながら(実は最初この二人が僕のお目当てでした)、サポートで参加しているズート・マネー(!)の楽曲、なかでも2曲目「Three Times Corner」と11曲目「Following You(きみを追って)」が抜群に素晴らしくて、これにはただシビレるばかり!!(ちなみにこのアルバムにはズート・マネー以外にもマイケル・ジャイルズがドラマーとして助っ人参加してるので、演奏もバシッと締まってます)。一方のスタジオ録音による2nd『Rockin' Duck』(1973年)も、アンディ・ロバーツオリー・ハルソールの活躍もあり、音楽的にも充実してて、愉快で楽しいアルバムです(コミカルかつポップな「Policeman's Lot(警官の運命)」が耳に付いて離れません・笑)。


 a_logo_s.gif

ところで、グリムス繋がり(?)で一つご報告なのですが。実を言うと僕は、この春から密かにmixiのコミュで見つけたブログパーツ型環境貢献サイトグリムス(gremz)に登録参加していました(確かア太郎さんのブログも参加されてましたよね)。

 http://www.gremz.com/

要するに、自分のブログを日々更新することによって苗木を育てる育成ゲームで、大人の樹に成長すると、NGOの方が実際の森へ苗木を植樹して下さるというものなんですけど(合言葉は「ブログエントリーでエコアクション!」)、何と、今月1日夜にグリムス運営チームから僕が育ててた苗木が「大人の樹へ成長しました」という連絡メールがありました!(現在は「植林スタンバイ」の状態とのこと)。どうやら、これで僕が日々、PC開いて二酸化炭素を排出しながら、ブログにしょうもないことを書き綴ってることにも、せめてもの罪滅ぼしが出来そうです(^^;)。

a_gremz.gif

これからも、ブログに投稿することで新しい苗木をどんどん育てて行こうと思ってますので、こちらをご覧になって下さってる皆様にも一緒に育ててるようなつもりで共に成長を見守って頂けたら幸いです(右メニューの一番下にブログパーツ取り付けてみました)。
そしてブログをお持ちのお友達の皆さんも、gremz始めてみません?

そんな訳で、当ブログのテーマカラーが緑色なのは、単に僕のサイトや掲示板と同様にバッドフィンガーが所属したアップル・レーベルの帯の緑色を引き継いでいるというだけでなく、セルティック・グラスゴーの緑色であると共に、エコアクションのしるしでもあるのでした(^^)v。



| Beatles | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キーマカレーなる週末

0720_16mcm.jpg

7月20日(日)「三条通でウクレレバンバン」の続き【Part 3】です。

バンバンバザールのゴキゲンなインストア・ライヴを楽しんだ後は、バンバン仲間であると共に「ナイアガラ・トライアングル友の会」(要するに山下達郎さんや伊藤銀次さん、佐野元春さんや杉真理さんといった大滝詠一さん繋がりのポップス・ファン仲間)の面々と一緒に遅めのランチを食べに行こうということに。お店は当初、歩いてすぐの1928ビルcafe-independants(カフェ・アンデパンダン)でいいんじゃないかと決まりかけてた矢先、僕が「キーマカレーを食べたい」とわがまま言って(スイマセンでした・汗)、暑い最中に三条通を烏丸方面に「さあ~んじょう」とアホになりながら歩いて(苦笑)、向かった先はレトロな佇まいの京都芸術センター(旧・明倫小学校)内にある前田珈琲明倫店。ちなみに我らが「ナイアガラ・トライアングル友の会」はバンバン仲間であると共に「京都カフェ探検隊」仲間でもあります。

0720_17mcmc.jpg

そんな訳で僕が注文したのは勿論「今月のカレー」よりかぼちゃとひよこ豆のキーマカレー。大・中・小と3サイズから選べて、小サイズでもこのボリューム!しかもサラダとグラスにたっぷりのアイスコーヒーも付いて、お値段850円ときた!!(以前は小サイズ750円だったので100円値上がったことになりますけど、それでも充分リーズナブルじゃないでしょうか)。キーマカレーというと、ピリ辛なイメージがあるかもしれませんが、旬のかぼちゃの甘味が程良くて、家庭的なやさしい味でした(「カレーは飲み物」という今は亡きウガンダさんの教えに従い、あっという間にサラサラと完食)。

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1)
(ビッグコミックス)

(2000/01)
浦沢 直樹



食後はコーヒーを飲みながら、放課後気分でまったりトークタイム。話題の中心は当然、音楽について(僕がカバンの中から取り出した「レコード・コレクターズ」8月号『20世紀少年』などもペラペラとめくりつつ)。あとはmixi批判とか(苦笑)。既に僕もmixiは管理コミュの運営だけにしてますが、管理コミュがなかったら多分退会してたと思います(デザインをコロコロ変えるばかりか、余計な機能を付けたり、一方的に規約まで変更されると流石に信用出来ないです)。ただその管理コミュにしても他の多くのコミュニティ同様、すっかり空洞化してるので、もう必要ないのかもと考えたりもする今日この頃。

Across the UniverseAcross the Universe
(2007/10/16)
Original Soundtrack



そうこうしてるうちに、午後5時になったので、僕だけちょこっと失礼して、片方の耳にイヤホンを付け、携帯電話のラジオで上柴とおる親方FM-COCOLO「南港♪Music Entertainment」をチェック(一応、タイマー録音はセットしてあっても、どうしても気になるもので・汗)。この日の放送は映画『アクロス・ザ・ユニバース』特集(※「南港♪ポップス台帳」参照。音楽を手掛けているのはT・ボーン・バーネット、やはりいい仕事してますね)。リクエストは出してなかったものの、丁度カフェを出て(同じく京都芸術センター南館1階にある)情報コーナーでチラシを物色をしてる時に、僕のメール(映画『20世紀少年』トリビュート・アルバム紹介にこじつけてアポロ11号ネタ・笑)を読んで下さってました(感謝)。

0720_19c.jpg

京都芸術センターを後にした我々「ナイアガラ・トライアングル友の会」兼「京都カフェ探検隊」は、いつしか「レトロ建築撮影班」へとシフト・チェンジ(笑)。まず向かったのは6月の「京都建築散歩(3)」でも訪れた烏丸蛸薬師の交差点にある複合商業施設「flowing KARASUMA」(旧北国銀行京都支店)。どうやらこの日は貸切のようでしたが、生憎の逆光ながらも、前回上手く撮影出来なかった緑色のとんがり屋根(?)を何とかカメラに収めることに成功(^^;)。そこから次に目と鼻の先の六角堂(紫雲山頂法寺)に向かおうとしたんですけど、既に拝観時間を過ぎクローズされていた為、残念ながら境内には入れず。仕方なく、烏丸通の池坊ビルからガラス越しに眺めつつ、とぼとぼ歩いて、それじゃぁ新風館に立ち寄りましょうということに。するとこの日、新風館の中庭はハワイアン一色で、ステージではライヴイベントも行われた模様。でも僕のお目当てはやっぱりヴィレッジヴァンガード探索(笑)。

ウクレレバンバンバザールウクレレバンバンバザール
(2008/07/02)
Ban Ban Bazar



CD売り場のバンバンバザール・コーナーではしっかり『ウクレレバンバンバザール』もプッシュされてて、ちゃっかりJEUGIA三条本店でのインストア・ライヴも告知すると共に「オレ、ちょっとその時間だけ仕事抜けて観に行って来ますんで」という店長さんの手書きPOPに思わずニンマリ(^^)。

0720_20mci.jpg

そして歩き疲れた我々はログハウス風の洒落た佇まいでテラス席も備えたマクドナルドの三条高倉店にて、100円マックソフトクリームでひと休み(これ、初めて食べたんですけど、以外とイケますね)。この三条高倉店からは、京都文化博物館中京郵便局がよく見えるので、建物好きには何とも有難い立地条件(笑)。案の定、ここでも音楽談義に花が咲き、ふと時計を見ると、午後7時すぎ。「ああ、そうだ、黒沢健一さんがゲストのJFN系「Live-J」を録音しなきゃいけないから、午後9時までには帰らないといけないんだった!」と思い出し、これにてお開きということにさせて頂いたんですが、そうするには名残惜しい、とっても楽しい一日でした(メンバーの皆様、本当に有難うございました&おつカレー・サマーでした♪)。

尚、「ナイアガラ・トライアングル友の会」「京都カフェ探検隊」「レトロ建築撮影班」の次回会合は秋を予定しております(ランチ候補はサントリーのお茶「伊右衛門」とのコラボによるカフェ「IYEMON SALON KYOTO」?実は前を通ったんですけど、なかなか盛況のようでした)。参加ご希望の方いらっしゃったらご一報下さい(笑)。




| Diary | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |