Sweetheart Of The Radio

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春のバッドフィンガー愛聴週間2011

マジック・クリスチャン・ミュージックマジック・クリスチャン・ミュージック
(2010/11/03)
バッドフィンガー


2011年04月22日(金) 

今年もぼちぼち
春のバッドフィンガー愛聴週間ピート哀悼
何となく「Walk Out In The Rain」が聴きたい気分
なので、とりあえず『マジック・クリスチャン・ミュージック』

パワーポップ開花一歩手前で、まだまだ半分アイヴィーズ
この淡く微妙な色合いがまた何とも言えません。

posted at 20:07:57


2011年04月24日(日)

BBCイン・コンサートBBCイン・コンサート
(2002/08/21)
バッドフィンガー


春のバッドフィンガー愛聴週間でピート哀悼。
本日はBBCライヴ
ツインリード全開デイヴ・メイソン・カヴァーも痛快だけど、
ピートのワウペダルスライドバーが炸裂する
「スーツケース」がやっぱ最高。
ブリティッシュ・ハード・スワンプ路線
スタジオ録音盤か正規ライヴも出しといて欲しかった。

posted at 16:04:53

セヴン・パーク・アヴェニューセヴン・パーク・アヴェニュー
(1997/03/26)
ピート・ハム


春のバッドフィンガー愛聴週間でピート哀悼シリーズ。
やはり今夜は『7 Park Avenue』をしみじみと。
もしこの音源が当時発売されていたら、
ピートや悪指の評価も少しは上向きに変わっていたでしょうか。
儚くも美しい珠玉のメロディ群
ロン・セクスミスにカヴァーして欲しいです

posted at 22:53:28

2011年04月27日(水)

春のバッドフィンガー愛聴週間でピート哀悼
生誕祝シリーズ盤外編
1971年のニューヨークでのライヴ音源

ポップなカントリー・ロックチューン「Blodwyn」
やってるのが個人的に嬉しい。

http://tinyurl.com/2lx3mp
posted at 19:43:20

以上、twitterより、この一週間の悪指関係のツイートを抜粋。
田中好子さんやフィービ・スノウの訃報などもあり(残念です。ご冥福をお祈り申し上げます)、悪指一色とはなりませんでしたが、一応、個人的な記録として。


スポンサーサイト

| Badfinger | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』#02

GOLDEN☆BEST キャンディーズ コンプリート・シングルコレクションGOLDEN☆BEST キャンディーズ
コンプリート・シングルコレクション

(2011/06/08)
キャンディーズ


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』第2回
2011年04月26日(火)19:00-20:40
DJ:安田謙一


【夜の始球式】
01:危ない土曜日 1974年オリコン46位
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲:森田公一 ]
 /キャンディーズ

-近田春夫さんDJによるラジオ番組の思い出と共に-
02:アンジェリーナ 1980年
 [ 作詞・作曲:佐野元春 ]
 /佐野元春

-アンジェリーナとくれば!-
03:Jolie ジョリー 1972年
 [ Al Kooper ]
 /アル・クーパー Al Kooper
 ※クインシージョーンズの娘さんに捧げたラブソング。
 バックはアトランタ・リズム・セクション!


【夜のトリプルプレー】
 ~3大ギタリスト、クラプトン?ベック??ペイジ???特集


☆デレク&ザ・ドミノスの「いとしのレイラ」、じゃなくて…
04:傷つく世代 1975年オリコン3位
 [ 作詞: 有馬三恵子 /作・編曲: 筒美京平 ]
 /南沙織

☆ヤードバーズの「ストロール・オン」、じゃなくて… 
05:レモンティー 1979年
 [ 作詞:柴山俊之 / 作曲:鮎川 誠 ]
 /シーナ&ザ・ロケッツ
 『スネークマンショー(急いで口で吸え!)』(1981年)より。

☆ツェッペリンの「ハートブレイカー」、じゃなくて…
06:博多山笠女節 2011年
 [ 作詞:鈴木紀代 / 作曲: ジュン黛 ]
 /長山洋子

【夜の松沼兄弟】
 ~カヴァーの聞き比べコーナー。
今回のお題はVan Halenの「Jump」
(但し、アズテック・カメラはかけません・笑)。

 
07:Jump ジャンプ 2005年
 [ Michael Anthony / David Lee Roth
  / Alex VanHalen / Eddie VanHalen ]

 /ポール・アンカ Paul Anka
 『ロック・スウィングス』より。

08:Jump ジャンプ 2006年
 [ Michael Anthony / David Lee Roth
  / Alex VanHalen / Eddie VanHalen ]

 /ザ・ジョン・ジョーゲンソン・ブルーグラス・バンド
 David Lee Roth With John Jorgenson Bluegrass Band
 『Strummin With the Devil: Southern Side Van Halen』より。

【夜のグランド整備】
 ~無駄話のコーナー(笑)。


-魅惑のリスナー・プレゼント!?-
高架下で200円だった中古CDを1名様に


09:オマリーの六甲おろし 1994年
 [ 作詞:佐藤惣之助 / 作曲:古関裕而 ]
 /オマリー

-リクエスト-
10)When The Girls Go Marching In
 女が街にやって来る 
 /ホルスト・ヤンコフスキー楽団 Horst Jankowski 
 ※シングル「森を歩こう」(SFL-1250/1970年)のB面。
 ラジオ大阪『ヒットでヒット バチョンと行こう』のテーマ

 
-来週ゲスト出演!-
11)愛しいの神戸 2011年
 [ 作詞・作曲:フレディー」
 /フレディー 

PM8:00
【夜のラッキー7】
 ~目玉コーナー。ベックがプロデュースを手掛けた
 サーストン・ムーアの新作『Demolished Thoughts』特集
(5月18日、日本盤が先行リリース)。


12:Benediction ベネディクション 2011年
 /サーストン・ムーア Thurston Moore 

13:Circulation サーキュレーション 2011年
 /サーストン・ムーア Thurston Moore

【夜のJ-POPフライ】
14:rendez-vous  ランデブー 2011年
 [ 作詞・作曲:モーモールルギャバン ]
 /モーモールルギャバン

15:なぜか今日は 2011年
 [ 作詞:Yusuke Chiba / 作曲:The Birthday ]
 /The Birthday
 
- 安田さんの草野球仲間、イルリメが本名の「鴨田潤」名義で
発表した弾き語り1stアルバム『一』から1曲紹介-

 ~4月30日に神戸・旧グッゲンハイム邸でレコ発ライヴも!
16:無理問答 2011年
 [ 作詞・作曲:鴨田潤 ]
 /鴨田潤

-無理つながりで(笑)-
17:The No No Song ノー・ノー・ソング 1975年3位
 [ Hoyt Axton ]
 /リンゴ・スター Ringo Starr

【夜のヒーロー・インタビュー】

-最後はリクエストでゲームセット-
18:深夜放送 1975年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲:中村 泰士 / 編曲:馬飼野俊一 ]
 /伊東ゆかり


以上、安田謙一さんDJによる『夜のピンチヒッター』第2回放送のエアプレイ・リストtwitterの番組公式アカウントに加えオンエアでも当ブログのこと紹介して下さったので(光栄です!)、調子に乗って今回も(一応わかる範囲で諸々書き添えて)リスト作らせて頂きました。こんなんでいいでしょうか(^^;)。

待ちに待った第2回放送は短縮ヴァージョンながら、どこに打球が飛んで来るかわからない、何が飛び出すかわからないドキドキ感で、まさに「100分ノック!」。一瞬たりとも気を抜けない面白さです。

まず、いきなり【始球式】で、僕もリクエストさせて頂いてたキャンディーズをかけて頂けて感謝感激(解散した時はまだ小学校低学年だったんですけど、当時からずっと、断然スーちゃん派でした。ご冥福をお祈り申し上げます)。

そして2曲目には「アンジェリーナ」、続く3曲目に「ジョリー」と、試合開始早々、遊び心溢れる選曲が炸裂!アンジェリーナ・ジョリー、ふと思い付いたとしても、実際こうしてラジオでかけて下さるのはきっと安田さんくらいでしょう(笑)。ただ、「KC&ザ・サンシャイン・バンドと高峰秀子でケーシー高峰、みたいなリクエストもお待ちしてます」とのことでしたけど、それを言うなら、アル・ケイシー高峰秀子の方がいいんじゃないでしょうか、なんて(苦笑)。

それから、更に笑撃的だったのが【夜のトリプルプレー】なるコーナー。「3大ギタリスト、クラプトン?ベック??ペイジ???特集」という予告から、まさかこう来るとは!?(健太さんの番組でもパクリの話題がしょっちゅう出ますが、ホントこうゆうの大好き・笑)。長山洋子「博多山笠女節」は僕もこの前、偶然テレビで見て度肝抜かれたんですけど、確かにジミー・ぺイジが聴いたら喜びそう(^^)。そう言えば「傷つく世代」キャンディーズも歌ってましたっけね・・・。

その他、【夜の松沼兄弟】なるカヴァー聞き比べコーナーも愉快な選曲で嬉しかったものの(ポール・アンカロック名曲スウィング・カヴァー集は勿論、ヴァン・ヘイレン楽曲のブルーグラス・カヴァー集もめっちゃゴキゲン)、やはり目玉は何と言っても【夜のラッキー7】のコーナー。サーストン・ムーアの新作、実を言うとそう注目してなかったんですが(汗)、でもいいですね、これ!安田さんがおっしゃる通り、ストリングス・アレンジはスコット・ウォーカー初期ビージーズ辺りを彷彿させるものがありますし(ベックのお父上、デヴィッド・キャンベルによるアレンジ?)、ニック・ドレイクにも通じるフォーキーな味わいも魅力的。加えてノイズまじりのAMラジオで聴くとまた何とも言えぬ心地良さがあって暫しうっとり(とりあえずこちらより「ベネディクション」ダウンロードさせて貰って、早速しっとり&まったりと愛聴してるんですが、これはCD買わなきゃ。いや、このサウンドはLPレコードがいいかも)。

尚、次回放送は来週5月03日(火)19時からで、

フレディーがゲスト出演、とのこと!?

ラジオ関西、結構電波強いらしいんで、関西圏以外の方でもご興味のある方は一度試しにチューニング、合わせてみて下さい。あと休暇や帰省などで来週関西方面にいらっしゃる方も是非ラジオ、お忘れなく!



| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・JFN系『BIG SPECIAL』木曜日#03

エッセンシャル・ロイ・オービソンエッセンシャル・ロイ・オービソン
(2007/07/25)
ロイ・オービソン


TFM/JFN系『BIG SPECIAL』木曜日
2011年04月21日25:00-28:00
「60年代~80年代のラジオ・ヒッツ大全集」
-リクエスト・ナイト-
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
スペシャルDJ:萩原健太


2011-04-22 AM02:02:03
13)Oh Babe, What Would You Say?
 オウ・ベイブ 1972-73年3位/AC2位
 [ Hurricane Smith ]
 /ハリケーン・スミス Hurricane Smith

CM
AM02:08:17

14)You Make Me Feel Like Dancing
 恋の魔法使い  1976-77年1位
 [ Vini Poncia/Leo Sayer ]
 /レオ・セイヤー Leo Sayer

AM02:12:45
15) I've Got A Rock N' Roll Heart 
 ロックン・ロール・ ハート 1983年18位/AC6位
 [ Steve Diamond / Tony Seals / Troy Seals / Eddie Setser ]
 /エリック・クラプトン Eric Clapton

AM02:17:38
16)Classic クラシック 1982年UK18位
 [ Adrian Gurvitz ]
 /エイドリアン・ガーヴィッツ Adrian Gurvitz
 ※唯一のヒット曲

AM02:22:47
17)A Little More Love
 愛は魔術師 1978-79年3位/AC4位/C&W94位
 [ Farrar ]
 /オリヴィア・ニュートン・ジョン
 Olivia Newton-John

AM02:27:20
18)A Dream Goes On Forever
 夢は果てしなく 1974年69位
 [Todd Rundgren]
 /トッド・ラングレン Todd Rundgren

CM
-2時台のミニ特集を返上して、太っ腹な健太さんは引き続き
どんどんリクエストに応えて下さることに!でも、お祭り気分で
【男女デュエットのリクエスト】を3曲続けて-
~ポップ、ソウル、カントリーから1曲ずつ

AM02:33:50

19)Don't Go Breaking My Heart
 恋のデュエット 1976年1位/AC1位
 [ Carte Blanche/Ann Orson ]
 /エルトン・ジョン & キキ・ディ
 Elton John & Kiki Dee

AM02:38:06
20)Soul Shake ソウル・シェイク 1969年39位/R&B13位
 [ Margaret Lewis / Myrna Smith ]
 /ペギー・スコット&ジョー・ジョー・ベンソン
 Peggy Scott & Jo Jo Benson

AM02:40:29
21) That Lovin' You Feelin' Again
 ザット・ラヴィン・ユー・フィー リン・アゲイン 
1980年55位/C&W6位
 [ Roy Orbison/Chris Price ]
 /ロイ・オービソン&エミルー・ハリス
 Roy Orbison & Emmylou Harris

 ※映画『Roadie』のサントラ収録曲。
 第23回グラミー賞で、最優秀カントリー・デュオ・レコード獲得
  (The Best Country Performance by a Duo or Group With Vocal category)


-再び通常のリクエストに戻って-
AM02:46:31
22)This Is Love 小さな初恋 1971年
 [ Ritchie Adams / Robert Levine ]
 /アーチーズ The Archies

CM
AM02:52:30

23)Don't You Know (She Said Hello)
 そよ風の二人 1970年UK17位
 [ Chris Arnold / David Martin / Geoff Morrow ]
 /バタースコッチ Butterscotch

AM02:56:38
24)Dark End Of The Street
 ザ・ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート 1972年
 [ Chips Moman/Dan Penn ]
 /ライ・クーダー Ry Cooder
 ※オリジナル・ヒットはジェイムス・カー(James Carr/1967年77位)

CM
AM03:01:55

25)Summer Love Sensation
 太陽の中の恋 1974年UK3位
 [ Phil Coulter / William Martin ]
 /ベイ・シティ・ローラーズ Bay City Rollers
 BCR

CM
AM03:08:44

26) Spirit In The Sky
  スピリット・イン・ザ・スカイ 1970年3位
 [ Norman Greenbaum ]
 /ノーマン・グリーンバウム Norman Greenbaum

AM03:14:02
27)Never Gonna Fall In Love Again
 恋にノータッチ 1976年11位/AC1位
 [ Eric Carmen ]
 /エリック・カルメン Eric Carmen
 ※ラフマニノフ/交響曲第2番を一部流用。

AM03:19:39
28)No More Sad Songs ノ―・モア・サッド・ソングス 1971年
 [ Jeff Lynne ]
 /トレメローズ The Tremeloes
 ※アイドル・レースの「Please No More Sad Songs」(1969年)

AM03:24:06
29) Gira L'amore  恋よまわれ 1972年 
 [ Di Pace/Marissa Panzeri ]
 /ジリオラ・チンクエッティ Gigliola Cinquetti

AM03:28:12
30)You Are The Woman
 ユー・アー・ザ・ウーマン  1976年9位/AC6位
 [ Rick Roberts ]
 /ファイアーフォール Firefall

CM
AM03:34:47

31) Fire ファイア  1978-79年2位/R&B14位
 [ Bruce Springsteen ]
 /ポインター・シスターズ Pointer Sisters

AM03:39:17
32)Bubble Gum World
 バブルガム・ワールド 1968年
 [ Floyd Marcus ]
 /1910フルーツガム・カンパニー 1910 Fruitgum Company

AM03:42:57
33) I'll Be Home
 アイル・ビー・ホーム
 [ Randy Newman ]
 /ランディ・ニューマン Randy Newman
 ※1971年のライヴ・ヴァージョンではなく、
 『Little Criminals』(1977年)収録のスタジオ・ヴァージョンで


AM03:47:12
34)Hallelujah ハレルヤ 1994年
 [ Leonard Cohen ]
 /ジェフ・バックリィ  Jeff Buckley

CM
【最後は先週からの宿題リクエスト】
~12枚組『Take a Look: Complete on Columbia』から

AM03:53:33
35) Take A Look テイク・ア・ルック 1967年56位/R&B28位
 [ Clyde Otis ]
 /アレサ・フランクリン Aretha Franklin


以上、深夜1時台に続いて、2時台、3時台のエアプレイ・リスト。ご覧の通り、全編リクエスト曲で、またまた僕のリクエストにも応えて頂けて感謝感激ロック!(勿論、ロイ・オービソンさんの生誕75周年を祝して。4月23日がお誕生日だったので、タイミング的にも丁度いいかなと思いまして)。曲目は健太さんにお任せだったんですけど、エミルー・ハリス(3年ぶりに新作『Hard Bargain』が出ますね!)との素敵なデュエットを選んで頂けて、益々もって嬉しかったです。実は翌朝、歯医者さんの予約入れてあったんですけど、夜更かししてラジオ聞いてた甲斐ありました(^^;)。健太さん、有難うございました。

そう言えば、確かに健太さんがご指摘されたように、日本の男女デュエットは交互に歌う形式がほとんどなのに対し、洋楽のポピュラー音楽では決してそうではなく、冒頭から男女が一緒にドーンとハモってくところが肝になってたりして、その辺りが気持ち良かったりしますよね。加えて、日本のデュエットの典型(?)として「ヒロシ&キーボー」の名前を持ち出し、アーチーズを咄嗟に「今で言う『けいおん!』のはしりみたいなもん」と喩える健太さんの解説がまた絶妙で面白いの何の!?

更にお馴染み「パクリ」の話題では、まずは「オマージュ」、最後には「RT(リツイート)」と言い換えて、「RTが折り重なって新しい世界が生まれて行く」と力説(笑)。
成程そうかもしれませんが、とはいえ”サザエさんのエンディング・テーマは1910フルーツガム・カンパニーの「バブルガム・ワールド」のリツイート”という表現がどこまで通じるものやら(苦笑)。

それにしても、健太さんのスペシャルDJによる木曜深夜のリクエスト・ナイトは本当に今月限り、あと1回だけなんでしょうかtwitterTLも木曜が断然盛り上がってますし(番組の公式アカウント、もっと積極的に活用して下さい!)、「ハギコヤ」コンビもどんどん息が合って来てるだけに、是非今後も引き続き、定期的に開催して頂きたいです。

牛窪さん、重ね重ね宜しくお願い致します!!!


| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN系『BIG SPECIAL』木曜日#03

Hits & Rarities 1964-69Hits & Rarities 1964-69
(2011/02/01)
Lesley Gore


TFM/JFN系『BIG SPECIAL』木曜日
2011年04月21日25:00-28:00
「60年代~80年代のラジオ・ヒッツ大全集」
-リクエスト・ナイト-
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
スペシャルDJ:萩原健太


2011-04-22 AM01:02:42
01) Come And Get It
 マジック・クリスチャンのテーマ 1970年7位/UK4位
 [ Paul McCartney ]  
 /バッドフィンガー Badfinger

CM
AM01:08:20

02)Veronica ヴェロニカ  1989年19位
 [ Declan MacManus / Mac Manus
  / Paul McCartney / Cait ORiordan ]

 /エルヴィス・コステロ Elvis Costello

AM01:12:52
03)I Feel For You
 フィール・ フォー・ユー 1984年3位
 [ Prince ]
 /チャカ・カーン Chaka Khan

-ここで地震速報~報道情報センターより-

AM01:20:02
04)Ever Since You Went Away 1996年72位
 [ Lattrel / Timothy Christian Riley / Tracy ]
 /アートンソウル Art N' Soul

AM01:27:14
05)Down To The Night Club
 ダウン・トゥ・ザ・ ナイトクラブ 1972年66位
[ Emilio Castillo/David Garibaldi/Stephen Kupka ]
 /タワー・オブ・パワー Tower Of Power

CM
【健太さん選曲による1時台ミニ特集コーナー】
~健太さんがメンチカツと同じくらい大好きな
真夜中のガール・ポップ・シンガー祭り!

AM01:35:47
06)Look Of Love
 恋の面影 1965年27位
 [ Jeff Barry/Ellie Greenwich ]
 /レスリー・ゴーア Lesley Gore

AM01:37:42
07)Triangle トライアングル 1961年29位
 [ Janie Grant ]
 /ジェイニー・グラント Janie Grant
 ジャニー・グラント

AM01:40:07
08)Why'd You Wanna Make Me Cry
 小さな涙 1962年52位
 [ Gerry Goffin / Carole King ]
 /コニー・スティーヴンス  Connie Stevens

09)It Hurts To Be Sixteen
 なみだの16才 1963年45位
 [ Ronnie Grossman ]
 /アンドレア・キャロル Andrea Carroll
 ※バック・コーラスはシュレルズ(シレルズ)

AM01:44:57
10)The Things We Did Last Summer
 夏の思い出 1962年46位
 [ Sammy Cahn/Jule Styne ]
 /シェリー・フェブレー  Shelley Fabares

CM
-再びリクエストに戻って-
AM01:52:47
11)I'm Into Something Good
  朝からごきげん 1964年13位
 [ Gerry Goffin / Carole King ]
 /ハーマンズ・ハーミッツ Herman's Hermits

AM01:56:23
12)Everything Needs Love
 世界に愛を 1980年
 [ Bob Wilson ] 
 /シーウィンド  Seawind


以上、健太さんのスペシャルDJによるJFN系『BIG SPECIAL』木曜日2011年4月21日深夜放送のエアプレイ・リストより、まずは深夜1時台の12曲。こちらでもご案内させて頂いてました通り、この日、JFN系の多くの放送局では英BBC制作による特別番組『From The UK with LOVE~ GANBARO! 』(25:00-26:00)が放送された為、1時台は長野、石川、愛知、徳島、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本の9局ネットのみ。その他の局は26時からの放送ということで、聞きたくても聞けなかった、という方が大半なのではないでしょうか。実を言うと僕もそのうちの一人のようなもの。2年前のFM-AICHI40周年特番『緊急指令:萩原健太よ、60-70'sの名曲を保護せよ!』『萩原健太の音楽世界遺産』の時にどうにかこうにか滋賀から根性でエアチェックしたので、今回も1時台はFM-AICHIさんを何とか聞ければと考えていたものの、時間帯が違うからかさっぱり駄目で上手く受信出来ず、それでも粘り強く試行錯誤を繰り返すうち、ひどい雑音だらけながら、1時台中盤からようやく電波が拾えるようになった次第。

従って、エアプレイ・リストの前半部分は、僕もちゃんと聴けてなくて、twitterで途中まで実況中継して下さったリスナー仲間さん(感謝!)やネット局HPのオンエア楽曲検索などの情報も参考にさせて頂きつつ作成したものなので、もし何か足りない点、間違ってる点があればご指摘頂けると助かります。宜しくお願い致します(勿論、このエアプレイ・リストも今後Radio Sweetheartのこちらに順次収蔵予定)。

それにしても、佐野元春さんも4月19日放送MRSラジオのネット配信についてのお考えを語って下さってましたけど、ホントこうゆう時に「radikoのエリア制限さえなければ」と思わずにはいられませんでした(やはりエリア制限の早期撤廃を希望します)。

くそ~、【真夜中のガール・シンガー祭り】、いい音でがっつり聞きたかったぜ!?

- 深夜2時台、3時台につづく-


| Radio Sweetheart | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僕の好きなシャツ2011

takamine takamine

久し振りにこのコーナー。

ユニクロ4月16日(土)・4月17日(日)企業コラボTシャツ990円セール

それで一応、最寄りのお店を覗いてみたところ、田舎だからか、既にオンライン・ショップでは売り切れとなっていたタカミネギターTシャツが運良くまだ残ってたので(それもXLが・苦笑)、このチャンスを逃すものかと迷わずゲット!早速、愛用の80年代黒タカミネアコギと共に記念撮影してみました(^^)。

どちらかというとデザイン的にはTEACのTシャツの方が好みだったんですけど、ベッキーと同じく、基本的に黒とドクロは着ない主義なので、それもあって紺色系のタカミネをチョイスした次第(そう言えばTEACのレコーダー愛用されてたザ・コレクターズのリーダー、Tシャツも買われたりして)。

アイドル・モーメンツアイドル・モーメンツ
(2010/04/21)
グラント・グリーン


あと、ユニクロ方面で気になるのはやはりブルーノートレコードTシャツ。なかでもグラント・グリーン『アイドル・モーメンツ』は僕の愛聴盤なので今月末発売予定の同Tシャツにも注目してるんですが、”一部店舗”ということは大型店のみの取り扱いということでしょうか?(願わくば黒だけじゃなくて紺色グレーもラインナップに加えて頂きたいところ)。

更に音楽好きとしては4月29日に発売が予定されてる忌野清志郎さんの生誕60年を記念した「忌野清志郎(60)PROJECT Love & Peace & " "」Tシャツにも思わず反応しちゃいますけど、ただ残念ながら、色や柄的に僕向きなものはなさような気配(奥田民生さんは「LOVE & PEACE & CARP」斉藤和義さんが「LOVE & PEACE & CATS」ってところがいかにも彼ららしいですね・笑)。

gundam gundam

それから、忘れちゃいけないのがガンダムTシャツ、今年は安彦良和先生大河原邦男先生らによるイラストTシャツということで一瞬盛り上がったものの、でも、どうやら僕がTシャツに求めてるものとはちょっと違うみたいです・・・(そうそう、ガンダムといえば、ペプシのガンダムBE@RBRICK強力な蒐集協力者さまのおかげもあって見事全16種類コンプリ達成しました!あらためて今一度厚く御礼申し上げます。ありがとウサギ!)。

Man in MotionMan in Motion
(2011/05/10)
Warren Haynes


その他、これはユニクロじゃないですが、オールマン・ブラザーズ・バンドウォーレン・ヘインズ率いるガヴァメント・ミュール(Gov't Mule)日本の被災者支援を目的としたチャリティTシャツを作ってくれたり、というような動きも嬉しい限り。好きなアーティストのTシャツを買って復興支援、こうした取り組みがどんどん広がりますように。ウォーレンの新作ソロ『Man in Motion』も楽しみ!



P.S.レコスケくんも震災復興チャリティTシャツに!?



| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Blue Moon Of Kentucky

セッツァー・ゴーズ・インストゥル-メンタルセッツァー・ゴーズ・インストゥル-メンタル
(2011/04/06)
ブライアン・セッツァー



「ブラックファルコン」の続き、のような、そうでもないような。

ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]で土曜の深夜(というか日曜早朝)にやってるカントリー・ブルーグラスの長寿番組『カントリー・ミュージック・トラベル』という番組が好きで、以前から秘かに拝聴させて頂いてるんですが(というのも、トラディショナルなものは勿論、新しいところではアリソン・クラウスノラ・ジョーンズリトル・ウィリーズなんかもかかったりと、選曲が素敵なんですよ!何でも夜間だと、神戸を中心に西は岡山、東は仙台ぐらいまで聴こえるらしいので、ご興味ある方は試しにチューニング合わせてみて下さい)、先週の放送で今年はビル・モンローの生誕100周年だと聞き、生誕75周年のロイ・オービソンと共に、僕の中でビル・モンローへの興味がぐんと再燃した矢先、何とブライアン・セッツァー新作ギターインスト集『セッツァー・ゴーズ・インストゥル-メンタル』の冒頭で「Blue Moon Of Kentucky(ケンタッキーの青い月)」をトワンギーにカヴァーしてくれてるじゃないですか!(やはりこれもビル・モンロー生誕100周年祝い?)。

他にも、ジーン・ヴィンセントのお馴染み「Be-Bop-a-Lula」をはじめ、レイ・ノーブル「Cherokee」アール・スクラッグス「Earl's Breakdown」、更にジーン・オースティン「The Lonesome Road」といったカントリーやロカビリーの名曲カヴァーも痛快なら、オリジナル曲もゴキゲンだし、中にはゴジラ松井の応援歌と思しき「Go-Go Godzilla」なんてのもあってニンマリ(^^)。アマゾンなどでも全曲試聴出来ますけど、公式HPでは「ケンタッキーの青い月」が4分18秒フルサイズ公開されてますので、とにかくまずはこの曲だけでも是非!(東日本大震災の支援もしてくれてるようですね。感謝します)。

 http://briansetzer.com/setzer-goes-instrumental

嬉しいことに、どうやら『Setzer Goes Instru-Mental』は明日4月19日LPレコードも発売される模様。しかも先行リリースされてる日本盤CDよりも千円以上安い
ときた!?グレッチギターてんこ盛りのジャケイラストもイカしてるし(ちなみに公式HPのこちらのページでは彼のギターコレクションも披露されてますぜ)、これはアナログ盤で買っといてもいいかもね。

P.S.今夜の満月、生憎の空模様で見れそうになくて残念。
満月、朝方見れました!



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN系『BIG SPECIAL』木曜日#02

Best of Lighthouse: Sunny Days AgainBest of Lighthouse:
Sunny Days Again

(2003/02/25)
Lighthouse


TFM/JFN系『BIG SPECIAL』木曜日
2011年04月14日25:00-28:00
「60年代~80年代のラジオ・ヒッツ大全集」
-リクエスト・ナイト-
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
スペシャルDJ:萩原健太


-冒頭からどんどんリクエストに応えて!-
2011-04-15 AM01:02:24
01)Twilight  トワイライト 1981年38位
 [ Jeff Lynne ]
 /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
 Electric Light Orchestra E.L.O.

CM
AM01:09:09

02)Walk This Way ウォーク・ディス・ウェイ 1986年4位
 [ Joe Perry/Steven Tyler ]
 /ランD.M.C. Run- D.M.C.
 featuring Steven Tyler and Joe Perry
 ※エアロスミスの邦題は「お説教」(Aerosmith /1977年10位)。

AM01:14:31
03)Moonlight Feels Right
 恋のムーンライト 1976年3位/AC2位
 [ Bruce Blackman ] 
 /スターバック Starbuck

AM01:19:23
04)Turn Your Radio On 
 ターン・ユア・レディオ・オン  
1971年63位/C&W17位
 [ Albert E. Brumley ]
 /レイ・スティーブンス Ray Stevens

AM01:23:13
05)It Don't Come Easy 明日への願い 1971年4位
 [ Ringo Starr ]  
 /リンゴ・スター Ringo Starr

AM01:27:22
06)Friends フレンズ 1971年34位
 [ Elton John / Bernie Taupin ]
 /エルトン・ジョン Elton John
 ※映画『フレンズ〜ポールとミシェル』のサントラ盤から。
 CDでは『Rare Masters』にすっぽり収録


CM
【健太さん選曲による1時台ミニ特集コーナー】
~ちょっぴりマニアックなブラスロック祭り!

AM01:35:15
07)Kind Of A Drag
 カインド・オブ・ア・ドラッグ 1967年1位
 [ Jimmy Holvay ]
 /バッキンガムズ The Buckinghams

AM01:38:29
08)Vehicle ビークル 1970年2位
 [ Jim Peterik ]
 /アイズ・オブ・マーチ The Ides Of March

AM01:43:16
09)Pretty Lady プリティ・レディ 1973年53位
 [ Skip Prokop ]
 /ライトハウス Lighthouse
 ※今世紀初オンエア(?)
 
CM
-再びリクエストに戻って-
AM01:52:28
10)Just Once
 ジャスト・ワンス 1981年17位/AC7位/R&B11位
 [ Barry Mann / Cynthia Weil ]
 /クインシー・ジョーンズ
 Quincy Jones feat.James Ingram 

CM
AM02:02:19

11)Where Is The Love
 恋人はどこに 1972年5位/R&B1位
 [ Harry Wayne "K.C." Casey/
 Willie Clarke/Richard Finch/Betty Wright ]

 /ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ
 Roberta Flack & Donny Hathaway

CM
AM02:08:42

12)Centerfield センターフィールド 1985年44位/AC17位
 [ John Fogerty ]
 /ジョン・フォガティ John Fogerty

AM02:13:20
13)Do You Really Want To Hurt Me
  君は完璧さ 1982年2位/AC8位/R&B39位
 [ Culture Club ]
 /カルチャー・クラブ Culture Club

AM02:20:45
14)Hello,Mr.Sunshine
 ハロー・ミスター・ サンシャイン 1976年
 [ Veto Galati Jr / Mick Stewart ]
 /タニヤ・タッカー  Tanya Tucker
 ※日本企画による日本独自ヒット
 (味の素ゼネラル・フーズのコーヒー「マックスウェル」のTVCM曲)
 作曲者ミック・スチュワートはかまやつひろしさんの変名。
 

AM02:25:05
15)Mamy Blue マミー・ブルー 1971年57位  
 [ Hubert Giraud / Sev Tiliakou ]
 /ポップ・トップス Pop Tops

CM
【健太さん選曲による2時台ミニ特集コーナー】
~真夜中のトニー・バロウズ祭り!

AM02:32:26
16)Love Grows(Where My Rosemary Goes)
 恋のほのお 1970年5位
 [Barry Mason / Tony Macaulay]
 /エジソン・ライトハウス Edison Lighthouse

AM02:37:31
17)My Baby Loves Lovin'  恋に恋して 1970年13位
 [Roger Greenaway / Roger Cook]
 /ホワイト・プレインズ  White Plains

AM02:40:27
18)Gimme Dat Ding ギミ・ダッ・ディン 1970年9位
 [Albert Hammond / Mike Hazlewood]
 /ピプキンズ The Pipkins

AM02:44:28
19) Every Little Move She Makes 僕のアイドル 1970年
 [Tony Macaulay/Roger Greenaway/Roger Cook] 
 /トニー・バロウズ  Tony Burrows

CM
-再びリクエストに戻って-
AM02:52:30
20)The Story Of Rock&Roll
 ザ・ ストーリー・オブ・ロックンロール  1968年44位
 [ Harry Nilsson ]
 /タートルズ The Turtles

AM02:57:32
21) Spring Is Nearly Here 春がいっぱい 1962年
 [ Brian Bennett / Bruce Welch ]
 /シャドウズ  The Shadows
 ※日本独自ヒット

CM
AM03:02:08

22)The Motown Song モータウン・ソング 1986年
 [ Larry John McNally ]
 /ラリー・ジョン・マクナリー Larry John McNally
 ※ロッド・スチュワートが歌ってヒット(Rod Stewart/1991年10位 )。

CM
AM03:08:57

23)All Through The Night
  オール・スルー・ザ・ナイト 1984年5位/AC4位
 [ Jules Shear ]
 /シンディ・ローパー Cyndi Lauper

AM03:14:47
24)Reach リーチ 1996年42位/AC5位
 [ Gloria Estefan / Brian McKnight / Diane Warren ]
 /グロリア・エステファン Gloria Estefan
 ※アトランタ五輪公式賛歌

AM03:21:13
25)Good Vibrations グッド・ヴァイブレーション 1966年1位
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

AM03:27:05
26) A Heart In New York
 ハート・イン・ニューヨーク 1981年66位
 [ Benny Gallagher / Graham Lyle ]
 /アート・ガーファンクル Art Garfunkel

CM
-3時台のミニ特集は【60年代のガール・シンガー祭り】を用意されて
たものの、太っ腹な健太さんは急遽リクエストに応えて下さることに!

AM03:32:57
27)Fool In Love With You
 フール・イン・ラヴ 1981年
 [ Brian Francis Neary / Jim Photoglo ]
 /ジム・フォトグロ  Jim Photoglo

AM03:37:39
28)Rockin' Pneumonia-Boogie Woogie Flu
 ロッキン・ブギウギ 1972年6位
 ブギー・ウギー・フルー
 [ Huey "Piano" Smith/John Vincent ]
 /ジョニー・リヴァース Johnny Rivers

AM03:41:26
29) Summer Wine  サマー・ワイン 1967年49位
 [ Lee Hazlewood ]
 /ナンシー・シナトラ&リー・ヘイゼルウッド
  Nancy Sinatra with Lee Hazlewood

AM03:47:38
30)Indian Reservation
 (The Lament of the Cherokee Reservation Indian)
 嘆きのインディアン 1971年1位 
 [John D. Loudermilk ]
 /ポール・リヴィア&ザ・レイダース
 Paul Revere&The Raiders
 ※オリジナルはドン・ファードン(Don Fardon/1968年20位)

CM
-最後は健太さんのリクエストで。「もっと曲をかけたい!」-
AM03:53:08
31) I Don't Wanna Go 1977年R&B18位
 [ Bruce Roberts / Carole Bayer Sager ]
 /モーメンツ The Moments


以上、健太さんのスペシャルDJによるJFN系『BIG SPECIAL』木曜日2011年4月14日深夜放送のエアプレイ・リスト。先週放送からの持ち越しも含めてリクエスト大会ということで大いに盛り上がりましたが、4曲目に僕のリクエストもかけて頂けて感謝感激(今月はラジオ・ヒッツ特集とのことだったので、先日こちらにも書いた大好きなラジオ讃歌をリクエストさせて頂いた次第)。それに何より、健太さんだからこその自前の音源持ち込んでの幅広い選曲的確な解説の魅力に加え、Twitterに寄せられた感想コメントやツッコミ(笑)、リクエストなどをその場でどんどん拾い上げて即オンエアに反映して下さる、この柔軟性とスピード感がまた愉快痛快で益々面白いったらありゃしない!?

勿論、リクエストのみならずミニ特集コーナーの【マニアックだけどポップなブラス・ロック祭り】【真夜中のトニー・バロウズ祭り】のゴキゲンなこと!更に3時台に予定されてた【60年代のガール・シンガー祭り】をすっ飛ばして、「沢山リクエスト頂いてるから」と急遽リクエスト・コーナーに切り替えて下さる太っ腹な健太さんの心意気というか、リスナーへの気遣いが嬉しいじゃないですか、有難いじゃないですか(感涙)。

でも、【60年代のガール・シンガー祭り】も大変興味深いテーマなだけに、次回放送を熱烈希望!あと、そうだな、【ラテン・ロック、ブラウン・アイド・ソウル、テックス・メックス祭り】などの開催も是非期待したいところ(勝手なことばっか言ってスイマセン・苦笑)。

それにしても、こんなに聴き応えのある健太さんのDJが楽しめるのは今月だけかと思うと、何とも残念。やはり出来れば”毎週”聞きたいです。それが無理なら、せめて毎月月末は健太さんでリクエスト大会というような形とかでもいいので、なるべく間を置かず、定期的に登場して欲しいです。

牛窪さん、何卒宜しくお願い致しますm(__)m。

最後に蛇足ながら、深夜1時台の【ブラス・ロック祭り】で、めでたく今世紀初オンエアとなった(笑)ライトハウス「プリティ・レディ」、「もしかしたら未CD化かも」とのことでしたけど、どうやらベストCD『Best of Lighthouse: Sunny Days Again』などにも収録されてるようですので、ご興味のある方はその辺りチェックされたし。 


| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蹴上インクラインの桜2011

sakura2011 sakura2011

2011年04月06日(水)

またまた京の春便り。蹴上インクラインの桜。
去年の今頃は満開だったけど、
今年はまだちょっと早いみたい。

http://twitpic.com/4hi9k2
posted at 16:47:54

nanzenji

2時間ドラマのロケ名所、南禅寺の水路閣にゃう。
桜はまだまだこれから、といった感じ。

http://twitpic.com/4hiirq
posted at 17:24:22

king

久しぶりの王将でお腹一杯にゃう(^-^;)。
http://twitpic.com/4hjlid



そんな訳で、前回に続きまして「お花見2011」行動記録【その2】

sakura2011 sakura2011 sakura2011

インクラインの桜、前日の情報ではまだ3~5分咲き程度とのことだったのであまり期待してなかったんですが、前日からの好天に加え昼間の暖かさも幸いしてか、(満開とまでは行かずとも)ぐんと開花が進んだみたいで有難い限り。インクラインも南禅寺も、昼間ほど人が多くなかったので、ゆっくりとお花見散策を満喫することが出来ました(勿論、南禅寺へは『本秀康名作劇場』「人生の夜明け」P195に出てくるレンガ造りのトンネルを潜り抜けて・笑)。

sakura2011 sakura2011

基本的に、夜桜は苦手というか興味ないんですけど(あと無粋な青いビニールシート広げて、飲んで食って騒ぐ系のお花見とか大嫌い。マナー無視したバーベキューなんて論外)、夕陽に照らされ、ほんのりオレンジ色に染まった桜って、また風情があっていいもんですね。

とはいえ、やっぱり僕は桜より紅葉の方が好きですが(^^;)。

radio

そうそう、お花見の帰り道、三条通りだったかを歩いてたら、現在、京都工芸繊維大学の美術工芸資料館で開催されている展覧会『ラヂオの時代 -谷川俊太郎コレクションを中心に-』のポスターを見かけたので、思わずパシャリ。谷川俊太郎さん寄贈によるレトロなラジオ・コレクションや関連書籍、更にポスター等々、いずれもラジオ好きのはしくれとしては是非とも拝見したく、当初はお花見ついでにでも足を運べたらと計画を練っていたものの、どうやら洛北方面の開花状況がまだまだだったようなので結局断念した次第。開催期間は5月8日まで。丁度近くに気になる喫茶店もあるんで、何とか伺いたいところですが、 ぼちぼち田植えの準備も始まってるだけにどうなりますやら・・・。

 http://www.kyotodeasobo.com/art/exhibitions/radio-jidai/
 http://www.cis.kit.ac.jp/~siryokan/20110322.html 

ちなみに、健太さんDJによるJFN系『扉 -TO VILLA-』木曜日2011年3月10日深夜放送、3時台エアプレイ・リストの掲載ジャケを英Ace『Radio Gold』にしたのはディオン&ザ・べルモンツ「いつかどこかで」ペンギンズ「アース・エンジェル」が入ってるから、というのをうっかり書き忘れてたので(汗)遅ればせながら補足させて頂きます。今夜の『BIG SPECIAL』も大いに楽しみ!



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花よりみたらし団子

daigoji daigoji

2011年04月06日(水)

京の春便り。世界遺産、醍醐寺の桜です。
めっちゃ人多い(汗)。

http://twitpic.com/4hftgx
posted at 11:58:38

daigoji daigoji


醍醐寺で花よりみたらし団子にゃう(^_^;)。
http://twitpic.com/4hg9du 
posted at 12:41:48

daigoji daigoji

更に京の春便り。醍醐寺霊宝館の桜、満開です。
http://twitpic.com/4hgo9y
posted at 13:24:28

daigoji soba

天ざるとかやくごはんで遅めのランチにゃう。
秀吉さんもお花見した醍醐寺の桜、
とくに霊宝館のしだれ桜が見事で
円山公園のしだれ桜以上に存在感ありました。
写真は横長なので後日またブログにて。

posted at 15:16:25


以上、当日の実況ツイートを元に「お花見2011」行動記録【その1】

daigoji daigoji daigoji

そう言えば、住友林業のテレビCMで醍醐寺の桜が取り上げられてますね。
三宝院のシダレ桜でしょうか
(そうか、あの小さな桜の木はシダレ桜のクローンだったんだ!?)。

daigoji

これは伏見城の遺構とも伝わる国宝の三宝院唐門。えらく豪華絢爛でピカピカだなと思ったら、2008年に落雷の影響で柱の一部が損傷したため、1年半かけて修繕され、この黒漆の輝きは昨年蘇ったばかりだったんですね。

daigoji daigoji

その他、国宝重要文化財てんこ盛りの霊宝館は勿論、やはり重要文化財に指定されてる仁王門の金剛力士像など、桜以外にも見所が沢山あって、おかげで大変充実したお花見となりました(桜の季節じゃなくていいので、機会があれば是非再訪したいです)。

ゴールデン☆ベストゴールデン☆ベスト
(2011/04/06)
THE COLLECTORS


最後に「お花見2011」の鼻唄(花歌)ビージーズ「Spicks and Specks」
先日も触れた通り、 健太さんDJによるBS12『スーパーヒッツ・コレクション』JFN系『扉~To Villa』「ビーチ・ボーイズvsビージーズ特集」の余韻で最近よくビージーズ聴いてたということもあるんですけど、ぽかぽか陽気の春先に何となく口ずさみたくなるメロディ。初期コレクターズが日本語で歌ってたカヴァーも大好きでした。2nd『虹色サーカス団』紙ジャケ再発盤ライヴ・ヴァージョンが追加収録されてましたが、先週出た2枚組『ゴールデン☆ベスト』には1988年の未発表デモ録音が入ってるんですね!(更にシド・バレット「Baby Lemonade」日本語カヴァーも!?)。テイチク時代のベストや編集盤に再発盤、出る度に買ってるような気がしますが(苦笑)、ある意味、何年越しかで僕の願いが叶ったようなもんですから、今回も喜んで買わせて頂きますとも!!

そしてコレクターズといえば出演が期待される「ロックの学園WEST」田植えがあるので加藤ひさし教諭の授業がある日(?)は無理かもしれないけど、東日本大震災復興支援イベントですし、是非登校したいです。

 お好み! 串カツ!! ロックンロール!!!

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN系新番組『BIG SPECIAL』木曜日#01

風にさらわれた恋風にさらわれた恋
(2011/02/23)
リンダ・ロンシュタット


TFM/JFN系『BIG SPECIAL』木曜日
2011年04月07日25:00-28:00 26:00-28:00
「60年代~80年代のラジオ・ヒッツ特集」
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
スペシャルDJ:萩原健太


2011-04-08 AM02:02:01
01)Make It With You 二人の架け橋 1970年1位/AC4位
 [ David Gates ] 
 /ブレッド Bread

AM02:09:29
02)So Far Away 去りゆく恋人 1971年14位/AC3位
 [ Carole King ]  
 /キャロル・キング Carole King

AM02:13:21
03)And I Love You So
 アンド・アイ・ラヴ・ユー・ソー 1970年
 [ Don McLean ]
 /ドン・マクリーン  Don McLean
 ※キャロル・キングと同名のアルバム『Tapestry』から。
 ※ペリー・コモ(1973年29位/AC1位)

AM02:18:35
04)New Kid In Town
 ニュー・キッド・イン・タウン 1976-77年1位/AC2位/C&W43位
 [ Glenn Frey / Don Henley / J.D. Souther ]
 /イーグルス Eagles

AM02:25:10
05)That's What Friends Are For
 愛のハーモニー 1985年1位/AC1位
 [ Burt Bacharach/Carole Bayer Sager ]
 /ディオンヌ・ワーウィック&フレンズ
 feat,エルトン・ジョン、グラディス・ナイト
 &スティーヴィー・ワンダー
 Dionne & Friends
 Dionne Warwick feat.Gladys Knight,
 Stevie Wonder,Elton John


AM02:35:38
06)Don't Give Up On Us
 やすらぎの季節 1977年1位/AC1位
  [ Tony Macaulay ]
 /デヴィッド・ソウル David Soul

AM02:40:32
07)Tea For Two 二人でお茶を 1974年
 [ Irving Caesar / Vincent Youmans ]
 /ニック・デカロ Nick DeCaro
 ※From Al.『イタリアン・グラフィティ』

AM02:45:28
08)Laughter In The Rain
 雨に微笑を 1974年-75年1位/1974年AC1位
 [ Phil Cody/Neil Sedaka ]
 /ニール・セダカ Neil Sedaka

AM02:52:32
09)Harvest Moon ハ―ヴェスト・ムーン 1992年
 [ Neil Young ]
 /ニール・ヤング Neil Young

AM03:02:52
10)I Need You アイ・ニード・ユー  1972年9位/AC7位
 [ Gerry Beckley ]
 /アメリカ America

AM03:08:44
11)Add Some Music To Your Day
 アド・サム・ミュージック・トゥ・ユア・デイ 1970年64位
 [ Joe Knott/Mike Love/Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

AM03:13:59
12)Spring Song スプリング・ソング 1972年
 [ Linda Lewis ]
 /リンダ・ルイス Linda Lewis
 ※From Al.『Lark』

AM03:18:07
13)Clair クレア 1972年1位/AC2位
 [ Gilbert O'Sullivan ] 
 /ギルバート・オサリヴァン Gilbert O'Sullivan  
 ※ギルバート・オサリヴァンのそこはかとなく明るい曲、
 ほのぼのと胸に沁み入る曲の鉄板!


AM03:21:07
14)Hasten Down The Wind
 風にさらわれた恋 1976年
 [ Warren Zevon ]
 /リンダ・ロンシュタット Linda Ronstadt

AM03:26:32
15)I Like Dreamin'
 夢のバラード 1976-77年3位/AC4位
 [ Kenny Nolan ]   
 /ケニー・ノーラン Kenny Nolan

AM03:36:28
16)May Each Day メイ・イーチ・デイ  1963年
 [ Mort Green / George Wyle ]
 /アンディ・ウィリアムス Andy Williams
 ※『アンディ・ウィリアムス・ショー』のエンディング曲

-CMとニュースを挟んで、リスナーからの質問-
~健太さんがイカしてると思うバンドは「クレイジー・キャッツ」!


AM03:39:51
17)Twenty-Four Hours A Day
 24時間、一人占め 1980年
 [ Barry Manilow ]
 /バリー・マニロウ Barry Manilow

AM03:43:15
18)Eggplant エッグプラント 1976年
 [ Michael Franks ]
 /マイケル・フランクス Michael Franks

AM03:48:31
19)A Love Song ラブ・ソング 1974年12位/AC1位/C&W5位
 [ D.L. George / Kenny Loggins ]
 /アン・マレー Anne Murray

AM03:55:56
20)You've Got A Friend
 君の友だち 1971年1位/AC1位
 [ Carole King ]
 /ジェイムス・テイラー James Taylor
 ジェームス・テイラー


以上、『DAYBREAK』『扉 -TO VILLA-』の後続で今月からスタートしたJFN系深夜枠の新番組『BIG SPECIAL』4月07日深夜放送のエアプレイ・リスト。先日こちらでもご案内させて頂いてた通り、第1週は「60年代~80年代のラジオ・ヒッツ特集」、更に4月は毎週木曜日のDJを健太さんが担当されるとのことで、楽しみにしてたんですが、直前に東北地方で大きな余震があった影響で、急遽、番組は予定より1時間遅れ、そして尚且つリスナーからのリクエストは来週に持ち越して全て健太さんによる選曲に切り替えてと、波乱の幕開けとなりました。実際、番組に寄せられたメールの中にも被災地にて停電で不安を抱える中、すがるような思いでラジオに耳を傾けてますという方もいらっしゃいましたけど、そんな被災地の方は勿論、リスナーの気持ちが少しでも和らげばと、番組全編、ポップスとラジオの魔法を味方に付けた、優しく温かい選曲で、健太さんの「Love and Mercy」を感じる、心安らぐ2時間でした。健太さん、お疲れ様でした&素敵な選曲、有難うございました。

それにしても何と言うか、やはり僕は、落ち着いたトーンで、落ち着いた選曲をしつつも、「今からちょっと不謹慎なことを言います」と前置きした上で、リンダ・ロンシュタットジャケ・ネタだけはきっちり盛り込む健太さんのDJが大好きです(笑)。あとバンド名の話題、確かに「アメリカ」「ザ・バンド」も大雑把というか、ざっくりしたバンド名ですよね(^^;)。

今週こそは何事もなくゴキゲンな放送が3時間聴けますように、余震も、原発事故も、一日も早く終息しますようにと、ただただ願うばかりです(祈)。

ところで、この『BIG SPECIAL』、どうやらFM OSAKAでは放送されないみたいですね・・・。なので京阪神の方は神戸のKiss-FMなどで是非!(ちなみにKiss-FMは4月12日から関西エリアのradikoにも参入予定。従ってPCでもお聴き頂けますので)。



| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』#01

マイ・ワールド・マイ・ミュージック~愛しいの神戸マイ・ワールド・マイ・ミュージック
~愛しいの神戸

(2011/01/19)
フレディー


ラジオ関西
新番組『夜のピンチヒッター』第1回
2011年04月05日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一


【夜の始球式】
01: "ベイビー,勇気をだして" /堺正章 1972年
 [ 作詞:ちあき哲也/作曲:筒美京平 ]
 ※傑作アルバム 『サウンド・ナウ!』から

-新作紹介-
『ライヴ・アット・シェイ・スタジアム デラックス・エディション』(DVD付)
02:Take Me Out To The Ballgame / Piano Man
 私を野球に連れてって~ピアノマン(ライヴ) 2011年
 [ Jack Norworth ] [ Billy Joel ]
 /ビリー・ジョエル Billy Joel

-シェイ・スタジアム繋がりで続けざまに1曲-
03:I'm Down  アイム・ダウン 1965年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

-2時間40分番組ですが-
04:2時間35分 /RCサクセション 1972年
 [ 作詞:忌野清志郎/作曲:肝沢幅一 ]

-新作紹介-
『アングルズ』
05:Machu Picchu マチュ・ピチュ 2011年
 [ Strokes ]
 /ザ・ストロークス The Strokes 

-立て続けに1曲-
06:Down Under ダウン・アンダー 1983年1位/AC13位
 [ Colin Hay / Ron Strykert ]
 /メン・アット・ワーク Men at Work

【J-POP解体新書】
07:挑め /KREVA 2011年
 [ 作詞・作曲:KREVA ]

08:ルーキー  /サカナクション 2011年
 [ 作詞・作曲:山口一郎 ]

09:バンザイVenus /SKE48 2011年
 [ 作詞:秋元康/作曲:佐々倉有吾 ]

【夜のグランド整備】
~無駄話のコーナー(笑)。


PM8:00
【夜のクリーンナップトリオ】
~3番キンクス、主砲ストーンズ、5番The Who
(ビートルズはFA移籍で他球団へ?)

10:David Watts デヴィッド・ワッツ 1967年
 [ Ray Davies ]
 /キンクス The Kinks

11:I Wanna Be Your Man
 彼氏になりたい 1963年UK13位
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
  /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones

12:Heat Wave 恋はヒートウェイヴ 1966年
 [ Lamont Dozier / Brian Holland / Eddie Holland ]
 / ザ・フー The Who

【高校野球をテーマにした3曲~夜の高校野球?】
13:高校野球 /壺井むつ美 1980年
 [ 作詞:山上路夫/作曲:平尾昌晃 ]

14:甲子園 /ランナーズ 1978年
 [ 作詞:橋本淳/作曲:川口真 ]

15:俺のせいで甲子園に行けなかった /面影ラッキーホール 1998年
 [ 作詞・作曲:佐々木"ACKY"あきひ郎 ]

【夜のピンチヒッターのピンチヒッター~電話ゲストのコーナー】
心やさしきラテン圧力団体「マンボラマTokyo」幹事長・エルカミナンテ岡本
さんのオススメは野球の盛んなドミニカ発祥の音楽、メレンゲ3曲。

16:Que Tengo Que Hacer 2010年
 /オメガ OMEGA

17:Loca feat. El Cata 2010年98位
 [ Cata / Pitbull / Shakira ]
 /シャキーラ Shakira
  ※メレンゲ+レゲトン=アーバン・メレンゲ

18:Chambonea 2009年
 [ Antonio Piter Omega ]
 /オメガ OMEGA

【夜のフィルダースチョイス!】
『スター誕生! CD&DVD-BOX』
からポップコーンの「ブルーロマンス薬局(ファーマシー)」
をかけるつもりが間違って流れてしまったのは・・・

19:パステル・ラヴ /金井夕子 1978年
 [ 作詞・作曲:尾崎亜美 ]

20:すてきな貴方 /横本メイ 1976年
 [ 作詞:阿久悠/作曲:筒美京平/編曲:矢野誠 ]

21:ブルーロマンス薬局(ファーマシー) / ポップコーン 1979年
 [ 作詞: 林春生 / 作曲: 都倉俊一 ]

22:花の女子高 数え歌 /谷ちえ子 1977年
 [ 作詞:石原信一/作曲:中村泰士/編曲:馬飼野俊一 ]

PM9:00
【夜のラッキー7】
~目玉コーナー。細野晴臣さんの新作『HoSoNoVa』紹介。
23:悲しみのラッキースター /細野晴臣 2011年
 [ 作詞・作曲:細野晴臣 ]

24:カモナ・ガール /細野晴臣 2011年
 [ 作詞・作曲:細野晴臣 ]

25:スマイル /細野晴臣 2011年
  [ J.Turner / C.Chaplin ]

【夜の隠し玉】
26:きらきら武士 feat. Deyonna /レキシ 2011年
 [ 作詞・作曲:池田 貴史 ]

27:SAKURA /フレディー 2011年
 [ 作詞・作曲:フレディー ]

【夜のヒーローインタビュー】

【ラストはカーネーション直枝さんからのリクエスト!】
28: The Back Seat Of My Car バック・シート 1971年
 [ Paul McCartney ]
 /ポール&リンダ・マッカートニー Paul & Linda McCartney


以上、4月05日(火)からスタートしたロック漫筆家、安田謙一さんDJによるラジオ関西の新番組『夜のピンチヒッター』第1回放送のエアプレイ・リスト。放送日は雨天などによる中止は除く、最初からナイターの予定が無い日ということでこのような番組名を思い付かれたみたいですが(笑)、全12回放送予定(?)の所謂”雨傘番組”だからか、どうやらtwitterの公式アカウントはあるものの番組HPは作られないみたいなんで、勝手に、というか個人的にアーカイブさせて頂くことにしました。

まず、ゴキゲンなツカミの選曲に嬉しくなっちゃって、ハッシュタグ付けて感想ツイートしたら、すぐに安田さんが拾い上げてオンエアで読んで下さったのでビックリ&ドッキリ!?更に【J-POP解体新書】というコーナー名だけ野球と関係ないから、何かいいネーミングないかと募集されたので、軽い気持ちで

【夜のJ-POPフライ】とかどうでしょう?
って、ポップフライってあんまり良い意味じゃないか(^^;)」


とツイートしてみたところ、安田さんに即採用して頂き益々恐縮(KREVA「挑め」、確かに安田さんがおっしゃる通り、ダフトパンク歌謡というよりアンダーワールド歌謡って感じですね!)。 

その他、【夜のクリーンナップトリオ】による痛快な3連打や限りなく「宇宙のファンタジー」な(苦笑)ランナーズの「甲子園」などで盛り上がる一方、【夜のラッキー7】 のコーナーで細野さんの1stソロ『HOSONO HOUSE』以来38年ぶりの全曲ヴォーカル・アルバムとなる新作『HoSoNoVa』から、4月20日の発売に先駆けて3曲も聴くことが出来て感謝感激(チャップリンの名曲「スマイル」アン・サリーさんの歌唱ヴァージョンも感動的だったけど、細野さんの歌声も味わい深いこと。どうやら特設サイトで全曲試聴も始まったようですね)。

 http://www.hosonoharuomi.com/

次回放送は4月26日(火)1時間40分の短縮ヴァージョン「100分ノック」とのことですけど、今から待ち遠しくて仕方ありません(来週4月12日からラジオ関西も関西エリアのradikoに参入と知り、今度から安田さんの番組もラジコで聞けるかなと思いきや、試験配信ゆえ対象地域は兵庫だけなんですね・・・。残念。同じくKBS京都も当面は京都府内限定ながら、京都新聞の記事によると滋賀や大阪へのエリア拡大も今後検討するとのことですから、ラジオ関西もいずれはエリア拡大されたりするでしょうか?そもそもラジコにエリア制限なんて必要ないので、さっさと撤廃しちゃえばいいのに!?α-ステーションのラジコ参入は大歓迎)。

とにかく、矢野誠さん特集フレディーのゲスト出演、実現期待してます!
本秀康画伯によるフレディーのジャケ最高(^O^)/。
本さんもいずれ電話ゲストに是非是非!!

| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お花見2011

daigoji

2011年4月06日(水) 晴れ

今年のお花見はかつて太閤秀吉さんが盛大に花見を行った世界遺産の醍醐寺へ。

どうやら京都滋賀の名所で見頃を迎えるのは今週末くらいのようですが、ご覧の通り、霊宝館シダレ桜は一足早く既に満開。枝の幅が25mくらいあるそうで、2年前にお花見した円山公園のシダレ桜以上の迫力というか存在感。世界文化遺産だけあって、醍醐寺の拝観料はちょっとお高いんですけど(※三宝院拝観料600円、霊宝館入館料600円、伽藍入山料600円、3施設すべての拝観が出来る3枚つづり共通券が1500円、3施設のうち2施設の拝観が出来る2枚つづり共通券が1000円)、でもホント見応えあって、とくにこの満開のシダレ桜が見事で感激しました。

それにしても流石は醍醐寺、土日は混雑するだろうからと思って、あえて平日を狙って出かけたのに、広い境内に花見客がいっぱいでビックリ(考えることは皆さん一緒みたい・笑)。とはいえ、重要文化財「千手観音立像」の前に置かれていた義援金の募金箱にはお賽銭箱以上にギッシリとお金が詰まってるようでした。まもなく桜前線を追って被災地へと北上することでしょう!早く届け!!



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#48

ドント・ウォーリー・アバウト・ミードント・ウォーリー・アバウト・ミー
(2002/03/21)
ジョイ・ラモーン



#48:2011年03月15日
2011年8月20日(土)16時05分

OP:Wake Up Little Susie  起きろよスージー
 [ Boudleaux Bryant / Felice Bryant ]
 /ボードルー・ブライアント
 Boudleaux Bryant & His Orchestra

01)I Understand ( Just How You Feel )
 アイ・アンダースタンド 1961年9位
 [ Pat Best ]
 /G-Clefs G・クレフツ G-クレフス 
 ※「蛍の光」のメロディーを流用。

02)Hushabye  ハッシャバイ 1964年
 [ Doc Pomus/Mort Schuman ]   
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※ミスティックス(The Mystics/1959年20位)

03)Please Mr.Postman
  プリーズ・ミスター・ポストマン 1961年1位/R&B1位
 [ Robert Bateman/Georgia Dobbins/William Garrett
 /Freddie Gorman/Brian Holland ]

 /マーヴェレッツ The Marvelettes 

04)Talking In Your Sleep
 トーキング・イン・ ユア・スリープ 1983年3位
 [ Coz Canler / Jimmy Marinos / Wally Palmar
  / Mike Skill / Peter Solley ]

 /ロマンティックス The Romantics

05)Ave Maria アヴェ・マリア
 [ Franz Schubert ] 
 /ネリー・メルバ Nellie Melba
 ※NHKで一番古いレコードの中から

06)Come Back To Me
 カム・バック・トゥ・ ミー 1960年
 [ Joe Melson / Roy Orbison ]
 /ロイ・オービソン Roy Orbison

07)Danny Boy ダニー・ボーイ 1957年
 [ Frederick Edward Weatherly ]
 /ハリー・べラフォンテ  Harry Belafonte
 ※アイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」

08)Mr. Lonely
 ミスター・ロンリー 1964年1位/AC3位
 [ Gene Allan/Bobby Vinton ]
 /ボビー・ヴィントン Bobby Vinton

09)What A Wonderful World
 この素晴らしき世界  2002年
 ホワット・ア・ワンダフル・ワールド
 [ George Douglas / Joey Ramone
  / Robert Thiele / George David Weiss ]

 /ジョーイ・ラモーン  Joey Ramone

ED:In The Mood イン・ザ・ムード 1959年4位/R&B7位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /アーニー・フィールズ楽団 Ernie Fields & His Orchestra


以上、放送延期のはずが何故か幻となってしまった(?)「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」最終回のエアプレイ・リスト(亀渕さんが番組ブログに書いて下さってた最終回の選曲表を元に作成。どうやらリクエスト曲で2年間の放送を振り返る、といった趣向だったようですね)。そもそも、僕のブログで個人的にエアプレイ・リストを作成してアーカイブさせて頂こうと思ったのは、当初、番組HPの曲目リストには邦題と歌手名のみの掲載しかなく、正直物足りなかったので勉強も兼ねて始めた次第なんですが、それにしても、まさか新番組が始まった途端

番組HPが曲目リストごとネット上から消えてしまうとは!?

悲しいかな、こんな調子じゃ(かろうじてまだ残ってる?)番組ブログもいつ消えてしまうかわからいので、代わりに全エアプレイ・リストを当ブログでアーカイブさせて頂くとします(過去の放送についてはこちらのカテゴリーよりどうぞ。当ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

今回の一件について僕の思うところはtwitterこちらのコメント欄などにも書きましたが、確かに状況が状況なだけに、放送延期は仕方ないというか、至極当然としても、でもだからと言って朝ドラ大河ドラマだったら、どんな事情であれ「最終回の放送なし」なんてことにはならないでしょうから、やはりどうにも納得出来ません。その上、早々と番組HPまで消してしまうなんて(涙)。

何故、新番組の開始を1回遅らせて4月からにして、3月29日(火)に最終回を放送するくらいの融通が効かないんでしょう?

もしかして、新番組の第1回放送で民放連会長の挨拶を流すから放送日を動かせなかったんですか?

その為に『ロケンロール!』最終回とリスナーを切り捨てたんですか?

だとしたら、いくら亀渕さんのDJが大好きでも、到底、 新番組を楽しむ気持ちにはなれないです。2年間、カレンダーにマル亀印を付けて、2週に1度の放送を心待ちにしてあの時間帯ラジオのチューニングを合わせてたリスナーを置き去りにしてまで始めなきゃいけない新番組って、一体誰の為の新番組なんでしょう?誰の為のラジオなんでしょう?

お願いです、今からでもいいので、新番組を1回休んで、『ロケンロール!』の最終回を放送して下さい。それが無理なら、例えば、『ラジオ深夜便』のワンコーナーで流すとか、とにかくどんなような形でもいいので、『ロケンロール!』の最終回を放送して下さい。

本当なら最終回は亀渕さんへの感謝の言葉で締め括りたかったのに、緊急時に被災者の方の心に寄り添い、きめ細かい放送をされてたNHKラジオにこんな冷たい仕打ちを食らうとは・・・。残念無念です。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遊佐未森の「GINGA RADIO」#26

Into the Murky WaterInto the Murky Water
(2011/04/21)
The Leisure Society


α-STATION(エフエム京都)
『GINGA RADIO』#26
2011年03月30日21:00-22:00
DJ:遊佐未森

http://fm-kyoto.jp/blog/ginga_radio/

OP:I'm here with you  /遊佐未森 2009年
 [ 作詞・作曲:遊佐未森 ]
 from Al.『銀河手帖』

01:Caminho Das Águas 2005年
 [ Rodrigo Maranhão ]
 /マリア・ヒタ  Maria Rita
 from Al.『Segundo』
 ※個人的覚書~エリス・レジーナの娘さん

02:一粒の予感 /遊佐未森 1993年
 [ 作詞:工藤順子 / 作曲:遊佐未森 ]
 from Al.『momoism』

03:Ueo Muite Arukou (Sukiyaki)
 上を向いて歩こう
 2010年
 [ 作詞:永六輔 / 作曲:中村八大 ]
 /ウルロフ・アルナルズ Olof Arnalds
 from 「Crazy Car 」[7 inch Analog]
 ※坂本九(1963年1位)

04:Jewel Of His Soul 2009年
 [ Toru Dodo / Herve Sambe / Somi ]
 /ソミ Somi 
 from Al.『If the Rains Come First』

【三日月堂】
~月末恒例、音楽ライターの荒田光一さんをゲストに迎えて。
「ザ・レジャー・ソサエティー特集」


05:Pancake Day 2009年
 [ Nick Hemming ]
 /ザ・レジャー・ソサエティー The Leisure Society
 from Al.『A Product of the Ego Drain』
 
06:Something  サムシング 2009年
 [ George Harrison ]
 /ザ・レジャー・ソサエティー The Leisure Society
 『Mojo』magazine2009年10月号付録CD『ABBY ROAD NOW!』

07:You Could Keep Me Talking 2011年
 /ザ・レジャー・ソサエティー The Leisure Society
 from Al.『Into the Murky Water』

08:still room /遊佐未森 2000年
 [ 作詞・作曲:遊佐未森 ]
 from Al.『small is beautiful』

ED:ピアニッシモ  /遊佐未森 2009年
 [ 作詞・作曲:遊佐未森 ]
 from Al.『銀河手帖』


以上、残念ながら毎週水曜9時の時間帯では最後の放送となってしまった第26回放送のエアプレイ・リスト。"眺める歌"という全体テーマだったんですけど、僕にとってはいつにも増して嬉しく、興味深く、心に残る放送となりました。

まず何が嬉しかったかというと、僕のリクエストをかけて頂けたこと!

『GINGA RADIO』では第4回放送でお馴染みのアイスランドの女性SSW、ウルロフ・アルナルズさんが見事な日本語で歌ってくれてる「上を向いて歩こう(sukiyaki)」、荒田さんがtwitterで紹介して下さってるのを聴いて感動して、ラジオでもオンエア可能とのことだったのでリクエストさせて頂いたんですが、彼女の清らかに澄んだ歌声をラジオで聞くとまた格別で、よりいっそう胸に沁みました(涙)。

以下リンク先にて試聴&MP3がフリー・ダウンロード出来ますので、ご興味ある方は是非(この歌声とこの思い、被災地の方は勿論、一人でも多くの方の耳に届きますように・祈)。

http://soundcloud.com/onelittleindianrecords/l-f-arnalds-sukiyaki-1

http://www.amazon.co.uk/Sukiyaki/dp/B003XZD19Q

そして今回、大変興味深かったのが【三日月堂】のコーナーの「レジャー・ソサエティー特集」第13回放送でも取り上げて下さってましたけど、彼らの牧歌的な部分が70年代キンクスロニー・レインスリムチャンス辺りにも通じるものがあって、すんごい僕のツボなんです)。『Mojo』マガジン2009年10月号の付録に付いてた『アビイ・ロード』のカヴァーCD、その名も『ABBY ROAD NOW!』に収録されていた「サムシング」のカヴァーも、ウクレレを中心とした「オーケストラル・ポップ」なアレンジが絶妙で、これジョージが聴いたらきっと喜んだでしょうね。

 

更に4月21日に日本先行予定の2ndアルバム『Into the Murky Water』からもいち早く音源を聴けて感謝感激。こりゃ益々発売が楽しみです!

 http://www.inpartmaint.com/lirico/lirico_title/LIIP-1510.html

ちなみに今回リクエストするにあたって、事前にラジオネームまで考えてなかったので、テキトーな思い付きで「ヤスヒロックパイル」と書いて出したみたものの、いざ未森さんにオンエアで読んで頂いたら、我ながら恥ずかしくなって変な汗かいちゃいました(^^;)。




| GINGA RADIO | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BS12『スーパーヒッツ・コレクション』#10

ステイン・アライヴ~ビー・ジーズ・ナンバー・ワン・ヒッツステイン・アライヴ
~ビー・ジーズ・ナンバー・ワン・ヒッツ

(2008/11/26)
ザ・ビージーズ



BS12ch TwellV(トゥエルビ)
『スーパーヒッツ・コレクション』#10
~ビーチ・ボーイズvsビージーズ特集
【初回放送】2011年3月16日(水)20:00-20:55
【再放送】2011年3月23日(水)20:00-20:55
DJ:萩原健太


01)Dance,Dance,Dance
 ダンス・ダンス・ダンス (テレビLive)
 [ Brian Wilson/Carl Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※1964年8位

02)Stayin' Alive
 ステイン・アライヴ  1978年1位/R&B4位
 [ Barry Gibb/Maurice Gibb/Robin Gibb ] 
 /ビージーズ  Bee Gees

【それぞれの転機にあたる曲】
03)Good Vibrations
 グッド・ヴァイブレーション 1966年1位
 [ Mike Love/Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

04)Jive Talkin'
 ジャイヴ・トーキン 1975年1位/Disco9位
 [ Barry Gibb/Maurice Gibb/Robin Gibb ]   
 /ビージーズ  Bee Gees

BGM:Surfer Girl
 サーファー・ガール 1963年7位/R&B18位
 [ Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

05)Sloop John B
 スループ・ジョン・B 1966年3位
 [ Traditional / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

BGM:I Started a Joke
 ジョーク  1969年6位
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビージーズ  Bee Gees
 ※健太さんが初めて買ったビージーズのシングル。

06)How Deep Is Your Love
 愛はきらめきの中に  1977年1位/AC1位
 [ Barry Gibb/Robin Gibb/Maurice Gibb ]
 /ビージーズ  Bee Gees

【それぞれが挫折を味わった曲】
07)Heroes And Villains
 英雄と悪漢 (ライヴ) 
 [ Van Dyke Parks / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※1967年12位

08)Night Fever 
 恋のナイト・フィーヴァー 1978年1位/R&B8位
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビージーズ  Bee Gees

【ブライアン・ウィルソンが一番好きなビージーズの曲】
09)Too Much Heaven
 失われた愛の世界 1978AC4位(1979年1位/R&B10位)
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビージーズ  Bee Gees


以上、遅くなりましたが『スーパーヒッツ・コレクション』テレビ史上初となった(笑)「ビーチ・ボーイズvsビージーズ特集」のエアプレイ・リスト。

共に3兄弟を中心にしたグループではあるものの、全盛期が異なる両者を単純には比較出来ないので、「交互に曲をかけながら、それぞれの持ち味を楽しもう」という感じの趣向はJFN系『扉 -TO VILLA-』木曜日の3月10日深夜2時台と同じでしたが、やはり映像が伴うと「ビージーズの売れすぎて格好悪くなった」部分が一目瞭然(笑)。でもハーモニーは本当に素敵だなと思って、僕も最近、この特集の余韻でビージーズよく聴いてます(ブライアンが一番好きな彼らの曲が「失われた愛の世界」というのも何となく納得)。そして、言われてみれば確かに僕の部屋のレコード・CD棚も、健太さんほどではないにしろ、「B」のコーナーが相当なスペースを占めてるような(^^;)。

それにしても、残念ながら『スーパーヒッツ・コレクション』#10最終回、JFN系『扉 -TO VILLA-』も3月限りで終了とのことで、「4月以降、どこかで健太さんのDJ聴く機会あるんだろうか・・・」と心配してたら、

何と何と、『扉 -TO VILLA-』の後継となるJFN系

新番組『BIG SPECIAL』(深夜1時-4時)で、
4月は毎週木曜日のDJを健太さんが担当
されるというではありませんか!?

何でも、今月は60~80年代のラジオ・ヒッツ特集だそうで、
月曜日から水曜日までの放送は小山ジャネット愛子さんがDJを担当されるとのこと。

3・11以降、気持ちが沈みがちだっただけに、こんなに嬉しいことはありません。

現時点ではまだ番組サイトやアドレスなども発表されてない為、差し当たってまずは健太さんのtwitterへのリプライリクエスト募集受付されてますので、リスナー仲間の皆様も是非是非!(僕も早速リクエストさせて頂きました)。

では最後にRadio Sweetheartより業務連絡。
旧BBSを流用してたRadio Sweetheart Info、どうしてだかエラーが出て書き込めなくなっちゃったので(涙)、以下に引っ越します。

 http://yasuhirockshow-radiosweetheart.blogspot.com/




| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Former Glory

Ron Sexsmith

先週末、Ustreamのライヴ生中継で中村まりさんが歌うロン・セクスミス「Former Glory」を聴いて以来、寝る時にはずっとロン・セクスミスを聴いています(近頃、テレビを見てもラジオを付けても、新聞を広げてもtwitterをチェックしてても、気が滅入ることが多いので、彼の優しい歌声に癒しを求めてるのかも)。

そう言えば「Former Glory」には、「かつての輝き」っていう邦題も付けられてたんですね。実は僕、この曲が収録された『Cobblestone Runway』(2002年)は国内盤ではなくボーナスCD目当てに2枚組仕様のカナダ盤を盤買っちゃったので、長いこと歌詞の素晴らしさを理解しないまま聴き流してました(汗)。今更ながら中古で国内盤も買い直そうかな、なんて(^^;)。

ロング・プレイヤー・レイト・ブルーマーロング・プレイヤー・レイト・ブルーマー
(2011/04/20)
ロン・セクスミス


そんな反省も生かして、ルシンダ・ウィリアムス共々、どのヴァージョンを買おうかと迷ってた新作『Long Player Late Bloomer』は、やはり歌詞対訳が付くであろう4月20日発売予定の国内盤を買うことにします。有難いことに当初3曲収録予定だった日本盤ボーナストラックも5曲に増えたようですし、おまけに発売元のこちらによると大好きな名曲「Speaking With the Angel」アコースティック・ライヴ・パフォーマンスも入ってるみたいですから!(あとボートラはなくとも、LPレコードにも心惹かれるものが。これCDも付いてるでしょうか?)。
 
既にアルバム本編は待ちきれなくてネットで試聴させて頂いたんですけど、どうやら僕の期待が裏切られる心配はなさそう。そしてアルバムと共に興味をそそられるのが昨年秋にバンクーバー映画祭でプレミア上映されたという、ロン・セクスミスを追ったドキュメンタリー映画『Love Shines』。最新作『Long Player Late Bloomer』の制作風景を中心に、彼の音楽キャリアを振り返ったものだそうで、一部映像が公開されてますが、是非日本でも上映をお願いしたいです。 





| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |