Sweetheart Of The Radio

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

サマー・ホリデイ

サマー・ホリデイサマー・ホリデイ
(2005/09/07)
イアン・ゴム


2011年08月15日(月)

そう言えばこの夏まだ聴いてなかったなと
思ってイアン・ゴムの『サマー・ホリデイ』
心和むウィズ・ザ・ウィンド(?)。
健太さんのTBS系ラジオ『サウンド・キャッチ』
今週はニック・ロウ特集で初日は新作から
「スポットライト・ローゼズ」。
パブロック発カントリー行き地味渋路線やっぱ最高!

posted at 16:55:54

更にイアン・ゴムの『ヴィレッジ・ボイス』
『クレイジー・フォー・ユー』の推薦文に片寄明人さん
「僕の15歳の夏休みを象徴するアルバム。
15歳にしてノスタルジックな感情にひたりきって、
彼のメロディーのせつなさに震え、NRBQのカヴァー
に涙した」
と書いておられたの思い出したもので。

posted at 19:31:42

リハビリテーションリハビリテーション
(2009/03/20)
三遊亭円丈


2011年08月16日(火)

TBS系ラジオ『サウンド・キャッチ』のニック・ロウ特集、
本日はベタにBGM「トゥナイト」とソロ唯一の大ヒット
「恋するふたり」。杉さんや松尾さん、佐野さんへの影響や
三遊亭円丈師匠の日本語カヴァーについて言及しても、
円丈師匠のアルバムに自身が参加してることには
触れない慎ましい健太さん(笑)。

posted at 17:01:36

「ラジオから流れて来る歌い手が黒人か白人か
分からないような曲が好きなんだよ。
プレスリーなんて、まさにそうだろ?
僕にとっては、そうゆうものこそポップ・ミュージックなんだ」

と語っていたのは『Dig My Mood』発売時
のニック・ロウさん。
やはり今夜は僕もエルヴィスを聴きたい気分。

posted at 21:17:36

2011年08月17日(水)

TBS系ラジオ『サウンド・キャッチ』のニック・ロウ特集、
本日はBGMがタータン・ホード名義の
「憧れのベイ・シティ・ローラーズ」
で本編はブリンズリー時代の
「ピース・ラヴ・ アンド・アンダースタンディング」。
佐野元春ファンが一瞬あれっと思う曲、
という紹介の仕方が健太さんらしい(笑)。

posted at 16:56:41

ボールド・アズ・ラヴボールド・アズ・ラヴ
(1998/04/25)
ワトキンス


2011年08月20日(土)

昨日『サウンド・キャッチ』のニック・ロウ特集で
かかった新曲「レストレス・フィーリング」聴いて
思ったんですけど、鍵盤奏者ゲラント・ワトキンスさん
ソロCDと相通じるものがあるような。
肉郎さんが「味わい深い”エヴァー・ソウルフル”サウンド」
と推薦文を寄せてましたが、まさにそんな感じ!

posted at 23:23:43

ま、ゲラント・ワトキンスさんの初ソロ
『ワトキンス・ボールド・アズ・ラヴ』にも
ニック・ロウさん参加してるし、
ロバート・トレハンもプロデューサーに名を連ねてるので、
似てて当然ですけど(^^;)。
雨上がりの少し肌寒い晩夏の夜のBGMにもピッタリ。

http://t.co/AhnXWp7
posted at 23:31:22

2011年08月21日(日)

ニック・ロウの「恋するふたり」はイアン・ゴムとの共作
で、元々は幻となったブリンズリー・シュウォーツの
ラストアルバム収録予定曲。
数年前、慰安娯夢さんがこれをCD化しようと
計画するも肉郎さんの猛反対で発売中止。
肉郎さんはこの音源の何が気に入らないんだろう?
僕結構好きなのに(^^;)。

posted at 19:24:49

その幻となったラスト・アルバム、
ブリンズリー版「恋するふたり」も含めて収録曲の一部が
ここで聴けますね。
トミー・ロウやバート・バーンズ&ジェリー・ラガヴォイ作品
の他にも、ビートルズの「Tell Me Why」のカヴァー
などもありました。

http://www.myspace.com/thebrinsleys
posted at 19:25:47


以上、晩夏のパブロック&パブポップ関連ツイート総集編。
例年、晩秋に来るはずのパブロッキンなマイブームが、今年は『サウンド・キャッチ』の特集に加えて気候のせいもあってか、かなり早めに到来。ニック・ロウさんの新作も出たことだし、このまま秋まで続きそうな勢いです(苦笑)。



スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミゾキリ2011

mizokiri mizokiri

2011年06月17日(金)

雨が上がったので急遽予定を前倒しして
午後から田んぼで溝切り。
やっぱりこれが体力的に一番キツイ(@_@)

http://twitpic.com/5coftv
posted at 16:51:26

mizokiri mizokiri

2011年06月18日(土)

田んぼの溝切り、今日は朝から。
雨降って来るまでに終わらせて昼寝したい!

http://twitpic.com/5cz0yc
posted at 07:33:30

うわっ、もう雨降って来た(泣)。
軽トラに緊急避難。

posted at 07:55:21

mizokiri mizokiri

幸い、わりとすぐに雨上がってくれたので
溝切り作業再開。
でも結局、汗と泥にまみれて
全身ズブ濡れボーイズなのでした(-o-;)。

posted at 08:41:17

mizokiri mizokiri

最後は小雨に降られながらも
本日の溝切り作業、何とか終了。
流石にもう疲労困憊セグンド。
あとは飯食ってグッドタイムミュージック
聞きながらお昼寝だ(笑)。

posted at 11:47:25


今年の溝切り作業、twitterで実況ツイートはしてたものの、ブログに載せるの忘れてたので今更ながらですが個人的な記録として。幸い、今年は去年のように暑くはなかったんですけど、でも面積(距離)が昨年より大幅増で流石にクタクタ&ヘトヘト。とくに初日、水分補給のタイミングを1回飛ばしたら次ヘタってなかなか立ち上がれなかったので、あんまりもう体力的に無理は出来ないなと痛感。歩行型じゃなくて、乗用型の溝切り機なら、もう少し楽になるでしょうか?(とはいえ、まだ買い換える予定はありませんが・・・)。

O Brother Where Art Thou?O Brother Where Art Thou?
(2011/08/23)
Soundtrack


ところでズブ濡れボーイズと言えば。映画『オー・ブラザー!』のサントラ盤10周年を機に2枚組デラックス・エディションとしてリイシュー再発されたようですね!まだ買ってないんですけど、ボーナスCDには、映画のために行われたオリジナル・セッション時の録音など全16曲の未発表音源が収録されてるとか。大好きな作品だし、アナログ盤も出てるみたいなので、少なからず心惹かれるものがあります(あと、こんなような関連盤もお手頃な価格だけについついポチっちゃいそう・苦笑)。



そして『オー・ブラザー!』のサントラ同様、T=ボーン・バーネットがプロデュースを手掛けた俳優ジェフ・ブリッジズ新作アルバムも要注目。ロザンヌ・キャッシュも客演してるとのことですし、何よりアメリカン・ロックの王道を行く土臭くて渋いサウンドがいい味出まくってて、これまたたまらん!(トム・ぺティさんの新たなライバル出現か?・笑)。

 http://www.emimusic.jp/artist/jeffbridges/


| Diary | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』木曜日:西海岸サウンド特集

ハイダウェイ[紙ジャケットCD]ハイダウェイ
(2007/07/11)
アメリカ


JFN系『BIG SPECIAL』木曜日
2011年07月28日
25:00-28:00
-Big Summer Special第2弾-
ウェスト・コースト・サウンド特集
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
スペシャルDJ:萩原健太


01)Wham Bam (Shang-A-Lang)
 恋のバンシャガラン  1976年16位
 [ Rick Geils ]
 /シルヴァー Silver 

CM
02)Rain,Oh, Rain
 雨に願いを 1976年76位
 [ Dennis Henson ]
 /フールズ・ゴールド Fools Gold

-CSN&Yに触発されたミニ・スーパーグループ(?)2曲-
03)Let Me Down Easy
 レット・ミー・ダウン・イージー 1976年80位
 [ Craig Fuller/Eric Kaz ]
 /アメリカン・フライヤー American Flyer

04)Slow Dancing
 スロー・ダンシング  1976-77年61位
  [ Jack Tempchin ]
 /ファンキー・キングス Funky Kings

05)More Than Just The Two Of Us
 想い出のスニーカー 1981-82年34位/AC17位
 [ Michael Carey Schneider ]
 /スニーカー Sneaker

CM
- 第1夜~第3夜でかからなかったアサイラム・レコードの作品を -
06)Fallin' In Love
 フォーリン・イン・ラヴ 1974年27位
 [ Richie Furay ]  
 /サウザー、ヒルマン、フューレイ・バンド
 Souther-Hillman-Furay Band

07)Little Bo’s Peep Show
 リトル・ボーのピープ・ショウ  1977年
 [ Tim Moore ]
 /ティム・ムーア Tim Moore

08)Down Where the Valley's Are Low
 ダウン・ホエア・ザ・ヴァリーズ・アー・ロウ 1973年
 [ Judee Sill ]
 /ジュディ・シル Judee Sill

09)San Diego Serenade
  サンディエゴ・セレナーデ 1974年
 [ Tom Waits ]
 /トム・ウェイツ Tom Waits

CM
-もう1曲、アサイラムから-
10)The True One トゥルー・ワン 1974年
 [ Gene Clark ]
 /ジーン・クラーク Gene Clark

-1時台の締めはこの曲で-
11)Peaceful, Easy Feeling
 ピースフル・イージー・フィーリング 1978年
 [ Jack Tempchin ]
 /ジャック・テンプチン Jack Tempchin
 ※イーグルス(Eagles-1972年)

CM
AM2:00

-2時台前半はイーストLAに着目!-
12)Tell Her She’s Lovely  
 テル・ハー・シーズ・ラヴリー 1973年40位/R&B98位
 [ David Batteau ]
 /エル・チカーノ El Chicano 

CM
13)Someday We'll Get By
 サムデイ・ウィル・ゲット・バイ 1973年
 [ C.Escovedo,T.Harrell & E.Knowles ]
 /アステカ Azteca

14)Why Cant We Be Friends
 仲間よ目をさませ! 1975年6位/R&B9位
 [ Thomas Allen/Harold Brown/B.B. Dickerson
 /Jerry Goldstein/Lonnie Jordan/Charles Miller
 /Lee Oskar/Howard Scott ]
  
 /ウォー WAR

15)Suavecito
 スアベシート 1972年18位
 [ Richard Bean/Pablo Tellez/Abel Zarate ]
 /マロ Malo

16)Together
 トゥゲザー 1981年18位
 [ Kenny Gamble/Leon Huff ] 
 /ティエラ Tierra
 ※イントゥルーダーズ(The Intruders-1967年48位/R&B9位)

CM
-2時台後半はベイエリア・ファンク!-
17)My Lady Woman
 マイ・レディ・ウーマン 1972年
 [ Danny Hull/Cecil Stoltie ]
 /コールド・ブラッド Cold Blood

18)Your Love ユア・ラヴ 1975年38位
 [ Larry Graham ]
 /グラハム・セントラル・ステーション 
  Graham Central Station

19)What Is Hip?
 ホワット・イズ・ヒップ 1974年91位/R&B39位
 [ Emilio Castillo/David Garibaldi/Stephen Kupka ]
 /タワー・オブ・パワー
 Tower Of Power

CM
- イーストLAのラテン・ロックとベイエリア・ファンクの合体-
20)Everybody's Everything
 新しい世界 1971年12位/R&B39位
 [ Milton Brown/Danny Joe Brown/Teddy Moss/Carlos Santana ]
 /サンタナ Santana
 ※タワー・オブ・パワーのホーン・セクション参加!

-2時台の最後はこの曲で-
~ベイエリア・ファンクの元祖

21)I Ain't Got Nobody (For Real)  
  アイ・エイント・ガット・ノーバディ 1968年 
 [ Sylvester Stewart ]
 /スライ&ザ・ファミリー・ストーン
  Sly & The Family Stone
 ※ローカル・デビュー曲

CM
AM3:00

-3時台はこの曲でスタート!-
22)Get Together       
 ゲット・トゥゲザー 1969年5位/1967年62位
 [ Chester Powers ]
 /ヤングブラッズ The Youngbloods
 ※東海岸出身ではあれど、のちに西海岸で活躍。加えて、象徴的な曲ということで。

CM
-第1夜から第3夜の補習- 
~1960年代のサンフランシスコに焦点をあてて

23)Somebody To Love
 あなただけを 1967年5位
 [ Darby Slick/Grace Slick ]
 /ジェファーソン・エアプレイン Jefferson Airplane

24)Omaha オマハ 1967年88位
 [ Skip Spence ]
 /モビー・グレイプ Moby Grape
 
25)The Golden Road (To Unlimited Devotion) 
 ゴールデン・ロード  1967年
 [ Jerry Garcia ]
 /グレイトフル・デッド Grateful Dead

26)Light Your Windows
 ライト・ユア・ウィンドウ 1968年
 [ Gary Duncan / David Freiberg ]
 /クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス
 Quicksilver Messenger Service

27)The Joker ジョーカー 1973-74年1位
 [ Eddie Curtis / Ahmet Ertegun / Steve Miller ]
 /スティーヴ・ミラー・バンド Steve Miller Band

28)Canned Music
 キャンド・ミュージック  1971年
 [ Dan Hicks ]
 /ダン・ヒックス&ヒズ・ホット・リックス
 Dan Hicks & His Hot Licks

CM
- サンシャイン・ポップをもう少し手厚く保護-
~1967-68年頃のLA

29)Montage From How Sweet It Is (I Know That You Know)
 モンタージュ・フロム・ハウ・スウィート・イット・イズ 1968年
 [ Jimmy Webb ]
 /ラヴ・ジェネレーション Love Generation

30)Back on the Street Again
 花咲くカリフォルニア  1967年36位
 [ Steve Gillette ]
 /サンシャイン・カンパニー 
 Sunshine Company 

31)Yellow Balloon
 イエロー・バルーン 1967年25位
 [ Gary Zekley / Dick St.John / Jay Lee ]
 /イエロー・バルーン Yellow Balloon

32)It's A Happening Thing 1967年93位
 [ Alan Brackett ]
 /ピーナッツ・バター・コンスピラシー
  Peanut Butter Conspiracy

33)My World Fell Down
 マイ・ワールド・フェル・ダウン 1967年70位
 [ John Carter/Dick St.John/Jay Lee ]
 /サジタリアス Sagittarius

CM
- 最後はダン・ピークの追悼に-
34)Today's The Day
 今日がその日
 1976年5位/AC1位
 [ Dan Peek ] 
  /アメリカ America 


以上、JFN系『BIG SPECIAL』木曜日2011年07月28日深夜放送のエアプレイ・リスト。当日、こちらにてリアルタイムで大体作成済みだったので、油断してすっかり遅くなっちゃいましたが、やはり一応このブログにも蓄積(勿論、追々またサイト本体のJFNページに収蔵予定)。

正直、「ウェスト・コースト・サウンド」って何だか漠然としたテーマだなと思ってたら、案の定、第1夜から第3夜までは健太さんもおっしゃってたように”ぼんやり”とした選曲で、僕もモヤモヤしてたところ、最終夜に健太さんがバシッと穴埋めして下さったので、お陰でスカッと気が晴れました。とくに2時台前半のラテン・ロック特集と、それに続く2時台後半のベイエリア・ファンク特集がゴキゲンかつ痛快な選曲で俄然ヒートアップ!NHK-FM『ポップス・グラフィティ』時代の「暑い時には熱いお茶特集」「ブラウン・アイド・ソウル特集」(そっか、最近は「ブラウン・アイド・ソウル」というと韓流の男性グループの方なんだ・・・)、更には『ミュージック・プラザ第2部』時代に竹村淳さんの代打で火曜日を担当された「ラテン風味の曲特集」の熱気がグワッと蘇って来ましたよ!?やっぱり「暑い時には熱いお茶」ですね(^^)。

尚、(他にも何人かいらっしゃいましたが)僕がダン・ピークの追悼リクエストをお願いしたのは、第2夜の3時台でアメリカ「名前のない馬」がかかったものの、彼の訃報には触れて頂けなかったからなんですけど、でも健太さんもその時オンエア聴いてらして、すぐにダン・ピークのこと、番組宛てにメール送られてたんですね(翌日の放送で知りました)。もしかしたらもう、健太さんは忘れてるかもですが、アメリカ「今日がその日」を聴くと『ポップス・グラフィティ』時代に健太さんがリクエスト葉書を全部家に忘れて来ちゃった1997年のお誕生日の放送を思い出します(笑)。

では最後に念の為、確認。早いもので健太さんの次回登板はいよいよ今週8月26日(木)深夜放送のお馴染み、ラジオヒッツ&リクエスト・スペシャルリクエストはお早めに!



| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続々「ガンダムワールド2011」大阪

gundam

続「ガンダムワールド2011」大阪の続き、というか蛇足【Part-3】

gundam

実物大ガンダム胸像をはじめとする歴代ガンダムの立像コクピット以外にもいろいろと見所あったんですが、個人的に感慨深かったのはプラモ&玩具などの変遷が一目瞭然の展示コーナー(この辺のガンプラ、僕も小学生の頃作ってたので懐かしい!)。

gundam

そして、あらためてガンプラの進化にビックリ。最近のは可動域も広くて、
ホント良く出来てますね。

gundam gundam

更にガンプラてんこ盛り巨大ジオラマ展示迫力のあること!?

gundam gundam

第1話『ガンダム大地に立つ』の名場面も1/10サイズで再現。

gundam

その他『Zガンダム』『逆襲のシャア』00シリーズのジオラマなどもありました。

最後に軽い気持ちでクイズ・コーナーにも挑戦してみたところ、間違えまくりでシャアに怒られまくり(苦笑)。もう一度しっかり勉強し直すとします!

gundam gundam

ちなみにこれは自分自身へのお土産。この前、『タモリ倶楽部』のヴィンテージB級プラモ特集見て、無性にプラモ作りたい気分になってたので、イベント会場などでしか買えない再生材を使用したエコプラを買ってみた次第(昨年、静岡ガンダムを観に行った時は荷物になるからと諦めたんですが、一年越しでこんな機会に恵まれるとは。しかもお土産コーナーのガンダム・ショップ、結構広くてオリジナルTシャツもあったりと、充実してましたよ!)。何故ガンキャノン(800円)を選んだかというと、黒いエコプラだとキャノンの重厚感がいい具合にハマってるんじゃないかと思って。
お盆には完成してる予定だったんですけど、結局まだ手つかずです(^^;)。

Ray Of Hope (初回限定盤)Ray Of Hope
(初回限定盤)

(2011/08/10)
山下達郎


そうそう、プラモといえば、@ぴあ山下達郎100Q(100問突撃!インタビュー)を拝読すると、達郎さんもプラモ作りでご苦労されてるみたいですね(プラモだけでなく、オールディーズラジオレコードオーディオの話等々、もっと詳しく伺いたいところ。成程、竹内まりやさんって、もろ達郎さんの好きな女性のタイプだったんですね!!昨日の『サンデーソングブック』の納涼夫婦放談パート①竹内まりやwith BOXの新録ビートルズ・カヴァーがなくてちょっぴり残念でした・・・)。

 http://www.pia.co.jp/interview/198/index.php

P.S.ひらパーで是非『ガンダム菊人形』やって下さい(笑)。



| LIVE/EVENT | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hey! Bo Diddley

GRETSCH

2011年08月18日(木)

今日、友達が何気にくれたグレッチのギター・フィギュアが、
今になってまさかのシークレット=ボ・ディドリー・モデル
の四角いギター
で感謝感激ロック!?
やはり近日中にレコスケくんフィギュアに持たせて
記念撮影をする予定(笑)。

http://t.co/mU5TDDQ
posted at 22:57:37

GRETSCH GRETSCH

2011年08月19日(金)

今になってようやく巡り合えたグレッチの
ギターフィギュア第1弾シリーズのシークレット
=ボ・ディドリー・モデルの四角いギター、
レコスケくんに持たせるの結構難しい(^^;)。

http://t.co/iXD4O6L
posted at 21:53:29

GRETSCH GRETSCH
 
ボ・ディドリー・モデルの四角いギターフィギュア、
レコガールにも持たせてみました(こちらはわりとすんなり。
でもやっぱレコスケくんの方が似合うわ!)。

http://t.co/ymVEF4s
posted at 22:00:50

Bo's BluesBo's Blues
(1993/09/24)
Bo Diddley



という訳で、【今月の収穫】恒例のシリーズ。
たとえフィギュアであろう、この四角いギターを見るだけで条件反射のように脳内でボ・ディドリー・ビートがズンズンと鳴り出すのは僕だけでしょうか?発売元公式サイトの商品ページ「封入率は内緒ですが、弊社商品の中では厳し目なので当たった方は自慢してください」と記載されてましたので、早速プチ自慢(?)させて頂きました(^^)。



| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!』最終回放送決定!

亀渕昭信のロックンロール伝~16歳の僕はドーナツ盤に恋をした亀渕昭信のロックンロール伝
~16歳の僕はドーナツ盤に恋をした

(2011/08/10)
オムニバス


先週、twitterで教えて頂いたんですが(御親切に有難うございます・感謝)、東日本大震災の影響で放送中止になっていた『亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!』の最終回が、何と今週末、8月20日(土)16時05分からのNHKラジオ第1『とっておきラジオ』で放送されるとのこと!

 http://www.nhk.or.jp/r1/totteoki/

あの時は事情が事情だったとはいえ、最終回がお蔵入りになってしまったのは本当に悲しくて、正直NHKラジオ第1さんの冷たい仕打ちをちょっと恨めしく思ったりもしたんですけど(^^;)、ともあれ、どんな形でもいいからずっと聴きたいと心の奥底から願ってただけに、ようやくそれが叶いそうで有難い限り。残念ながら既に番組HPサイト番組ブログもネット上から姿を消してしまいましたが、当ブログでは亀渕さん渾身の選曲による番組のエアプレイ・リスト全記録をしっかりアーカイブさせて頂いてますから!!そしてこれからも可能な限りずっと大切に保持していきますから!!!(少なくとも自ら削除するような真似はしない所存です)。

ちなみにあわや幻となるところだった最終回のエアプレイ・リストこちらに記録済みなので、そんなものオンエア前に知りたくないという方は放送終了後まで見ないで下さい(スイマセン・苦笑)。ただ最終回では第1回放送以来となる大瀧詠一さんからのリクエストもかかるようですから、洋楽オールディーズ・ファンは勿論、ナイアガラーも要チェック!(亀渕さんも『にっぽん全国ラジオめぐり』公式HP内の「カメのひとりごと」で告知して下さってますね)。

 http://www.nhk.or.jp/kame/soliloquy/003.html

繰り返しになっちゃいますが、やはり震災の余波によりNHK-FM『今日は一日“大滝詠一三昧”』では実現しなかった大滝さんとカメさんのロケンロールでナイアガラなポップス対談も、そのうちまたNHKのラジオで是非!それが『いくつになってもロケンロール!』復活特番とかだったら尚嬉しいんだけどなぁ(^^)。NHKのラジオもいよいよ9月1日からネット配信開始されるようですし、益々魅力ある放送を期待したところです。



| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pray For Japan

candlenight candle
 
2011年06月08日(水)

1000000人のキャンドルナイト西梅田ナイト、
昨年に続いて参加。
今年はやはり鎮魂の灯火。

さっきCandle JUNEさんと遭遇!?

http://twitpic.com/58mcxh
posted at 19:40:50

pray for japan pray for japan

という訳ですっかり後回しにしておりました6月08日の行動記録シリーズ
「Dr.Yellow」「万博カフェ再訪」「Osaka Station City Pop」
「トンネルぬけて」の続き【Part-5】

pray for japan pray for japan pray for japan

candle night candle night candle

candke night candle night candle night

まず今回、僕が驚いたのは、昨年よりも大幅に増えた来場者の多さ。加えて、会場に到着したのが開演間際と少々出遅れてしまい、場所取りに失敗したこともあり(駅ビルの地下街でのんびり讃岐うどん食べてる場合じゃなかった・苦笑)、ずっと立ち通しの上、周囲がやけに騒がしくて、残念ながら「ライヴをゆっくり楽しむ」という気分にはなれず、集中力も保てず。おまけに、時間が随分押してたので、ボニーピンクのライヴの途中、22時前に「ナミナミ」の途中で家路に付くことに・・・(何でも、最後に出演者全員で「Daydream Believer」をセッションしたらしいですね。ザ・タイマーズの日本語カヴァー・ヴァージョン?)。

リクオ&ピアノリクオ&ピアノ
(2010/01/20)
リクオ


しかしそんな中、今年もまたリクオさんが忌野清志郎さんと共作した名曲「胸が痛いよ」が聴けて感激。あと、冒頭に披露された「テレビもない、お金もない、ユニクロもない・・・」というフレーズで始まる歌は新曲でしょうか?(静かにじわじわと引き込まれ、考えさせられるものがありました)。勿論、他の曲も悪くなかったんですけど、ただ、昨年と同じ編成で「ソウル」「アイノウタ」などセットリスト似通ってたもので(^^;)。

とにかく、昨年のようにライヴを満喫と迄いかずとも、今年は東日本大震災の復興支援チャリティ・イベントということもあり、ほんの僅かばかりながら義援金にも協力出来たので、決して無駄足ではありませんでした。

「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY」
Twinkle Love-Live:西梅田ナイト
日時:2011年6月08日(水)
会場:西梅田公園
http://www.candle-night-osaka.jp/



【1stステージ:タテタカコ】
19:02-19:42

【2ndステージ:カジヒデキ】
19:53-20:31
01)パッション・フルーツ
02)MR.SWEDEN
03)GREEN ROAD
04)ポニーテールの頃
05)水
06)亜熱帯ガール
07)WHITE SHOES
 ※JACCSカードpresents『あなたの夢に応援歌』
08)甘い恋人
09ラ・ブーム〜だってMY BOOM IS ME〜(with RIKUO)

【3rdステージ:RIKUO withストリングス】
20:33-21:16
チェロ:橋本歩
ヴァイオリン:阿部美緒
01)素敵なバカンス(新曲)
02)美しい暮らし
03)ソウル
04)胸が痛いよ
05)パラダイス
06)アイノウタ

【4thステージ:BONNIE PINK】
21:21-
キーボード:奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)
01)Over the Rainbow(虹の彼方に)(with RIKUO)
02)Many Moons Ago
03)Wildflower
04)ナミナミ
05)The Sun Will Rise Again
06)流れ星


では最後にグリムス(gremz)の観察日記。

gremz620gremz621622
623624625
626627628
629630701
702703704
705706

今年は6月23日から7月06日までがキャンドルナイト仕様
お陰様で9本目も順調に育ってくれてます!



| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』#09

闇のアルバム 2闇のアルバム 2
(2011/08/31)
楳図かずお


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』第9回
~「夏だ! お化けだ!! パンクの日!!!」
2011年08月09日(火)19:00-21:00
DJ:安田謙一
ゲスト(録音):グレン・マトロック


【夜の始球式】
01)Summertime, Summertime
  サマータイム・サマータイム 1958年26位/1962年38位
 [ Sherman Feller / Tom Jameson ]
 /ジェイミーズ The Jamies

【次も夏の曲を】
02)プールサイド 1978年
 [ 作詞:来生えつこ / 作曲:南佳孝 / 編曲:坂本龍一 ]
 /南佳孝

- プールつながりで -
03)Cool in the Pool
 クール・イン・ザ・プール 1980年
 [ Holger Czukay ]
 /ホルガー・シューカイ Holger Czukay 
  ホルガー・チューカイ

【更にベタベタな夏の曲を・・・】
04)The Theme From "A Summer Place
 夏の日の恋 ‘83
 [ Mack Discant / Max Steiner ]
 /エディ・タンタン・ソーントン Eddie "Tan Tan" Thornton
 エディ”タンタン”ソーントン

- 「夏の日の恋」つながりで-
05)I've Never Found A Girl
 アイヴ・ネヴァー・ファウンド・ア・ガール 1999年
 [ Eddie Floyd/Alvertis Isbell/Booker T. Jones ]
 /アレックス・チルトン Alex Chilton
 ※エディ・フロイド(1968年40位/R&B2位) 
 ※アレックス・ヴァージョンでは エンディングに「夏の日の恋」のメロディを挿入。

【8月9日はパンクの日】
-曲名が英国の有名な音楽番組つながり-
06)Ready Steady Go
 レディ・ステディ・ゴー 1978年
 [ Billy Idol / Tony James ]
 /ジェネレーションX  Generation X

07)Top of the Pops 
 トップ・オブ・ザ・ポップス 1978年
 [ John Callis ]
 /レジロス The Rezillos

【世界のピンチヒッター】
~パンクの日ということで、元セックス・ピストルズのグレン・マトロックさんの
インタビューをお届け。その前に1曲

08)Hard Work  ハード・ワーク 2010年
 /グレン・マトロック Glen Matlock & The Philistines

【世界のピンチヒッター】
インタビュー(録音):元セックス・ピストルズのグレン・マトロック×安田謙一!
~インタビュー後のツーショット
 http://lockerz.com/s/128006834

【グレン・グレン・マトロックさんが選ぶパンク3曲】
09)Blank Generation
 ブランク・ジェネレーション 1977年
 [ Richard Hell ]
 /リチャード・ヘル&ザ・ヴァイドイズ
 Richard Hell & The Voidoids

10)Anarchy in the U.K.
 アナーキー・イン・ザ・UK 1977
 [ Paul Cook / Steve Jones / Glen Matlock / Johnny Rotten ]
 /セックス・ピストルズ Sex Pistols 

11)You Really Got Me
 ユー・リアリー・ゴット・ミー 1964年7位(UK1位)
 [ Ray Davis ]
 /キンクス The Kinks

【夜の3連発!】
12)Blitzkrieg Bop 電撃バップ  2011年
 [ Ramones ]
 /少年ナイフ Shonen Knife

13)Blitzkrieg Bop 電撃バップ  2000年
 ブリッツクリーグ・ボップ
 [ Ramones ]
 /ラモンチャーズ The Ramonetures

14)Blitzkrieg Bop 電撃バップ 1999年  
 ブリッツクリーグ・ボップ   
 [ Ramones ]
 /ナトリー・ブラス The Nutley Brass

-20:00-
【夜のラッキー7】
~楳図かずお特集! 36年ぶりのアルバム『闇のアルバム 2』から。
ほぼ全曲、楳図かずおさんご自身による作詞・作曲!
ライナーノーツは安田謙一さん!!

15)チキンジョージ 2011年
 [ 作詞・作曲:楳図かずお ]
 /楳図かずお

16)黒い色  2011年
 [ 作詞・作曲:楳図かずお ]
 /楳図かずお

17)14歳  2011年
 [ 作詞・作曲:楳図かずお ]
 /楳図かずお

- 乗りかかった船特集?-  
【作詞家・楳図かずおの世界】

~オススメ参考図書:『楳図かずお』 (文藝別冊 KAWADE夢ムック)
18)ああ、レディーハリケーン 1979年
 [ 作詞:楳図かずお / 作曲:近田春夫 / 編曲:矢野誠 ]
/近田春夫&BEEF

19)ねどこ  1976年
 [ 作詞:楳図かずお / 作・編曲:川口 真 ]
 /内田あかり

20)寒い夜明け  1976年(オリコン5位)
 [ 作詞:楳図かずお / 作・編曲:筒美京平 ]
 /郷ひろみ

【更におばけ】
~実写ドラマ化記念?
 
21)妖怪人間ベム 1968年  
  [ 作詞:第一動画 / 作・編曲:田中正史 ]
 /ハニー・ナイツ

【おばけ その②】
22)レツゴーゆうれいちゃん
 [ 作詞:レツゴー正児 / 作・編曲:田中正史 ]  
 /レツゴー3匹
 
【小松左京さん追悼】
23)空中都市008 1969年
  [ 作詞:高垣葵 / 作・編曲:冨田勲 ]
 /中山千夏

【夜のJ-POP★フライ】
24)Limited addiction 2011年
 [ 作詞:鈴木静那 / 作曲:大西克巳 / 編曲:松井寛 ]
 /東京女子流

25)サマー・アンセム feat. 小野瀬雅生(CRAZY KEN BAND) 2011年
 [ 作詞:Mummy-D、宇多丸 / 作曲:Mr. Drunk、小野瀬雅生 ]
 / ライムスター RHYMESTER

【そうだ!ももクロを聴こう!!】
26)ももクロのニッポン万歳! 2011年 
 [ 作詞・作曲:前山田健一 ]
 /ももいろクローバーZ

- ももクロに続いては… - 
27)Gomen Nasai (Forgive Me)
 ゴメンナサイ 1953年
 [ Raymond Hattori / Dr.Benedict Mayers ]
 /スリム・ゲイラード Slim Gaillard
 ※レイモンド服部(服部逸郎)さん作曲。

【夜のヒーロー・インタビュー】 
~次回放送は9月13日の1時間ヴァージョン。 残りあと2回・・・。

【夜のファンサービス】
~京阪神エルマガジン社発行の
『神戸本』 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊)
を10名の方にプレゼント!!!
daida@jocr.jp、またはFAX 078-361-0005まで。
件名に「神戸本」と書いて送ってください。 
お名前、住所、郵便番号お忘れなく!!!!


- ラストは… - 
28)涙のアベニュー 1980年(オリコン16位)
 [ 桑田佳祐 ]
 /サザンオールスターズ


以上、安田謙一さんDJによる『夜のピンチヒッター』第9回放送のエアプレイ・リスト。今回も復習を兼ねてわかる範囲で作成&アーカイブ(過去放送分の曲目リストについては「Yasudaida」カテゴリーよりどうぞ)。

待ちに待った1ヵ月ぶりの放送日は8月09日=「パンクの日」ということもあり(尚且つ「野球の日」でもあったそうで!)、番組前半のパンク・コーナーでは愉快痛快な選曲に加えグレン・マトロックのインタビューもあって興味深かったですが(確かに、今は亡きロニー・レインの代わりにフェイセスのベーシストとして来日してた彼は「世界のピンチヒッター」と呼ぶに相応しく、番組ゲストにも打ってつけ!)、でも個人的には特集コーナーで聞いた楳図かずお先生の歌声や歌心にパンク・ロック以上のパンク精神のようなものを感じ、よりいっそう強い衝撃を受けました!?(漫画家だけでなく、シンガーソングライターとしても恐るべき才能の持ち主でいらっしゃったんですね。描き下ろしによるジャケットのアートワーク共々、これは益々傑作の予感)。

そして「おばけ」つながりで「妖怪人間ベム」主題歌のセンスの良さを再確認すると共に、続くレツゴー3匹「レツゴーゆうれいちゃん」にもすっかり魅了され、にわかに作者の田中正史さんが気になり出して調べてみたところ、何と「サスケ」「アップダウンクイズ」、あとNHK『みんなのうた』タモリさんが歌ってた「ミスターシンセサイザー」も田中正史さんの作曲だと知ってビックリ仰天!!(早速、蒐集欲も沸々と・苦笑)。これまたいいものを教えて頂けて、ホント安田さんに感謝感謝です。

それにしても、「パンクの日」に大きく報じられていたのがイギリスでの暴動だなんて、まったく洒落にならないというか・・・。放送終了後、アレックス・チルトン「アイヴ・ネヴァー・ファウンド・ア・ガール」と、その前に何故か(?)ちらっと流れた「April In Paris」のギターの響きが妙に耳に残ってた僕は『ルーズ・シューズ・アンド・タイト・プッシー』(国内盤の解説は萩原健太さん)を聴きながら、パンク川柳一色となったPC画面を横目にテレビのニュースを眺めてました・・・。


【追記】自力ではわからなかったレツゴー3匹東京女子流の作者クレジット、安田さんが教えて下さいました(有難うございました!!!)。

| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続「ガンダムワールド2011」大阪

gundam gundam

という訳で前回に続きまして関西過去最大級らしいひらかたパーク
「ガンダムワールド2011」について。

gundam

やはり僕にとってのガンダムはあくまでも最初の『機動戦士ガンダム』(RX-78-2)
なんですけど、会場にはそのほか大小さまざまな歴代ガンダムも勢揃い。

Z Gundam Z Gundam
 
まず注目すべきはZガンダム。ご覧の通りこれまたコクピット(リニアシート)が再現!
勿論、僕も搭乗して、ちゃっかり記念撮影させて頂きましたとも
(憧れの全天周囲モニターがないのは少々淋しいですが、そこは妄想で補充・笑)。

gundam

『逆襲のシャア』の頃は既にガンダムから遠ざかっていて(主題歌も苦手でした)、公開当時劇場に足を運ぶこともなく、随分後になってからテレビで観たので、νガンダムの格好良さ、デザインの秀逸さに気付いたのはわりと近年のことでして(^^;)。

gundam gundam

従ってそれ以降、とくにこの辺りのガンダムはあんまりよく知らないんですけど(スイマセン・汗)、それでも最近になってシド・ミードがメカニックデザインを手掛けた∀ガンダムの造形に妙に心惹かれるものがあり、秘かに中古フィギュア探してたり(スピーカーの上に飾りたい!)。

gundam gundam gundam

そして逆に『00』シリーズになるとまたわかってくるという(苦笑)。

gundam gundam

しかし歴代ガンダムの中でも、ひときわ存在感を放っていたのはデストロイモード炸裂ユニコーンガンダム。何でもUC公式サイトによると11月12日からepisode 4「重力の井戸の底で」が全国12館でイベント上映されるとか(MOVIX京都も11月12日から11月25日までの2週間。とりあえずメモ)。

gundam gundam

あと、グッズ売り場(ここはガンダムワールドの入館料500円なくても入れます)には10月からスタートする新作TVシリーズ『機動戦士ガンダムAGE』のフィギュアも展示されてました。

ドント・クライ・ナウドント・クライ・ナウ
(2011/02/23)
リンダ・ロンシュタット


では、最後にまたまたAGEつながりでNHK-FMの特番『伝説のロック・ライブ~未発表音源でつづるRock Of Ages』の話題。本日放送の第3夜ジャクソン・ブラウンイーグルスリンダ・ロンシュタット西海岸サウンド特集といった趣向でしょうか。なかでも個人的には「ウィリン」「ならず者」「ラヴ・ハズ・ノー・プライド」など1973年から1975年頃にかけてのライヴ音源と思しきリンダ珠玉の5曲が楽しみ!更に明日8月11日第4夜エルトン・ジョンビリー・ジョエルJTSSW特集らしく、JT6曲の中にはキャロル・キングとのデュエットも!?(『カーネギー・ホール・コンサート』と同時期の70年代前半頃の録音とか?何にしても興味深いです)。

- Part3につづく -


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ガンダムワールド2011」大阪

gundam

2011年08月05日(金)

ガンダムワールド2011に見参。
ひらかたパーク、子供の頃に家族で
菊人形見に来て以来です(^-^;)。

http://twitpic.com/614vbx
posted at 14:47:37

gundam gundam

ガンダムのコクピット。
すごい、5倍のゲインだ!
(って、何に対しての5倍なんだろう?・笑)。

http://twitpic.com/6151n7
posted at 15:03:36

gundam gundam
 
実物大のシャア専用ザク頭。
モノアイが点灯して左右に動くようになってました。

http://twitpic.com/615r9a
posted at 16:12:10


gundam gundam
 
以上、まずはTwitterより当日の実況を抜粋してほんの序章ってことで。
2005年夏に大阪・天保山のサントリーミュージアムで開催されたアート展を機に再燃した僕のガンダム熱、昨年夏にガンダム立像見たさに足を運んだ静岡ホビーフェアを経て、益々メラメラ阿修羅と燃え上がる一方。今年もやっぱり”ガンダムの夏”到来です!?

ロック・オブ・エイジズロック・オブ・エイジズ
(2008/12/10)
ザ・バンド、ボブ・ディラン他



ところで最後に話は変わって。いよいよ今週から始まるNHK-FM夏の特番『伝説のロック・ライブ~未発表音源でつづるRock Of Ages』、どうやら今回は健太さんのDJではないようですが(残念)、第1夜ボブ・ディラン&ザ・バンド2曲にニール・ヤング&ボブ・ディラン5曲(!)と、さながらディラン特集って感じですね。

 http://t.co/S3QyBqB

お土産に買って来たガンプラでも作りながら拝聴するとします(未発表ライヴ音源特番の『Rock Of Ages』もさることながら、10月からスタートする新作TVアニメ『機動戦士ガンダムAGE』も気になる・苦笑)。

- Part2につづく -


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Newport Folk Festival 2011

Carolina Chocolate Drops/Luminescent OCarolina Chocolate Drops
/Luminescent O

(2011/01/25)
Carolina Chocolate Drops


2011年08月01日(月)

米NPRでニューポート・フォークフェス三昧。
ランブリン・ジャック・エリオット以外にも
ディセンバリスツフリーランス・ホエールズ
シークレット・シスターズ
Carolina Chocolate Drops
ダウンロード出来るようになってる!
これは有難い!!

http://t.co/OpfVtE2
posted at 21:20:12

Hard BargainHard Bargain
(2011/05/02)
Emmylou Harris


2011年08月02日(火)

昨日の続き。
米NPRのニューポート・フォークフェス2011特設ページ
メイヴィス・ステイプルズ(58分)
エミルー・ハリス(1時間39分)
の演奏もダウンロード出来るようになりましたね!

http://t.co/OpfVtE2
posted at 19:43:40

2011年08月03日(水)

相変わらずNPRで
ニューポート・フォークフェス2011情報探ってるんですが。
アメリカにも顔ハメ看板あるんですね(笑)。

http://t.co/wIkdNlG
posted at 22:34:50


てな感じで、今週はTULIPマイブームと共に、ニューポート・フォークフェスにどっぷり。
残念ながら大震災原発事故の影響で来日中止になってしまったランブリン・ジャック・エリオットの演奏を、それも伝統ある音楽フェスの雰囲気をまさかこうゆう形で疑似体験出来ちゃうとは!?(「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」「おやすみアイリーン」など、どれも味わい深いこと。磔磔で生歌聴きたかったなぁ・・・)。その他、マムフォード&サンズに続く存在として期待されてるらしいThe Head & The Heart佐野元春さんも『MRS』で紹介してたエイモス・リー(2曲目で「Flower」やってますね!)のライヴ演奏なんかも聴くことが出来て感謝感激(おかげで益々興味が増しました)。それだけにギリアン・ウェルチワンダ・ジャクソンの演奏だけダウンロード出来ないというのが少々歯がゆいんですけど、やはり権利関係とか何か大人の事情があるんでしょうかね(^^;)。

kaohame2011

では最後に、近頃すっかり停滞しちゃってる(汗)『顔ハメ探訪ファイル』2011
通算No.55道の駅草津に今年新しくお目見えしたたび丸くんとあおばなちゃんの顔ハメ。それに伴い、どうやらファイルNo.11ビワコオオナマズの旧顔ハメ看板はお役御免となったようです(お疲れ様でした)。


| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『All Because Of You Guys』

reco

2011年07月22日(金)

某古本屋がレコード取扱い終了(残念!)により
全部一枚百円処分セール
とりあえず目が合ったの(?)10枚ほど救出してきました。

http://twitpic.com/5tx7pd
posted at 19:20:28

レコード処分セール、
ビートルズの赤盤・青盤、ウィングスの3枚組USAライヴ
(いずれも帯なし国内盤)も全部百円
(ピクチャーレコード+CD3枚の『トラットリア・メニュー100』
もあったけど、あれも百円だったのかぁ?)。
転売したら案外高く売れたりして(^^;)。

posted at 19:31:10


そんな訳で空振りに終わったドライヴついでのレコ漁りから一週間後に、思いがけずこのような収穫に恵まれようとは(^O^)/。正直、音源的には既に持っているものが大半ではあるものの、一枚百円ならばどれも買って損はなさそうなものばかり。

ALL BECAUSE OF YOU GUYSALL BECAUSE OF YOU GUYS
(2008/07/02)
TULIP


なかでもTULIPによるビートルズ・カヴァー集『すべて君たちのせいさ~ビートルズがいっぱい』のLPは学生時代に借りパクされて以来となる、嬉しい再会。しかも帯付き美品が100円ですから尚更感激もひとしお!?(唯一のジョージ・カヴァーにしてイントロでシタ―ルがビヨンビヨン鳴ってる「I Need You」、久し振りにレコードで聴いて涙チョチョ切れました)。

tulip

お陰でここに来てまたちょっとしたTULIPマイブームが到来中。やはり僕が音楽莫迦になっちゃったのはビートルズの影響も大ですけど、それと同じくらい、いやもしかしたらそれ以上にTULIPのせいでもありますしね(苦笑)。だってほら、ビートルズは勿論、最愛のバッドフィンガーパイロット、更に杉真理さんや松尾清憲さんも僕の中では全部TULIPを介して繋がってるようなもんですし!!

それにしても『ライヴ! アクト チューリップ』なんかもあらためて聴いてみると甘酸っぱいポップな楽曲の中で安部さんのギターがラウドギンギン唸りまくってて、惚れ惚れするくらいカッコいいこと(バンドのグルーヴも少々荒削りながらロックなグルーヴみなぎってるので、スタジオ録音盤とはひと味違う魅力ありますね)。

果たして来週『夜のピンチヒッター』TULIP特集、あるんでしょうか?とにかく来週であれ来月であれ、今からしっかり予習してオンエアに臨む所存。安田さんのことだからまず『ひるの歌謡曲』みたいな普通の選曲にはならないでしょうし(笑)どうゆう角度からTULIPにスポットを当てて下さるか、ホント楽しみ!!!



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「逢ったとたんに一目惚れ」

misdo misdo

2011年07月16日(土)

ちょっとだけレコ漁りするも収穫なしだったので
ミスドでテディパン祭り(笑)。

http://twitpic.com/5qy6rm
posted at 17:25:58
 

そんなこんなで、何だか食べてばっかですが(苦笑)、
「レイクサイド・ストーリー」2011「Ice Pan」のつづき【パート3】

エンゼルテディパンくまホワイトくま抹茶、口の形が何パターンかあって1個1個、微妙に表情が違うんですね!

misdo

実はこの冬にも誕生日祝いエンゼルテディパン頂いたんですけど(感謝)、その時のは口の形全部一緒だったので気付きませんでした。


Dore Story: Postcard from East Los Angeles 1958-64Dore Story:
Postcard from
East Los Angeles 1958-64

(2011/09/06)
Various Artists



ところでテディといえば。フィル・スペクター率いるテディ・ベアーズジャン&ディーンを見出だした伝説のレーベル、ドレのアンソロジー『Dore Story: Postcard from East Los Angeles 1958-64』英Ace Recordsから来月リリースされる模様。権利関係の事情もあってか、「To Know Him Is To Love Him(逢ったとたにん一目惚れ)」はテディ・ベアーズのヴァージョンではないものの(^^;)、全28曲25曲が初CD化とのことで興味津津。9月25日にはMSIさんから英文ライナーの対訳付き国内盤も発売して頂けるとか。

Where the Boys Are: Songs of Neil Sedaka & HowardWhere the Boys Are:
Songs of Neil Sedaka & Howard

(2011/09/06)
Various Artists


更に英Aceのソングライター・シリーズからは待望のニール・セダカ&ハワード・グリーンフイールド作品集も同日発売!やはりこれまたMSIさんから詳細な英文ライナーの対訳付きで国内盤出して下さるようなので、どちらも楽しみ。そして9月末にはソニー・レガシーからいよいよフィル・スペクターの7枚組CD箱も!?

 http://bit.ly/mPV4j8


| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |