Sweetheart Of The Radio

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:ジミー・ウェッブ特集

Tunesmith: Songs of Jimmy WebbTunesmith
: Songs of Jimmy Webb

(2003/11/25)
Jimmy Webb


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年2月28日25:00-28:00
「ソングライター・ファイル」
~第2夜:ジミー・ウェッブ作品集(全3回)
選曲&監修:萩原健太
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
http://www2.jfn.co.jp/big/


-AM1:00-
【まずは彼の名を一躍世に広めた大ヒット曲でスタート】
~大学の音楽練習室でほんの35分で作曲!?

01)Up Up And Away
 ビートでジャンプ 1967年7位
 [ Jimmy Webb ] 
 /フィフス・ディメンション The 5th Dimension
 ※第10回グラミー賞Song Of The Year獲得

CM
【1965年:無名時代の作品を2曲】
02)I Keep On Keepin' On 1965年
 [ Jim Webb ]
 /The Contessas ザ・コンテッサス

03)This Time Last Summer 1965年
 [ Jim Webb ]
 /ダニー・デイ Dany Day

【1966年:ジョニー・リヴァースがジミー・ウェッブの才能にいち早く注目】
~ジョニー・リヴァースが設立したソウルシティ・レコードからリリースする
アーティストにジミー・ウェッブの曲を歌わせる。

04)Love Years Coming 1966年
 [ Jimmy Webb ]
 /Strawberry Children ストロベリー・チルドレン

05)By The Time I Get To Phoenix
 恋はフェニックス 1966年
 [ Jimmy Webb ]
 /ジョニー・リヴァース Johnny Rivers
 ※のちにグレン・キャンベルでヒット(1967年26位/1968年C&W2位)

【1968年の作品を3曲】
~1967年の「ビートでジャンプ」大ブレイク以降、多くのレコード会社
でさまざまなアーティストに楽曲提供。
 
06)I Keep It Hid
 アイ・キープ・イット・ヒッド  1968年
 [ Jimmy Webb ]
 /ヴォーグス The Vogues

07)Didn't We
 ディドント・ウィ?  1969年63位
 [ Jimmy Webb ]
 /リチャード・ハリス Richard Harris

08)When It Was Done 1968年
 [ Jimmy Webb ]
 /ウォルター・ワンダレイ Walter Wanderley

CM
【1968-69年のヒットから2曲】
09)Do What You Gotta Do
 愛を信じて 1968年 
 [ Jimmy Webb ]
 /ニーナ・シモン  Nina Simon

10)The Worst That Could Happen
 恋のハプニング 1968-69年3位
 [ Jimmy Webb ]
 /ブルックリン・ブリッジ
 Johnny Maestro&The Brooklyn Bridge

【ジミー・ウェッブが14歳の頃、自分のお小遣いで初めて買ったレコードは
グレン・キャンベルの「Turn Around, Look At Me (ふりかえった恋)」!】

11)Wichita Lineman (2008Remix)
 ウイチタ・ラインマン 1969年3位(1968年AC1位/C&W1位)
 [ Jimmy Webb ]
 /グレン・キャンベル Glen Campbell
 
【1969年発表の2曲】
12)Mixed-Up Girl  
 ミクスト・アップ・ガール 1969年
 [ Jimmy Webb ]
 /テルマ・ヒューストン Thelma Houston

13)If You Must Leave My Life
 イフ・ユー・マスト・リーヴ・マイ・ライフ 1969年
 [ Jimmy Webb ]
 /B.J. トーマス B.J. Thomas 

CM
【その他、60年代後半の作品から】
14)Tunesmith
 チューンスミス 1967年
 [ Jimmy Webb ]
 /ヴィッキー・カー Vikki Carr

15)Clowns Exit Laughing 1969年
 [ Jimmy Webb ]
 /フォーチュンズ The Fortunes

-AM2:00-
【2時台前半は1970年代の作品を集めて】
16)MacArthur Park
 マッカーサー・パーク 1978年1位/R&B8位 
 [ Jimmy Webb ] 
 /ドナ・サマー Donna Summer
 ※リチャード・ハリス(1968年2位)
 ※ウェイロン・ジェ二ングス、フォー・トップスらもカヴァー。


CM
【自らもSSWとして活動を始めたジミー・ウェッブの作風は
年齢を重ね、より深みを増し内省的なものに・・・】
~その結果、求めれたのは成熟した表現力豊かな歌い手

17)Little Tin Soldier 1970年
 [ Jimmy Webb ]
 /バーブラ・ストライサンド Barbra Streisand 

18)Evie 1971年
 [ Jimmy Webb ]
 /ジョニー・マティス Johnny Mathis

【70年代の作品を更に2曲】
19)5:30 Plane
 涙におわかれ 1970年
 [ Jimmy Webb ]
 / コニー・スティーブンス Connie Stevens

20)All I Know
 友に捧げる讃歌 1973年9位
 [ Jimmy Webb ] 
 /アート・ガーファンクル  Art Garfunkel

【ロック系アーティストが歌うジミー・ウェッブ作品2曲】
21)Himmler's Ring
 ヒムラーズ・リング  1979年
 [ Jimmy Webb ]
 /ローウェル・ジョージ Lowell George

22)The Moon Is A Harsh Mistress
 月はいじわる 1974年
 [ Jimmy Webb ]
 /ジョー・コッカー Joe Cocker

CM
【1980年代にリリースされたものから】
23)Never Gonna Lose My Dream Of Love Again
 ネヴァー・ゴナ・ルーズ・マイ・ドリーム・オブ・ラヴ・アゲイン 1980年
 [ Jimmy Webb ]
 /リア・カンケル Leah Kunkel

【ジョニー・キャッシュ、ウェイロン・ジェ二ングス、
ウィリー・ネルソン、クリス・クリストファーソンによるスーパーグループ】

24)Highwayman
 ハイウェイマン 1985年C&W1位
 [ Jimmy Webb ]
 /ハイウェイメン The Highwaymen
 ※Johnny Cash,Waylon Jennings, Willie Nelson,Kris Kristofferson

【1989年リリースの2曲】
25)Once And For All
 ワンス・アンド・フォー・オール 1989年
 [ Jimmy Webb ]
 /バリー・マニロウ  Barry Manilow

26)Adios アディオス 1990年AC9位
 [ Jimmy Webb ]
 /リンダ・ロンシュタット Linda Ronstadt

CM
27)She Moves, Eyes Follow
 シー・ムーヴズ・アイズ・フォロー 1988年
 [ Jimmy Webb ]
 /ケニー・ランキン Kenny Rankin

【2時台最後は90年代の作品から】
28)Postcard From Paris
 ポストカード・フロム・パリ 1990年
 [ John Denver / Jimmy Webb ]
 /ジョン・デンバー John Denver

-AM3:00-
【3時台はジミー・ウェッブ本人の歌声を】
29)If You See Me Getting Smaller I'm Leaving
 ゲッティング・スモーラー 1977年
 [ Jimmy Webb ]
 /ジミー・ウェッブ Jimmy Webb

CM
【1968年:初のソロ・アルバムから1曲】
30)Run,Run,Run
 ラン・ラン・ラン  1968年
 [ Jimmy Webb ]
 /ジミー・ウェッブ Jimmy Webb

【70年代と80年代の歌声を1曲ずつ】
31)P.F.Sloan
 P.F.スローン 1970年
 [ Jimmy Webb ]
 /ジミー・ウェッブ Jimmy Webb

32)Scissors Cut
 シザーズ・カット  1982年
 [ Jimmy Webb ]
 /ジミー・ウェッブ Jimmy Webb

【90年代と2000年代の歌声も1曲ずつ】
33)Galveston
 ガルベストン 1996年 
 [ Jimmy Webb ]
  /ジミー・ウェッブ  Jimmy Webb
 ※グレン・キャンベル(1969年4位/AC1位/C&W1位)

34)By The Time I Get To Phoenix
 恋はフェニックス 2010年 
 バイ・ザ・タイム・アイ・ゲット・トゥ・フェニックス
 [ Jimmy Webb ]
 /ジミー・ウェッブ (feat.グレン・キャンベル)
 Jimmy Webb feat.Glen Campbell

CM
【バリー・マニロウの『デュエッツ』特集】
35)Now And Forever
 ナウ・アンド・フォーエヴァー 2011年
 [ Barry Manilow / Bruce Sussman ]
 /バリー・マニロウ &シーナ・イーストン
 Barry Manilow&Sheena Easton

36)Sincerely/Teach Me Tonight
 シンシアリー/今夜教えてね  2006年
 [ Sammy Cahn / Gene DePaul / Alan Freed / Harvey Fuqua ]
 /バリー・マニロウ with フィリス・マクガイア
 Barry Manilow with Phylis McGuire

37)You've Got A Friend
 きみの友達  2007年
 [ Carole King ]
 /バリー・マニロウ &メリサ・マンチェスター
 Barry Manilow & Melissa Manchester
 
38)I Won't Be The One To Let Go
 アイ・ウォント・ビー・ザ・ワン・トゥ・レット・ゴー 2002年
 [ Barry Manilow / Richard Marx ]
 /バーブラ・ストライサンド&バリー・マニロウ
 Barbra Streisand& Barry Manilow

CM
ED)TOKYO MOON 2011年
 [ Chage ]
 /Chage



以上、JFN系『Big Special』におけるソングライター・ファイル第2夜ジミー・ウェッブ作品集のエアプレイ・リスト。早速おさらいすべく、邦題チャート&年代など諸々調べつつ、一応僕なりに理解・整理した上で作成してみました(当ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

ジミー・ウェッブの特集はNHK-FMにも組まれたことがありましたが(※『ミュージック・シティ』木曜日1988年2月4日放送『ポップス・グラフィティ』月曜日1996年10月21日放送の2回)、間違いなく今回の特集は質・量ともに過去最高で、僕の中では永久保存版!構成もわかりやすくて、たっぷり楽しめました。やはり音楽を勉強するにはラジオが一番、それだけに「これで健太さんの生解説もあれば」と思わなくもないものの、でも、真夜中にじっくり楽曲と向き合うにはジャネットさんの落ち着いたナビゲートの方がいいのかも(^^;)。

さて、今宵の第3夜デズモンド・チャイルド特集NHK-FM『ミュージック・シティ』時代の特集は西森マリーさん(懐かしい!)担当の月曜日に健太さんがゲスト出演した際のごくごく限られた時間だったので(※1989年12月18日放送)、どんな曲をドカンとかけて頂けるのかなと大いに気になるところ。何にせよ、ゴキゲンな放送、期待してます!

 
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:トニー・マコウレイ特集

Buttercups & Rainbows: The Songs Of Macauley & MacleodButtercups & Rainbows
: The Songs Of Macauley & Macleod

(2001/09/24)
Various


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年2月27日25:00-28:00
「ソングライター・ファイル」
~第1夜:トニー・マコウレイ作品集(全3回)
選曲&監修:萩原健太
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
http://www2.jfn.co.jp/big/


-AM1:00-
01) Love Grows (Where My Rosemary Goes)
 恋のほのお 1970年5位(UK5週連続1位)
 [ Barry Mason / Tony Macaulay ] 
 /エジソン・ライトハウス Edison Lighthouse

CM
【所属するパイ・レコードを中心に楽曲提供】
02) Baby,Now That I've Found You  
 星のベイビー 1967年11位/R&B33位(UK1位)
 [ Tony Macauley / John MacLeod ]
 /ファウンデーションズ The Foundations

03) Back On My Feet Again
 恋するベイビー 1968年59位(UK18位)
 [ Tony Macauley / John MacLeod ]
 /ファウンデーションズ The Foundations

04) Build Me Up,Buttercup
 恋の乾草  1968年3位(UK2位)
 [ Michael d'Abo / Tony Macaulay ] 
 /ファウンデーションズ The Foundations

05) In The Bad, Bad Old Days (Before You Loved Me)
 恋の体当たり 1969年51位(UK8位)
 [ Tony Macaulay / John MacLeod ]
 /ファウンデーションズ The Foundations

06) Let The Heartaches Begin
 恋にお別れ 1968年(UK1位)
 [ Tony Macaulay / John MacLeod ]
 /ロング・ジョン・ボールドリー Long John Baldry

07) Mexico(Underneath The Sun In)
 メキシコ 1968年(UK15位)
  [ Tony Macaulay / John MacLeod ]
 /ロング・ジョン・ボールドリー Long John Baldry 
 ※メキシコ五輪の公式テーマ曲

08) I Can Take Or Leave Your Loving
 恋は晴れのちくもり 1968年22位(UK11位)
 [ Tony Macaulay / John MacLeod ]
 /ハーマンズ・ハーミッツ Herman's Hermits

CM
09) Something Here In My Heart (Keeps A-Tellin' Me No)
 サムシング・ヒア・イン・マイ・ハート  1968年(UK11位)
 [ Tony Macaulay / John MacLeod ]
 /ペイパー・ドールズ Paper Dolls

10) Baby,Take Me In Your Arms
 ベイビー・テイク・ミー・イン・ユア・アームス 1970年(UK23位) 
 [ Tony Macaulay / John MacLeod ]
 /ジェファーソン Jefferson

【パイ・レコード退社以降、活躍の場を更に広げる】
11) Lights Of Cincinnati
  想い出のシンシナティー  1969年(UK13位)
 [ Tony Macaulay / Geoff Stephens ]
 /スコット・ウォーカー  Scott Walker

12) Sorry Suzanne  
 ごめんねスザンヌ  1969年56位(UK3位)
 [ Tony Macaulay / Geoff Stephens ]
 /ホリーズ The Hollies

13) Smile A Little Smile For Me
 笑って!ローズマリーちゃん 1970年5位
 [ Tony Macaulay / Geoff Stephens ]
 /フライング・マシーン The Flying Machine

CM
14) Baby,Make It Soon
 急いで!!ベイビーちゃん 1969年(UK9位)
 [ Tony Macaulay ]
 /マーマレード Marmalade

15)Melanie Makes Me Smile
 いとしのメラニー 1970年87位
 [ Barry Mason / Tony Macaulay ]
  /トニー・バロウズ Tony Burrows

-AM2:00-
16) That Same Old Feeling
 恋はフィーリング 1970年67位(UK5位) 
 [ Tony Macauley / John MacLeod ]
 /ピケティウィッチ Pickettywitch

CM
-トニー・マコウレイに曲作りとプロデュースを任せて
イギリスで復活したアメリカのグループ達-

17) (Blame It) On The Pony Express 1970年(UK7位)
 [ Tony Macaulay / Roger Cook / Roger Greenaway ]
 /ジョニー・ジョンソン&ザ・バンドワゴン 
 Johnny Johnson & The Bandwagon

18) Something Old Something New
 サムシング・オールド、サムシング・ニュー 1971年(UK9位)
 [ Roger Cook / Roger Greenaway /Tony Macaulay ]
 /ファンタスティックス The Fantastics

19) Kissin'In The Back Row Of The Movie 1974年R&B83位(UK2位)
 [ Roger Greenaway / Tony Macaulay ]
 /ドリフターズ The Drifters

20) You're More Than a Number (In My Little Red Book)  1976年(UK5位)
 [ Roger Greenaway / Tony Macaulay ]
 /ドリフターズ The Drifters

- - - -
21) Here Comes That Rainy Day Feeling Again
 雨のフィーリング  1971年15位
 [ Roger Cook / Roger Greenaway /Tony Macaulay ]
 /フォーチュンズ The Fortunes

22) Gasoline Alley Bred
 懐かしのガソリン・アレー 1970年(UK14位)
 [ Roger Cook / Roger Greenaway /Tony Macaulay ]
 /ホリーズ The Hollies

CM
【1972年頃、音楽出版社との訴訟トラブルを機に
次第にポップ・ミュージックとの距離を置くように・・・】

23) You Won't Find Another Fool Like Me
  恋のファンタジー 1973年(UK1位)
 [ Tony Macaulay/ Geoff Stephens ]
 /ニュー・シーカーズ The New Seekers

-有名アーティストへ提供した作品4曲-
24) Love Me,Love The Life I Lead
 僕についてきておくれ  1973年
 [ Roger Greenaway / Tony Macaulay ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

25) Letter To Lucille
 いとしのルシール  1973年60位(UK31位)
 [ Tony Macaulay ]  
 /トム・ジョーンズ  Tom Jones

26) Home Lovin' Man
 遥かなる面影  1970年AC10位(UK7位)
 [ Roger Cook / Roger Greenaway / Tony Macaulay ]
 /アンディ・ウィリアムス Andy Williams

27) (Last Night) I Didn't Get To Sleep At All 
 夢の消える夜 1972年8位/AC2位/R&B28位
 [ Tony Macaulay ] 
 /フィフス・ディメンション The 5th Dimension

CM
- - - -
28) (It's Like A) Sad Old Kinda Movie
 涙の面影  1970年(UK16位)
 [ Tony Macauley / John MacLeod ]
 /ピケティウィッチ  Pickettywitch

29) Every Little Move She Makes
  僕のアイドル 1970年
  [ Tony Macaulay / Roger Cook / Roger Greenaway ]
  /トニー・バロウズ Tony Burrows

-AM3:00-
【1970年代後半以降の作品】
30) Don't Give Up On Us
 やすらぎの季節 1977年1位/AC1位(UK1位)
 [ Tony Macaulay ]
 /デヴィッド・ソウル David Soul 
 ※デヴィッド・ソウル主演のドラマ『刑事スタスキー & ハッチ』主題歌

31) Falling Apart At The Seams
 フォーリング・アパート・アット・ザ・シームス 1976年(UK9位)
 [ Tony Macaulay ]
 /マーマレード Marmalade

32) Play Me Like You Play Your Guiter
 プレイミ・ライク・ユー・プレイ・ユア・ギター 1975年(UK9位)
 [ Tony Macaulay / Keith Potger ]
 /デュアン・エディ Duane Eddy

33) It's a Better Than A Good Time
 イッツ・ア・ベター・ザン・グッドタイム  1978年R&B16位(UK59位)
 [ Tony Macaulay ]
 /グラディス・ナイト&ザ・ピップス
 Gladys Knight & The Pips

34) Can't We Just Sit Down (And Talk It Over) 
 貴方のひざで 1977年R&B20位
 [ Tony Macaulay ]
 /ドナ・サマー Donna Summer

【80年代にヒットチャートに送り込んだのはたった1曲だけ】
~心はポップミュージックを離れミュージカルへ、
と共に推理小説作家として執筆活動に・・・

35) Alibis 君のアリバイ 1984年29位/AC5位
 [ Tony Mcaulay / Tom Snow ]
 /セルジオ・メンデス feat.ジョー・ピズーロ
  Sergio Mendes feat.Joe Pizullo

CM
【3時台後半はリクエスト・タイム】
35) Marathon マラソン  1985年
 [ Geddy Lee / Alex Lifeson / Neil Peart ]
 /ラッシュ Rush

36) Cars 
カーズ 1980年9位(UK1位)
 [ Gary Numan ]  
 /ゲイリー・ニューマン Gary Numan

37) Danger Zone
 デンジャー・ゾーン 1986年2位
 [ Giorgio Moroder / Tom Whitlock ]
 /ケニー・ロギンス Kenny Loggins

38) How Deep Is Your Love
 愛はきらめきの中に  1977年1位AC1位(UK3位)
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビー・ジーズ  The Bee Gees

CM
ED)TOKYO MOON 2011年
 [ Chage ]
 /Chage



僕の予想通り、今週のJFN系『Big Special』健太さんの選曲&監修によるソングライター・ファイル!ということで、早速、第1夜トニー・マコウレイ特集のエアプレイ・リストをいつものようにおさらいがてら邦題作者クレジット年代&チャートなどを書き添えて作成してみました(ラジオ局発表分や番組サイト掲載リストには一部誤りも見受けられましたので、御注意下さい)。

健太さんも昨夜ツイートされてましたけど、残念ながら近年、トニー・マコウレイの作品をラジオでこれだけまとめて、それも体系的に聴ける機会なんて滅多にないだけに大変有難く、ひたすらポップでキャッチーなマコウレイ作品を2時間半たっぷり味わえて、ホントもう楽しいったらありゃしない!?今夜のジミー・ウェッブ特集も聴き逃せませんが、何でも英Aceソングライター・シリーズからは4月にキャロル・キング&ジェリー・ゴフィン作品集の第3弾も発売されるとのことですし(!)、どうやらソングライターが気になるポップス・ファンにとっては追い風 Blowing Blowing のようで益々嬉しいです(^^)。


| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』 :ビューティフル・ミュージックの世界(1)

ロスト・トレジャーズロスト・トレジャーズ
(2005/08/17)
ハーブ・アルパート&ティファナ・ブラス


JFN系『BIG SPECIAL』
2011年9月22日25:00-28:00
ビューティフル・ミュージックの世界(第4夜)
スペシャルDJ:大江田信
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
http://www2.jfn.co.jp/big/


-AM1:00-
【第1部:My Favorite Fifteen】
~大江田さんおススメの15曲

01)Love's Theme
  愛のテーマ 1974年1位/AC1位/R&B10位
 [ Barry White ]
 /バリー・ホワイト&ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ
 Barry White & Love Unlimited Orchestra

CM
02)Night And Day  夜も昼も
 [ Cole Porter ]
 /フランク・プゥルセル・グランド・オーケストラ
 Franck Pourcel
 ※コール・ポーター(1932年作曲)

03)Sherry シェリー 1964年
 [ Bob Gaudio ]
 /ホリーリッジ・ストリングス
 The Hollyridge Strings
 ※フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 (Four Seasons-1962年1位/R&B1位)


04)Too Young  トゥー・ヤング 1972年
 [ Sylvia Dee / Sidney Lippman ]
 /パーシー・フェイス・オーケストラ
 Percy Faith
 ※ナット・キング・コール(Nat King Cole-1951年1位)

05)A Walk In The Black Forest
 森を歩こう 1965年12位/AC1位
 [ Horst Jankowski ]
 /ホルスト・ヤンコフスキー 
 Horst Jankowski

06)La Foule 群衆
 [ Angel Cabral / Enrique Dizeo / Michel Rivgauche ]
 /ピエール・ポルト・オーケストラ
 Pierre Porte
 ※エディット・ピアフのレパートリーとして知られるが
 元々はアルゼンチンの「誰も私の苦しみを知らないなんて」。
 ロス・ロボスも演奏。


07)Alone Again ( Naturally )
 アローン・アゲイン
 [ Gilbert O'Sullivan ]
 /ハーブ・アルパート&ティファナ・ブラス
 Herb Alpert&The Tijuana Brass
 ※2005年の未発表音源集『Lost Treasures』より
 ※ギルバート・オサリヴァン(1972年1位/AC1位)


CM
08)Sette Uomini D'oro 黄金の七人 1965年
 [ Armando Trovaioli ]
 /アルマンド・トロヴァヨーリ
 Armando Trovaioli
 
09)Bluesette  ブルーゼット 1963年
 [ Norman Gimbel / Toots Thielemans ]
 /トゥーツ・シールマンス Toots Thielemans

10)Vincent ヴィンセント 1972年
 [ Don McLean ]
 /チェット・アトキンス Chet Atkins
 ※ドン・マクリーン(Don McLean-1972年12位/AC2位)

11)I'll Marimba You アイル・マリンバ・ユー 1969年
 [ Julius Wechter ]
 /ジュリアス・ウェクター&ザ・バハ・マリンバ・バンド
 Julius Wechter And Baja Marimba Band

12)A Song Of Joy よろこびのシンフォニー
 [ Ludwig van Beethoven ]
 /ワルド・デ・ロス・リオス Waldo De Los Rios
 ※ミゲル・リオス(Miguel Rios-1970年14位/AC1位)の
 ヒット・ヴァージョンをアレンジした人物


- あと3曲はまた後程。1時台最後は時間いっぱいまでこの曲で-
13)Smoke Gets In Your Eyes
 煙が目にしみる 
 [ Otto Harbach / Jerome Kern ]
 /ミシェル・ルグラン Michel Legrand
 ※プラターズ(The Platters-1959年1位)


以上、大江田信さんのスペシャルDJによる2011年9月22日深夜放送JFN系『BIG SPECIAL』より、まずは25時台のエアプレイ・リスト。オンエアされた頃は丁度、我が家の稲刈り最盛期だった為、タイマー録音して後日じっくり拝聴させて頂いたんですが、大変興味深く、やはり是非記録を残しておきたいなと思ったもので、遅ればせながら作成してみた次第。

かつては当たり前のようにラジオから流れていた”軽音楽”も、近年はなかなか耳に出来る機会もなかっただけに、尚更嬉しいビューティフル・ミュージック特集。個人的にも年齢を重ねるにつれ気になってく一方のジャンルだったので終始楽しく耳心地もよく、それでいて勉強になることばかり。例えばホリーリッジ・ストリングスなんかはNHK-FM『小西康陽これからの人生。』2011年7月27日放送と共に大和田さんの選曲でその魅力を再確認、というかようやく開眼することが出来たようなもんなんですけど、秘かに「アローン・アゲイン」のカヴァーを集めてたこともあり(^^;)ハーブ・アルパート未発表音源集『Lost Treasures』もこの特集を聴いて即購入!いいもの教えて頂けて、本当に感謝です(26時台・27時台に続く予定)。


ところで、『BIG SPECIAL』の番組サイトで来週の予告をチェックしたら、何とソングライター特集、というか、「ソングライター・ファイル」じゃないですか!?それも第1夜トニー・マコウレイ第2夜デズモンド・チャイルド、そして第3夜ジミー・ウェッブとのことなので、この特集ラインナップからして健太さんの選曲&監修とみた!!最終夜恒例リクエスト大会共々、これは聴き逃せないぜ!!!



| DAYBREAK/TO VILLA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Baby Please Come Home

ut choco

2012年初Tシャツはチョコ代わりのヴァレンタイン・ギフト。
ユニクロ大型店舗&オンライン限定コンコード・ミュージック・グループTシャツで一番欲しかったメンフィス・スリム&ウィリー・ディクスン『In Paris』
僕好みの紺色で、なかなかいい風合いですぜ!

 http://store.uniqlo.com/jp/CSaGoods/510361

同じく一部店舗&オンライン限定のビートルズ(レノン&マッカートニー作品)の歌詞Tシャツには正直あまり魅力を感じなかったのでスルー(^^;)。久し振りにアンディ・ウォーホルTシャツもラインナップされてますが、個人的にはリキテンスタインTシャツも是非まだ出して頂きたいところ(或いは岡本太郎Tシャツとか、どうでしょう?)。

gremzgremzgremz

そう言えばグリムス(gremz)の木のヴァレンタイン仕様、今年はややシックな新デザインでしたね。丁度メンフィス・スリム&ウィリー・ディクスンTシャツポール・マッカートニーの新作『Kisses on the Bottom』のお陰でブルースやジャジーな音楽に浸っていたい気分だったのでピッタリ。そんな中、嬉しいことにTBS系ラジオ『サウンド・キャッチ』では明日から5日間『キス・オン・ザ・ボトム』の特集で、オリジナルとの聞き比べ選曲の妙などを健太さんが解説して下さる模様。勿論、しかと拝聴させて頂く所存ですが、願わくばFMの番組でもじっくり腰を据えてそうゆう特集やって欲しいな!!


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『WORLD RECORD』

cero

昨年の今頃は歯医者さんに通ってたもので(涙)、
バレンタインはチョコ辞退してCDをリクエスト。

はちみつぱい『センチメンタル通り』
鈴木慶一さんの『火の玉ボーイ』を彷彿とさせる
本秀康画伯によるジャケが素敵なcero『WORLD RECORD』
タワレコ特典のクリアファイルという有難いオマケ付き!

 http://www.kakubarhythm.com/special/cero/

バンド名はContemporary Exotica Rock Orchestraを略してcero、
とのことですが、成程、言われてみれば確かにネーミング通りのサウンドかも。

「21世紀の日照りの都に雨が降る」鈴木慶一さんプロデュースによる「outdoors」もさることながら、僕のお気に入りは断然「大停電の夜に」

3.11以降に聴くと、また違った意味でも胸に響くものがあります。



残念ながら今年のバレンタインも基本的にチョコ辞退の方向は変わらず、
ではあるんですが、でも、頂けるものなら何でも嬉しいです(^^;)。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティアドロップの誘惑

miki

2012年02月04日(土)

三木楽器の斉藤和義サイン入りギター。
桑田さんや拓郎さんのも!

http://t.co/RTsJ62em
posted at 14:04:30

という訳で「ヴィレッジ・ヴァンガー塔!?」の続き。
昼食の後、ギャラリーを軽く覗いてから、心斎橋界隈の楽器屋さん巡りへ。

miki

で、これが吉田拓郎さんのサイン入りGibsonカスタム・ショップ製J-45
ちなみに桑田佳祐さんのはハミングバードだったんですけど、
生憎上手く撮影出来ず(^^;)。

VOX ヴォックス アンプ/スピーカー/リズム機能内蔵 エレキ・ギター APACHE-I Salmon Red アパッチ ティアドロップ型VOX ヴォックス
アンプ/スピーカー/リズム機能内蔵
エレキ・ギター APACHE-I
アパッチ ティアドロップ型

(2011/12/30)
VOX


そんなお宝ギターを横目に眺めつつ、大きな楽器屋さん4軒ハシゴするも、目当てのモノは見つからずで、結局ネット通販で買うことに・・・。でも初めて現物見たVOXのレトロでビザールなアンプ内蔵トラベル・ギターが思ってた以上に魅力的なシェイプだったので益々心惹かれまくり。だってほら、このフォルムでこの値段、更にアンプやスピーカーに加え、リズムボックスまで搭載してますし、こりゃブライアン・ジョーンズ気分でかきならしてみたいですぜ!

 http://www.voxamps.jp/products/Guitars/apache/

やはり左利き用も発売希望!!


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴィレッジヴァンガー塔!?

taro 

2012年02月04日(土)

2012初顔ハメは太陽の塔!
久々の大阪はアメリカ村にて。

http://t.co/KgFOXsVq
posted at 11:52:48

という訳で、2月に入って顔ハメ探訪2012」もようやくスタート。
太陽の塔ならぬ「ヴィレッジ・ヴァンガー塔」というネーミングではあれど(笑)、やはり「岡本太郎アートピース・コレクション第2集」PRの一環で設置された模様(ガチャポン、まだまだ沢山ありました)。残念ながら手作りの段ボール製ゆえ、頭の部分が既に劣化して折れ曲がっちゃってたので(^^;)、あまり長くは持たないかも。ご興味のある方はお早めに(そう言えば顔ハメ探訪2011」、ブログ上にはまだ記録してなかったですね・汗)。

ちきゅうのへいわをまもったきねんび (えほんのぼうけん37)ちきゅうのへいわをまもったきねんび
(えほんのぼうけん37)

(2012/03/01)
本 秀康


ひとしきり記念撮影を満喫した後、店内も諸々探索してみたところ、デッドストックが見つかって奇跡的に再入荷したのか、レコスケ&レコガールのステッカーが大量にあってビッ栗!?(定価のままでしたが、これのシルバーのタイプのです!)。あと『まじかるきのこさんきのこむらはおおさわぎ』をはじめ、きのこさんコーナーも展開されていたので、本秀康画伯ファンは要注目。何でも、2月29日発売予定新刊『ちきゅうのへいわをまもったきねんび』はいかにも本画伯らしい初恋SF絵本だそうですし、表紙も素敵なので、これまた今から楽しみ!

okonomi okonomi
 
そして昼食は古市コータローさんご贔屓と思しきお好み焼き屋さんを潜入捜査。種類豊富なメニューの中からご飯お味噌汁付きの定食を頼んでみたんですけど、流石コータローさんお気に入りのお店だけあって、安くて美味しかったです(^O^)/。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

All We Are Saying

All We Are SayingAll We Are Saying
(2011/09/27)
Bill Frisell


昨年秋、ジョン・レノン作品のインスト・カヴァー集『All We Are Saying』を発表したビル・フリゼールが、NPRの名物企画、”Tiny Desk Concert”に登場。

やはり同アルバムにも収められていたビートルズ時代のジョン・レノン作品3曲を演奏してるんですが、これが「Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)」「In My Life」、そして「Strawberry Fields Forever」という選曲もさることながら、卓越したテクニックのもとエレキ・ギターとは思えないくらい角のとれた柔和な音色で、ジョン・レノンの優しく、繊細な側面を丁寧に表現していて、まさしく絶妙。



音源は無料でダウンロード出来るようになってますので、ご興味ある方はお早めに。

http://www.npr.org/event/music/146156479/bill-frisell-tiny-desk-concert

このライヴ演奏やメイキングの動画を見てから、あらためてアルバムを聴くと、またいっそう味わい深く、心に響くものがあります(グレッグ・リーズペダル・スティールにもうっとり)。



もしかしたら数あるビル・フリゼール作品の中でも一番取っ付きやすいかも!



| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』木曜日:オール・リクエスト大会 #9

ビー・マイ・ベイビー:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ロネッツビー・マイ・ベイビー
:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ロネッツ

(2011/11/02)
ザ・ロネッツ
[ SICP 20312 ]
特別寄稿:木崎義二
英文ライナー:レ二ー・ケイ
解説:上柴とおる

JFN系『BIG SPECIAL』
2012年2月02日25:00-28:00
「リクエスト大会」#09
スペシャルDJ:萩原健太
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
http://www2.jfn.co.jp/big/


-1時台はフィル・スペクター、フォロワー関連のリクエストを-

01)Everything Under The Sun
 ふたりの太陽 1976年発売
 [ Bob Crewe / Gary Knight ]
 /ロネッツ The Ronettes

CM
02)Rendezvous ランデブー
 [ Andy Paley ]
 /ルビナーズ The Rubinoos
 ※The Paley Brothers(1978年)

03)Cruel To Be Kind
 恋するふたり 1979年12位 
 [ Nick Lowe / Ian Gomm ]
 /ニック・ロウ Nick Lowe 

04)Rock 'N' Roll Winter (Loony's Tune)
 夢のロックン・ロール・ウィンター  1974年(UK6位)
 [ Roy Wood ]
 /ウィザード Wizzard

【ジョー・ミーク関連のリクエストを2曲続けて】
05)Have I the Right? 
 ハヴ・アイ・ザ・ライト 1964年5位(UK1位)
 [ Ken Howard / Alan Blaikley ]  
 /ハニカムズ The Honycombs

06)Play It Cool プレイ・イット・ク―ル 1962年
 [ Norman William "Norrie" Paramor / Richard Paul Rowe ]
 /ビリー・フューリー Billy Fury

CM
【フィレス人脈へのリクエストを2曲続けて】
07)Dream Baby ドリーム・ベイビー 1964年
 [ Sonny Bono ]
 /シェリリン Cherilyn
 ※のちのシェール(Cher)

08)All I Ask
 オール・アイ・アスク 1967年
 [ Peter Anders / Vini Poncia ]
 /イノセンス The Innocence

09)What Is Life 美しき人生 1971年10位
 [ George Harrison ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison

10)I Don't Need You Anymore
 アイ・ドント・ニード・ユー・エニーモア  1959年98位
 [ Phil Spector ]
 /テディ・ベアーズ Teddy Bears

CM
11)Don't Look Back
 ドント・ルック・バック 1978年4位
 [ Tom Scholz ]
 /ボストン Boston

- 1時台の最後はブルーノートへのリクエスト -
12)Alligator Bogaloo
 アリゲイター・ブーガルー 1967年93位
 [ Lou Donaldson ]
 /ルー・ドナルドソン Lou Donaldson

AM2:00
- ここからは自由演技(通常リクエスト) -

13)How Do I Survive
 ハウ・ドゥ・アイ・サヴァイヴ 1980年22位
 [ Paul Bliss ]
 /エイミー・ホランド Amy Holland

CM
14)16 Monkeys 16モンキーズ  2011年
 [ Henry Garza / JoJo Garza / Ringo Garza / Giancarlo Valdez ] 
 /ロス・ロンリー・ボーイズ Los Lonely Boys

15)The Maker ザ・メイカー 1989年
 [ Daniel Lanois ]
 /ダニエル・ラノワ Daniel Lanois

16)My Way Down
 マイ・ウェイ・ダウン 1994年
 [ Chris Duarte / John Jordan ]
 /クリス・デュアーテ・グループ Chris Duarte Group

17)Everybody's Stoned  1976年
 [ Ricky Hirsch ]
 /ウェット・ウィリー Wet Willie

CM
【冬や雪、夜にちなんだリクエストを集めて】
18)Snowbird スノーバード 1970年8位/AC1位/C&W10位
 [ Gene MacLellan ]
 /アン・マレー Anne Murray

19)Snow Queen
 スノウ・クィーン 1967年
 [ Gerry Goffin / Carole King ]
 /ロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ
  Roger Nichols & The Small Circle Of Friends

20)All Winter Long オール・ウィンター・ロング 1959年
 [ Lou Stallman / Sid Jacobson ]  
 /リンダ・ローリー Linda Laurie

21)The Last Leaf
 悲しき北風 1963年60位
 [ Bodie Chandler / Edward McKendry ]
 /カスケーズ The Cascades

CM
22)You Gave Me The Answer
 幸せのアンサー 1975年
 やさしいアンサー
 [ Paul McCartney ]
 /ポール・マッカートニー&ウィングス Paul McCartney & Wings

23)Faretheewell (Fred's Tune)  1969年
 [ Fred Neil ]
 /フレッド・ニール Fred Neil

【3時の時報の前に!】
~FEN『Mary Turner Show』のエンディング・テーマだったこの曲を

24)Whammer Jammer ワマー・ジャマー 1972年
 [ Juke Joint Jimmy ]
  /J・ガイルズ・バンド J. Geils Band

AM3:00
- ここからは再び自由演技リクエスト -

25)Soundtrack of My Summer
 サウンドトラック・オブ・マイ・サマー  2011年
 [ Mike Viola ]
 /マイク・ヴィオラ Mike Viola

CM
26)I've Just Want To Touch You
 抱きしめたいぜ 1980年  
 [ Andy Powell / Todd Rundgren / Kasim Sulton / Jon Wilcox ]
 /ユートピア Utopia

27)Dreamer ドリーマー 1979年
 [ John Moon Martin ]
 /ムーン・マーティン Moon Martin

28)My Love Tells Me So
 マイ・ラヴ・テルズ・ミー・ソー 1999年
 [ Gordon Kennedy / Wayne Kirkpatrick / Tommy Sims ]
 /ガース・ブルックス Garth Brooks
 ※クリス・ゲインズ(Chris Gaines)名義で発表。

29)The Virgin ヴァージン 1971年
 [ Gene Clark ]
 /ジーン・クラーク Gene Clark 

30)Missouri Bird ミズーリ・バード 1969年
 [ John Stewart ]
 /ジョン・スチュワート John Stewart

CM
31)No Good To Cry
 ノー・グッド・トゥ・クライ 1967年88位
 [ Al Anderson ]
 /ワイルドウィーズ The Wildweeds

32)Like To Get To Know You
 ライク・トゥ・ゲット・トゥ・ノウ・ユー 1968年17位
 [ Stuart Scharf ]
 /スパンキー&アワ・ギャング Spanky & Our Gang

33)Take Good Care Of My Baby
 さよならベイビー 1961年1位
 [ Gerry Goffin / Carole King ]    
 /ボビー・ヴィー  Bobby Vee

34)Hitchin' A Ride
 夜明けのヒッチハイク 1970年5位
 [ Peter Callander / Mitch Murray ]
 /ヴァニティ・フェア Vanity Fare

35)Desperado ならず者 2002年
 デスぺラード
 [ Glenn Frey / Don Henley ]
 /ジョニー・キャッシュ feat.ドン・ヘンリー
 Johnny Cash feat.Don Henley

CM
36)A House of Gold
 ハウス・オブ・ゴールド 1976年
 [ Hank Williams ]
 /ケニー・ランキン Kenny Rankin


以上、JFN系『Big Special』2012年2月02日深夜放送のエアプレイ・リスト。待ちに待った新年一発目となる健太さんDJのリクエスト大会、僕もフィル・スペクター特集の流れを受けてシシー・ヒューストンによる「Be My Baby」のカヴァーとか、或いは掟破りで(?)ディオンの最新作をリクエストしちゃおうかしらと思ったりもしたものの、結局、寒い冬の夜にほっこり聴いて温まりたいウィンター・ソングをチョイスしたんですが(「All Winter Long」アンドレア・キャロルシェリー・スターリン名義で発表した方はNHK-FM時代にかかってたので、あえてリンダ・ローリーに)、やはり似たようなお考えのリスナーさんも少なくないようで(^^)。

とにかく渾身の特集共々、ヴァラエティに富んだ盛り沢山の選曲で、ホント僕も「ごちそうさまでした」って感じです(有難うございました!)。尚、次回の健太さん登板予定は3月01日深夜放送とのこと。次なるごちそう、今からヨダレを垂らして期待してます(^O^)/。



| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:フィル・スペクター特集Vol.3

テイスト・オブ・ウォール・オブ・サウンドテイスト・オブ・ウォール・オブ・サウンド
(2011/11/02)
オムニバス


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年2月01日25:00-28:00
「The Sound Of Phil Spector」第3夜(全3回)
~フォロワー&カヴァー特集
選曲&監修:萩原健太
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
http://www2.jfn.co.jp/big/


-1時台:アメリカのスペクター・フォロワーたち-

【ロニー・スペクターのことを思い描いて作った曲 】
01)Say Goodbye To Hollywood
 さよならハリウッド(Live) 1981年17位
 [ Billy Joel ]
 /ビリー・ジョエル Billy Joel

CM
【ディオン『Born To Be With You』のレコーディングに
参加して刺激を受け、作ったのがこの曲】

02)Hungry Heart  ハングリー・ハート 1980年5位
 [ Bruce Springsteen ]
 /ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen

【ジャック・ニッチェによるプロデュース!】
03)Just Your Friends
 ジャスト・ユア・フレンズ  1978年
 [ Willy DeVille / Jack Nitzsche ]
 /ミンク・デヴィル Mink Deville

【60年代からスペクターと同じスタジオやセッション・ミュージシャンで音作り】
04)He Couldn't Get His Poor OldBody to Move  
 ヒー・クドゥント・ゲット・ヒズ・プア・オールド・ボディ・トゥ・ムーヴ 1988年
 [ Lindsey Buckingham / Eugene E Landy
 / Alexandra Morgan / Brian Wilson ]

 /ブライアン・ウィルソン Brian Wilson

【新時代のフォロワーたちを3曲続けて】
~いずれも「Be My Baby」のドラム・パターンを踏襲

05)Forever フォーエヴァー 2008年
 [ Jason Brewer / Troy Stains ] 
 /エクスプローラーズ・クラブ The Explorers Club

06)Candy キャンディ 1992年
 [ Stephin Merritt ]
 /マグネティック・フィールズ Magnetic Fields

07)The Bear ザ・ベア 1999年
 [ Jim James ]
 /マイ・モーニング・ジャケット My Morning Jacket

CM
【ジョン・レノンと共同プロデュースした『プシー・キャッツ』から】
~テンポを落とし、深いエコーで包み込んだニルソン流スペクター・サウンド

08)Save the Last Dance for Me
 ラスト・ダンスは私に 1974年
 [ Doc Pomus / Mort Shuman ]
 /ニルソン Harry Nilsson

【デイヴ・エドモンズがプロデュースした『Yo Frankie』から】
09)Always In The Rain
 オールウェイズ・イン・ザ・レイン 1989年
 [ Dion DiMucci / Huey "Piano" Smith / Bill Tuohy ]
 /ディオン Dion

【スペクターゆかりのミュージシャンを集め、ゆかりのスタジオでレコーディング】
10)Bridge Over Troubled Water
 明日に架ける橋 1970年1位/AC1位
 [ Paul Simon ]
 /サイモン&ガーファンクル Simon & Garfunkel

CM
【番外編:アイルランドのスペクター・フォロワー】
11)Orinoco Flow オリノコ・フロウ 1989年24位/AC7位
 [ Enya / Roma Ryan ]
 /エンヤ Enya

【1時台の最後に新時代のフォロワーをもう1曲】
~ニューヨーク出身のインディ・ポップ・バンド

12)Gentle Sons ジェントル・サンズ 2009年
 /ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート
  Pains Of Being Pure At Heart

AM2:00
- 2時台:イギリスのスペクター・フォロワーたち-

【プロデューサーの意向が全てを決定する方針もスペクター的】
13)Don't Answer Me
 ドント・アンサー・ミー 1984年15位/AC4位
 [ Alan Parsons/Eric Woolfson ] 
 /アラン・パーソンズ・プロジェクト Alan Parsons Project


CM
【イギリスのフィル・スペクター、ロイ・ウッド作品を2曲】
~サウンドは勿論、スペクターの”狂気”のようなものまで継承

14)Angel Fingers ( A Teen Ballad )
 エンジェル・フィンガーズ 1973年UK1位
 [ Roy Wood ]
 /ウィザード Wizzard

15)Ooh I Do
 恋のウー・アイ・ドゥ 1974年UK25位
 [ Barry Blue/Lynsey de Paul ]
 /リンジー・ディ・ポール Linsey De Paul

【ニューウェーブ、オルタナ系のフォロワーを2曲】
~やはり「Be My Baby」のドラム・パターンを流用

16)No Dancing ノー・ダンシング 1977年
 [ Elvis Costello ]
 /エルヴィス・コステロ Elvis Costello

17)Just Like Honey
 ジャスト・ライク・ハニー  1985年
 [ Jim Reid / William Reid ]
 /ジーザス&メリー・チェインThe Jesus & Mary Chain

【デビュー・アルバムでは「Be My Baby」もカヴァー】
18)Angel Baby エンジェル・ベイビー 1975年
 [ Eric Faulkner / Stuart "Woody" Wood ]
 /ベイ・シティ・ローラーズ Bay City Rollers 
 BCR

【60年代のガール・シンガー的イメージで売り出し】
19)They Don't Know
 夢みるトレイシー 1983年UK3位/1984年US8位/AC11位
 [ Kirsty MacColl ]
 /トレイシー・ウルマン Tracey Ullman


CM
【目指すは”スペクターがプロデュースしたロイ・オービソン”な2曲】
~オールディーズらしさを演出するにはこの組み合わせが
最良の音楽的組み合わせなのかも・・・。

20)Love Will Find You
 ラヴ・ウィル・ファインド・ユー 2010年
 [ Findlay Brown ]
 /フィンドレイ・ブラウン Findlay Brown

21)Confusion コンフュージョン 1979年37位
 [ Jeff Lynne ]
 /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
 Electric Light Orchestra 
 E.L.O.

【フレディの歌声を多重録音しながらスペクター風の音壁を構築しようと奮闘】
22)Funny How Love Is ファニー・ハウ・ラヴ・イズ 1974年
 [ Freddie Mercury ]
 /クイーン Queen

【スペクターが生み出したポップスの黄金律は因縁あるポールでさえ無視出来ず】
~やはり「Be My Baby」のドラム・パターンを踏襲

23)Dance 'Til We're High
 ダンス・ ティル・ウィ・アー・ハイ 2008年
 [ Paul McCartney / Youth ]
 /ザ・ファイアーマン  The Fireman

CM
【'Wall Of Sound'の名付け親はアンドリュー・オールダムだという説も】
~彼の働きかけで初期ストーンズはロネッツとジョイント・ツアーしたり、
ジャック・ニッチェをレコーディングに迎えたりと、スペクター人脈と深く交流。

24)Out of Time アウト・オブ・タイム  1966年
 [ Mick Jagger / Keith Richards ]
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones

CM
-3時台:フィル・スペクター作品のカヴァーを集めて-

25)Oh Yeah Maybe Baby (The Heebie Jeebies)
 メイビー・ベイビー 1993年
 [ Hank Hunter / Phil Spector ]
 /ローラ・ニーロ Laura Nyro

CM
【『ひとりぼっちのスタジオ』から】
26)Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home)
 ダ・ドゥ・ロン・ロン 1975年  
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /デイヴ・エドモンズ Dave Edmunds

【ジェフ・バリーが見出したシンガー】
27)Baby I Love You
 ベイビー、アイ・ラヴ・ユー 1969年9位  
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Jimmy Holiday / Phil Spector ]
 /アンディ・キム Andy Kim

【ロネッツのカヴァーを2曲】
28)You Baby ユー・ベイビー  1965年 
 [ Barry Mann / Phil Spector / Cynthia Weil ]
 /ラヴィン・スプーンフル  Lovin' Spoonful

29)Walking in the Rain
 恋の雨音 1967年UK26位 
 [ Barry Mann / Cynthia Weil / Phil Spector ]
 /ウォーカー・ブラザーズ  The Walker Brothers

【大胆なアレンジが施されたロネッツのカヴァーを更に2曲】
30)Chapel Of Love チャペル・オブ・ラヴ 1978年
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /ジョナサン・リッチマン Jonathan Richman

31)Be My Baby           
 ビー・マイ・ベイビー 1996年
 [ Phil Spector / Jeff Barry / Ellie Greenwich ]
 /リンダ・ロンシュタット Linda Ronstadt

【最後はエルヴィスの名唱で】
32)You've Lost That Lovin' Feelin'
 ふられた気持(Live)  1970年
 [ Barry Mann / Cynthia Weil ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

CM
【3時台後半は『ノラ・ジョーンズの自由時間』を特集】
~第26回「日本ゴールドディスク大賞」で
ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞

33)Love Me ラヴ・ミー
 [ Jerry Leiber / Mike Stoller ]
 /リトル・ウィリーズ Little Willies

34)The Best Part  ベスト・パート
 [ Andrew Borger / Norah Jones / Daru Oda ]
 /エル・マッドモー El Madmo

35)Here We Go Again ヒア・ウィー・ゴー・アゲイン
 [ Don Lanier / Red Steagall ]
 /レイ・チャールズfeat.ノラ・ジョーンズ
 Ray Charles featuring Norah Jones

36)More Than This モア・ザン・ディス
 [ Bryan Ferry ]
 /チャーリー・ハンターfeatノラ・ジョーンズ
  Charlie Hunter featuring Norah Jones

CM
ED)TOKYO MOON 2011年
 [ Chage ]
 /Chage



以上、JFN系『Big Special』フィル・スペクター特集【第3夜】のエアプレイ・リスト。ご覧の通り、スペクター・フォロワー&カヴァー特集ということで、僕の予想的中(^^)。

個人的に欲を言えば、願ってもない好企画だっただけに、1時台のアメリカ編、2時台のイギリス編に続いて、いっそのこと3時台に日本編を持って来て番組全編フォロワー特集で貫いて頂きたかったくらいですが(カヴァーもカヴァーでもっと聴きたいですし!)、でもまぁその辺りは『音壁JAPAN』などで各自補うと致しましょう(^^;)。

その前に、お待ちかね健太さんのオ―ル・リクエスト大会はいよいよ今夜放送!

それからBS12ch TwellV(トゥエルビ)『スーパーヒッツ・コレクション』(JFN制作)、健太さん担当のVol.10「ビーチ・ボーイズvsビージーズ特集」2月4(土)16時から再々放送されるようです。昨年見逃された方には最後のチャンスかもですよ!


| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:フィル・スペクター特集Vol.2

フィル・スペクター~アーリー・プロダクションズフィル・スペクター
~アーリー・プロダクションズ

(2010/04/24)
オムニバス



JFN系『BIG SPECIAL』
2012年1月31日25:00-28:00
「The Sound Of Phil Spector」第2夜(全3回)
選曲&監修:萩原健太
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
http://www2.jfn.co.jp/big/


-1時台:フィレス・レコードに在籍したスターたち-

01)Chapel Of Love 愛のチャペル 1964年
 チャペル・オブ・ラヴ
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes
 ※ディキシー・カップス (The Dixie Cups-1964年1位/R&B1位)

CM
【フィレス第1号アーティスト、クリスタルズを2曲】
02)Girls Can Tell
 ガールズ・キャン・テル 1963年録音
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /クリスタルズ The Crystals

03)Woman in Love (With You)
 ウーマン・イン・ラヴ 2011年発売
 [ Barry Mann / Phil Spector / Cynthia Weil ]
 /クリスタルズ The Crystals

【ダーレン・ラヴを2曲】
~発売後2週間で回収されてしまった幻のシングル

[ Philles 123 ](A面)
04)Stumble and Fall スタンブル・アンド・フォール 1964年
 [ Peter Andreoli / Vince Jr. Pocia / Phil Spector ]  
 /ダーレン・ラヴ Darlene Love

[ Philles 123 ](B面)
05)(He's A) Quiet Guy クワイエット・ガイ 1964年
 [ Peter Andreoli / Vince Jr. Pocia / Phil Spector ]
 /ダーレン・ラヴ Darlene Love

【エイプリル・スティーヴンスとシェールを1曲ずつ】
[ VJ555 ]
06)Why Can't A Boy And Girl Just Stay In Love 1963年
 [ Phil Spector / Nino Tempo ] 
 /エイプリル・スティーヴンス April Stevens

[ Phi-Dan 5005 ]
07)Home Of The Brave
 ホーム・ オブ・ザ・ブレイブ 1965年
 [ Barry Mann / Cynthia Weil ]
 /ボニー&ザ・トレジャーズ Bonnie & The Treasures
 ※訂正:シェールではなく、ヴォーカルはシャーロット・オハラでした。

【MFQ】
08)This Could Be the Night
 ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト  1965年
 [ Harry Nilsson ]
 /モダン・フォーク・カルテット Modern Folk Quartet 

CM
【ロネッツ】
~『Presenting the Fabulous Ronettes Featuring Veronica』から3曲

09)I Wonder アイ・ワンダー 1964年
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes

10)You Baby ユー・ベイビー  1964年
 [ Barry Mann / Phil Spector / Cynthia Weil ]
 /ロネッツ The Ronettes

11)How Does It Feel?
 ハウ・ダズ・イット・フィール 1964年
 [ Peter Andreoli / Vini Poncia / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes

~後年発掘された未発表音源を2曲
12)Here I Sit ヒア・アイ・シット 1965年録音(1976年発売)
 [ Harry Nilsson / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes

13)Soldier Baby (Of Mine) 
 ソルジャー・ベイビー・オブ・マイン 1964年2月録音(1976年発売)
 [ Peter Andreoli / Vini Poncia / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes
 ※Candy & the Kisses(1965年)

CM
~お蔵入りだった音源をもう1曲
14)Paradise パラダイス 1965年10月録音(1976年発売)
 [ Perry Jr. Botkin / Gil Garfield / Harry Nilsson / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes
 ※シャングリラス(The Shangri-Las)

【フィレス最後の歌姫、ティナ・ターナー】
[ Philles 135 ]
15)I'll Never Need More Than This
 アイル・ネヴァー・ニード・モア・ザン・ジス  1966年
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /アイク&ティナ・ターナー Ike & Tina Turner

AM2:00
- 2時台:フィレス以降のフィル・スペクター-
【充電期間を経て、1968年にA&Mとプロデュース契約】
[ A&M 1053 ]
16)Black Pearl 黒い涙 1969年13位
 [ Irwin Levine/Phil Spector/Toni Wine ]
 /チェックメイツ・リミテッド
 ソニー・チャールズ&ザ・チェックメイツ・リミテッド
 Sonny Charles&The Checkmates LTD
 Checkmates, Ltd feat. Sonny Charles

CM
【ビートルズ】
~フィル・スペクターはアメリカのポピュラー音楽界の伝統的な分業システム
を継承しつつも、ロックンロール時代ならではのポピュラー・ミュージックを
作り上げたが、ビートルズの登場によって崩壊。そのせいで60年代半ば以降、
一気に輝きを失ったものの、皮肉なことに、ビートルズからのプロデュース
依頼で再び最前線に蘇ることに。

[ Apple 2832 ]
17)The Long And Winding Road
 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 1970年1位/AC2位
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

【ジョージ・ハリスンとの共同プロデュースを2曲】
[ Apple 2995 ]
18)My Sweet Lord
 マイ・スウィート・ロード 1970年1位
 [ George Harrison/John Gary Williams ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison

[ Apple 1836 ]
19)Bangla Desh  バングラ・デッシュ 1971年23位
 [ George Harrison ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison

【ジョン・レノンを2曲】
[ Apple 1818 ]
20)Instant Karma! インスタント・カーマ  1970年3位
 [ John Lennon ]
 /プラスティック・オノ・バンド The Plastic Ono Band
 ジョン・レノン John Lennon

~『ロックンロール』セッションより
21)Angel Baby エンジェル・ベイビー
 [ Rosie Hamlin ]
 /ジョン・レノン John Lennon
 ※Rosie & The Originals(1961年5位)

CM
【1974年にワーナー・スペクター・レーベル設立】
[ Warner-Spector 0402 ]
22)A Love Like Yours (Don't Come Knockin' Every Day)
 ア・ラヴ・ライク・ユアーズ 1975年
 [ Lamont Dozier / Brian Holland / Eddie Holland ]
 /二ルソン&シェール Nilsson & Cher

【ディオンをプロデュース】
~アルバム・タイトル曲を

[ Phil Spector Int. 2010 012 ]
23)Born To Be With You
 ボーン・トゥ・ビー・ウィズ・ユー 1975年
 [ Don Robertson ]
  /ディオン Dion

【ラモーンズの『エンド・オブ・ザ・センチュリー』をプロデュース】
~勝手に甘いストリングスをダビングされ、メンバーは激怒

[ Sire 49182 ]
24)Baby I Love You
 ベイビー、アイ・ラヴ・ユー 1980年  
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Jimmy Holiday / Phil Spector ] 
 /ラモーンズ Ramones

CM
【レナード・コーエンとの異色コラボ】
~『Death of a Ladies' Man(ある女たらしの死)』をプロデュース。
スペクターがスタジオを占拠し、コーエンは追い出された!?

25)Memories 回想 1977年
 [ Leonard Cohen / Phil Spector ]
 /レナード・コーエン  Leonard Cohen

AM3:00
- 3時台はフィレス・レコード以前のフィル・スペクター -

[ Dunes 2007 ]
26)Pretty Little Angel Eyes
 プリティ・リトル・エンジェル・アイズ 1961年7位
 [ Tommy Boyce / Curtis Lee ]
 /カーティス・リー Curtis Lee

CM
【音楽キャリアの出発点】
~16歳の時に結成したテディ・ベアーズの一員としてデビュー

[ Dore 503 ]
27)To Know Him Is To Love Him
 会ったとたんに一目ぼれ 1958年1位  
 [ Phil Spector ]
 /テディ・ベアーズ Teddy Bears

【以降は裏方に転身、修行時代に手掛けた2曲】
[ Atlantic 2115 ]
28)Twist And Shout ツイスト・アンド・シャウト 1961年 
 [ Bert Berns / Phil Medley ]
 /トップ・ノーツ The Top Notes

[ Atlantic 2104 ]
29)Anyone But You エニイワン・バット・ユー 1961年
 [ Jeff Barry ]
 /ル―ス・ブラウン Ruth Brown

【更に1961年に手掛けたプロデュース作品を2曲】
[ ABC-Paramount 10181 ]
30)Some of Your Lovin' サム・オブ・ユア・ラヴィン 1961年
 [ Philip Spector / Terry Phillips ]
 /ジョニー・ナッシュ Johnny Nash

[ Jamie 1199 ]
31)You Took Advantage Of Me
 ユー・トック・アドヴァンテージ・オブ・ミー 1961年
 [ Ronald Blackwell ]
 /ザ・ブラックウェルズ The Blackwells

【1961年に手掛けた作品の中でも充実した出来映えの2曲】
[ Musicor 1011 ]
32)Every Breath I Take
 愛の息吹き 1961年42位
 [ Gerry Goffin / Carole King ]
 /ジーン・ピットニー Gene Pitney

[ Gregmark 6 ]
33)I Love How You Love Me
 貴方っていい感じ 1961年5位
 忘れたいのに
 [ Larry Kolber / Barry Mann ]
 /パリス・シスターズ The Paris Sisters

【最後にフィレス時代のフィレス以外での仕事を1曲】
[ columbia 4-42678 ]
34)I Love You Betty
 アイ・ラヴ・ユー、ベティ  1962年
 [ Phil Spector / Hank Hunter ]
 /テリー・デイ Terry Day
 ※テリー・メルチャー

CM
【ロバータ・フラック8年ぶりの新作はビートルズのカヴァー集】
~来週発売の『レット・イット・ビー・ロバータ』を紹介

35)In My Life イン・マイ・ライフ 2012年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ロバータ・フラック Roberta Flack

36)We Can Work It Out  恋を抱きしめよう 2012年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ロバータ・フラック Roberta Flack

37)The Long And Winding Road
 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 2012年 
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ロバータ・フラック Roberta Flack

38)Let It Be レット・イット・ビー 2012年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ロバータ・フラック Roberta Flack

CM
ED)TOKYO MOON 2011年
 [ Chage ]
 /Chage



以上、JFN系『Big Special』フィル・スペクター特集【第2夜】のエアプレイ・リストもスピード仕上げ。今回もわかる範囲でレコード番号も併記してみました。

全盛期フィレス時代のシングルを網羅した第1夜に続き、第2夜ではフィル・スペクターの音楽キャリアをざっと総括。やはり二ルソン&シェール「ア・ラヴ・ライク・ユアーズ」ディオン「ボーン・トゥ・ビー・ウィズ・ユー」辺りは健太さんの選曲以外ではまず耳に出来ないし、そもそもラジオで”音壁”をこれだけまとめて、それも体系的に聴ける機会は滅多にないので、本当に嬉しい限り。もしかして第3夜では健太さんが『レコード・コレクターズ』誌 2012年2月に執筆されてた『他アーティストによる”フィレス・サウンド的”名曲選』(P60-68)のような企画も盛り込んで下さってるんでしょうか?何にしても、今夜もラジオで音壁三昧なロックンロール・ウィンターとなりそうです(^^)。




| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |