Sweetheart Of The Radio

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「雨のリゾート」

Ram Ram

2012年06月15日(金)

『ラム』特集のレココレ最新号買いに本屋さん
立ち寄ったら(当分暫くは特別定価800円?)、
モーターワークスと達郎さん『ソノリテ』の新古CD
(いずれも初回限定盤)がワゴンセールで
まさかの200円!?

http://t.co/0Iz7hkDu
posted at 17:46:59

LP seiko

2012年06月24日(日)

何度も買い直してる『ロンバケ』ですが、
帯付きの中古LPが200円だったら
買わない手はないでしょう!

http://t.co/E0RmEE5j
posted at 14:55:16 

以上、今月のささやかな収穫より。あと、『ロンバケ』とセットで聴きたい聖子ちゃんの『風立ちぬ』も最近、再々婚のお祝いに(?)コンディションのいいやつ105円で買い直しました(そう言えば当時は演奏者のクレジットまで確認して聴いてなかったんですけど、「風立ちぬ」のドラムは島村英二さんで、「いちご畑でつかまえて」上原裕さん、「一千一秒物語」青山純さんが叩いてらしたんですね。そうか、杉真理さん提供の「雨のリゾート」は島村さんじゃなくて渡嘉敷祐一さんだったんだ)。

それにしても、相変わらず僕が音楽ソフトを購入するのは未だにダウンロードではなく、もっぱらCDやレコードなどのパッケージ盤ながら、近年は中古盤が中心で、洋楽の新作は国内盤よりも輸入盤を買うケースが多いんですが、音楽業界の強い働きかけにより、ドサクサに紛れて違法ダウンロードの厳罰化を盛り込んだ著作権法改正案が可決・成立させたりするようでは尚更もう彼らの息のかかった国内盤CDを積極的に手に取ろうという気にはなれないので、今後益々この傾向に拍車がかかりそう(早速、音楽ファンに加え、海外のハッカー集団からも反感を買ってるようですけど、本当にこの法案によって国内のCD売り上げが回復して、著作権も保護されると思ってるんでしょうか?)。



「まったく何だかなぁ・・・」と思いつつも、「雨のウェンズデイ」「雨のリゾート」聴いてたら、ホントに雨が降って来ました(やっぱりレコードが一番)。


スポンサーサイト

| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#07

ハヴ・マーシー!~ソングス・オブ・ドン・コヴェイハヴ・マーシー!
~ソングス・オブ・ドン・コヴェイ

(2012/07/25)
ウィルソン・ピケット、ベン・E・キング 他

ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第7回
2012年06月19日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一


-PM7:00-
【夜の始球式】
01)La Mer (El Mar)  ラ・メール(エル・マール)
 [ Albert Lasry / Charles Trénet ]
 /フリオ・イグレシアス Julio Iglesias
 ※映画『裏切りのサーカス』のラストで使用
 
【今日は何の日?①:アン・ウィルソンのバースデイ!】
02)Barracuda  バラクーダ 1977年11位
 [ Michael DeRosier / Sue Ennis / Roger Fisher
  / Ann Wilson / Nancy Wilson ]

 /ハート Heart

~バラクーダ繋がり! 
03)Chaka Poko Cha
 チャカ・ポコ・チャ 1982年
 [ 作詞: 岡本圭司 / 作曲:ベートーベン鈴木 ]
 /バラクーダ

【『ハヴ・マーシー!〜ソングス・オブ・ドン・コヴェイ~』より】
~英Aceのソングライター・シリーズ最新作。
 『Have Mercy! the Songs of Don Covay』
 国内盤はMSIより7月25日発売予定。

04)Sookie Sookie
 スキー・スキー 1969年
 [ Don Covay / Steve Cropper ]
 /ティナ・ブリット Tina Britt

05)Don't Drive Me Away
 ドント・ドライヴ・ミー・アウェイ 1966年
 [ Don Covay / Horace Ott ]
 /ベン・E・キング Ben E King

06)There's a Party Goin' On
 ゼアーズ・ア・パーティ・ゴーイング・オン 1959年
 [ John Berry / Don Covay ]
 /ワンダ・ジャクソン Wanda Jackson

07)She Said Yeah
 シー・セッド・イエー 1970年録音(1989年)
 [ Don Covay / Johnny Nash / Wilson Pickett / Mickey Stevens ]
 /ジョー・テックス Joe Tex

-ラジオ関西ジングル(ロング・ヴァージョン)-

【今日は何の日?②:作詞家・北山修さんの誕生日】
08)さらば恋人 1971年
 [ 作詞: 北山修 / 作曲・編曲: 筒美京平 ]
 /堺正章

09)レッツ・ゴー・サザエさん 1969年
 [ 作詞:北山修 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /加藤みどり

10)おくれて来た少女 1972年  
 [ 作詞:北山修 / 作曲:杉田二郎 / 編曲:葵まさひこ ]
 /シモンズ

11)土曜日は幸せ 1971年
 [ 作詞:北山修 / 作曲:田辺信一 ]
 /小鹿ミキ

12)初恋の丘 1971年
 [ 作詞: 北山修 / 作曲・編曲: 渋谷毅 ]
 /由紀さおり

【意味はわからないけど… 松田聖子さんに捧げます!】
13)Three Times a Lady
 永遠の人に捧げる歌 1978年1位/R&B1位/AC1位
 [ Lionel Richie ]
 /コモドアーズ The Commodores

14)Only My Love 1980年
 [ 作詞:三浦徳子 / 作曲:小田裕一郎 / 編曲:信田かずお ]
 /松田聖子

【今夜3度目の今日は何の日?
:ポールの誕生日とブライアンの誕生日の間の日!】
~ともに70歳!天才2人が2日違いの誕生日!
安田謙一と"エンソル"フレディーの関係!!

15)Here Today ヒア・トゥデイ 1966年
 [ Tony Asher / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

16)Here Today  ヒア・トゥデイ  1982年
 [ Paul McCartney ]
 /ポール・マッカート二ー Paul McCartney

CM
-PM8:00-

【夜のヒッチコック劇場】
17)Alfred Hitchcock Presents
 ヒッチコック劇場のテーマ
 [ Charles François Gounod ]
 ※「操り人形の葬送行進曲」

18)ラブ・イズ・Cash  1985年
 [ 作詞:Nokko・沢ちひろ / 作曲:土橋安騎夫 / 編曲:レベッカ ]
 /レベッカ

19)Surfin' Bird  サーフィン・バード 1985年
 [ Al Frazier / John Earl Harris / Sonny Harris
  / Carl White / Turner Wilson ]

 /フレンジー Frenzy
 ※トラッシュメン(The Trashmen-1964年4位)
 
20)Psycho  サイコ 1965年
 [ Leon Payne / Gerald Roslie / The Sonics ]
 /ソニックス The Sonics

【野球にタラ、レバはないけれど…】
~先週時間があれば、のこいのこの後にかけたかった…

21)Pata Pata パタパタ 1967年12位
 [ Miriam Makeba / Jerry Ragovoy ]
 /ミリアム・マケバ Miriam Makeba

~パタパタとくれば… 
22)ハメハメ 1969年
 /南州太郎
 [ 作詞: 二条冬詩夫 / 作曲・編曲:池田孝 ]
 ※「聞いてちょうだい」シングルB面

- ラジオ関西ジングル-

【Sister Paul(シスターポール)】
『彼と僕I』より。

23)子熊とスケート 2012年
 [ Susumu & MACKii ]
 /Sister Paul

24)さようならイサオ  2012年
 [ Susumu & MACKii ]
 /Sister Paul

25)凧になって 2012年
  [ Susumu & MACKii ]
 /Sister Paul

【特集:勝新太郎!】 
~CD11枚、DVD1枚、計12枚によるBOXセット『勝新歌大箱』より。

26)座頭市子守唄 1977年
 [ 作詞:いわせひろし / 作曲・編曲:曽根幸明 ]
 /勝新太郎

-気象情報-

【特集:勝新太郎!】
~BOXセットの監修は湯浅学さん!

27)夜はボサノバ 1982年
 [ 作詞:荒木とよひさ / 作曲・編曲: 三木たかし ]
 /勝新太郎

28)孤独におわれて 1973年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:富田勲 ]
 /勝新太郎

~BOXセット『勝新歌大箱』より、1956年リリースのSP盤に収録された曲です。
29)青いドレスの女 1956年
 [ 作詞:清水みのる / 作曲:大久保徳二郎 / 編曲:伊藤恒久 ]
 /勝新太郎

~ラストは別人太郎から勝新太郎に戻って… 
BOXセット『勝新歌大箱』にライナー書いてます!

30)The End of The World
 世界の果てに 1971年
 [ Dave Coutts / Robert DeLeo / Sylvia Dee / Arthur Kent ]
 [ 訳詞・編曲:曽根幸明 ]

 /勝新太郎
 ※スキーター・デイヴィス
 (Skeeter Davis-1963年2位/R&B4位/C&W2位/AC1位


【来週6月26日の放送はオールリクエスト!】
~全編、タイトルが疑問形の曲

31)今は幸せかい 1968年
 [ 作詞・作曲:中村泰士 ]
 /佐川満男

CM
-PM9:00-

【台風4号関連のニュース】
by 林編集長


-PM9:05-
【夜のラッキー7〜ボビー・ウーマック新譜から】
~デーモン・アルバーンがプロデュース!
『The Bravest Man In the Universe』

32)Please Forgive My Heart
 プリーズ・フォーギヴ・マイ・ハート 2012年
 [ Damon Albarn / Harold Payne / Richard Russell / Bobby Womack ]
 /ボビー・ウーマック Bobby Womack

33)Love Is Gonna Lift You Up
 ラヴ・イズ・ゴナ・リフト・ユー・アップ 2012年
 [ Damon Albarn / Harold Payne / Richard Russell / Bobby Womack ]
 /ボビー・ウーマック Bobby Womack

34)Stupid
 ステューピッド 2012年
 [ Damon Albarn / Harold Payne / Richard Russell / Bobby Womack ]
 /ボビー・ウーマック Bobby Womack

【ついでといっては何ですが…】
~初のソロ名義アルバム『Dr. Dee』
35)9 Point Star
 ナイン・ポイント・スター 2012年
 [ Damon Albarn ]
 /デーモン・アルバーン Damon Albarn

【ジュンです!6月です! 夜のレツゴー三匹】
36)23才 1975年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:三木たかし ]
 /風吹ジュン

37)新地ワルツ 1973年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲:吉田正 / 編曲:寺岡直三 ]
 /レツゴー三匹

38)ルパン音頭  1978年
 [ 作詞:モンキー・パンチ / 補作詞:中山大三郎 / 作曲・編曲大野雄二 ]
 /三波春夫

【今日は何の日?④:ニック・ドレイクのバースデー!】
~没後38年!
 
39)Hazey Jane II  ヘイジー・ジェーンⅡ  1970年
 [ Nick Drake ]
 /ニック・ドレイク Nick Drake

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!
 

40)おやじの海 1979年
 [ 作詞・作曲:佐義達雄 ]
 /村木賢吉


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第7戦のエアプレイ・リスト。今回も作者クレジットや年代など、わかる範囲で諸々書き添えつつ作成。(※追記:Sister Paulの作者クレジットだけ確認出来なかったんですけど、安田さんが教えて下さいました。有難うございます!)。

奇しくも、前日(6月18日)はポール・マッカートニー、そして翌日(6月20日)はブライアン・ウィルソンのお誕生日(ともに70歳!)で、おまけに当日はアン・ウィルソン北山修さん、故ニック・ドレイクのお誕生日というおめでたい日に、松田聖子の再々婚祝いも重なって、益々メモリアルな放送となりましたが、個人的にはこの際、ポール「ヒア・トゥデイ」『タッグ・オブ・ウォー』発売30周年も併せてお祝いしちゃいたい気分!

その他にも、ドン・コヴェイ作品集『勝新歌大箱』Sister Paulボビー・ウーマックといったいずれも個性際立つ新旧洋邦の注目盤紹介に加え、この番組ならではの醍醐味とでもいうべき【夜のヒッチコック劇場】【夜のレツゴー三匹】のような頓知の効いた選曲(「パタパタ」「ハメハメ」に至っては、まさしく連想ゲーム・笑)も楽しめてと、いつにも増して盛り沢山で息つく暇もないくらい充実度抜群。それでいて台風情報を挟んでも2時間40分に40曲というボリューム感がまた驚異的で、ホントにもうお腹いっぱい胸いっぱい!?AM、FM問わず、何でもアリでこれだけ聴き応えのあるコアな音楽プログラムって多分この番組くらいしかないので、やはり尚更ピンチヒッターからレギュラー昇格を期待せずにはいられないです(球団上層部の皆様、是非宜しくお願い致します!!)。


| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「セクシーな常識破壊者」

elvis

2012年03月23日(金)

1996年11月の朝日新聞に掲載された
大瀧詠一さんによるElvis評「セクシーな常識破壊者」。
これも大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012』
の予習の一環で引っ張り出して来たんですが、
あらためて読んでみても実に明快!

http://t.co/QfImI2DH
posted at 20:13:45


と、これはパート1放送前のtwitterより(画像は僕のポップス・スクラップ帳からで、ツイート時は縦向きだったので、やはり横向きに直して)。NHK-FM2012夏の特集番組ラインナップ速報によると、どうやら大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012』のパート28月27日(月)~31日(金)深夜24:00-24:50に放送されるようですね!またその前にパート1も8月13日(月)~17日(金)13:00-13:50再放送されるとのことで、復習にはもってこい(当然、リマスター版ですよね?)。そう言えばパート1の第1夜は放送2日前くらいにNHK番組表でオンエア予定曲目が発表されたものの、(フライングな上、不完全だったからか)程なく掲載撤回され、結局それきりになってますが、8月の再放送時には完全版の曲目リストも掲載して頂けるのでしょうか?第1夜はあのオンエア予定曲目表を見て、「ホントにこんなに沢山曲がかかるのか!?」と半信半疑でいたら、実際はそれより沢山曲かかってビックリ仰天有頂天だったんですけど(!)、何でも編集後記によれば、第1夜の編集には2週間かかったそうじゃないですか!?個人的に曲目リストをノートに記録するだけでも大変だったので(^^;)、緻密な編集作業は勿論、きっと構想を練り上げる段階から相当な情熱や労力が注がれているのでしょうね・・・。パート2の放送、今から待ち遠しいです!

I Am an Elvis FanI Am an Elvis Fan
(2012/07/31)
Elvis Presley
Sony Legacy(US)

ところでエルヴィスといえば、没後35周年企画日本のファンが選ぶ、日本のファンの為のベスト盤『アイ・アム・アン・エルヴィス・ファン』の収録曲目を決めるファン投票、当初は6月20日締切となってましたが6月25日まで延長されたようです。

 http://www.elvisfan.jp/

僕もノミネート楽曲200曲の中から迷いに迷って、好きな5曲を投票させて頂いたんですけど、Tシャツのプレゼント「TOP5にランクインした全ての楽曲を自ら選んだ方の中から抽選で10名様」だから、まず抽選対象にすら入らないような(苦笑)。ちなみに好きな5曲、「ラヴ・ミー」「サスピシャス・マインド」「グッド・タイム・チャーリー」「君を信じたい」「主の御手をわが胸に」に投票させて頂きました。どれか1曲でもCDに入ってくれたら嬉しいなぁ~。米盤との曲目の違いもどう出るのか、気になります!


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#06

CROSSBEAT (クロスビート) 2012年07月号CROSSBEAT (クロスビート)
2012年07月号

(2012/05/18)
シンコーミュージック・エンタテイメント


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第6回
2012年06月12日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一


-PM7:00-
【夜の始球式】
01)Lovers And Fools  1972年
 [ 英詞:Norman Simon / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /尾崎紀世彦 
 ※「また逢う日まで」(作詞:阿久悠 / 1971年)の英語ヴァージョン

【神戸は止んでるけど… 雨の唄】
~SEものを2曲続けて!

02)Coloured Rain
 カラード・レイン 1968年
 [ Jim Capaldi / Steve Winwood / Chris Wood ]
 /アル・クーパー Al Kooper
 ※トラフィック(Traffic / 1967年)

03)In The Rain 
 イン・ザ・レイン 1972年5位/R&B1位
 [ Tony Hester ]
 /ドラマティックス  The Dramatics

【リクエスト!】
~ポテトの発音が関西風味♪

04)Mashed Potato Time
 マッシュポテト
 [ Kal Mann (as Jon Sheldon) / Harry Land ]
 [ 訳詞:井田誠一 / 編曲:寺岡真三 ]

 /目方誠 (のちの美樹克彦)
 ※Dee Dee Sharp(1962年2位/R&B1位)

~芋づる式に… 
05)石焼きイモ 2000年
 [ 作詞:マリモラッコ / 作曲:マリモラッコ、伊藤多賀之 ]
 /ブリーフ&トランクス

【メッセージソング、続けます】 
06)祈れ呪うな  2012年
 [ 堀込高樹 ]
 /キリンジ
 ※5/30リリースの配信シングル

07)3月8日の雲 2012年 
 [ 作詞:沢田研二 / 作・編曲:大山泰輝 ]
 /沢田研二

【夜のJ-POPフライ】
08)真夏のSounds good!  2012年
 [ 作詞: 秋元康 / 作曲: 井上ヨシマサ ]
 /AKB48

【のこいのこ大全リターンズ】
-6月20日発売の『のこいのこ大全リターンズ』より-
09)パタパタママ  1976年
 [ 作詞:高田ひろお / 作曲:佐瀬寿一 / 編曲:五條弾 ]
 /のこいのこ

~短いから聞き逃さないように!
10)BACK-UP! 2001年
 [ 作詞:作者不詳 / 作曲・編曲:小西康陽 ]
 /のこいのこ

11)爆笑おすピー問題! 2002年 
 [ 作詞:作者不詳 / 作曲・編曲:小西康陽 ]
 /のこいのこ

~高浪さん書き下ろし!
12)よそ見ばっかり
 [ 作詞・作曲:高浪慶太郎 / 編曲:多田三洋 ]
 /のこいのこ

【夜の96粒の涙】
13)96 Tears
  96粒の涙 1966年1位
 [ Rudy Martinez ]
 /?&ザ・ミステリアンズ
 ? & the Mysterians
 クエスチョン・マーク&ザ・ミステリアンズ

14)96 Tears  1967年96位/R&B23位
 [ Rudy Martinez ]
 /ビッグ・メイベル Big Maybelle

15)96 Tears  1977年
 [ Rudy Martinez ]
 /スーサイド Suicide

CM
-PM8:00-

【夜のひねもすゆったり脳内再生…】
16)Ohm Sweet Ohm
 オーム・スイート・オーム  1975年
 [ Ralf Hütter ]
 /クラフトワーク Kraftwerk

【6/26は疑問形リクエスト大会】
~たとえばこんな曲! 

17)Do You Love Me ?
 ドゥ・ユー・ラヴ・ミー  1965年
 [ Berry Gordy, Jr. ]
 /ソニックス The Sonics
 ※The Contours(1962年3位/R&B1位)

【ミュージックマガジンで原稿書いてます!】
18)Summer's Gone 過ぎゆく夏  2012年
 [ Jon Bon Jovi / Joe Thomas / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

【特集:やっぱり『ラム』が好きだっちゃ!】
19)Heart Of The Country
 故郷のこころ 1971年
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /ポール&リンダ・マッカートニー
 Paul & Linda McCartney

20)A Love for You
 ア・ラヴ・フォー・ユー
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /ポール&リンダ・マッカートニー
 Paul & Linda McCartney

21)Hey Diddle
 ヘイ・ディドル
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /ポール&リンダ・マッカートニー
 Paul & Linda McCartney

~「聞けば聞くほどトランス状態になる!」と横尾忠則先生がツイートされた曲。
今夜はこのバージョンで。

22)Monkberry Moon Delight
 モンクベリー・ムーン・デライト 1973年
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /スクリーミン・ジェイ・ホーキンス
 Screamin' Jay Hawkins

~『スリリントン』から
23)Eat at Home
 イート・アット・ホーム 1977年
 [ Paul McCartney ]
 /パーシー“スリルズ”スリリントン
 Percy 'thrills' Thrillington
 Percy Thrillington
 ※ポール・マッカートニー(邦題「出ておいでよ、お嬢さん」/1971年)

~ブックレットも魅力です!
24)Ram On ラム・オン  1971年
 [ Paul McCartney ]
 /ポール&リンダ・マッカートニー

~ラム・オン味です。
25)ちょっと出ようよ 1987年
 [ 高浪慶太郎 ]
 /ピチカート・ファイヴ

~これもラム・オン風味。
26)JUICY LUCY  2000年
 [ 直枝政広 ]
 /直枝政広

~特集の最後はコレ! 
27)Uncle Albert/Admiral Halsey
 アンクル・アルバート〜ハルセイ提督 1972年
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /バディ・リッチ Buddy Rich

CM
-PM9:00-

【夜のラッキー7】
-アルバム『Marvelous Clouds』特集-
~全曲ロッド・マッキュンのカヴァー 

28)The Beautiful Strangers
 ビューティフル・ストレンジャー 2012年
 [ Rod McKuen ]
 /アーロン・フリーマン Aaron Freeman

29)Marvelous Clouds
 マーヴェラス・クラウズ 2012年
 [ Rod McKuen ]
 /アーロン・フリーマン Aaron Freeman

30)Jean ジーン  2012年
 [ Rod McKuen ]
 /アーロン・フリーマン Aaron Freeman

【評判いいですね〜ドクター・ジョン新作より】
-『ロックト・ダウン』-
31)Locked Down
 ロックト・ダウン  2012年
 [ Dan Auerbach / Dr. John / Leon Michels
 / Nick Movshon / Brian Olive / Max Weissenfeldt ]

 /ドクター・ジョン Dr. John

~エチオピアやんけ! 
32)Revolution
 レヴォリューション  2012年
 [ Dan Auerbach / Dr. John / Leon Michels
 / Nick Movshon / Brian Olive / Max Weissenfeldt ]

 /ドクター・ジョン Dr. John

~まんまエチオピアやんけ〜! 
33)Atawurulegn lela
 アタウルリグン・レラ  1975年(1986年)
 [ Mahmoud Ahmed ]
 /ムハマド・アハメド Mahmoud Ahmed 


【今日は何の日?〜船村徹先生のお誕生日!】
34)別れの一本杉
 [ 作詞:高野公男 / 作曲:船村徹 ]
 /船村徹
 ※春日八郎(1955年)

35)王将
 [ 作詞:西條八十 / 作曲:船村徹 ]
 /船村徹
 ※村田英雄(1961年)

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした! 
みなさんの声援のおかげでがんばれました! 
次回は来週6月19日(火)!


【See you next game!】
36)さよならをもう一度 1971年
 [ 作詞: 阿久悠 / 作曲・編曲: 川口真 ]
 /尾崎紀世彦 


以上、尾崎紀世彦で始まり、尾崎紀世彦で終わったラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第6戦のエアプレイ・リスト(【夜のラッキー7】 コーナー・テーマに使われている『ウルトラセブン』主題歌も含めてのキーヨ追悼とのこと!)。

キーヨ以外にも雨ソング芋ソング反原発メッセージ・ソング2連発(!)にAKB48なんかもかかれば、『のこいのこ大全リターンズ』「96粒の涙」の聴き比べあり、更にはアーロン・フリーマンドクター・ジョンの新作、そして船村徹先生ダン・ペンにも通じる味わい深いセルフ・カヴァーもありと、聴き応えたっぷりの2時間40分フルヴァージョンでしたが、そんな中でも最大の目玉企画は何と言っても【やっぱり『ラム』が好きだっちゃ!】特集でしょう!!昨シーズン第6回の「ポールなきマッカートニーの世界」特集(2011年6月7日放送)が面白かったので、今年もポールの特集やって欲しいなと秘かに期待してた矢先だっただけに、最高に素敵なタイミングで、『レコード・コレクターズ』2012年7月号掲載の「レコスケくん『ラム』だっちゃの巻」ともシンクロするものがあってニンマリ(^^)。「ラム・オン」風味カヴァー、それもスクリーミン・ジェイ・ホーキンスバディ・リッチを盛り込んで下さる辺りも実に心憎い選曲で、思わず唸りました!?

勿論、このところ僕もどっぷりポールな毎日。『クロスビート』誌は今迄ほとんど買ったことなかったので、『ラム』特集であろうと当初はスルーのつもりだったんですけど、安田さんの長文原稿(P6-P11)やザ・コレクターズの加藤さん(P21)目当てに7月号を購入、こちらも楽しませて貰ってます(新編集長はコレクターズのファンでいらっしゃるようですし、もしかしたら今後、手に取る機会が増えるかも・・・)。

そう言えば来週6月18日(月)ポールのお誕生日ですが(祝・70歳!)、次回放送はその翌日。どうやらこの勢いだと6月の3週連続放送破竹の快進撃となりそうですね!


| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お花見2012完結編

sakura sakura
 
今年のお花見蛇足も含めて、やはり天候的にどうしても満足出来ない
ものがあったので、滋賀県立近江富士花緑公園で急遽リベンジ!

sakura

有難いことに今度は文句なしの晴天。桜も何とかギリギリ満開というか、
風が吹くと桜吹雪がキレイで、ある意味絶好のお花見日和(^^)。

sakura sakura

そんな中、ランチタイムも公園内のログハウス、「森のBe-cafe」
窓ガラス越しにお花見を楽しみながら。

hayashi hayashi

本当は噂の新メニュー「近江富士カレー」を食べたかったんですけど、生憎既に売り切れだったので(残念!)、こちらも完売直前だったハヤシライスを注文(700円)。何でも地元産の雑穀米を使ってるそうで、ヘルシーかつマイルドな味わいで、とっても美味しかったです!あと焼き立ての石窯パンも食べたんですが、写真撮るの忘れました(^^;)。
 
sakura sakura
 
食後は桜の樹の下にレジャーシートを広げ、暫しゴロリと横になって、
紗希『春の匂い』、というよりジム・クウェスキン『Enjoy Yourself』気分。
春色の木漏れ日が気持ちよくて、実にピースフルなひと時でした。

Enjoy Yourself (It's Later Than You Think)Enjoy Yourself
(It's Later Than You Think)

(2009/05/19)
Jim Kweskin


それから調子に乗って久々にバトミントンなんかもやってみたんですけど、案の定、体力の衰え日頃の運動不足を痛感する破目に(苦笑)。でも、近江富士花緑公園は老若男女大勢のお花見客で賑わっていても、飲酒やバーベキューでドンチャン騒ぐような無粋な人はいないし、皆さんマナーも良くて、心地よい空気感の中でお花見を楽しめて大満足(それでいて入場は勿論、駐車場も無料ですしね!)。そのうちまた近江富士カレーのリベンジで再訪をと目論んでいます(笑)。



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

"いつもこころに冒険王"

『冒険王』

先月のささやかな収穫から。

まず南佳孝さんの『冒険王』(1984年)、まるで新品かと思う程ピッカピカの中古盤が何と105円!(全作詞を手掛ける松本隆さんとの共同プロデュースで、薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」のタイトルで歌った「スタンダード・ナンバー」も収録。加藤和彦さんも12弦ギターで1曲客演されてたんですね)。

小松崎茂画伯の素晴らしいアートワークもやはりLPだと尚格別のものがあります。

reco

更に105円の餌箱にはユーミン『流線形’80』(1980年)も!

この辺りは学生時代、友達にカセットテープに録音して貰って聴いてはいたものの、自分では買ってなかったんですけど、まさか今になって矢吹申彦さんのLPジャケをこの値段で手に出来るとは(^^;)。そうか、山下達郎さんはコーラスだけじゃなくてエレキ・ギターも弾いておられたんだ。

reco

あと、伊藤銀次さんのSTARDUST S『YMPHONEY’65-’83』(1983年)も、帯&ステッカー付きの美品LPが105円緑色のクリアビニールも盤質上々で、これまたウハウハです(^^)。

1/350 サンダーバードシリーズ No.02 サンダーバード2号&4号1/350 サンダーバードシリーズ
No.02 サンダーバード2号&4号

(2012/06/30)
青島文化教材社
ところで小松崎画伯といえば、先月ツイートさせて頂いてましたが、近々青島文化教材社から久々に発売されるサンダーバードのプラモデル小松崎茂画伯のボックスアートだそうですね!

 http://www.aoshima-bk.co.jp/kokuchi/ThunderBirds2012/

電動ジェットモグラ秘密基地なんかもさることながら(アマゾンだとちょっとお安い!?)、とりあえず2号(&4号)だけでも欲しい!!


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・お花見2012

sakura2012 cafe

遅ればせながら「お花見2012」の続き、というか蛇足。
写真は日吉大社参道しだれ桜
三井寺から坂本に移動してお花見のはしごを、と考えていたんですが、
天気予報に反して雨が降って来たので、結局すぐに膳所まで引き返して
久し振りにコメダ珈琲にて「花よりシロノワール」(苦笑)。

matari cafe

そして大津PARCOで買い物を楽しんだ後、
夕食はNHK大津放送局前自家焙煎珈琲&Diningマタリさんで
カレーライス(500円!)とコーヒー(290円!!)。
定食メニューもボリュームたっぷりでとってもリーズナブル、
カツサンドも美味しいと評判なので、是非また再訪したいです。

gundam Gundam Gundam

そんなような訳でメインのお花見散策自体は決して満足のいくものではなかったものの、
最後に京阪浜大津駅ガンダム電車に遭遇出来たので結果オーライ(?)。
正直、『ガンダムAGE』には失望しまくりで然程興味はないんですけど(どちらかというと
最近は『エウレカセブンAO』の方が楽しみ)、それでもやっぱりこうゆう車両を見ると
思わずテンション上がっちゃいます(『けいおん!』電車も見に来ればよかった・笑)。

GOLDEN☆BEST 南沙織 コンプリート・シングルコレクションGOLDEN☆BEST 南沙織
コンプリート・シングルコレクション

(2010/09/08)
南沙織


雨上がりの帰り道、電車の中で『夜のピンチヒッター』4月3日放送分の録音を聴き直してた余韻で、電車を降りた後も南沙織「春の予感 -I've been mellow-」が頭の中でリピート再生されてました(初期ビージーズとか、このところメロウ系がマイブームのような・・・)。



以上、梅雨入りだというのに季節感なくてスイマセン(^^;)。


| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パンナム展イベント「レコ部」

PANAM NU

2012年04月30日(月)

Wired Cafe(NU茶屋町店)でコーヒータイム。
コースターがパンナム展とコラボってました。

http://t.co/LiczmWOe
posted at 13:19:43

と、やはり当日の実況ツイートを抜粋しつつ、「パンナム展at梅田ロフト」の続き。
コーヒータイムの後は、再び梅田ロフトに舞い戻って、常磐響さん&砂原良徳さんによる「レコ部」イベントに参加、というか”搭乗”(先着50名の整理券、開店前に並んだ甲斐あって何とか間に合いました)。

THE SOUND OF´70sTHE SOUND OF´70s
(1998/11/11)
砂原良徳


「レコ部」と言いつつも、トーク中心ではあったものの、ちらっとかけて下さった常磐さんご持参の飛行機関連レコードはジャケだけじゃなくて、ども素敵なサウンドだし、砂原さんのパンナム愛に満ちたコンセプト・アルバム『THE SOUND OF´70s』の制作裏話も伺えて(中古でいいからLP欲しい!)、マニア心をくすぐられる、なかなか興味深いひと時でした。

PANAM PANAM

尚、「レコ部」イベントの”離陸前”には、CAさんによるドリンクフィッシュorチキンの機内サービスも!?僕はチキンをチョイスしたんですけど、パッケージを剥がすと中身は焼き鳥の缶詰(笑)。そしてステッカーはイベント終了時に常盤機長からの搭乗記念プレゼントとして配って下さったもの(何と3枚入り!)。ペーパークラフトや無料パンフ、整理券共々、いい記念になりました(有難うございました)。

そうそう、Ustに『レコ部』イベントのアーカイブが残ってますね!ずっと立ちっ放しで流石に後半ちょっとしんどかったし、メモとかも取れなかったので、あらためて復習させて頂くとします(^^;)。


Live video by Ustream
- つづく -


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パンナム展at梅田ロフト

PANAM PANAM

2012年04月30日(月)

あてんしょんぷり~ず。
梅田ロフトでパンナム展にゃう!

http://t.co/4kDc1c9Y
posted at 11:07:15

PANAM PANAM PANAM

ということで、今年のGW期間唯一のお出かけはちょっくら大阪へ。
既に倒産してしまった航空会社ながら、海外でドラマになったりと
近年再評価されてるようですが、確かにこのシンボルマークをはじめ
ポスターグッズ等々、いずれも洗練されたデザインで洒落てますよね!

PANAM PANAM PANAM

更に会場にはパンナムと100%ORANGEグルーヴィジョンズらとの
コラボ作品なんかも展示されていて、これがまた何ともキュート。

PANAM PANAM
 
でも僕にとって断然魅力的だった展示物は(パンナムカラーのワーゲンバスと)
『2001年宇宙の旅』オリオン号

2001年宇宙の旅 [DVD]2001年宇宙の旅 [DVD]
(2010/04/21)
スタンリー・キューブリック監督


そうそう、これ、パンナムが運行しているという設定だったんですよね。

PANAM PANAM PANAM

スタンプラリー巡って
パンナムのペーパークラフトげっとん!

http://t.co/ztkjxGfz
posted at 11:30:18

イベント会場は7Fだったんですけど、店内3箇所のスタンプを集めると
先着1000名に貰えるとのことだったので、喜んでスタンプ押して周りましたとも。
そう言えば1Fの売り場通路がパンナム展にちなんで滑走路になってました(^^)。

curry

茶屋町のカレー屋さん、やっぱり安くてまいう〜!
今日はエビフライカレーにしてみました。

http://t.co/3x84CXfw
posted at 12:21:26

エビフライカレーもカツカレーとかも全部580円
茶屋町界隈に来たらお昼ご飯はここと決めています(笑)。


-つづく-


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:オール・リクエスト大会#13

Fantastic Expedition of Dillard & ClarkFantastic Expedition of
Dillard & Clark

(2011/09/27)
Dillard & Clark


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年5月30日25:00-28:00
(TFMのみ26:00から)
「オール・リクエスト大会」#13
スペシャルDJ:萩原健太

http://www2.jfn.co.jp/big/

-AM1:00-
01) Survival
 サヴァイヴァル 1978年
 [ Marc Jordan ]
 /マーク・ジョーダン Marc Jordan 

CM
02)Rag Doll  
 悲しきラグドール 1964年1位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ] 
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons 

03)A Lover's Concerto
 ラバース・コンチェルト 1965年2位/R&B4位
 [ Sandy Linzer / Denny Randell ]
 /トーイズ The Toys
 トイズ 

04)Around And Around
 アラウンド・アンド・アラウンド 1964年
 [ Chuck Berry ]
 /ジ・アストロノウツ The Astronauts
 ※B-side of "Main Title From 'Ride The Wild Surf'(太陽の渚)"
 ※チャック・ベリー(1958年)

05)Soft Falls The Rain 1977年
 [ Peter Skellern ]
 /ピーター・スケラーン Peter Skellern

06)Sad Eyes
 サッド・アイズ 1979年1位
 [ Robert John ]
 /ロバート・ジョン Robert John

07)I Need You
 アイ・ニード・ユー 1979年81位
 [ Eric Carmen ]
 /ユークリッド・ビーチ・バンド Euclid Beach Band

CM
08)Easy To Slip
 イージー・トゥ・スリップ 1972年
 [ Lowell George / Martin Kibbee ]
 /リトル・フィート Little Feat

09)You're The Singer
 歌にくちづけ 1977年
 [ Michael Georgiades ]
 /バーニー・レドン&マイケル・ジョージアディスバンド
 The Bernie Leadon-Michael Georgiades Band

10)Just a Season
 ジャスト・ア・シーズン  1970年
 [ Jacques Levy / Roger McGuinn ]
 /ザ・バーズ The Byrds
 ※回転の速いシングル・ヴァージョン
 ※B-side of "Chestnut Mare"


11)Looking Back
 ルッキング・バック 1961年
 [ Brook Benton / Belford Hendricks / Clyde Otis ]
 /ジョニー・ギター・ワトソン
 Johnny "Guitar" Watson

CM
12)Eloise エロイーズ 1968年UK2位
 [ Paul Ryan ]
 /バディ・ライアン Barry Ryan

13)The Wedge
 ザ・ ウェッジ 1963年
 [ Dick Dale ]
 /ディック・デイル&ヒズ・デルトーンズ
 Dick Dale & His Del-Tones

-AM2:00-
14) Why Do We Hurt Each Other
 ホワイ・ドゥ・ウィ・ハート・イーチ・アザー  1978年
 [ Mickey Deene ]
 /デニ & ゴールド  Denne & Gold

CM
15)Workin' On A Groovy Thing
 愛の星座 1969年20位/R&B15位
 [ Neil Sedaka / Roger Atkins ]
 /フィフス・ディメンション
  The 5th Dimension

16)Eve イブ  1972年
 [ Jim Capaldi / Richard Carpenter ]
 /ジム・キャパルディ Jim Capaldi 

17) There Is Nothing More To Say
 語りつくして 1968年
 [ Curt Boettcher / Lee Mallory ]
 /ミレニアム  The Millennium

18) Big Blue Diamonds
 ビッグ・ブルー・ダイヤモンズ 1965年
 [ Earl "Kit" Carson ]
 /サム・ザ・シャム & ザ・ファラオス
  Sam The Sham & The Pharaohs
 ※レッド・パーキンス(Red Perkins-1950年)

19)My Mom マイ・マム 1964年
 [ Bobby Darin / Terry Melcher ]
 /オズモンド・ブラザーズ
 The Osmond Brothers
 ※テリー・メルチャ―によるプロデュース

20)Halfway Hotel
 ハーフウェイ・ホテル  1979年UK33位
 [ Paul French ]
 /ヴォヤージャー Voyager
 ヴォイジャー

CM
【追悼リクエスト・コーナー】
~リヴォン・ヘルム

21)Last Train To Memphis
 ラスト・トレイン・トゥ・メンフィス 1988年
 [ The Band / Bobby Charles / Levon Helm ]
 /ザ・バンド feat.エリック・クラプトン
 The Band featuring Eric Clapton

~ドナルド・ダック・ダン
22) I Can't Turn You Loose
 お前を離さない 1965年R&B11位
 [ Otis Redding ]
 /オーティス・レディング  Otis Redding
 ※B-side of "Just One More Day"

~ドク・ワトソン
23)Black Mountain Rag
 ブラック・マウンテン・ラグ 1972年
 [ Traditional ]
 /ニッティ・グリッティ・ダート・バンド
 Nitty Gritty Dirt Band  
 feat. Doc Watson
 ※『Will the Circle Be Unbroken(永遠の絆)』収録ヴァージョン(1972年)
 ※『Doc Watson』(1964年)


~ダグ・ディラード
24)Train Leaves Here This Mornin'
 今朝発つ列車
 1968年
 [ Gene Clark / Bernie Leadon ]
 /ディラード&クラーク Dillard & Clark
 ※イーグルス(Eagles-1972年)

CM
25)Monkberry Moon Delight
 モンクベリー・ムーン・デライト  1971年
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /ポール&リンダ・マッカートニー
 Paul & Linda McCartney

26)Remember Then
 リメンバー・ゼン 1962年24位/R&B29位
 [ Tony Powers / Beverly "Ruby" Ross / Stan Vincent ]
 /アールズ The Earls 

-AM3:00-
27)Never Take The Place Of You
 ネヴァー・テイク・ザ・プレイス・オブ・ユー 1980年
 [ Al Anderson ]
 /NRBQ

CM
28)Theme From "Greatest American Hero" (Believe It Or Not)
 グレイテスト・ アメリカン・ヒーローのテーマ 1981年2位
 [ Stephen Geyer / Mike Post ]
 /ジョーイ・スキャベリー Joey Scarbury

29)Take Away The Emptiness Too
 テイク・アウェイ・ザ・エンプティネス・トゥー 1971年
 [ John MacLeod / Tony Macaulay ] 
 /ピケティウィッチ Pickettywitch 
 ※ファウンデーションズ(The Foundations-1969年)

30)Don't Sleep In The Subway
 天使のささやき 1967年5位/AC1位
 [ Tony Hatch / Jackie Trent ]
 /ペトゥラ・クラーク Petula Clark

31)You're No Good
 悪いあなた 1963年
 [ Clint Ballard, Jr. ]
 /ディー・ディー・ワーウィック Dee Dee Warwick
 ※プロデュースはリーバー&ストーラー
 ※ベティ ・エヴェレット(Betty Everett -1964年51位/R&B51位)
 ※リンダ・ロンシュタット(1975年1位)

 
32)Little Beatle Boy
 リトル・ビートル・ボーイ  1964年
 [ Bob Feldman / Jerry Goldstein / Richard Gottehrer ]
 /エンジェルス  The Angels

33)Monday Bluesong
 月曜日の悲しい歌  1972年
 [ Jon Mark ]
 /マーク=アーモンド Mark Almond

CM
34)Different Drum
 ディファレント・ドラム 2006年
 [ Michael Nesmith ]  
 / マシュー・スウィート&スザンナ・ホフス
 Matthew Sweet & Susanna Hoffs
 ※ストーン・ポニーズの邦題は「悲しきロック・ビート」
 (Linda Ronstadt with The Stone Poneys-1968年13位)


35)Greenback Dollar
  グリーンバック・ダラー 1963年21位/AC6位
 [ Hoyt Axton / Kennard Ramsey ]
 /キングストン・トリオ The Kingston Trio

36)Gone Too Far
 ゴーン・トゥ・ファー 1980年82位/C&W1位
 [ David Malloy / Eddie Rabbitt / Even Stevens ]
 /エディ・ラビット Eddie Rabbitt

37)Better Days (Looks As Though We're Doing Somethin' Right)
 ベター・デイズ 1976年
 [ Melissa Manchester / Carole Bayer Sager ]
 /ジェーン・オリバー Jane Olivor
 ※メリサ・マンチェスター(邦題「幸せの日々」-1976年71位)

38)Snoopy vs. The Red Baron
 暁の空中戦 1966年2位
 [ Phil Gernhard / Dick Holler ]
 /ロイヤル・ガーズメン
 The Royal Guardsmen

CM
39)I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
 手紙でも書こう 1935年5位
 [ Fred E. Ahlert / Joe Young ]
 /ファッツ・ウォーラー Fats Waller


以上、JFN系『Big Special』でのオール・リクエスト大会としては通算13回目、今年度2発目となる5月30日深夜放送のエアプレイ・リスト。健太さんは当日、東京ドームにて杉内のノーヒットノーランを見届けてスタジオ入りされたとのことで、すっかり気を良くされたのか(松井のホームランもありましたしね!)、一瞬ちらっと間違った曲が流れてしまうというフィルダース・チョイスこそあったものの(ホントにあれは土田さん?・笑)、杉内に負けず劣らずの快調なピッチングで全39曲と聴き応えたっぷりのナイスゲーム!

そんな中、今回僕がリクエストさせて頂いたのはダグ・ディラードの追悼ディラード&クラーク。昨年、健太さんから「お前は追悼リクエストが多い」と言われたので、やめようかとも思ったんですが(苦笑)、我が家の田植えも無事終わりカントリー・ロックを聴きたい気分だったし、リスナー仲間さんからもいいんじゃないかと背中を押して頂いたので、それならばと「Why Not Your Baby」「Train Leaves Here This Mornin'」をとお願いしたところ、健太さんが後者をチョイスして下さった次第(確かに、夜明け前のラジオにはこの曲がよく似合います)。先日の山下達郎さんの番組(5月27日放送)ではロビン・ギブチャック・ブラウンの追悼オンエアに加え、ドナ・サマードナルド・ダック・ダンの名前も出たのに、ダグ・ディラードさんには触れて貰えず淋しかったので、リヴォン・ヘルムドク・ワトソンさんと共に『Big Special』で追悼して頂けて、ホント有難いです(ロビンについては、TBSラジオ『サウンド・キャッチ』追悼特集組んで下さってましたしね)。

尚、次回の健太さんDJによるリクエスト大会は6月20日(水)深夜放送とのこと。どうやら、来週6月6日深夜吉岡正晴さんによるプリンス特集で、再来週6月13日深夜星加ルミ子さんが担当されるようですけど(やはりビートルズ関連の特集?)、健太さんの次の出番は勿論、今から次の次の出番も待ち遠しくて仕方ないです(^^;)。


| Radio Sweetheart | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#05

ミソラヒバリ リズム歌謡を歌う!1949-1967ミソラヒバリ
リズム歌謡を歌う!1949-1967

(2006/11/01)
美空ひばり


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第5回
2012年05月29日(火)19:00-20:40
「生誕100年、米山正夫の100分」
DJ:安田謙一


-PM7:00-
【夜の始球式】
~生誕75周年!
 
01)泣き笑いのマンボ 1960年
 [ 作詞:美空ひばり / 作曲:米山正夫 / 編曲:松尾健司 ]
 /美空ひばり
 ※映画『続々・べらんめぇ芸者』

【生誕100年、米山正夫の100分】
~先日、湯浅さんと選曲がかぶった!

02)ロカビリー剣法 1958年
 [ 作詞・作曲・編曲:米山正夫 ]
 /美空ひばり
 ※映画『花笠若衆』

- 更に2曲続けて -
03)ロカビリー芸者 1960年
 [ 作詞:西條八十 / 作曲・編曲:米山正夫 ]
 /美空ひばり
 ※映画『続・べらんめぇ芸者』

04)ひばりのドドンパ 1961年 
 [ 作詞・作曲:米山正夫 / 編曲:松尾健司 ]
  /美空ひばり
 ※映画『魚河岸の女石松』

CM
~ポリドール専属作曲家時代の曲
05)森の水車  1942年
 [ 作詞:清水みのる / 作曲:米山正夫 ]
 /高峰秀子

~コロムビア時代の曲
06)都々逸ブギ 1951年
 [ 作詞:丘灯至夫 / 作曲:米山正夫 ]
 /豊吉

- 聴き比べ!-
07)お~い!車屋さん 1991年
  [ 作詞:米山正夫・荒木とよひさ / 作曲:米山正夫・馬飼野康二、編曲:鷺巣詩郎 ]
 /忍者

08)車屋さん 1961年
  [ 作詞・作曲:米山正夫 / 編曲:福田正 ]
 /美空ひばり

CM
【生誕100年、米山正夫の100分~夜のリンゴ追分】
09)Ringo Oiwake 1965年
 [ 作詞:小沢不二夫 / 作曲:米山正夫 ]
 /スカタライツ 
 Johnny Moore & The Skatalites
 ※「リンゴ追分」美空ひばり(1952年)

10)リンゴ追分 Ringo Oiwake 1959年
 [ 作詞:小沢不二夫 / 作曲:米山正夫 ]
 /マーティン・デニー Martin Denny

11)Ringo Oiwake
 [ 作詞:小沢不二夫 / 作曲:米山正夫 ]
 /クラブ二世オーケストラ
 クラブ・ニセイ・オーケストラ
 Club Nisei Orchestra
 with Alma Shimabukuro

12)Ringo Oikwae 1959年
 [ 作詞:小沢不二夫 / 作曲:米山正夫 ]
 /エセル・アザマ Ethel Azama

-「りんご追分」の影響を受けた1曲-
13)Lead Me On
 リード・ミー・オン  1960年R&B9位
 [ Deadric Malone ]
 /ボビー・ブランド Bobby "Blue" Bland

CM
-とびきりの芸人ソングを2曲-
14)華麗なる人生(ウハウハソング)  1971年
 [ 作詞:芦川七三 / 作曲:米山正夫 / 編曲:重松岩雄 ]
 /南利明

15)ポルノ小唄  1973年
 [ 作詞:フランキー堺 / 作曲:米山正夫 ]
 /フランキー堺

- 日本の車社会の変遷がわかる3曲 -
16)右折禁止 1962年
 [ 作詞・作曲:米山正夫 ]
 /五月みどり

17)スピード違反 未発表曲
 [ 作詞・作曲:米山正夫 編曲:福田正 ]
 /小林旭
 ※大瀧詠一さん企画・監修盤『アキラ 4』(2002年)

18)恋のGT 1966年
 [ 作詞・作曲:米山正夫 / 編曲:重松岩雄 ]
 /西郷輝彦

CM
- PM8:00-
【生誕100年、米山正夫の100分】
19)だめでもともと 1970年
 [ 作詞:星野哲郎 / 作曲:米山正夫 / 編曲:小杉仁三 ]
 /水前寺清子

~3番の歌詞にシビレます!
20)恋の挑戦状 1967年
 [ 作詞:中山大三郎 / 作曲:米山正夫 / 編曲:重松岩雄 ]
 /美樹克彦

~こちらも歌詞がシビレる曲。
ご本人の作曲ではないですが、影響を感じます。

21)東京キケン野郎 1981年
 [ 作詞・作曲・編曲:沖山優司 ]
 /沖山優司

~ノベルティーソングも多数あります。
22)ヤン坊、マー坊の唄 1963年
 [ 作詞:能勢英男 / 作曲:米山正夫 ]
 /木村和子・山口えみ

23)近鉄バファローズの歌 1975年
 [ 作詞:竹中郁 / 作詞:米山正夫 / 編曲:キダ・タロー ]
 /クール・ボナール

24)赤いトラクター 1979年
 [ 作詞:能勢英男 / 作曲:米山正夫 / 編曲:小杉仁三 ]
 /小林旭

- ラジオ関西のレコード室の充実ぶりがわかる2曲-
~歌のうまさが際立ちます!

25)アロハ音頭 1960年
 [ 作詞:西條八十 / 作曲:米山正夫 ]
 /島倉千代子

26)ルビー・ナイト香港  1970年
 [ 作詞:星野哲郎 / 作曲:米山正夫 / 編曲:小杉仁三 ]
 /キャンディ・シュー

- まだまだいきます!エレキ歌謡3連発!-
27)悲しきエレキ小僧 1966年
 [ 作詞:高垣葵 / 作曲:米山正夫 / 編曲:重松岩雄 ]
 /飯田久彦

28)モンキー大学 1966年
 [ 作詞・作曲:米山正夫 / 編曲:重松岩雄 ]
 /飯田久彦

29)悪かったのは君なんだ 1966年
 [ 作詞:水島哲 / 作曲:米山正夫 / 編曲:田辺昭知 ]
 /高木たかし
 ※バックは田辺昭知とザ・スパイダース

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!
次回の放送は6月12日(火)。


-米山正夫の100分をシメるのはこの曲-
30)大巨獣ガッパ 1967年
 [ 作詞:一条ひかり / 作曲:米山正夫 / 編曲:重松岩雄 ]
 /美樹克彦


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第5戦のエアプレイ・リスト。
いくつかの偶然が重なって実現した番組ぶち抜き「生誕100年、米山正夫の100分」大特集 当ブログも”特集を組むきっかけの一つ”だったとのことで誠に光栄ですが、米山先生の生誕100周年に加え、ひばりさんのお誕生日を祝うのにも最高の企画!

それも、ただ代表曲を並べるだけでなく、「車屋さん」の聴き比べに始まり、芸人ソングノベルティー系のコーナー、更に【夜のリンゴ追分】【日本の車社会の変遷がわかる3曲】といった(笑)、この番組ならではのユニークな切り口でいろんな角度から米山作品に触れることが出来て、楽しさも2倍2倍!もしかしたら、番組名にちなんでオンエアがあるのではと予想してた山岡英二(というか吉幾三さん)の「君は無敵の三冠王」「人生ホームラン」はかからなかったものの、秘かにリクエストしようかなと思ってた飯田久彦さんの「悲しきエレキ小僧」「モンキー大学」も聴けて大満足(オマケに【エレキ歌謡3連発】高木たかし「悪かったのは君なんだ」まで!)。

このところ、NHK-FM佐野元春さんや小西康陽さんの番組などでも戦後昭和歌謡にスポットを当てた特集が組まれてましたけど、そんな中でも今回の「生誕100年、米山正夫の100分」は断然愉快で充実度もピカイチ、ノーヒット・ノーランどころかパーフェクト・ゲーム級に圧巻でした!!

それにしても米山さんの作品って、本当にヴァラエティに富んでいて、メロディアスで魅力的な楽曲が多いですね。とりあえずチータ「だめでもともと」お千代さん「アロハ音頭」のレコードが欲しいです(笑)。

 

| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |