Sweetheart Of The Radio

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

田植え2012完結編

taue2012 taue2012
 
2012年05月16日(水)

そんな訳でいよいよ田植えラストの【パート5】。
風ちょっとあるけど、今日はいいお天気になりそう!

http://t.co/2HDgj0YF
posted at 08:05:30

taue2012 taue2012

お陰さまで我が家の田植え、本日完了しました!
http://t.co/V8XD7hqh
posted at 17:53:44

taue2012 taue2012

以上、これにて田植え2012のアーカイブ・シリーズもようやく終了。
これでやっと6月の日記に取りかかれます(苦笑)。

前日、雨にもめげず頑張って【パート4】やっといたので、【パート5】は余裕綽々。

やっぱり田植えは多少暑くても雨の中より五月晴れの方が気分いいです(^^;)。

Hannah CrannaHannah Cranna
(1997/06/10)
Hannah Cranna


最後に田植え2012【パート5】のサウンド・トラックバッドフィンガーのジョーイ・モランドがプロデュースを手掛けたハンナー・クランナ『Hannah Cranna』(1997年)。僕の愛聴盤としてHP開設当初から紹介させて頂いてますが、ジョーイもギターで参加してる1曲目の「Don't Fall In Love」を脳内で再生すると田植え機のスピード感と丁度いいことに気付きました!

そう言えばハンナー・クランナ、その後どうしてるのかなと思ってたら今年久々に発表した新作『Real Nice Parade』バッドフィンガーの「Money」と「Flying」をカヴァーしてて、しかもこれ、驚いたことにジョーイとの共演によるライヴ・ヴァージョンじゃないですか!?(こちらでちらっと、My Spaceではフルサイズ試聴出来ます)。
その他、彼らのデビュー作『Better Lonely Days』(1995年)に入ってた、ズバリ「Paul McCartney and Wings」という素敵なタイトルのギターポップチューンも再び収められている辺りもニンマリ(^^)。英国流儀のビート・ポップに憧れつつも、アメリカンでフォーク・ロッキンな彼らのサウンド、相変わらず少々イナタくとも健在で嬉しいです。


スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続々・田植え2012

taue2012 taue2012
 
2012年05月15日(火)

今日は駄目かと思ったけど
合羽来て田植え【パート4】着手。
これ以上、雨降らないで!!

http://t.co/bbTal4yb
posted at 08:44:11

taue2012 taue2012
 
田植え【パート4】終了。
雨の中でもまっすぐキレイな仕上がり!
超自信作です(笑)。

http://t.co/G6QdDCkj
posted at 11:33:46


そんな訳で田植え2012のアーカイブ・シリーズをあともうちょっとばかり。

taue2012 taue2012 taue2012

この日、当初は午前中に【パート4】、午後に【パート5】という予定ではあったものの、前日から雨の予報だったのでこりゃ順延かなと呑気に構えてたところ、【パート4】だけでもやってしまおうということに!?雨の中の田植えは初体験だったんですが、「よし、やるっきゃない!」と腹を決めたら集中力が高まったのか、悪天候もなんのそので、今シーズンの最高傑作じゃないかと思うくらい真っ直ぐキレイに植えることが出来ました。でもやっぱり、ろくに休憩する暇もなかったし、雨の中の田植えはもういいです(^^;)。

Mojo: Tour EditionMojo: Tour Edition
(2012/06/19)
Tom Petty & The Heartbreakers


ちなみに、僕が田植え機に乗りながら頭の中でガンガン流していたのはトム・ぺティ&ザ・ハートブレイカーズ「Should Have Known It」「Jefferson Jericho Blues」男気溢れるスワンピーかつブルージーな骨太リフロックで気合いを入れて、雨にも負けず頑張れたのでトム・ぺティさんに感謝。従って田植え2012【パート4】のサウンド・トラック『MOJO』。そう言えば先月、20年ぶりに実現した欧州ツアーを記念してライヴ音源を12曲収めたボーナスCD付きの『MOJO』2枚組ツアー・エディションがリリースされましたね。



何と、6月18日英国ロイヤル・アルバート・ホール公演ではスティーヴ・ウィンウッドさんと「Gimme Some Lovin'」やってるじゃないですか!!更に6月20日公演では「Can't Find My Way Home」も!!!

お願いですから早く日本にも来て下さい(祈)。


| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#10

URA TOMOEWalkin' With Mr.Bimbo
(2012/07/04)
浦朋恵


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第10回
2012年07月17日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一


-PM7:00-
【夜の始球式】
01)The Girl from Ipanema イパネマの娘 1973年
 Garota de Ipanema 
 [ Norman Gimbel / Antonio Carlos Jobim / Vinícius de Moraes ]
 /リチャード・ハイマン  Richard Hayman
 ※スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
 (João Gilberto / Stan Getz-1964年5位/AC1位)


【リクエスト】
02)おっととっと夏だぜ 2001年
 [ 作詞・作曲:つんく / 編曲:小西貴雄 ]
 /EE JUMP 

【神戸も梅雨明けですね】
03) In The Summertime  
 イン・ザ・サマータイム 1970年3位
 [ Ray Dorset ]
 /マンゴ・ジェリー Mungo Jerry

~「イン・ザ・サマータイム」歌謡の決定版!
04)二人だけの無人島  1976年
 [ 作詞・作曲:浜口庫之介 / 川口真 ]
 /長谷直美
 ※「街はボサノバ」B面

【大阪・日本橋のCD&雑貨、そして飲めるお店「DIDDLEY BOW」
で「この人、安田さん同い年ですよ…」と売り込まれました…】 
~アルバム『The Hard Way』より

05)Don't Do Me No Favours  2008年
 ドント・ドゥー・ミー・ノー・フェイヴァース
 [ James Hunter ]
 /ジェイムス・ハンター James Hunter

06)Tell Her  テル・ハー 2008年
 [ James Hunter ]
 /ジェイムス・ハンター James Hunter

CM
【これも大阪・日本橋「DIDDLEY BOW」で買いました!】
~モンド感溢れる1曲!
 
07)Endless Prairie エンドレス・プレイリー 1964年
 [ Ken Darby ]
 /ローン・グリーン Lorne Greene

【「DIDLEY BOW」店主!】
~7月4日発売の最新アルバム『Walkin' With Mr.Bimbo』より

08)I Remember Super-National
 アイ・リメンバー・スーパー・ナショナル 2012年
 /浦朋恵

09)Twilight Time
 トワイライト・タイム  2012年
 [ Alan Dunn / Al Nevins / Buck Ram ]
 /浦朋恵 feat. 高津直由
 ※プラターズ(The Platters-1958年1位/R&B1位)

【イイネ!】
~7月18日発売

10) Summer Madness feat. 横山剣 2012年
 [ 作詞:一色そらん、宮永トオル / 作曲:松岡“matzz"高廣、須長和広 ]
 /quasimode クオシモード

【ノムさん直伝!? 夜のつぶやき戦術~ツイッター歌謡特集】
11)フラワージェネレーション(RED VERSION) 1997年
 [ 作詞:つぶやきシロー、桜井秀俊 / 作曲:桜井秀俊 ]
 /セキララ~つぶやきと桜井~

12)FOLLOW ME
 フォロー・ミー 1981年
 [ 作詞・作曲:イルカ ]
 /イルカ
 ※フジテレビ『平岩弓枝シリーズ “女の座”』主題歌

13)ヘイ! 1971年
 [ 作詞・作曲:瀬尾一三 / 編曲:青木望 ]
 /ナウ 

【7時台ラストはこの曲!】
『The Cherry Thing』より。

14)Cashback キャッシュバック 2012年
 [ Neneh Cherry ]
 /ネナ・チェリー&ザ・シング
 Neneh Cherry & The Thing

CM
-PM8:00-

【夜のユー・リアリー・ガット・ミー特集】
15)You Really Got Me
 ユー・リアリー・ガット・ミー 1978年36位
 [ Ray Davies ]
 /ヴァン・ヘイレン Van Halen
 ※キンクス(The Kinks-1964年7位)

16)You Really Got Me
 ユー・リアリー・ガット・ミー 1976年
 [ Ray Davies ]
 /801

17)You Really Got Me
 ユー・リアリー・ガット・ミー 1983年
 [ Ray Davies ]
 /ゲートボール
 ※近田春夫さんのバンド

18)大キライ! 1989年
 You Really Got Me
 [ 日本語詞:葉山真理 / 作曲:Raymond Douglas Davies / 編曲:渡辺茂樹 ]
 /エンジェルス

【湯浅学さんご推薦!】
19)雪の華 2009年 
 [ 作詞:Satomi / 作曲:松本良喜 ]
 /森進一
 ※中島美嘉(2003年)

-夜の連携プレー!-
20)接吻(Dennis Bovell Lovers Dub #2)  2003年
 [ 作詞・作曲:田島貴男 / 編曲:Dennis Bovell ]
 /中島美嘉
 ※ORIGINAL LOVE(1993年)

-ラヴァーズ・ロックをもう1曲!-
21)Key To The World
 キー・トゥ・ザ・ワールド 1982年
 [ Dennis Brown / L.J. Reynolds ]
 /ルディー・トーマス Ruddy Thomas
 ※L.J. Reynolds(1981年R&B69位)

-ラジオ関西ジングル-
【河村要助がデザインを手がけたアルバム特集】
~イラスト全集『河村要助の真実』 (P-Vine Books)発売記念!

22)アイスクリーム  1969年
 [ 高田渡 ]
 /高田渡
 ※アルバム『ごあいさつ』

23)レッドおじさん 1977年
 [ 作詞:伊藤アキラ / 作曲:喜納昌吉 / 編曲:矢野誠 ]
 /喜納昌吉&チャンプルーズ
 ※アルバム『喜納昌吉&チャンプルーズ』

~河村さんといえば「サルサ」!
24)Vámonos Pa'l Monte
 山へ行こう  1971年
 [ Eddie Palmieri / Ismael Rivera ]
 /エディ・パルミエリ Eddie Palmieri
 ※アルバム『Vamonos Pal Monte(山へ行こう)』

【レコードマンスリー1972年8月号特集】
25)Troglodyte(Cave Man)
 原始穴居人 1972年6位/R&B4位
 [ Jimmy Castor Bunch ]
 /ジミー・キャスター・バンチ Jimmy Castor Bunch

26)Oh Babe, What Would You Say?
 オウ・ベイブ  1972-73年3位/AC2位
  [ Hurricane Smith ]
 /ハリケーン・スミス Hurricane Smith

27)ミミズもカエルもみなゴメン 1972年
 [ 作詞: 落合武司 / 作曲:山本直純 ]
 /末広真樹子

28)Woman's Gotta Have It 1972年60位/R&B1位
 ウーマンズ・ガッタ・ハヴ・イット
 [ Darryl Carter / Bobby Womack / Linda Womack ]
 /ボビー・ウーマック Bobby Womack

CM
-PM9:00
-
【夜のラッキー7】
~ダーティー・プロジェクターズ『スウィング・ロー・マゼラン』特集

29)The Socialites  ザ・ソーシャライツ 2012年
 [ Amber Coffman / David Longstreth ]
 /ダーティー・プロジェクターズ Dirty Projectors 

30)Maybe That Was It
 メイビー・ザット・ワズ・イット 2012年
 [ David Longstreth ]
 /ダーティー・プロジェクターズ Dirty Projectors 

31)Just From Chevron
 ジャスト・フロム・シェブロン 2012年
 [ David Longstreth ]
 /ダーティー・プロジェクターズ Dirty Projectors 

【チカーノ・バットマン『Joven Navegante (ホベン・ナベガンテ)』特集】
32)La Tigresa
 ラ・ティグレーサ 2012年
 /チカーノ・バットマン Chicano Batman

33)The Ballad of Raymundo Jacquez
 ザ・バラッド・オブ・レイムンド・ジャケス 2012年
 /チカーノ・バットマン Chicano Batman

【夏のうちにかけなきゃ!】
34)狂った果実 1956年
 [ 作詞:石原慎太郎 / 作曲・編曲:佐藤勝 ]
 /石原裕次郎

35)映画『マタンゴ』から「海風」 1963年
 [ 作詞:? / 作曲・編曲:別宮貞雄 ]
 /(※歌手名不詳)

【読んだら面白かった…】
『レコード・コレクターズ』2012年08月号
「ローリング・ストーンズ・ベスト・ソングズ100」、
選者には選ばれなかったけど… 

36)Smokefoot
 スモークフット 1972年
 [ Bobby Keys / Jim Gordon / Jim Price ]
 /ボビー・キーズ Bobby Keys

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイスゲームでした!
 次回は来週7月24日(火)で100分ノック「夜のLONDON NITE特集」!! 


【今夜のラストは、今日がスペンサー・デイヴィスの誕生日ということで…】 
37) Every Little Bit Hurts
 エヴリ・リトル・ビット・ハーツ 1965年UK41位
 [ Ed Cobb ]
 /スペンサー・デイヴィス・グループ
 The Spencer Davis Group
 ※ブレンダ・ハロウェイ(Brenda Holloway -1964年13位)


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第10戦のエアプレイ・リストをざっとわかる範囲で(『マタンゴ』の「海風」は歌手名だけじゃなくて作詞者名も不詳なのか確認出来ませんでした・・・)。

今回も【ツイッター歌謡特集】【夜のユー・リアリー・ガット・ミー特集】など頓知の効いた愉快痛快なミニ特集に加え(エンジェルス、奥貫薫さんがいたグループだ!)、画集発売を受けての【河村要助さんがアートワークを手掛けた作品の特集】のようなタイムリーで興味深い切り口の特集もあったりと聴き応えたっぷりの2時間40分でしたが、特集以外の連携プレーも絶妙で、安田さんが『無人島レコード』(P176)で無人島のBGMに選んでおられた「二人だけの無人島」が通算21回目にして遂にオンエア(^^)。

更にダーティー・プロジェクターズチカーノ・バットマン(確かに心惹かれるバンド名!)と、紹介して下さる新作はいずれも脳味噌がとろけそうなくらい刺激的で魅力的。浦朋恵さんはラリーパパ&カーネギーママ時代にライヴ拝見したきりなんですけど、新作2ndソロもかなりゴキゲンみたいですね!残念ながら先頃お亡くなりになられた松永孝義 さん(合掌)をはじめ、客演陣も大変豪華ですし、早速チェックしてみようと思います。また機会があればライヴ会場は勿論、お店の方にも一度足を運んでみたいです。

P.S.「Every Little Bit Hurts」、今度はスモール・フェイセスのスタジオ録音ヴァージョンも是非!


| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

InterFM『THAT'S WHY GOD MADE THE RADIO』

ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオゴッド・メイド・ザ・ラジオ
~神の創りしラジオ

(2012/06/04)
ビーチ・ボーイズ


InterFM
The Beach Boys 海の日 Special One-Day
Special Program
『THAT'S WHY GOD MADE THE RADIO』
2012年7月16日 20:00-20:57
DJ:萩原健太

http://www.interfm.co.jp/beachboys/

- 前半は番組タイトルにもなってる最新アルバムを紹介 -

BGM:Do It Again 
  恋のリヴァイヴァル(2012ヴァージョン) 2012年
  恋のリバイバル  1969年20位
  [ Mike Love / Brian Wilson ]

【マイク・ラヴからのコメントも!】
01)That's Why God Made the Radio
 ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ  2012年
 [ Joe Thomas / Brian Wilson / Jim Peterik / Larry Millas ]

BGM:Surfer Girl
 サーファー・ガール  1963年7位/R&B18位
  [ Brian Wilson ]
 ※ブライアンがカーラジオで聴いたディオン&ザ・ベルモンツの
 「When YouWish Upon a Star(星に願いを)」にインスピレーションを受け作曲


BGM:Don't Worry Baby  1964年24位
 ドント・ウォーリー・ベイビー
 気にしないで
  [ Roger "Hot Dog Rog" Christian / Brian Wilson ]

【リード・ヴォーカルが次々に入れ替わっていくタイプの曲】
~これぞBB5の醍醐味!

02)Isn't It Time  今がその時 2012年
 [ Brian Wilson / Mike Love / Jim Peterik / Larry Millas / Joe Thomas ]

【陽気な天才、マイク・ラヴの作品】
03)Daybreak Over The Ocean
 海に輝く夜明け 2012年
 [ Mike Love ]

BGM:Spring Vacation スプリング・ヴァケーション 2012年
 [ Brian Wilson / Mike Love / Joe Thomas ]

【アル・ジャーディンがリード・ヴォーカル担当の曲】
~現役メンバーでしっかり声が出て一番歌えてるのはアル!

04)From There To Back Again  バック・アゲイン 2012年
 [ Brian Wilson / Joe Thomas ]

【ブライアンの内省的で切なく、淋しい側面の曲】
05)Summer's Gone  過ぎゆく夏 2012年
 [ Jon Bon Jovi / Joe Thomas / Brian Wilson ]

CM
- 番組後半は来日公演の展望や最新情報を紹介-

【まずは来日公演の告知など】
 http://www.creativeman.co.jp/artist/2012/08beach/

BGM:Wouldn't It Be Nice
  素敵 じゃないか 1966年8位
  [ Brian Wilson / Tony Usher / Mike Love ]

BGM:I Get Around
 アイ・ゲット・アラウンド  1964年1位
 [ Mike Love / Brian Wilson ]

BGM:Sloop John B
  スループ・ジョン・B  1966年3位
  [ Traditional / Brian Wilson ]

【最新のライヴ音源を3曲続けて!】
06)Catch A Wave キャッチ・ア・ウェイヴ (Live) 2012年
  [ Mike Love / Brian Wilson ]
 ※1963年

07)The Little Girl I Once Knew
  リトル・ガール  (Live) 2012年
  リトル・ガール・アイ・ワンス・ニュー
  [ Brian Wilson ]
 ※1966年20位

08)All Summer Long オール・サマー・ロング (Live) 2012年
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 ※1964年

- 番組ジングル -

BGM:Help Me Rhonda 1965年1位
  ヘルプ・ミー・ロンダ
 [ Mike Love / Brian Wilson ]

【最新情報:CD再発告知】
・オリジナル名盤の最新デジタル・リマスタリング・シリーズ全12タイトル。
・日本独自企画でライナーノーツはいずれも健太さんが執筆(7月25日発売)。

 http://www.emimusic.jp/intl/beachboys/release/
・健太さんお薦めの入門盤3枚は
 『オール・サマー・ロング』『ペット・サウンズ』『サンフラワー』


【ではその『オール・サマー・ロング』と『サンフラワー』から1曲ずつ】
09)Girls On The Beach 浜辺の乙女  1964年
 [ Brian Wilson ]

10)Add Some Music To Your Day
 アド・サム・ミュージック・トゥ・ユア・デイ 1970年64位
 [ Joe Knott / Mike Love / Brian Wilson ]


BGM:Let's Go Away for Awhile
 少しの間 1966年
 [ Brian Wilson ]

ED) That's Why God Made the Radio
 ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ  2012年
 [ Joe Thomas / Brian Wilson / Jim Peterik / Larry Millas ]

 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys


以上、InterFMにて海の日に放送された健太さんDJによるビーチ・ボーイズ特番のエアプレイ・リスト。残念ながら僕は受信することが出来ませんでしたが、リスナー仲間さんのご協力により作成することが出来ました(感謝!)。

まず番組前半では最新作『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ』を紹介。メンバー再集結に至る背景や新作の聴きどころ、その魅力をわかりやすく的を絞って解説して下さるので、今更ながら「やはり国内盤もライナーノーツも健太さんだったら良かったのにぃ~」と思わずにはいられず(^^;)。何でも健太さんがアル・ジャーディンへのインタビューで聞いた話では、新作のレコーディングに際して沢山曲を書いていて、その全てがわりと近いうちに何らかの形で世に出るだろうとのことなので、これまた大いに楽しみ!

そして番組後半は来日公演のチケット電話予約案内に始まり、最新ライヴ音源3連発(どこで収録された音源なのでしょう?)と最新デジタル・リマスタリングによる名作12タイトル再発の告知、といった感じでしたが(「全12枚買うのがしんどいなら、とりあえず3枚だけでも」と言う辺りが実に良心的・笑)、そう言えば前半でアル・ジャーディンへのインタビューの話題は出たのに、レコード・コレクターズ2012年9月号増刊『ザ・ビーチ・ボーイズ・ディスクガイド』(8月10日発売予定)についてはまだ紹介がなかったですね。先日もちらっと触れました通り、健太さんの全原稿書き下ろしに加え、山下達郎さんとの特別対談に表紙は本秀康画伯と、とにかく気になります!!


| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・田植え2012

taue2012 taue2012

2012年05月08日(火)

本日は田植え【パート3】。
まだちょっと昨夜の霧が残ってるみたいですが、
いいお天気になりそうです!

http://t.co/rKmnALBz
posted at 07:55:14

taue2012 taue2012 taue2012 

taue2012 taue2012 taue2012  

結局スカっと晴れずに薄雲ってますが、
田植え【パート3】何とか終了。

http://t.co/ZOrCAYAG
posted at 14:24:29


ということで、田植え2012【パート3】我が家の記録として写真を中心にでざっとアーカイブ。多少曇ってるくらいの方が日焼けの心配もなく、体力的には楽なんでしょうけど、でもやっぱりどうせなら五月晴れの下で田植えする方が気分いいかも(^^;)。

Underwater Sunshine (Or What We Did on OUnderwater Sunshine
(Or What We Did On
Our Summer Vacation)

(2012/04/10)
Counting Crows



そんな田植え2012【パート3】のサウンド・トラック佐野元春さんもNHK-FM『MRS』5月の3PICKS!に取り上げて下さってたカウンティング・クロウズ新作カヴァー集『Underwater Sunshine (Or What We Did On Our Summer Vacation)』バーズでお馴染みのディラン作品「ゴーイング・ノーホェア」グラム・パーソンズ「Return of the Grevious Angel」に加え、フェイセス「Ooh La La」ピュア・プレイリー・リーグ「愛しのエイミー」等々とカントリー・ロック好きなら無視出来ない魅力的な選曲ですが、そんな中、ティーンエイジ・ファンクラブ「Start Again」なんかもカヴァーしてる辺りがまた素敵じゃないですか!(健太さんが先日のリクエスト大会でかけて下さってたビッグ・スターのカヴァー共々、ニンマリせずにはいられませんでした)。



そう言えば勝手に【今年の田植えテーマソング】に選ばせて貰ったレット・ミラーNoiseTradeからアコギ弾き語りによるライヴ・アルバム『Live At Eddie's Attic』無料DL配信してくれてますね!(ビットレートは128kbpsながら全19曲とボリュームたっぷり)。

 http://www.noisetrade.com/rhettmiller

他にもNoiseTradeからはスザンナ・ホフス嬢の5曲入りEP『Some Summer Days』J.D.サウザーの7曲入りサンプラーなども無料DL配信中。ソロでこそ大きなヒットには恵まれてないものの、毎回才能豊かな面々とコラボしてるスンナ嬢、、近々リリース予定の新作フルアルバム『Someday』ミッチェル・フレームによるプロデュースのもと、腕利き達が揃ってるようようですし、マイク・キャンベルと1989年に共作した曲も遂に陽の目を見るとのことなので(!)、素晴らしい作品に仕上がっているのではないかと大いに期待しています。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:オール・リクエスト大会#15

WildflowersWildflowers
(1994/10/21)
Tom Petty


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年7月11日25:00-28:00
「オール・リクエスト大会」#15
スペシャルDJ:萩原健太
http://www2.jfn.co.jp/big/


-AM1:00-
01)Any Old Time Will Do
 エニィ・オールド・タイム・ウィル・ドゥ  1976年
 [ Roy Wood ]
 /ロイ・ウッド Roy Wood

CM
02)It's That Time Of The Year
 その日その時
 1966年91位
 [ Len Barry / Leon Huff / John Madara / Dave White Tricker ]
 /レン・バリー Len Barry

03) A Higher Place ハイヤー・プレイス  1995年
 [ Tom Petty ]
 /トム・ぺティ Tom Petty
 ※Mainstream Rock12位

04)Subterranean Homesick Blues
 サブタレニアン・ホームシック・ブルース 1965年39位/AC6位
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan

05)1,2,3, Red Light
 ワン・ツー・スリー・レッド・ライト 1968年5位
 [ Sal Trimachi / Bobbi Trimachi ]
 /1910フルーツガム・カンパニー
 1910 Fruitgum Company

06)Shadows in the Moonlight
 月影のふたり 1979年25位/AC1位/C&W1位
 [ Charlie Black / Rory Michael Bourke ]
 /アン・マレー Anne Murray

07)I Will Always Love You
 オールウェイズ・ラブ・ユー 1995年
 [ Dolly Parton ]
 /ヴィンス・ギル with ドリー・パートン
 Vince Gill feat. Dolly Parton
 ※ドリー・パートン(1982年53位/C&W1位/AC17位)
 ※ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston-1992年1位/R&B1位/AC1位)


CM
08)Looking Back with Love 
 ルッキッグ・バック・ウイズ・ラブ 1981年
 [ Jim Studer / Craig Thomas / Dan Parker ]
 /マイク・ラブ Mike Love

09)She Rides With Me
 シー・ライズ・ウィズ・ミー 1964年
 [ Roger "Hot Dog Rog" Christian / Brian Wilson ]
 /ポール・ピーターセン Paul Petersen
 ポール・ピータースン

10)Sister Golden Hair
 金色の髪の少女 1975年1位/AC5位
 [ Gerry Beckley ]
 /アメリカ America

11)Train Off The Track
  トレイン・オフ・ザ・トラック  1978年
 [ Livingston Taylor ]
 /リヴィングストン・テイラー Livingston Taylor

CM
12)Step In The Name Of Love (Remix)
 ステップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ  2003年9位/R&B1位
 [ R. Kelly ]
 /R・ケリー  R.Kelly

-AM2:00-
13)Devil With A Blue Dress On / Good Golly Miss Molly
 悪魔とモリー 1966年4位
 [ Ronald Blackwell / J.Marascalco ]
 /ミッチー・ライダー&ザ・デトロイト・ホイールズ
 Mitch Ryder & The Detroit Wheels

CM
14)You Are So Wonderful, So Marvelous
 あの娘はスーパー・ガール 1975年R&B57位
 [ Frank Biner / Emilio Castillo / Stephen Kupka ]
 /タワー・オブ・パワー Tower Of Power

15)Legs
 レッグス 1984年8位
 [ Frank Beard / Billy Gibbons / Dusty Hill ]
 /ZZトップ ZZ Top

16)The Runway
 涙の滑走路 1972年39位
 [ Dennis Lambert / Brian Potter ]
 /グラス・ルーツ  The Grass Roots

17)How Can You Leave Her
 ハウ・キャン・ユー・リーヴ・ハー  1978年
 [ Alan Gordon ]
 /アレイ&ザ・ソウル・スニーカーズ (アラン・ゴードン)
  Alley & Soul Sneekers
 ※Pr. & Arr. Jack Nitzsche

18)Channel Swimmer
 チャンネル・スイマー 1975年
 [ Kevin Godley / Graham Gouldman ]
 /10cc

19)So You Are A Star
 ソー・ ユー・アー・ア・スター 1974年21位
 [ Bill Hudson / Brett Hudson / Mark Hudson ]
 /ハドソン・ブラザーズ The Hudson Brothers

CM
20)I've Never Found A Girl (To Love Me Like You Do)
 アイヴ・ネヴァー・ファウンド・ア・ガール 1968年40位/R&B2位
 [ Steve Cropper / Eddie Floyd / Alvertis Isbell / Booker T. Jones ]
 /エディ・フロイド  Eddie Floyd
 ※アレックス・チルトン(1999年)

21) The More You Do It (The More I Like It Done To Me)
 ザ・モア・ユー・ドゥ・イット 1976年62位/R&B6位
 [ Chuck Jackson / Marvin Yancy ]
 /ロニー・ダイソン Ronnie Dyson 

22)What A Man ホワット・ア・マン 1968年R&B50位
 [ Dave Crawford ]
 /リンダ・リンデル Linda Lyndell

23)And I Love You So
  アンド・アイ・ラヴ・ユー・ソー 1975年
  [ Don McLean ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley 1975年
 ※ドン・マクリーン(1970年)
 ※ペリー・コモ(1973年29位/AC1位)


CM
24)The Ballad Of El Goodo
 バラード・オブ・エル・グード  2012年
 [ Chris Bell / Alex Chilton ]
 /カウンティング・クロウズ Counting Crows
 ※ビッグ・スター(Big Star-1972年)

25)If I Had A Hammer 天使のハンマー 1963年
 [ Lee Hays / Pete Seeger ]
 /アストロノウツ The Astronauts
 ※Trini Lopez(1963年3位/R&B12位)

-AM3:00-
26)Stuck in the Middle With You
 スタック・イン・ザ・ミドル  1973年6位
  [ Joe Egan / Gerry Rafferty ]
 /スティーラーズ・ホィール Stealers Wheel

CM
27)Polk Salad Annie
 ポーク・サラダ・アニー 1969年8位
 [ Tony Joe White ]
 /トニー・ジョー・ホワイト
 Tony Joe White

28)(I Can't Get No) Satisfaction
 サティスファクション  1977年(UK41位)
 [ Mick Jagger / Keith Richards ]
 /ディーヴォ Devo 
 ※ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones-1965年1位/R&B19位)

29)Venus In Blue Jeans  
  ブルー・ジーン・ビーナス 1962年7位
 [ Jack Keller / Howard Greenfield ]
 /ジミー・クラントン Jimmy Clanton

30)Break-A-Way  ブレイク・アウェイ 1965年
 [ Jackie DeShannon / Sharon Sheeley ]
 /ベリル・マースデン Beryl Marsden
 ※アーマ・トーマス(Irma Thomas-1964年)
 ※トレイシー・ウルマンの邦題「涙のブレイク・アウェイ
 (Tracey Ullman-1984年70位)


31)I Got a Name 
 ラスト・アメリカン・ヒーローのテーマ
 (アイ・ガット・ア・ネイム)
 1973年10位/AC4位
 [ Charles Fox / Norman Gimbel ]
 /ジム・クロウチ Jim Croce

32)The Night (2012 Version)
 ザ・ナイト 2012年(1972年)
 [ Bob Gaudio / Al Ruzicka ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons

CM
33)Black Pearl 黒い涙  1969年13位
  [ Irwin Levine / Phil Spector / Toni Wine ]
 /チェックメイツ・リミテッド
  ソニー・チャールズ&ザ・チェックメイツ・リミテッド
 Sonny Charles&The Checkmates LTD
 Checkmates, Ltd feat. Sonny Charles

34)Moonshadow  ムーンシャドウ 1971年30位
 [ Cat Stevens ]
 /キャット・スティーヴンス Cat Stevens

35)Song Of Songs
 ソングス・オブ・ソングス 1972年
 [ Lon Van Eaton / Derrek Van Eaton ]
 /ロン&デレク・ヴァン・イートン
 Lon & Derrek Van Eaton

36)Something You Got
 サムシング・ユー・ガット 1968年
 [ John "Speedy" Keen ]
 /エーメン・コーナー Amen Corner

37)The Eyes Of An Only Child 子供の目  1975年
 [ Tom Jans ]
 トム・ヤンス Tom Jans

CM
38)Our Love Is Here To Stay
 わが愛はここに 1956年
 [ George Gershwin / Ira Gershwin ]
 /フォー・フレッシュメン  The Four Freshmen


以上、JFN系『Big Special』2012年7月11日深夜放送のエアプレイ・リスト。健太さんDJによる恒例オール・リクエスト大会通算15回目ということもあり、3月23日深夜放送でもかかってた「ブルー・ジーン・ビーナス」2011年10月31日深夜放送「ルーツ・ロック大全集」「ポーク・サラダ・アニー」、はたまた2011年5月19日深夜放送「A&M特集」で紹介のあった「スタック・イン・ザ・ミドル」「黒い涙」(後者は2012年1月31日深夜放送「フィル・スペクター特集」でもオンエア)等々と、ぼちぼち2周目3周目に入る曲もちらほら。アン・マレー「月影のふたり」2011年8月26日深夜放送の時と同じようなこと言ってかけておられたので、やはり健太さんこの曲が相当お好きなんでしょうね(^^)。

そんな中、僕がリクエストさせて頂いたのは「その日その時」と、確かに生き残らない感じの邦題(苦笑)が付けられてたレン・バリー「It's That Time Of The Year」(ひょっとしてオンエアで邦題の紹介がなかった「月影のふたり」「あの娘はスーパー・ガール」なども最早生き残ってないという扱い?)。'Summertime's almost here~♪'と歌詞にあるように、そろそろ夏到来かなと思ってのチョイスだったんですけど、今年に限ってはまだちょっと気が早かったかも(九州の大雨、心配です・・・)。でも今回はリクエストより何より、リスナー仲間さんがプレゼントして下さったトム・ぺティさんの「ハイヤー・プレイス」が嬉しく、感謝感激ロックでした。本当に有難うございました! 

最後に、健太さんの次回ご出演は8月01日深夜放送来日記念ビーチ・ボーイズ・ナイト!(何でも、7月30日月曜深夜にもBB5のヒット曲中心の特集が予定されているとかで、健太さんDJによる水曜深夜はよりマニアックに、思い入れたっぷりに3時間大特集とのこと!!)。そして来月のリクエスト大会は(一部放送局の番組表で発表されてる8月15日深夜ではなく)8月22日深夜放送だそうですので、皆様どうぞお間違いなく!!!


| Radio Sweetheart | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・神の創りしラジオ

Beach Boys Beach Boys

2012年07月10日(火)

ラジオ関西開局60周年特番プレゼントの
ビーチ・ボーイズ50周年Tシャツ、当選しました!
ラジオ関西さま、有難うございます!!
コンサート会場にもこれ着ていこうかな(^o^)/

http://t.co/5dmJy71d
posted at 18:00:15

Beach Boys

ブライアンの『SMiLE』Tシャツ
ビーチ・ボーイズの『SMiLE』Tシャツ
そして今回のビーチ・ボーイズ50周年Tシャツ
と3着とも全部ラジオ局からのプレゼント。
神の創りしラジオに感謝!

http://t.co/ckTUq9KN
posted at 18:05:01

Thats Why God Made the Radio [Analog]Thats Why God Made the Radio
[Analog]

(2012/07/31)
Beach Boys



と、早速今年4着目のTシャツに袖を通してブログにも記録。近頃ラジオで耳にする機会の多い「That's Why God Made the Radio」 、先週はJFN系『音楽自由区。』7月4日(水)早朝の放送でも長門芳郎さんが選曲して下さってましたが、どうやら西寺郷太さん選曲による明日早朝の放送でもかかるようですよね!ラジオに加え、日々CDドーナツ盤で愛聴しつつも、LPレコードにも心惹かれまくってます(^^;)。


| Radio | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神の創りしラジオ  

Beach Boys

2012年07月08日(日)

「That's Why Got Made The Radio」のドーナツ盤
予約してたのになかなか発送の連絡来なかったので
入手出来るかちょっと心配してたんですけど、
今さっきようやく届きました!
内袋しわ寄ってる(^^;)。

http://t.co/45EoGRlI
posted at 15:12:16

と、昨日のツイートより(一応、大きさの比較ってことでCDジャケと共に撮影)。
やっぱりラジオ讃歌にはラジオ・ジャケ!アマゾンのアナログレコードストアでも売り上げ上位にランクインしてるようですね!!(昨夜、僕が見た時は5位でした)。

Beach Boys

それにしても、予約時の価格690円送料無料は有難いんですけど、シングル・レコードたった1枚だけでもこんなに大きな箱で送ってるアマゾンさんって(^^;)。あまり過剰包装すぎるのも資源の無駄ですし、シングル・レコードやCD1枚の時はせめてポストに入るくらいの梱包でお願いしたいものです。

ところでビーチ・ボーイズといえば、8月10日発売予定のレコード・コレクターズ増刊『ザ・ビーチ・ボーイズ・ディスク・ガイド』全原稿が健太さんの書き下ろしで表紙を描くのは本秀康画伯(!)、更に山下達郎さんとの特別対談アル・ジャーディンへのインタビューなどもあるそうじゃないですか!?絶対買う!!!

 http://www.clinck.co.jp/merurido/catalogue.php?srcbnr=2789


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田植え2012

taue2012 taue2012

2012年05月05日(土)

我が家の田植え本番、いよいよ本日開幕!
http://t.co/6SNDtMcx
posted at 08:30:12

taue2012 taue2012

田植え【パート1】、思いのほか快調に終了。
引き続き汗とガッツで【パート2】へ突入!

http://t.co/gaD41Zdc
posted at 11:04:01

taue2012 taue2012 taue2012

taue2012 taue2012 taue2012

そんな訳で、ラジオ番組の曲目リスト作成が最優先な為、すっかりタイミングを逃してしまい、今更ながらになりますが恒例の田植え記録。実況ツイートはtwilogにも保存されてるので、もういいかなとも思ったんですけど、やはりブログにアーカイブしとくと後々便利だし、ごく一部楽しみにして下さってる方もいるようなので(?)、一応今年も写真を中心にまとめておくとします。

taue2012 taue2012

【パート1】【パート2】は横並びで縦長の田んぼ。それゆえ効率も良く、【パート2】もサクサク順調に捗って、1年ぶりの田植えにしては上々の滑り出し。お陰様で天候にも恵まれ、終わってみれば初日が一番暑かったです(そう言えばこの日の夜はスーパームーンでしたっけね。確かに明るくてキレイなお月様でした)。

DreamerDreamer
(2012/06/05)
Rhett Miller


では最後に田植え2012【パート1】【パート2】のサウンド・トラックOld 97'sのフロントマン、レット・ミラーの最新ソロ。と言っても、この時点ではまだ発売前だったので、米『ローリング・ストーン』誌HPの先行無料DLで有難く頂戴したベン・クウェラーとの共作による「Lost Without You」だけしか聴いてなかったんですけど、これが実にゴキゲンなカントリー・ロック・チューンだったもんですから、勝手に【今年の田植えテーマソング】とさせて頂きました(^^)。



この曲に限らず、わりとパワーポップ寄りだった過去のソロ作と比較すると、今回のアルバムはカントリー・ロック色が強いかも。ロザンヌ・キャッシュとの共作&デュエットによる「As Close as I Came to Being Right」なんかも素敵なハーモニーで惚れ惚れ。彼の公式サイトで全曲試聴出来ます。
 
 http://www.rhettmiller.com/

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:オール・リクエスト大会#14

コズミック・カウボーイ・スーヴェニアコズミック・カウボーイ・スーヴェニア
(2005/03/16)
マイケル・マーフィー


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年6月20日25:00-28:00
(TFMのみ27:00から)
「オール・リクエスト大会」#14
スペシャルDJ:萩原健太
http://www2.jfn.co.jp/big/


-AM1:00-
01)Soul Shake ソウル・シェイク 1970年43位
 [ Margaret Lewis / Mira Smith ]
 /デラニー&ボニー Delaney & Bonnie

CM
02)Showdown
  冷たい仕打ち 1973年53位(UK12位)
 [ Jeff Lynne ]
 /エレクトリック・ライト・オーケストラ
 Electric Light Orchestra E.L.O.

03)One Way or The Other
 ワン・ウェイ・オア・ジ・アザー 1969年
 [ Kenny Altman ]
 /フィフス・アヴェニュー・バンド
 The Fifth Avenue Band

04)The Story Of Rock & Roll
 ザ・ストーリー・オブ・ロックンロール 1968年48位
 [ Harry Nilsson ]
 /タートルズ The Turtles

05)Dream On ドリーム・オン 1972年
 [ Dennis Lambert / Brian Potter ]
 /デニス・ランバート Dennis Lambert
 ※ライチャス・ブラザーズ
 (The Righteous Brothers-1974年32位/1975年AC6位)


06)Midnight Rain
 ミッドナイト・レイン 1980年74位
 [ Paul Cotton ]
 /ポコ Poco

CM
07)Like A Summer Rain
 夏の雨のように 1966年
 [ Gary Zekley ]
 /ジャン&ディーン Jan & Dean

08)The Letter
 あの娘のレター  1968-1969年20位
 [ Wayne Carson Thompson ]
 /アーバーズ The Arbors
 ※ボックス・トップス(The Box Tops-1967年1位/R&B30位)

09)We've Got A Dream
 夢は僕らで 1971年82位
 [ Roger Cook / Roger Greenaway ]
 /オーシャン Ocean

10)Juliet   ジュリエット 1967年
 [ Claes 'Clabbe' af Geijerstam ]
 /オーラとジャングラーズ
 Ola & The Janglers 
 ※映画『美しき虹のかけら』主題歌

CM
11)What Is Hip?
 ホワット・イズ・ヒップ  1974年91位/R&B39位
 [ Emilio Castillo / David Garibaldi / Stephen Kupka ]
 /タワー・オブ・パワー Tower Of Power

12)The Cricket Ballad
  クリケット・バレット 1985年
 [ Darryl Dybka ]
 /チェット・アトキンス Chet Atkins & Earl Klugh 

-AM2:00-
13)Pata Pata パタパタ 1967年12位
 [ Miriam Makeba / Jerry Ragovoy ]
 /ミリアム・マケバ Miriam Makeba

CM
14)Off On Your Love オフ・オン・ユア・ラヴ  1980年
 [ Charles Jackson / Perry & Sanlin ]
 /ペリー&サンリン Perry & Sanlin

15)She Shot A Hole In My Soul  1967年R&B45位
 [ Mac Gayden / C. Neese ]
 /クリフォード・カーリー Clifford Curry

16)Home Thoughts From Abroad
 ホーム・ソウツ・フロム・アブロード  1973年
 [ Clifford T. Ward ]
 /クリフォード・T・ワード Clifford T.Ward

17)Sweet Tuesday Morning
 スウィート・チューズデイ・モーニング  1971年
 [ Joey Molland ]
 /バッドフィンガー Badfinger

18)One of Us Must Know (Sooner or Later)
 スーナー・オア・レイター  1966年119位(UK33位)
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan

CM
19)Second Chance At Love
 セカンド・チャンス・アット・ラヴ  1982年
 [ Randy Goodrum / Jerry Crutchfield ]
 /ランディ・グッドラム (feat.メアリー・マクレガー)
 Randy Goodrum featuring Mary Macgragor

20)Memories, Memories
 すてきなメモリー 1963-1964年(日本のみヒット)
 [ Alan Lorber ] 
 /ジョニー・ソマーズ  Joanie Sommers
 ※日本語ヴァージョンではなく英語ヴァージョンで。

21)Searchin' for the Good Times
  Searching For The Good Times
 想い出の道 1967年
 [ B.B. Stone ]
 /ロイヤル・ガーズメン The Royal Guardsmen 

22)Honolulu ホノルル 1973年
 [ Michael Martin Murphey ]
 /マイケル・マーフィー Michael Murphey

CM
23)Nineteen Hundred And Eighty Five
 1985年 1973年
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /ポール・マッカートニー&ウィングス
 Paul McCartney & Wings

24)Innocent When You Dream (Barroom)
 夢見る頃はいつも  1987年
 [ Tom Waits ]
 /トム・ウェイツ Tom Waits
 ※78回転ヴァージョン

-AM3:00-
25)Thunder Island
 サンダー・アイランド 1978年9位
 [ Jay Ferguson ]
 /ジェイ・ファーガソン Jay Ferguson

CM
26)Always In The Rain
 オールウェイズ・イン・ザ・レイン 1989年
 [ Dion DiMucci / Huey "Piano" Smith / Bill Tuohy ]
 /ディオン Dion

27)Give It Up ギヴ・イット・アップ 1969年
 [ Lee Dorsey ]
 /リー・ドーシー Lee Dorsey

28)Kansas City Lights  1982年C&W15位
 [ Kye Fleming / Dennis Morgan ]
 /スティーヴ・ ウォリナー Steve Wariner

29) 1900 Yesterday
 遠い初恋 1971年33位/AC4位
 [ J.M. Cameron / Lee Simmons ]
 /リズ・ダモン・オリエント・エクスプレス 
 Liz Damon's Orient Express

30)Flower of Love 2008年
 [ 作詞:Rie fu / 作曲:山沢大洋 / 編曲:武藤星児 ]
 /山沢大洋プレゼンツ ジェリー・ベックリー (AMERICA)
 山沢大洋 presents Gerry Beckley

CM
31)Nightbird  ナイトバーズ 1975年
 [ Mackey Feary, Jr. ]
 /カラパナ Kalapana

32)It Might As Well Rain Until September
 泣きたい気持 1962年22位
 [ Gerry Goffin / Carole King ]
 /キャロル・キング

33)Freckle-Faced Soldier
 帰らぬ少年兵  1967年
 [ Colleen Lovett / T. Phillips ]
 /コリーン・ラベット Colleen Lovett

34) Come And Stay With Me 1965年26位(UK4位)
 カム・アンド・ステイ・ウィズ・ミー
 [ Jackie DeShannon ]
 /マリアンヌ・フェイスフル  Marianne Faithfull

35)Desperadoes Waiting For A Train
 汽車を待つ無法者のように 1975年
 [ Guy Clark ]
 /ガイ・クラーク Guy Clark 

CM
36) You'll Never Walk Alone  1968年90位
 ユール・ネバー・ウォーク・アローン
 [ Oscar Hammerstein II / Richard Rodgers ] 
 /エルヴィス・プレスリー  Elvis Presley 


以上、JFN系『Big Special』でのオール・リクエスト大会としては今年度3発目、通算14回目となる6月20日深夜放送のエアプレイ・リスト。

オンエア直前の6月18日がポール・マッカートニーの70回目のお誕生日だったということもあり、今回はポールの曲をリクエストさせて頂いたんですけど、残念ながら僕の希望曲はかけて頂けず(思い切って未CD化音源で勝負したのが裏目に出た格好となりました・苦笑。是非ラジオで聴いてみたかったんだけどなぁ・・・)。そんな訳で今回はリスナー仲間さんがリクエストされてたマイケル・マーフィーのジャケ画像を拝借。「ホノルル」、ゆったりと味わい深いアコギの弾き語りに加え、スティールギターの控えめな伴奏も心地よく、ピースフルで素敵な曲ですよね。

そう言えばオンエアの時間帯、アメリカ現地時間の6月20日はまだブライアン・ウィルソンのお誕生日だったので(ポールと同じく祝70歳!)、てっきりお祝いにブライアンの曲も何かかかるものとばかり思ってたら、意外や意外、話題にも出ませんでしたが、もしかしてリクエストなかったんでしょうか?こんなことなら、ポールじゃなくてブライアンにしとけばよかったかな、なんて(^^;)。

尚、健太さんの次回リクエスト大会は7月11日深夜放送!そしてどうやら来月は8月1日深夜8月15日深夜放送8月22日深夜放送のDJを健太さんが担当される模様です!?


| Radio Sweetheart | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西開局60周年特別番組『ヒア・カム・ザ・ビーチ・ボーイズ』

ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオゴッド・メイド・ザ・ラジオ
~神の創りしラジオ

(2012/06/04)
ビーチ・ボーイズ


[AM KOBE:JOCR 558KHz]
ラジオ関西開局60周年特別番組『ヒア・カム・ザ・ビーチ・ボーイズ
2012年7月03日(火)20:40-21:40
進行:高平裕美
解説:ビーチ・ボーイズ評論家「西海岸良平」(=安田謙一)


01)That's Why God Made the Radio
 ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ  2012年
 [ Joe Thomas / Brian Wilson / Jim Peterik / Larry Millas ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

-安田謙一さん、じゃなくてBB5評論家「西海岸良平」さん登場!-

02)Dance Dance Dance  1964年8位
  ダンス・ダンス・ダンス
 [ Brian Wilson / Carl Wilson / Mike Love ]  
  /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

03)I Get Around
 アイ・ゲット・アラウンド  1964年1位
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

04)In My Room
 イン・マイ・ルーム  1963年23位
  [ Gary Usher / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

05)Please Let Me Wonder
 プリーズ・レット・ミー・ワンダー 1965年52位
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

06)Wouldn't It Be Nice
  素敵 じゃないか 1966年8位
  [ Brian Wilson / Tony Usher / Mike Love ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

07)Good Vibrations
  グッド・ヴァイブレーション 1966年1位
  [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

08)Sumahama
 想い出のスマハマ  1979年
 [ Mike Love ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

09)Kokomo
  ココモ  1988年1位/AC5位
 [ Mike Love / Terry Melcher / Scott McKenzie / John Phillips ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys

10)Summer's Gone  過ぎゆく夏 2012年
 [ Jon Bon Jovi / Joe Thomas / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys


以上、予告通り『夜のピンチヒッター』第9戦の100分ノックに続いてはこちらのエアプレイ・リスト。ラジオ関西開局60周年を記念する特別番組でビーチ・ボーイズを取り上げてくれるなんて、流石「海の見える放送局」!しかも司会進行は『夜のピンチヒッター』の番組タイトル・コールジングルで耳馴染みの高平裕美さん(実際ウグイス嬢のご経験もおありとのこと!)で、安田謙一さんもビーチ・ボーイズ評論家「西海岸良平」なる一夜限りの変名(笑)にてほぼ番組全編ご出演されてたので、『夜ピン』リスナーにとってもまさに"Fun,Fun,Fun"な60分(※ちなみに変名の元ネタは『三丁目の夕日』の作者、西岸良平先生)。

話題の中心は最新作『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ』ブライアン・ウィルソン選曲によるベスト盤『カリフォルニア・フィーリン』の2枚を抱き合わせたラジオ関西特別ビーチ・ボーイズCDセット(4000円)ラジオ・ショッピングだったり(両方とも持ってるし、支払い方法が代金引き換えのみだったので注文しなかったんですけど、特製の帯とか付いてたんでしょうか?)、やはり来日公演の告知やビーチ・ボーイズTシャツを10名様にプレゼント(欲しい!)の応募案内だったりしたものの、安田さん(じゃなくて「西海岸良平」さん)による「3分間でわかるビーチ・ボーイズ」なんていう無謀なコーナーもあったり(勿論、50年の軌跡が3分に収まるハズもなく・笑)、番組のジングルビーチ・ボーイズのメンバーから日本のファンへのメッセージが盛り込まれていたり(!)と、ツボを押さえた小技も効いてて、終わってみれば「FUN×4」

もしかして、「ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ」で始まり、「過ぎゆく夏」で終わる選曲は安田さんによるものだったんでしょうか?個人的にはラジオ関西で「想い出のスマハマ」が聴けて嬉しかったです(村上春樹さんの『風の歌を聴け』で主人公がビーチ・ボーイズを聞いた電リク番組はラジオ関西だろうというご指摘にも感慨深いものがありました)。


| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#09

ニッポン放送だよ ピーナッツ!ニッポン放送だよ ピーナッツ!
(2008/11/26)
ザ・ピーナッツ


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第9回
2012年07月03日(火)19:00-20:40
DJ:安田謙一


-PM7:00-
【夜の始球式】
01)Summertime
 サマータイム 1966年10位/R&B7位
 [ George Gershwin / Ira Gershwin / DuBose Heyward ]
 /ビリー・スチュワート Billy Stewart

【かけたかった曲です!】
02)トーキョー・シック 2012年
 [ 作詞・作曲:佐野元春 / 編曲:前田憲男 ]
 /佐野元春&雪村いづみ

~トーキョーつながりで。
03)ニュー・トーキョー 2002年
 [ 作詞・作曲:横山剣 / 編曲:横山 剣、小野瀬雅生 ]
 /渚ようこ

【今日は何の日!?】
~映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の公開日(アメリカでの)。

04)The Power Of Love  パワー・オブ・ラヴ 1985年1位
 [ Huey Lewis ]
 /ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
 Huey Lewis & The News

~映画の中でフィーチャーされてましたね。
今夜はこの人のバージョンで。今夜のジャケ写大賞!

05)Johnny B. Goode  ジョニー・B.グッド 1970年92位
 [ Chuck Berry ]
 /ジョニー・ウィンター Johnny Winter
 ※チャック・ベリー(1958年8位/R&B2位)

-ジングル-
【夜のJ-POPフライ】
~Aメロが最高です!

06)Feel So Moon 2012年
 [ 作詞:奥田民生 / 作曲:阿部義晴 ]
 /ユニコーン
 ※TVアニメ『宇宙兄弟』主題歌

【早すぎる!?新譜情報!】
~8月17日リリース!
面影ラッキーホールのニューアルバム『on the border』から

07)コモエスタNTR 2012年
 [ 作詞:ACKY / 作曲:SINNERYANG ]
 /面影ラッキーホール

08)北関東の訛りも消えて  2012年
 [ 作詞:ACKY / 作曲:IWAO MITSUNAGA ]
 /面影ラッキーホール

09)おかあさんといっしょう 2012年
 [ 作詞:ACKY / 作曲:SINNERYANG ]
 /面影ラッキーホール

-ジングル-
テレビドラマ「お荷物小荷物」音楽編より】
~アルバムは7月25日リリース予定です。

10)「お荷物小荷物」 テーマ Ver.1
 [ 佐藤允彦 ]

11)あの手この手  1971年
 [ 作詞:中山千夏 / 作曲・編曲:佐藤允彦 ]
 /佐々木剛

【夜のお座敷ボ・ディドリー・ビート】
12)Our Day Will Come 燃ゆる初恋 1964年
 [ Mort Garson / Bob Hilliard ]
 /パット・ブーン Pat Boone
 ※Ruby & the Romantics(1963年1位/R&B1位)

13)Faith フェイス 1988年
 [ George Michael ]
 /ジョージ・マイケル George Michael
 ※Dance Music/Club Play Singles17位

14)Purple Rain パープル・レイン  1990年
 [ Prince ]
 /ビッグ・ダディ Big Daddy
 ※プリンス(1984年2位)

CM
-PM8:00-

【夜のラッキー7】
~7月11日リリース『女は何度も勝負する』特集。
30年ぶり(!?)の2ndアルバム!!

15)LOVE + LOVE 2012年
 [ 作詞:信藤三雄、ロニー・バリー / 作曲:信藤三雄、エマーソン北村 ]
 /スクーターズ

16)Hey girl! 2012年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲:筒美京平 ]
 /スクーターズ

17)かなしいうわさ 2012年
 [ 作詞・作曲:小西康陽 ]
 /スクーターズ

~特集は終わったけど… 
18)恋のバカンス  2003年
 [ 作詞:岩谷時子 / 作曲:宮川泰 ]
 /スクーターズ
 ※ザ・ピーナッツ(1963年)

【追悼:伊藤エミさん~ザ・ピーナッツ特集】
19)Spinning Wheel
 スピニング・ホイール  1970年
 [ David Clayton-Thomas / 編曲:クニ河内 ]
 /ザ・ピーナッツ
 ※Blood, Sweat & Tears(1969年2位/R&B45位/AC1位)

20)インファントの娘 1961年 
 [ 作詞・作曲:池すすむ / 編曲:宮川泰 ]
 /ザ・ピーナッツ
 ※東宝映画『モスラ』宣伝シートより

21)云えなかったの 1963年
 [ 作詞:岡本克己 / 作曲・編曲:宮川泰 ]
 /ザ・ピーナッツ

22)Tokyo By Night 東京バイ・ナイト 1965年
 [ Heinz Kiessling / Kazumi Yasui ]
 /ザ・ピーナッツ Die Peanuts
 ※ドイツで発売(当時国内では未発表)

【葉書のリクエストにお応えして!】 
23)Motor City Madhouse
 モーター・シティ・マッド・ハウス 1975年
 [ Ted Nugent ]
 /テッド・ニュージェント Ted Nugent

【夜のヒーローインタビュー】
~ナイスゲームでした!
次回放送は7月17日(火)、2時間40分フルヴァージョン!


24)Sitting In The Park
 シッティン・イン・ザ・パーク 1965年24位/R&B4位
 [ Billy Stewart ]
 /ビリー・スチュワート Billy Stewart


以上、ビリー・スチュワートで始まり、ビリー・スチュワートで締め括られたラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第9戦のエアプレイ・リスト。今回は短縮ヴァージョン「100分ノック」と言いつつも、20時40分からのラジオ関西開局60周年特別番組『ヒア・カム・ザ・ビーチ・ボーイズ』にも引き続き変名ビーチ・ボーイズ評論家「西海岸良平」・笑)でご出演されてたので実質4週連続2時間40分フルヴァージョンみたいなもんじゃないですか!?(特番のオンエア曲目一応記録してるのでブログにリスト作成させて頂く予定)。

ざっと振り返ってみても、面影ラッキーホールスクーターズの新作に加え、「お荷物小荷物」音楽編のような魅力的なニュー・リリースの美味しいところをいち早く紹介して下さったり、秘かに期待していた伊藤エミさん追悼のザ・ピーナッツ特集洋楽カヴァー珍しい映画販促音源(!)、更にはラジオ発掘音源ドイツで発売された当時国内未発表の楽曲と絶妙な選曲が冴えまくりの超濃密な100分ノックでしたが、【夜のお座敷ボ・ディドリー・ビート】なんかも心弾む好企画で、ゴキゲンな3連発に胸がバクバク。ボ・ディドリー・ビート大好きなので、いつか機会があれば番組全編お願いしたいくらいです(笑)。

ということで、【夜の延長戦】のような番外編的(?)ラジオ関西開局60周年特別番組『ヒア・カム・ザ・ビーチ・ボーイズ』のエアプレイ・リストにつづく。


| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10本目の大人の樹

gremz

2012年06月12日(火)

環境貢献型ブログパーツ=グリムスの木、ちょっと時間かかったけど10本目がようやく大人の樹に成長!久々にマイページにログインして確認してみたら、どうやら8本目まで植林して頂けた模様(いずれも内モンゴル自治区)。引き続きマイペースでコツコツと。http://t.co/HssdtG4u
posted at 17:21:39

gremzgremzgremz

ということで、これが10本目の「大人の樹」朝昼・夕方・夜ヴァージョン(6月12日)。

gremzgremz

今回半年ちょっとかかったので、クリスマスお正月に始まり、誕生日ヴァレンタイン、そして雛祭りと各種ヴァージョン目白押し(雛祭りは朝昼&夕方と夜の2ヴァージョンのみ)。

gremzgremzgremz

あと子供の日仕様も例年通り(^^)。

ただ、これでやっと10本とはいえ、この20年間で日本国土3.5倍の森林が減少してるとのことなので(!)、まだまだ全然及びません。僕ひとりでどうにかなる問題ではありませんが、今後もブログの更新だけじゃなくて、出来る範囲で出来る限りのエコアクションを、地道に積み重ねていけたらと思ってます。

幸せへのキセキ幸せへのキセキ
(2012/05/30)
サントラ


最後に、10本目のお祝いミュージックはシガー・ロスのフロントマン、ヨンシーが全編手掛けた、キャメロン・クロウ監督の最新作『幸せへのキセキ』のサウンドトラック。実を言うと映画観てないし(^^;)、サントラもUS盤買っちゃったので、あんまりよくわからずにジャケットのイメージだけで選んだんですけど(映画の劇中ではトム・ぺティさんやディランWilcoの楽曲なんかも使われてるんですってね!)、ヨンシーが紡ぎ出す繊細で美しい音像が何とも心地よく、最近は枕元でこれとビーチ・ボーイズの新作ばっか聴いてます。



ある意味、個人的には”僕の夢のサウンドトラック”って感じです(^^;)。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CHANGE ENERGY

KUMAGAYA CITY KUMAGAYA CITY

ユニクロのメンフィス・スリム&ウィリー・ディクスンTシャツに続く、今年2着目Tシャツは埼玉の老舗デパート、八木橋百貨店楽天市場店で購入した古市コータローさんデザインによる熊谷市公認の「熊谷CITY」Tシャツ

ジョン・レノン, ニューヨーク [DVD]ジョン・レノン, ニューヨーク[DVD]
(2011/11/09)
ジョン・レノン、オノ・ヨーコ

言う迄もなく、ジョン・レノンが着てた「New York City」Tシャツをモチーフにしてて、白リンガーTシャツはもろパロディって感じで洒落てますけど、多分、白は買っても着ないような気がしたのでこの色にしました。僕でも何とか着れる大きめアメリカンなLサイズ(苦笑)。バックプリントには「あつべえ」と共に「Summer Of Love」のロゴ、更に「地獄よりアツいぜ熊谷!」ってのがまたイカしてるじゃないですか!

CHANGE ENERGY

そして今年3着目のTシャツはザ・コレクターズ加藤ひさしさんが着てた脱原発ポスター展のTシャツ

 http://studiomog.ne.jp/change/

そう言えば加藤さん、先週の金曜日、首相官邸前の大飯原発再稼働反対デモにもこのワイン色のTシャツ着て参加されてましたね(自作のプラカード掲げてる姿が『報道ステーション』でも一瞬ちらっと映ったような。伊藤銀次さんやカーネーションの直枝さんらもデモに参加されてたとか)。5月8日付けのリーダーの公式HPダイアリー、まったく同感!やはり再稼働にはどうにも納得出来ませんが、とにかく何とかこの夏、無事に乗り切れますように・・・(祈)。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STONES BAR

誰にも負けない愛の歌(DVD付)誰にも負けない愛の歌(DVD付)
(2012/04/11)
ザ・コレクターズ


2012年04月30日(月)

パンナム展のレコ部イベント終わって
タワレコのザ・コレクターズのインストア会場前。
今はなきアメリカ村店に続いて、
またまたトイレでコータローさんに遭遇!?

posted at 16:53:55

という訳で、ラジオの曲目リスト作成が最優先の為、個人的な記録は後回しで遅れに遅れておりますが、パンナム展イベント「レコ部」の続きというか、ちょっとばかし蛇足。

実はパンナム展よりもこちらが主目的で、コータローさんとトイレで遭遇したのは2005年3月『夜明けと未来と未来のカタチ』発売記念インストア・ライヴの時以来。更にイベント終了後にはリーダーともニアミスしてドキッっとしたんですけど、そう言えばリーダーには昨年も「ロックの学園WEST」で運良く握手して貰えたっけ・・・。お陰で、僕にとってのゴールデンウィークは2年連続で田植えコレクターズって感じです(^^)。

cat udon

何故か阪神百貨店の猫フェアまで行ってる(^^;)。
http://t.co/Y33kTTYl
posted at 20:08:59

夕食は讃岐うどんでさっぱり、
のつもりが大盛り無料
更にサービスでかきあげ貰っちゃった(^。^;)

http://t.co/731oxBwy
posted at 20:05:37

と、終わってみればイベント3本はしご。
最後に讃岐うどんの安くて美味しいお店見つけました!!


ロックス・オフロックス・オフ
(2012/06/20)
ザ・ローリング・ストーンズ



ところで、加藤さん&コータローさんといえば、最近お2人揃ってサントリー「STONES BAR」のCMにご出演されてますよね!他にもCharさんやナレーションも担当されてるCHABOさんをはじめ、ベテランから若手ミュージシャンまでなかなか豪華な顔ぶれ。



まったくの下戸でアルコール全然飲めないクセに、ベロマークに釣られて、リーダー&コータローさんのCM出演記念に1本買ってみようかなという衝動に駆られています(苦笑)。



| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#08

God Bless Tiny TimGod Bless Tiny Tim
(2008/08/12)
Tiny Tim


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第8回
2012年06月26日(火)19:00-21:40
「ロックンロールQ&A」
DJ:安田謙一


-PM7:00-
【夜の始球式】
01)Who Are You
 フー・アー・ユー 1978年14位
 [ Pete Townshend ]
 /The Who  ザ・フー

【ロックンロールQ&A 第2問】
02)Where Are You Now
 ホェア・アー・ユー・ナウ?  1996年
 [ Damon Banks / Gary Brown / Tom Keene ]
 /ジョージ・ベンソン George Benson

【ロックンロールQ&A 第3問】
03)Are You Lonesome Tonight ?
  今夜はひとりかい?  1960年1位/R&B3位/1961年C&W22位
 [ Lou Handman / Roy Turk ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley 

【ロックンロールQ&A 第4問】
04)元気でやってるのかい? 2007年
 [ 作詞・作曲: 鴨田潤 ]
 /イルリメ

【ロックンロールQ&A 第5問】
05)きこえるかしら 1979年
 [ 作詞:岸田衿子 / 作曲・編曲:三善晃 ]
 /大和田りつこ
 ※アニメ『赤毛のアン』主題歌

【ロックンロールQ&A 第6問】
06)Are You Receiving Me?
 アー・ユー・レシーヴィング・ミー? 1978年
 [ Andy Partridge ]
 /XTC

【ロックンロールQ&A 第7問】
07)What's New Pussycat?
 何かいいことないか子猫ちゃん 1965年
 [ Burt Bacharach / Hal David ]
 /フォー・シーズンズ The Four Seasons / Frankie Valli

【ロックンロールQ&A 第8問】
08)Yes, We Have No Bananas
 バナナは如何  1934年
 [ 作詞:宇佐不吟 / 作曲:シルバー&コーン / 編曲:仁木他喜雄 ]
 /バートン・クレーン

【ロックンロールQ&A 第9問】
09)Ain't Cha-Cha Comin' Out Tonight?
 チャチャチャはいかが 1956年
 [ 訳詞:井田誠一 / 作曲:N.Gimbel / 編曲:寺岡真三 ]
 /雪村いづみ

【ロックンロールQ&A 第10問】
10)Do You Know the Way to San Jose?
  サンホセへの道  1997年
 [ Burt Bacharach / Hal David ]
 /メデスキ・マーティン&ウッド
 Medeski, Martin & Wood
 ※Dionne Warwick (1968年10位/R&B23位/AC4位)

【ロックンロールQ&A 第11問】
11)Is Anybody Goin' To San Antone
 サン・アントン 1973年
 [ Dave Kirby / Glen Martin ]
 /ダグ・サム Doug Sahm

【ロックンロールQ&A 第12問】
12)Do You Really Want To Hurt Me
 君は完璧さ 1982年
 [ 作詞:竜真知子 / 作曲:Culture Club / 編曲:見岳章 ]
 /見岳アキラ
 ※カルチャ―・クラブ(1982年2位/UK1位)

【ロックンロールQ&A 第13問】
13)Do You Believe In Magic?
 魔法を信じるかい? 1965年9位
 魔法を信じるの?
 [ John Sebastian ]
 /ラヴィン・スプーンフル Lovin' Spoonful

【ロックンロールQ&A 第14問】
14)Who's gonna die first? 1991年
 [ 作詞:鈴木博文 / 作曲:白井良明 ]
 /ムーンライダーズ Moonriders

【ロックンロールQ&A 第15問】
15)Are You There? 2007年
 [ 作詞:ハル・デヴィッド / 作曲:バート・バカラック / 編曲:高橋幸宏 ]
 /原田知世
 ※ディオンヌ・ワーウィック(1965年)

-PM8:00-
【ロックンロールQ&A 第16問】
16)誰だっけ? 2003年
 [ 作詞:坂本慎太郎 / 作曲・編曲:ゆらゆら帝国 ]
 / ゆらゆら帝国

【ロックンロールQ&A 第17問】
17)Daddy, Daddy, What Is Heaven Like?
 パパ,天国はどんなとこ?  1968年
 [ Artie Wayne ]
 / タイニー・ティム  Tiny Tim

【ロックンロールQ&A 第18問】
~日本で一番タイニー・ティムがかかる番組です!

18)Brother Can You Spare a Dime
 兄弟、10セントくれないか 1980年
 [ Jay Gorney / E.Y. "Yip" Harburg ]
 /タイニー・ティム  Tiny Tim
 ※ビング・クロスビー(Bing Crosby-1932年1位)
 ※ルディ・ヴァリー (Rudy Vallee-1932年1位)


【ロックンロールQ&A 第19問】
19)俺の借金全部でなんぼや 1975年
 [ 作詞:三上寛 / 作曲:上田正樹・有山淳司 ]
 /上田正樹と有山淳司

【ロックンロールQ&A 第20問】
20)Where's The Money
 ホェアズ・ザ・マネー? 1987年
 [ Fred Frith ]
 /フレンチ・フリス・カイザー・トンプソン
 French Frith Kaiser Thompson

【ロックンロールQ&A 第21問】
21)Who'll Be The Next In Line
 お次は誰ぁれ? 1968年
 [ Ray Davies ]
 /フランソワーズ・アルディ Françoise Hardy
 ※キンクス(Kinks-1965年34位)

【ロックンロールQ&A 第22問】
22)Why Do I Feel?
 ホワイ・ドゥ・アイ・フィール? 1969年
 [ Dorothy Wiggin ]
 / シャッグス The Shaggs

【ロックンロールQ&A 第23問】
23)Don't You Ever Learn?
 いつになったらわかるの? 1974年
 [ Todd Rundgren ]
 /トッド・ラングレン  Todd Rundgren 

【ロックンロールQ&A 第24問】
24)Who Do You Love?
 フー・ドゥー・ユー・ラヴ? 1957年
 [ Ellas McDaniel ]
 /ボ・ディドリー  Bo Diddley

【ロックンロールQ&A 第25問】
25)Why Can't We Live Together
 かなわぬ想い 1973年3位/R&B1位
 [ Tim Thomas / Timmy Thomas ]
 /ティミー・トーマス Timmy Thomas
 ※シャーデー(邦題「愛の生活」1985年)

【ロックンロールQ&A 第26問】
26)What Do You Want The Girl To Do ?
 あの子に何をして欲しいの  1975年
 [ Allen Toussaint ]
 / アラン・トゥーサン Allen Toussaint

【ロックンロールQ&A 第27問】
27)どうして!?  1982年
 [ 作詞: 松本隆 / 作曲:筒美京平 / 編曲:大村雅朗 ]
 /佐東由梨

【ロックンロールQ&A 第28問】
28)Why? ホワイ? 1981年
 [ Lynval Golding ]
 / スペシャルズ  The Specials

【ロックンロールQ&A 第29問】
29)なんで なんで ナンデ? 1996年
 [ 作詞:鈴木蘭々・相田毅 / 作曲:筒美京平 / 編曲:松本晃彦 ]
 / 鈴木蘭々

【ロックンロールQ&A 第30問】
30)LOVEって何よ?  1996年
 [ 作詞:森浩美・小日向歩 / 作曲・編曲:小日向歩 ]
 /soap

-PM9:00-
【ロックンロールQ&A 第31問】
31)Haven't We Met
 ハヴント・ウィ・メット 1974年
 [ Ruth Batchelor / Kenny Rankin ]
 /ケニー・ランキン Kenny Rankin

【ロックンロールQ&A 第32問】
32)Do You Want To Know A Secret 
 ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット 1963年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

【ロックンロールQ&A 第33問】
33)Are You There (with another Girl)
 アー・ユー・ゼア 1983年
 [ Burt Bacharach / Hal David ]
 /マリ・ウィルソン Mari Wilson

【ロックンロールQ&A 第34問】
34)ディープ・パープルはどこ? 1973年
 [ 作詞:八坂裕子 / 作曲・編曲:冨田勲 ]
 /朱里エイコ

【ロックンロールQ&A 第35問】
35)君は人のために死ねるか 1980年
 [ 作詞: 杉良太郎 / 作曲 : 遠藤実 / 編曲: 斉藤恒夫 ]
 /杉良太郎

【ロックンロールQ&A 第36問】
36)嫁に来ないか 1976年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲:川口真 ]
 / 新沼謙治

【ロックンロールQ&A 第37問】
37)Have You Seen Your Mother, Baby, Standing in the Shadow?
 マザー・イン・ザ・シャドウ 1966年9位/UK5位
 [ Mick Jagger / Keith Richards ]
 / ローリング・ストーンズ  The Rolling Stones

【ロックンロールQ&A 第38問】
~安田謙一さんからのリクエスト!

38)海の底から来たのか 君は 1967年
 [ 作詞:丘灯至夫 作曲:和田香苗 ]
 /港孝也

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!
次回放送は来週7月03日(火)19時より短縮ヴァージョン100分ノック!


【ロックンロールQ&A 第39問】
39)夏のせいかしら 1974年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:馬飼野康二 ]
 / 夏木マリ


ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第8戦タイトルが疑問形の曲ばかりを集めた全編オールリクエスト”ロック漫筆界の池上彰こと、安田謙一が世界のポップスに潜む「?」に答える。「そうだったのか!」の嵐が吹き荒れる2時間40分”とのことでしたが、「そうだったか!」の嵐はともかく(笑)、疑問をズバズバぶった斬りつつ、突き進んで行く感じは明快というより痛快。今回は帰宅途中にカ―ラジオで拝聴してたんですけど、やはり遊び心溢れる曲の並びが面白いし、ラジオの感度も思いのほか良かったお陰で、放送を楽しみながらゆっくりと安全運転で帰ることが出来ました。

ただ、迂闊にも僕としたことがエアプレイ・リスト作成に手間取ってるうちにリクエスト出しそびれちゃったので(とはいえ、BOX「What Time?」「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」岡崎友紀じゃなくてフローレンス芳賀ribbonで、くらいしかリスト・アップ出来てませんでしたが・苦笑)、それだけが少々心残り。また何か別の機会にリクエスト送らせて頂こうかなと考えている次第です(そう言えば架空のコーナーには結局リクエスト来てないんでしょうか?)。尚、試しに調べてみたところ、『夜のピンチヒッター』で過去タイニー・ティムがかかったのは意外にもまだ今回の2曲だけみたいなので、ここは一つ、名実ともに「日本で一番タイニー・ティムがかかる番組」となる為にも、今後もタイ二―・ティムの曲じゃんじゃんお願いします(^^)。

という訳で、怒濤の3週連続2時間40分フル・ヴァージョンに続いて、次回は来週7月3日(火)100分ノックとこれまた初の4週連続放送!!20時40分からのラジオ関西開局60周年特別番組『ヒア・カム・ザ・ビーチ・ボーイズ』も気になります!?



| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |