Sweetheart Of The Radio

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#13

ハード・キャンディハード・キャンディ
(1990/08/01)
ネッド・ドヒニー


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第13回
2012年08月21日(火)19:00-21:40
「A-1グランプリ」
DJ:安田謙一


-AM7:00-
【A-1グランプリ開幕~夜の始球式】
01)Victoria ヴィクトリア 1970年62位
 [ Ray Davies ]
 /キンクス The Kinks
 Al.『アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡』

【A-1グランプリ】
02)A Girl Like You
 ア・ガール・ライク・ユー 1967年10位
 [ Eddie Brigati / Felix Cavaliere ]
 /ヤング・ラスカルズ  The Young Rascals
 Al.『グルーヴィン』

03)悪女(アルバム・ヴァージョン) 1981年
 [ 作詞・作曲:中島みゆき / 編曲:後藤次利 ]
 /中島みゆき
 Al.『寒水魚』

04)あの娘のラブレター 1976年
 [ 作詞:鈴木慶一、岡田徹 / 作曲:岡田徹 ]
 / 鈴木慶一とムーンライダース
 Al.『火の玉ボーイ』

05)Y.B.J. (YOUNG BLOOD JACK) 1984年
 [ 作詞:鈴木博文 / 作曲:鈴木博文、鈴木慶一、岡田徹
  / 編曲:岡田徹・ムーンライダーズ ]
 /ムーンライダーズ
 Al.『アマチュア・アカデミー』

CM
【A-1グランプリ】
~松永良平さんからのリクエスト

06)We're Gonna Groove
 ウィアー・ゴナ・グルーヴ 1982年
 [ Ben E. King / James Bethea ]
 /レッド・ツェッペリン Led Zeppelin
 Al.『最終楽章 (コーダ)』
 ※原曲はベン・E・キングの「Groovin'」


【A-1グランプリ】
07)Deuce  ジュース 1975年
 [ Gene Simmons ]
 /キッス KISS
 Al.『アライヴ!~地獄の狂獣』

08)Easter Woman
 イースター・ウーマン 1980年
 [ The Residents ]
 /レジデンツ The Residents
 Al.『コマーシャル・アルバム』

~辻井タカヒロさんからのリクエスト
09)Terrapin カメに捧ぐ詩 1970年
 [ Syd Barrett ]
 /シド・バレット Syd Barrett
 Al.『帽子が笑う…不気味に』

CM
【A-1グランプリ】
~安田謙一さんからのリクエスト

10)Complication Shakedown
 コンプリケーション・ブレイクダウン 1984年
 [ 佐野元春 ]
 /佐野元春
 Al.『VISITORS』

11)Computer Children 1985年
 [ 作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:サザンオールスターズ、藤井丈司 ]
 /サザンオールスターズ
 Al.『KAMAKURA』

12)ビギニング(Begining)  1978年
 [ 作曲・編曲:原田真二 ]
 /原田真二
 Al.『Feel Happy』

~奥田祐士さんからのリクエスト
13)Overture
 序曲  1969年
 [ Spooner Oldham ]
 /アル・クーパー Al Kooper
 Al.『アイ・スタンド・アローン』

14)Sure Shot  シュア・ショット  1994年
 [ Beastie Boys / DJ Hurricane / Mario Caldato, Jr. ]
 /ビースティー・ボーイズ Beastie Boys
 Al.『イル・コミュニケーション』

CM
-ラジオ関西ジングル-
-PM8:00-

【A-1グランプリ】
15)金魚鉢 1999年
 [ 小野瀬雅生 ]
 /クレイジーケンバンド
 Al.『Goldfish Bowl』

~安田謙一さんからのリクエスト
16)I Hear a New World
 アイ・ヒア・ア・ニュー・ワールド 1960年
 [ Robert Duke / Joe Meek ]
 /ジョー・ミーク  Joe Meek & the Blue Men
 Al.『I Hear a New World 』

17)Get Rhythm
 ゲット・リズム 1987年
 [ Johnny Cash ]
 /ライ・クーダー Ry Cooder
 Al.『ゲット・リズム』
 ※ジョニー・キャッシュ(1956年C&W1位)


18)If I Should Fall From Grace With God
 堕ちた天使 1988年
 [ Shane MacGowan ]
 /ポーグス The Pogues
 Al.『堕ちた天使』

【A-1グランプリ】
- 夏休み東映(?)プリンス祭り-

19)Christopher Tracy's Parade
 クリストファー・トレイシーのパレード  1986年
 [ Prince ]
 /プリンス&ザ・レヴォルーション
  Prince & the Revolution
 Al.『パレード』

20)Eye No アイ・ノウ 1988年
 [ Prince ]
 /プリンス Prince
 Al.『Lovesexy』

21)どぉなっちゃってんだよ 1990年
 [ 作詞・作曲・編曲:岡村靖幸 ]
 /岡村靖幸 
 Al.『家庭教師』

【A-1グランプリ】
22)CIRCUS TOWN 1976年
 [ 作詞:吉田美奈子 / 作曲:山下達郎 ]
 /山下達郎
 Al.『CIRCUS TOWN』

~坂本慎太郎さんからのリクエスト
23)Get It Up For Love
 恋は幻 1976年
 [ Ned Doheny ]
 /ネッド・ドヒニー Ned Doheny
 Al.『ハード・キャンディー』

【A-1グランプリ~夜の名盤ピンチヒッター】
~60年代:ビートルズのピンチヒッター

24)Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
 サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /大場久美子
 Al.『kumikoアンソロジー』の1曲目!

~70年代:セックス・ピストルズのピンチヒッター
25)Holidays In The Sun
 ホリデイズ・イン・ザ・サン 1978年
 [ Paul Cook / Steve Jones / Johnny Rotten / Sid Vicious ]
 /ロス・パンク・ロッカーズ Los Punk Rockers
 Al.『Los Exitos De Sex Pistols』

~80年代:ブルース・スプリングスティーンのピンチヒッター
26)Born in East L.A.
  ボーン・イン・イースト・LA 1985年
 [ Cheech & Chong / Bruce Springsteen ]
 /チーチ&チョン Cheech & Chong

【A-1グランプリ】
27)そこに行くのだ 2005年
 [ 作詞:bikke / 作曲:近藤達郎 ]
 /ラブジョイ
 Al.『かけがいのないひととき』

~安田謙一さんからのリクエスト
28)Frederick  フレデリック 1979年
 [ Patti Smith ]
 /パティ・スミス Patti Smith
 Al.『Wave』

CM
-PM9:00-

【A-1グランプリ】
29)Four Enclosed Walls
 フォー・アンクローズド・ウォールズ  1981年
 [ Martin Atkins / Keith Levene / John Lydon ]
 /パブリック・イメージ・リミテッド
 Public Image Ltd PiL
 Al.『フラワーズ・オブ・ロマンス』

【A-1グランプリ~罪滅ぼし!?ポール以外のメンバーによるA面1曲目】
30)Going Down on Love
 愛を生きぬこう  1974年
 [ John Lennon ]
 /ジョン・レノン John Lennon
 Al.『心の壁、愛の橋』

31)A Dose Of Rock'n Roll
 ロックは恋の特効薬 1976年26位
 [ Carl Grossman ]
 /リンゴ・スター
 Al.『リンゴズ・ロートグラビア』

32)Love Comes to Everyone
 愛はすべての人に  1979年
 [ George Harrison ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison
 Al.『慈愛の輝き』

【A-1グランプリ】
33)僕はコレクター 1987年
 [ 作詞・作曲:加藤ひさし ]
 /ザ・コレクターズ

34)Walk On ウォーク・オン 1974年
 [ Neil Young ]
 /ニール・ヤング Neil Young
 Al.『渚にて』

35)テンダー・ナイト 1980年
 [ 作詞:伊達歩 / 作曲:井上堯之 ] 
 /萩原健一
 Al.『Donjuan』

~中澤ディレクターからのリクエスト
36)You May Be Right
  ガラスのニューヨーク 1980年7位
 [ Billy Joel ]
 /ビリー・ジョエル Billy Joel
 Al.『グラス・ハウス』

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!
次回放送は9月18日(火)!!


【栄えある第1回A-1グランプリに輝いたのは…】
37)よォーこそ 1980年
 [ 作詞・作曲:忌野清志郎 / 編曲:RCサクセション ]
 /RCサクセション
 Al.『RHAPSODY』


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第13戦のエアプレイ・リスト。アルバムA面1曲目の曲ばかりを集めた「A-1グランプリ」、やはりA面1曲目はガッチリとツカミに来るタイプの曲が多いので、勢いが付いてガンガン盛り上がっちゃいますが、でも確かに安田さんが最後におっしゃってた通り、A面の1曲目ばっかり聴いてたら早死にしてしまいそう(笑)。それ故に大場久美子「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」日本語カヴァー(!?)が丁度いい気分転換になって助かったので、もしかしたらそれを見越しての配置だったのでしょうか(^^;)。

あと個人的には、夏休み東映(?)プリンス祭り3連発や、いつもポールの曲ばかりかけてるからと、罪滅ぼしの【ポール以外のメンバーによるA面1曲目】3連発なんかも楽しかったですけど(佐野さんとサザンの並びにもニンマリ)、僕のリクエストもかけて頂けて感激!「僕はコレクター」、バンドの趣向性を物語る名刺代わりのような1曲で、デビュー・アルバムのA面1曲目にはうってつけって感じですが、ちなみにもう1曲エントリーさせて頂いたのもデビュー・アルバムのA面1曲目で、ザ・グッバイ「TAKE OFF」でした(^^;)。

とにかく楽しくて終わってみればあっという間だった第1回「A-1グランプリ」、早くもオンエア中に第2回開催宣言のようなものも飛び出してましたけど、ホント是非またお願いしたいです!



スポンサーサイト

| yasudaida | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#12

SWEET ROMANCE[初回限定盤]SWEET ROMANCE
[初回限定盤]

(2012/09/19)
カーネーション


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第12回
2012年08月14日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一


-PM7:00-
【夜の始球式】
01)夏の夜明けは悲しいの 1976年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲:村井邦彦 / 編曲:Jim Rock(惣領泰則) ]
 /夏木マリ

【ロンドン五輪は終わりましたが、まだまだ夏にしがみついて…】 
02)Summer Nights  想い出のサマーナイツ 1978年5位
 [ Warren Casey / Jim Jacobs ]
 /ジョン・トラボルタ&オリビア・ニュートン・ジョン
 John Travolta & Olivia Newton John

03)Summer サマー 1976年7位/R&B4位/AC1位
 [ Papa Dee Allen / Harold Brown / B.B. Dickerson
  / Jerry Goldstein / Lonnie Jordan / Charles Miller
  / Lee Oskar / Howard Scott / War ]

 /ウォー War

【いいオッサンが歌う夏の曲】
04)Summer Love
 サマー・ラブ 1987年
 [ 作詞:なかにし礼 / 作曲:井上大輔 / 編曲:前田俊明 ]
 /尾崎将司


~日本ゴルフ界のボスに続いて、アメリカ・ロック界のボス!
05)Girls in Their Summer Clothes
 ガールズ・イン・ゼア・サマー・クローズ  2008年95位
  [ Bruce Springsteen ]
 /ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen 

CM
【夜のJ-POPフライ】
~ビースティー・ボーイズのカヴァー。途中からヒャダイン節炸裂!

06)Sabotage サボタージュ 2012年
 [ Michael Louis Diamond / Adam Nathaniel Yauch / Adam Horovitz ]
 /でんぱ組.inc   
 ※編曲:前山田健一
 ※Beastie Boys(1994年Modern Rock Tracks18位)


~和製ビースティー!?
07)のってる音頭  1969年
 [ 作詞:なかにし礼 / 作曲:日本民謡 / 編曲:川口真 ]
 /ザ・ドリフターズ

【青島幸男生誕80年!】
映画『鐘』 (オリジナル・サウンドトラック)より
08)映画『鐘』オープニング 1966年
 [ 三保敬太郎 ]
 /三保敬太郎

09)鐘をあげる男達 1966年
 [ 作詞・作曲:青島幸男 ]
 /青島幸男
 
CM
【ワシントンGOGO特集】
~コンピ盤『Gogo Get Down Compiled By Joey Negro』より

10) DC Groove  DCグルーヴ 1982年
 [ Craig Rosen ]
 /スタティック・ディスラプターズ Static Disruptors

11)Skunk Funk Go-Go
 スカンクファンク・ゴーゴー
 /ドクター・スカンクファンク Dr Skunk Funk

【ワシントンGOGO歌謡】
12)つれづれ恋人 1993年
 [ 作詞:三浦徳子 / 作曲:杉本真人 / 編曲:林有三 ]
 /和田アキ子

13)Hoo! Ei! Ho!  1989年
 [ 作詞・作曲:TIKADAHARO(近田春夫) ]
 /近田春夫&ビブラストーン
 ※President BPM(1987年

CM
-PM8:00-

【遠藤賢司『Hyper Enken! Hyper Live!』より】
13)踊ろよベイビー  2012年
 [ 作詞・作曲:遠藤賢司 ]
 /遠藤賢司

14)東京ワッショイ 2012年
  [ 作詞・作曲:遠藤賢司 ]
  /遠藤賢司

【告知:遠藤賢司レコ発ライブ!】
 ~8月23日(木)梅田クラブクアトロ!

 http://www.club-quattro.com/umeda/schedule/

【韓国の女性デュオ・ムキムキマンマンス】
『2012』ジャケ買いしました…

15)私が告白したらびっくりするんだろう 2012年
 [ Chang Wan Kim ]
 /ムキムキマンマンス Mukimukimanmansu   
 ※サヌリム「僕が告白したらビックリするよ」のカヴァー

16)君の贈り物 2012年 
 [ 作詞・作曲:ムキムキマンマンス ]
 あなたのギフト 
 /ムキムキマンマンス Mukimukimanmansu
 
【伊集院幸希】
『This is My Story 憐情のメロディ』より

17)迷子 feat. 鬼 2012年
 [ 作詞・作曲:伊集院幸希 / 編曲:岡田ユミ ]
 /伊集院幸希

18)あたしのこの路 baby this my way
  feat. ロニー・バリー (スクーターズ) 2012年
 [ 作詞・作曲:伊集院幸希 / 編曲:岡田ユミ ]
 /伊集院幸希

- ラジオ関西ジングル -
【夜のJ-POPフライ】
~『ミュージック・マガジン』誌連載「安田謙一のこれがヒットか!?」より。
 
19)わたがし 2012年
 [ 作詞・作曲:清水依与吏 ]
 /back number

~同じ胸キュン度!?
20)Ten Feet Tall
 テン・フィート・トール 1979年
 [ Colin Moulding ]
 /XTC

【有効活用!夜の『レコード・マンスリー』~1972年9月号から】
21)California Man
 カリフォルニア・マン 1972年93位(UK7位)
 [ Roy Wood ]
 /ムーヴ  The Move

22)オー・ラ・ラ  1972年
 [ 作詞:有馬三恵子 / 作曲:川口真 ]
 /ピーター

23)鳩が来る  1972年
 [ 作詞:千家和也 / 作曲:加瀬邦彦 ]
 /ZOO

24)Silver Machine
 シルバー・マシーン 1972年
 [ Dave Brock / Robert Calvert ]
 /ホークウィンド Hawkwind

~40年前の今月、一番聞きたかった曲!
25)週間ぽるの  1972年
 [ 作詞・作曲・編曲:フォーメン ]
 /フォーメン 

26)バス・ストップ  1972年
 [ 作詞:千家和也 / 作曲・編曲:葵まさひこ ]
 /平浩二

CM
-PM9:00-

【夜のラッキー7】
~9月19日リリース!カーネーション新作『SWEET ROMANCE』より

27)I LOVE YOU 2012年
 [ 作詞: 大谷能生&直枝政広 / 作曲:直枝政広 ]
 /カーネーション

28)Station 2012年
 [ 作詞・作曲:直枝政広 ]
 /カーネーション

29)Bye Bye 2012年
 [ 作詞・作曲:直枝政広 / 編曲:岡村みどり ]
 /カーネーション

【夜の3連打!!!~長くて暑い夏の夜の街】
30)Long Hot Summer
 ロング・ホット・サマー 1983年UK3位
 [ Paul Weller ]
 /スタイル・カウンシル The Style Council

31)Long, Hot Summer Night
 ロング・ホット・サマー・ナイト 1968年
 [ Jimi Hendrix ]
 /ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix
 The Jimi Hendrix Experience

32)サマーナイトタウン 1998年
 [ 作詞・作曲:つんく / 編曲:前嶋康明 ]
 /モーニング娘。

【アルバム『フィーリンを感じて』より】
33)Tu Me Acostumbraste
 君の教え
 [ Frank Dominguez ]
  /フランク・ドミンゲス Frank Dominguez

34)Luna Nuova Porta Fortuna
 幸せの新しいお月さま
 [ R.Betti ]
 /べリア・マルティネス Velia Martínez

~収録されててもおかしくない!? 
35)Till There Was You
 ティル・ゼア・ウォズ・ユー 1963年
 [ Meredith Wilson ]
 /ビートルズ The Beatles

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!
次回は来週8月21日(火)「A-1グランプリ」です!


36)That Summer Feeling
 ザット・サマー・フィーリング 1983年
 [ Jonathan Richman ]
 /ジョナサン・リッチマン Jonathan Richman


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第12戦のエアプレイ・リスト。いつものようにわかる範囲で諸々データ書き添えつつ作成(過去の放送分についてはこちらのカテゴリーよりどうぞ)。

まず何と言っても今回はカーネーションの新作からの3連発(!)にエンケンさんの最新ライヴ盤からも怒濤の2連発(!)と新作紹介だけでも超強力なのに、伊集院幸希のような魅力的なニューカマーに加え、『フィーリンを感じて』『Gogo Get Down』コンピ盤のラインナップも興味深く、更に再発モノ映画『鐘』のサントラと充実しまくりで聴き応え抜群。おまけに随所に配置されたサマーソングの選曲がまた絶妙でロンドン五輪の後のポッカリ空いた胸の奥に詰め込もうにもパンパンすぎて入りきらないくらい(笑)。BMXバンディッツ和久井光司さんもカヴァーしたジョナサン・リッチマンの名曲で締め括って下さる辺りも実に心憎かったですが、井上大輔ファンとしては、ジャンボ尾崎「サマー・ラブ」をかけて頂けて感激(時間があったら前回「ロンドン急行」方式尾崎紀世彦ヴァージョン井上大輔さんのセルフ・カヴァーと3連続で聴き比べして欲しかったくらいです・苦笑)。

それにしてもムキムキマンマンス、確かに男ならこのジャケはついついジャケ買いしちゃいそうですね(^^;)。正直、巷で流行のK-POPは僕の胸にはあまり響かないんですけど、安田さんがこの番組で紹介して下さるものはどれも素敵なので、ホント勉強になります。次回の「A-1グランプリ」も予想が付きそうで付かないだけに(?)、どんなゲーム展開になるのか、大いに楽しみです!

【8/20追記】カーネーション「I LOVE YOU」とムキムキマンマンス、べリア・マルティネスの作者クレジットを番組サイドから教えて頂きました。【8/21追記】ディレクターの中澤さんからフォーメンの作者クレジットを教えて頂きました(有難うございました!)。


| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・西梅田キャンドルナイト2012

 Candle Night2012

「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY」
Twinkle Love-Live:西梅田ナイト
日時:2012年6月13日(水)会場:西梅田公園
司会:rio (FM OSAKA DJ)
http://www.candle-night-osaka.jp/



【3rdステージ:ji ma ma】
19:55-20:30 
1)街 with リクオ

ギター:天野清継
2)アカリ
3)海鳴り
4)大丈夫 long version ~明日へ~
5)優しい時代

【4thステージ:高野寛】
20:33-21:08 
1)夜の海を走って月を見た
MC
2)確かな光
3)ベステンダンク
MC
4)夢の中で会えるでしょう
5)美しい星 with リクオ

【最後は出演者全員で】
21:08-21:15
6)サヨナラCOLOR


「西梅田キャンドルナイト2012」の続き。

3rdステージはji ma maさん(沖縄の方言で「わがまま」とか「自由奔放」という意味なんだそうですね)。まず1曲、リクオさんとコラボした後、のびやかな歌声でガットギターの伴奏を従え4曲、合計5曲披露して下さったんですが、「ギターの方、上手いなぁ~」と思って聴いてたら、それもそのはず、何と天野清継さんではないですか!(伴奏とはいえ、生の演奏に触れるのは初めてだったので感激でした)。

相変わらずさ-ベストアルバム相変わらずさ-ベストアルバム
(2004/09/01)
高野寛


そしていよいよ4thステージは今回のお目当てだった高野寛さんの登場。

「こんばんは、ふかわりょうです」

という第一声でツカミもバッチリでしたけど(笑)、キャンドルの灯りに照らし出された高野さんの細身のシルエットは何とも神々しく、ギターを構えたその佇まいはふかわりょうというよりもむしろ、まるでジョージ・ハリスンのよう!

矢野顕子さんも歌ってる「夜の海を走って月を見た」をはじめ、「確かな光」 「美しい星」と幻想的なキャンドルナイトの雰囲気にピッタリの選曲を、高野さんのしなやかなアコギ弾き語りで味わうことが出来て、僕の方こそ「ベステンダンク!」と叫びたい気分。とくに、秘かに期待していた大好きな「夢の中で会えるでしょう」を生で聴くことが出来て、更にコーラスを一緒に合唱することも出来て、最高に嬉しかったです。

 candle night2012 candle night2012 candle night2012

 candle night2012 candle night2012 candle night2012

 candle night2012 candle night2012 candle night2012

そんなふうに楽しいステージはあっという間に過ぎて、ラストは出演者全員のセッションによる「サヨナラCOLOR」のカヴァーで終演(そうか、SUPER BUTTER DOGのオリジナルは高野さんがプロデュースを手掛けておられたんでしたね)。 今年は昨年と違い、進行が大変スムーズだったお陰で僕も最後まで観ることが出来たので、願わくばもう1曲アンコールに応えて頂きたいところでしたが、フリーライヴなだけにあまり贅沢言える立場ではありませんね(スイマセン・汗)。Candle JUNEさんをはじめ関係者の皆様、今年も素敵なイベントを有難うございました。


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:来日直前ビーチ・ボーイズ特集

レコード・コレクターズ増刊 ザ・ビーチ・ボーイズ・ディスク・ガイド 2012年 09月号 [雑誌]レコード・コレクターズ増刊
ザ・
ビーチ・ボーイズ・ディスク・ガイド
(2012/08/10)
萩原健太


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年8月01日25:00-28:00
Big Summerシリーズ第3弾:
祝・メジャー・デビュー50周年&来日直前ビーチ・ボーイズ特集
スペシャルDJ:萩原健太

http://www2.jfn.co.jp/big/

-AM1:00-
【番組のツカミはこの曲で!】
01)Getcha Back 
 ゲッチャ・バック 1985年26位/AC2位
  [ Mike Love / Terry Melcher ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 
CM
-今回来日するオリジナルメンバーそれぞれの歌声を紹介-
【ブライアン・ウィルソン】
~まずは60年代の歌声を2曲。当時は地声とファルセットの
境目がないような滑らかなヴォーカルが魅力。

02)Don't Worry Baby  1964年24位
 ドント・ウォーリー・ベイビー
  気にしないで
  [ Roger "Hot Dog Rog" Christian / Brian Wilson ]  
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

03)The Surfer Moon
 サーファー・ムーン  1963年
  [ Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

~ブライアンの内省的な姿勢の極みともいうべき、
『ペット・サウンズ』から彼のヴォーカルを2曲。

04)You Still Believe In Me
 僕を信じて 1966年 
  [ Brian Wilson / Tony Usher ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

05)Caroline,No
 キャロライン・ノー 1966年
  [ Brian Wilson / Tony Usher ] 
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※オリジナル・テープ・スピードのヴァージョンで(1997年リリース)

~1960年代後半、ちょっと声が変わった時期の2曲を。
06)I'd Love Just Once To See You
 アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シー・ユー  1967年
  [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

07)Busy Doin' Nothin'
 ビジー・ドゥーイン・ナッシン 1968年
 [ Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

CM
【ブルース・ジョンストン】
08)Deirdre
  ディードリ 1970年
  [ Bruce Johnston / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

~ビーチ・ボーイズから離れていた時期の歌声
09)Ten Years Harmony
 10 Years Harmony
 10年目のハーモニー 1974年
 テン・イヤーズ・オブ・ハーモニー
 [ Bruce Johnston ]
 /カリフォルニア・ミュージック
 California Music

~ビーチ・ボーイズにおけるブルース・ジョンストンの代表作
10)Disney Girls
 ディズニー・ガール 1998年
 [ Bruce Johnston ]
 /ブルース・ジョンストン with
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 Bruce Johnston with Royal Philharmonic Orchestra
 ※ビーチ・ボーイズ(1971年)

CM
【ブライアンがソロ・コンサートでもよく取り上げてる曲】
~リッキー・ファターとブロンディ・チャップリンのことも忘れないで!

11)Marcella
  マーセラ 1972年
  [ Brian Wilson / Tandyn Almer / Jack Rieley ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

【1時台の最後はブライアンのスキャット・ヴォーカルだけで綴られたこの曲で】
12)Passing By
 パッシング・バイ  1968年
 [ Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

-AM2:00-
【2時台のオープニング・ナンバー】
13)Add Some Music To Your Day
 アド・サム・ミュージック・トゥ・ユア・デイ  1970年64位
  [ Joe Knott / Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

CM
【マイク・ラヴ】
~60年代前半のホットロッド・ナンバーを2曲

14)Drive-In ドライヴ・イン  1964年
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

15)Cherry,Cherry Coupe
  チェリー・チェリー・クーペ 1963年
  [ Roger "Hot Dog Rog" Christian / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

~マイク・ラヴのソロ・カヴァーを2曲
16)Teach Me Tonight
 ティ―チ・ミー・トゥナイト 1981年 
 [ Sammy Cahn / Gene DePaul ]
 /マイク・ラヴ

17)Sugar Shack シュガーシャック 1983年
 [ Keith McCormack/Faye Voss ]
 /マイク・ラヴ Mike Love & Dean Torrence‎
 ※US家電販売店限定カセット『Rock 'n' Roll City』収録。
 企画盤『Listen To The Air』のDJ入りヴァージョンにてオンエア。
 ※ジミー・ギルマーとファイアボールズ
 (Jimmy Gilmer & The Fairballs-1963年1位)


~マイク・ラヴがたまに書くいい曲
18)Everyone's In Love With You
  エヴリワンズ・イン・ラヴ・ウィズ・ユー  1976年
 [ Mike Love ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

19)Daybreak Over The Ocean
  海に輝く夜明け  2012年
  [ Mike Love ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

CM
【アル・ジャーディン】
20)Lady Lynda
 レディ・リンダ  1979年UK6位
  [ Alan Jardine / Ron Altbach ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※イントロにバッハのカンタータ第147番
 「主よ、人の望みの喜びよ」のメロディを引用。
 

~レア音源。
21)California Saga
 カリフォルニア・サーガ  1996年
  [ Al Jardine ]
 /アル・ジャーディン Al Jardine
 ※アコースティック・ヴァージョン(本の付録)
 ※ビーチ・ボーイズ(1973年84位/UK37位)


~最新ソロから1曲。
22)San Simeon
 サン・シメオン  2010年
 [ Alan Jardine / Scott Slaughter ]
 /アル・ジャーディン Al Jardine
 ※バック・コーラスはアメリカのジェリー・ベックリーとデューイ・パネル。

CM
【もう1曲、マイク・ラヴの作品を】
~マイクは勿論、カール・ウィルソンの歌声も魅力

23)Brian's Back
 ブライアンズ・バック  1998年リリース
 [ Mike Love ] 
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

【デヴィッド・マークスも1曲だけ】
24)Do You Know What Lovers Say  1964年
 [ David Marks / Mark Groseclose ]
 /デヴィッド・マークス&マークスメン
 David Marks & The Marksmen

-AM3:00-
【2時台のオープニング・ナンバー】
25)Island Fever  アイランド・フィーバー 1992年
 [ Mike Love / Terry Melcher ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※ファースト・ヴァージョンでオンエア。

CM
【”転調の妙”に着目】
26)That's Why God Made the Radio
 ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ  2012年
  [ Joe Thomas / Brian Wilson / Jim Peterik / Larry Millas ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

~ややこしい”転調の妙”
27)The Warmth Of The Sun
  太陽あびて  1964年
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

28)Keep An Eye On Summer
 キープ・アン・アイ・オン・サマー  1964年
 [ Brian Wilson/Bob Norman ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

~ちょっと転調してすぐ戻ってくる、あっさりとした転調
が気持ちいい一例。

29)Your Summer Dream
 ユア・サマー・ドリーム  1963年
 [ Bob Norberg / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

~転調の究極、転調の決定版!
30)Girls On The Beach
  浜辺の乙女  1964年
 [ Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

CM
【リクエスト】
31)East Meets West
 イースト・ミーツ・ ウェスト  1984年
  [ Bob Gaudio / Bob Crewe ]
 /フォーシーズンズ with ビーチ・ボーイズ
 The Beach Boys with Frankie Valli & the Four Seasons 

32)Karen  カレン  1964年
 [ Jack Marshall /Bob Mosher ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※サファリ―ズ(The Surfaris-1965年)

33)Monkees Uncle
 モンキーズ・アンクル  1965年
  [ Richard M. Sherman/Robert B. Sherman ]
  /アネット with ビーチ・ボーイズ 
  Annette with The Beach Boys
  Annette Funicello with The Beach Boys
  ※ディズニー配給の同名映画タイトル曲

34)I Should Have Known Better
 恋する二人  1965年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※ビートルズ(The Beatles)

35)Slow Summer Dancin' (One Summer Night)
 スロー・サマー・ダンシン
  1992年
  [ Bruce Johnston/Danny Webb ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※ドゥー・ワップの名曲、ダンリアーズ(The Danleers)
  の「ワン・サマー・ナイト」が挿入(1958年7位/R&B4位)


~カールのヴォーカル曲へのリクエスト
36)Our Sweet Love
 アワー・スウィート・ラヴ 1970年
  [ Brian Wilson/Carl Wilson/Al Jardine ]
  /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

CM
【最後はデニスの歌声で】
37)You Are So Beautiful (Live)
 美し過ぎて 1980年(2002年リリース)
 [ Bruce Fisher / Billy Preston ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※ビリー・プレストン(1974年)
 ※ジョー・コッカー(Joe Cocker-1975年5位)



以上、健太さん渾身の選曲による「メジャー・デビュー50周年&来日直前ビーチ・ボーイズ特集」のエアプレイ・リスト。TBS系ラジオ『サウンド・キャッチ』「ビーチ・ボーイズまつり」(8月6日-8月10日放送)をダイジェスト版とするならば、こちらは全37曲ボリュームたっぷりの完全版といった感じでしょうか。

1時台と3時台にオンエアされた曲の多くは昨年のグループ結成50周年記念4夜連続台特集(2011年7月18日-7月21日深夜放送)でもかけて下さってましたが、2時台には健太さんの歴代レギュラー番組におけるBB5関連特集でも取り上げられたことのないマニアックな楽曲レア・ヴァージョンなども聴けて思わず興奮!オリジナルメンバーそれぞれの歌声に焦点を当てた切り口自体も新しく、1時台後半でブルース・ジョンストン、2時台にマイク・ラヴアル・ジャーディンという配置がまた絶妙でゴキゲン。新作からの楽曲中心だったInterFMの海の日BB5特番共々、来日直前ゼミとして大変勉強になりました(これであとは『ザ・ビーチ・ボーイズ・ディスクガイド』とレコードやCDでしっかり自習して祭り本番に臨むのみ!)。

その他、3時台前半に熱く繰り広げられた(笑)”転調の妙”解説コーナーも興味深かったものの、NHK-FM『ポップス・グラフィティ』月曜日時代にゲストの山下達郎さんがキーボードを持ち込んで分数コードの解説をして下さった『ペット・サウンズ・セッションズ』大特集(1997年12月22日放送)がとってもわかりやすくて目からウロコだっただけに、欲を言えば健太さんにもギターかウクレレなど持ち込んで実演を交えて解説して頂きかったところ(^^;)。とはいえ、聴き応え満点の充実した3時間で、最後には当初まったく心積もりしてなかったたリクエストにまで応えて頂く格好となり、益々感謝感激でした(本当に有難うございました!)。

尚、健太さんDJによる次回の恒例リクエスト大会は既報の通り8月22日(水)深夜放送で、そしてどうやら9月12日深夜放送も担当される模様。東郷かおる子さんや湯川れい子さんの出番なども順次決まってるようですけど、健太さんの登板、もっともっとお願いしますm(__)m。


| Radio Sweetheart | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西梅田キャンドルナイト2012

 Candle Night2012

「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY」
Twinkle Love-Live:西梅田ナイト
日時:2012年6月13日(水)
会場:西梅田公園
司会:rio (FM OSAKA DJ)
http://www.candle-night-osaka.jp/



【1stステージ:YeYe】
18:56-19:19 
1)uminami
2)you are singing always
MC
3)時間差の反射
4)Buddy Holly (weezer cover)
5)おやすみたい

【2ndステージ:RIKUO】
19:22-19:53 
1)雨上がり
2)素敵なバカンス2012
MC
3)夜明け前
MC
4)愛燦燦
5)夜霧よ今夜もありがとう
6)アイノウタ


遅ればせながら一昨年昨年に続いて3年連続で会場に足を運んだ「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY」西梅田ナイトの記録。昨年、のんびり構えてて場所取りに失敗した教訓を生かし、今年は余裕を持って会場入りして、ステージのほぼ真正面、前から2列目くらいを確保。やはりステージに近いと音響もよく、頭上を走る高速道路や周囲の喧騒も昨年ほど気になりませんでした。

朝を開けだして、夜をとじるまで朝を開けだして、夜をとじるまで
(2011/12/19)
YeYe


まずトップバッターは滋賀県出身&京都在住のSSW、YeYe。おっとりとしたMCや、囁くような柔らかい歌声とは裏腹にアコギのフィンガー・ピッキングやストロークがしっかりしていて、なかなか素敵な響き(何でも彼女、マルチプレーヤーでアルバムは一人多重録音なんですってね)。ウィーザー「バディ・ホリー」アコギ1本でカヴァーしようというその心意気もあっぱれ!個人的にはこれが一番気に入りました。

リクオ&ピアノリクオ&ピアノ
(2010/01/20)
リクオ


続く2ndステージには早くもリクオさんが登場。
被災地で生まれた新曲「夜明け前」や、昨年も披露して下さった「素敵なバカンス2012」には「原発もない」という歌詞もあったりと、楽しみながらもいろいろと考えさせられるステージでしたが、被災地のおじいちゃんやおばあちゃんにもウケが良かったという昭和の名曲カヴァー2連発キャンドルの灯りに囲まれた会場で聴くと尚更温かく心に沁みるものがあり、とりわけファッツ・ドミノ風味の効いた「愛燦燦」がゴキゲンでグッと来ました!



ちなみにこの模様はUstream生中継の録画でご覧頂けますので、ご興味のある方は是非。まだ明るい【1stステージ】では僕の後ろ姿も確認出来たりして(^^;)。

- つづく -


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EXPO PARADISE

expo cafe expo cafe

2012年06月13日(水)

一年ぶりの万博カフェ。
何と来週いっぱいで閉店とのこと。残念!

http://t.co/ggXd7DLc
posted at 15:51:42

expo cafe expo cafe expo cafe

ということで、去年一昨年に続いて三度目のEXPO CAFE

expo cafe

閉店のニュースはHP見て知ってたんですけど、”万博愛”に満ちた、
とっても素敵な空間だっただけにやはり淋しいです・・・。

expo cafe

パフェのプレートで万博会場を再現した、
その名もEXPO天国!説明書付き(笑)。

http://t.co/9ApHVoAt
posted at 15:58:30

最後に名物のパフェを食べることが出来て、いい記念になりました。

expo cafe expo cafe

何でも、EXPOカフェのオーナーさんによると、
万博記念公園の特別展「大阪万博とはやぶさ物語」(8/18-10/21)
の開催準備で多忙となる為、カフェは閉店ということにされたのだとか。

 http://hayabusa.citylife-new.com/

丁度、万博公園にも行きたいなと思ってたところだったので、
特別展、是非とも観に伺いたいです。

taro  expo cafe

あと蛇足ながらこれはEXPO CAFEではなく僕の部屋
岡本太郎アートピース・コレクション第2集、バラでCD棚にディスプレイしようかなとも思ったものの、315円のフィギュアケースにまとめて並べてみました!そして写真右は大阪駅前ビル地下でのささやかな収穫ナガハタゼンジの1st『FLIP CITY』新古200円)。アトラクションズの参加で洋楽ファンの間でも話題となった2nd『カムデン』には野村義男さんや白井良明さん、花田裕之さんらも名を連ねてましたが(風祭東さんや小泉信彦さんも!)、1stはドラムに小田原豊さん、ギターで村松邦男さんがバックアップされてたんですね。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAPPY BUS

London 2012  London 2012

連日熱戦が繰り広げられているロンドン五輪、実はサッカーくらいしか見てないんですけど(テレビ中継の方法、もうちょっと何とかならないもんでしょうか?各放送局の応援テーマソングにゲンナリ。芸能人キャスターとかもいらないでしょ)、セブンイレブン限定のキャンペーンでコカ・コーラ製品を買うとロンドン五輪仕様な二階建てバスのプルバックカーのオマケが付いてくるというので、まず先週、全4種類のうちユニオン・ジャックがモチーフになってる2台をゲットン。

HAPPY BUS HAPPY BUS 

そして今週、当初は2台でいいやと考えてたものの、やっぱり残り2台も欲しくなって結局コンプリ(^^;)。形は全部同じなのかなと思いきや、一台だけ屋根の形が違ってました。

FRED PERRY

そんな折り、リプトンスマートタイムズのFRED PERRY60周年ベアブリックも今になってようやくコンプリ(しかもユニオンジャックに加えMODS保存用使う用の2種類を確保。まだ使ってないですけど・笑)。

stonesbar stonesbar

あとサントリー「STONESBAR」の話をしてたら、飲食店舗でフェア期間中に注文したら貰えるらしい缶バッヂを2個譲り受けてニコニコ(全50種類もあるんですってね)。更には空き瓶空き缶、何故か店頭用POPまでご厚意で頂戴しちゃいました(感謝!)。

gremzgremzgremz

とまぁ、何だかんだ言いつつも五輪に便乗してこのところすっかりブリティッシュ気分なんですが、ブログで育てているグリムス(gremz)の木も只今ロンドン五輪仕様。今夜もサッカー観戦でロンドンにエールを送るとします!



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#11

London TownLondon Town
(1990/10/25)
Wings、Paul Mccartney


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第11回
2012年07月24日(火)19:00-20:40
100分ノック:「夜のロンドンナイト」特集
DJ:安田謙一


-PM7:00-
【夜の始球式】
01)London's Burning
 ロンドンは燃えている! 1977年
 [ Mick Jones / Joe Strummer ]
 /クラッシュ The Clash

【夜のロンドンナイト】
02)BLACK CAB(ロンドン・タクシー) 1977年
 [ 作詞・作曲:ジョニー大倉 / 編曲:加藤ヒロシ ]
  /山口百恵

03)Last Train To London
 ロンドン行き最終列車 1980年39位 
 [ Jeff Lynne ]
 /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
 Electric Light Orchestra
 E.L.O.

【夜のロンドンナイト~GS編】
04)ロンドン慕情 1968年
 [ 作詞: 橋本淳 / 作曲・編曲: 井上忠夫 ]
 /ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

05)夜霧のロンドン 1967年
 [ 作詞:ささきひろと / 作曲:かまやつひろし ]
 /ザ・スパイダース

CM
【夜のロンドンナイト】
~リクエスト多数!

06)London Town
 たそがれのロンドン・タウン
 1978年39位
 [ Denny Laine / Paul McCartney ]   
 /ポール・マッカートニー&ザ・ウイングス
 Wings


07)Streets of London  ロンドン通り 1971年
 [ Ralph McTell ]
 /メリー・ホプキン Mary Hopkin
 ※ラルフ・マクテル(1968年/1974年UK2位)

08)Ilpleut sur London ロンドンに雨が降る 1989年
 [ Didier Barbelivien / Georges Lunghini / Raymond Donnez ]
 /シルヴィ・ヴァルタン Sylvie Vartan

【夜のロンドンナイト】
~欲張り?

09)London-Paris-New York-湘南 1994年
 [ 作詞・作曲:岩沢幸矢 / 編曲:山本光男 ]
 /ブレッド&バター

10)ロンドン-パリ 1991年
 [ 作詞・作曲:小西康陽 / 編曲:pizzicato five ]
 /ピチカート・ファイヴ

CM
【夜のロンドンナイト】
11)London-Derry
 ロンドン・デリー 1999年
 [ 作詞:Etienne Roda-Gil / 訳詞:竹田賢一 / 作曲:Julien Clerc ]
 /ソウル・フラワー・ユニオン
 ※ジュリアン・クレール(Julien Clerc-1972年)

【夜のロンドンナイト】
~ゆる~いロンドン選曲…
 
12)Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home)
  ハイ・ロン・ロン  1963年3位/R&B5位
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /クリスタルズ The Crystals

~ロン・ロンとくれば!
13)私の首領(ドン) 1978年
 [ 作詞: 阿久悠 / 作曲: 吉田拓郎 / 編曲: 馬飼野康二 ]
 /石野真子

~ついに名前に頼る!? 
14)Louie Louie  ルイ・ルイ 1969年
 [ Richard Berry ]
 /ジュリー・ロンドン  Julie London
 ※キングスメン(The Kingsmen-1963年2位)

CM
-PM8:00-

【夜のロンドンナイト】
~8時台、立て直します!

15)I Like London In The Rain
 アイ・ライク・ロンドン・イン・ザ・レイン 1970年
 [ Jim Council / Blossom Dearie ]
 /ブロッサム・ディアリー  Blossom Dearie

【夜のロンドンナイト~ロンドン急行3連発!】
16)ロンドン急行 1975年
 [ 作詞・作曲:井上陽水 / 編曲:田辺信一 ]
 /アンデルセン

17)ロンドン急行  1974年
 [ 作詞・作曲:井上陽水 / 編曲:Gene Page ]
 /井上陽水

18)ロンドン急行 1975年
 [ 作詞・作曲:井上陽水 / 編曲:深町純 ]
 /かまやつひろし

【夜のロンドンナイト】
~歌詞に「ロンドン」が出てこないロンドンの歌!

19)ロンドンへの想い 1979年
 [ 作詞:竜真知子 / 作曲:川口真 / 編曲:船山基紀 ]
 /あべ静江
 ※「ヘイ!セニョリータ」B面

【夜のロンドンナイト~また名前が…】
~検索したら出てきたのでちょこっと聴きました!

20)ハリー・アップ・トレイン 1990年
 [ 作詞:石川あゆ子 / 編曲:船山基紀 ]
 /ロンドン娘
 ※The Train/ミュージカル『Starlight Express 』より

【夜の告知タイム!】
8月21日(火)放送の『夜のピンチヒッター』は夏のリクエスト大会!
名づけて「A-1グランプリ」!!
アルバム1曲目の曲をリクエストしてください!
”アルバムの1曲目といえばコレ!”というのをお待ちしてます


【夜のロンドンナイト】
21)London's Brilliant Parade
 ロンドンのブリリアント・パレード  1994年
 [ Elvis Costello ]
 /エルヴィス・コステロ Elvis Costello

22)Werewolves of London
 ロンドンの狼男 1978年21位
 [ LeRoy Marinell / Waddy Wachtel / Warren Zevon ]
 /ウォーレン・ジヴォン Warren Zevon

~ザ・タイガース主演の映画『ハーイ!ロンドン』挿入歌。
23)髪がゆれている 1969年
 [ 作詞:山上路夫 / 作曲・編曲:村井邦彦 ]
 /久美かおり

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!
次回放送は8月14日(火)


【夜のロンドンナイト】
~特集のラストは… 

24)ロンドン・コーリン 1989年
 [ 作詞・作曲:中川勝彦 ]
 /中川勝彦

【See You Next Game!】
~長いボケでした… やっぱり最後は!
 

25)London Calling
 ロンドン・コーリング 1979年23位(UK11位)
 [ Mick Jones / Joe Strummer ]
 /クラッシュ The Clash


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第11戦のエアプレイ・リスト(しょこたんのお父様だけ作者クレジットを確認することが出来ませんでした、スイマセン。8月6日追記:「ロンドン・コーリン」の作者クレジット、ディレクターの中澤さんが調べて教えて下さいました。有難うございました!)。

ロンドン五輪開催を受けての100分ノック「夜のロンドンナイト」特集「ロンドン急行」をかけたいが為にこの特集企画を考え出されたとのことでしたが、確かにこの放送で「ロンドン急行」はもう一生分聴いたような気分(笑)。何より、こうゆう機会でもなければ陽水さんのオリジナルアンデルセンムッシュのカヴァーを並べて聴き比べすることもなかったと思うので、三者三様、それぞれの味付けを確認出来て、とっても面白かったです。

その他にも、直球もあれば、ヒネリスカシ大ボケ小ボケもあってと、ロンドン括りながら多彩な選曲がドンドン繰り出され、これぞまさしく「楽しいロンドン、愉快なロンドン♪ 」の世界。残念ながらリクエスト第2希望だったデイヴ・エドモンズ「London's a Lonely Town」 はレコードが見当たらなかったとのことでしたけど、僕も第1希望で一票投じてたウィングス「たそがれのロンドン・タウン」をかけて頂けて嬉しかったです(有難うございました!)。



| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |