Sweetheart Of The Radio

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#15

夜のアルバム夜のアルバム
(2012/10/10)
八代亜紀


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第15回
2012年09月25日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一


-19:00-
【夜の始球式】
~今季最終戦、プレーボール!
 
01)マンダム~男の世界  1970年
 [ Mat Cain / Howard Cain / 訳詞:多木比佐夫、安井修一 / 編曲:青木望 ]
 /斉藤任弘
 ※ジェリー・ウォレス (Jerry Wallace)
 「Mandom-Lovers of the World )」(1970年)


【夜の『The Who Sell Out』】
02)Armenia City in The Sky  アルメニアの空 2005年
 [ John "Speedy" Keen ]
 /ペトゥラ・ヘイデン  Petra Haden
 ※The Who(1967年)

03)I Can See For Miles 恋のマジック・アイ 2007年
 [ Pete Townshend ]
 /ブレイブ・コンボ Brave Combo
 ※The Who(1967年US9位-UK10位)

【夜のJ-POPフライ】
~お待たせしました!

04)ニコラ  2008年
 [ 作詞:Chang Jung / 作曲・編曲:阿部靖広 ]
 /バニラビーンズ

05)Train Scatting 2012年
 [ 作詞:Kenji&Jane / 作曲:Ryo Naganuma ]
 /Tomato n' Pine

CM
【素晴らしきかな…『オール・サマー・ロング』】
06)All Summer Long
  オール・サマー・ロング 1964年
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

07)We'll Run Away
  ウィル・ラン・アウェイ  1964年
 [ Gary Usher / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

【夜の衣替え】
08)秋になっちゃった–See you in Summer- 2006年
 [ 作詞・作曲:横山剣 ]
 /クレイジーケンバンド

09) 冬へと走りだそう (ハグトーンズver.) 2012年
 [ 作詞:加藤丈文 / 作曲:渡辺慎、木暮晋也 ]
 /かせきさいだぁ

CM
【わたしの考えるメッセージソング】
~秋川雅史「千の風になって」へのアンサーソング!?

10)万の土になった~お墓参りに行こう 2008年
 [ 作詞・作曲:王様 ]
 /王様

【今野雄二歌謡の世界】
11)CHA CHA CHA 2012年
 [ 作詞:G.Boido / 日本語詞:今野雄二
 / 作曲:B.Reitano,B.Rosellini,F.Baldoni,F.Reitano,G.Boido ]

 /チャットモンチー
 ※石井明美(1986年)

12)20才のころ 1977年
 [ 作詞:安井かずみ,なかにし礼 / 作曲:かまやつひろし / 編曲:瀬尾一三 ]
 /立木リサ&今野雄二

~和製ブライアン・フェリー?
13)泣かないで 1984年
 [ 作詞:今野雄二、宮原芽映 / 作曲:舘ひろし / 編曲:神林早人 ]
 /舘ひろし

CM
-20:00-

【井上忠夫歌謡の世界】
14)ウェルカム・ビートルズ 1966年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲:井上忠夫 ]
 /ジャッキー吉川とブルーコメッツ

15)シャウト・アンド・ブルース・ビート 1967年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲・編曲:井上忠夫 ]
 /ジャッキー吉川とブルーコメッツ

16)海辺の石段 1969年
 [ 作詞:なかにし礼 / 作曲:井上忠夫 / 編曲:森岡賢一郎 ]
 /ジャッキー吉川とブルーコメッツ

17)土曜の午後のロックン・ロール 1974年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲:井上忠夫 / 編曲:馬飼野俊一 ]
 /弾ともや

18)踊り子 1976年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲:井上忠夫 / 編曲:いしだかつのり ]
 /フォーリーブス

19)バンプ天国 1975年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲:井上忠夫 / 編曲:馬飼野俊一 ]
 /フィンガー5

20)恋は気分 1974年
 [ 作詞:なかにし礼 / 作曲・編曲:井上忠夫 ]
 /ポピーズ

-ラジオ関西ジングル-
【『マジカル・ミステリー・ツアー』ブルーレイ&DVD化記念】
~あえてカヴァーで!

21)Flying フライング 1984年
 [ Harrison / Lennon / McCartney / Starkey ]
 /ショッカビリー Shockabilly
 ※ビートルズ(1967年)

22)I Am the Walrus
 アイ・アム・ザ・ウォルラス 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /スプーキー・トゥース Spooky Tooth
 ※ビートルズ(1967年)

【ROLLY歌謡の世界】
~ミュージックマガジン増刊『アイドル・ソング・クロニクル2002-2012』
に触発されて

23)恋のトレモロマジックダーリン 1996年
 [ 作詞・作曲:ローリー寺西 / 編曲:ルイ&ローリー ]
 /八木田麻衣

24)ドタバタギャグの日曜日  1999年
 [ 作詞・作曲:ROLLY / 編曲:亀田誠治 ]
 /チェキッ娘

25)キモノジェットガール 2006年
 [ 作詞・作曲:21st Century Stars (ROLLY Ster KATO Ster)
  / 編曲:吉本匡孝 ]

 /AAA

【ツンデレ?『GRRR! グレイテスト・ヒッツ』発売記念!】
26)She Was Hot
 シー・ワズ・ホット 1984年44位
 [ Keith Richards / Mick Jagger ]
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones

27)She's So Cold 
 シーズ・ソー・コールド(氷のように) 1980年26位
 [ Keith Richards / Mick Jagger ]
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones

CM
-21:00-

【夜のラッキー7~八代亜紀『夜のアルバム』特集】
28)フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン 2012年
 [ 作詞・作曲: Bart Howard / 日本語詞:池すすむ ]
 /八代亜紀

~小西康陽さんプロデュース。松尾和子のカヴァー
29)再会
 [ 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:吉田正 ]
 /八代亜紀
 ※松尾和子(1960年)

~小西康陽さんプロデュース。笠井紀美子のカヴァー。
30)ただそれだけのこと 2012年
 [ 作詞:なかにし礼 / 作曲:村井邦彦 ]
 /八代亜紀
 ※笠井紀美子(1968年)

~小西マジック炸裂!
31)五木の子守唄~いそしぎ 2012年
 Lullaby Of Itsuki / The Shadow Of Your Smile
 [ 熊本民謡 / 作詞:Paul Francis Webster 作曲:Johnny Mandel ]
 /八代亜紀

32)君が代 2000年
 [ 作者不詳 ]
 /ピチカート・ファイヴ

【スポーツの、読書の、食欲の、芸術の…亜紀!】
33)Sentimental Boat to Heaven 1997年
 [ 作詞:湯川れい子 / 作曲:鴨宮諒 / 編曲:長谷川智樹 ]
 /八代亜紀

~あの「舟歌」をサンプリング!
34)Old Soul  オールド・ソウル 2009年
 /ギャヴリン Gavlyn

35)舟歌~I Love Rock'n'Roll 2005年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲:浜圭介 ]
 [ Alan Merrill / Jake Hooker ]

 /長見順

~アルバム『ライヴ・イン・クエスト~八代亜紀と素敵な紳士の音楽会』から
36)愛の終着駅 1998年
 [ 作詞:池田充男、作曲:野崎 眞一 ]
 /八代亜紀

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!

【今シーズン、ラストはこの曲!】

37)もう一度逢いたい 1976年
 [ 作詞:山口洋子 / 作曲:野崎真一 ]
 /八代亜紀


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン最終戦のエアプレイ・リスト。発売前ではあるものの、この番組で取り上げて欲しいなと思ってた小西康陽さんプロデュースによる八代亜紀さんのジャズアルバム『夜のアルバム』が何とかオンエアに間に合って嬉しかったですが、まさかその勢いに乗じて21時台まるごと八代亜紀特集で今シーズンを締め括っちゃうとは!?

オマケに、僕が今シーズン開幕時にリクエストさせて頂いた井上忠夫特集も忘れずに最終戦で用意して下さってて感謝感激。それも今野雄二歌謡から井上忠夫歌謡、ワンクッション挟んでROLLY歌謡という流れがまた興味深くて、益々シビれるゲーム展開!
加えて、The Whoビートルズはあえてカヴァー、ストーンズは80年代ヒットだったり、歌謡曲に演歌、J-POP等々と古今東西何でもアリの選曲は一貫してロックで盛り沢山!!やはりこんな面白いラジオ番組は他にはないので、是非是非、来シーズンも放送お願いしたいです。【夜のJ-POPフライ】第2回【A-1グランプリ】は勿論、【夜のレコード・マンスリー】の続き、今から楽しみにしてます(^^)。

ともあれ、まずは今シーズン、お疲れ様でした&有難うございました!!!

それにしても、「万の土になった~お墓参りに行こう~」、この曲が元になってお墓参りの大切さを伝える同名のDVDまでリリースされてるなんて(笑)。ソプラノエディションコンチェルトエディションなんかも作られてて、パロディ通り越して感動的。個人的には「千の風」より断然「万の土」です。


スポンサーサイト

| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2ndシーズン#14

Baroque PrimitivaBaroque Primitiva
(2011/05/10)
Alvarius B.


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』2ndシーズン第14回
2012年09月18日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一


-19:00-
【夜の始球式】
01)Guns of Brixton  ブリクストンの銃
 ガンズ・オブ・ブリクストン 2011年
 [ Topper Headon / Mick Jones / Paul Simonon / Joe Strummer ]
 /ジミー・クリフ Jimmy Cliff
 ※ザ・クラッシュ(1979年)

【夜のJ-POPフライ】
02)Spending all my time 2012年
 [ 中田ヤスタカ ]
 /Perfume

-続けてこの曲!-
03)ポリリズム 2009年
 [ 中田ヤスタカ ]
 /マーティ・フリードマン Marty Friedman
 ※Perfume(2007年)

【永ちゃんが日産スタジアムで開催された40周年ライヴ で演奏!】
~せっかくなんで日本語カヴァーで!

04)FUNKY MONKEY BABY
 ファンキー・モンキー・ベイビー 1998年
 [ 作詞:大倉洋一 / 作曲:矢沢永吉 ]
 /ヴァンダリアス The Vandalias
 ※キャロル(1973年)

【先日、梅田でのフリーライブも圧巻でした…】 
05)ああレディハリケーン 2011年
 [ 作詞:楳図かずお / 作曲:近田春夫 ]
 /楳図かずお
 ※近田春夫(1979年)

CM
【食欲の秋なので…】
06)Appetite アペタイト 1985年
 [ Paddy McAloon ]
 /プリファブ・スプラウト Prefab Sprout

07)おなかがへってる唄 1972年
 [ 作詞・作曲:オクノ修 ]
 /オクノ修

【芸術の秋なので…】
08)Art For Art's Sake
 芸術こそ我が命 1976年
 [ Graham Gouldman / Eric Stewart ]
 /10cc

09)美術館で会った人だろ
 ART MANIA 1979年
 [ 作詞・作曲:平沢進 / 編曲:P-MODEL ]
 /P-MODEL

CM
【ブレンダ・レイ:再発相次いでます】
 ~エム・レコード:http://www.emrecords.net/
10)D'Ya Hear Me! ドゥヤ・ヒア・ミー!
 /ブレンダ・レイ Brenda Ray

-続けてかけたいこの1曲-
11)イパネマの娘 1981年
 The Girl from Ipanema
 [ Antonio Carlos Jobim ]
 /突然段ボール

【19時台ラストは日本人R&B歌手の元祖】
12)I Can't Stop Loving You
 愛さずにはいられない 1962年 
 [ Don Gison ]
 /フランク赤木
 ※レイ・チャールズ(1962年1位/R&B1位/AC1位)

CM
-20:00-

【津田耕治の世界】
~クレイジーケンバンドがカヴァー

13)お聞き下さい皆様よ 1963年
 [ 作詞:なかじまきよじ / 作曲:平柳晴司 ]
 /津田耕治

~たまげるアレンジ!
14)京急ディスコライン
 [ 作詞:川妻加延 / 作曲:長浜勇二 / 編曲:隼トシヒデ ]
 /津田耕治

~ラジオ関西ライブラリーからタイトルで選びました!
15)ピクピク節
 [ 作詞:結城隆磨 / 作曲:清水路雄 ]
 /津田耕治

【読書の秋なので…】
16)The Book I Read
 この本について  1977年 
 [ David Byrne ]
 /トーキング・ヘッズ Talking Heads

17)座 読書 1977年
 [ 作詞・作曲:大瀧詠一 ]
 /大滝詠一

【読書の秋なので…】
①安田謙一新刊本、11月終わり頃に発刊予定。詳しくは来週!
②あとがき書きました…
 『ラヴ・ミー・ドゥ! ─ザ・ビートルズ'63』
 (マイケル・ブラウン著、奥田祐士訳)9月24日発売です!


【読書の秋なので…】
③奥田さん訳本をもう1冊、『スティーリー・ダン Aja作曲術と作詞法』 
~ということで

18)Black Cow
 ブラック・カウ 1977年
 [ Walter Becker / Donald Fagen ]
 /スティーリー・ダン Steely Dan

-ドナルド・フェイゲン歌謡の最高峰!? -
19)3分待つわ 2000年
 [ 作詞:Bro.TOM / 作曲:Silky 藤野 / 編曲:杉山 卓夫 ]
 /梅沢富美男

-CM-
【夜のレコード・マンスリー~1972年10月号編】
20)キディ・キディ・ラブ  1972年
 [ 作詞:玉元正男 / 作曲:玉元一夫 ]
 /フィンガー5

21)Wango Wango ワンゴ・ワンゴ 1972年
 [ Del Richardson ]
 /オシビサ Osibisa

22)さすらいの食いしん坊  1972年
 [ 作詞・作曲:山内賢 / 編曲:西崎進 ]
 /山内賢

23)Back Stabbers
 裏切り者のテーマ 1972年3位/R&B1位
 [ Leon Huff / Gene McFadden / John Whitehead ]
 /オージェイズ The O'Jays

24)Go All The Way
 ゴー・オール・ザ・ウェイ 1972年5位
 [ Eric Carmen ]
 /ラズベリーズ Raspberries

25)星降る街角 1972年
 [ 作詞・作曲:日高仁 ]
 /ハッピー&ブルー
 ※1977年、敏いとうとハッピー&ブルー名義で再録音

【夜のレコード・マンスリー~1972年10月号編】
~今回一番聴きたかった曲!つボイノリオさんも在籍してました。

26)女の娘が欲しい 1972年
 [ 作詞・作曲・編曲:奥山敬造 ]
 /欲求不満フォーク・ソング・ボーイズ

CM
-21:00-

【夜のラッキー7】
~ジャケ買いしました!
アルバリアス・Bの新作『Baroque Primitiva』より

27)The Dinner Party
 ザ・ディナーパーティー 2011年
 [ Maestro Padre Supremo ]
 /アルバリアス・B Alvarius B

28)You Only Live Twice
 007は二度死ぬ 2011年
 [ Johnny 7 / Leslie B ]
 /アルバリアス・B Alvarius B
 ※ナンシー・シナトラ(1967年44位/AC3位-UK11位)
 [ John Barry / Leslie Bricusse ]


29)God Only Be Without You
 ゴッド・オンリー・ビー・ウィズアウト・ユー 2011年
 [ Smiley Wilson ]
 /アルバリアス・B Alvarius B
 ※ビーチ・ボーイズ「God Only Knows(神のみぞ知る)」
  [ Brian Wilson / Tony Usher ] 1966年39位


【まとめて、ぃイイネ!】
~須永さんとMUROさんのCKBリミックス盤2作から

『World Standard CRAZY KEN BAND~A Tatsuo Sunaga Live Mix~』

30)1107  
 [ 作詞・作曲:横山剣 ]
31)クレイジー O・N・N・A バンド
32)VIVA女性
 [ 作詞・作曲:crazyken ]
『DIGGIN'CRAZY KEN BAND MIXED BY MURO』
33)LADY MUSTANG
 [ 作詞・作曲:CRAZY KEN / ミックス:MURO ]
34)かわいい訪問者
 [ 作詞・作曲:CRAZY KEN、Aico Sugawara / ミックス:MURO ]
 /クレイジーケンバンド

【スポーツの秋なので…】
35)Badminton バドミントン
 [ Mang Koko ]
 /ベンヤミン・S Benyamin S.
 ベニャミン・S

36)Ping Pong  ピンポン 1994年
 [ Tim Gane / Laetitia Sadier ]
 /ステレオラブ Stereolab

【夜のヒーローインタビュー】
~ナイス・ゲームでした!次回は9月25日(火)、今季最終戦です!


【今夜のラストは…】 
37)Dub Be Good to Me
 ダブ・ビー・グッド・トゥ・ミー 1990年UK1位
 [ Norman Cook / Jimmy Jam / Terry Lewis ]
 /ビーツ・インターナショナル Beats International
 ※The S.O.S. Band 「Just Be Good to Me 」
  [ James Harris / Terry Lewis ](1983年55位/R&B2位)
 ※クラッシュの「The Guns of Brixton」 をサンプリング。



以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』2012年シーズン第14戦のエアプレイ・リスト。今回もわかる範囲で諸々データ書き添えて作成(過去の放送分についてはこちらのカテゴリーよりどうぞ)。

ペナントレースもいよいよ大詰めとなりましたが、ありがちな「9月」「秋」の歌はあえて敬遠して、【食欲の秋】【芸術の秋】【読書の秋】【スポーツの秋】にちなんだ選曲、それも直球や変化球を絶妙に織り交ぜた緩急自在の配球で打者を翻弄したかと思えば、「ファンキー・モンキー・ベイビー」にはヴァンダリアスによる疑似ライヴ仕立てのイカした日本語カヴァーを代打に送り込んで攻勢をかけたりと、仰木マジック顔負けの安田マジック炸裂で益々優勝街道まっしぐら!

そうした中、ドナルド・フェイゲン歌謡の最高峰つボイノリオさんが在籍してた欲求不満フォーク・ソング・ボーイズもさることながら(「女の娘が欲しい」CD化されてるんですね!)、個人的にハイライトだったのはそりゃもう断然【津田耕治の世界】 !?とりわけ「京急ディスコライン」にぶったまげたんですけど、ネットで調べようにもまったくヒットしないような(^^;)超激レアの曲を聴く事が出来て、本当に感謝感激でした!!

【夜のレコード・マンスリー】のコーナーも毎回面白くて、もっともっといろいろ紹介して頂きたい気分なのに、とうとう次回は今季最終戦・・・。淋しいですが、昨シーズン最終戦の「ロックンロール★安田大★サーカス」を超える感動を期待してます!!!


【9/23追記】「京急ディスコライン」と「バドミントン」の作者クレジットを教えて頂きました(有難うございました!)。



| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・稲刈り2012

inekari inekari

2012年09月12日(水)

稲刈りパート2も晴天なり。
今日は早めに切り上げて帰る予定。

http://t.co/NaNrSHHa
posted at 09:52:04


inekari inekari inekari

と、【パート2】もまずは当日の実況ツイートより。何でもこの日、富士山では初冠雪だったそうですけど、田んぼの中はまだまだ残暑、というよりも猛暑で、うちの母(ポール・マッカートニーと同い年)があやうく熱中症になりかけて半日でリタイアするくらい(汗)。

結局、諸々段取りの都合もあり、キリのいいところで終わって14時くらいには帰宅したんですが(それから昼食)、流石に僕も暑さにやられてちょっとグッタリでした(^^;)。

タール・ビーチタール・ビーチ
(1992/11/25)
ジョン・セバスチャン


そんな状況だったので、バリバリ稲刈りしながらふと脳裏に蘇ったのはジョン・セバスチャン「Tar Beach」。先月、CHABOさんがラジオで訳詞の朗読を交えて紹介して下さってましたけど、そう言えばこの曲もA面の1曲目!(大合唱のコーラスにはアル・アンダーソンテリー・アダムスも参加してたんですね)。

「Tar Beach」ならぬ「田んぼビーチ」での奮闘はまだもう暫く続きそうです。



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:オール・リクエスト大会#16

ルーズ・シューズ・アンド・タイト・プッシールーズ・シューズ・アンド・タイト・プッシー
(2000/02/25)
アレックス・チルトン
解説:萩原健太
MSI

JFN系『BIG SPECIAL』
2012年8月22日25:00-28:00
(TFMは26:00から)
「オール・リクエスト大会」#16
スペシャルDJ:萩原健太

http://www2.jfn.co.jp/big/

-AM1:00-
01)Sail On Sailor
 セイル・オン・セイラー  1973年79位/1975年49位
  [ Brian Wilson / Tandyn Almer / Ray Kennedy 
  / Jack Rieley / Van Dyke Parks]

 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

CM
02)Amusement Parks U.S.A.
 アミューズメント・パークス・U.S.A.  1963年
 [ Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

03)We'll Run Away (Stereo)
 ウィル・ラン・アウェイ  1964年
  [ Gary Usher / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

04)I Write The Songs
  歌の贈りもの  1977年
  [ Bruce Johnston ]
 /ブルース・ジョンストン Bruce Johnston
 ※バリー・マニロウに提供(1975年AC1位/1976年1位)

05)The Rain,The Park & Other Things
  雨に消えた初恋  1967年2位
  [ Steve Duboff/Artie Kornfeld ]
 /カウシルズ The Cowsills  

06)I Wish For You
 アイ・ウィッシュ・フォー・ユー  2000年
 [ Phil Galdston / Robert White Johnson / Carl Wilson ]
 /ベックリー・ラム・ウィルソン
 Beckley-Lamm-Wilson

CM
07)Hang On  ハング・オン  1982年
 [ Steve Cash / Larry Lee ]
 /ラリー・リー Larry Lee

08)Step By Step
 ステップ・バイ・ステップ  1960年14位
 [ Ollie Jones / David Malloy / Ollieh
 / Eddie Rabbitt / Tommy Smith / Even Stevens ]

 /クレスツ The Crests

09)I Rise, I Fall
 恋のウルトラC 1964年36位
 [ Paul Hampton ]
 /ジョニー・ティロットソン
 Johnny Tillotson

10) Ebony Eyes エボニー・アイズ 1961年8位
 [ John D. Loudermilk ]
 /エヴァリー・ブラザーズ
 The Everly Brothers

CM
11)Magnetic Lady
 マグネティック・レディ  1977年
 [ Craig Doerge ]
 /セクション The Section

12)Words Of Love ワーズ・オブ・ラヴ 1957年13位
 [ Buddy Holly ]
 /ダイアモンズ The Diamonds

-AM2:00-
13)Summer Sun
 遙かなる夏の陽 1972年90位
 [ Tom Powers ]
 /ジェイムスタウン・マサカ
  Jamestown Massacre

CM
14)Information
 恋のインフォメーション 1983年
 [ Dave Edmunds / Mark Radice ]
 /デイヴ・エドモンズ  Dave Edmunds

15)Tired Of Toein' The Line
 愛は風にのせて 1980年8位
 [ Rocky Burnette/Ron Coleman ]
 / ロッキー・バーネット Rocky Burnette

16)Do It to My Mind
 ドゥ・イット・トゥ・マイ・マインド  1976年R&B5位
 [ Johnny Bristol ]
 /ジョニー・ブリストル Johnny Bristol

17)Rag Doll  
  悲しきラグドール  1964年1位
  [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ    
 Frankie Valli & The Four Seasons  

18)Honda Bike
 ホンダ・バイク 1965年
 [ Gary Usher / Buzz Cason ]
 /ザ・デヴォンズ The Devons

19)Don't Worry Baby    
 ドント・ウォーリー・ベイビー  1974年
 [ Roger Christian / Brian Wilson ] 
 /カリフォルニア・ミュージック California Music
 
CM
20)Baby I'm Yours
 ベイビー・ アイム・ユアーズ 2006年
 [ Van McCoy ]
 /アークティック・モンキーズ Arctic Monkeys
 ※バーバラ・ルイス(Barbara Lewis-1965年11位/R&B5位)

21)If The Love Fits Wear It
 おしゃれな関係  1982年28位
 [ Leslie Pearl ]
 /レスリー・パール Leslie Pearl 

22)Here's To You, Nicola And Bart
 勝利への讃歌 1971年
 [ Joan Baez / Ennio Morricone ]
 /ジョーン・バエズ&エンニオ・モリコーネ
 Joan Baez
 ※映画『死刑台のメロディ』主題歌

23)Fire And Rain
 ファイアー・アンド・レイン  1970年3位
 [ James Taylor ]
 /ジェイムス・テイラー James Taylor

CM
24)The Same Old Moon  1980年
 [ Jimmy Hall / Jon Goin ]
 /ジミー・ホール Jimmy Hall

25)Happy Trails
 ハッピー・トレイルズ 1982年
 [ Dale Evans ]
 /ヴァン・ヘイレン Van Halen

-AM3:00-
26)Ventura Highway      
 ヴェンチュラ・ハイウェイ 1972年8位
 [ Dewey Bunnell ]
 /アメリカ America

CM
27)I've Never Found A Girl
 アイヴ・ネヴァー・ファウンド・ア・ガール
 1999年
 [ Eddie Floyd / Alvertis Isbell / Booker T. Jones ]
 /アレックス・チルトン Alex Chilton
 ※エディ・フロイド(1968年40位/R&B2位) 

28)Sandy  サンディ 1978年
 [ George Santana / Richard Bean ]
 /ホルへ・サンタナ Jorge Santana

29)Searchin' For A Rainbow
 サーチン・フォー・ア・レインボー  1975年
 [ Toy Caldwell ]
 /マーシャル・タッカー・バンド
 The Marshall Tucker Band

30)Born Too Late
 もすこし早く生まれたかった 1958年7位
 [ Charles Strouse/Frederick Tobias ]
 /ポニー・テイルズ The Poni-Tails

31)Lonely (Amy's Theme)
 ロンリー(エイミーのテーマ)  1967年
 [ John Sebastian ]
 /ラヴィン・スプーンフル The Lovin' Spoonful

CM
32)Get Down
 ゲット・ダウン 1973年7位/AC3位
 [ Gilbert O'Sullivan ]
 /ギルバート・オサリヴァン Gilbert O'Sullivan  

33)Fallin' in Love 
 フォーリン・イン・ラヴ 1975年1位/AC1位/R&B24位
 [ Ann Hamilton / Dan Hamilton ]
 /ハミルトン、ジョー・フランク&レイノルズ
 Hamilton, Joe Frank & Reynolds

34)Song Sung Blue
 ソング・サング・ブルー 1972年1位/AC1位
 [ Neil Diamond ]  
 /ニール・ダイアモンド Neil Diamond

35)Woman's Got Soul
 ウーマンズ・ガット・ソウル 1965年29位/R&B9位
 [ Curtis Mayfield ]
 /インプレッションズ The Impressions

36)Jeremiah Peabody's Poly Unsaturated Quick Dissolving
 Fast Acting Pleasant Tasting Green And Purple Pills
 ジェレマイア・ピーボディ  1961年35位
 [ Ray Stevens ]
 /レイ・スティーヴンス  Ray Stevens

37)I Remember You
 アイ・リメンバーユー  1962年5位/AC1位(UK1位)
 [ Johnny Mercer / Victor Schertzinger ]
 /フランク・アイフィールド Frank Ifield 

CM
38)Sea Shell シー・シェル   1968年
 [ John Carter / T. Gilbert ]
 /ストロベリー・アラーム・クロック
 Strawberry Alarm Clock 


以上、JFN系『Big Special』2012年8月22日深夜放送のエアプレイ・リスト。恒例、健太さんDJによる通算16回目のリクエスト大会ビーチ・ボーイズの来日ツアー直後ということもあり、1時台前半はBB5関連のリクエスト曲コーナー、その後も2時台にはカリフォルニア・ミュージック、3時台にもアメリカがかかったりと、やはり全体的にBB5来日公演の余韻が漂う濃厚な3時間。楽しくない訳がありません。

そんな中、僕がリクエストさせて頂いたのはアレックス・チルトン「アイヴ・ネヴァー・ファウンド・ア・ガール」前回リクエスト大会でもこのカヴァーのことが話題に出てましたし、エンディングのギターに「夏の日の恋」のメロディも盛り込まれてて、季節的にもいいんじゃないかなと思い、実は第2希望で書き添えてたんですけど(^^;)、気だるい夏の終わりに、夜明け前のラジオで聴くざっくりとしたギターの響きと味のあるソウルフルな歌声は想像してた以上にゴキゲンだったので、こっちで良かったです(健太さん、有難うございました!)。

尚、次回リクエスト大会は9月26日深夜放送ですが、その前に今週9月12日深夜放送も健太さんの担当で「ラテンのリズムが秋を呼ぶ」(?)ラテン特集とのこと。JFNオンラインの予告によると、番組初のラテン・ミュージック特集で「今回は、カリブ、中南米のサルサ、マンボ、チャチャチャ、ボレロ、ブーガルーなどを色彩豊かに。ヒット・チャートにランクされたラテン・ナンバーにも注目」ということらしいので、面白くない訳がありません。残暑も吹き飛ばすような痛快な放送を期待出来そうです!




| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稲刈り2012

inekari

2012年09月09日(日) 大安 

まだまだ残暑厳しいですが、今日から稲刈り着手です。
http://t.co/0rAlIVEk
posted at 09:40:03

inekari inekari inekaei 
inekari inekari inekari

という訳で、陽射しは相変わらず夏のようでも(^^;)、我が家に収穫の秋が到来。とんぼも沢山飛んでました(今年はとんぼが多い?)。昼食抜きだったので後半ちょっとバテましたが、でも順調な滑り出しで、お陰様でまずまず豊作のよう。

commonbillcommonbill
(2002/11/27)
commonbill


そんな【稲刈り2012パート1のサウンド・トラック】コモンビル。先月8月17日NHK-FMで放送された特番『「初恋」未だ覚めず〜西山達郎の足跡〜』の余韻もあって、ここに来てまたCDを手に取る機会が増え、最近よく聴いてるんですけど、かっとんだ和製カントリー・ロックでぐっと気運を高めると共に、活力を頂戴してます。

- パート2に続く -



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧・豊郷小学校

k-on k-on

2011年10月14日(金)

けいおん!』の飛び出しガール発見(^O^)/
http://t.co/fl2gXBtC
posted at 14:22:24

と、これは昨年10月のお話。

k-on k-on

当日は生憎の雨だったんですが、常々一度行ってみたいと思っていたけいおん!の聖地、というかヴォーリズ建築旧・豊郷小学校を見学してきました。

けいおん!!(第2期) 9 [DVD]けいおん!!(第2期) 9 [DVD]
(2011/03/16)
豊崎愛生、日笠陽子 他


確かにこうして見比べてみてもアニメで描かれてる校舎そのものですね。

k-on k-on

何と言っても印象的だったのはやはりアニメにも描かれてた階段の手すりのウサギカメの真鍮像。

k-on k-on

そして部室に足を踏み入れてみると、まさしく「放課後ティータイム」状態!?

k-on k-on k-on

見事にアニメの世界が再現されていました
(遠方から訪れたファンの方のメッセージも沢山!)。

k-on k-on

更に観光協会の入った酬徳記念館の一角にはファンの方が寄贈した『けいおん!』グッズがぎっしりで、レスポールレフティ・ジャズベをはじめ楽器も勢揃い!?何でもこの愛情溢れる素敵な空間では土日限定ながらカフェも営業されてるみたいです。

k-on

近年、旧豊郷小学校の講堂では軽音楽部のバンドコンテストやラジオ関西のアニメ番組の公開録音、クラムボンのコンサートツアーなどでも使われてるようですけど、願わくばもっともっと校舎全体を有効活用して頂いて、地域活性に繋げて頂きたいものです(「ロックのッ学園WEST」の次回開催地にどうでしょう?)。

k-on k-on

ちなみにけいおん!』の飛び出しガールは他にもまだまだ種類がある模様。
残念ながら僕は3つしか見つけられなかったので(撮影出来たのは2つだけ)、そのうちまた捜索がてら再訪してみたいな、なんて考えてます(^^;)。



| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミゾキリ2012

mizokiri2012 mizokiri2012
 
2012年06月20日(水)

台風一過の雨上がり、
午後から急遽、田んぼの溝切りに着手。

http://t.co/gdIr6yU7
posted at 14:32:34

mizokiri2012 mizokiri2012

本日の愛車。
年々、田んぼの中を押して歩くの
キツくなってきたし、深く溝が切れるというので
思い切って乗るタイプの買いました。

http://t.co/14rJsxlq
posted at 15:43:48

mizokiri2012 mizokiri2012

2012年06月23日(土)

汗とガッツで溝切りサタデー。
スワンピーに田んぼの中を疾走ちゅう!

http://t.co/o3KYO7sH
posted at 14:21:13

mizokiri2012 mizokiri2012 mizokiei2012 

ということで、早いところでは既に稲刈りが始まってるようですけど(汗)、
遅まきながら当日の実況ツイートを元に我が家の溝切り記録をアーカイブ。

乗用型の溝切り機、やはり高いだけあってその威力は絶大で、昨年までのしんどさと比べたら全然楽ちん!おまけにバイクに乗ったような気分でエンジン吹かしてある意味爽快ではあったものの、でも結局、設備投資が増えて今年もくたびれ儲けです(^^;)。

エレキの若旦那エレキの若旦那
(2012/09/12)
KOTARO AND THE BIZARRE MEN
(コータロー・アンド・ザ・ビザールメン)


ところでバイクとえば、遂にコータロー・アンド・ザ・ビザールメン待望の1stフル・アルバム『エレキの若旦那』が今月発売されますが、ジャケット写真がイカしてるじゃないですか!タイトルも『エレキの若大将』ならぬ『若旦那』ですし、何から何まで遊び心が炸裂(^^)。更に嬉しいことに、全17曲入りのCDはDVD付きで(流石、自称「ビジュアルで売ってるバンド」・笑)、CDの発売一週間後にはA面6曲&B面7曲からなる全13曲入りLPレコードもリリースして頂けるということで早速予約させて頂きましたとも!



どうやらレコ発ライヴは東京だけみたいですけど、アルバムを引っ提げて関西公演全国ツアーも是非お願いしたいです。あと『テスコ・グランド・ビザール!』アナログ盤化引き続き期待してますから!!


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |