Sweetheart Of The Radio

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:フォー・シーズンズ特集

Jersey Beat: the Music of Frankie ValliJersey Beat
: the Music of Frankie Valli

(2012/10/09)
Frankie Valli & The Four Seasons


JFN系『BIG SPECIAL』
2013年08月14日25:00-28:00
『祝・初来日!
フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ特集』
スペシャルDJ:萩原健太
http://www.jfn.jp/RadioShows/big


【まずは最初の大ヒットでスタート!】
01) Sherry
 シェリー  1962年1位/R&B1位
 [ Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons
 Frankie Valli & The 4 Seasons 

CM
【翌1963年のヒット曲】
02) Candy Girl
 キャンディ・ガール 1963年3位/R&B13位
 [ Larry Santos / Lawrence Santos ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons

【1964年にリリースしたヒット・シングル4枚】
03) Dawn(Go Away)
 悲しき朝やけ 1964年3位
 [ Bob Gaudio / Sandy Linzer ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons
 The 4 Seasons, featuring The "Sound" Of Frankie Valli

04) Ronnie ロニー 1964年6位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons

05) Rag Doll
 悲しきラグドール 1964年1位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons

06) Save It For Me
 セイブ・イット・フォーミー 1964年10位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons

【健太さんが思う、フォーシーズンズの楽曲としての最高峰】
07) I've Got You Under My Skin
 君はしっかり僕のもの 1966年9位
 [ Cole Porter ] 
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons

CM
【フォーシーズンズのヒット曲をカヴァーで】
~1960年代のカヴァー・ヒット

08) Silence Is Golden 
 サイレンス・イズ・ゴールデン 1967年US11位/UK1位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /トレメローズ The Tremeloes
 ※The Four Seasons-1964年(「Rag Doll」B面)

~1970年代のカヴァー・ヒット
09) Bye, Bye, Baby
 バイ・バイ・ベイビー 1975年UK1位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /ベイ・シティ・ローラーズ Bay City Rollers 
 ※The Four Seasons-1965年12位
  
10) Working My Way Back to You / Forgive Me, Girl 
 ワーキング / あやまち 1979年2位/R&B6位
 [ Denny Randell / Sandy Linzer ]
 [ Michael Zager ]

 /スピナーズ The Spinners
 ※The Four Seasons-1966年9位
 「Working My Way Back to You(君のもとに帰りたい)」


~1980年代のカヴァー・ヒット
11) Let's Hang On!
 レッツ・ハング・オン 1982年32位/AC6位
 [ Bob Crewe / Denny Randell / Sandy Linzer ]
 /バリー・マニロウ Barry Manilow
 ※The Four Seasons-1965年3位

CM
【復活シングル~1981年のライヴ・ヴァージョンで!】
12) Who Loves You
 愛はまぼろし 1975年3位/AC7位
 [ Bob Gaudio / Judy Parker ] 
  /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons

-AM2:00-
=フォー・シーズンズの魅力を因数分解=

【魅力その1:フランキー・ヴァリのリード・ヴォーカル】
13) Can't Take My Eyes Off You
 君の瞳に恋してる 1967年2位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli 

CM
14) The Sun Ain't Gonna Shine (Anymore)
 太陽はもう輝かない 1965年128位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli 
 ※The Walker Brothers-1966年US13位/UK1位

15) The Proud One
 ザ・プラウド・ワン  1966年68位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli

~健太さんが個人的に大好きなシングルのAB面
16) I Make a Fool of Myself
 内気な恋心 1967年18位
 [ Bob Crewe ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli

17) September Rain (Here Comes The Rain)  
 [ Bob Gaudio / Peggy Farina ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli
※アルバム・ヴァージョン(1968年)でオンエア

~最大のヒット曲
18) My Eyes Adored You
 瞳の面影 1974年-1975年1位/AC2位
 [ Bob Crewe / Kenny Nolan ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli

CM
【魅力その2:プロデューサーのボブ・クルー】
19) Welcome To My Life 1976年
 [ Bob Crewe / Trevor Veitch ]
 /ボブ・クルー・ジェネレーション
 Bob Crewe Generation

【魅力その3:チャーリー・カレロのアレンジ】
20) Skyliner スカイライナー 1979年
 [ Charlie Barnet ]
 /チャーリー・カレロ・オーケストラ
 The Charlie Calello Orchestra

【魅力その4:メンバーでもあるボブ・ゴーディオによる楽曲】
21) Lady Day レディ・デイ 1969年
 [ Bob Gaudio / Jake Holmes ]
 /フランク・シナトラ  Frank Sinatra

CM
【10分半のアルバム・ヴァージョンを時間いっぱいまで!】
22) Swearin' To God
 神に誓って 1975年6位
 [ Bob Crewe / Denny Randell ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli

-AM3:00-
【フォー・シーズンズの前身】
23) You're the Apple of My Eye
 ユアー・ザ・アップル・オブ・マイ・アイ 1956年62位
 [ Otis Blackwell ]
 /フォー・ラヴァーズ The Four Lovers

CM
【1950-60年代のイタロ・アメリカン・ポップス】
24) Dream Lover
 ドリーム・ラバー 1959年2位/R&B4位
 [ Bobby Darin ]
 /ボビー・ダーリン Bobby Darin

25) Venus
 ヴィーナス 1959年1位/R&B10位
 [ Ed Marshall ]
 /フランキー・アヴァロン Frankie Avalon

26) Dreamin' About You  1961年106位
 [ Carole King / Gerry Goffin ]
 /アネット Annette Funicello

~ホワイト・ドゥーワップ系を3曲
27) I Wonder Why
 アイ・ワンダー・ホワイ 1958年22位
 [ Maxwell Anderson / Ricardo Weeks ]
 /ディオン&ザ・ベルモンツ
 Dion & The Belmonts

28) Sixteen Candles
 16本のローソク 1958-59年2位/R&B4位
 [ Allyson R. Khent / Luther Dixon ]
 /クレスツ The Crests

29) There's A Moon Out Tonight
 ゼアズ・ア・ムーン・アウト・トゥナイト 1961年3位
 [ Al Gentile/Joe Luccisano/Al Striano ]
 /カプリス The Capris
 キャプリス

~フォーシーズンズと同時期に活躍したイタロ・アメリカンたち
30) Groovin'
 グルーヴィン 1967年1位/R&B3位
 [ Eddie Brigati/Felix Cavaliere ]
 /ヤング・ラスカルズ
 The Young Rascals

31) I'm Gonna Make You Mine
 アイム・ゴナ・メイク・ユー・マイン 1969年10位
 [ Tony Romeo ]  
 /ルー・クリスティ Lou Christie
 
CM
【シングルのB面特集】
32) Connie-O コニー・オー 1962年
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons
 ※「Big Girls Don't Cry」B面

33) Betrayed 1965年
 [ Denny Randell / Sandy Linzer ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons
 ※「Toy Soldier」B面 

34) Huggin' My Pillow 1966年
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons
 ※「I've Got You Under My Skin」B面

35) Raven レイヴン 1967年
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons
 ※「Watch The Flowers Grow」B面

36) Good-Bye Girl 1968年
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 /フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
 Frankie Valli & The Four Seasons
 ※「Saturday's Father」B面

CM
【最後は最新アルバムから】
37) Take Good Care of My Baby
 さよならベイビー 2007年
 [ Carole King / Gerry Goffin ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli
 ※Bobby Vee-1961年1位


以上、JFN系『Big Special』2013年8月14日深夜放送分のエアプレイ・リスト。振り返ってみると、フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズとしてはNHK-FM『ポップス・グラフィティ』『ミュージック・プラザ』月曜日(1996-2005年)時代には特集がなく、『ミュージック・シティ』木曜日時代の初期(1987年11月26日放送)に一度だけ、というのは少々意外ですが、何より1988年夏の5夜連続ソングライター・ファイル特番における第4夜ボブ・クルー特集(1988年8月11日放送)で彼らの魅力に開眼した僕にとって、25年後の真夏の夜に再び健太さんDJによる大特集に巡り会えたことは感慨無量で、当時、受験勉強しながらラジオ聴いてた思い出も蘇って、答え合わせをしてるかのような気分で楽しませて貰いました(各年代のカヴァー聴き比べ魅力の因数分解といった趣向もさることながら、シングルB面特集がツボでした!)。

やはり、フランキー・ヴァリとフォー・シーズンズ中心ゆえ、3時台のイタロ・アメリカンのコーナー(勝手に”イタロ・アメリカン・グラフィティ”と呼んでます・笑)はディオンクレスツもみんな1曲ずつとかなり駆け足ではあったものの、フォー・シーズンズ(フォー・ラヴァーズ)共々、翌日のNHK-FM『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝パート4』第4夜に繋がっているかのような展開で実に素敵なタイミング!でもまた機会があれば3時間たっぷりイタロ・アメリカン尽くしの大特集、ディオンの大特集もお願いしたいです。

どうやら、来月の『Big Special』水曜深夜来週9月4日深夜八代亜紀さんのDJで(!)、再来週9月11日深夜放送が健太さんの恒例リクエスト大会、そして9月18日深夜東郷かおる子さんによるカヴァー・ソング特集、というローテーションのようですね。過去のエアプレイ・リスト作成の宿題がどんどん溜まってく一方でなかなか遅れを取り戻せないですけど(汗)、のろまな歩みながらも、徐々に追いかけて行きますので。尚、健太さんのラジオ出演記録こちらに、過去の『Big Special』出演記録こちらに随時記録させて頂いてます。

スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西院ミュージック・フェス2013【その4】

リクオ

2013年08月04日(日)

前回の続きです。

直前に降り出した雨が止むのを祈って「雨上がり」から始まったリクオさんのステージ。2曲目にニューオリンズ風味の効いたボ・ガンボス「魚ごっこ」というのも遊び心があって愉快でしたが、確かに祈りが通じたのか、「ミラクルマン」ローリング・ピアノ炸裂で一瞬雨が吹き飛んでしまったかのよう!

MAGICAL CHAIN CLUB BANDMAGICAL CHAIN CLUB BAND
(2012/10/25)
MAGICAL CHAIN CLUB BAND


その他、キヨシローさんとの共作による名バラード「胸が痛いよ」もさることながら、やはり印象深かったのはMAGICAL CHAIN CLUB BAND「アリガトウ サヨナラ 原子力発電所」。小雨降る春日神社の境内で聴いたリクオさんのエレピ弾き語りヴァージョンも心にグッと迫り来るものがありました。

リクオ in 西院ミュージック・フェスティヴァル2013
2013年8月04日(日)京都・春日神社メインステージ

http://saifes.dip.jp/


【16:31-17:00】
01) 雨上がり
02) 魚ごっこ
-MC-
03) 胸が痛いよ
04) アリガトウ サヨナラ 原子力発電所
05) ミラクルマン
06) アイノウタ


残念ながら嵐電ライヴの方はパイレーツ・カヌーの出演時間と重なってたこともあり観れなかったんですけど、リクオさんが「走ってる電車の中で演奏するのが物凄く楽しかった」とおっしゃってたので、次の機会があればその時こそは参加してみたいです。その為にもリクオさん、是非また来年も西院フェス出て下さい(^^)。

白川 白川

西院ミュージックフェスは予定より
早めに切り上げて白川で豚角煮カレー。
トロトロでめちゃうま!

http://twitpic.com/d6fhlk
posted at 18:50:44

当初は、ザッハトルテ吉田省念と植田良太三人パンダ(ギターパンダ)等々、最後まで満喫させて頂く心積もりだったんですが・・・(エマーソン北村さんやクンチョーさんも他と出番が重なって観れなくて残念)。とはいえ、西院フェスのお陰で楽しい一日を過ごすことが出来ました。関係者ならびに出演者の皆様に厚く御礼申し上げます。ひまわりの花も有難うございました!
  

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西院ミュージック・フェス2013【その3】

Little Fats

2013年08月04日(日)

前回からの続きです。

メインステージの次なるお出ましは西院フェスの大常連、
Little Fats & Swingin' Hot Shot Party

バンバンバザールでだいぶ盛り上がちゃったので、体力の回復を図るべく、やや端の方に後退して演奏を楽しませて貰ったんですが、意外にも(?)マイク・チェックはジャニス「Mercedes Benz(ベンツが欲しい)」

そして本編はライザ・ミネリの代表作「Cabaret(人生はキャバレーのように)」で始まり(何故か途中でやめちゃう・苦笑)、ファッツ・ウォラー「It’s A Sin To Tell A Lie(嘘は罪)」ナット・キング・コール「Frim Fram Sauce」(彼らのヴァージョンは「ママの自慢のソース」という邦題なのかな?CD同様、途中から日本語でした)、更には映画『ギター弾きの恋』にも使われてたボブ・ウィルスでも御馴染みの「Old Fashioned Love」ルイ・ジョーダン「Five Guys Named Moe」C.C.R.「Looking Out My Back Door」と、グッドタイミーなジャグ・バンド・ミュージックに仕立てられたお得意のレパートリー連発で持ち味発揮しまくり。

Fats's NewFat's New
(2010/11/11)
Little Fats & Swingin' Hot Shot Party


あと、もう1曲やってから(キャブ・キャロウェイでしたっけ?)、最後はお決まりの「線路は続くよどこまでも」だったと思うんですけど、無情にも、丁度その辺りからがポツポツと降り出して来たので、仕方なく退避準備に入ったのでした・・・。

 

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新・名盤探検隊

新・名盤探検隊

2013年08月17日(土)

新・名盤探検隊フランキー・ヴァリSET
遂に到着!販促トートバッグ、
期待してた以上に立派な作りで、
デラボニ愛溢れる本さんのイラストも最高(^O^)/。
これがオマケに付いて送料無料は断然お得!!
太っ腹なワーナーさんに感謝!!!

https://pic.twitter.com/UVJysiRqnL
posted at 17:59:13

と、これも先週のお話。
発売日からは少し遅れたものの、『Big Special』フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ特集を復習するのに丁度いいタイミング!お陰でこのところフランキー・ヴァリさん聴きながら眠りに就く毎日です。最新リマスタリングで音も良く、歌詞&対訳矢口清治さんや斎藤充正さんによる丁寧なライナーも付いてて1枚1200円というのはホント有難い限り(エリック・カルメンをはじめ、ポール・アンカバリー・マン&シンシア・ワイルキャロル・ベイヤー・セイガーらの楽曲をチャーリー・カレロがアレンジとプロデュースを手掛けた『恋人たちの調べ』がとくにこの夏のお気に入り)。

結局、サイン入りCRTトートバッグどころか、香港限定レコスケ&レコガール・トートバッグディスクユニオン御茶の水店限定のレコードキャリング・バッグもまだ未使用のままだけど(^^;)、このトートは大事に使わせて頂こうかなと考えてます(もう一つ保存用に欲しいなと思わないでもなく・苦笑)。

新・名盤探検隊 新・名盤探検隊 

更に嬉しいことに、シリーズ第3弾発売と時同じくして、本秀康画伯によるマンガ「それゆけ名盤探検隊」も待望の復活、キュートなレコ原レーコ新隊員も登場とのことで、先日タワレコの新・名盤探検隊コーナーでカタログ冊子頂いて来ました。ワーナーさん、早速レコ原レーコ新隊員の販促特典缶バッヂも作って下さったようですね(^^)。

レコガシラくん ウルル

ちなみにこの春、新・名盤探検隊シリーズでまず最初に買わせて頂いたのはシェールのスワンピーなカヴァー集『3614 ジャクソン・ハイウェイ』。解説は健太さんで、特典の隊員バッヂはレコガシラくんと、実に幸先のいいスタートだったんですが(この十数年で大進化を遂げたレコガシラくんのプレーヤー、ホントに欲しい!)、シリーズ第4弾はやはりベルモンツ『シガーズ、アカペラ、キャンディー』辺りから買わせて頂こうかなと検討中。

シガーズ、アカペラ、キャンディーシガーズ、アカペラ、キャンディー
(2013/09/11)
ザ・ベルモンツ


山下達郎さんのライヴでお馴染みの「That's My Desire」のみならず、「マイ・スウィート・ロード」「ロックンロール・ララバイ」などのカヴァーもイカしてますしね!



そう言えば、新・シリーズではサンプラー的なコンピレーションCDの発売予定はないのでしょうか?前回シリーズの『アート・オブ・フォーキー』みたく、また本さん描き下ろしのイラスト・ジャケで是非お願いしたいです!!!

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「いつでも夢を」

いつでも夢を

2013年08月13日(火)

由紀橋夫、じゃなくて橋幸夫ファンだった
うちの母のレコード・コレクションより。
昨日今日とこれ聴いてます。

https://pic.twitter.com/VKoO0SuKrp
posted at 19:45:41

と、これは先週のツイートなんですが、ふと気付けば今週もすっかりへヴィー・ローテーション。だってほら、ドラマの中では今日もちらっと流れてましたし、甲斐よしひろさんがDJを担当されたNHK-FMの特番『RADIO1980』8月15日(木)放送でもひたすら『あまちゃん』の話をしまくった揚げ句、生歌弾き語り「いつでも夢を」でしたから!?一方、『宮藤官九郎の“俺のmy ミュージック”』8月9日(金)放送ニュー・ミュージック特集ではクドカンが甲斐バンド「きんぽうげ」をかけて甲斐さんとのエピソードも話してましたよね(純喫茶アイドルのマスターの役名もやはり甲斐さんから?)。

あまちゃん 歌のアルバムあまちゃん 歌のアルバム
(2013/08/28)
TVサントラ


更に先週は、8月16日(金)放送NHKラジオ第1『特集・渋谷アニメランド』でもガンダムの富野監督がアニメの話はほとんどせずに(笑)『あまちゃん』を大絶賛!!
お陰で僕も益々どっぷり、となってしまう訳です(^^;)。

どうやら「いつでも夢を」『あまちゃん歌のアルバム』にも収録されるようですけど(「南部ダイバー」「潮騒のメモリー」スナック梨明日ヴァージョン共々カラオケのボートラ付き!)、扶桑社から同日出版発売予定の『あまちゃんファンブック - おら、「あまちゃん」が大好きだ!』には甲斐よしひろさんに加え、富野監督も寄稿されてるとのことで「じぇじぇじぇ( ‘ jjj ’ )/」



「いつでも夢を」、ペギー・マーチさんのカヴァーも素敵ですね。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西院ミュージック・フェス2013【その2】

バンバンバザール

2013年08月04日(日)

前回からの続き。

サウンド・チェックの「ニューオリンズにて」から大盛り上がりだったバンバンバザールは限られた時間ながら厳選濃縮ベストセレクションな選曲で最高にゴキゲン!やはり野外で、それも蝉の鳴く頃にチンチン電車が通り過ぎる西院で観るバンバンの楽しさは格別!!メンバー構成や編成が変わろうとも、魅力的な持ち味は不変ですね。

バンバンバザール

今やすっかりマイホームパパになられたという(^^)ベースの黒川さんは2曲目の「奥様どうぞご勝手に」で美声を披露。

バンバンバザール

そして何故か愛娘さんのお名前連呼コール&レスポンスに発展(笑)。

バンバンバザール

更に続く新曲の「走れ!ハイエース」は観客も一緒になって熱く大合唱!!!

ラブレターラブレター
(2013/07/20)
バンバンバザール



あと、新作からもう1曲「やどかり」でしっとりクールダウンして、最後は「明るい表通りで」「家庭教師2003」の名曲2連発で締め括りと、あっという間の30分。暑かったですが(^^;)、バンバンの演奏で笑顔がいっぱい溢れる春日神社の境内は僕にとって何よりのパワースポットで、とっても幸せなひと時でした(瀬田のムカデ祭りをちょっと思い出しました・・・)。

バンバンバザール in 西院ミュージック・フェスティヴァル2013
2013年8月04日(日)京都・春日神社メインステージ

http://saifes.dip.jp/



【15:07-15:37】
=サウンド・チェック=

00) ニューオリンズにて
=本編=
01) シカーダ
-MC-
02) 奥様どうぞご勝手に
-メンバー紹介-
03) 走れ!ハイエース
04) やどかり
05) 明るい表通りで
 On the Sunny Side of the Street
06) 家庭教師2003



●福島康之(Vocal,Guitar,Kazoo)
●黒川修(Vocal,Chorus,Bass,Kazoo)
○佐藤克彦(Guitar)
○新井武人(Accordion)


勿論、まだまだ聴きたい曲も沢山あるので、またライヴ会場の方にも寄せて頂こうと思ってるんですけど、春日神社のステージにバンバンめちゃめちゃハマってたので、是非来年も西院ミュージック・フェス出演して下さい!主催者&関係者の皆様、何卒招聘宜しくお願い申し上げます。



『ラブレター』もアナログ盤出して欲しいな!!!

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』3rdシーズン#09

星空のふたり

ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』3ndシーズン第9回
2013年08月06日(火)19:00-21:40
「夜のロンリーチャップリン(仮題)」
DJ:安田謙一


【夜の始球式】
01) ふたりの愛ランド 1984年
 [ 作詞:チャゲ・松井五郎 / 作曲:チャゲ / 編曲:平野孝幸 ]
 /石川優子とチャゲ

【夜のロンリー・チャップリン(仮題)】
02) Take Good Care Of My Heart
 やさしくマイ・ハート
 1984年
 [ Steve Dorff / Pete McCann ]
 /ホイットニー・ヒューストン&ジャーメイン・ジャクソン
 Whitney Houston feat. Jermaine Jackson

 
03) 夏物語 2000年
[ 作詞・作曲・編曲:Shinji Harada ]
 /松田聖子 with 原田真二

04) Hey Paula
 ヘイ・ポーラ(デュエット:松浦亜弥) 2009年
 [ Raymond Hildebrand ]
 [ 訳詞:みナみカズみ / 編曲:井上堯之 ]
 /五木ひろし
 ※Paul & Paula-1963年1位/R&B1位

05) GO!GO!レンタカー 1966年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:宮川泰 ]
 /田辺靖雄&中尾ミエ

06) 男と女 (Live) 2002年
 [ 作詞・作曲:斉門はし羅 ]
 /大西ユカリと新世界(with 横山剣)

07) 男と女 1980年 
 [ 作詞・作曲:斉門はし羅 ]
 /サンタクララ

08) 夜空の誓い duet with 甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ) 2010年
 [ 作詞・作曲:忌野清志郎、中曽根章友 ]
 /UA
 ※HIS-1991年

09) あの夏、ふたりは 2001年
 [ 作詞:岡本 おさみ / 作曲:桜井秀俊 / 編曲:冨田恵一 ]
 /真心ブラザーズ(with 森川亜希子)

【夜のロンリー・チャップリン(仮題)~ジェンダー逆転編~】
10) EVER&EVER 1996年
 [ 作詞: m.c.A・T、小室哲哉 / 作曲・編曲:富樫明生・小室哲哉 ]
 /内田有紀 & m.c.A・T

11) お座敷小唄 1964年
 [ 作詞:不詳 / 作曲:陸奥明 / 編曲:寺島真三 ]
 /松尾和子&和田弘とマヒナスターズ

12) True Love トゥルー・ラヴ
 [ Cole Porter / Peter Chatman ]
 /タイニー・ティム  Tiny Tim(with Miss Sue)
 ※映画『High Society(上流社会)』(1956年)

【夜のロンリー・チャップリン(仮題)~2013年新曲編~】
13) 祭りばやしが聞こえたら 2013年
 [ 作詞:山本茉莉 / 作曲・編曲:都志見 隆 ]
 /天童よしみ&秋川雅史

14) Something From Nothing 2013年
 [ Todd Rundgren ]
 /トッド・ラングレン&レイチェル・ヘイデン
 Todd Rundgren feat. Rachel Haden

【夜のロンリー・チャップリン(仮題)】
15) Don't Give Up ドント・ギヴ・アップ 1987年72位
 [ Peter Gabriel ]
 /ピーター・ガブリエル&ケイト・ブッシュ
  Peter Gabriel & Kate Bush

-CM-
-PM8:00-

【夜のロンリー・チャップリン(仮題)】
16) 或る日突然 1969年
 [ 作詞:山上路夫 / 作曲:村井邦彦 / 編曲:米光亮 ]
 /トワ・エ・モワ

17) I Am Your Singer
 アイ・アム・ユア・シンガー 1971年
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /ポール・マッカートニー&ウイングス
 Paul McCartney & Wings

~ウィングス『ワイルド・ライフ』つながりで…
18) Love Is Strange
 恋は異なもの 1957年11位/R&B1位
 [ Mickey Baker / Sylvia Robinson ]
 /ミッキー&シルヴィア Mickey & Sylvia

19) アキとマキ 1966年
 [ 作詞:平岩弓枝 / 作曲:山本丈晴 / 編曲:伊藤祐春 ]
 /梶光夫、高田美和

20) 最高なのさ 1968年
 [ 作詞:白井一郎 / 作曲:すぎやまこういち / 編曲:森岡賢一郎 ]
 /ナナとおさみ

~兄妹ソング特集。夜のビタミンS!?
21) 新宿そだち 1967年
 [ 作詞:別所透 / 作曲:遠藤実 / 編曲:只野通泰 ]
 /大木英夫・津山洋子

22) 玉葱のハッピーソング 2002年
 The Onion Song
 [ Nickolas Ashford / Valerie Simpson ]
 /椎名林檎 duet with 椎名純平
 ※Marvin Gaye & Tammi Terrell-1970年50位/R&B18位

~夏と冬!副交感神経刺激特集
23) 夏女ソニア 1983年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲:芳野藤丸 / 編曲:佐藤準 ]
 /もんたよしのり with 大橋純子

24) おもて寒いよね
  Baby,It's Cold Outside
 [ Frank Loesser ]
 /吾妻光良 & The Swinging Boppers
  吾妻光良&スウィンギン・バッパーズ (with 服部恭子)
 ※Frank Loesser & Lynn Garland-1944年

~ソロの1st、2ndからプレイガール原坊を続けて
25) I'll Be Good To You 1982年
 [ 作詞・作曲・編曲:HARABOSE ]
 /原由子 with 桑田佳祐
 ※3rdシングル「誕生日の夜」B面

26) ヨコハマ・モガ 1983年
 [ 作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers ]
 /原由子(&鮎川誠)

【夜のロンリー・チャップリン(仮題)~夜の谷崎潤一郎】
27) Ca (je t'aime moi non plus)
 それ(ジュテーム・モア・ノン・プリュ)
 [ Serge Gainsbourg ]
 /ブールヴィル&ジャクリーヌ・メーラン
 Bourvil&Jacqueline Maillan
 ※Serge Gainsbourg-1976年

~小学校の先輩!!
28) 上吉・豊子のハレンチ・アモーレ 1970年
 [ 作詞:西川ひとみ / 作曲・編曲:伊藤雪彦 ]
 /上田吉二郎&武智豊子

【夜のロンリー・チャップリン(仮題)~カタコト歌謡】
29) You Don't Have To Be A Star
 星空のふたり(日本語ヴァージョン)
 1977年1位
 [ J. Dean / J. Glover / 訳詞: 山川啓介 ]
 /マリリン・マックー&ビリー・デイヴィスJr.
 Marilyn McCoo & Billy Davis Jr.


30) ありがとう 2009年
 [ 作詞・作曲:フレディー ]
 /フレディー(とあんちゃん)

-CM-
-PM9:00-

【夜のロンリー・チャップリン(仮題)】
~安田謙一さんからのリクエスト!

31) Don't Go Breaking My Heart
 恋のデュエット 1976年1位/AC1位  
 [ Carte Blanche / Ann Orson ] 
 /エルトン・ジョン & キキ・ディ
 Elton John & Kiki Dee


32) Sole Sole Sole  太陽にキッス 1964年
 [ Arturo Casadei / Carl Ulrich Blecher / Laura Zanin ]
 /シュー・マルムクヴィスト&ウンベルト・マルカート
 Siw Malmkvist & Umberto Marcato

33) 菩提樹の丘 1975年
 [ 作詞:さいとう大三 / 作曲:村井邦彦 / 編曲:鈴木宏昌 ]
 /デビッド&ミッシェル

34) 気分を出してもう一度 1977年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲:加藤和彦 / 編曲:瀬尾一三 ]
 /立木リサ&今野雄二

~北野誠と白石まるみバージョンにもリクエストいただいてました!
35) だまされごっこ 1983年
 [ 作詞:しろいうさぎ / 作曲:陳連省 / 編曲:岸本健介 ]
 /港雄一と浦野あすか

~中澤ディレクターのリクエストです。
36) We are Detective ぼくらは探偵団 1983年UK7位
 [ Alannah Currie / Joe Leeway / Tom Bailey ]
 /トンプソン・ツインズ Thompson Twins


37) HELLO! 新しい私 2001年
 [ 作詞・作曲:つんく / 編曲:AKIRA ]
 /EE Jump

~ウィー・アー・ザ・ワールド歌謡!
38) 二代目はクリスチャンのテーマ 1985年
 [ 作詞:Gregory Starr / 作曲:甲斐正人 / 編曲:甲斐正人、杢邑紀見男 ]
 /BIRDS(原田知世、渡辺典子、野村宏伸、原田貴和子)

39) ア・ブランニュー・デイ 時のすき間 1983年
 [ 作詞:石川文弘、東海林良 / 作曲:井上堯之 ]
 /萩原健一(with いしだあゆみ)

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!次回は8月20日(火)夜7時プレーボールです。

【See You Next Game!】
40) I'm Leaving It All Up to You
 さよならデート 1963年1位/AC1位/R&B6位
 [ Dewey Terry / Don "Sugarcane" Harris ]
 /デール・アンド・グレイス Dale and Grace
 ※Don And Dewey - 1957年
 ※ダニーとマリー(オズモンド)「愛の散歩道」-1974年4位/AC1位/C&W17位



以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』3ndシーズン第9回放送のエアプレイ・リスト。いつもの通り、チャート&年代や作者クレジットなどのデータも出来る限り書き添えてみました(過去の放送分についてはこちらのカテゴリーからどうぞ。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回の放送は「夜のロンリーチャップリン(仮題)」と銘打って番組全編”男と女のデュエット特集”。古今東西ジャンルを問わず、いろんな形の男女デュエットを(タイムリーな芸能ニュースなども踏まえつつ・苦笑)2時間40分で全40曲とたっぷり聴けて面白かったですが、そんな中で僕のリクエストも盛り込んで頂けて嬉しい限り。でも、実を言うと僕の本命はオンエアで紹介して下さった「やさしくマイ・ハート」ではなく(勿論、「ロンリー・チャップリン」の元ネタってことで・笑)、男女デュエットカタコト歌謡で2度美味しいマリリン・マックー&ビリー・デイヴィスJr.「星空のふたり(日本語ヴァージョン)」だったんですけど、そちらの方は松永良平さんがリクエストして下さってたのでニンマリ。おかげで、個人的にこの日本語ヴァージョンをラジオで聴くのは上柴とおる親方の番組(2005年11月20日放送)に続いて2度目ではあったものの、AMでは初体験!(何年か前、亀渕昭信さんにもリクエスト出してみたんですが、レコードが見当たらないとかで残念ながらかけて貰えなかったので、尚更有難く、感慨深いものがありました)。 

そう言えば前回の放送で予告のあったバービーボーイズはどうしてオンエアなかったのでしょう?バービーも聴きたかったです(^^;)。

| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西院ミュージック・フェス2013【その1】

西院ミュージック・フェスティヴァル2013 西院ミュージック・フェスティヴァル2013

2013年08月04日(日)

西院ミュージック・フェス、メイン会場のタイムテーブル。
暑いので一旦退散(^。^;)

http://twitpic.com/d6daw1
posted at 12:00:59

という訳で、久し振りに参戦させて頂いた西院ミュージック・フェスティヴァル備忘録。のんびりとランチを味わって、まず最初に向かったのはメイン会場ではなくウーララで13:30からのパイレーツ・カヌー2007年は最後に「ふたり乗り」を観て帰ったので、僕の中では繋がってます!)。

西院ミュージック・フェスティヴァル2013 西院ミュージック・フェスティヴァル2013

フロアはギューギューで少々息苦しかったものの、麗しい歌声とハーモニー、バンジョーやフィドル、ドブロの響きが心地よいオルタナ・カントリー・ブルーグラスのお陰で、とっても気分爽快(ポジション的にセットリストはメモれなかったんですけど、最後に「Spider Tattoo」聴けて嬉しかったです。来年は是非、春日神社のメイン・ステージで!)。

しかしながら、そんな爽快な気分は束の間で、屋外に出た途端、汗がだらだら。やはり京都の夏の暑さは容赦ないです(^^;)。それでも、素敵なライヴの余韻を胸に春日神社へと向かったら、境内でバンバンバザール黒川さんとばったり遭遇。目があったら「暑いですねぇ」と挨拶して下さって大変恐縮でした(黒川さん、有難うございました!)。

その後、コンビニでソフトクリームを補給して、再び会場に戻って来たら、中沢ノブヨシさんが「People Get Ready」をソウルフルに歌い上げておられたので、ゆったりとした気持ちのよいグルーヴに身を委ね、暫し遠巻きに眺めていたところ、今度はステージ裏のテントからバンバンバザール福島さんがステージの写真を1枚撮りに出て来られたではありませんか!?

福島さん!

そこで僭越ながら思い切って福島さんに「写真撮らせて頂いてもいいでしょうか?」とお声をかけたらその瞬間、福島さんがこの笑顔とこのポーズを決めて下さったのでもう感謝感激(^O^)/。

福島さん、有難うございました!!

- つづく -

| LIVE/EVENT | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田植え2013完結編とレット・ミラー

田植え2013 田植え2013

2013年05月17日(金)

休み休みだらだらと(^^;)綴って参りました【田植え2013】アーカイブ・シリーズはこれにてようやく最終回。

田植え2013 田植え2013 田植え2013 

ラストの【パート10】我が家の一番大きな田んぼ。流石に稲刈りは一日では終われませんが、田植えは一日あれば充分。ただ、今年は【田植えが終われば『ロックショウ』!】を合言葉に一生懸命頑張って来たのに、結局全国22館の2夜連続プレミア上映には間に合わなくてガックリ(一週間上映の西宮OSも朝の一回だけじゃ・・・)。何でも、9月18日(水)梅田クラブクワトロの「爆音映画祭」一夜限りの”爆音”上映とのことですけど、残念ながら今度は稲刈りシーズンともろかぶりなので、またもや観に行けそうになく(^^;)。ブルーレイDVDの解説は健太さんなので、きっと家で観ときなさいということなのでしょう(せめて劇場パンフだけでも欲しかったですが)。

Interpreter Live at LargoInterpreter Live at Largo
(2011/11/22)
Rhett Miller


ともあれ、そんな僕のモヤモヤとした気持ちと、田植えの疲れを全部スカッと吹き飛ばしてくれた【パート10のサウンド・トラック】レット・ミラー『Interpreter Live at Largo』。実はこのライヴ・アルバムビートルズキンクスをはじめ、ボブ・ディランS&Gデヴィッド・ボウイコステロ、更にはロビン・ヒッチコックアズテック・カメラ等々と選曲がゴキゲンなカヴァー集でもあるんですけど、個人的にはトム・ぺティさんの「アメリカン・ガール」も歌ってくれてるのが嬉しい限り!?オレもライヴで一緒に合唱したいぜ!!



その他、エリオット・スミスビリー・ブラッグ&ウィルコを取り上げてる辺りも心憎いじゃないですか(ジョン・ブライオンが何曲かゲスト参加してる点も要注目!)。


レット・ミラー

そう言えば昨年【田植え2012のサントラ&テーマソング】だった『Dreamer』はその後LPも購入したんですが(何とアマゾンの投売りで600円くらい!?)、6月には弾き語りによる『The Dreamer』のアコースティック・ヴァージョン配信限定でリリースされました(公式サイトから1曲無料DLで貰えますので、ご興味のある方は是非お試しあれ)。願わくばフィジカル、やはりLP盤も出して欲しいなぁ!

 http://www.rhettmiller.com/

あと、レット・ミラー率いるOld 97'sの躍動感溢れる最新ライヴ音源もこちらから無料DL出来ます。結成当初からのレパートリーだけあって、ボブ・ウィルス&ザ・テキサス・プレイボーイズマール・ハガードのカヴァーも痛快です。


| Diary | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田植え2013とBuddy & Jim

田植え2013 田植え2013

2013年05月15日(水)

本日ようやく【田植えパート7】。
風があるので昨日ほど暑くないけど、
波で田んぼの中さっぱり見えず。
人生はミリオンクロスロードだよ。

http://twitpic.com/cqlnta
posted at 09:29:50

田植え2013 田植え2013 田植え2013

と、暦の上ではディセンバー、じゃなくて(笑)立秋だというのに、早場米の収穫や出荷のニュースを横目に、今頃思い出したように田植え2013アーカイブの続きを書いてる季節感のなさをお許し下さい(^^;)。

バディ&ジムバディ&ジム
(2013/01/25)
バディ・ミラー&ジム・ローダデイル


この日は縦長の田んぼ×2と小さい三角田の【パート7】【パート8】【パート9】一挙三本立てだったんですけど、すこぶる快調に捗って、思いのほか効率よく作業出来たのは、多分、脳内でバディ・ミラー&ジム・ローダデイル「The Train That Carried My Gal From Town(あの娘を連れて行った汽車)」をガンガン流してたから!やはり田植えはブルーグラスに限ります(^^)。



そうそう、彼らも【田植え2013パート3】のビリー・ブラッグ同様、丁度5月13日付けで公開されたNPRのTiny Desk Concertに出演していました。「It Hurts Me」も噛み締めれば噛み締める程、味わい深く胸に沁みる名曲。願わくば、是非一度生で聴いてみたいものです。

- あとほんのちょっとだけつづく -

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』3rdシーズン#08

アジアのレコード デザイン集 (レコード図案コレクション1)アジアのレコード デザイン集
(レコード図案コレクション1)

(2013/07/12)
常盤響+馬場 正道


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』3ndシーズン第8回
2013年07月23日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一


【夜の始球式】
01) Summer Romance サマー・ロマンス 1980年
 [ Keith Richards / Mick Jagger ] 
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones

【リクエスト】
~1918年の今日、「米騒動」が起きたそうです。

02) Rice Is Nice
 ライス・イズ・ナイス 1968年46位/UK41位
 [ Paul Leka ]
 /レモン・パイパーズ The Lemon Pipers

~炭水化物 on 炭水化物!
03) Shake Hip! 1986年
 [ 作詞・作曲:米米CLUB / 編曲:中村哲・米米CLUB ]
 /米米CLUB

【リクエスト】
04) L' Makes You Wolf 1989年
 [ 作詞:サエキけんぞう / 作曲・編曲:窪田晴男 ]
 /パール兄弟

~とくれば、次は!
05) Love the One You're With
 愛への讃歌 1971年18位
 [ Stephen Stills ]
 /アイズレー・ブラザーズ The Isley Brothers
 ※Stephen Stills-1971年14位

【今日は画家、金子國義さんの誕生日!】
06) 女優志願 1983年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:加藤和彦 ]
 /加藤和彦

~マリンバの感じがなんとなく…
07) Hands Off... She's Mine
 恋のスカ・ダンス 1980年
 [ The Beat ]
 /ザ・ビート The Beat
 The English Beat

【リクエスト】
08) Waterloo Sunset
 ウォータールー・サンセット 1967年UK2位
 [ Ray Davies ]
 /キンクス Kinks

【本日お誕生日】
09) The End Of The World
 この世の果てまで 1974年
 [ Sylvia Dee / Arthur Kent ]
 /アンディ・マッケイ Andy Mackay
 ※Skeeter Davis-1963年2位

【リクエスト】
~YMO歌謡

10) メガロポリス・サンシャイン 1980年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲:弾厚作 / 編曲:深町純 ]
 /加山雄三

11) スーダラ節 2013年
 [ 作詞:青島幸男 / 作曲:萩原哲晶 / 編曲:溝淵新一郎 ]
 /加山雄三
 ※植木等-1961年

CM
【加賀八郎さん追悼リクエスト】
12) 気分モヤモヤ サラサラ チクチク 1985年
 [ 作詞:野村義男 / 作曲:曽我泰久 / 編曲:The Good-Bye ]
 /The Good-Bye ザ・グッバイ


13) Solid Gold Easy Action
 イージーアクション
 1972年
 [ Marc Bolan ]
 /T.レックス T.Rex


【夜のどことなく郷ひろみ歌謡】
14) Side By Side 1980年
 [ 作曲:馬飼野康二 ]
 /若人あきら

~ホンモノです
15) 恋のハイウェイ 1975年
 [ 作詞:荒井由実 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /郷ひろみ

~オオルタイチ・リミックスワークス集
『僕の楽しい仕事』は8月7日リリース!

16) Son ソン(オオルタイチ・リミックス) 2006年
 [ Juana Molina / Angelo Petraglia ]
 /ファナ・モリーナ Juana Molina

CM
-PM8:00-

【『アジアのレコード デザイン集』特集】
-常盤響+馬場正道・著(DU BOOKS)-

~from 香港
17) Run For Your Life 痴情的少女 1967年
 ラン・フォー・ユア・ライフ
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ララ&ザ・トレイラーズ Lara & The Trailers
 櫻櫻和特麗樂隊 Lara Tan & The Trailers
 ※The Beatles「浮気娘」-1966年

18) Summertime サマータイム 1970年
 [ DuBose Heyward / George Gershwin / Ira Gershwin ]
 /チョップスティックス The Chopsticks
 筷子姉妹花

19) Love Potion N.9 ラヴ・ポーションNO.91966年
 [ Jerry Leiber / Mike Stoller ]
 /ナンシー・シット Nancy Sit
 薛家燕
 ※The Clovers-1959年23位/R&B23位
 ※The Searchers「恋の特効薬」-1965年3位


~from シンガポール
20) Luna, Luna ルナ・ルナ 
 [ Aaron Zeitlin / Arthur Kevess / Sheldon Secunda
  / Sholom Secunda / Teddi Schwartz ]

 /レナ・リム&ザ・スタイラーズ
 Lena Lim & The Stylers
 ※ドナ・ドナ(Donna Donna)

21) Mimi Cat ミミ・キャット
 /チュー・ヤン&ザ・スタイラーズ
 Chew Yan And The Stylers

~from タイ。 
その昔、モダンチョキチョキズの矢倉さんにすすめられた1枚。

22) クルアン・クラ・ソブ・ファン
 /スリ・クルン・ブラス Sri Krung Brass

~from タイ。
かなり線香くさい007!

23) James Bond Theme ジェームズ・ボンドのテーマ 
 [ Monty Norman ]
 /サン・オブ・PM The Son of P.M. 
 ※John Barry Seven & Orchestra-1962年UK13位

~from 香港
24) Kowloon Hong Kong カウルーン・ホンコン  1966年
 [ The Reynettes ]
/レイネッツ The Reynettes

25) The More I Love  負心的人
 [ 作詞:吉川靜夫 / 訳詞:K.K. Wong / 作曲:猪侯公章 ]
 /レベッカ・パン Rebecca Pan
 潘迪華
 ※森進一「女のためいき」-1966年

【夜のレコードマンスリー~1973年7月号より】
26) ピポピポ旅行 1973年
 [ 作詞:山上路夫 / 作曲:かまやつひろし / 編曲:馬飼野康二 ]
 /にしきのあきら

27) Kodachrome 僕のコダクローム 1973年2位/AC2位
 [ Paul Simon ]
 /ポール・サイモン Paul Simon

28) 妻になりたい 1973年
 [ 作詞:二条冬詩夫 / 作曲:村沢貞介 / 編曲:高田弘 ]
 /愛たかしとナイト・プラザ6

29) Let's Spend the Night Together
 夜をぶっとばせ 1973年
 [ Keith Richards / Mick Jagger ]
 /デヴィッド・ボウイ David Bowie
 ※The Rolling Stones-1967年US55位/UK3位

30) Pillow Talk ピロー・トーク 1973年3位/UK14位
 [ Sylvia Robinson ]
 /シルヴィア Sylvia

31) アモーレ港 1973年
 [ 作詞: 山口洋子 / 作曲・編曲:藤本卓也 ]
 /水木炎

32) ローリングストーンズは来なかった 1973年
 [ 作詞・作曲・編曲:藤本卓也 ]
 /西郷輝彦

33) Frankenstein フランケンシュタイン 1973年1位
 [ Edgar Winter ]
 /エドガー・ウィンター・グループ
 Edgar Winter Group

~今週の目玉!カタコト歌謡祭でもかけたかった1曲!
ミッキー・カーティスのプロデュース。

34) ブルースのメニュー 1973年
 [ 作詞・作曲:ブルース・バウアー / 編曲:ボブ佐久間 ]
 /ブルース・バウアー

CM
-PM:9:00-

【夜のラッキー7~『かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!』
35) 恋のB級アクション 2013年
 [ 作詞:康珍化 / 作曲:小林泉美 ]
 /かせきさいだぁ
 ※TVアニメ『さすがの猿飛』(1982年)エンディングテーマ

36) ルージュの伝言 2013年
 [ 荒井由実 ]
 /かせきさいだぁ
 ※映画『魔女の宅急便』(1989年)オープニングテーマ

37) 星間飛行 2013年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:菅野よう子 ]
 /かせきさいだぁ
 ※TVアニメ『マクロスF』(2008年)挿入歌

【トニー・ジョー・ホワイトも本日お誕生日】
38) Rainy Night In Georgia
 ジョージアの雨の夜 1969年
 [ Tony Joe White ]
 /トニー・ジョー・ホワイト Tony Joe White
 ※Brook Benton「雨のジョージア」-1970年4位

39) ポークサラダ兄ィ 1971年
 [ Tony Joe White ]
 /田辺一鶴
 ※Tony Joe White「Polk Salad Annie」-1969年8位
 ※Elvis Presley -1970年


【オススメ本をもう1冊!】
『プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝』
付属のCDから。山下達郎プロデュース!

40) Hate(Keep your mouth shut) ヘイト 1977年録音
 [ Toshi / Hajime ]
 /プレ・プラスチックス

41) I Am Plastic アイ・アム・プラスチック 1977年録音
 [ Toshi / Hajime ]
 /プレ・プラスチックス

【台湾のあまちゃん!】
~ハックルベリーで購入。

42) The Oyster Girl オイスター・ガール 1963年 
 [ 北海道民謡 ] 
 /ミス・ゴールデン・スワロー Miss Golden Swallow
 ※ソーラン節
 ※台湾映画『蚵女(海辺の女たち)』主題歌

 
【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!!次回は8月6日、
「夜のロンリー・チャップリン(仮題)」と題し、
オール・リクエストでお届けします!


【See You Next Game!】
43) サマー・ナイト・トレイン 1984年
 [ 作詞:売野雅勇 / 作曲・編曲:後藤次利 ]
 /ラッツ&スター


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』3ndシーズン第8回放送のエアプレイ・リスト。作者クレジットなどのデータ面は、残念ながらどうしても確認出来ない部分があったので、一応わかる範囲でということで(過去の放送分についてはこちらのカテゴリーからどうぞ。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回もあれよあれよと面白いように曲が繋がって、終わってみれば全43曲今シーズン最多記録!パール兄弟の「L' Makes You Wolf」からアイズレー版の「愛への讃歌」とくれば、続けてもういっちょTOKYO NO.1 SOUL SET「黄昏'95~太陽の季節」も聴きたいくらいでしたが(笑)、とはいえ、これだけのボリュームでこの充実度なら大満足。加賀八郎さんへの追悼リクエスト2曲セットで採用し頂けて感謝感激ロックです(「気分モヤモヤ サラサラ チクチク」2004年の再会ライヴでもシングルメドレーの中で演奏してくれたっけ。加賀さんのチョッパー・ベース大好きでした。心よりご冥福をお祈り申し上げます)。

『アジアのレコード デザイン集』のコーナーもとっても興味深かったので(コータロー&ザ・ビザールメンの開演前BGMも近いものがありました!)、カヴァー曲については『かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!』共々、個人的にオリジナルと聞き比べをして楽しもうかと思ってます(^^)。

そう言えばふと気付いたんですけど、西郷輝彦「ローリング・ストーンズは来なかった」1stシーズンの第7回(2011年6月11日放送)でもかかってましたね(その前に6月25日「宇宙人ワナワナ」も!)。ぼちぼち2周目もOKという合図でしょうか?

最後に、念のため今後の放送予定を確認をば。8月の放送は次回8月6日「夜のロンリー・チャップリン(仮題)」8月20日の2回で、あと、8月15日NHKラジオ第1で放送予定の特番『しりすぎてるうた』8月18日にNHK-FMでも再放送があるとのこと!少々気が早いですが、『しりすぎてるうた』はシリーズ化を期待したいところです。


| yasudaida | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |