Sweetheart Of The Radio

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

稲刈り2013総集編

稲刈り2013 稲刈り2013

2013年09月09日(月)

我が家の稲刈り、いよいよ本日より開幕。
絶好の秋晴れです!

twitpic.com/dcmejg
posted at 09:13:17

稲刈り2013 稲刈り2013 稲刈り2013


2013年09月11日(水)

今日は稲刈りパート2。
これからおにぎりランチタイムです。

twitpic.com/dcxt8w
posted at 12:33:54

稲刈り2013 稲刈り2013 稲刈り2013

2013年09月12日(木)

新米出来た!そして今日も稲刈りへ。
twitpic.com/dd2ba3
posted at 08:35:28

2013年09月16日(月)

寝付けなくてPC開いたら県内でも災害被害のニュース・・・。
うちの稲刈り、あとまだ半分くらい残ってるので
これ以上雨風がひどくならないことを祈るばかりです。

posted at 02:04:21

稲刈り2013 稲刈り2013

2013年09月17日(火)

台風一過の青空。
何とか田んぼの水も引いたようなので、
午後から稲刈りパート4です。

twitpic.com/dduqct
posted at 13:19:42

ポップの目

滋賀県立近代美術館
『ポップの目─アーティストたちは現代文化に何を見たか─』
展の招待券ゲットン!
ポップアート関連映画上映の日は無理だけど、
稲刈り全部終わったら観に行く!!

pic.twitter.com/gE5sFHlVqs
posted at 17:14:10

稲刈り2013 稲刈り2013 稲刈り2013

2013年09月18日(水)

今日も稲刈りパート5。
彼岸花、今年はまだあんまり咲いてないみたいです。

twitpic.com/ddywz9
posted at 10:47:26

※たまには気分を変えようということで、コンビニのおにぎりとなりました。

稲刈り2013 稲刈り2013 稲刈り2013

2013年09月19日(木)

遊佐未森さんの『GINGA RADIO』が
中秋の名月の今宵、ハーベスト・ムーン2時間特番となって
α-STATIONに帰って来る!(19:00-21:00)。
では、ラジオを楽しみにして今日も稲刈り行ってきます。

posted at 08:55:08

お月様2013

2013年09月20日(金)

昨夜は稲刈りでクタクタ、
疲労コンバイン・セグンドだったんですけど、
それでも一応お月様の撮影にトライしてました。

pic.twitter.com/2ADyrdhlXy
posted at 20:48:12

ジュリー 彼岸花

2013年09月21日(土)

タイミングを見計らうかのように
一斉に咲き出した曼珠沙華。
彼岸花とはよく言ったものですね。

pic.twitter.com/o7yzNezwnd

2013年09月22日(日)

まだ後片付けが少々残ってるけど、
お陰様で今年の稲刈り無事終了。
ようやくジュリーのレコードでほっとひと息。
秋の気配を感じながら「コバルトの季節の中で」
をしみじみ味わってます。

pic.twitter.com/zp48JM61Ty
posted at 15:00:58

以上、昨年ブログに書きそびれていた稲刈り2013の記録、やはり個人的な記録としてまとめておくと何かと便利なので、今更ながらではありますが関連ツイートを抜粋してアーカイブ。今年の稲刈り、うちの近辺でも早いところはもう始まってたりするんですけど(新品種は8月末が収穫時期なんだそうで)、我が家は例年通りまだ少し先の予定。8月の日照不足台風、ここに来ての雨続きの影響がないとは言えないので、とにかくもうこれ以上、あんまり雨降らないで下さい&台風も来ないで下さいと願うばかりです。

Great LakesGreat Lakes
(2013/04/02)
John Smith


そう言えば【稲刈り2013】のサウンドトラック、いろいろあったハズなのに、流石にもう忘れてしまいました(^^;)。そんな中、唯一憶えててるのはジョン・スミス『Great Lakes』。ジャケット写真も美しくてとっても素敵ですが(LPも発売希望!)、何とジョン、ホントにに?)の中でギター弾いてたんですね!?



僕も琵琶湖でマネしてみたいです(ウソ・笑)。

スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#33

King of HeartsKing of Hearts
(2007/10/26)
Roy Orbison


『亀渕昭信のお宝POPS』#33
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国31局)
ラジオ関西2014年8月18日(月)19:30-20:00
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Mr. Bassman
 ミスター・ベースマン 1963年16位
 [ Johnny Cymbal ]
 /ジョニー・シンバル Johnny Cymbal 

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
アーニー・フォードのLP『Sings About Jesus』
(Capitol / R 113961)をプレゼント!


02) What a Friend We Have In Jesus
 いつくしみ深き 1973年
 [ Charles C. Converse / Joseph Scriven ]
 /アーニー・フォード Ernie Ford
 Tennessee Ernie Ford
 ※讃美歌312番

CM
-リクエスト-
03) Clair  
 クレア 1972年2位/AC1位
 [ Gilbert O'Sullivan ] 
 /ギルバート・オサリヴァン Gilbert O'Sullivan
    
-亀渕さんセレクト(?)-
04) Heartbreak Radio
 ハートブレイク・ラジオ 1992年
 [ Frankie Miller / Troy Seals ]
 /ロイ・オービソン Roy Orbison

-ジングル-
-リクエスト-
05) Going Home To Mary Lou
 恋の一番列車 1959年
 [ Howard Greenfield / Neil Sedaka ]
 /ニール・セダカ Neil Sedaka

06) Indian Reservation
 嘆きのインディアン(チェロキー・インディアンの悲劇) 1971年1位
 [ John D. Loudermilk ]
 /ポール・リヴィア&ザ・レイダース 
 マーク・リンゼイとレイダース
 Paul Revere & The Raiders
 (featuring Mark Lindsay)
 ※Don Fardon-1968年20位
 '(The Lament Of The Cherokee) Indian Reservation'


ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller


以上、『亀渕昭信のポップスお遍路さん』、じゃなくて(笑)、『お宝POPS』第33回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続いて、諸々データも書き添えつつこちらのカテゴリーに順次蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお宝プレゼントアーニー・フォードのセイクレッド・ソング集でしたが、宗教や国籍を問わず、やはり神様に捧げる音楽って崇高で美しいですよね。早速調べてみたところ、確かにアーニーさんはこのアルバム以外にも讃美歌集を驚くほど沢山リリースされていて、どうやら「いつくしみ深き」も複数回レコーディングされてる模様。最近出たばかりの『Amazing Grace: 14 Treasured Hymns』をはじめ、彼が歌う讃美歌ばかりを集めたコンピCDも数多く発売されてるみたいですけど、この1973年ヴァージョンの「いつくしみ深き」が収録されているのは『Sings 22 Favorite Hymns』でしょうか?語りを交えた歌声が味わい深く、お盆の時期に聴くと尚更胸に響くというか、心洗われるものがありました。

ロイ・オービソン

ところで、ロイ・オービソン「ハートブレイク・ラジオ」は、リクエストされた方のお名前紹介がなかった点から推察するに、亀渕さんの選曲だったんですよね?残念ながらこの曲、2枚組のエッセンシャルには未収録でしたが(※後に出た3枚組の『Essential 3.0』には収録)、日本独自のボーナストラックとして企画されたムッシュかまやつさんと南佳孝さん&杉真理さんの声を加えたトリビュート・メドレー(アレンジは杉さん&徳武さん、コーラスには伊豆田さんも!)がどうしても聴いてみたくて、ほぼこの1曲だけの為に国内盤の2枚組エッセンシャルを購入したら、ライナーノーツ亀渕さんで、曲目解説が長門芳郎さんだったので、喜びも2倍2倍で更に倍率ドン!?今でも大事に愛聴&愛読させて頂いてます(^^)。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『飛び出し坊やコレクション展』第3弾

飛び出し坊や 飛び出し坊や

ラフォーレ琵琶湖プラネタリウム前ロビーで開催中の『飛び出し坊やコレクション展』シリーズ第3弾(2014年7月19日-9月15日)、お盆前にようやく観に行くことが出来ました!

飛び出し坊や 飛び出し坊や 

0系飛び出し坊やの顔ハメとも久々に嬉しい再会。
更に今回は前回もあった飛び出し坊やになりきりコスプレコーナーとダブルで記念撮影が楽しめちゃいます(^^)。

飛び出し坊や 飛び出し坊や 飛び出し坊や
 
そんな中、僕が投稿させて頂いた何点かの写真もいい感じで展示して下さってて、本当に光栄で有難い限りです。ただ、この飛び出しクレヨンしんちゃん犬山市内で撮影したものなので、岐阜じゃなくて愛知なんですけどもね(^^;)。

飛び出し坊や 飛び出し坊や

ともあれこの際、日本中のご当地ゆるキャラは(交通安全啓発観光・地域振興の為に)飛び出し坊や顔出しパネルを作ればいいのに、とマジで思います(笑)。地方自治体や観光協会、交通安全協会の皆さま、如何でしょう?

飛び出し坊や 飛び出し坊や

勿論、今回も飛び出し坊やの日本代表No.1を決める大統領総選挙(?)も開催中。果たして僕が投稿させて頂いた坊やの写真はランクイン出来るのか否か、ちょっぴり気になるところです・・・。

プラネタリウム

で、せっかくラフォーレ琵琶湖に来たことだしと、プラネタリウム山崎まさよし&星のお兄さんによるラジオ番組風爆笑星座解説『星が落ちそうな夜だから』も鑑賞して行くことに。スタードームの星空の下、軽妙な掛け合いが愉快で、冷房とブルー攻撃もひんやり心地よく(笑)、実にハッピーなひと時でした。

STARGAZERSTARGAZER
(2013/04/10)
杉真理


「願わくば、またラフォーレ琵琶湖のプラネタリウムでやっちんのライヴ観てみたいなぁ~、やっちん繋がりでいつか杉真理さんも来て下さったりしないかな~」と思ってたら、何と星のお兄さん9月08日(月)京都府立植物園で開催される『名月鑑賞の夕べ』(18:00~)で、村田和人さん&杉真理さんの還暦コンビと共演されるそうじゃないですか!?更にくまモンも一緒だなんて名月もビックリ!?!?杉さんには星の歌や宇宙の歌が沢山ありますし(やっちん「僕の月面計画」も作詞は杉さん!)、この機会に杉さんとの駄洒落合戦で親睦を深めて頂き、是非一度、スターナイトライブに杉さん呼んで下さい。何卒宜しくお願いします!!!

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#32

ストーンズTシャツ ストーンズTシャツ

『亀渕昭信のお宝POPS』#32
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国31局)
ラジオ関西2014年8月11日(月)19:30-20:00
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) I Love You Because
 愛の伝説 1973年
 [ Jean-Loup Dabadie / Michel Polnareff ]
 /ミッシェル・ポルナレフ Michel Polnareff 

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ローリング・ストーンズ1989年の北米ツアーTシャツ(黒)
をプレゼント!


02) Angie 悲しみのアンジー 1973年1位(UK5位)
 [ Mick Jagger / Keith Richards ]
 /ローリング・ストーンズ  The Rolling Stones

CM
03) Mamy Blue
  マミー・ブルー 1971年57位  
 [ Hubert Giraud / Sev Tiliakou ]
 /ポップ・トップス Pop Tops

【にっぽん全国レコード店めぐり】
#15: メロウ・メロウ(愛媛県松山市)

  https://sites.google.com/site/mellowmellowjp/

04) De Do Do Do,De Da Da Da
 ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ 1980-81年10位(UK5位)
 [ Sting ] 
 /ポリス The Police

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller


以上、第32回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続いて、諸々データも書き添えつつこちらのカテゴリーに順次蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼント1989年のストーンズ北米ツアー黒Tシャツ(USサイズのXL?)。実は僕も大学生の頃、1989年のストーンズ北米ツアー白Tシャツをイキがって着たりなんかしちゃってたんですけど(^^;)、亀渕さんのは背中に星条旗やツアー日程もプリントされてますし、やっぱりロックTはがカッコイイですねぇ!ちなみに僕の白TはUSのMサイズなんですが、かなり着古して布地もくたびれてる上、大学時代から体重が10キロ以上増えてしまったので残念ながらもう全然着れません・・・。それこそ、もし欲しいという方がいらっしゃったらお裾分けしたいくらいです(苦笑)。

それにしても、レコード店の店長さんがおっしゃってた、名曲「スターダスト」のカヴァーだけを半世紀近くひたすら追い求めてらっしゃるご年配の常連さんのエピソードには感服しました(なかなか真似出来ないですけど、そうゆう追い求め方、憧れます)。ポリス「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」前回かけて下さってたジリオラ・チンクエッティ「雨」は機会があれば是非今度日本語ヴァージョンでもお願いします!


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

溝切り2014

溝切り 溝切り

2014年06月22日(日)

雨が上がったので午後から田んぼでひと仕事。
こんなん履いて汗と泥にまみれてます。

http://twitpic.com/e6oqlj
posted at 14:45:11

溝切り 溝切り

本日の愛車。
リトルホンダ気分です(笑)。

http://twitpic.com/e6oqtd
posted at 14:48:11

と、これは6月の田んぼ記録。
お盆が過ぎたら、あっという間に稲刈りシーズンがやって来るので(本当に時間が経つのは早いですね・・・)、今のうちにと慌ててブログにアーカイブ(^^;)。
幸い、この前の台風は何とか大丈夫だったんですけど、どうか収穫前にもう台風来ませんように(祈)。

ところでリトルホンダといえば。以前こちらで紹介したシーマス・ムーアおじさんによる愉快なリトルホンダ賛歌「My Little Honda 50」、あれからオリジナル・ヴァージョンらしきものを見つけました(「sung by Tom Tuohy」とあります)。



何と、ディランのパロディだったんですね(笑)。

Folk TaleFolk Tale
(2011/11/08)
Christy Moore


更にこの「My Little Honda 50」プランクシームーヴィング・ハーツの中心メンバーだったクリスティー・ムーアさんも歌ってるではないですか!?(収録アルバムも発見。これがなかなか味わい深い作品なんですよ)。



ライヴ会場テレビショーの弾き語りでもドッカンドッカンとウケてますが、もしかしてアイルランドでは有名は歌だったりするんでしょうか?

Face Her for Mount LeinsterFace Her for Mount Leinster
(2006/09/25)
Richie Kavanagh


かと思えば、もう1曲、これまたアイルランドのコメディ系シンガー(?)、リッチー・カヴァナー(Richie Kavanagh)さんが歌ってる「The Little Honda 50」なるリトルホンダ賛歌も見つけちゃったんですけど、あれ、この人って、シーマス・ムーアさんの「My Little Honda 50」のPVにも出てたましたよね??一体、アイルランドにおけるリトルホンダの存在ってどんなものなんでしょう???調べれば調べるほど益々気になるばかりです。



あと僕、最近の若手バンドの中ではFUN.が好きで密かに愛聴してるんですが、リトルホンダではないものの、「このアートワークでCDかレコードでも出してくれたら喜んで買うのになぁ~」と思いながら、ノイズトレードからダウンロードにて『Selections & B-Sides from Aim & Ignite』の音源を有難く頂戴しました(^^)。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:リクエスト大会#39

ヒプノティック・アイヒプノティック・アイ
(2014/07/30)
トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ


JFN系『BIG SPECIAL』
2014年08月13日25:00-28:00
「リクエスト大会」#39+「新作探検隊」
スペシャルDJ:萩原健太

http://www.jfn.jp/big

-AM1:00-
01) Up Around The Bend
 アップ・アラウンド・ザ・ベンド 1970年4位
 [ John Fogerty ]
 /クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
 Creedence Clearwater Revival
 C.C.R.

CM
02)(I Just) Died In Your Arms Tonight
 愛に抱かれた夜 1987年1位/AC24位
 [ Nick VanEede ]
 /カッティング・クルー Cutting Crew

03) Rock Steady   
 ロック・ステディ 1971年9位/R&B2位
 [ Aretha Franklin ]
 /アレサ・フランクリン Aretha Franklin

04) Abraham, Martin and John
 アブラハム・マーティン・アンド・ジョン(魂は今も) 1968年4位
 [ Dick Holler ] 
 /ディオン Dion

05) I Know We Won
 アイ・ノウ・ウィ・ウォン 2010年
 [ Willie Nelson / Pat Simmons ]
 /ドゥービー・ブラザーズ feat. ウィリー・ネルソン
 The Doobie Brothers feat.Willie Nelson

06) Don't Pull Your Love/Then You Can Tell Me Goodbye 
 ドント・プル・ヨア・ラブ
 /ゼン・ユー・キャン・テル・ミー・グッドバイ
 1976年27位/AC1位/C&W4位
 [ Brian Potter / Dennis Lambert ]
 [ John D. Loudermilk ]

 /グレン・キャンベル Glen Campbell
 ※Hamilton, Joe Frank & Reynolds「恋のかけひき」-1971年4位
 ※The Casinos「Then You Can Tell Me Goodbye」-1967年6位


CM
07) You and I
 ユー・アンド・アイ 2010年
 [ Carlinhos Brown ]
 /セルジオ・メンデス Sergio Mendes
  feat.Carlinhos Brown & Nayanna Holley
 (feat.カルリーニョス・ブラウン & ナヤナ・ホリー)

08) Let This Be Our Time To Get Along
 二人になろうよ 1976年
 [ John Sebastian ]
 /ジョン・セバスチャン John Sebastian

09) Sitting An' Thinking 1970年
 Sitting And Thinking
 [ Kim Simmonds ]
 /サヴォイ・ブラウン  Savoy Brown
 サボイ・ブラウン

10) Railroad
 レイルロード 1970年
 [ Maurice Gibb / Billy Lawrie ]
 /モーリス・ギブ Maurice Gibb

CM
11) Saved (Gospel Section 3,Take 4)
 セイブド  1968年
 [ Jerry Leiber / Mike Stoller ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley
 ※LaVern Baker-1961年37位/R&B17位

-AM2:00-
12) I Can Hear Music
 アイ・キャン・ヒア・ミュージック 1969年24位  
 [ Phil Spector / Ellie Greenwich / Jeff Barry ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※The Ronettes-1966年100位

CM
13) Beach Baby    
 ビーチ・ベイビー 1974年4位(UK13位)
 [ John Carter / Gillian Shakespear ]
 /ファースト・クラス First Class

14) Beach Party 
 ビーチ・パーティー 1963年
 [ Gary Usher ]
 /アネット Annette 
 Annette Funicello

15) Hot Rod High
 ホット・ロッド・ハイ 1964年
 [ Gary Usher / Roger Christian ]
 /ザ・ナイツ The Knights

16) Don't Run Away
 ドント・ラン・アウェイ 1966年
 [ Bruce Johnston / Mike Love ]
 /ブルース&テリー Bruce&Terry
 ブルース・ジョンストン&テリー・メルチャー

17) Wonderful Summer
 ワンダフル・サマー 1963年14位/R&B23位
 [ Gil Garfield / Perry Botkin Jr. ]
 /ロビン・ワード  Robin Ward

18) Ooh Baby (Make Me Feel So Young) 1976年
 [ Terry Reid ]
 /テリー・リード Terry Reid
 ※Producer:Graham Nash

CM
【新作探検隊-Part1】
『ロカビリー・ライオット:オール・オリジナル』から

19) Rockabilly Blues
 ロカビリー・ブルース 2014年
 [ Brian Setzer ]
 /ブライアン・セッツァー Brian Setzer

~『ヒプノティック・アイ』から 
20) American Dream Plan B
 アメリカン・ドリーム・プランB 2014年
 [ Tom Petty ]
 /トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
 Tom Petty & the Heartbreakers

『Any Way Shape Or Form』から
21) Burning Building 2014年
 [ Ben Miller ]
 /ベン・ミラー・バンド The Ben Miller Band

『ザ・ブリーズ~J.J.ケイルに捧ぐ』から
22) Cajun Moon
 ケイジャン・ムーン 2014年
 [ J.J. Cale ]
 /エリック・クラプトン Eric Clapton
 Eric Clapton & Friends
 ※J.J. Cale-1974年

CM
-リクエスト-
23) The Same Old Moon 1980年
 [ Jimmy Hall / Jon Goin ]
 /ジミー・ホール Jimmy Hall

-AM3:00-
24) Color Him Father
 カラー・ヒム・ファーザー 1969年7位/R&B2位
 [ Richard Spencer ]
 /ウィンストンズ The Winstons 

CM
25) Just Say I Love You
 ただあなただけを 1982年
 [ Jim Lang ]
 /ニコレット・ラーソン Nicolette Larson

26) Jerk And Twine
 ジャーク&トゥワイン 1965年85位/R&B38位
 [ Billy Davis / Carl Smith / Gene Allison ]
 /ジャッキー・ロス Jackie Ross

27) I'll Never Dance Again
 涙のダンス・パーティー 1962年14位
  [ Mike Anthony / Barry Mann ]
 /ボビー・ライデル Bobby Rydell

28) Muscle Shoals
 マッスルショールズ 2005年
 [ Donnie Fritts / Scott Boyer / McGee ]
 /ドニー・フリッツ Donnie Fritts
 ※Al.『Country Got Soul, Vol. 2』

29) If I Have To Go Away
 君にさようなら 1977年93位(UK36位)
 [ Marci Sutin / Tetsuji Hayashi ]
 /ジグソー Jigsaw

30) Vincent
 ヴィンセント 1972年12位/AC2位
 [ Don McLean ] 
 /ドン・マクリーン Don Mclean

CM
【新作探検隊-Part2】
~6枚組『1971 フィルモア・イースト・レコーディングス』から

31) In Memory Of Elizabeth Reed (Live)
 エリザベス・リードの追憶 1971年/2014年
 [ Dickey Betts ]
 /オールマン・ブラザーズ・バンド
 The Allman Brothers Band
 ※1971年3月12日ファースト・ステージのヴァージョン

CM
-リクエスト-
32) Millbrook
 ミルブルック 1998年
 [ Rufus Wainwright ]
 /ルーファス・ウェインライト Rufus Wainwright
 ※Producer, Strings Arrange, Conductor:Van Dyke Parks


以上、JFN系『Big Special』2014年8月13日深夜放送分のエアプレイ・リスト。「ポップスは学習!」精神に則り、いつものようにチャート&年代に加え、作者クレジット邦題など諸々のデータもわかる範囲で書き添えて個人的にアーカイブさせて頂いてます(『Big Special』における健太さん担当の放送一覧については、前身番組の『扉』時代も含めてこちらのページに記録させて頂いてます。エアプレイ・リストも当ブログから順次転載という形で収蔵。曲目やアーティストの検索をご利用の場合はサイトの方がピンポイントかもしれません)。

何と言っても今回は【新作探検隊-Part2】オールマン・ブラザーズバンド17分半フルオンエアに度肝を抜かれて、熱く燃えましたが(『Big Special』の前身の前身番組で、木崎義二さんがよくおっしゃってた「寝ている奴らを叩き起こせ!」を思い出しました・笑)、それでもやはり冒頭の掲載ジャケは結成40年にして初の全米No.1を獲得したトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズしかないでしょう!(健太さんも朝日新聞でレビュー執筆されてましたしね)。今月の【新作探検隊】では『ザ・ブリーズ~J.J.ケイルに捧ぐ』もトム・ぺティさん関連盤なので、これまた嬉しいセレクトでした。

そう言えばビーチ・ボーイズ「I Can Hear Music」は確か健太さんが初めて購入された彼らのシングルだったんですよね(健太さんは今月ゲスト出演されてるTBSラジオ『生島ヒロシおはよう一直線』内の水曜日のコーナー「グッドモーニングソングス」でも第1週第2週ビーチ・ボーイズを選曲。早朝の限られた時間ながら、今後の展開も気になるところです)。

ちなみに僕のリクエストはグレン・キャンベル「Sunflower」名曲のメドレーを、というところから健太さんが後者をチョイスして下さいました(有難うございました!)。

尚、健太さんの次回登板9月03日(水)深夜放送「リクエスト大会」&「新作探検隊」とのこと。その他、8月20日深夜の土田英一さんに続いては、8月27日深夜が富澤一誠さん、そして9月10日深夜に高嶋弘之さん(ビートルズ特集?)というラインナップのようです。

| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』4thシーズン#11

11(初回限定盤)(DVD付)11
(2014/08/06)
KIRINJI


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』4thシーズン第11回
2014年08月05日(火)19:00-21:40
DJ:安田謙一

http://jocr.jp/nighter/index.html#tue

【夜の始球式】
01) I Talk To The Wind
 風に語りて 1969年
 [ Robert Fripp / Michael Giles / Greg Lake
  / Ian McDonald / Peter Sinfield ]

 /キング・クリムゾン King Crimson

~風の歌を聴け!
02) Howlin' Wind
 ハウリン・ウィンド 1976年
 [ Graham Parker ]
 /グレアム・パーカー Graham Parker

~風の歌を聴け!!
03) 海風 1977年
 [ 作詞・作曲:伊勢正三 / 編曲:瀬尾一三 ]
 /風

~風の歌を聴け!!!
04) Blow Wind Blow
 ブロウ・ウィンド・ブロウ 1972年
 [ Huey "Piano" Smith / Izzy Cougarden / Muddy Waters ]
 /ドクター・ジョン Dr. John

~風の歌を聴け!!!!
05) 睡蓮花 2007年
 [ 作詞:湘南乃風 /作曲:MINMI、湘南乃風 ]
 /湘南乃風

【リクエスト】
06) Come On Down To My Boat
 小舟のデート 1967年6位
 [ Wes Farrell / Jerry Goldstein ]
 /エヴリ・マザーズ・サン
 Every Mother's Son
 
~わが心の火曜日!
07) Friday On My Mind
 わが心の金曜日 1967年16位
 [ Harry Vanda / George Young ]
 /イージービーツ Easybeats
 イージービート

【サリーとシロー 岸辺のアルバム】
~伊藤素道とリリオ・リズム・エアーズ
『マル秘 ハワイアン集』(JMC-5014)

08) タフワフワイ
 Ta-Hu-Wa-Hu-Wai 1971年
 [ Johnny Noble ]
 /伊藤素道とリリオ・リズム・エアーズ
 ※「Hawaiian War Chant」。
 原曲は1860年代に レレイオホク王子が作曲した「Kaua i ka Huahua'i」


09) 珊瑚礁の彼方に
 Beyond The Reef 1971年
 [ Jack Pitman ]
 /伊藤素道とリリオ・リズム・エアーズ
 ※1948年

【今季のかけ忘れ!】
10) トキメキ蟻地獄 2014年
 [ 作詞:ぱいぱいでか美 / 作曲:澤部渡 ]
 /ぱいぱいでか美

11) Tiny Sticks
 タイニー・スティックス 1983年
 [ ESG ]
 /ESG

【Yoshiko Recordsからドンドンいきます!】
12) Hula Rock And Roll
 フラ・ロック・アンド・ロール 1957年
 [ Bob Bertram ]
 /アンジェリン&ハワイズ・ティーン・タウナーズ
 Angeline & Hawaii's Teen Towners

13) She Was A Mau Mau
 シー・ワズ・ア・マウマウ 
 /ボブ・リッジリー Bob Ridgely
 ※The 5.6.7.8's-1992年

14) Wombat Twist
 ウォンバット・ツイスト 1962年
 [ Carter / Jedlicka ]
 /Glenn & Christy with The Adventures
 グレン・アンド・クリスティ・ウィズ・ジ・アドヴェンチャーズ

15) Mogul Monster
 モーグル・モンスター 1964年
 [ O'Reilly / Vince Hozier / Eddie Medora
  / Marty DiGiovanni / Richard Henn ]

 /レンジャーズ The Rangers (pre-Sunrays)

【湘南乃風のツケが… イントロのギターだけでも!】
16) Violent Shiver
 ヴァイオレント・シヴァー 2014年
 [ Benjamin Booker ]
 /ベンジャミン・ブッカー Benjamin Booker

CM
-PM8:00-

【解説は『Meets Regional』2014年9月号に出てます!】
17) Good Time グッド・タイム 1979年
 [ Donnie Emerson / Joe Emerson ]
 /ドニー&ジョー・エマーソン
 Donnie & Joe Emerson

18) Baby ベイビー 1979年
 [ Donnie Emerson ]
 /ドニー&ジョー・エマーソン
 Donnie & Joe Emerson

【リクエスト】
19) 初恋パンチはストレート 1981年
 [ 作詞:原悦子 / 作曲:西谷翔 ]
 /原悦子

~日活ロマンポルノのワンツー・パンチ!
20) 恋愛学校 1974年
 [ 作詞:千家和也 / 作曲:馬飼野康二 ]
 /朝比奈順子

【リクエスト】
21) からっぽの青春 1969年
 For The Love Of A Woman
 [ Joe South ]
 [ 日本語詞:片桐和子 / 編曲:青木望 ]

 /串田アキラ

【9月10日リリース予定!】
22) Love T.K.O.
 ラヴT.K.O. 2014年
 [ Cecil Womack / Gip Noble Jr. / Leon Huff / Linda Womack ]
 /有山岸 featuring 上田正樹
 ※Teddy Pendergrass-1980年R&B2位

【夜のレコードマンスリー~1974年8月号から】
23) Living In The U.S.A.
 アメリカ万才! 1974年49位
 [ Steve Miller ]
 /スティーヴ・ミラー・バンド
 Steve Miller Band

24) 愛の終りのサンバ 1974年
 [ 作詞:杉本エマ / 作曲:Benito Di Paula / 編曲:小谷充 ]
 /杉本エマ

25) Judy Teen
 ジュディーは恋人 1974年UK1位
 [ Steve Harley ]
 /コックニー・レベル Cockney Rebel

26) 男の世界 1974年
 [ 作詞:関沢新一 / 作曲:安藤実親 ]
 /沢竜二

25) Yes We Can Can
 イエス・ウィ・キャン・キャン 1973年11位/R&B12位
 [ Allen Toussaint ]
 /ポインター・シスターズ 
 The Pointer Sisters

26) The Golden Age Of Rock 'N' Roll
 ロックンロール黄金時代 1974年96位
 [ Ian Hunter ]
 /モット・ザ・フープル Mott the Hoople

27) 涙の河 1974年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲:中村泰士 / 編曲:あかのたちお ]
 /マギー・ミネンコ

28) Feel Like Makin' Love 
 愛のためいき 1974年1位/AC1位/R&B1位
 [ Gene McDaniels ]
 /ロバータ・フラック  Roberta Flack

29) 火星から来た女 1974年
 [ 英語詞:野村陽子 / 日本語詞:山川啓介 / 作曲・編曲:石間秀機 ]
 /坂本めぐみ

CM
-PM9:00-

【夜のラッキー7】
~KIRINJI『11』特集
30) 進水式 2014年
 [ 作詞・作曲:堀込高樹 / 編曲:KIRINJI ]
 /KIRINJI キリンジ

31) 雲呑ガール 2014年
 [ 作詞・作曲:堀込高樹 / 編曲:KIRINJI ]
 /KIRINJI キリンジ

32) シーサイド・シークェンス ~人喰いマーメイドとの死闘篇 2014年
 [ 作詞・作曲:堀込高樹 / 編曲:KIRINJI ]
 /KIRINJI キリンジ

【雷音レコードからの新作です!】
33) あたらしい朝(Mark2) 2014年
 [ 作詞・作曲:前野健太 / 編曲:武藤星児 ]
 /前野健太

【いただきもののレコードを感謝の気持ちとともに!】
34) Un Baile Hipnotico
 ウン・バイレ・ヒプノティーコ 2013年
 [ Dani Nel.lo / Mario Cobo / Ivan Kovacevic / Anton Jarl ]
 /マンボ・ジャンボ Los Mambo Jambo

35) Happy ハッピー 2014年
 [ Pharrell Williams ]
 /スピードミーター Speedometer 
 Pharrell Williams & Speedometer
 ※Pharrell Williams-2014年1位/AC1位/R&B1位

36) You Don't Feel At All
 ユー・ドント・フィール・アット・オール 1976年
 /サンド Sand

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!! 
次回は8月19日(火)19時プレーボールの100分ノック・ヴァージョン。
短縮なのは妖怪のせいなのね?
 

37) ゲラゲラポーのうた 2014年
 [ 作詞:motsu / 作曲・編曲:菊谷知樹 ]
 /キング・クリームソーダ 
 ※アニメ『妖怪ウォッチ』オープニングテーマ


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』シーズン4第11戦のエアプレイ・リスト。個人的に諸々データを書き添えて記録させて頂いてますが、どうしても何曲かの作者クレジットや詳細を確認することが出来なかったので(申し訳ありません)、とりあえず「わかる範囲で」ということで。これまでの全エアプレイ・リストはこちらのカテゴリーから遡ってご覧頂けます(ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

始球式の名曲「風に語りて」を振り出しに、グレアム・パーカー「海風」、更にドクター・ジョンと、怒涛の「風の歌を聴け!」攻撃で幕を開けた今回、その真相は「湘南乃風を1曲目にかけたかったけど、その勇気がなかったから」とのことでしたけど(笑)、いえいえ、この愉快な展開、この美味しい選曲こそが夜ピンらしくて良かったんじゃないでしょうか(ラストもクリムゾンで締めるのかと思いきやキング・クリームソーダですし!これって単にバンド名からの閃きだけでなく、『クリムゾン・キングの宮殿』ジャケ妖怪ウォッチで妖怪サンドイッチ、という構成意図だったんでしょうか!?頓知の魔術師、恐るべし!!)。残念ながら「睡蓮花」(7分15秒)のツケで途中までのオンエアとなってしまったベンジャミン・ブッカー「Violent Shiver」ATO RecordsのSpring Sampler 2014にも入ってましたので、続きが聴きたい方にはノイズトレードからのダウンロードをオススメします(他にもOld97'sオールド・クロウ・メディスン・ショウロドリーゴ・イ・ガブリエーラらのゴキゲンな全15曲が無料で頂戴出来ます)。

そう言えば、ボブ・リッジリー「She Was A Mau Mau」に関する情報が乏しかったので、あれこれ調べてたらこんなの見つけました。タイトルも微妙に違いますが、一応これもカヴァー?(収録アルバムが『Pot Sounds』って・苦笑)。それから、伊藤素道とリリオ・リズム・エアーズの2曲についてもなかなか情報が得られず、作者クレジットが完全ではありません(日本語詞がどなたによるものなのか、気になるところです)。

あと、36曲目の「You Don't Feel At All」ヘッド・イン・ザ・サンドとご紹介がありましたけど、こちらのページによると、どうやらそれはアルバム・タイトルで、アーティスト名はサンドのようですね(試しにShazamにも聞かせてみたところ、やはりサンドと表示されました)。でも、僕にわかったのはそこまでがやっと(^^;)。不備不足の点、ご存知の方いらっしゃったら是非教えて下さい。

| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#31

アンハーフブリッキング+2アンハーフブリッキング+2
(2010/11/24)
フェアポート・コンヴェンション


『亀渕昭信のお宝POPS』#31
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国31局)
ラジオ関西2014年8月04日(月)19:30-20:00
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Wham Bam (Shang-A-Lang)
 恋のバンシャガラン  1976年16位
 [ Rick Geils ]
 /シルヴァー Silver

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
フェアポート・コンヴェンションの3rdアルバム
『Unhalfbricking』(アナログ盤)
をプレゼント!


02) Autopsy オートプシー 1969年
 [ Sandy Denny ]
 /フェアポート・コンヴェンション
 Fairport Convention

CM
-リクエスト-
03) She Sold Me Magic
 魔法 1969年
 [ Lou Christie / Twyla Herbert ]  
 /ルー・クリスティ Lou Christie

04) Stardust
 スターダスト 1989年
 [ Hoagy Carmichael / Mitchell Parish ]
 /ドン・マクリーン Don McLean
 ※1927年

05) La Pioggia  1969年 
 [ Daniele Pace / Gianni Ernesto Argenio
  / Corrado Conti / Pace Daniele / Mario Panzeri ]

 /ジリオラ・チンクエッティ
 Gigliola Cinquetti

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller


以上、第31回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続いて、諸々データも書き添えつつこちらのカテゴリーに順次蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントフェアポート・コンヴェンションの傑作3rdアルバム『Unhalfbricking』。やはりこのアルバムのジャケとくればご年配のご夫婦サンディー・デニーのご両親だそうですね)という印象が断然強いですが、番組サイトに掲載されてるレコジャケの写真から推察するに、亀渕さんのはA&MUS盤(SP-4206)でしょうか(よく見るとジャケ左上にA&Mのロゴが入ってますね)。その辺りのところ、オンエアではまったく触れて下さいませんでしたけど、ある種の音楽ファンにとっては、このジャケだけでも少なからず興味を惹かれるものがあります(もしかして『SOUTHERN ALL STARS』ジャケの元ネタとか?エアロスミス『Pump』ジャケも?って、違うか・苦笑)。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人のスタンプラリー2014夏

スタンプラリー

2014年08月01日(金)

本日は大人のスタンプラリー。まずは扇町!
http://twitpic.com/e9a23e
posted at 11:41:58

スタンプラリー

大人のスタンプラリー、2つめは恵美須町。
ガンタンクでした!

http://twitpic.com/e9a33g
posted at 12:02:08

スタンプラリー

大人のスタンプラリー、3つめは天王寺。
アイスを補給して次行きます!

twitpic.com/e9a4nh
posted at 12:29:18

スタンプラリー

大人のスタンプラリー、4つめはなんば駅。
四つ橋線の方なので、ここちょっと見つけ難いかも。

http://twitpic.com/e9a7ik
posted at 13:20:59

スタンプラリー

大人のスタンプラリー、肥後橋で5つめ。残すはあと一つ!
http://twitpic.com/e9a8my
posted at 13:43:01

スタンプラリー スタンプラリー

お昼ご飯はフェスの地下でインディアンカレースパ。
確かにクリスタのとはひと味違うかも!

http://twitpic.com/e9a8v8
posted at 13:47:11

スタンプラリー

大人のスタンプラリー、野田阪神にてコンプリ達成!
なんばに戻ります。

http://twitpic.com/e9ad0u
posted at 15:11:52


以上、8月01日(金)の行動記録。
現在、天保山で開催中の『機動戦士ガンダム展』は夏後半の楽しみにとっておくことにしたので、ひとまずスタンプラリーに出かけてみた次第(スタンプラリー達成するとガンダム展に当日料金200円引きで入場出来ます)。

スタンプラリー スタンプラリー

スタンプラリーの各ポイントはいずれも改札の外にあるので、やはり地下鉄の一日乗車券が便利です(せっかくなので、台紙と共に手帳にもスタンプ押しときました)。ゴール賞缶バッヂ数量限定で配布終了後は別のアイテムをプレゼントとのこと。僕がガンダム展行く頃にはもう缶バッヂは無くなってるでしょうか(^^;)。

スタンプラリー

各ポイントもさることながら、なんば駅の千日前線への連絡通路の壁ガンダムがどーんと横たわっていて見応えありました!

スタンプラリー

全長約18メートルと原寸大だそう!!カメラに収めるのも大変です(苦笑)。

スタンプラリー

更に、なんば駅の四つ橋線と千日前線の連絡通路壁面には、マチルダさんやホワイトベースの乗組員たちもいました(マチルダさんやリュウさんに加え、スレッガー中尉もいるところがグッと来ますよね)。

パンケーキ パンケーキ

流石にスタンプラリーで歩き疲れたので、たまたま通りかかったカフェで足休め。
パンケーキ食べたんですけど、専門店じゃなかったので、お値段なりのお味でした・・・(ちなみにドリンクとセットで730円)。

バウンス 若大将

そして、その後はザ・コレクターズ20枚目のオリジナル・アルバム『鳴り止まないラブソング』の発売記念インストア・イベントが開催されるタワーレコード難波店へ。

ROCK FEST.ROCK FEST.
(2014/07/09)
THE King ALL STARS


タワレコのフリーマガジン『bounce』369号シーナ&ロケッツの表紙がカッコ良かったので思わず手に取ったんですが、家に帰って見てみたら、若大将若旦那THE King ALL STARS座談会(P38-39)が載ってるじゃないですか!?(ネット上でもこちらのページで読むことが出来ます)。若大将率いるTHE King ALL STARSタワレコ限定の先行シングルも買っちゃいました。

どうやら今年の夏はガンダムとザ・コレクターズ、若大将で熱く燃え上がりそうです!!!(あと、トム・ぺティさんの結成40年にして初の全米1位も泣ける!!!)

- 多分、まだまだいろんな形でつづく・・・-

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#30

Come & Get It: Best of AppleCome & Get It: Best of Apple
(2010/10/25)
Various Artists


『亀渕昭信のお宝POPS』#30
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国31局)
ラジオ関西2014年7月28日(月)19:30-20:00
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) All Alone Am I
 淋しくって 1963年
 [ Arthur Altman / Ioann Idis
  / Joann Ioannidis / Manos Hadjidakis ]

 /パーシー・フェイス・オーケストラ
 Percy Faith & His Orchestra
 ※Brenda Lee-1962年3位/AC1位

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
アップル・レーベルのCD化を記念してリリース
された4曲入りUK限定サンプラー『The Apple E.P.』をプレゼント!
(Apple Records ‎– CD APPS 1/1991年)


02) Those Were The Days
 悲しき天使 1968年2位/AC1位(UK1位)
 [ Gene Raskin ]
 /メリー・ホプキン Mary Hopkin

CM
-リクエスト-
03) You're Only Lonely
 ユア・オンリー・ロンリー 1979年7位/AC1位/C&W60位
 [ J.D. Souther ]
 /J.D.サウザー 
 J.D. Souther
 John David Souther

【にっぽん全国レコード店めぐり】
#14:FLAMINGO RECORDS(福井市)

 http://www.flamingorecords.net/

04) I'll Be Home 
 アイル・ビー・ホーム 1956年R&B5位
 [ Ferdinand Washington / Stan Lewis ]
 /フラミンゴス The Flamingos

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller


以上、第30回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続いて、諸々データも書き添えつつこちらのカテゴリーに順次蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントアップル・レーベルの4曲入りサンプラーCDということで、その中からメリー・ホプキン「悲しき天使」をかけて下さいましたが。この番組の魅力の一つはイントロにおしゃべりが被らず、出来る限り楽曲を最後までフルオンエアして下さるところで、第9回放送ではマンフレッド・マンズ・アース・バンドの7分近い「バビロンの道」を丸々全部、第20回放送ではヴァン・モリソン9分以上ある名曲「マダム・ジョージ」だって大方流して下さってたのに、「悲しき天使」(5分08秒)は1分以上残して途中でフェイドアウト、というのはやはりちょっぴり残念。それだったら、バッドフィンガー「Come And Get It(マジック・クリスチャンのテーマ」(2分21秒)をかけて欲しかったです(^^;)。最新リマスターによるアップル・レーベルのベストCDでは、この曲がアルバム・タイトルにもなってるくらいですし。そう言えばお宝POPSではまだバッドフィンガーかけて下さってないですよね?

亀渕さん、今度バッドフィンガーも是非お願いします!!!

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイ・リトル・ウクレレ団扇

ウクレレ団扇 とうもろこし

2014年07月27日(日)

昨日は熊谷よりも、
というか日本で一番暑かった東近江(※38.8度)
うちの室温もまさかの38度!?
流石にウクレレ団扇では焼け石に水でした(苦笑)。

https://pic.twitter.com/Xn7oQfVVhg
posted at 15:09:38

と、これは先月末のツイート。
幸い、その後ここまでの猛暑はなくてホッとしてるんですけど、
それでもやっぱり暑いですよねぇ(^^;)。
ブログで育ててるグリムスの木も今月にすっかり夏模様です。

暑中お見舞い申し上げます。

gremzgremzgremz

地球温暖化の影響なのか、このところ大型の台風や局地的豪雨なども頻発したりで心配ですが、熱中症節電にも充分気をつけつつ、皆様もどうぞ楽しい夏をお過ごし下さい。

Rolling Coconuts プレゼンツ ベストヒットUKERolling Coconuts プレゼンツ
ベストヒットUKE

(2007/08/08)
野村義男ほか



そう言えばグッバイ君人形のこと、ブログにはまだ書いてなかったですね。
うわ~、また超重鎮読者さまから厳しいツッコミを頂戴しそうです(スミマセン・苦笑)。
詳しくはそのうち機会をあらためまして。

ちなみにこのウクレレ団扇は島村楽器さんで売ってます(他にもエレキギター団扇アコギ団扇ヴァイオリン団扇なども・笑)。

 http://news.mynavi.jp/news/2014/05/20/332/


| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |