Sweetheart Of The Radio

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#63

Between Nothingness & EternityBetween Nothingness & Eternity
(2014/10/07)
Mahavishnu Orchestra


『亀渕昭信のお宝POPS』#63
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西 2015年03月12日(木)25:30-26:00
KBS京都ラジオ 2015年03月15日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Runaway 
 悲しき街角 1961年1位/R&B3位 
 [ Max Crook / Del Shannon ]
 /デル・シャノン Del Shannon

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重 なコレクションから
マハビシュヌ・オーケストラのライヴ・アルバム
『Between Nothingness & Eternity(虚無からの飛翔)』
のLPレコードをプレゼント!


02) Sister Andrea
 シスター・アンドレア (Live) 1973年
 [ Jan Hammer ]
 /マハヴィシュヌ・オーケストラ
 The Mahavishnu Orchestra

CM
-リクエスト-
03) One Night Stand
 孤独の夜明け 1971年74位
 [ Albert Hammond ]
 /マジック・ランタン The Magic Lanterns

04) I Write The Songs
 歌の贈りもの 1975年1位/AC1位
 [ Bruce Johnston ]
 /バリー・マニロウ Barry Manilow

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第63回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回の【お裾分けプレゼント】マハヴィシュヌ・オーケストラ『虚無からの飛翔』。まさか30分番組で(それもリクエストとかでなく)8分40秒以上あるインストのライヴ・ヴァージョンをほぼフルコーラスかけちゃうなんて、亀渕さんの心意気たるや恐るべし!『虚無からの飛翔』は現在、CDでは5枚組廉価箱『Original Album Classics』や、同じく5枚組決定盤『Complete Columbia Albums Collection』など、いろんな形で触れることが出来ますが(つい先日、アナログ盤も復刻されたみたいですね)、「シスター・アンドレア」をラジオでこれだけがっつりと聴いたのは初めてかもしれません(^^)。

ところで、この季節気になるラジオの改編動向ですが、どうやらラジオ関西では今週(4月04日)より放送時間が土曜日の18時からに変わるようですね(KBS京都ラジオは引き続き日曜23時)。その他、この春は放送時間の拡大(今迄15分だった地域)や移動など結構あるみたいですから(南海放送は10分早まって木曜23時20分からの放送になるとのこと)、うっかり聞き逃すことのないよう、念の為、各自で地元放送局のHP新年度のタイムテーブル週間番組表等々をどうぞお確かめ下さい。

スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中之島オムライスのブルース

中之島

2015年03月22日(日)

3月とは思えないくらい暖かい日曜日、ザ・コレクターズの心斎橋公演"LIVING FOUR KICKS 2015”を観に行くべく、MODS気分で大阪へ(祝・SOLD OUT!)。その前にまず降り立ったのは国の重要文化財にも指定されてる中之島大阪市中央公会堂(ここも東洋ゴム製の免震ゴムが使われたとは・・・)。

オムライス

勿論、お目当ては朝ドラ『ちりとてちん』にも登場した中之島倶楽部の看板メニュー、ランチタイム限定200食のオムライス(スープ付きで780円。プラス100円でサラダも付きます)。残念ながら中之島倶楽部は3月29日で閉店、オムライスは系列店でも食べられるそうですが、最後にレトロ建築ならではの素敵な空間の中で食事出来て良かったです。この日も開店直後からお客さんが続々と押し寄せ、やはり皆さんオムライスを注文されてました。

大阪市中央公会堂のレストラン、どうやら6月からはこちらの会社が新たに出店されるようですね。入札で決まったことらしいですけど、それにしても・・・。

ハルカス 顔ハメ

中之島でランチと少しばかり散策を楽しんだ後は、地下鉄で天王寺
あべのハルカスでかっ!?)。
生憎、お目当ての顔ハメ看板は期間限定らしく既になかったものの、思いがけず心斎橋移動後にアメリカ村で一つ発見(これにて今年5顔ハメ!)。

アンディ・ウォーホル アンディ・ウォーホル アンディ・ウォーホル

で、これは天王寺のコンビニで運試しに購入した味覚糖のど飴のアンディ・ウォーホル缶全30種類だけあって、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのレコジャケで有名なバナナにはなかなか巡り合えません(^^;)。ちなみに空き缶はギターピック入れクリップ入れとしてリサイクル(おにぎり型のギターピックは勿論、大きめの三角ピックも丁度いい具合に入ります!)。

ホットケーキ コレクターズ

心斎橋界隈のカフェ、日曜日はどこも満杯。
ようやくホットケーキにありつけました。

posted at 14:52

ティータイムでしっかり足を休めたところで、時間に余裕を持ってライヴ会場へと向かい、物販先行販売の列に並んだのですが、無情にも古市コータロー印のカレー皿はあっという間に売り切れ。それにしても、世の中広しといえども、ライヴ会場でこだわりのカレー皿を販売するロックバンドって、そうはいないですよね(しかも即完売という・笑)。



そんな我らがザ・コレクターズ最高にイカしたライヴ・パフォーマンスについては、次回本編に続くということで。それまで昨年の"DA! DA!! DA!!!"ツアー・ファイナルDVDのダイジェスト映像でも観て待て!(と、『ガンダム Gのレコンギスタ』の予告ふうに予告・笑)。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グロウキューブがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!

グロウキューブ

ラジオ関西『サイケトリップストリート』第1295回放送(2015年2月25日)におけるリスナー・プレゼントに初めて応募してみたところ、思いがけず当選の栄誉に与り、ポール・マッカートニーのグロウキューブを頂戴しました!?間違いなくレアな非売品のプロモ・アイテムですし、流石にもう入手出来るチャンスはないかもしれないと諦めかけてただけに尚更感謝感激(*>□<*)。同封して下さった番組ステッカーも嬉しいです!石井さん、有難うございました!!

グロウキューブ

ちなみにこのグロウキューブには交換可能なボタン電池が3個内臓、
こんな感じで点灯します。

グロウキューブ

しかもボタンを押す度に色が変わる仕掛けになってるではありませんか!

グロウキューブ

これならペンライトの代わりにコンサート会場へ持って行けるかしら、なんて(笑)。
それは冗談としても、昨年のリベンジとなる来日公演、上手い具合に我が家の田植えスケジュールと重ならかったので、勿論観に行く予定です!今年こそは、どうか無事にその日その時を迎えられますようにと、ポールの健康世界の平和を祈らずにはいられません。そう言えば『NEW』のジャパン・ツアー・エディション、ちょっぴりプライスダウンして再発されるようですね。本秀康画伯の表紙による『レコード・コレクターズ』増刊ポール本の発売も楽しみ!

グロウキューブ

そして『サイケトリップストリート』は来週の放送で祝1300回!!!
それなのに4月からは放送時間が土曜の深夜3時30分に変わってしまうとのことですが、マニアックなサイケデリック・ロックに加え、パブ・ロックパワーポップなども意欲的に紹介して頂ける貴重な老舗の洋楽ロック番組なので、とりあえず終了じゃなくて良かったです・・・。更に夜の深い時間であろうと、何曜日であれ、ロックで培った反骨精神でしっかり追いかけて、喜んで拝聴させて頂く所存ですので、どうぞ末永く続けて下さい!!これからもゴキゲンな放送、期待してます&応援してます!!!

 http://jocr.jp/blog/psyche.php

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』#05

Get DancinGet Dancin
(1993/08/05)
Disco Tex & His Sex-O-Lettes


NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』
2015年02月23日(月)23:00-24:00
第5回「ディスコ・ミュージック」
DJ:萩原健太×近田春夫

http://www4.nhk.or.jp/ganryujima/

OPテーマ
~BGM-01) T.S.O.P. (The Sound of Philadelphia)
 ソウル・トレインのテーマ 1974年1位/AC1位/R&B1位
 [ Kenny Gamble / Leon Huff ]
 /MFSB (Mother Father Sister Brother)

【ロックシンガーがディスコ・ビートを取り入れた代表例】
~ロックとディスコの融合=ピザまん的な発想?
01) Do Ya Think I'm Sexy ?
 アイム・セクシー 1979年1位/R&B5位/Dance1位(UK1位)
 [ Carmine Appice / Rod Stewart ]
 /ロッド・スチュワート Rod Stewart

-ジングル-
BGM-02) Freddie's Dead
 フレディの死 1973年
 [ Curtis Mayfield ]
 /MFSB (Mother Father Sister Brother) 
 Al.『MFSB』
 ※Curtis Mayfield-1972年


【桑名正博「セクシャル・バイオレットNo.1」の元ネタ?】
02) I Was Made For Lovin' You
 ラヴィン・ユー・ベイビー 1979年11位/Dancs37位
 [ Paul Stanley / Desmond Child / Vini Poncia ]  
 /キッス Kiss

~打ち込みディスコビートが蔓延、80年代のユーロビートに直結
BGM-03) You Spin Me Round (Like A Record)
 ユー・スピン・ミー・ラウンド 1984年11位(UK1位) 
 [ Mike Percy / Wayne Hussey / Peter Burns / Steve Coy / Tim Lever ]
 /デッド・オア・アライヴ
 Dead or Alive 
 ※Hot Dance Music/Maxi-Singles Sales-4位

【ディスコっぽい感じのグルーヴを取り入れつつも、
ソウルの影響色濃いうねったビートがカッコイイ!】

03) Lowdown
 ロウダウン 1976年3位/R&B5位/Disco5位
 [ Boz Scaggs / David Paich ]
 /ボズ・スキャッグス Boz Scaggs
 Al.『Silk Degrees』

~それが次作では平板なビートに・・・。
04) Hard Times
 ハード・タイムス 1977年58位
 [ Boz Scaggs ] 
 /ボズ・スキャッグス Boz Scaggs
 Al.『Down Two Then Left』

BGM-04) Long Train Runnin'
 ロング・トレイン・ランニン 1973年8位
 [ Tom Johnston ]
 /ドゥービー・ブラザーズ The Doobie Brothers
 Al.『The Captain And Me』   

【「ベンチャーズの演奏にはグルーヴがあった」という近田さんが
同じようにダンス・ミュージックのグルーヴを感じるロックチューン】 

05) Proud Mary
 プラウド・メアリー 1969年2位
 [ John Fogerty ]
 /クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
 Creedence Clearwater Revival 
 C.C.R.

BGM-05) Proud Mary
 プラウド・メアリー 1971年4位/R&B5位
 [ John Fogerty ]
 /アイク&ティナ・ターナー Ike & Tina Turner

【健太さんが思う「JBが作り上げたビートの最高峰」】
~シングル・ヴァージョンで

06) Cold Sweat, Pt. 1
 コールド・スウェット(パート1) 1967年7位/R&B1位
 [ James Brown / Alfred "Pee Wee" Ellis ]
 /ジェームス・ブラウン James Brown

-ジングル-
BGM-06) What Is Hip ?
 ホワット・イズ・ヒップ 1974年91位/R&B39位
 [ Emilio Castillo / David Garibaldi / Stephen Kupka ]
 /タワー・オブ・パワー Tower Of Power
 Al.『Tower of Power』-1973年

【近田さんが思う「JBの音楽に対する目的が一番見える曲」】
~繋ぎの魅力。

07) Hot Pants, Pts. 1 & 2
 ホット・パンツ 1971年15位/R&B1位
 [ Fred Wesley / James Brown ]
 /ジェームス・ブラウン James Brown

~70年代、レコーディングの現場が大きく変化。

BGM-07) Slip Inside This House
 スリップ・インサイド・ディス・ハウス 1991年
 扉を開けて
 [ Roky Erickson / Tommy Hall ]
 /プライマル・スクリーム Primal Scream
 Al.『Screamadelica』
 ※The 13th Floor Elevators-1967年


【60年代のダンス・ミュージック】
~ベース&ドラムを強調した、若者をダンスさせる為の音楽

08) Tallahassee Lassie
 タラハッシー・ラッシー 1959年6位/R&B13位
 [ Bob Crewe / Frank Slay / Mimi Picariello ]
 /フレディ・キャノン Freddy Cannon

~「タラハッシー・ラッシー」はジョン・レノンにも影響大。
BGM-08) One After 909
 ワン・アフター・909  (1970年)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles
 ※『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』収録の初期ヴァージョン

~60年代のダンス音楽とえば、やはりツイスト!
(4つ打ちダンス・ミュージックのスタートライン)

09) The Twist
 ザ・ツイスト 1960年1位/R&B2位
 [ Hank Ballard ]
 /チャビー・チェッカー Chubby Checker
 ※Hank Ballard & The Midnighters-1959年(1960年28位)

【莫迦なディスコもの、企画ものディスコも侮れない!】

BGM-09) Stayin’ Alive
 ステイン・アライヴ 1978年1位/AC28位/R&B4位
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビージーズ Bee Gees

~ボブ・クルーによるでっち上げグループ。
バブルガム的な覆面性、匿名性の面白さ。
実体性がなくてもフロアが盛り上がればいい。

10) Get Dancin'
 ゲット・ダンシン 1975年10位/R&B32位/Disco1位
 [ Bob Crewe / Kenny Nolan ]
 /ディスコ・テックス
  &ザ・セックス・オ・レッツ 
 Disco Tex & The Sex-O-Lettes  

BGM-10) SEXY
 セクシー 1975年42位/R&B2位/Disco1位
 [ Kenny Gamble / Leon Huff ]
 /MFSB (Mother Father Sister Brother)

【近田さんが一番好きな「ロック的なディスコ・ミュージック」!】 
11) Instant Replay
 インスタント・リプレイ 1978年R&B44位/1979年29位
 [ Dan Hartman ]
 /ダン・ハートマン Dan Hartman

-ジングル-
BGM-11) It’s Your Life To Live
 イッツ・ユア・ライフ・トゥ・リヴ 1979年
 [ Edgar Winter ]
 /エドガー・ウィンター  Edgar Winter
 Al.『Edgar Winter Album』

【最後に締めはこの曲で】
ED・12) Miss You
 ミス・ユー 1978年1位/R&B33位/Dance6位(UK3位)
 [ Keith Richards / Mick Jagger ]
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones


以上、NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』第5回戦のエアプレイ・リスト(作者クレジット邦題チャート&年代等に加え、番組の流れ的なものもざっとメモ程度に書き添えつつ、個人的に作成&アーカイブ)。番組の冒頭で、健太さんが「ラス前」とおっしゃってましたけど、やはり『ロック巌流島』全6戦で次回3月23日(月)放送最終回(テーマは「ロックの反骨精神」だとか)、4月から毎月最終月曜23時鈴木雅之さんによる新番組『Masayuki Suzuki Radio Show GOOD VIBRATION』がスタートするみたいですね。願わくば、これがラストではなく、「1stシーズンの最終戦」だと思いたいところですが、もしかしたら来月以降、早々に番組HPが消滅してしまう可能性もなくはないので、こうしてエアプレイ・リストを書き留めたこともそれなりに意味はありそうです(当ブログと共にデータベースこちらのページにもまとめて収蔵。曲目の検索などもご利用頂けます)。

更に淋しいことに、JFN系『Big Special』今年度で終了とのこと。従って、健太さんによる恒例リクエスト大会次回3月25日(水)深夜放送が最後ということに・・・。どうやら新年度からは民放AMラジオ(JRN系列『萩原健太のMusic SMiLE』なる月-金の新番組もスタートするようですけど(『サウンド・キャッチ』の再来?)、他に健太さんのDJが聴ける番組はないのでしょうか?悲しいかな、このぶんだと春からラジオを聴く楽しみがまた少なくなってしまいそうです。

| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#62

Marvin, Welch & Farrar/Second OpinionMarvin, Welch & Farrar
/Second Opinion

(2006/03/06)
Welch & Farrar Marvin


『亀渕昭信のお宝POPS』#62
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2015年03月05日(木)25:30-26:00
KBS京都 2015年03月08日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Sweet Caroline
 ( Good Times Never Seemed So Good )
 スウィート・キャロライン 1969年4位/AC3位
 [ Neil Diamond ] 
 /ニール・ダイアモンド Neil Diamond

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重 なコレクションから
マーヴィン、ウェルチ&ファーラーのLPレコード
『Marvin, Welch & Farrar』(1970年)をプレゼント!


02) Faithful  二人の誓い  1970年
 [ John Farrar / Hank Marvin / Bruce Welch ]
 /マーヴィン、ウェルチ&ファーラー
 Marvin, Welch & Farrar

CM
-リクエスト-
03) Highway Star
 ハイウェイ・スター 1972年
 [ Ian Gillan / Ian Paice / Jon Lord
 / Ritchie Blackmore / Roger Glover ]

 /ディープ・パープル Deep Purple

【にっぽん全国レコード店めぐり】
#29:「BLUE BEAT RECORD STORE」(沖縄県中頭郡北谷町)


04) One Blood ワン・ブラッド 1990年
 [ Delroy Reid ]
 /ジュニア・リード Junior Reid
 ※It's Okay (One Blood)
 /The Game featuring Junior Reid-2006年71位/R&B33位


ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第62回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

マーヴィン、ウェルチ&ファーラーのアルバムは、2006年に英BGOからリリースされた『Second Opinion』との2枚組リマスターCDが今も流通してて、これにはシングル音源や3作目『Marvin & Farrar』(1973年)からの4曲も追加収録されるので見逃せないですけど、ただやはりヒプノシスが手掛けた水墨画のような美しいジャケはアナログであろうとなかろうと単体で味わいたいところ。もし今、権利関係がワーナーにあるようでしたら、「新・名盤探検隊」シリーズ辺りで日本盤CD出して頂けないものでしょうか?(宮治さん、是非宜しくお願い致します!)。

それはそうと、「Sweet Caroline」のキャロラインって、ジョン・F・ケネディの長女、つまり現在のケネディ駐日大使のことだったんですか!?恥ずかしながら後追いなもので、今迄全然そうとは知らずに聴いてました(^^;)。勉強になります。


PS.#61拍手コメント残して下さった方、有難うございました!

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・『時代が求めた!1970デザイン展』

人間洗濯機

2014年11月21日(金)

遅ればせながら『時代が求めた!1970デザイン展』備忘録の続きです。
これは目玉展示の一つだったサンヨー人間洗濯機「ウルトラソニックバス」

人間洗濯機 人間洗濯機 人間洗濯機

残念ながらSANYO MUSEUMが昨年末で閉館となった為、今後は大東市の三洋電機の建物内で所蔵されることになったみたいですが、一般には公開されないのでしょうかね?一度でいいから「ウルトラソニックバス」の中に入ってみたかったです。

顔ハメ 顔ハメ

そう言えば会場の奥には大阪万博コンパニオンの顔ハメ看板が置いてあったんですけど、これって『時代が求めた!1970デザイン展』開催中の期間限定設置だったんでしょうか?隣にあった太陽の塔のパネルは岡本太郎イズムなのか(?)顔を出すところが魚眼レンズのようになっていて、ヘンテコな写真しか撮れません(笑)。

1970デザイン展

それからこちらのお部屋、「未来生活1970」っていうコンセプト展示だったようなんですが、今の感覚からしても洒落てますよねぇ!

1970デザイン展 1970デザイン展

例えばこれなんか、バニラビーンズの衣装でそのままいけそうじゃありません?
レナちゃんで、リサちゃんでどうでしょう(スミマセン、勝手な妄想なので気にしないで下さい・苦笑)。

1970デザイン展

サイコロ型のレコードプレーヤーも素敵だこと!

1970デザイン展 1970デザイン展 1970デザイン展

他にも、円盤型のオーディオプレーヤーKentのポラロイドカメラVANのグッズ等々、Oldies But Goodiesなレアものを沢山見ることが出来て嬉しかったです(素晴らしい企画展示、有難うございました)。

有頂天ガール [CD+DVD](初回限定盤)有頂天ガール
[CD+DVD](初回限定盤)

(2014/11/11)
バニラビーンズ


ところでバニラビーンズといえば、丁度『時代が求めた!1970デザイン展』を観に行った頃にリリースされたシングル「有頂天ガール」井上大輔さんが1980年代当時にwink用に書き下ろした未発表楽曲ということもさることながら、チアガールの衣装ニック・ロウ夫人だった頃のカーレン・カーターばりに魅力的でとっても好きだったんですけど、2月に最新アルバム『バニラビーンズ IV』が出てアルバムの衣装に変わっちゃったのでちょっぴり残念(^^;)。



それはともかく、小西康陽さんプロデュースによるピチカート・ファイブのカヴァー集『アイドルばかりピチカート -小西康陽×T-Palette Records-』には勿論バニビも参加とのことで、思いっきり期待を膨らませちゃってます(^^)。


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#61

シャドウズ・イン・ザ・ナイトシャドウズ・イン・ザ・ナイト
(2015/02/04)
ボブ・ディラン


『亀渕昭信のお宝POPS』#61
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2015年02月26日(木)25:30-26:00
KBS京都 2015年03月01日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Hello, Dolly!
 ハロー・ドーリー! 1964年1位/AC1位
 [ Jerry Herman ]
 /ルイ・アームストロング Louis Armstrong 

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重 なコレクションから
スティーブ・ミラー・バンドのLPレコード
『Living In The U.S.A.』
(Originally released as "Sailor" 1968)
をプレゼント!(1973年)


02) Living In The U.S.A.
 リヴィング・イン・ザU.S.A 1968年94位(1972年49位)
 [ Steve Miller ]
 /スティーブ・ミラー・バンド
 Steve Miller Band

CM
-リクエスト-
03) Darling Be Home Soon  
 ダーリン・ビー・ホーム・スーン 1967年15位
 [ Steeve Boone / John Sebastian ]  
 /ラヴィン・スプーンフル
 The Lovin' Spoonful

【亀渕さんセレクト】
~ディランの新作『Shadows in the Night』から

04) Some Enchanted Evening
 魅惑の宵 2015年
 [ Oscar Hammerstein II / Richard Rodgers ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 ※ブロードウェイミュージカル『South Pacific(南太平洋)』-1949年
 ※Frank Sinatra-1949年、1963年、1967年


-リクエスト-
05) Popcorn
 ポップコーン 1972年9位/AC4位
 [ Gershon Kingsley ] 
 /ホットバター Hot Butter

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第61回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回の放送では、かつて女性浪曲漫才トリオ=フラワーショウが演奏してた「ハロー・ドーリー!」や、吉本新喜劇の劇場中継テーマソングとしてブラウン管からよく流れてたホットバター「ポップコーン」が聴けて、関西人のはしくれとしてはまた違った意味で懐かしく感慨深いものがあったんですが、そんな関西のリスナーにとっては見過ごす訳にはいかないラジオ関西「2015年春の改編情報」が先頃発表となりました。それによると、ウィークデーの深夜25時~27時台4月からTBSラジオ『JUNK』をネットするようですけど、となればラジオ関西では『亀渕昭信のお宝POPS』はまた放送時間が変わる、ということなんでしょうか?(火曜26時の貴重な老舗洋楽ロック番組『サイケトリップストリート』もどのように処遇されるのか気になります)。そして何よりラジオ関西で毎年楽しみにしてた安田謙一さんDJによる『夜のピンチヒッター』今シーズンは放送されないというのが本当に残念でなりません・・・。『亀渕昭信のお宝POPS』はどうか末永く続きますように!


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の収穫2015

ダンス天国 

当初の目論見通り、2015年の初7インチ松尾清憲さんの「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」となったので、それまで我慢してたドーナツ盤漁りもようやく解禁(笑)。そんな矢先に出くわしたウォーカー・ブラザーズ「ダンス天国」54円だったのにはビックリ!?(これはCDコンパクト盤でしか持ってませんでした)。

フィリップス

当時は日本ビクターフィリップス・レコードからのリリースだったんですね
(定価370円との記載)。内袋にも時代を感じます。

ニューシーカーズ

更にニュー・シーカーズで大ヒットした「We'd Like To Teach The World To Sing(愛するハーモニー)」54円均一コーナーに紛れてたのでウハウハ!ロジャー・クック&ロジャー・グリーナウェイらの作によるこの曲、元々スーザン・シャリーなる女性シンガーが「True Love And Apple Pie」というタイトルで発表してた、ということは随分後になってから知りました。これまたフィリップスながら発売元は日本フォノグラム(定価400円時代)、ジャケ裏の解説は無記名だったんですけど、どなたによるものなんでしょう?

ベンチャーズ

もういっちょ54円箱からはまだモズライトじゃないベンチャーズコンパクト盤も。折りしもコータロー&ザ・ビザールメン神戸公演の余韻で益々エレキ気分なだけに嬉しい収穫。ジャケの状態がイマイチで赤いお皿じゃなくても、この値段で盤質も上々だったので文句はありません(^^)。

野村宏伸

一方、中古LP200円均一箱からは野村宏伸『ボビーズ・パーティー』(1985年)を帯付きで!勿論お目当ては田口俊&杉真理秋元康&松尾清憲松本隆&南佳孝らの豪華作家陣。 他にも安部恭弘さんや佐藤隆さん、パーティー・ヒギンズ作品も!!

Slow Down

あと、ブックオフ中古マキシCD108円コーナーでは思いがけずL⇔Rファンクラブ限定CDを発見(調べてみたら、活動休止を受けて、最後の会報として送られたものとか)。「Slow Down」のカヴァーが入ってました(現在、iTunesでは『Doubt』ボーナストラックという形で配信されてるようですね)。

バカみたい

最後に中古ばかりじゃ何なので(^^;)、おニューのCDについても少し。バカみたい『八月の雨』(2014)、残念なことにアマゾンで取り扱いがないこともあってずっと買いそびれてたんですが、タワレコなら注文出来るということに気付き、遅ればせながらバースデークーポン利用ついでに購入させて頂きました。バンド名の由来は1966年のビートルズ来日公演で前座を務めたドリフターズ加トちゃん「バカみたい」とつぶやいたところから、とのことですけど、そんなネーミングセンスに加え、本秀康画伯による見開き涅槃ジャケ東芝EMI風の帯(!)、そしてこのギターサウンドと、すんごいツボですっかり魅了されてます。機会があればライヴも観てみたいです。




| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#60

ザ・ロウ・スパーク・オブ・ザ・ハイヒールド・ボーイズ+1ザ・ロウ・スパーク・オブ
・ザ・ハイヒールド・ボーイズ+1

(2003/07/23)
トラフィック


『亀渕昭信のお宝POPS』#60
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2015年02月19日(木)25:30-26:00
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Baby Talks Dirty
 ベイビー・トークス・ダーティー 1980年38位
 [ Doug Fieger / Berton Averre ]
 /ザ・ナック The Knack

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重 なコレクションから
トラフィックの英アイランド盤LP
『Low Spark of High Heeled Boys』
をプレゼント!


02) Rock 'n' Roll Stew
 ロックン・ロール・シチュー 1971年
 [ Jim Gordon / Rick Grech ]
 /トラフィック Traffic
 ※Rock & Roll Stew (Part 1)-1972年93位
 
CM
-リクエスト-
03) I Will Always Love You
 オールウェイズ・ラヴ・ユー 1974年(1982年53位/C&W1位/AC17位)
 [ Dolly Parton ]
 /ドリー・パートン Dolly Parton

【にっぽん全国レコード店めぐり】
#28:「ROOTS RECORDS」(香川県高松市)


04) Little Wing
 リトル・ウィング 1967年
 [ Jimi Hendrix ]
 /ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第60回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

【にっぽん全国レコード店めぐり】のコーナーがある時は、いつも『レコードマップ』を参照しながら拝聴させて頂いてんですが、「ルーツ・レコード」さんもやはり掲載されてますね。四国は高校の修学旅行で行ったきりで、松山城高知城はその折りに訪れることが出来たものの、残念ながら丸亀城はコースに入ってなかったので、機会があればお城巡りがてら四国のレコ屋さん巡りもしてみたいものです。勿論、ついでに讃岐うどん屋さん巡りも(^^)。

それにしても亀渕さん、お裾分けプレゼントに英アイランド盤のトラフィック『ザ・ロウ・スパーク・オブ・ザ・ハイヒールド・ボーイズ』を放出して下さるとは、何とまぁ太っ腹だこと!あとで後悔しても多分返して貰えませんよ(笑)。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#59

キング・オブ・ソウルキング・オブ・ソウル
(2014/04/09)
オーティス・レディング


『亀渕昭信のお宝POPS』#59
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2015年02月12日(木)25:30-26:00
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) J'ai Peur
 愛のおそれ 1966年
 [ Enrico Macias / Jacques Dermany ]
 /ポール・モーリア 
 Le Grand Orchestre de Paul Mauriat

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重 なコレクションから
レターメンの米盤LP『And I Love Her』(1971年)を
プレゼント!


02) Mr. Tambourine Man
 ミスター・タンブリン・マン 1971年
 [ Bob Dylan ] 
 /レターメン The Lettermen
 ※Bob Dylan-1965年
 ※The Byrds-1965年1位


CM
-リクエスト-
02) Jenny,Jenny
 ジェニ・ジェニ 1957年10位/R&B2位
 [ Enotris Johnson / Richard Penniman ]
 /リトル・リチャード Little Richard
 ※鈴木やすし-1962年

03) You Don't Have to Be A Baby To Cry 1963年3位/AC2位(UK6位) 
 ユー・ドント・ハヴ・トゥー・ビー・ア・ベイビー・トゥ・クライ
 [ Bob Merrill / Terry Shand ]
 /カラベルズ The Caravelles
 カラヴェルズ
 ※Moon Mullican, Ernest Tubb and Jimmy Dorsey-1950年

【亀渕さんセレクト】
04) (I Can't Get No) Satisfaction
 サティスファクション 1966年31位/R&B4位
 [ Keith Richards / Mick Jagger ]
 /オーティス・レディング Otis Redding
 ※The Rolling Stones-1965年1位(UK1位)

-リクエスト-
05) Poor Side Of Town
 僕等の街 1966年1位
 [ Johnny Rivers / Lou Adler ]
 /ジョニー・リヴァース Johnny Rivers 
 
ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第59回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

エアプレイ・リスト作り、もうちょっとで追いつけそうなのになかなか追いつけなくて自分でももどかしいんですが、そう言えば本日3月1日亀渕さんのお誕生日ですよね!おめでとうございます!!ちなみにグレン・ミラーさんも3月1日がお誕生日のようですけど、もしかして番組のテーマ曲が「イン・ザ・ムード」なのもその辺りに理由があったりするのでしょうか?

どうやら亀渕さんは放送開始90年を記念したNHK『90時間ラジオ』特集オーディオドラマ『ニッポン・ローリング・デイズ~浅草レビュー青春物語~』(3月19日・3月20日)にもご出演されるみたいですが(4月にもFMでロング・ヴァージョンが放送予定とか)、何にしても、益々のご活躍とご健康をお祈りしております(^^)。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |