Sweetheart Of The Radio

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「41年目の再会」と「14本目の大人の樹」

41年目の再会

「続・田植え2015」の続きのような、そうでもないような。

『エリック・カズ:41年目の再会』、久しぶりにプー横丁さんで買わせて頂こうかと思ったものの、結局アマゾンで少しお安くなってた時に予約注文。昨日届きました。デジパックがいい感じ。1曲だけクレイグ・フラーとの共作もありますね。お陰で今週の『Music SMiLE』におけるエリック・カズ特集のエアプレイリストも作者クレジットしっかり確認してこちらのぺージに記録。その他にもデータベース日々少しずつ更新を重ねてます。

どうやらエリック・カズのYou Tube公式チャンネルは近年あまり動きがないみたいですね(「サンクチュアリー」をデュエットしてるメアリー・モラレスYou Tube公式チャンネルも見つけたんですが、似たような状況でした)。

gremz

一方、ブログで育ててるグリムス(gremz)の木「サボテンの花」更新直後に14本目大人の樹に成長!

gremzgremzgremz

丁度、梅雨仕様からキャンドルナイト仕様、それも最終日は背景にでっかい地球が登場して、という何とも素敵なタイミング(^^)。この14本目はどちらに植樹して頂けることやら、楽しみです。


スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「And I Love Him」

カレー 味覚糖

2015年04月21日(火)

茶屋町でカレー食べてドームに向かいます!
http://p.twipple.jp/19wfc
posted at 12:55:32

と、これは『みんなで太陽の塔展』に続くあの日の行動記録。茶屋町方面に来た時はここでカレー食べるのがすっかりマイ・ルール。少々迷った末、今回はエビフライカレーを注文。日本を代表する男子のフィギュアスケート選手達も行きつけのお店ということで、テーブルの横に置いてあったフィギュアスケートの専門誌(?)でも紹介されてました。

そしてこの日、『めざましテレビ』の占いで山羊座が1位だったので、コンビニにて味覚糖のアンディ・ウォーホル缶で運試し。モナリザでした。バナナなかなか出ません(^^;)。

Out There 2015

グッズ販売やはり長蛇の列です。
posted at 13:45:54

Out There 2015

結局1時間ちょい並んで無事グッズ購入。
posted at 16:03:02

Out There 2015 Out There 2015

パンフレット、同じ『OUT THERE』ツアーとはいえ、写真をふんだんに交えた2013年の日本ツアー日記が掲載、最新シングル「Hope For The Future」カニエ・ウェストとのコラボ曲のページなどもあったりと、表紙の色だけじゃなくて中身も結構変わってましたね。

Out There 2015

で、グッズ購入の後はトレーラーポスターとバンザイポーズで記念撮影タイム。

Out There 2015

一昨年はミニ三脚を駆使したりもしたんですが、今回はお花見前に買ったセルカ棒が威力を発揮してくれました(但し、会場内では使用禁止)。

京セラドーム大阪

初日だからか、開場30分遅れてます。
開演も遅れるかも。

posted at 16:56:52

実際、開演遅れました。

開演直前

今回もステージほぼ真正面!
http://p.twipple.jp/X1bgM

一応オペラグラスも持参してたものの、ほとんど必要ないくらいでした!!

PAUL McCARTNEY
OUT THERE JAPAN TOUR 2015
2015年04月21日(火) 京セラドーム大阪

http://outthere-japantour.com/


【Pre-Show:Opening SE】
01) Besame Mucho
02) Money (That's What I Want)
03) I Wanna Be Your Man
04) Twist and Shout
05) And I Love Him
06) Octpus's Garden
07) Let' em In 幸せのノック
08) Uncle Albert/Admiral Halsey
 アンクル・アルバート~ハルセイ提督
09) No More Lonely Nights
 ひとりぼっちのロンリー・ナイト
10) With A Little Luck
11) Goodnight Tonight
12) Silly Love Song
 心のラヴ・ソング
13) Temporary Secretary
14) Coming Up
15) The End


先だっても書きました通り、開演前におけるプレショーで流れる「I Wanna Be Your Man」カウント・ベイシー楽団のヴァージョンでしたけど、「And I Love Him」エスター・フィリップスのヴァージョンですよね。



You Tubeで見つけたこの動画、ジョンによる曲紹介がぶっきらぼうながら、最後の笑顔がお茶目だこと(^^)。

バーニング~ライヴ・アット・フレディ・ジェッツ・パイド・ピアーL.A.バーニング
~ライヴ・アット・フレディ・ジェッツ・パイド・ピアーL.A.

(2012/11/7)
エスター・フィリップス
ワーナーミュージック・ジャパン

キング・カーティスコーネル・デュプリーチャック・レイニーら腕利きを従えた1970年発表のライヴ・ヴァージョンもグルーヴィーでシビレます(ちなみにこの傑作ライヴ盤は3年前にワーナーのATLANTIC R&B BEST COLLECTION 1000シリーズから最新リマスタリングで日本初CD化。有難いことにほぼ千円で買えちゃいます!?)。

- つづく -

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「DJがヒーローだった!」

孤独の世界(紙ジャケット仕様)孤独の世界
(2014/3/26)
P.F.スローン


ニッポン放送
『マイ プレイリスト Love for Japan ~kizashi~』
2015年04月19日(日)23:30-24:30
パーソナリティ:萩原健太
選曲テーマ:「DJがヒーローだった!」

http://www.1242.com/my-playlist/

【最大のヒーロー=亀渕昭信さん!】
~ニッポン放送『ポップスベストテン』ほか

01) From A Distance
 孤独の世界 1966年109位
 [ P.F.Sloan ]
 /P.F.スローン P.F.Sloan

【木崎義二さん!】 
~フジテレビ系『ビート・ポップス』
 
02) I Can Hear Music
アイ・キャン・ヒア・ミュージック 1969年24位
 [ Phil Spector / Ellie Greenwich / Jeff Barry ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 ※The Ronettes-1966年100位

CM
【福田一郎先生!】
~TBSラジオ『パックインミュージック』

03) Suspicious Minds
 サスピシャス・マインド 1969年1位/AC4位
 [ Mark James ]
 /エルヴィス・プレスリー
 Elvis Presley
 ※Mark James-1968年

【八木誠さん!】
~TBSラジオ『パックインミュージック』『ホリデイ・イン・ポップス』

04) Suger Suger
 シュガー・シュガー 1969年1位
 [ Jeff Barry / Andy Kim ] 
 /アーチーズ The Archies

【中村とうようさん!】
~TBSラジオ『ブルースの世界』

05) Nevada Fighter
 ネバダ・ファイター 1971年70位
 [ Michael Nesmith ]
 /マイク・ネスミス&ファースト・ナショナル・バンド
 Michael Nesmith & The First National Band

CM
【大瀧詠一さん!】
~ラジオ関東 『ゴー・ゴー・ナイアガラ』

06) Let's Go Steady Again
 よりを戻そうよ 1963年26位/R&B21位
 [ Neil Sedaka / Howard Greenfield ]
 /ニール・セダカ Neil Sedaka 

【山下達郎さん!】
~ニッポン放送『オールナイトニッポン』 

07) That Was The Time
 ザット・ワズ・ザ・タイム 1962年
 [ George Pafundi / Wilmar Walker ]
 /ファイヴ・ディスクス The Five Discs

CM
【ジム・ピューター!】
~FEN『「The Jim Pewter Show』
 
08) Be My Baby 
 あたしのベビー 1963年2位/R&B4位          
 わたしのベイビー
 ビー・マイ・ベイビー

 [ Phil Spector / Jeff Barry / Ellie Greenwich ]
 /ロネッツ The Ronettes

【ケイシー・ケイサム!】
~FEN『American Top 40』

09) My Eyes Adored You
 瞳の面影 1974年-1975年1位/AC2位
 [ Bob Crewe / Kenny Nolan ]
 /フランキー・ヴァリ Frankie Valli


以上、遅ればせながらニッポン放送『マイ プレイリスト Love for Japan ~kizashi~』2015年04月19日放送分のエアプレイ・リスト。週替わりのパーソナリティによるこちらの番組、健太さんの選曲テーマ「DJがヒーローだった!」は、学生時代に憧れの存在だったDJたちから教わってレコード屋さんに買いに行った曲たちということで、健太さんの番組リスナーにはお馴染みの名曲ばかりではあれど、ラジオ愛ポップス愛がギュッと凝縮された珠玉のプレイリスト。番組HPには曲目だけで肝心のヒーロー達のお名前までは掲載されてなかったので、プレイリストに諸々のデータと共に書き添えて個人的にアーカイブさせて頂きます(後日データベースにも収蔵予定)。

健太さんは勿論、亀渕さんや達郎さんは今の僕にとってもヒーローそのものなんですが(^^;)、残念ながらAMラジオが洋楽天国だった時代は知らない世代なので、もしタイムマシンがあればその時代に行って当時のラジオ番組をリアルタイムで聴いてみたいです(確かに、今やFMですらトーク中心になってきてるので、素敵な音楽を紹介してくれるヒーロー的なDJは今後もう現れないかもれませんね・・・)。

| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#74

デュエッツ:リワーキング・ザ・カタログデュエッツ:リワーキング・ザ・カタログ
(2015/03/15)
ヴァン・モリソン


『亀渕昭信のお宝POPS』#74
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
ラジオ関西2015年05月30日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ 2015年05月31日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Foever Your Girl
 フォーエヴァー・ユア・ガール 1989年1位/R&B54位
 [ Oliver Leiber ]
 /ポーラ・アブドゥル Paula Abdul

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ハニー・ドリッパーズの『ヴォリューム・ワン』
日本盤LP(帯付き)をプレゼント!


02) Sea of Love  
 シー・オブ・ラヴ 1984年3位/AC1位
 [ Phil Phillips / George Khoury ]
 /ハニー・ドリッパーズ The Honeydrippers
 ※Phil Phillips-1959年2位/R&B1位

CM
【VIVA! 音楽業界の仕掛け人】
ゲスト:ピーター・バラカン(後編)


~『Duets: Re-Working the Catalogue』から
03) Some Peace of Mind 2015年
 サム・ピース・オブ・マインド with ボビー・ウーマック
 [ Van Morrison ]
 /ヴァン・モリソン Van Morrison feat. Bobby Womack

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第74回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

前回に続いてゲストはピーター・バラカンさん。そう言えばハニー・ドリッパーズ「シー・オブ・ラヴ」は亀渕さんがゲスト出演されたNHK-FM『ウィークエンドサンシャイン』のウィンタースペシャル2013でもかかってましたっけ。何でも来月7月18日(土)には山梨県甲府市の桜座にて亀渕さんとピーターさんのDJイベントが開催されるとのことですが、お二人の選曲は勿論、音楽談義ラジオ談義というか、ラジオへの思いや提言等々、やはりラジオでもまだまだ聴きたいので、是非またそうゆう機会があればいいなと願う次第です。

ところで、この4月から毎週日曜の夜はBSジャパン仲井戸麗市さん司会による『オン・ザ・ロック』という番組を拝見してるんですけど、昨夜6月21日の放送はピーターさんがゲスト。こちらでも最近買ったCDとしてヴァン・モリソン紹介されてましたね(更にチャボさんも最後にポール・バターフィールド・ブルース・バンドをセレクト!心憎いです)。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サボテンの花

サボテンの花 サボテンの花

2014年06月09日(月)

このサボテン、もうすぐ花でも咲くのかしらん?
と思ってたら・・・

https://pic.twitter.com/c4YVeyqjLx
posted at 19:33:54

夜になって白い花が大きく開いててビックリ!
https://pic.twitter.com/Shw7X36dIA
posted at 19:34:31

と、これは昨年のツイート。
親戚から引き取って、何年か育てたんですけど、花が咲いたのはこれが初めて。それも財津さんの歌とは違い大きな花ですし(笑)、だったので尚更驚きです。「短毛丸」という種類らしいですね。親切なフォロワーさんが教えて下さいました。

サボテンの花 サボテンの花

で、これは今年の6月9日(ロックの日)のサボテン。
花は咲かなかったものの、何やらまた角のようなものがニョキニョキと・・・(それも2本!?)。

サボテンの花

そして昨年から5日遅れて6月14日の夜にやはり開花!
2つのうち、1つが開花直前に下向いて来たのでレコスケくんが頭で支えてます(^^)。

サボテンの花

サボテンの花って、夜が深まるにつれ、益々白く輝くかのように、更にパッカリと花開くんですね。美人薄命なだけに、ついつい見とれて夜更かししてしまいました。

スウィートハートスウィートハート
(2005/05/15)
クレア・マルダー


洋楽にもサボテンにちなんだ作品は沢山ありますが(ズバリ、カクタスってバンドもあるくらいですし)、ふと思い浮かんだのはクレア・マルダー「Cactus Tree」ジュディ・コリンズショーン・コルヴィンとのコラボでカヴァーしてるジョニ・ミッチェル「Cactus Tree(さぼてんの木 )」とは同名異曲ながら、オールドタイミーでとっても素敵な曲です(そう言えば2005年の初来日公演でも歌ってくれたような記憶が。そうか、もう10年前になるんだ・・・)。

gremzgremzgremz

ブログで育ててるグリムス(gremz)の木14本目大人の樹になるまで、あともう一息。現在の梅雨仕様が本物の雨のように成育を助けてくれるでしょうか。待ち遠しいです。

| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#73

The Paul Butterfield Blues BandThe Paul Butterfield Blues Band
(Original Album Series)

(2010/02/27)
The Paul Butterfield Blues Band


『亀渕昭信のお宝POPS』#73
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
ラジオ関西2015年05月23日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ 2015年05月24日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Sing シング 1973年3位/AC1位
 [ Joe Raposo ]
 /カーペンターズ Carpenters

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ダナ・ヴァレリーの米盤7インチ「Rainbow Connection」
(US Scotti Bros. SB 509)をプレゼント!


02) Rainbow Connection 
  レインボウ・コネクション 1979年
 [ Kenny Ascher / Paul Williams ]
 /ダナ・ヴァレリー Dana Valery
 ※Kermit-1979年25位

CM
【VIVA! 音楽業界の仕掛け人】
ゲスト:ピーター・バラカン(前編)


03) Shake Your Money-Maker 1965年
 シェイク・ユア・マネー・メイカー
 [ Elmore James ]
 /ポールバターフィールド・ブルースバンド
 The Paul Butterfield Blues Band
 ※Elmore James-1961年

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第73回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

第55回第56回放送佐野元春さんに続く今年お二人目のゲストはピーター・バラカンさん!僕が『レコード・コレクターズ』誌を読み始めた頃、亀渕さんとピーターさんよる対談が掲載されてたんですけど(とくに1986年11月号の「マージー・ビート」特集が印象深いです)、実際お二人の出逢いはそうしたミュージック・マガジン社でのお仕事だったんですね(確かに、亀渕さんは妹さんがシンガーで、ピーターさんは弟さんがギタリストと、妹さん&弟さんがアーティストのDJ繋がり!?)。

それにしてもダナ・ヴァレリーによる名曲Rainbow Connection」のカヴァーもまぁ素敵だこと!(アレンジはジャック・ウィリアムス、プロデュースはカイル・レイニングのようです。これって未CD化ですよね?A面がモノ、B面がステレオのプロモ盤もあるとか)。



ちなみにこれは昨年の今頃だったか、You Tubeで偶然見つけて大好きになった Logan Kendellによる「Rainbow Connection」のカヴァー(SOUNDCLOUDでも聴くことが出来ます)。当時のツイートにも書きましたが、

マペットのお弁当箱12弦エレキ・ギター欲しい!!!


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出し坊やガチャと聖地巡礼

飛び出し坊やガチャガチャ 飛び出し坊やガチャガチャ

2014年09月10日(水)

飛び出し坊やガチャガチャ、
とりあえずビデオテープの前に置いてみたんですが(^^;)、
CD棚より本棚とかの方がサイズ感的にはいいかも。

posted at 17:15:09

飛び出し坊やガチャガチャ、今現在わが家にはこの3体。
コンプリとまではいかずとも、あともう1体くらい欲しいな(^^)。

posted at 17:21:49

飛び出し坊やガチャガチャ 飛び出し坊やガチャガチャ

2014年09月20日(土)

飛び出し坊やガチャガチャの置き場所、
まだ模索中(^^;)。

posted at 16:37:43

2014年09月21日(日)

飛び出し坊やガチャガチャ、
う~んやっぱりこっち向きはちょっと違うか(苦笑)。

posted at 16:33:46

飛び出し坊やガチャガチャ

2014年09月27日(土)

飛び出し坊やガチャガチャ、一人増えました(^^)。
posted at 16:07:09

と、これは昨年秋の『Joy Of A Toy』な収集記録
タカラトミーアーツの「とび出し坊やコレクション」、残念ながら立体のフィギュアストラップは入手出来なかったものの、この4体でも充分満足。ちなみに後ろに飾ってる『BABY ROAD』ビートルズの子守唄カヴァー集。キュートで洒落も効いてますし、数ある『アビイ・ロード』パロディ・ジャケの中でもかなりのお気に入り。僕はカセットしか持ってないんですけど、CDも出てたみたいですね(でも今もう廃盤配信のみ?)。ナッシュビル製作らしく、エドガー・メイヤーなんかも参加してて、なかなか心地よいです。

飛び出し坊や 飛び出し坊や

そして今年の冬には東近江市の聖地を巡礼、
遂に世界最大(?)の巨大飛び出し坊やと対面することが出来ました!

飛び出し坊や

更に、巨大0系飛び出し坊やのすぐ横には、とび太くんの顔ハメ看板も!?(丁度いい具合にすぐ脇には公園の駐車場もあるので、この際、飛び出し坊やグッズの移動販売者なり自販機、せめてガチャポン記念スタンプ台でも置いて欲しいくらいです)。

その後、春には近江八幡0系飛び出し丁稚坊やにも逢えて喜んでたら、この夏はこの夏で、めでたく開業30周年を迎えるラフォーレ琵琶湖さんがアニバーサリー企画の一環として、飛び出し坊やコレクション展第4弾「飛び出し忍者」展を開催して下さるとのこと!!(2015年7月18日-9月23日)。またまた面白そうな企画を組んで頂けて嬉しい限り。勿論、今回もドライヴがてら伺う気満々です(^O^)/。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#72

ZEP

『亀渕昭信のお宝POPS』#72
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
ラジオ関西2015年05月16日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ 2015年05月17日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Knock Three Times
 ノックは3回 1971年1位/AC2位
 [ Irwin Levine / Russell Brown ]
 /ドーン Dawn
  Tony Orlando and Dawn

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ジョニー・テイラーの『Who's Making Love...』の未開封米盤LP
をプレゼント!


02) Who's Making Love
 フーズ・メイキング・ラヴ 1968年5位/R&B1位
 [ Al Jackson, Jr. / Bettye Crutcher
  / Don Davis / Homer Banks / Raymond Jackson ]

 /ジョニー・テイラー Johnnie Taylor

CM
-リクエスト-
03) The Rockford Files
 ロックフォード氏の事件メモ 1975年10位
 [ Mike Post / Pete Carpenter ]
 /マイク・ポスト 
 Mike Post feat. Larry Carlton
 ※TVドラマ『ロックフォードの事件メモ』

【にっぽん全国レコード店めぐり】
#32:「田口商店KEYAKI」(福岡県福岡市)


04) Immigrant Song
 移民の歌 1970-71年16位
 [ Jimmy Page / Robert Plant ]
 /レッド・ツェッペリン  Led Zeppelin

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第72回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

早いもので【にっぽん全国レコード店めぐり】32店舗目どうゆう訳か番組HPには肝心のお店の名前が載ってませんが、お店の方、お気を悪くされてないでしょうか・・・?田口商店KEYAKIの店長さん、プロレスの入場テーマ曲から洋楽ファンになったとのお話でしたけど、それ、わかります!僕もブルーザー・ブロディ好きでしたし、ピンク・フロイド「吹けよ風、呼べよ嵐」(ブッチャー!)やブラック・サバス「 アイアンマン」(ロード・ウォリアーズ!)なども一番最初に聴いたのはプレロスの入場テーマ曲としてだったような気がします(谷津嘉章はディープ・パープルの「Comin' Home」でしたっけ)。そんなこともあってか、最初に買ったZEPのアルバムも『Ⅰ』『Ⅳ』でもなく、「移民の歌」が冒頭を飾るクルクル回転ジャケ『Ⅲ』でした。山下達郎さんも先日ラジオでおっしゃってた通り、ツェッペリンはやはりCDよりも断然レコード!今でもブロディの雄叫びや勇姿を思い浮かべながら、大事に愛聴してます。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#71

ピンク・ムーンピンク・ムーン
(2015/06/17)
ニック・ドレイク
ユニバーサル ミュージック

『亀渕昭信のお宝POPS』#71
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
ラジオ関西2015年05月09日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ 2015年05月10日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Sugar Town
 シュガー・タウンは恋の町 1966年5位/1967年AC1位
 [ Lee Hazlewood ]
 /ナンシー・シナトラ Nancy Sinatra

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ニック・ドレイク『ピンク・ムーン』のリマスター国内再発盤LP
をプレゼント!


02) Pink Moon ピンク・ムーン 1972年
 [ Nick Drake ]
 /ニック・ドレイク Nick Drake

CM
-リクエスト- 
03) Don't Look Back
 ドント・ルック・バック 1964年
 [ John Lee Hooker ]
 /ジョン・リー・フッカー John Lee Hooker

-亀渕さんセレクト-
『Legends of Country Music: The Best of Austin City Limits』から
04) 16 Tons (Live) 
 シックスティーン・トンズ 1997年
 [ Merle Travis ]
 /マール・トラヴィス Merle Travis
 ※Tennessee Ernie Ford-1955年1位

-リクエスト-
05) Torn Between Two Lovers
 過ぎし日の想い出 1977年1位/C&W3位/1976年AC1位
 [ Phillip Jarrell / Peter Yarrow ] 
 /メアリー・マクレガー Mary MacGregor

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第71回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントはニック・ドレイクの3作目にして遺作となった超名盤『ピンク・ムーン』大鷹俊一さんによるライナーノーツが付いたリマスターの国内再発盤LPというのは、2007年に出たユニバーサルの名盤LP100選シリーズから出たレコードでしょうか?確か輸入アナログ盤2年前にも復刻されてましたけど、どうやら国内盤のCDも近々、ユニバーサルの「Suburbia Suite Collection 1000」シリーズから1080円で再発されるみたいですね!(しかも1stや2ndも一緒に!?)。

それにしても、ルイジアナ州に「シュガー・タウン」なる町が実際にあったとは知りませんでした。でも果たして「シュガー・タウンは恋の町」で歌われてるのが、このシュガー・タウンなのかどうかは・・・?あと個人的には、槙みちるさんによる日本語カヴァー・ヴァージョン邦題が「町」ではなく、「シュガー・タウンは恋の街」という表記になってるのも妙に気になるところです(^^;)。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |