Sweetheart Of The Radio

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『GET UP』

GET UP

2015年12月25日(金)

クリスマス・プレゼントにブライアン・アダムス
『GET UP』のスーパー・デラックス箱を貰った!
(チェコ製なんですね)。
満開のジェフ・リン味に加え、
CD2枚しか入ってないのに収納に悩む
嵩張り具合にも嬉しい悲鳴を上げてます(^O^)/

posted at 19:40:43

パートリッジ・ファミリー

2015年12月23日(水)

ひねくれ者ゆえ、クリスマス・ソングは
この時期あまり聴かないんですが(夏に聴く派・笑)、
それでも少しだけ。
デビッド・キャシディーとパートリッジ・ファミリー
定番ソングながらアレンジとコーラスワークが素敵です。
八木誠さんの解説でした。

posted at 14:40:14

少女隊

「君の瞳に恋してる」もちらっと入ってる
少女隊のクリスマス12インチ、
B面がレリーフになってるの知らずに買ったので
(一応、帯には「B面エッチングレコード」と
表記あったんですけどね)、
最初見た時「おお~」となりました。

posted at 14:46:57


ということで、今年のささやかなクリスマスの記録。
ブライアン・アダムス山本さゆりさんの番組で久し振りに「クリスマス・タイム」も聴けて嬉しかったんですが(ラジオ日本『山本さゆりのミュージック・パーク』1月からは土曜22時放送になるとのこと!)、本作での一番のお気に入りは、やはり「Don't Even Try」でしょうか。



「ひとりトラヴェリング・ウィルベリーズ」「お前は杉真理か!」と評された音楽評論家さんもいらっしゃいましたが(笑)、確かに!!!

gremzgremzgremz

ブログで育ててるグリムス(gremz)の木は只今15本目。何とか年内に大人の樹に成長出来ないものかと頑張って更新したんですけど、どうやら間に合いそうになく・・・。結局、今年も書きそびれてしまったことが沢山あるので、また追々蔵出ししていこうかと考えています。

本年もご愛読有難うございました。
どちら様もどうぞ良いお年をお迎え下さい。


スポンサーサイト

| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Revolution 69』

ビートルズ1 ビートルズ1

2015年11月06日(金)

「ガンプラEXPO」2015 in Osaka「怪獣酒場でランチタイム」の続き。
この日は待ちに待ったディスクユニオン大阪店オープン初日。余力があったら帰りに寄ろうかと考えていたものの、なんば~日本橋界隈ですっかり歩き疲れたし(^^;)、ツイッターで情報チェックしてたら朝とか行列が出来て結構混んでたようだったので、また後日ということに。それならばと、タワーレコード梅田大阪マルビル店に立ち寄ってみたところ、丁度『ザ・ビートルズ 1+ 』発売当日だけに店頭はビートルズ一色

ビートルズ1 ビートルズ1 ビートルズ1

とはいえ、ひねくれ者はこれだけ盛り上がられると逆に冷めてしまうというか、個人的には近年のビートルズ商法にすっかり食傷気味な上、そもそも『ビートルズ1』自体にあまり関心がなく(どちらかというと 『20グレイテスト・ヒッツ』世代)、映像にも執着が薄いので、どうも盛り上がれません。

ビートルズ1 ビートルズ1

実は11月末には爆音試写会の招待ハガキも頂戴したんですが、生憎都合がつかず、会場に足を運ぶことが出来ませんでした・・・。

ビートルズNo.1 ビートルズ

結局、耳に馴染んでるレコードがしっくり来ます。
『ステレオ!これがビートルズ Vol.1』『プリーズ・プリーズ・ミー』の曲順が違う来日記念盤。見開きジャケはペランペランでも(苦笑)、やっぱりアナログで聴くビートルズは格別。大学時代に買った米国発のコンピ盤『ヘイ・ジュード』もマルビルの店頭ディスプレイ見て思い出して、久し振りに針を落としました。

BEST OF 1966 QUARTETBEST OF 1966 QUARTET
(2015/6/24)
1966 QUARTET


そうそう『ザ・ビートルズ1』といえばこのパロジャケ、なかなか洒落てますよね!(The Fab Fourこれよりセンスいいなと思いました)。『加藤ひさしのコロムビア大行進』でもお馴染みの1966カルテット原田真二さんのライヴ観にビルボード行った時も開演前に彼女たちのPVがずっと流れてました。密かにファンです。

Revolution 69Revolution 69
(2010/7/5)
Tok Tok Tok


あとビートルズ関連で最近よく聴いてるのはドイツのアコースティック・ソウル・バンド(?)、Tok Tok Tokによるビートルズのカヴァー集『Revolution 69』。確か今年の春頃に細野晴臣さんがラジオでこのアルバムから2曲かけて下さってましたけど、そうか、2013年に活動休止してたんですね・・・。



今更ながらLPだと2枚組で曲数がちょっと多いということを知り、レコードも買おうかと気になってます。

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「Tシャツレボリューション」

言いたいこと 言えないこと 言いそびれたこと言いたいこと 言えないこと 言いそびれたこと
(初回限定盤)

(2015/9/16)
ザ・コレクターズ


roppenの「旅の途中」をはじめ、小西康陽さん提供による星野みちるさんの「夏なんだし」日本は永久に戦争放棄!)や、松尾清憲さんの新作など、今年も素晴らしい音楽に沢山出逢えましたが、そうした中でも僕にとっての「2015年この1曲」となると、やはりコレクターズ「Tシャツレボリューション」でしょうか(MVではジェフさんフェンダーの6弦ベース!)。



ストーンズピストルズなどロックTシャツも引き合いに出しつつ、言いたいことや言えないこと、言いそびれたことはTシャツの胸に書いて表現することで、自分は勿論、世界を変えていこうじゃないかという歌詞には共鳴する点も多く、こんなご時勢なだけにスカッと胸に響きました。愉快な掛け合い交流/直流・笑)と痛快なバンド・サウンドはライヴで聴くと尚更ゴキゲンだし、会場が一体となったサビの大合唱も最高に気持ちよくて楽しかったです。きっと今回のツアーだけでなく、今後もライヴの定番曲になるでしょうね(ただ、ピーター・バラカンさんが憲法9条のTシャツ着てただけで警官に呼び止められた、という話を聞くと、最早Tシャツでも言いたいことが言えないような息苦しい世の中なのかと・・・)。



そしてこの曲では、「コレクターズはファンだけでなく、スタッフにも愛されてる」んだなというのが目に見える形で再確認出来たことも嬉しかったです。まず、こちらはコロムビアのスタッフによるMV。ポッドキャストでもお馴染みのさっちゃんパパによるエアギターも炸裂してますけど、確かに風通しの良さそうな会社ですね(^^)。



続いて製作されたのは元OASISリアム・ギャラガーが手掛ける英国発メンズウェアブランド、PRETTY GREENスタッフとお客さん達によるMV。歌詞の英訳テロップが付いてるのがいいですね!そのままCMソングに使って欲しいくらいです。



一方、加藤さんがソングライターとして所属してるフジパシフィックミュージックのスタッフによるMVは歌詞の字幕テロップ入り。フジパの皆さんもコレクターズ愛や音楽愛が弾けまくってますが、いきなり朝妻一郎会長が笑顔でバリー・マニロウTシャツ着て登場されたのには驚きました!?

アウトストア

そんな素敵なスタッフさん達にも支えらて、我らがザ・コレクターズはいよいよ結成30周年メモリアル・イヤーに突入。ファンとしても大いに盛り上がっていきたいと思ってたところ、まるでその思いに呼応するかのようにこのハガキが届きました。有難いことに、僕の2016年初ライヴもコレクターズということになりそうです!!!(ブログに記録しそびれてるライヴのセットリストは一応全部メモってありますので、また追々書いていきます、スミマセン)。

それにしても、まさか今になってご親戚筋から大瀧詠一さんがコレクターズを評価されてたという話が伝わって来るとは(愛弟子の伊藤銀次さんの動向は常にチェックされてたようなので、銀次さんがプロデュースを手掛けた『MIGHTY BLOW』は確実にお聴きだったでしょうけど、凄いアンテナお持ちの方ゆえ、もしかしたら他の作品どころか生前ポッドキャストとかも聴いてらっしゃったりして?)。

| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#100

LegendLegend
(2010/12/7)
アルバート・ハモンド


『亀渕昭信のお宝POPS』#100
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
ラジオ関西 2015年11月28日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2015年11月29日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) It Never Rains In Southern California
 カリフォルニアの青い空 1972年5位/AC2位
 [ Albert Hammond / Mike Hazelwood ]
 /アルバート・ハモンド Albert Hammond

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
『スティッキー・フィンガーズ』の販促ポスター×10枚
をプレゼント!(88×58センチの特大サイズ)


02) Brown Sugar
 ブラウン・シュガー 1971年1位(UK2位)
 [ Mick Jagger / Keith Richards ]
 /ローリング・ストーンズ
 The Rolling Stones

CM
【特別企画:レコード工場訪問】
東洋化成株式会社
・ノイマンのカッティングマシーン
・ラッカー盤をメッキ~スタンパー盤

-亀渕さんが12歳の誕生日プレゼントに初めて買って貰ったレコード(SP盤)-
03) You You You 1953年1位
  [ Robert Mellin / Lotar Olias ]
 /エイムス・ブラザーズ The Ames Brothers

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第100回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

流石に放送100回ともなると、だんだんお裾分け出来るお宝がなくなってきて底を突きそうだとおっしゃいつつも、『スティッキー・フィンガーズ』の特大販促ポスター10枚も出てくると、まだまだスゴイお宝があるんじゃないかと思わずにはいられません(ポスターを持った亀渕さんの写真もお茶目だこと・笑)。

100回記念のレコード会社訪問は興味深かったものの、ラジオでの中継と亀渕さんの解説だけではどうしても想像し難い部分もあっただけに、後日、番組HPにも写真入りでレポートを掲載して頂けて大変参考になりました(ディレクターの入江さんに加え、ピーター・バラカンさんもご一緒でしたか!)。

「100回記念!東洋化成工場見学ツアー」
http://kayoukai.bizon.jp/pops/2015/12/100-61ce.html

成程、確かに精密な工程「匠の世界」そのもの。お陰で最近購入したレコードが益々大事に愛おしく思えて来ました。

やはり今回の放送は1曲目の「カリフォルニアの青い空」(前半はオリジナル、後半はアル・スチュワートとの2010年再録からなる番組独自の合体ヴァージョン!?)共々、永久保存版ですね!!(放送100回、おめでとうございます&有難うございます)。

では最後に嬉しい朗報を一つ。元日夜から5夜連続特番として復活するNHK-FM『健太×近田のロック巌流島~冬の陣』、今回は「~日本の○○・2016年の展望~」「日本のポピュラー音楽はこれからどうなっていくのか?」がメインテーマだそうですが、どうやら第5夜には亀渕さんがゲスト出演されるようです!!!

 http://www4.nhk.or.jp/ganryujima/

| Kame Radio | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怪獣酒場でランチタイム

怪獣酒場 怪獣酒場

2015年11月06日(金)

怪獣酒場でランチタイムにゃう!
お昼時なのにほぼ貸し切りです(笑)。

posted at 13:11:00

怪獣酒場

ということで、これは「ガンプラEXPO」2015 in Osakaの続き。

怪獣酒場 怪獣酒場

元祖怪獣酒場のランチメニュー、「ピグモン油そば」は大体予想通りの味だったんですけど、「カネゴンバーガー」が意外と美味しかったです(クロワッサンのバンズがグー)。ドリンク頼んだらウルトラ怪獣のコースター貰えました(全部で24種類あるそう)。

怪獣酒場 怪獣酒場 怪獣酒場

店員さんが、「ご自由に店内見て行って下さいね~」と声かけて下さったものの、そう店内ウロウロも出来ず(^^;)。

怪獣酒場

でも、昭和レトロ感パロディ具合のサジ加減がなかなかいい塩梅で何とも愉快な空間でした。

怪獣酒場 怪獣酒場

ちなみに怪獣酒場のランチタイムメニューは16時まで。人生ノンアルコールなもので夜行くことはなさそうですが、次また機会があればカネゴンカレーでも、と思ってたら、今月12日からランチメニューがリニューアルされたとか!となれば、こりゃ益々再訪するしかないでしょう(^^)。

 http://ganso-kaiju-sakaba.com/oshinagaki_l.html

そう言えば最近気付いたんですけど、今、KBS京都テレビで金曜の深夜に『ウルトラマン』放送してるんですね(ジャミラの回、見たかったなぁ)。是非、続けてセブン『帰ってきたウルトラマン』も放送お願いします(この前、クリス松村さんもMBSラジオでかけて下さってた『帰ってきたウルトラマン』の主題歌、恥ずかしながら主役の団次郎さんが歌ってらしたとは知らずにずっと聴いてました・・・)。

スチ子さん

残念ながら昼間の怪獣酒場に怪獣はいませんでしたが、代わりにNGK「すち子」さんに逢えたのが嬉しかったです(怪獣酒場、実はNGKの1階にあります)。実物や関西エリア限定「コップのすち子」さんよりよりこっちのカワイイ(笑)。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KBS京都ラジオ『レコ室からこんにちは』:安田謙一

神戸、書いてどうなるのか神戸、書いてどうなるのか
(2015/11/26)
安田謙一


KBS京都ラジオ『レコ室からこんにちは』
2015年12月15日(火)-12月17日(木)17:15-17:30
2015年12月20日(日)17:25-17:40
ミュージック・セレクター:安田謙一

http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/rec/

2015年12月15日(火)

-ニューウェイヴの匂いがする曲-

01) 登らない理由があるとすれば 2015年
 [ 作詞・作曲:石田彰 ]
 /3776

-ライナーノーツを執筆-
~豊田道倫 & mtvBAND『I Like You』
(なりすレコード / NRSP178)

02) I Like You 2015年
 [ 作詞・作曲:豊田道倫 ]
 /豊田道倫 & mtvBAND

-ライナーノーツを執筆-
~『HOWL!HOWL! 』(2001年)の再発CDボートラから

03) Imagine イマジン 2015年
 [ John Lennon ]
 /Sister Paul シスターポール
 ※John Lennon-1971年3位

2015年12月16日(水)

-今年一番気に入ったヒット曲-

01) 好きで好きで好きすぎて 2015年
 [ 作詞:chay、いしわたり淳治 / 作曲・編曲:多保孝一 ]
 [ 管弦編曲:森俊之、多保孝一 ]

 /chay

-Al.『Wondem』から-
02) A New Day 2015年
 [ Dexter Story ]
 /デクスター・ストーリー Dexter Story

-Al.『もうすっかりあれなんだよね』から-
03) ニンゲンモドキ 2015年
 [ 作詞・作曲:横山剣 ]
 /クレイジーケンバンド CRAZY KEN BAND

2015年12月17日(木)

01) もぐらたたきのような人 2015年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

02) あのコは高画質 2015年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

03) お悩み相談室 2015年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

2015年12月20日(日)

-Al.『Midnight McCartney』から-
01) Wonderful Christmastime
 ワンダフル・クリスマスタイム 2015年
 [ Paul McCartney ]
 /ジョン・ピザレリ John Pizzarelli
 ※Paul McCartney-1979年10位(UK6位)

-Al.『Kylie Christmas』から-
02) Christmas Wrapping (With Iggy Pop)
 クリスマス・ラッピング 2015年
 [ Chris Butler ]
 /カイリー・ミノーグ Kylie Minogue
 ※The Waitresses-1981年

-最後はこの曲でお別れ-
03) White Christmas
 ホワイト・クリスマス 1966年
 [ Irving Berlin ]
 /石原裕次郎
 ※Bing Crosby-1942年1位


KBS京都ラジオの『レコ室からこんにちは』、
番組HPは8月末から更新されてませんし、
やはり今週の安田謙一さん担当分は個人的に記録させて頂きます。
プレイリスト、書いてどうなるのか・・・。



| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ガンプラEXPO」2015 in Osaka

ガンプラEXPO ガンプラEXPO

2015年11月06日(金)

「ガンプラEXPO JAPAN TOUR 2015 in OSAKA」(2015/11/05-11/09)を観に行くべく、大阪高島屋へ。入場無料なのに各日先着来場3500名にクリアファイルをプレゼントだなんて、バンダイさん有難うございます!

ガンプラEXPO

今回、個人的に一番のお目当てだったのは市川紗椰デザインによるガンプラ。SKE48May.Jデザインのガンプラは女性らしい華やかなカラーリングだったのに対して、彼女のリックディアス陸戦型(それも砂漠戦用)!目の付け所が流石というか、ガンダムの世界観への理解度と愛情の深さを感じます。

ガンプラEXPO

更にトータス松本さんデザインによる重機のアッガイもナイスな設定とカラーリング!

ガンプラEXPO

そしてラーメンズ片桐仁さんのガンプラは「ネガティブサザビー・フルサイコモード」
やはりクオリティ高いです。

ガンプラEXPO

その他、グッドモーニングアメリカたなしんセカオワDJ LOVE三代目J Soul Brothers本広監督のガンプラなどもあったんですが、これはミスチルのドラマーさんのガンプラ。プロフィール写真、パッと見ぬまっちかと思いました。

顔ハメ ガンダム

残念ながらガンプラEXPO顔ハメ看板はなかったものの、思いがけず高島屋の1Fでキュートな顔ハメを発見(これにて今年22顔ハメ。とはいえ、2009年からのカウントで通算138顔ハメ顔ハメ道もまだまだ序の口ですね・・・)。

スタンプラリー スタンプラリー

ランチの後、なんばから日本橋方面へと大人のスタンプラリー昨年と違い、今回は3箇所だけなので楽勝だったんですけど、抽選の特賞はもう既に出ており、結局、参加賞のステッカーだけでした。

マジン豪 マジン豪

でも、日本橋界隈はなかなか来る機会なかったので、ぶらぶら歩いてるだけでも楽しかったです(ボクシングの元・世界チャンピオンさんとバッタリ遭遇してビックリ!?昭和ノイエミゼット見たかったんですが、当日はお休みだったのか置いてませんでした)。

クリアファイル

ちなみにこれが頂戴したクリアファイルとスタンプラリー参加賞のステッカー(そうか、ガンプラ35周年なんだ・・・)。丹波のクリアファイルは大阪駅でやってた観光キャンペーンのアンケートに回答して頂戴しました(^^)。

ガンプラ

そう言えば夏にジョーシンで貰って来たガンプラ35周年のカタログ、これ眺めてるだけでも楽しめるなと思いきや、案の定、ガンプラが欲しくなります(^^;)。

バイファム

流石にガンダム関係のレコードは昨年秋にドッサリまとめ買い出来たので、その後は増えてないんですが、その代わり大河原邦男先生が描いた美しいジャケに引き寄せられて『銀河漂流「バイファム」音楽集1』(1983年)を入手(帯付の美品が200円!?)。あらためて聴いてみても、渡辺俊幸さん(渡辺宙明先生の息子さん!)による本場仕込みのポップス・オーケストラはまるでSF大作映画のサントラのような壮大なスケール感で、『スター・ウォーズ』にも引けを取りません。



当時アメリカで活動してたらしいロックバンド、TAOが担当した主題歌もELO顔負けスペクタクル感が炸裂してて、今でもヤバイくらいカッコイイです!

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#99

ランド・オブ・メイク・ビリーヴランド・オブ・メイク・ビリーヴ
(2015/3/25)
チャック・マンジョーネ


『亀渕昭信のお宝POPS』#99
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
ラジオ関西 2015年11月21日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2015年11月22日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト- 
01) Softly, As In A Morning Sunrise
 朝日のようにさわやかに 1954年
 朝日のごとくさわやかに
 [ Oscar Hammerstein II / Sigmund Romberg ]
 /マントヴァーニ・オーケストラ
 Mantovani and His Orchestra
 ※ミュージカル『新しい月(The New Moon)』-1928年

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
チャック・マンジョーネのシングル盤
「Land Of Make Believe」(Mercury-73432?)をプレゼント!


02) Land of Make Believe
 ランド・オブ・メイク・ビリーヴ 1973年
 [ Chuck Mangione ]
 /チャック・マンジョーネ 
 Chuck Mangione with Hamilton Philharmonic Orchestra
 ※Vocal:Esther Satterfield

CM
-リクエスト- 
03)(The Lights Went Out In)Massachusetts
 マサチューセッツ 1967年11位(UK1位)
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビージーズ The Bee Gees

-亀渕さんセレクト&旅行のお土産話-
04) Sukiyaki 1981年3位/R&B1位/AC1位
 上を向いて歩こう
 [ Janice Marie Johnson / Hachidai Nakamura ]
 /テイスト・オブ・ハニー A Taste of Honey
 ※坂本九-1963年1位

-リクエスト- 
05) Cry Me A River
 クライ・ミー・ア・リヴァー 1982年
 [ Arthur Hamilton ]
 /エアロスミス Aerosmith
 ※Julie London-1955年9位(UK22位)

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第99回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回の目玉はやはり亀渕さんセレクトのコーナーでしょうか。洋楽好きには興味深いアメリカ旅行のお土産話番組サイトにも「お宝スピンオフ 亀渕さんのアポロ劇場参戦記」という形で綴って下さってましたけど(無料音楽雑誌『ERIS』第13号にも書いて下さってましたね)、カメ&アンコー時代の武道館に加え、アポロ劇場のステージにも立ったとなると、亀渕さんはシンガーとしても超一流じゃないですか(笑)。語り口と同じく、軽妙洒脱な文章を拝読してたら、以前更新を楽しみにしてた亀渕さんのWEBマガジンカメカメポップス!)や『亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!』の番組ブログを思い出しました。願わくばご旅行だけでなく、お料理や山登り、何でもいいので時にはまた『お宝POPS』の番組HPにも亀渕さんの近況など紹介して頂けたりしたら嬉しいです。

それにしても【お裾分けプレゼント】チャック・マンジョーネ『ランド・オブ・メイク・ビリーヴ』はジャケットのアートワークも含めて僕も好きなアルバムなんですが、何とシングル・エディット盤が出てたとは!?(気になって調べてみたところ、シングル・エディットは1973年のマーキュリーと、1979年のカップリングが違うA&M盤もあるようですね。更に1976年にはフランス盤の7インチも出てて、それはエディットではなくA面とB面にまたがって収録されてるみたい。しかもアルバムと同一ジャケ付き!)。radiko経由でもシングル・エディット盤の音色スクラッチノイズはそれなりに耳心地良かっただけに、『お宝POPS』のお陰で益々レコード欲しい病が進行してまいそうです(^^;)。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ハロー・グッドバイ」

アグネス

アグネス・チャンが1975年の12月(40年前・・・)に発表したシングル「冬の日の帰り道」のB面「ハロー・グッドバイ」は、のちに柏原芳恵でヒットした「ハロー・グッバイ」(改題時に2番の歌詞が変更)。他にも讃岐裕子笹峰愛山本智美など、いろんな人が歌ってますけど、山本智美ヴァージョン以外はイントロなども概ね踏襲してるような感じですね(細かく聞き比べるといろいろ違いはありますが)。このジャケのアグネス好きです。

アグネス アグネス

そんな訳で最近、アグネスのレコードを好んで聴いてたところ、タイミングよくSBSラジオ『林哲司&半田健人の昭和音楽堂』でも70年代のアグネス・チャン特集が組まれてニンマリ(何と放送400回でしたか。おめでとうございます)。初期3枚のシングルで作家陣が変遷する一方で、編曲が変わらず馬飼野俊一先生だったところから当時のディレクターの思惑を推察したり、半田健人さんが馬飼野俊一先生のアレンジ得意技を鋭く指摘したりと、お二人のお話はどれも興味深くて目からウロコ。お陰で益々マイブームに拍車がかかってます(笑)。

You Are The One –七色の恋の予感-You Are The One –七色の恋の予感-
(2015/6/10)
クリスティーナ・ケサダ


更に嬉しいことに先週は小西康陽さんのTBSラジオ『Sound Avenue 905』木曜日(ヤスハルレディオショー!)でも思いがけず「ひなげしの花」の素敵なカヴァーが聴けて感激。スペイン出身のキュートなウクレレ・シンガークリスティーナ・ケサダ、恥ずかしながら知りませんでした。アグネスよりも拙い日本語ウィスパー・ヴォイスがたまりません。日本盤CDにはボートラで「ひなげしの花」のスペイン語ヴァージョンも収録されているようですね。



でも、どうやらアナログ盤750枚限定ナンバリング入りのWhite Colour Vinylみたいですし(!)、ジャケは勿論、アートワークも洒落てるので、デジパックのCDとどちらを買おうか迷います(^^;)。

 http://www.rambling.ne.jp/catalog/you-are-the-one/

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#98

アラウンド・ザ・ワールドアラウンド・ザ・ワールド
(紙ジャケット仕様)

(2013/4/24)
スリー・ドッグ・ナイト


『亀渕昭信のお宝POPS』#98
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
KBS京都ラジオ2015年11月15日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト- 
01) Playground In My Mind
 希望のあした 1973年2位/AC7位
 [ Lee Pockriss / Paul Vance ]
 /クリント・ホームズ  Clint Holmes

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ゲイリー・U.S.ボンズの「This Little Girl」
(米盤7インチ・シングル盤)をプレゼント!


02) This Little Girl
 いかしたあの娘 1981年11位
 [ Bruce Springsteen ] 
 /ゲイリー・U.S.ボンズ Gary U.S. Bonds

CM
-リクエスト- 
~ライヴ盤『アラウンド・ザ・ワールド』から
日本語のMC共々2曲続けて!

03) Joy To The World (Live in Japan)
 喜びの世界 1973年
 [ Hoyt Axton ]
 /スリー・ドッグ・ナイト Three Dog Night
 ※1971年1位/R&B46位

04) Black and White (Live in Japan)
 ブラック・アンド・ホワイト(黒と白) 1973年
 [ David Arkin / Earl Robinson ]
 /スリー・ドッグ・ナイト Three Dog Night
 ※1972年1位/AC1位

-リクエスト-
05) If We Hold On Together
 イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー 1988年AC23位
 [ James Horner / Will Jennings ]
 /ダイアナ・ロス  Diana Ross

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第98回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

お裾分けプレゼントのゲイリー・U.S.ボンズや冒頭のクリント・ホームズもさることながら(そうか、「希望のあした」にフィーチャーされてる可愛らしい子供の歌声は作者であるポール・ヴァンスの息子さん=フィリップくんによるものだったんですね。亀渕さんが「今頃おいちゃんですよね」とおっしゃってましたけど、調べてみたところ、残念ながら2009年の12月にお亡くなりになってるみたいです・・・)、やはり今回のハイライトは何と言ってもスリー・ドッグ・ナイト日本語MCを交えた武道館公演のゴキゲンなライヴ・ヴァージョン2連発!(そう言えば10月にコリー・ウェルズの訃報もありましたし、追悼の意味合いもあったのでしょうか。ご冥福をお祈りします)。CDの解説は長門芳郎さんが執筆されてましたが、当時のLPは亀渕さんのライナーノーツとのこと!?それは是非とも拝読してみたいので、早速レコード探してみるとします。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『萩原健太のMusic SMiLE』第36週

ELO

民放AMラジオJRN系
『萩原健太のMusic SMiLE』
第36週: E.L.O.特集
DJ:萩原健太


#176-2015年11月30日(月)

01) When I Was a Boy
 ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ  2015年
  [ Jeff Lynne ]
  /ジェフ・リンズ ELO
  Jeff Lynne's ELO

02) Roll Over Beethoven
 ロール・オーヴァ・ベートーヴェン  1973年42位(UK6位)
 [ Chuck Berry ]
  /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
  Electric Light Orchestra 
  E.L.O.
  ※Chuck Berry-1956年29位/R&B7位

#177-2015年12月01日(火)

01) Showdown
  ショウダウン 1973年53位(UK12位)
  [ Jeff Lynne ]
  /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
  Electric Light Orchestra 
  E.L.O.

02) Telephone Line
  テレフォン・ライン  1977年7位(UK8位)
  [ Jeff Lynne ]
  /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
  Electric Light Orchestra 
  E.L.O.

#178-2015年12月02日(水)

01) Mr.Blue Sky     
 ミスター・ブルースカイ 1978年35位(UK6位)
  [ Jeff Lynne ] 
  /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
  Electric Light Orchestra 
  E.L.O.

02) Sweet Talkin' Woman
 スウィート・トーキン・ウーマン  1978年17位(UK6位)
  [ Jeff Lynne ]
 /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
 Electric Light Orchestra 
 E.L.O.

#179-2015年12月03日(木)

01) Confusion
 コンフュージョン  1979年37位(UK8位)
 [ Jeff Lynne ]
  /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
  Electric Light Orchestra 
  E.L.O.

02) Xanadu  
 ザナドゥ  1980年8位/AC2位(UK1位)
  [ Jeff Lynne ]
  /オリビア・ニュートン・ジョン 
  エレクリック・ライト・オーケストラ 
 Olivia Newton-Jhon
 Electric Light Orchestra 
 E.L.O.

#180-2015年12月04日(金)

01) Twilight
 トワイライト 1981年38位(UK30位)
 [ Jeff Lynne ]
  /エレクトリック・ライト・オーケストラ 
  Electric Light Orchestra 
  E.L.O.

02) One Step at a Time
 ワン・ステップ・アット・ア・タイム  2015年
  [ Jeff Lynne ]
  /ジェフ・リンズ ELO
 Jeff Lynne's ELO


民放AMラジオJRN系『萩原健太のMusic SMiLE』のエアプレイ・リストについては、順次データベース・サイトの方に蓄積させて頂いてますが、最近ブログへのページ別アクセス・カウンターを導入してみたところ、今でも第1週放送分へのアクセスが多く、またメール等でもちょくちょく問い合わせを頂戴してますので、もう一度あらためて案内させて頂きます。『萩原健太のMusic SMiLE』のエアプレイ・リスト、並びに過去の特集一覧は以下リンク先のページよりご確認頂けます(曲目やアーティスト名の検索も一応可能です)。残念ながら番組の公式HPは開設されないそうですし、参考になれば幸いです。

 https://sites.google.com/site/yasuhirockshow/home/tbs-radio/jrn

先週の第36週文化放送『くにまるジャパン』11月25日(水)放送における「洋楽ジャパンX」のコーナーに続いて、待望のエレクトリック・ライト・オーケストラ特集!上記の通り、新曲以外はNHK-FM『ポップス・グラフィティ・オールディーズ』2000年12月11日放送のELO特集をほぼ踏襲した名曲オンパレードの鉄板プレイリスト。ジェフ・リンは勿論、健太さんもブレません!それにしても、ELOとしての新作が14年ぶりというのもさることながら、あのCD3枚組のBOXセット『Flashback』のリリースから、早いもので丸15年になるんですね・・・。

アローン・イン・ザ・ユニヴァース アローン・イン・ザ・ユニヴァース
(デラックス・エディション)
(完全生産限定盤)

(2015/11/18)
ジェフ・リンズELO


ちなみに、ELOの新作タイトルが『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』なのに対し、同じ日にリリースされた松尾清憲さんの新作『This Tiny World』に収録されてるジェフ・リンへのオマージュ「プラネット-孤独な惑星-」。まるで示し合わせたかのように、見事に符号していてビックリ!?鳥肌が立ちました。そう言えば松尾さんも、健太さんや杉真理さん、本秀康さんらと共に『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』を賞賛するコメントを寄せておられましたね(伊藤銀次さんも先月、杉さんの代打でDJを担当されたFM世田谷『アフタヌーンパラダイス』木曜日にてELOのミニ特集を組んで下さってました)。

 http://www.sonymusic.co.jp/artist/ElectricLightOrch/page/comment

嬉しいことに、昨夜放送のInterFM『TERAOKA MUSIC』は、健太さんをゲストに迎えての 「Bob Dylanのブートレグ・シリーズ」特集でしたけど、来週12月15日(火)の放送も引き続き健太さんゲストでELO特集とのこと!!呼人さん、年に4回も健太さんをゲストに呼んで下さって有難うございます。

| Radio Sweetheart | comments:40 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『レコード・ダイアリー2016』

レコード・ダイアリー

2015年11月16日(月)

『レコード・ダイアリー2016』
勿論購入させて頂きました(16冊目!)。
曲名駄洒落クイズのイラストがまた愉快なので、
これ眺めながら楽しい1年にしたいです。


 http://musicmagazine.jp/published/rcex-201512rd.html

レコード・ダイアリー

2015年11月17日(火)

『レコード・ダイアリー』、
歴代の裏表紙を見比べてみても、
やはりそれぞれに面白味溢れています。



ということで、昨年に続き今年も恒例の記念写真。お察しの通り、コレクターズのライヴ前にタワレコへ立ち寄ったのはこれとレココレ最新号を買う為でした(実はもう一箇所立ち寄った場所があります)。
結局、ダイアリーは勿論、2015年の「新・名盤探検隊」ポスターカレンダーは未使用のままです(貰い物とか、ダイソーのダイアリーとか使ってます・苦笑)。

現代版 判じ絵本 ピースフル現代版 判じ絵本 ピースフル
(2015/12/11)
倉本美津留, 本秀康
文藝春秋


どうやら本さんがアートワークを手掛けるオールタイム・ベストなCDブック『ニュー・ベスト・オブ・松尾清憲』は来年1月27日に発売延期となったようですけど、そのぶん物凄いモノにになるんじゃないかと益々期待は膨らむばかり。倉本美津留さんとのコラボによる本さんの新刊『現代版 判じ絵本』も面白そうなので楽しみ!!

 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163903811

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「約束の十二月」

斉藤和義

先月の「十一月(novembre)」に続く今月の歌斉藤和義さんの「約束の十二月」をチョイス(SIONの「12月」は2年前にも書いてましたしね)。「誰かの冬の歌」と両A面だったこのマキシCD、カップリングに入ってるリチャード・ヘル日本語カヴァー「I'm Your Man」(コーラスはフラカン!)目当てに春先にハードオフで捕獲したんですけど、初回特典のステッカー帯付きにも拘わらずジャンク27円という値段には流石に驚きました!?ちなみにその際、一緒に購入したのは以下の2枚(ブログには書きそびれてたのでついでに載せときます)。

REM

2015年03月08日(日)

ギター眺めにハードオフ行ったら、
中古CDジャンク108円コンテナに何故か
R.E.M.『モンスター』が埋もれてたのでレスキュー
(ジャンクどころか、盤面もジャケも美品のUS盤です)。
カーステ用にします。


冒険者たち

楠瀬誠志郎さんの『冒険者たち』
108円だったのでREMと一緒にレスキュー。
杉真理さん作詞の4曲目「君の選んだ小さな傘」は
コーラスアレンジも杉さん(編曲は岡田徹さん)。
その他、井上鑑さんやチャカさん、
山本俊彦さんらのお名前も。


斉藤和義 斉藤和義

そう言えば先月、コレクターズのライヴ観に行く前にタワーレコードの梅田大阪マルビル店に立ち寄ったら斉藤和義さんの新作発売を記念した写真パネル展をやってて、ご本人のサインも入ってました!その時の話はまだまだ尽きないので、近いうちにまたあらためて)。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#97

ザ・ベスト・オブ・ザ・トーケンズザ・ベスト・オブ・ザ・トーケンズ
(2015/6/24)
トーケンズ


『亀渕昭信のお宝POPS』#97
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
KBS京都ラジオ2015年11月08日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Red Rubber Ball 
レッド・ラバー・ボール 1966年2位
[ Paul Simon / Bruce Woodley ]
/サークル The Cyrkle

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
サンズ・オブ・チャンプリンの『Sons』
(米キャピトル盤LP)をプレゼント!


02) It's Time イッツ・タイム 1969年
 [ Sons of Champlin ]
 /サンズ・オブ・チャンプリン
 Sons of Champlin

CM
-リクエスト-
03) To Know Him Is To Love Him
 会ったとたんに一目ぼれ 1958年1位  
 [ Phil Spector ]
 /テディ・ベアーズ Teddy Bears

-亀渕さんセレクト-
04) The Lion Sleeps Tonight
 ライオンは寝ている 1961年1位
 [ Solomon Linda / Hugo Peretti / Luigi Creatore
 / George David Weiss / Albert Stanton ]

 /トーケンズ The Tokens

-リクエスト- 
05) True Colors 
 トゥルー・カラーズ 1986年1位/AC5位
 [ Billy Steinberg / Tom Kelly ]
 /シンディ・ローパー Cyndi Lauper

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第97回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

放送97回目にして初めて沖縄からリクエストが来たと亀渕さん喜んでらっしゃいましたが、恥ずかしながらLGBT(性的少数者)の尊厳やLGBTの社会運動を象徴する旗が虹色なのはシンディ・ローパー「トゥルー・カラーズ」に由来してたとは知りませんでした(早速調べてみたところ、シンディは「トゥルー・カラーズ基金」なるものを設立し、自らがデザインしたスニーカー「トゥルー・カラーズ・コレクション」と名付け、売り上げの一部をホームレスのLGBTユースの支援に充てる活動などもしてるようですね。3.11の時にもお世話になりましたけど、アーティストとしては勿論、彼女の信念に基づいた行動姿勢にも尊敬の念が増すばかりです)。

ところで、何でも12月第2週の放送では【にっぽん全国洋楽番組めぐり】のコーナーでラジオ関西『カントリー・ミュージック・トラベル』が紹介されるんですってね!(『カントリー・ミュージック・トラベル』は毎週土曜日にFMみっきぃで拝聴させて頂いてるんですけど、前回の放送でそうアナウンスされてました)。果たして「HOWDY! ネイバー&フレンズ」の挨拶は『お宝POPS』でも聴けるのでしょうか?選曲やカントリー談義も含めて、大いに楽しみです。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅葉狩り2015

紅葉狩り2015

落葉のコンチェルトin京都御所

紅葉狩り2015 紅葉狩り2015 

落葉のコンチェルトin京都府立植物園

紅葉狩り2015 紅葉狩り

今年は黄色に癒されました。

紅葉狩り2015

ということで、これは『J.BOY』の続き。
昨年90周年だった京都府立植物園は日本で一番古い植物園
杉真理さん&村田和人さんの名月鑑賞ライヴの時は園内を見て周れなかったので
今年の紅葉狩りに再訪したような次第。この時期の京都はどこも混雑してますけど、のんびりゆったりと楽しめました。

紅葉狩り2015

そんな京都府立植物園内の「森のカフェ」鹿カレーが食べられるんですね(700円)。それはまた次回の楽しみにして(?)、暖かったので、テラス席でケーキセットを頂きました。

コスモス コスモス 森のカフェ

カフェの目の前は昨年秋に杉さん&村田さんのライヴを観に来た芝生の広場。ふと見上げれば青空に真昼の白い月、目線を下げるとコスモスも揺れてて、実にピースフルなひととき。

五輪真弓 文春文庫

そして紅葉狩りの帰りには当然レコ狩りキャロル・キングチャールズ・ラーキーが参加した五輪真弓さんの『風のない世界』(ストリングスアレンジはBECKの父上)、どっかにLPないかなと思って探してたら100000tアローントコさんの200円コーナーで巡り合えて感謝感激!(お陰で近頃、脳内で「煙草のけむり」がグルグル)。

更にアローントコ入口前の本棚で思いがけず文春文庫『だからスキャンダルは面白い』(1997年)も100円で発見!まさか今になって帯付きの初版が入手出来ようとは(言う迄もなく、本秀康さんによる表紙目当てです)。

白川 白川

鹿カレーは食べそびれたものの、お天気や収穫にも恵まれ、久々に白川豚角煮カレーにありつけたので大満足。角煮カレー、相変わらずトロトロで抜群に美味いですが、とんかつも美味しいみたいですねぇ!
今度はとんかつカレーにしてみますか(^^)。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晩夏の収穫2015

愛のさざなみ

2015年08月26日(水)

中古シングル百円均一箱で「愛のさざなみ」
を見つけて思わずガッツポーズ。
某レコ屋さんで600円だったのより
盤もジャケもコンディション上々!

posted at 20:41:15

橋幸夫 橋幸夫

2015年09月01日(火)

「雨の中の二人」
母の橋幸夫コレクションにはなかったので
自分で買いました。アダプター要らずの
45回転盤でB面のテケテケ歌謡も痛快。
それにしてもまさか「雨の中の二人」に
振付があったとは!
「愛の夢を踊るニューダンス」って!?

posted at 19:46:10

と、遅ればせながらこれは「夏の収穫2015」以降の8月収穫分からいくつかピックアック。実はこれがまだまだ消化しきれてなくてブログに書きそびれていたのでした(^^;)。

パートリッジ・ファミリー オリジナル・キャスト

その他、同じシングル百円均一箱にはパートリッジ・ファミリーエジソン・ライトハウスなんかもあってウハウハ(ある意味、すかんちコレクターズのルーツ的な2曲ですしね!)。そして、やはり2度あることは3度あるらしく、またまた百円均一箱でオリジナル・キャストを発見。とりあえずオリジナル・キャストは100円なら全部買って、ダブったのはプレゼントやトレード用にしてるんですが、「朝やけの二人」は探し求めてた1枚。解説は朝妻一郎会長でした(どうやら、この辺りが呼び水になったのか、秋にはベル・レコードの収穫がザクザクと続くことに!)。

パーシー・フェイス

しかし、僕にとって一番の掘り出し物は何と言ってもパーシー・フェイスによるバカラックとビートルズのカヴァー集(国際情報社&CBSソニー盤。これって当時、一般書店やレコード店では販売してなかったんですか?)。

パーシー・フェイス パーシー・フェイス

そんなこととは知らずに、帰宅して全21ページのジャケット一体型ブックレットを開いたら、尊敬する木崎義二さんや野口久光さんによるライナー&イラストが掲載されててビックリ仰天有頂天!! とくに野口久光さんは昨年末、魅惑のヨーロッパ映画ポスター展を観に行って、もっと作品や文章に触れてみたいと思ってたところだったので、本当に嬉しい限りです(そう言えばポスター展のこともブログに書きそびれてました・・・)。

パーシー・フェイス パーシー・フェイス

『パーシー・フェイス、ビートルズ&バカラックのすべて』、こんなお宝レコードも運が良ければ108円で入手出来ちゃうんですから、この味をしめたら益々レコ漁りはやめられそうにありません(^^)。ちなみにこのシリーズは18作品あるらしく、野口久光さんが監修協力とクレジットされてました。是非またいつの日か他の盤にも巡り逢えますように。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |