Sweetheart Of The Radio

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン#02

GOLDEN☆BEST/チューインガムGOLDEN☆BEST/チューインガム
(2002/6/19)
チューインガム


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』5thシーズン第2回
特集:「おんなのこ☆おんなのこ」
2016年04月29日(金)17:55-21:00
DJ:安田謙一

http://jocr.jp/nighter/#fri

OP) Substitute
 恋のピンチ・ヒッター 1966年(UK5位)
 [ Pete Townshend ]
 /ザ・フー The Who

=おんなのこ☆おんなのこ=

【夜の始球式】
~予告先発

-リェーナ・カーチナ&ユーリャ・ヴォルコヴァ-
01) Нас не догонят
 ナス・ニェ・ダゴーニャット 2001年
 [ Sergio Galoyan / Trevor Horn / Ivan Shapovalov
 / Elena Kiper / Valeriy Polienko ]

 /タトゥー t.A.T.u.
 ※「Not Gonna Get Us」

【ワンコーラス!】
-ミー(未唯mie、根本美鶴代)&ケイ(増田恵子)-

02) S・O・S 1976年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:都倉俊一 ]
 /ピンク・レディー

【リクエスト】
-大貫亜美&吉村由美-

03) サーキットの娘 1997年
 [ 作詞・作曲・編曲:奥田民生 ]
 /PUFFY

【ピンク・レディー・フォロワー】
-ノン(大谷親江)&ナナ(山中奈奈)-

04) 導火線 1978年
 [ 作詞:麻生香太郎 / 作曲・編曲:馬飼野康二 ]
 /キャッツ★アイ

-エミ(泉山恵美子)&ユミ(泉山由美子)-
05) Love Beat 3-3-7 1979年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲・編曲:萩田光雄 ]
 /キューピット
 ※浅野ゆう子「ハッスル・ジェット」B面-1976年

-Wendy Melvoin & Lisa Coleman-
06) Waterfall
 ウォーターフォール  1987年56位
 [ Bobby Z / Lisa Coleman / Wendy Melvoin ]
 /ウェンディ&リサ Wendy & Lisa

-Bonnie Flower & Wendy Flower-
07) You Keep Hanging Up on My Mind 1969年
 [ Bonnie Flower / Wendy Flower ]
 /ウェンディ&ボニー  Wendy & Bonnie

-橋本恵美子(上沼恵美子)&橋本百々子(芦川百々子)-
08) 天満エレジー  1976年
 [ 作詞:山上路夫 / 作曲:猪俣公章 / 編曲:藤田はじめ ]
 /海原千里・万里

【ほぼ18時半の女!】
~辻内かおりさん登場です!気になるプロ野球情報を。

BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~『BURRN!】最新号情報も!

=おんなのこ☆おんなのこ=

-Mayte Mateus & Maria Mendiola -
09) Baccara Yes Sir I Can Boogie
 誘惑のブギー 1977年
 [ Frank Dostal / Rolf Soja ]
 /バカラ Baccara

【ぼんやり焦点の合わないこの季節に…】
-辻希美&加護亜依-

10) あぁ いいな! 2004年
 [ 作詞・作曲:つんく / 編曲:鈴木Daichi秀行 ]
 /W (ダブルユー)
 ※テレビ朝日系アニメ『ドラえもん』エンディング・テーマ

【リクエスト】
11) どこへ行くの 1970年 
 [ 作詞:横井弘 / 作曲:船村徹 ]
 /川﨑幸子・敏子

-児玉美代&梅原恵里-
12) 山田君 2000年
 [ 作詞・作曲:橋口靖正 / 編曲:江藤健吾 ]
 /0930 (おくさま)

- Alaitz Telletxea & Maider Zabalegi-
13) Hablame En Crisitiano
 わかるように話せ 1997年
 [ 作詞:アライツ・テレテェア,マイデル・ザバレギ / 作曲:アライツ・テレテェア ]
 /アライツ・エタ・マイデル
 Alaitz Eta Maider 

-早坂あきよ&小西直子-
14) サンシャイン・スーパーマン 1979年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /BIBI

-奏木純&小池唯-
15) Unison 2009年
 [ 作詞: Kenji & Jane / 作曲:Hidenori Tanaka ]
 /Tomato n'Pine (トマトゥンパイン)

-並木栄子&並木葉子-
16) 恋の風車 1969年
 [ 作詞:くるみ広彰 / 作曲・編曲:くるみ敏弘 ]
 /こまどり姉妹

CM
-19:00-
【7時台はたくさんの方からリクエストをいただいたこの曲から!】
17) トルコ行進曲
  Turkischer Marsch
 [ Wolfgang Amadeus Mozart ]
 /安田祥子&由紀さおり

-Letilia Barber & Katharine Barber-
18) 恋のインディアン人形 1974年
 [ 作詞:さいとう大三 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /リンリン・ランラン

-本田ゆか&羽鳥美保-
19) Birthday Cake 1996年
 [ Cibo Matto ]
 /チボ・マット Cibo Matto

【ご本人からのリクエスト?】
-mmm(ミーマイモー)&見汐麻衣-

20) you’re cool 2012年
 [ アニス&ラカンカ ]
 /アニス&ラカンカ Aniss & Lacanca

-HALCA(ハルカ)&YUCALI(ユカリ)-
21) (500)日のマジック 2012年
 [ 作詞:HALCALI / 作曲:斉藤和義 ]
 /HALCALI

-トミジュン&キク-
22) キス 1995年
 [ 作詞:冨田純 / 作曲:クボタタケシ、冨田純 ]
 /リカ

-白井那奈(なあ坊豆腐@那奈)&前田希美-
23) ななななのんのん 2014年
 [ 作詞・作曲・編曲:小西康陽 ]
 /ななのん

【構成員、ご存知の方教えてください!】
-サン(田村エミ)&ロペ(上村ゆき)-
24) 夜泣き女  1970年
 [ 作詞:川野ただし / 作曲:水島正和 / 編曲:郷徹也 ]
 /サンとロペ

-レナ(キノコ頭担当)&リサ(外はね頭担当)-
25) ニコラ  2008年
 [ 作詞:Chang Jung / 作曲・編曲:阿部靖広 ]
 /バニラビーンズ

-Althea Rose Forrest & Donna Marie Rei-
26) Uptown Top Ranking 1978年(UK1位) 
 [ Althea Forrest / Donna Reid ]
 /レサ・アンド・ドナ Althea & Donna

-カヒミ・カリィ&嶺川貴子-
27) 恋はイエイエ (新・アイドルを探せ) 1990年
 Love Is Yé-Yé (Looking for My Idol)
 [ Double Knockout Corporation(小沢健二&小山田圭吾) ]
 /ファンシー・フェイス・グルービー・ネーム
 Fancy Face Groovy Name

-もも(松永もも)&小春(松永小春)-
28) この先のシナリオはあなた次第 2015年
 [ 作詞・作曲:小春 / 編曲:チャラン・ポ・ランタン ]
 /チャラン・ポ・ランタン

-橋本絵莉子&福岡晃子-
29) CHA CHA CHA 2012年
 [ 作詞:G.Boido / 日本語詞:今野雄二
 / 作曲:B.Reitano,B.Rosellini,F.Baldoni,F.Reitano,G.Boido ]

 /チャットモンチー
 ※石井明美-1986年

-田中ユミ&玉井タエ-
30) 明治チェルシーの唄 1978年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲:小林亜星 ]
 /シモンズ

31) ハートブレイクホテルは満員 1981年
 [ 作詞:糸井重里 / 作曲: 山崎稔 / 編曲:馬飼野康ニ ]
 /春やすこ・けいこ

-ペ・インスン&ペ・インスク(パール・シスターズ)-
32) ニマ -別れたあの人- 1973年
 [ 作詞:うさみかつみ / 作曲:シン・ジュン・ション / 編曲:小谷充 ]
 /ジュンとシュク Jun & Shuku

-ハセガワミヤコ&戸田和雅子-
33) あふれる 2008年
 [ 作詞・作曲:長谷川都、戸田和雅子 ]
 /Quinoco

CM
-20:00-
=おんなのこ☆おんなのこ=
-鈴木早智子&相田翔子-
34) 時計をとめて 1992年
 [ 作詞・作曲:堀下健(水橋春夫) / 編曲:門倉聡 ]
 /Wink ウィンク
 ※ジャックス-1968年

-Janice Marie Johnson & Hazel Payne -
35) Boogie Oogie Oogie
 今夜はブギ・ウギ・ウギ 1978年1位/R&B1位  
 [ Janice Marie Johnson / Perry L. Kibble ]
 /テイスト・オブ・ハニー
 A Taste Of Honey
 
-TAKAKO(平沢貴子)&SACHIKO (平沢幸子)-
36) Shake 1999年
 [ 作詞・作曲:DOUBLE / 今井了介 ]
 /DOUBLE

-Patience Ann McIntyre & Prudence Ann McIntyre-
37) A Smile and a Ribbon
 微笑とリボン 1956年
 [ Robert Wells / Mark McIntyre ]
 /ペイシェンス&プルーデンス
 Patience and Prudence

-アサノサトミ&ススキダユウカ-
38) Late Night Radio 
 ラジオの恋人 1997年
 [ Bill Danoff / Taffy Danoff ]
 /Petty Booka ペティ・ブーカ
 ※John Denver-1975年

【構成員不明です…】
39) ワンサカ娘'78(日本語ヴァージョン) 1978年
 [ 作詞・作曲:小林亜星 ]
 /ブロンド・オン・ブロンド
 ※かまやつひろし-1961年

-法貴和子&田口和美-
40) We Are Ninja (Not Geisha)
ウィー・アー・忍者  1983年
 [ Hohki / Taguchi / Toop / Beresford / Iwatsubo ]
 /フランク・チキンズ Frank Chickens

【映画『ロシュフォールの恋人たち』より】
41) Chanson Des Jumelles
 双生児姉妹の歌 1967年
 [ Jacques Demy / Michel Legrand ]
 /フランソワーズ・ドルレアック&カトリーヌ・ドヌーヴ
 Catherine Deneuve / Francoise Dorleac

-ジングル-
【21時29分の女!】
~辻内かおりさん、再登場!今日のプロ野球情報
~『パワプロ野球2016』発売のニュース


BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

=おんなのこ☆おんなのこ=
-松田りか&松田マミ-
42) 海のみえる放送局 1972年
[ 作詞:藤吉正孝 / 作曲:松田りか / 編曲:馬飼野俊一 ]
 /チューインガム

-山口津也子&山口美也子-
43) 恋はひまわりのように 1972年
 [ 作詞:山口あかり / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:竜崎孝路 ]
 /ルリーズ

-湯本浩子&湯本悦子-
44) かなしみ発しあわせ行 1979年
 [ 作詞:藤公之介 / 作曲:森田公一 / 編曲:竜崎孝路 ]
 /ロコとエッコ

-長与千種&ライオネス飛鳥-
45) 嵐の伝説(レジェンド) 1985年
 [ 作詞:森雪之丞 / 作曲:後藤次利 / 編曲:大谷和夫 ]
 /クラッシュギャルズ 

-豊田順子&豊田礼子-
46) ある夜の出来事 1969年
 [ 作詞:山口あかり / 作曲:田辺信一 / 編曲:高見弘 ]
 /ザ・バーズ 

47) Talkin’ About My Baby 1966年
 [ Dave Hamilton ]
 /ドッティー&ミリー Dottie & Millie

-大谷香奈子&天野なぎさ-
48) センチ・メタル・ボーイ 1984年
 [ 作詞:売野雅勇 / 作曲・編曲:井上大輔 ]
 /キララとウララ

49) マコとノンコのごきげんいかが1・2・3 1981年
 [ 作詞:スネークマン・ショー/ 作曲:細野晴臣 / 編曲:高田弘 ]
 /岡雅子・石渡のり子
 ※補作詞:秋元康

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイスゲームでした!
次回は5月13日(金)午後5時55分プレーボール!


【50組目はやっぱり… 】
-伊藤エミ&伊藤ユミ-

50) Stardust スターダスト  
 [ Mitchel Parish / lHoagy Carmichael ]
 [ 編曲:宮川泰 ]

 /ザ・ピーナッツ
 ※Hoagy Carmichael & His Orchestra-1927年


ラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン第2戦における2人組ガール・グループ大特集「おんなのこ☆おんなのこのエアプレイ・リスト、気合い入れて超特急で作成させて頂いたんですが、アライツ・エタ・マイデルアニス&ラカンカ(カッコイイ!)だけ作者クレジット確認出来ませんでした(スミマセン、あとサンとロペブロンド・オン・ブロンド構成員も)。その他、不備不足などあるようでしたらご指摘頂けると助かります。

後半はオンエア曲目の実況ツイートも追いつかないくらい怒涛の全50曲。女性デュオ尽くし、というだけでもなかなか大胆な企画なのに、50人×2「100人乗っても大丈夫」というオチのために3時間ブチ抜く番組は他にないでしょう(笑)。やっぱ『夜ピン』最強!

それにしても、まさか21世紀になって春やすこ・けいこ「ハートブレイクホテルは満員」をラジオで聴けるとは!?折りしも「昭和の日」だっただけに、やすこ・けいこをはじめ、昭和の曲がやけに感慨深かったんですけど、記憶の遠い彼方に忘れかけてたピンク・レディー・フォロワーの楽曲の良さに今になって気付けたことも個人的には収穫でした。

尚、念のため確認してみたところ、チャットモンチー「CHA CHA CHA」以外にも、バニビ「ニコラ」ジュンとシュク「ニマ -別れたあの人-」辺りが番組2度目のオンエアのようでした。過去のエアプレイ・リストについてはこちらのカテゴリータグ、或いは『夜のスコアブック』(こちらは昨シーズン分迄)をご参照下さい。


【追記】ブログのコメント欄にサンとロペの貴重な構成員情報を頂戴しました(ままならずさま、感謝申し上げます!)。【追記2】 アニス&ラカンカの作者クレジットを教えて頂きました(みはらさん、有難うございます!)【追記3】ディレクターの中澤さんからアライツ・エタ・マイデルの作者クレジットを教えて頂きました(有難うございます!)。


スポンサーサイト

| yasudaida | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『昭和音楽堂』:村田和人追悼特集

GO POPGO POP
(2011/8/10)
村田和人


SBSラジオ
『林哲司&半田健人 昭和音楽堂』
~村田和人追悼特集
2016年4月24日(日)21:00-21:30
DJ:林哲司、半田健人

http://www.at-s.com/sbsradio/program/ongakudo/

01) 電話しても 昭和57年(1982年)
 [ 作詞・作曲:村田和人 / 編曲:山下達郎 ]
 /村田和人

02) 一本の音楽  昭和58年(1983年)
  [ 作詞:安藤芳彦 / 作曲:村田和人 / 編曲:山下達郎 ]
 /村田和人

03) SUMMER VACATION 昭和58年(1983年)
 [ 作詞:安藤芳彦 / 作曲:村田和人 / 編曲:新川 博 ]
 /川島なお美 
 ※村田和人(duet with 竹内まりや)-1984年
 [ 作詞:安藤芳彦 /作曲・編曲:村田和人 ]


04) MY DEAR〜親愛なる君へ 平成元年(1989年)
 [ 作詞:森本抄夜子 / 作曲:村田和人 / 編曲:佐藤準 ]
 /光GENJI

05) SKY LOVE 昭和63年(1988年)
 [ 作詞:田口俊 / 作曲:村田和人 / 編曲:幾見雅博 ]
 /村田和人


『昭和音楽堂』村田和人さんの追悼特集をと、リクエスト・メールを送信させて頂いたのは少し前のことだったので、ボツだったのかなと思いきや、こうして採用して下さったばかりか、拙いメールを林先生に読んで頂き大変恐悦至極です。限られた時間の中でも、マニアックなレコーディング談義などを交えつつ、初期の代表曲やレコード会社移籍後の最大のヒット曲に加え、提供楽曲、それも光GENJIまでかけて下さるとは!本当に有難うございました。

村田さんの追悼特集、IBCラジオTBCラジオなどのネット局では今週末の放送となりますので、ご興味のある方は是非。昨年秋からは『ずーーっとずっと、ずっと夏。』ハワイAMラジオ局でも放送されてるという『昭和音楽堂』、ハワイのラジオで村田さんの歌声が聴けたら、更にピーカンな気分になること間違いないでしょうね。

| Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#120

Star Spangled SpringerStar Spangled Springer
(2012/5/7)
Phil Everly


『亀渕昭信のお宝POPS』#120
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2016年04月16日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2016年04月17日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Amazon
 アマゾン 1979年
 [ Earl Klugh ]
 /アール・クルー Earl Klugh

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
アリス・クーパーの白いトレーナー(当時のMサイズ)
をプレゼント!


02) School's Out
 スクールズ・アウト 1972年7位
 [ Alice Cooper / Dennis Dunaway / Glen Buxton
 / Michael Bruce / Neal Smith ]

 /アリス・クーパー Alice Cooper

CM
-リクエスト-
03) The Air That Breathe
 安らぎの世界へ 1973年
 [ Albert Hammond / Mike Hazelwood ]
 /フィル・エヴァリー Phil Everly
 ※Albert Hammond-1972年
 ※The Hollies-1974年6位/AC3位


【VIVA! 音楽業界の仕掛け人】
ゲスト:南海放送から
社長の田中和彦さん
ラジオソムリエ、白☆優さん(白石優子さん)

http://blog.rnb.co.jp/r_sommelier/

04) The Greatest Love Of All
 グレイテスト・ラヴ・オブ・オール 1986年1位/AC1位/R&B3位
 [ Linda Creed / Michael Masser ]
 /ホイットニー・ヒューストン Whitney Houston
 ※George Benson-1977年24位/R&B2位

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第120回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

無人島に持って行きたいくらい一番お好きなフィル・エヴァリー「The Air That Breathe」にリクエストが来て、興奮して語ってるうちに肝心の曲名を紹介し忘れちゃう亀渕さん(^^;)。でも、デュアン・エディがプロデュースを手掛けているということ、美しいアレンジはウォーレン・ジヴォンによるものだということ、そして何よりこの曲このヴァージョンが素晴らしいということがよくわかりました!(そう言えば亀渕さん、この曲を聴きたいがためにアルバート・ハモンドの東京公演を観に行ったと『レコード・コレクターズ』2016年4月号ライヴ・レポートを寄稿されてましたね)。



南海放送さんのラジオソムリエ、とっても素敵な試みですし、確かにradikoプレミアムコミュニティFMのサイマルネットなどで全国どころか、その気になれば世界中のラジオが聴けちゃうこの御時世、自力では到底全部把握しきれないので、どんどん広めて欲しいです。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#119

Forever YoungForever Young
(2008/9/23)
Bob Dylan (著)
Paul Rogers (イラスト)


『亀渕昭信のお宝POPS』#119
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2016年04月09日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2016年04月10日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Geraldine
 ジェラルディン 1967年/1969年
 [ Lou Zerato ]
 /ブーツ・ウォーカー Boots Walker  

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ボブ・ディラン著、ポール・ロジャーズの
イラストによる絵本『Forever Young』の英語版をプレゼント!


02) Forever Young
 いつまでも若く 1974年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan

CM
-リクエスト-
03) The Hurdy Gurdy Man
 ハーディー・ガーディー・マン 1968年
 [ Donovan ]
 /ドノヴァン Donovan

-亀渕さんセレクト-
04) The Loco-Motion
 ロコモーション 1988年3位(UK2位)
 [ Carole King / Gerry Goffin ] 
 /カイリー・ミノーグ Kylie Minogue
 ※Little Eva-1962年1位/R&B1位

-リクエスト-
05) Heartbreaker
 ハートブレイカー 1970年72位
 [ Mark Farner ]
 /グランド・ファンク・レイルロード
 Grand Funk Railroad

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第119回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントはボブ・ディランの絵本『Forever Young』。僕も英語版を買ったんですけど、今は日本語版『はじまりの日』の方が容易に入手出来るようですね(スペイン語版も出てたのか!)。

Geraldine

ジェラルディン「ブーツ・ウォーカー」、久し振りにラジオで聴きました。ジャケには八木誠さんの解説に加え、朝妻一郎会長や星加ルミ子さん、湯川れい子さんらの推薦文も。日本でヒットさせてやろうという熱意を感じます(日本盤は69年ですが、米盤は67年に出てたんですね)。

亀渕さんセレクトによるカイリー・ミノーグちゃんが途中でフェイドアウトされちゃったのは少々残念でしたけど(^^;)、その代わり30分番組でも6分30秒近い「ハートブレイカー」はほぼフルコーラス!(そう言えばこの曲、第69回放送以来となる2度目のオンエア。前回はライヴ・ヴァージョンで今回がスタジオ・ヴァージョン、どちらもフルコーラスという心意気があっぱれじゃないですか)。イントロに亀渕さんの叫びがほんのちょびっとカブってしまいましたが、それは「ハート無礼講」ということで(笑)。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「失われた愛の世界」

田植え準備2016 田植え準備2016

桜の季節もあっという間に終わり、我が家の田植え準備もいよいよ本格化。

田植え準備2016 田植え準備2016

先週末も、田んぼでいい汗をかいてました。正直、レコード・ストア・デイって気分でもなかったですし、テレビやネットを見てると心苦しくなってしまうので、やるべきことがあってよかったです。

この度の熊本・大分地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
どうぞ一刻も早く余震が収束がして、平穏な日常が戻りますように。
そしてもうこれ以上、被害が広がりませんように(祈)。

失われた愛の世界

こうゆう時ってやっぱり、テレビやネットよりも、ラジオがいいですよね(地震の報道に限らず、個人的には近頃益々テレビへの信頼度や期待値は下がる一方)。あまり音楽を聴こうという心持ちになれない時でも、ラジオで誰かの語りと、誰かの選曲に乗っかると、すっと耳に入ってきます(誰かの選曲に乗っかることって、大事)。ビー・ジーズ『失われた愛の世界』も、クリス松村さんや坂本慎太郎さん(!)がラジオでかけてらっしゃるのを聴いて、あらためてその魅力を再認識することが出来ました。ギブ兄弟の息の合ったハーモニーやファルセット・ヴォイスに癒しを求めたくなる今日この頃です。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン#01

神戸、書いてどうなるのか神戸、書いてどうなるのか
(2015/11/26)
安田謙一


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』5thシーズン第1回
2016年04月15日(金)17:55-21:00
DJ:安田謙一

http://jocr.jp/nighter/#fri

OP) Substitute
 恋のピンチ・ヒッター 1966年(UK5位)
 [ Pete Townshend ]
 /ザ・フー The Who

【夜の始球式】
~気持ちが先走ってます!

01) Saturday Night
 サタデイ・ナイト  1976年1位 
 [ Phil Coulter / William Martin ]
 /ベイ・シティ・ローラーズ Bay City Rollers

【ウィークエンド気分で!】
02) Working For A Weekend
 それ行け!ウィークエンド 1981年29位
 [ Matt Frenetta / Mike Reno / Paul Dean ]
 /ラヴァーボーイ Loverboy

【それ行け!】
03) Week-End
 ウィークエンド 1998年
 [ 作詞・作曲・編曲:小西康陽 ]
 /ピチカート・ファイヴ Pizzicato Five
 ※Duet with 加藤ひさし(THE COLLECTORS)

【4月15日が誕生日】
04) Information
 恋のインフォメーション 1983年106位
 [ Dave Edmunds / Mark Radice ]
 /デイヴ・エドモンズ David Edmunds

【リクエスト】
05) 君の瞳に恋してる 1986年
 Can't Take My Eyes Off You
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ]
 [ 日本語詞:高柳恋 / 編曲:小林信吾 ]

 /少女隊
 ※Frankie Valli-1967年2位

【先月、アマに来てました!】
06) Georgy Porgy
 ジョージー・ポーギー 1979年48位/R&B18位
 [ David Paich ]
 /TOTO 

【アマから十三へ】
~とと姉ちゃん!

07) 十三の夜 1971年
 [ 作詞・作曲:藤田まこと / 編曲:斉藤正雄 ]
 /藤田まこと

【最新作『『COSMIC EXPLORER』から】
08) Baby Face 2016年
 [ 中田ヤスタカ ]
 /Perfume パフューム

-ジングル-
【新コーナー:今日のプロ野球】
~18時半の女、辻内かおりさん、初登板。

BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~神戸市の安田謙一さんからのリクエスト!スティーリー・ダン歌謡。
09) どんくさいほどコンサバ 2016年
 [ KAN ]
 /KAN

【次回の夜ピン!】
~4月29日(金)の放送は女の子2人組の曲を大特集!
題して「女の子、おんなのこ」。

BGM) 渚のシンドバッド(カラオケ) 1977年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:都倉俊一 ]
 /ピンク・レディー

【アルバム『META』から】
10) Don’t Move 2016年
 [ 作詞: Leo Imai , Towa Tei
 / 作曲: Keigo Oyamada , Leo Imai , Towa Tei ]

 /METAFIVE

【METAFIVEを聞くと聞きたくなる】
11) Copy Me
 コピー・ミー 1988年
 [ Arto Lindsay / Peter Scherer ]
 /アンビシャス・ラヴァーズ Ambitious Lovers

【4月15日は塩屋・旧グッゲンハイム邸、
4月16日は大阪・CHOVE CHUVAでライブ!】

12) Desafinado 
 ディサフィナード 2014年
 [ Antonio Carlos Jobim / Newton Mendonca ]
 [ 日本語詞:Taxi Saudade ]

 /タクシー・サウダージ Taxi Saudade 
 ※Antonio Carlos Jobim-1959年

【リクエスト】
13) 河を野菊が 1970年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /高田恭子

CM
-19:00-
【特集:夜のアイム・ノット・イン・ラブからの…】
14) I'm Not In Love
 アイム・ノット・イン・ラヴ 1975年2位(UK1位)
 [ Graham Gouldman / Eric Stewart ]
 /10cc 
 ※シングル・エディット・ヴァージョン

~コーラスの多重録音など10ccの手法に目を付けた
プロデューサーのフィル・ラモーンがその成果で発揮

15) Just The Way You Are
 素顔のままで 1978年3位/AC1位
  [ Billy Joel ]
 /ビリー・ジョエル Billy Joel

~「アイム・ノット・イン・ラブ」間奏のささやき
「Big boys don't cry」はこの曲が元ネタ

16) Big Girls Don't Cry 
 恋はヤセがまん 1962年1位/R&B1位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ] 
 /フォー・シーズンズ Four Seasons 

~ 「Big boys don't cry」のささやきのみならず、
「アイム・ノット・イン・ラヴ」の構造をダイナミックに活用した名曲

17) Lily On The Hill 2008年
 [ Bice ]
 /Bice ビーチェ

~これこそ「恋はヤセがまん」という邦題を付けたい魅力的なカヴァー
18) I'm Not In Love
 アイム・ノット・イン・ラヴ 1976年
 [ Graham Gouldman / Eric Stewart ] 
 /リッチー・ヘヴンス Richie Havens

-ジングル-
【夜のレコード・マンスリー~1976年4月号より】
19 In France They Kiss On Main Street
 フランスの恋人たち 1976年66位
 [ Joni Mitchell ]
 /ジョニ・ミッチェル Joni Mitchell

20) 魔法の鏡 1976年
 [ 作詞・作曲:荒井由実 / 編曲:竜崎孝路 ]
 /早乙女愛
 ※荒井由実-1974年

21) Never Gonna Let You Go
 恋のアクション 1976年
 [ Warren Schatz ]
 /ヴィッキー・スー・ロビンソン  Vicki Sue Robinson
 ※Disco Singles-4位
 ※Dance Music/Club Play Singles-10位


22) 殺られ節 1976年
 [ 作詞:深作欣二 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:小谷充 ]
 /川谷拓三

23) 50 Ways To Leave Your Lover
 恋人と別れる50の方法 1976年1位/AC1位
 [ Paul Simon ]
 /ポール・サイモン Paul Simon

24) Titles
 ビートルズよ永遠に 1975年
 [ Traditional. Arranged By-John Lees ]
 /バークレイ・ジェームス・ハーヴェスト
 Barclay James Harvest

25) 冥想 1976年
 [ 作詞・作曲:尾崎亜美 / 編曲:松任谷正隆 ]
 /尾崎亜美

26) およげ!ジョーズくん 1976年
 [ 作詞:ザ・ジョーズ / 作曲:城賀イサム / 編曲:チト河内 ]
 /ザ・ジョーズ

27) 涙のディスコナイト 1976年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲:佐藤寛 / 編曲:川口真 ]
 /欧陽菲菲

28)(They Long to Be) Close to You
 遥かなる影 1976年82位/R&B31位
 [ Burt Bacharach / Hal David ]
 / B.T.エクスプレス
 B.T. Express
 Brooklyn Trucking Express
 ※Richard Chamberlain-1963年
 ※Carpenters-1970年1位/AC1位


CM
-20:00-
【夜のラッキー7】
~ヴァイオレント・ファムズの『We Can Do Anything』

29) Big Car
 ビッグ・カー 2016年
 [ Gordon Gano ]
 /ヴァイオレント・ファムズ The Violent Femmes

30) Issues
 イシューズ 2016年
 [ Gordon Gano / Kevin Griffin / Sam Hollander ]
 /ヴァイオレント・ファムズ The Violent Femmes

31) What You Really Mean
 ホワット・ユー・リアリー・ミーン 2016年
 [ Cynthia Gayneau ]
 /ヴァイオレント・ファムズ The Violent Femmes

-ジングル-
【今日のプロ野球】
~18時半の女、辻内かおりさん、再登板。

BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~神戸市の安田謙一さんからのリクエスト!
32) 矛盾、はじめました 2016年
 [ 作詞:土岐麻子 / 作曲:さかいゆう / 編曲:connie、NEGiBAND ]
 /Neggico

【サリーとシロー 岸辺のアルバム】
~マチート楽団
『ブーガルー・アット・ビート・ポップス(Machito Goes Memphis)』


33) Shake シェイク 1968年
 [ Sam Cooke ]
 /マチート楽団  Machito And His Orchestra
 ※Sam Cooke-1965年7位/R&B2位

34) Fa-Fa-Fa-Fa-Fa
 ファ・ファ・ファ  1968年
 [ Otis Redding / Steve Cropper ]
 /マチート楽団  Machito And His Orchestra
 ※Otis Redding-1966年29位/R&B12位

【夜のトリプルプレー】
35) バイバイでさようなら 2016年
 [ 作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:エンドウ. ]
 /ももいろクローバーZ

36) 宇宙興行 2008年
 [ 作詞・作曲:横山剣 編曲:横山剣、小野瀬雅生 ]
 /クレイジーケンバンド CRAZY KEN BAND
 CKB

37) The World And His Wife
 コステロ音頭 1983年
 [ Elvis Costello ]
 /エルヴィス・コステロ Elvis Costello
 Elvis Costello & the Attractions

【次回の夜ピン!】
~4月29日(金)の放送は女の子2人組の曲を大特集!
題して「女の子、おんなのこ」。

BGM) UFO(カラオケ) 1977年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:都倉俊一 ]
 /ピンク・レディー

【リクエスト】
38) 狂い咲きフライデイ・ナイト 1981年
 [ 作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:鈴木宏昌 ]
 /タモリ

39) 復活LOVE 2016年
 [ 作詞:竹内まりや / 作曲・編曲:山下達郎 ]
 /嵐

40) Sweet Cherry Wine
 スイート・チェリー・ワイン 1969年7位
 [ Richard Grasso / Tommy James ]
 /トミー・ジェイムスとザ・シャンデルス
 トミー・ジェイムス&ザ・ションデルズ
 Tommy James & The Shondells

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!


41) Sylvie My Love
 銀河のロマンス 1980年
 [ Jun Hashimoto / Leslie McKeown
  / Scobie Ryder / Koichi Sugiyama ]

 /レスリー・マッコーエン Leslie McKeown
 ※ザ・タイガース-1968年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲・編曲:すぎやまこういち ]



KBS京都ラジオ『レコ室からこんにちは』FM COCOLO『Pranksters' Night~安田謙一的COCOLO』ロックンロール・ストーブリーグを挟んで、2014年のシーズン4以来、ようやく本拠地ラジオ関西に戻って迎えたシーズン5!及ばずながら今期も「スコアラー気分」で番組を楽しみつつ応援出来ればと思って、早速開幕戦のエアプレイ・リストを作成させて頂いたんですが、「およげ!ジョーズくん」だけどうしても情報が得られませんでした「たいやきくん」キンクスで、「カナヅチ君」エルヴィス、そして「ジョーズくん」「クロコダイル・ロック」ウルフマン・ジャックとは、フランク三浦歌謡、恐るべし!?)。

序盤、久し振りでしっくり来ないとおっしゃりつつも、金曜日なのにあえてスカして土曜日の曲から入ってみたり、TOTO「十三の夜」(「十三のねえちゃ~ん♪)で「とと姉ちゃん」という、シーズン1のアンジェリーナ・ジョリーを彷彿とさせる見事な連携プレーも飛び出したりと(笑)、随所でロックンロール無礼講な持ち味が愉快に炸裂(デイヴ・エドモンズさんのお誕生日祝いは最早恒例行事、そう言えばポール・サイモンの「恋人と別れる50の方法」シーズン4開幕戦でもかかってましたね)。お馴染みの名物コーナーは勿論、19時台の選曲も転がり具合が絶妙で興味深かったですし(『やすだけんいちのころがるいしのおと』?)、『プロ野球ニュース』へのオマージュに満ちた新コーナーも番組の趣向にぴったんこ!18時半の女=辻内かおりさんの更なるご活躍や『BURRN!』情報、お召しのロックTシャツなども今シーズンの密かな注目ポイントでしょうか(^^)。あと個人的にはリクエストをかけて頂いたこともさることながら、開幕戦から大好きなザ・コレクターズ加藤さんの歌声を聴けたことが嬉しかったです(祝・30周年!武道館!)。

尚、過去のエアプレイ・リストについてはこちらのカテゴリータグ、或いは『夜のスコアブック』をご参照下さい。


【4月22日追記】「およげ!ジョーズくん」の作者クレジット、教えて頂くことが出来ました!安田さん&中澤ディレクターさん、有難うございます!!

| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お花見2016

八幡堀

今年のお花見は地元で。

八幡堀 八幡堀

『あさが来た』『ちかえもん』でもお馴染みも八幡堀界隈は丁度満開だったんですが、生憎、空の色が少々微妙・・・。まだまだ京都大阪ほどではないものの、中国韓国からの観光客が昨年よりも激増してて驚きました。

シャーレ シャーレ

ランチタイムは琵琶湖岸のカフェにて、花よりピラフ&花よりコーヒーログハウスの店内ではまだ薪ストーブがガンガン大活躍、テラス席はもう少し暖かくなってからがいいかもしれません。

沖島

そして食後に堀切港から向かった先は琵琶湖の沖島昨年秋に初めて訪れた際、島のおっちゃんが「桜の季節にまたおいで」と声かけてくれたので、桜の季節に再訪してみた次第です。

沖島

確かに港を囲むように桜が咲き誇っていてキレイでした。

島猫 島猫

昨年の秋、人懐っこく膝の上に乗ってきてスヤスヤ眠ってた白猫ちゃん、ガリガリだったので心配してたんですけど、立派な船長さんになってました(笑)。もうすぐお母さんになるみたいです。

島猫

こちらは沖島小学校の近くで出逢った仔猫ちゃん、これまた人懐っこくて300メートルくらい道案内してくれましたよ!

島猫

ちゃんとついて来てるか時々後ろを振り返りつつ先導してくれるので、岩合さん気分で追跡。途中、ガシガシと爪をとぐ姿も無邪気で可愛らしいこと(^^)。

島猫島猫島猫

結局、島では花よりネコ歩き、というかリアルねこあつめって感じに(^^;)。

沖島

でも、この季節、のんびりゆったりとお花見を楽しむのには絶好の穴場かも。

沖島

片道15分の船旅も爽快だし、白猫ちゃんのベビー誕生も気になるので、またそう遠くないうちに再々訪したいです。

八幡堀 八幡堀

沖島から戻って、もう一度、八幡堀にも立ち寄ってみたんですが、残念ながら今回まりちゃんには逢えず。

飛び出し坊や飛び出し坊や飛び出し坊や

飛び出し坊やくん達はそれぞれ元気にご活躍でした。

セイリング

最後に、たとえ片道15分とはいえ、船に乗ると若大将やこの曲をついつい口ずさみたくなるものでこのレコードを(ベタですいません)。

ロッド ロッド

木崎義二さんのライナーノーツを読みながら聴く『アトランティック・クロッシング』もやっぱ最高(イラストでロッドが着てる横縞のユニフォームはやはりセルティックなのでしょうか?)。出逢いと別れが交差する、儚くて切ない桜の季節、「セイリング」は勿論、「Slow Side」と題されたB面の名曲バラード5連発がいつにも増して胸に沁みます(「イッツ・ノット・ザ・スポットライト」には、浜省「遠くへ」も重なります・・・)。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#118

Original Album SeriesOriginal Album Series
(2014/8/5)
Ten Years After


『亀渕昭信のお宝POPS』#118
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
ラジオ関西2016年04月02日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2016年04月03日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Stand By Me
 スタンド・バイ・ミー 1985年50位/R&B6位/AC11位
 [ Ben E. King / Jerry Leiber / Mike Stoller ]
 /モーリス・ホワイト Maurice White
 ※Ben E. King-1961年4位/R&B1位

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
テン・イヤーズ・アフターの缶バッヂ(1970年製?)をプレゼント!


02) I'd Love To Change The World
 チェンジ・ザ・ワールド 1971年40位
 [ Alvin Lee ]
 /テン・イヤーズ・アフター
 Ten Years After

CM
-リクエスト-
03) See No Evil 
 シー・ノー・イーヴル 1977年
 [ Tom Verlaine ]
 /テレヴィジョン Television 

【にっぽん全国洋楽番組めぐり】
#12:IBS茨城放送ラジオ
『ラテンフォルクローレをご一緒に』の飯田利夫さん


04) Luna Tucumana
 トゥクマンの月 1948年
 [ Atahualpa Yupanqui ]
 /アタウアルパ・ユパンキ  Atahualpa Yupanqui

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第118回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

新年度、最初の放送で紹介して下さったのはIBS茨城放送ラジオ『ラテンフォルクローレをご一緒に』、何とこの4月で39年目ですか!かつてはNHK-FMでも竹村淳さんによるラテン音楽の番組もありましたけど、残念ながら昨今、日本のラジオではなかなか耳にする機会も少ないですから、尚更貴重な存在ですね。早速、僕も番組を拝聴させて頂いたところ、最新の1972回(もうすぐ2000回!!)はアルゼンチンのスキャット・コーラス特集飯田利夫さんの穏やかな語り口と選曲がとっても耳心地よくて、日曜夕方のひととき、心癒されました(CMがなかったらNHKの番組かと思うくらい。でもスポンサーさんがスポンサーさんだけに、コーヒータイムのお供に最高ですね)。素敵な番組を紹介して下さって有難うございます。お陰で、また一つラジオを聴く楽しみが増えました(^^)。『お宝POPS』「こんな長く続くと思わなかった」「亀は万年、カメの番組は2年」だなんておっしゃらず(笑)、どうぞ末永く続けて下さい!

それにしても、テン・イヤーズ・アフターに当時そんなノベルティーの缶バッヂがあったとは!?(The Whoジミヘンもさることながら、個人的に『ウッドストック』でも『ワイト島フェスティバル』でも一番衝撃を受けたのはテン・イヤーズ・アフターでした。アルヴィン・リーの痛快なマシンガン・ピッキング大好きです)。ちょっぴり悔しいですが、デーブ・スペクターさんによる「ずっと長い間落ち着きのなかったロックバンド→テンイヤーズあたふた」という駄洒落も嫌いじゃないです(苦笑)。


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『萩原健太のMusic SMiLE』第54週

The RCA Albums CollectionThe RCA
Albums Collection

(2016/3/18)
Elvis Presley


民放AMラジオJRN系
『萩原健太のMusic SMiLE』
第54週: エルヴィス・プレスリーのCD60枚組BOXから
~60年代の主演映画サントラ音源特集
DJ:萩原健太


#266-2016年04月04日(月)

-Al.『G.I.ブルース(G.I. Blues)』サントラ-
01) Pocketful Of Rainbows
ポケットが虹でいっぱい 1960年
[ Fred Wise / Ben Weisman ]
/エルヴィス・プレスリー  Elvis Presley

-Al.『嵐の季節』サントラ-
02) Wild in the Country
嵐の季節 1961年
[ George David Weiss / Hugo Peretti / Luigi Creatore ]
/エルヴィス・プレスリー  Elvis Presley

#267-2016年04月05日(火)

-Al.『ブルー・ハワイ(Blue Hawaii)』-
01) No More 
ノー・モア(ラ・パロマ)  1961年
[ Don Robertson / Hal Blair ]
/エルヴィス・プレスリー Elvis Presley
※「La Paloma」[ Sebastián Iradier ]-1859年

-Al.『夢の渚(Follow That Dream)』-
02) Angel
ぼくの天使よ 1962年
[ Sid Tepper / Roy C. Bennett ]
/エルヴィス・プレスリー Elvis Presley
※Cliff Richard「ぼくのエンジェル」-1965年

#268-2016年04月06日(水)

-Al.『恋のKOパンチ(Kid Galahad)』サントラ-
01) Home Is Where The Heart Is
愛が住み家 1962年
[ Hal David / Sherman Edwards & Donald Meyer ]
/エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

-Al.『ガール!ガール!ガール!』サントラ-
02) A Boy Like Me,A Girl Like You
似合いのカップル 1962年
[ Sid Tepper / Roy C. Bennett ]
/エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

#269-2016年04月07日(木)

-Al.『ヤング・ヤング・パレード
(It Happened at the World's Fair)』-

01) They Remind Me Too Much Of You
あなたにそっくり 1963年53位
[ Don Robertson ]
/エルヴィス・プレスリー  Elvis Presley

-Al.『アカプルコの海(Fun in Acapulco)』-
02) You Can't Say No In Acapulco
アカプルコの恋唄 1963年
[ Dee Fuller / Lee Morris / Sid Feller ]
/エルヴィス・プレスリー  Elvis Presley

#270-2016年04月08日(金)

-Al.『キッスン・カズン(Kissin' Cousins)』-
01) One Boy, Two Little Girls
両手に花だが 1964年
[ Bill Giant / Bernie Baum / Florence Kaye ]
/エルヴィス・プレスリー  Elvis Presley

-Al.『ラスベガス万才(Viva Las Vegas)』-
02) I Need Somebody To Lean On
ひとりぼっちのバラード 1964年
[ Doc Pomus / Mort Shuman ]
/エルヴィス・プレスリー  Elvis Presley


『萩原健太のMusic SMiLE』、残念ながら南海放送中国放送南日本放送山口放送第52週(3月21日-3月25日)で終了となってしまいましたが、その他のネット局では放送が続いています(北日本放送では第53週から放送がスタート。静岡放送は放送時間が夜に移動しました)。データベースの特集一覧ページ2016年4月現在のネット局と放送時間一覧を新たに作成しましたので、どうぞご参照あれ。

 https://sites.google.com/site/yasuhirockshow/home/tbs-radio/jrn

第54週エルヴィスのCD60枚組BOX特集、だと流石に時間が足りないので(笑)その中から60年代の主演映画サントラ音源特集。ラジオでエルヴィスの豊潤な歌声が味わえる貴重なひとときでしたけど、それでもまだまだ全然尺が足りなかったような(^^;)。願わくば何年かかってもいいので60枚全部特集して欲しいくらいです(エルヴィス関連では5月28日の渋谷を皮切りに全国順次公開らしい映画『エルヴィス、我が心の歌』も、関西での上映館やスケジュールが気になります)。

エアプレイリストにも書いた通り、テッパー&ベネット作による「Angel」は、エルヴィスの邦題が「ぼくの天使よ」クリフ・リチャードの邦題は「ぼくのエンジェル」山下達郎さんはクリフのヴァージョンを念頭にカヴァーされてましたが、僕もこの曲はクリフの方が好きです。松尾清憲さんも確かそんなようなことおっしゃってましたっけ)。

エンジェル ウクレレ・ポケット・ミュージック

ちなみに、うちの母が持ってた1964年の『ウクレレ・ポケット・ミュージック』なるソングブックには「エンジェル」と記載。あらかは・ひろしさんによる日本語詞は当時どなたかがレコードで歌ってたのでしょうか?調べてみてもさっぱりわかりません。ご存知の方いらっしゃったら是非教えて下さい。【追記】何と、教えて頂くことが出来ました(有難うございます!)。詳しくはいずれまたあらためて。

Songs For Elvis...And Then I WroteSongs For Elvis...And Then I Wrote
(2003/11/10)
Don Robertson


あと「They Remind Me Too Much Of You」、作者ヴァージョンも聴いてみたいなと思って探してみたらYou Tubeにも上がってました。ドン・ロバートソン、ちゃんとBear FamilyからCDも出てるんですね。早速チェックしてみます。

そう言えば先日、ヤフー知恵袋こんなやりとりを偶然見つけました。僕が日々コツコツ構築してるデータベースが、どこかで誰かのお役に立っているのなら何よりです。

| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Add Some Records To My Day

20160325

2016年03月25日(金)

毎日が「RECORD STORE DAY」気分なこともあり、基本的にレコードフェア的な催事とかにはあまり行かない派なんですが、そんな主義はあっさり翻し、素敵なネーミングに引き寄せられて京都レコード祭りによる東急ハンズ京都店期間限定レコードショップ「ADD SOME RECORDS TO YOUR DAY!」(2016年3月15日-3月28日)へ。するとどうでしょう、いきなりお手頃な価格帯で探してたレコードに遭遇!(アン・マレーチェット・アトキンスのLPとかも500円くらいで僕好みのが結構ありました)。購入前に検盤出来るのも有難いです。

20160325

更に幸運なことに、いしいしんじさんの限定300部ミニミニ掌編Part.1もまだ残ってたので、勿論嬉しく頂戴したような次第。KBS京都ラジオ『いしいしんじのころがるいしのおと』、このところ欠かさず拝聴させて貰ってます(ゼンマイ式の蓄音機で聴くクラシックやジャズ、ブルースやロケンロールのSPレコードはラジオの電波を通しても魅力的で味わい深く、その迫力にも驚かされます。とくにセゴビアのギターなんて、SP盤が最高じゃないかと思うくらい。レコード好きなら番組HP眺めてるだけでも楽しめるのに、更新が滞り気味なのが少々残念)。

過去の京都レコード祭りは我が家の農繁期と重なってご縁がなかったものの、今年は7月開催とのなので、ようやくチャンス到来!是非伺いたいです。

冨美家鍋

そして、寒の戻りの京都で食べたいのは、やはり冨美家鍋
京都レコード祭りのお陰で今年2度目、店内のBGMは「Without You」の和楽器ヴァージョンでした!?

NHK京都放送局 NHK京都放送局

食事の後は錦市場でお茶と買い物を済ませ、烏丸御池に移動。ふらっと立ち寄ったNHK京都放送局身長3.9mの世界一大きい「どーもくん」にご挨拶(^^)。

真田丸 真田丸

丁度、2階で『真田丸』のパネル展をやってるというので覗いてみたら、『真田丸』『あさが来た』ポストカードが置いてあるではありませんか!!僕にとっては何よりのお土産です(NHKさん、おおきにだす)。

あさが来た NHK京都

そうそう、1階のエントランスには波瑠さんのサインも展示されてました。

20160325 20160325

一方、真新しいNHK京都放送局から通りを挟んだ新風館閉館3日前。既に多くのお店が閉店していて、すっかり淋しくなってました・・・。

京都鉄道博物館

かと思えば、京都駅では京都鉄道博物館のオープンに向けたカウントダウンが着々と進行中。

ポルタ ポルタ

京都駅前地下街のポルタでも京都鉄道博物館を紹介するパネル展示が行われていて、こんな可愛らしい記念撮影スポットも。

ポルタ

パネル展を見てたら、博物館への期待感が益々膨らむばかり。
レストランでまず食べるべきは、ドクターイエローオムライスでしょうか?

ちはやふる ちはやふる

ついでに映画『ちはやふる』衣装展もやってたのでパシャリ。
京阪大津線では『ちはやふる』のラッピング電車も走ってるんですけど、映画も評判上々みたいですね。

草刈正雄

以上、行動記録をざっとまとめただけで長くなってしまったので、レコードの収穫についてはそのうちまたあらためて。『真田丸』のお陰で、最近また草刈正雄さんの『青春の光と影』をよく聴いてます。「アローン・アゲイン」「クロコダイル・ロック」日本語カヴァー大好き!(ご覧の通り、僕のLPは帯無しなのに対し、小西康陽さんがお持ちのは帯付き。帯付きいいなぁ~)。

20160325

ゼスト御池の白川、長らく豚角煮カレーばっか食べ続けましたが、近頃はワンプレートセットがマイブームです。牛すじカレーはまたしても売り切れでした。


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#117

リック・アストリー・グレイテスト・ヒッツ(DVD付)リック・アストリー・グレイテスト・ヒッツ
(DVD付)

(2014/11/5)
リック・アストリー


『亀渕昭信のお宝POPS』#117
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国34局)
ラジオ関西2016年03月26日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2016年03月27日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) The Never Ending Story
 ネバーエンディング・ストーリーのテーマ 1985年17位/AC6位(UK4位)
 [ Giorgio Moroder / Klaus Doldinger ]
 /リマール Limahl

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
映画『野生の証明』(1978年)のTシャツ(カーキ色でMサイズくらい?)
をプレゼント!


02) Never Gonna Give You Up
 ギヴ・ユー・アップ 1987年1位(UK1位)
 [ Matt Aitken / Mike Stock / Pete Waterman ]
 /リック・アストリー Rick Astley

CM
-リクエスト-
03) Toujours Des Beaux Jours
 I Could Easily Fall In Love With You
 いつも青空 1965年
 [ Brian Bennett / Hank Marvin / John Rostill / Bruce Welch ]
 /シェイラ Sheila
 ※Cliff Richard-1964年(UK9位)

-亀渕さんセレクト-
04) TOKYO JOE 1977年
 トーキョー・ジョー
 [ Bryan Ferry ]
 /ブライアン・フェリー Bryan Ferry

-リクエスト-
05) Longer
 ロンガー 1979年2位/AC1位/C&W85位
 [ Dan Fogelberg ]
 /ダン・フォーゲルバーグ Dan Fogelberg

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第117回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

リック・アストリー(実は密かにファンです)や「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」は僕が10代の頃に流行ってた曲なので、リアルに懐かしく、ラジオでも何度も耳にしてますが、リマールの紹介時に「リマール、ちょっと変わった名前ですよね。大竹しのぶさんのお嬢さんがイマール、赤ちゃんの便器はオマール、こんな言ってる場合じゃないか、ちょっとゴメンなさい、コマールね」なんていう笑劇的なDJを聞いたのは今回が初めてです!?お陰で間違いなく今後、この曲を聴く度に亀渕さんの名調子も一緒に思い出すことでしょう(笑)。もし亀渕さんの日めくり名言(迷言?)カレンダーを発売するようなことがあれば是非これも盛り込んで欲しいところですけど、カレンダーの発売予定がないようなら、個人的にツイッターにDJ亀渕昭信名言Botでも作って毎日流したいくらいです。

ちなみに、薬師丸ひろ子さんといえば、僕が中学の入学祝いにステレオを買って貰った頃、テクニクスのカタログは薬師丸ひろ子さんが表紙でした。以来、オーディオは断然テクニクス信者なもので、テクニクスの復活、嬉しいです。願わくば、新しいカタログにも薬師丸ひろ子さんの再登場を希望します。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TFM『幸せのテネシーワルツ』#01

メランコリー・ムードメランコリー・ムード
(2016/3/23)
ボブ・ディラン


TOKYO FM 80.0MHz
『幸せのテネシーワルツ』#01
2016年4月01日(金)AM4:00-6:00
DJ:落合恵子・亀渕昭信


OP)Tennessee Waltz
テネシー・ワルツ 1950年1位/C&W2位
 [ Pee Wee King / Redd Stewart ]
 /パティ・ペイジ Patti Page 

【まずは落合恵子さんセレクトで1曲】
01) April Love
 四月の恋 1957年1位(UK7位)
 [ Sammy Fain / Paul Francis Webster ]
 /パット・ブーン Pat Boone

【亀渕さんセレクト】
02) Cerezo Rosa
 セレソ・ローサ 1955年1位
 [ Marcel Eugene Ageron/Mack David ]
 /ペレス・プラード楽団
 Perez Prado and His Orchestra 
 ※別名:Cherry Pink And Apple Blossom White
 チェリー・ピンク・マンボ
 チェリー・ピンク・アンド・アップル・ブロッサム・ホワイト
 バラ色のさくらんぼの木と白いリンゴの木


-ジングル-
【落合さんセレクト】
03) Smoke Gets In Your Eyes
 煙が目にしみる 1959年1位/R&B3位(UK1位)
 [ Otto Harbach / Jerome Kern ]
 /プラターズ The Platters
 ※ミュージカル『Roberta』-1933年
 ※Gertrude Niesen-1933年


【亀渕さんセレクト】
04) The Great Pretender
 グレート・プリテンダー 1987年  
 [ Buck Ram ]
 /フレディ・マーキュリー  Freddie Mercury
 ※The Platters-1956年1位/R&B1位

【亀渕さんセレクト~4月1日が命日】
05) The Shadow Of Your Smile
 いそしぎ 1985年
 シャドウ・オブ・ユア・スマイル
 [ Johnny Mandel / Paul Francis Webster ]
 /マーヴィン・ゲイ Marvin Gaye
 ※映画『The Sandpiper(いそしぎ)』-1965年

-ジングル-
【落合恵子さんの泣ける曲】
06) Too Young
 トゥー・ヤング 1951年1位
 [ Sylvia Dee / Sidney Lippman ]
 /ナット・キング・コール Nat King Cole

【亀渕さんの泣ける曲】 
07) AMAPOLA
 アマポーラ 1984年
 [ 作詞:Albert Gamse / 作曲:Joseph M. Lacalle ]
 [ 日本語詞: 湯川れい子 / 編曲:青木望 ]
 /沢田研二
 ※「Amapola (Pretty Little Poppy)」Cádiz-1924年
 ※Jimmy Dorsey & His Orchestra-1941年1位


【亀渕さん曲紹介】
08) Memories Are Made Of This
 想い出はかくの如く 1956年1位(UK1位)
 [ Terry Gilkyson / Rich Dehr / Frank Miller ]
 /ディーン・マーチン Dean Martin-
 ※The Easy Riders-1955年

【落合さん曲紹介】
09) Unchained Melody 
 アンチェインド・メロディ 1965年4位/R&B6位
 [ Alex North / Hy Zaret ]
 /ライチャス・ブラザーズ The Righteous Brothers

CM 
-AM5:00-
【落合さんセレクト】
10) Bei Mir Bist Du Schoen
 素敵なあなた 1938年1位
 すてきな貴方
 [ Sammy Cahn / Saul Chaplin / Jacob Jacobs / Sholom Secunda ]
 /アンドリュース・シスターズ The Andrews Sisters

【亀渕さんセレクト】
11) I Got Rhythm
 アイ・ガット・リズム 2010年
 [ Ira Gershwin / George Gershwin ]
 /ブライアン・ウィルソン Brian Wilson
 ※ミュージカル『Girl Crazy』-1930年

-ジングル-
【落合さんの好きな言葉】
~川本三郎・著
『忘れられた女神たち』 (ちくま文庫)より、
レナ・ホーンの言葉を紹介。


12) (You Make Me Feel Like) A Natural Woman
 ナチュラル・ウーマン  1967年8位/R&B2位
 [ Gerry Goffin / Carole King / Jerry Wexler ]
 /アレサ・フランクリン Aretha Franklin

【亀渕さんセレクト】
13) It’s Only A Paper Moon
 イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン 2012年
 ペイパー・ムーン
 [ Billy Rose / E.Y. "Yip" Harburg / Harold Arlen ]
 /ポール・マッカートニー Paul McCartney
 ※映画『Take A Chance』-1933年
 ※ミュージカル『The Great Magoo』-1932年


【落合さんセレクト】
14) Tea For Two
 二人でお茶を 1950年
 [ Irving Caesar / Vincent Youmans ]
 /ドリス・デイ Doris Day
 ※ミュージカル『ノー・ノー・ナネット(No,No,Nanette)』-1924年(1925年出版)

【亀渕さんセレクト】
15) Whatever Will Be Will Be (Que Sera, Sera)
 ケ・セラ・セラ 1956年  
 [ Jay Livingston / Ray Evans ]
 [ 日本語詞:井田誠一 / 編曲:広瀬健次郎 ]

 /雪村いづみ ビクター・オール・スターズ
 ※Doris Day-1956年2位
 ※映画『The Man Who Knew Too Much(知りすぎていた男)』


-ジングル-
【亀渕さんの公園・公演情報?】

16) That Old Black Magic
 ザット・オールド・ブラック・マジック 2016年
 [ Harold Arlen / Johnny Mercer ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 ※Glenn Miller-1943年1位
 ※Frank Sinatra-1947年/1961年


~時間があったのでもう1曲
17) Spoonful
 スプーンフル 1966年
 [ Willie Dixon ]
 /クリーム Cream
 ※Howlin' Wolf-1960年
 ※Etta James-1960年78位/R&B12位


ED) What a Wonderful World
 この素晴らしき世界 1968年32位(UK1位)
 [ George Douglas/Bob Thiele/George David Weiss ]
 /ルイ・アームストロング Louis Armstrong


落合恵子さんと亀渕昭信さんによるTFMの新番組『幸せのテネシーワルツ』毎月第1週目の金曜日AM4時から6時まで月1回の生放送で、9月まで全6回の予定とのこと(提供は東洋化成さん)。どうやら現時点では番組HPもないですし、個人的にエアプレイ・リストを作成&記録させて頂きました。

戦後の名曲やスタンダードナンバーを中心に、的確な解説や駄洒落も交えつつ、フルコーラスでしっかり紹介して下さるラジオ番組は残念ながら今そうそうないだけに、実に得難いひとときで、ゆったりと心地よく楽しませて頂きました(お馴染みのナンバーをフレディ・マーキュリーポールブライアン・ウィルソンディランなどでセレクトされる辺りも流石、亀渕さん。ペレス・プラードの「ウーッ」とい掛け声は「キューバしのぎ」だというギャグもウケました・笑)。エンディング・テーマの「この素晴らしき世界」は毎月、違うアーティストのヴァージョンにしていく趣向だとか(まずはやはりサッチモから)。次回の放送は5月6日(金)の早朝、メッセージやリクエストも受け付けて下さるそうなので、リクエストしてみようかしら(ちなみ宛先はこちら)。全6回といわず、ずっと続けて欲しいくらいです。


#幸せのテネシーワルツ

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |