Sweetheart Of The Radio

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#136

フラッシュフラッシュ
(2015/4/22)
ジェフ・ベック


『亀渕昭信のお宝POPS』#136
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2016年08月06日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2016年08月07日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Go West
 ゴー・ウェスト 1993年
 [ Jacques Morali / Chris Lowe / Henri Belolo
  / Neil Tennant / Victor Willis ]

 /ペット・ショップ・ボーイズ Pet Shop Boys
 ※Village People-1979年45位(UK15位)

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ジェフ・ベックのペンダントをプレゼント!


02) People Get Ready
 ピープル・ゲット・レディ 1985年48位
 [ Curtis Mayfield ]  
 /ジェフ・ベック&ロッド・スチュワート
 Jeff Beck & Rod Stewart
 ※The Impressions-1965年14位/R&B3位
 
CM
-リクエスト-
03) Long Black Limousine
 ロング・ブラック・リムジン 1969年
 [ Bobby George / Vern Stovall ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley
 ※Vern Stovall -1961年
 ※Glen Campbell-1962年


【にっぽん全国洋楽番組めぐり】
#16:RNB南海放送
『GROOVIN SUNDAY』の鳥生洋文さん

http://blog.rnb.co.jp/gs/

04) Spred My Wings 1989年R&B1位
 [ Chuckii Booker ]
 /トゥループ Troop

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第136回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントはジェフ・ベックのペンダント。11月に両国国技館で開催される「CLASSIC ROCK AWARDS」で来日するようですが、このペンダントはツアーグッズとかではなく、当時レコード会社が作った販促グッズのようなものなのでしょうか?(初めて見ました!)。「ピープル・ゲット・レディ」は時同じくして民放AMラジオJRN系列『萩原健太のMusic SMiLE』第71週におけるジェフ・ベック特集最終日(2016年8月05日放送)でもかけて下さってたので、思わずニンマリ。



このところ国産ビザールギターへの注目度が増してますけど、そうか、ジェフ・ベックが初めて手にしたギターもグヤトーンだったんですね。


スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン#08

あかりの恩返しあかりの恩返し
(2016/8/24)
町あかり


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』5thシーズン第8回
-大特集!あかりへの恩返し-
2016年08月26日(金)17:55-21:00
DJ:安田謙一
ゲスト:町あかり

http://jocr.jp/nighter/#fri

OP) Substitute
 恋のピンチ・ヒッター 1966年(UK5位)
 [ Pete Townshend ]
 /ザ・フー The Who

【夜の始球式】
~何かがちょっと違う?夜のピンチヒッター、プレーボール!

01) 思い過ごしも恋のうち 1979年
 [ 作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:サザンオールスターズ / 弦管編曲:新田一郎 ]
 /サザンオールスターズ

【町あかりさん登場まで、しばしお待ちください…】
02) The Moon of Manakoora
 マラクーラの月 1979年
 [ Frank Loesser / Alfred Newman ]
 /ノヘラニ・シプリアーノ
 Nohelani Cypriano
 ※映画『The Hurricane(ハリケーン)』-1937年

【リクエスト】
03) A Cool Evening (※挿入歌「Blue Moon」) 1977年
 [ 作詞:松山猛、Gregory Starr / 作曲・編曲:今井裕 ]
 [ except "Blue Moon" by-Lorenz Hart / Richard Rodgers ]

 /今井裕
 
04) Outside My Door
 アウトサイド・マイ・ドア 1969年
 [ Holger Czukay / Michael Karoli / Jaki Liebezeit
 / Malcolm Mooney / Irmin Schmidt ]

 /カン Can

05) 美しきチャレンジャー 1971年
 [ 作詞:岩谷時子 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /新藤恵美

【6時16分の女 今日のプロ野球!】
ガリガリ君Tシャツで登板、辻内かおりさん!


BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~スコーピオンズ来日情報

~ラジオネーム”「投げたらあかん」こと鈴木啓示さん”からのリクエスト!
06) 夏のお嬢さん 1978年
 [ 作詞:笠間ジュン / 作曲:佐々木勉 / 編曲:小六禮次郎 ]
 /榊原郁恵

【次回の夜ピンは「B面ジャンボリー」と題して、
全編シングル・レコードのB面リクエストでお届けします。
渾身のB面を1曲リクエストしてください!
daida@jocr.jp まで!!!】
~糸志野露滋さんからのリクエスト!

07) エンジェル
 Angel
 1962年
 [ Sid Tepper / Roy C. Bennett ]
 [ 日本語詞:あらかは・ひろし ]

 /ほり・まさゆき
 シングル「夢の渚」B面「夢の渚」とのカップリング
 ※Elvis Presley「ぼくの天使よ」-1962年
 ※Cliff Richard「ぼくのエンジェル」-1965年


-ジングル-
【大特集!あかりへの恩返し】
08) もぐらたたきのような人 2015年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

09) ア、アイシャドウ 2015年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

10) それ分かる! 2015年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

11) お悩み相談室 2015年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

12) あのコは高画質 2015年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

CM
-19:00-
【大特集!あかりへの恩返し】
~19時台もよろしくお願いします!


13) 最高のセットリスト 2016年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

14) ビビッドなおしゃべり 2016年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

15) メモリーズ・メゾン 2016年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

16) ◯◯◯ ◯◯ 2016年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

【大特集!あかりへの恩返し~歌謡曲の話をしよう!~】
17) 愛って林檎ですか 1985年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:山川恵津子 ]
 /岡本舞子

18) 好きと言いなさい 1985年
 [ 作詞:売野雅勇 / 作曲:筒美京平 / 編曲:船山基紀 ]
 /本田美奈子

19) 胸さわぎ 1974年
 [ 作詞:有馬三恵子 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /優雅

20) カフェバー物語 1983年 
 [ 作詞:宮下智 / 作曲:新田一郎 / 編曲:馬飼野康二、新田一郎 ]
 /田原俊彦

21) 茅ヶ崎サンライズ 1982年
 [ 作詞:宮下康仁 / 作曲:新田一郎 / 編曲:後藤次利 ]
 /ラジオっ娘

【大特集!あかりへの恩返し】
22) 優先席に座りたい 2016年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

23) あなた普通のサラリーマンでしょ? 2016年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:坂東邑真 ]
 /町あかり

24) 東京名物・人混み 2016年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:川井伊那 ]
 /町あかり

25) 追いかけられる夢 2016年
 [ 作詞・作曲:町あかり / 編曲:川井伊那 ]
 /町あかり

~町あかりさん、ありがとうございました!
26) コテンパン 2013年 
 [ 作詞・作曲:町あかり ]
 /町あかり

CM
-20:00-
【夜のラッキー7 】
『ROLLY'S ROCK THEATER』
 (70年代の日本のロックがROLLYに与えた偉大なる影響とその光と影)
27) 燃えろいい女 2016年
 [ 作詞・作曲:世良公則 / 編曲:RUI、ROLLY ]
 /ROLLY
 ※ツイスト-1979年

28) あやか市の動物園 2016年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:細野晴臣 / 編曲:RUI、ROLLY ]
 /ROLLY
 ※はっぴいえんど-1970年

29) 雨あがりの夜空に 2016年
 [ 作詞・作曲:忌野清志郎、仲井戸麗市 / 編曲:RUI、ROLLY ]
 /ROLLY
 ※RCサクセション-1980年

【チン&チャップマンまつり!】
30) Block Buster!
ブロックバスター 1973年(UK1位)
 [ Nicky Chinn / Mike Chapman ]
 /ザ・スイート Sweet

31) Dyna-Mite
 ダイナマイト 1973年(UK4位)
 [ Nicky Chinn / Mike Chapman ]
 /マッド Mud 

32) Oh Carol
 オー・キャロル 1978年(UK5位)
 [ Nicky Chinn / Mike Chapman ]
 /スモーキー Smokey

33) Touch Too Much
 タッチ・トゥ・マッチ 1974年(UK8位)
 [ Nicky Chinn / Mike Chapman ]
 /アロウズ Arrows

【8時31分の女 今日のプロ野球!】
~再度、登板・辻内かおりさん!


BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~カープ・グッズ情報

~ラジオネーム”「ベースを投げろ」ことマーティ・ブラウンさん”からのリクエスト!
34) 恋の暴走 1975年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:馬飼野康二 ]
 /西城秀樹

【チン&チャップマンまつり!】
35) The Wild One
 ワイルド・ワン 1974年(UK7位) 
 [ Mike Chapman / Nicky Chinn ]  
 /スージー・クアトロ Suzi Quatro
 
36) Atomic
 銀河のアトミック 1980年39位(UK1位)
 [ Debbie Harry / Jimmy Destri ]
 /ブロンディ Blondie
 ※Produced By-Mike Chapman

37) Mickey
 ミッキー 1982年1位
 [ Mike Chapman / Nicky Chinn ]  
 /トニー・ベイジル Toni Basil
 トニー・バジル

38) Ballroom Blitz    
 ロックンロールに恋狂い 1975年5位(UK2位)
 [ Mike Chapman / Nicky Chinn ]
 /ザ・スイート Sweet

【夜のヒーロー・インタビュー!】
~今夜のヒーロー(ヒロイン?)、町あかりさんに来ていただきました!
次回は9月09日(金)、午後5時55分、プレーボール! 
「B面ジャンボリー」をお届けします!


39) 勝手にシンドバッド 1978年
 [ 作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:斉藤ノブ & サザンオールスターズ
  / 管編曲:Horn Spectrum ]

 /サザンオールスターズ


以上、サザンに始まり、サザンで締め括られた(というか、町あかりさんのコールに始まり、町あかりさんのコールで締め括られた)ラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン第8戦のプレイリスト。過去のプレイリストについてはこちらの「yasudaida」カテゴリータグ1st2nd3rd4th)から、或いは昨シーズン迄の分は『夜のスコアブック』をご参照下さい。

KBS京都ラジオ『レコ室からこんにちは』2015年12月17日放送FM COCOLO『Pranksters' Night~安田謙一的COCOLO』第3夜「町あかりは菩薩のようなものである」(2016年01月24日放送)を経て、遂に『夜のピンチヒッター』で実現した町あかり特集はご本人をゲストに迎えて大フューチャー!前作に加え、クイズの解答と共に新作からも美味しいところを出し惜しみなく紹介して頂けたばかりか、衝撃が走る作曲の秘話(?)やグルメな選曲が光る歌謡曲を語るコーナーなどもあって、大満足の90分!!これだけでもお腹一杯なのに、更にローリーからの【チン&チャップマンまつり】だなんて、益々嬉しすぎて熱すぎる展開!?いやホント、いいもの聴かせて頂きました(実は僕もカシオのキーボード長年愛用してるんですけど、プリセット全然活用出来てません・苦笑)。

ちなみに、今回リクエストをかけて頂いた「Angel」の日本語カヴァーは、中学時代に母から譲り受けた古いウクレレのソングブック日本語詞が掲載されてたものの、その当時どなたかが歌ってたものなのか何なのか、ずっと謎だったのですが(ネットで検索してもまったく情報が得られませんでした)、ブログでそれとなく情報を募ってみたところ、思いがけずほり・まさゆきさんの「夢の渚」シングルB面だと教えて頂けて感謝感激。そこで、もしかしたらラジオ関西にならレコードがあるのではないかとリクエストを閃き、お陰様で今回、初めて聴くことが出来ました(有難うございました)。

やはり『夜ピン』とラジオ関西のレコード室のタッグ最高!!!



【追記】シングルB面だと教えて頂いたほり・まさゆきさんの「エンジェル」、何とB面ではなくてA面だったみたいです!?!?(重ね重ね有難うございます)。



| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西院フェス2016:バンバンバザール

バンバンバザール

2016年8月07日(日)

僕の西院ミュージックフェス2016はいきなりバンバンバザールから!
真夏の陽射し京都盆地の猛暑は容赦なくとも、これは盛り上がらない訳にはいきません(今年はメインステージのタイムテーブルも事前に発表して下さってたので、他所から参加させて頂く者としては有難かったです)。

バンバンバザール

サウンドチェックでは「恋はねずみ色」「恋人よ我に帰れ」で軽く腕ならし。マイクチェックを兼ねてか、福島さんがふと口ずさんだ「この素晴らしき世界」も何とピースフルで心地のよいことか。

バンバンバザール

そして迎えた本編は小林創さんと松井朝敬さん(Sweet Hollywaiians)の好サポートを得て、限られた時間ながらも名曲のオンパレード。個人的には『Gentlemen』から「家庭教師2003」と共に「ロックンロール」聴けたのが久々で嬉しかったです。

バンバンバザール

正直、もう少し過ごしやすい時間帯だったら良かったのにと思いつつも(^^;)、やはりセミの鳴く頃チンチン電車が通り過ぎる西院で聴くバンバンのグッドタイミーな生演奏は格別。司会進行役の三井さんもおっしゃってましたけど(今年もご苦労様でした)、老若男女誰もが楽しめる、ご陽気でゴキゲンなステージでした!

バンバンバザール
in 西院ミュージック・フェスティヴァル2016
2016年8月07日(日)京都・春日神社メインステージ



=サウンド・チェック=
00) 恋はねずみ色
00) 恋人よ我に帰れ
  Lover, Come Back To Me
00) この素晴らしき世界
  What a Wonderful World

【12:45-13:13】
=本編=
01) 君微笑めば
  When You’re Smiling
-メンバー紹介-
02) 家庭教師2003
03) こないだのことさ
04) ロックンロール
-MC-
05) ボーイフレンド
 (※Leyonaへの提供曲)
06) 明るい表通りで
 On the Sunny Side of the Street


●福島康之(Vocal,Guitar,Kazoo)
●黒川修(Chorus,Bass,Kazoo)

○松井朝敬(Guitar,Ukulele)
 from Sweet Hollywaiians
○小林創(Piano)


わすれちゃうよわすれちゃうよ
(2016/8/3)
Leyona


それにしてもLeyonaの新作、福島さん以外にも奥田民生さんやCHABOさん、吾妻光良さんにCOIL岡本定義さんと、豪華な作家陣が揃いましたね(大貫妙子さんのカヴァーも!)。作者の福島さんがしゃがれ声で気だるく歌う「ボーイフレンド」も、なかなか味わい深かったです。

 http://www.tapthepop.net/next/49790


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#135

昭和カタコト歌謡曲 女声編昭和カタコト歌謡曲 女声編
(2016/6/29)
オムニバス


『亀渕昭信のお宝POPS』#135
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2016年07月30日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2016年07月31日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Love Grows (Where My Rosemary Goes)
 恋のほのお 1970年5位(UK5週連続1位)
 [ Barry Mason / Tony Macaulay ] 
 /エジソン・ライトハウス Edison Lighthouse

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
スリー・ディグリーズの4曲入りコンパクト盤をプレゼント!


02) にがい涙 1975年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲:筒美京平 / 編曲:深町純 ]
 /スリー・ディグリーズ  The Three Degrees

CM
-リクエスト-
03) I'm Gonna Be Warm This Winter
 思い出の冬休み 1963年18位  
 [ Mark Barkan / Hank Hunter ]
 /コニー・フランシス Connie Francis

-亀渕さんリクエスト-
04) Vacation
 ヴァケイション 1962年
 [ Connie Francis / Gary Weston / Hank Hunter ]
 [ 日本語詞:漣健児 ]

 /コニー・フランシス Connie Francis
 ※1962年9位

-リクエスト-
05) Lovin' You
 ラヴィング・ユー 1975年1位/R&B3位/AC1位
 [ Minnie Riperton / Richard Rudolph ]
 /ミニ・リパートン Minnie Riperton 

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第135回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

そう言えばコニー・フランシス「思い出の冬休み」第53回放送『大瀧詠一のジュークボックス』紹介時にも亀渕さんがかけて下さってましたっけ・・・。そして今回の亀渕さんセレクトもコニー・フランシス「ヴァケイション」日本語歌唱ヴァージョン!とくにアナウンスはなかったですけど、もしかしてこの曲は鷲巣功さん監修によるコンピCD『昭和カタコト歌謡曲』から選曲して下さったんでしょうか?【今週のお裾分け】スリー・ディグリーズカタコト歌謡だっただけに、尚更そんな気がしてなりません。

最後に関西圏のリスナー仲間さんに大事なお知らせ。残念ながらラジオ関西では、8月27日(土)放送の”『亀渕昭信のお宝POPS』は休止します”とのこと。radikoプレミアムを利用するなり、日曜日のKBS京都を受信するなり、どうぞお聴き逃しのございませんように。

 http://jocr.jp/event/index.html

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン#07

QUIERO CREEDENCEQUIERO CREEDENCE
(2016/7/29)
V.A.


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』5thシーズン第7回
-夜のアソーテッド・フレイバーズ-
2016年08月12日(金)17:55-20:30
DJ:安田謙一

http://jocr.jp/nighter/#fri

OP) Substitute
 恋のピンチ・ヒッター 1966年(UK5位)
 [ Pete Townshend ]
 /ザ・フー The Who

【夜の始球式】
~サザンオールスターズ歌謡!

01) あー夏休み 1990年
 [ 作詞:前田亘輝 / 作曲:春畑道哉、前田亘輝 / 編曲:TUBE ]
 /TUBE

【夏が来れば思い出す…】
02) Summer Nerves
 サマー・ナーヴス 1979年
 [ 作詞:矢野顕子 / 作曲・編曲:坂本龍一 ]
 /坂本龍一とカクトウギ・セッション

【リクエスト】
03) War Head
 ウォー・ヘッド 1980年
 [ 作詞:Chris Mosdell / 作曲・編曲:坂本龍一 ]
 /坂本龍一

【前回のお詫び~リクエスト】
04) 夏なんだし 2015年
 [ 作詞・作曲・編曲:小西康陽 ]
 /星野みちる

【前回のお詫び】
~「鬼退治」を「鬼ヶ島」と紹介してしまいました…
坂本さん、ごめんなさい!

05) ディスコって
 Disco Is 2016年
 [ 作詞・作曲:坂本慎太郎 ]
 /坂本慎太郎

【友人レコードのコーナー】
(コーナーのテーマ曲) Oh Girl オー・ガール 1972年1位/R&B1位
  [ Eugene Record ]
 /チャイ・ライツ The Chi-Lites


~元町の喫茶MARUOで森本書店さんからいただきました!
06) Can't Stop the Feeling!
 キャント・ストップ・ザ・フィーリング 2016年
 [ Justin Timberlake / Max Martin / Shellback ]
 /ジャスティン・ティンバーレイク
 Justin Timberlake

【友人レコードのコーナー】
~日本橋・ディドリーボーでご本人からいただきました!

07) 橋からこっちの話 2015年
 [ 作詞:縦川ウォルター / 作曲:浦朋恵 ]
 /浦朋恵

【18時半の女 今日のプロ野球!】
~ジャストで登場!辻内かおりさん。


BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~ラジオネーム”「5打席連続敬遠」こと松井秀喜さん”からのリクエスト!
08) ゴジラ音頭 1984年
 [ 作詞:藤公之介 / 作曲・編曲:高田弘 ]
 /ビクター少年民謡会

【リクエスト】
09) 遠くへ行きたい 1974年
[ 作詞:永六輔 / 作曲:中村八大 ]
 /渥美清
 ※ジェリー藤尾-1962年

【佐渡の婦人アイドル・ユニット!】
10) グルメ紀行 2015年
 [ 作詞・作曲:佐藤望 ]
 /婦人倶楽部

【夜のタクシーアワー】
11) Taxi
 タクシー 1977年
 [ Clive Langer / Steve Allen ]
 /デフ・スクール Deaf School

12) その時わたしはTAXIを停めた 1978年
 [ 作詞:伊藤アキラ /作曲・編曲:川口真 ]
 /天馬ルミ子

13) Taxi
 タクシー 1993年
 [ Homer Banks / Charles Brooks ]
 /ブライアン・フェリー Bryan Ferry

14) 運ちゃんのサバドビア 1970年
 [ 作詞:麻生ひろし / 作曲:井上かつお ]
 /清川虹子と中沢信一

【夜のタクシーアワー】
~このコーナーはこの曲のために…

15) travelling 2001年
 [ 作詞・作曲:宇多田ヒカル / 編曲:河野圭、宇多田ヒカル ]
 /宇多田ヒカル

-PM19:00-
【7時台はこの曲から】
『井上大輔 主題歌・CMワークス』より。

16) ネコ大好きフリスキー 1993年/2016年
 [ 作詞:柳沢有紀夫、嶋崎政樹 / 作曲:井上大輔 / 編曲:あかのたちお ]
 /楠木勇有行

【いいアレンジじゃんアレジ】
(コーナーのテーマ曲) Truth 1987年/1991年
 [ 作曲:安藤まさひろ ]
 /THE SQUARE(T-SQUARE)


~アルバム『旅荘カリフォルニア』収録!
17) 赤ちょうちん 1995年
 [ 作詞:喜多条忠 / 作曲:南こうせつ ]
 /見良津健雄&おたっしゃCLUB
 ※かぐや姫-1974年

18) ゴジラのテーマ~The Theme of GODZILLA~ 1997年
 [ 作詞:THE EDGE / 作曲:伊福部昭 / 編曲:平岩嘉信 ]
 /The Edge
 ※『ゴジラアイランド』主題歌
 ※伊福部昭-1954年


【リクエスト】
19) I’m Free
 アイム・フリー 1991年
 [ Mick Jagger / Keith Richards ]
 /キング・コング King Kong
 ※The Rolling Stones-1965年

【リクエスト】
~「都倉俊一作品で一番のお気に入りは?」というリクエストに!

20) Deep
 ディープ 1978年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲・編曲:都倉俊一 ]
 /渋谷哲平

【サリーとシロー 岸部のアルバム】
~『全開で飛ばせ 大藪春彦サウンドアクション』

21) フェラーリ275GTB 1970年
 /フルスロットル・ジャズロックバンド

22) オートジャズ 1970年
 /フルスロットル・ジャズロックバンド

【夜のレコードマンスリー~1976年8号より】
23) どうぞこのまま 1976年
 [ 作詞・作曲:丸山圭子 / 編曲:青木望 ]
 /丸山圭子

24) Take The Money And Run
 テイク・ザ・マネー・アンド・ラン 1976年11位
 [ Steve Miller ]
 /スティーブ・ミラー
 Steve Miller Band

25) グッド・フィーリング 1976年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:財津和夫 編曲:松任谷正隆 ]
 /木之内みどり

26) 涙のシークレット・ラヴ 1976年
 [ 作詞・作曲:宇崎竜童 ]
 /ダウンタウン・ブギウギ・バンド

27) Have a Good Time
 ハヴ・ア・グッドタイム 1975年
 [ Gavin Christopher ]
 /ルーファス
 ルーファス feat. チャカ・カーン
 Rufus featuring Chaka Khan

~少しだけかけました…
28) 「イエスタデイ」をかけてください 1976年
 [ 作詞:山川啓介 / 作曲:長野弘 ]
 /須賀大介

29) Flaming Youth
 燃えたぎる血気 1976年74位
 [ Ace Frehley / Gene Simmons / Paul Stanley ]
 /キッス KISS

30) オリバー君のロックンロール 1976年
 [ 作詞:高田ひろお / 作曲:安部芳明 ]
 /池田鴻

CM
-20:00-
【夜のラッキー7】
~ V.A.『Quiero Creedence』

31) Proud Mary
 プラウド・メアリー 2016年
 [ John Fogerty ]
 /エル・トリ El Tri
 ※C.C.R.-1968年2位

32) Corre Por La Jungla ( Run Through the Jungle )
 ラン・スルー・ザ・ジャングル 2016年
 ジャングルを越えて
 [ John Fogerty ]
 /バンブリー Bunbury
 ※C.C.R.-1970年4位

33) Bootleg
 ブートレッグ 2016年
 [ John Fogerty ]
 /ロス・ロボス Los Lobos
 ※C.C.R.-1969年

【8時13分の女 今日のプロ野球!】
~今日のプロ野球


BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~いかついTシャツ(※串田アキラ&宮内タカユキLIVEのスタッフTシャツ
でかわいい話題(バッファローズポンタ情報)をお届けする辻内かおりさん


~ラジオネーム”「赤ゴジラ」こと嶋重宣さん”からのリクエスト!
34) Godzilla Theme
 ゴジラ・テーマ 2004年
 [ 伊福部昭 ]
 [ Arranged By: Sean O'Hagan / Tim Gane ]

 /ステレオラブ Stereolab
 ※Al.『G.Lasts... Tribute To Godzilla 50th』

【新作『DANCE TO YOU』から】
35) 血を流そう 2016年
 [ 作詞・作曲:曽我部恵一 ]
 /サニーデイ・サービス

【夜のヒーロー・インタビュー】
~次回は8月26日(金)午後5時55分からの生放送!
ゲストに町あかりさんをお迎えします!お楽しみに!


36) タイムトンネル 2015年
 [ 作詞・作曲:横山剣 / 編曲:南田健吾 ]
 /TUBE


以上、TUBEに始まり、TUBEで締め括られたラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン第7戦のプレイリスト。過去のプレイリストについてはこちらの「yasudaida」カテゴリータグ1st2nd3rd4th)から、或いは昨シーズン迄の分は『夜のスコアブック』をご参照下さい。

今回は30分短縮とはいえ、安田さんもおっしゃってた通りシーズン4までのフルヴァージョンより10分短いだけなので、気分的には限りなくフルヴァージョン。「夜のアソーテッド・フレイバーズ」と題して、シン・ゴジラ熱への打ち水を交えつつ(笑)、思いつきの新コーナーを諸々盛り込んだ趣向が多彩で面白かったので、1回だけと言わず、【いいアレンジじゃんアレジ】とか是非またやって欲しいです。それから、『夜ピン』ではオンエア率の高い井上大輔(忠夫)作品『主題歌・CMワークス』はいつ頃どうゆう形で紹介して下さるのかなと思ってたら、譜割りがクイーンっぽいという興味深いご指摘と共に「ネコ大好きフリスキー」!?(確かに、上半分だけのマイクスタンドを握り締めたフレディが「キラークイーン」とメドレーにして華麗に歌ってても違和感なさそう・笑)。

ちなみに今回のプレイリスト、どうしてもフルスロットル・ジャズロックバンドだけ作者クレジットを確認することが出来なかったんですが、これって三保敬太郎さんなのでしょうか?(かつて小西康陽さん監修のもと、コロムビアレコード創立100周年を目前にした「レディメイドのコロムビア100年。」シリーズにて紙ジャケCDでの復刻が企画されたのに、これだけ発売中止だったなんて・・・)。僕もレコードが欲しくなりました!


【追記】フルスロットル・ジャズロックバンドはレコジャケもノンクレジットとのことでした(安田さん、有難うございます!)。


| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『飛び出し坊や0系コレクション展』

ラフォーレ琵琶湖

これは7月末のこと。ラフォーレ琵琶湖のプラネタリウム「デジタルスタードームほたる」ロビーですっかり恒例行事となった『飛び出し坊やコレクション展』第1弾・第2弾第3弾第4弾と来て第5弾、勿論今回も早々に観に行って参りました。

ラフォーレ琵琶湖

『飛び出し坊や0系コレクション展-ザ・ファイナル』
日時:2016年7月16日(土)-8月31日(水) 10:00-20:00
会場:ラフォーレ琵琶湖(滋賀県守山市今浜町十軒家2876)
 プラネタリウム「デジタルスタードームほたる」ロビー
料金:入場無料
http://www.laforet.co.jp/biwako/hotaru/


カラフルな飛び出し忍者飛び出しくまモン歴代びわっちくんらとの再会を喜びつつも、やはり今回の主役は元祖0系坊や。

girl

新旧の多彩な0系坊や達の活躍ぶりを愉快な視点で堪能させて頂きました(坊やだけじゃなくてガールも!)。

夢伝説夢伝説

そして『飛び出し坊やコレクション展』を見たついでに、ラフォーレ琵琶湖のプラネタリウムで星のお兄さん根本要さんによる新番組『夢☆伝説』を鑑賞。随所に笑いを散りばめつつも、星座解説スタレビの名曲が楽しめる、素敵なプログラムでした。

RENDEZ-VOUSRENDEZ-VOUS
(2002/5/22)
スターダスト・レビュー


お陰で夏の湖岸ドライヴで聴く『RENDEZ-VOUS』も益々ゴキゲン!

Best Wishes(UHQCD)Best Wishes(UHQCD)
(2016/9/21)
スターダスト・レビュー


守山市民ホールは3月に終わっちゃったものの、スタレビ35周年ツアーは来年1月までまだまだスケジュールぎっしりのようですから、さぞご多忙かと思いますが、もし機会があればラフォーレ琵琶湖のプラネタリウムでも要さんの弾き語りライヴとかやって頂けたら嬉しいです(35周年記念で『Best Wishes』も『STARS』やバラード集と共にリイシューされるんですね)。

飛び出し坊や飛び出し坊や飛び出し坊や

とまぁ、こんな感じで、毎回『飛び出し坊や』展を目当てに出かけて、プラネタリウム観てお土産買って帰るコースをとっても楽しみにしてますので、ファイナルだなんて言わず、是非今後も飛び出し坊や展続けて下さい!!!

最後に、ちょっとばかし蛇足。

飛び出し坊や 飛び出し坊や

2015年08月15日(土)

とび出し坊やガチャコレクション2、一人増えました。
バイロンとカラーバーのセットはハズレかと思いきや、
とび太くんシール付きで、これはこれでいい味出てます。
てっぺんに飛び出し坊やを装着出来たりもするみたいです。



飛び出し坊や 飛び出し坊や
 
2015年08月18日(火)

とび出し坊やガチャコレクション2、
本日運良く”野球少年坊や”をゲットンして4体揃いました!
(ストラップは別にいらないのでこれで充分)。
お陰様でマイルームにはコレクション1と
合わせて飛び出し坊やフィギュアが全8体(^^)


飛び出し坊や 飛び出し坊や

2015年08月23日(日)

「とび出し坊やガチャコレクション2」、思いがけず
ぽろっとミニチュアストラップが出て全6種コンプリ。
ストラップもそのままディスプレイ出来るようになってました。


以上、ブログに書きそびれておりました昨年夏の続き(twitterより抜粋)。残念ながら本物のとび出し坊や看板が貰えるプレゼントキャンペーンはハズレでした(^^;)。


| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『健太×近田のロック巌流島~2016夏』 の陣#01

ロック・ギタリスト伝説ロック・ギタリスト伝説
(アスキー新書)

(2009/03/10)
萩原 健太
アスキー・メディアワークス

NHK-FM
『健太×近田のロック巌流島~2016夏』
2016年08月15日(月)23:00-24:00
第1夜:「ギターの名手たち」
DJ:萩原健太×近田春夫

http://www4.nhk.or.jp/ganryujima/

OP) Hip Hug-Her
ビートにしびれて 1967年37位/R&B6位
ヒップ・ハグ・ハー
[ Steve Cropper / Donald "Duck" Dunn 
/ Al Jr. Jackson / Booker T. Jones ]

/ブッカー・T&ジ・MG’S Booker T. & The MG's

=ジャンケンで勝った近田さんが先攻=

【近田さん:スティーヴ・クロッパー】
01) Soul Man 
ソウル・マン 1967年21位/R&B1位
[ Isaac Hayes / David Porter ]
/サム&デイヴ  Sam & Dave

-ジングル-
BGM) 1-2-3
ワン・ツー・スリー
 1966年
[ Leonard Borisoff / John Madara / Dave White Tricker ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra

※Len Barry-1965年2位/R&B11位

BGM) You've Got To Hide Your Love Away
悲しみはぶっとばせ
 1966年
[ John Lennon / Paul McCartney ]
/パーシー・フェイス 
Percy Faith & His Orchestra

※The Beatles-1965年

BGM) A Lover's Concerto
ラヴァース・コンチェルト
 1966年
[ Sandy Linzer / Denny Randell ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra

※The Toys-1965年2位/R&B4位

【健太さん:ハンク・マーヴィン】
02) The Young Ones ヤング・ワン 1962年(UK1位)
[ Sid Tepper / Roy Bennett ]
/クリフ・リチャード 
Cliff Richard & The Shadows

BGM) Ebb Tide
ひき潮
 1959年
[ Robert Maxwell / Carl Sigman ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra
Frank Chacksfield-1953年2位(UK9位)


BGM) Fascination
魅惑のワルツ
 1959年
[ Fermo Dante Marchetti ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra

※1932年

【近田さん:ジェームズ・バートン】
03) Polk Salad Annie
ポーク・サラダ・アニー (Live) 1970年
[ Tony Joe White ] 
/エルヴィス・プレスリー Elvis Presley
※Tony Joe White

-イントロ聴き比べ-
00) Polk Salad Annie
ポーク・サラダ・アニー 1969年8位
[ Tony Joe White ] 
/トニー・ジョー・ホワイト Tony Joe White

-イントロ聴き比べ-
~元ネタはジェームズ・バートン!-

00) Susie Q 
スージー・Q 1957年27位/ R&B7位
[ Eleanor Broadwater / Dale Hawkins / Stan Lewis ]
/デイル・ホーキンス Dale Hawkins
※ギター=ジェームズ・バートン

BGM) Make It Easy On Yourself
涙でさようなら
 1966年
[ Burt Bacharach / Hal David ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra

※Jerry Butler-1962年20位/R&B18位

BGM) The "In" Crowd
ジ・イン・クラウド
 1966年
[ Billy Page ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra

※Dobie Gray-1965年13位/R&B11位

【健太さん:エイモス・ギャレット】
04) Please Send Me Someone to Love
愛する人が欲しくて 1973年
[ Percy Mayfield ]
/ポール・バターフィールズ・ベター・デイズ
Paul Butterfield's Better Days

BGM) See You Around
シー・ユー・アラウンド
 1966年 
[ Jay Livingston / Ray Evans / Percy Faith ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra


【近田さん:ジミー・ペイジ】
05) Whole Lotta Love
胸いっぱいの愛を 1969年4位
[ John Bonham / Willie Dixon / John Paul Jones
/ Jimmy Page / Robert Plant ]

/レッド・ツェッペリン  Led Zeppelin

BGM) Thunderball
サンダーボール作戦
 1966年
[ Don Black / John Barry ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra

※映画『007 サンダーボール作戦』-1965年

【健太さん:リンク・レイ】
06) Rumble
ランブル 1958年16位
[ Link Wray ]
/リンク・レイ Link Wray

-ジングル-
BGM) Are You There (With Another Girl)
アー・ユー・ゼア
 1966年
[ Burt Bacharach / Hal David ]
/パーシー・フェイス
Percy Faith & His Orchestra

※Dionne Warwick-1965年39位/R&B35位

【近田さん:チャック・ベリー】
-イントロ聴き比べ-
~リフ元ネタの一例

00) Ain't That Just Like a Woman (They'll Do It Every Time)
エイント・ザット・ジャスト・ライク・ア・ウーマン 1946年17位/R&B1位
[ Claude Demetrius / Fleecie Moore ]
/ルイ・ジョーダン 
Louis Jordan & His Tympany Five

ED) Roll Over Beethoven
 ロール・オーヴァ・ベートーヴェン 1956年29位/R&B7位
 [ Chuck Berry ]
/チャック・ベリー Chuck Berry


NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』、残念ながら番組HPは大体いつも放送終了後1ヶ月くらいの期間限定公開で過去のプレイリストも保持されませんが、当方のデータベースでは全部アーカイブさせて頂いておりますので、ご安心下さい。

 https://sites.google.com/site/yasuhirockshow/home/nhk-fm/rock-ganryujima

そして今回、通算17-19回戦となった「2016夏」の陣、今回から番組HPではBGMの掲載がなくなってしまったので、一生懸命聞き耳を立てて解明しましたよ!やはり夏を意識してなのか、「2016夏」の陣のBGMはMG’Sではなく、パーシー・フェイスでしたね(3日間通して、このアルバムからの選曲が多かったです)。ということで、まずは第1夜「ギタリスト編」のプレイリスト、自信作です(笑)。諸々データと共に、どちらによる選曲かも書き添えてみたんですけど、そうしておかないと曲目見ただけでは健太さんセレクトなのか近田さんセレクトなのか判別出来そうにないラインナップですよね(近田さんがジェームズ・バートン選ばれるとは思いませんでした)。願わくばアコースティック・ギター編も健太さんの実演解説交えてやって欲しいところですが、近田さんは生音にご興味がないとのことなので、望み薄でしょうかね(^^;)。


| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AORと京都の夏2016

京都

2016年08月07日(日)

15周年を迎えた西院ミュージックフェスを観に行くべく、京都へ。
天候に恵まれすぎて、立秋とは思えない猛烈な暑さ!?

残暑お見舞い申し上げます。

AOR

でも、西院に向かう前にタワーレコードにちょいと道草。ソニーのAOR誕生40周年「AOR CITY 1000」シリーズカタログFM802のプログラムガイドを頂いて来ました。いずれも表紙は永井博さんのイラスト。2013年8月号のプログラムガイドも大事に取ってあります。

AOR

やはり『レコード・コレクターズ』2016年9月号「AOR CITY1000」シリーズに引っ張られて、この夏はAOR気分。「AOR CITY1000」シリーズ、ジム・メッシーナ『オアシス』もラインナップされてますね(2005年のリマスタリング音源みたいですけど、天辰保文さんによる新規ライナーノーツが気になります。僕が持ってるLPは平山雄一さんでした)。

Light Mellow - ONE DAYLight Mellow - ONE DAY
(2016/7/27)
V.A.


1080円の各CDもさることながら、3枚組のコンピCDで3000円ならお安いですよね
(収録曲云々よりも永井博さんのジャケに大きな魅力を感じます)。

AOR AOR

昨日もAORな45回転の夏を味わってたんですが、ポール・デイヴィスからのパブロ・クルーズ「クール・ラヴ」がめっちゃ爽快で、ほんのひと時、暑さを忘れることが出来ました(まず音から入ったので、解説読んでトム・ダウドがプロデュースだと知ってビックリしたっけ)。ご覧の通り、日本盤シングルのジャケは鈴木英人さんのイラスト。確かによく似合います!



西院フェスについては、また追々じっくりと。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「春風亭昇太のレコード道楽」:夏!海!オヤジだって恋を語る

愛のさざなみ

NHKラジオ第1
『春風亭昇太のレコード道楽』#03
-夏!海!オヤジだって恋を語る- 初回放送ver.
2016年7月18日(月・祝) 13:05-14:55
DJ:春風亭昇太
ゲスト:六角精児

http://www.nhk.or.jp/shinyabin/shouta.html

-13時台-
【昇太さん】
~ゲストをお迎えするおもてなしソング

01) 各駅停車 1974年
 [ 作詞:喜多條忠 / 作曲:石山恵三 / 編曲:瀬尾一三 ]
 /猫
 From『猫/ベスト』
 <ソニー SOLL-53>

【六角さん】
~六角さんが初めて買ったレコードは『青盤』

02) Lady Madonna   
 レディ・マドンナ 1968年4位(UK1位)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles
 From『ビートルズ1967~1970』(青盤)
 <東芝EMI EAP-9034>

【昇太さん】
03) Carifornia Dreamin'
 夢のカリフォルニア
 1966年4位
 [ John Phillips / Michelle Phillips ]
 /ママス&パパス The Mamas & the Papas
 From『夢のカリフォルニア』
 <ワーナー P-5937>

【六角さん】
04) 想い出の渚 1966年
 [ 作詞:鳥塚繁樹 / 作曲:加瀬邦彦 / 編曲:森岡賢一郎 ]
 /ザ・ワイルドワンズ
 From『GSベスト』
 <東芝EMI ETP-60087>

【交通情報】
BGM) Carifornia Dreamin'
 夢のカリフォルニア
 1966年
 [ John Phillips / Michelle Phillips ]
 /ウェス・モンゴメリー Wes Montgomery
 From『夢のカリフォルニア』
 <ポリドール MV-2051>

【昇太さん】
05) レイジー・ガール 1979年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:加藤和彦 ]
 /加藤和彦
 From『パパ・ヘミングウェイ』
 <ワーナー K-10019>

【六角さん】
06) ちいさな恋 1972年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲:浜口庫之助 / 編曲:馬飼野俊一 ]
 /天地真理
 From『天地真理ベスト』
 <ソニー SOLI-50>

【昇太さん】
07) ガムをかんで 1973年
 [ 作詞・作曲:大塚まさじ ]
 /ザ・ディランⅡ
 From『SECOND』
 <URC URG-4020>

-14時台-
【六角さんギター弾き語り!】
08) 愛のさざなみ
 /六角精児

【昇太さん】
08) 愛のさざなみ 1968年
 [ 作詞:なかにし礼 / 作曲:浜口庫之助 / 編曲:ボビー・サマーズ ]
 /島倉千代子
 From『島倉千代子ベスト』
 <コロムビア AB-7048>

【六角さん】
09) Surfin' USA
  サーフィン・U.S.A.
 1963年3位/R&B20位
 [ Brian Wilson / Chuck Berry ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys
 From『エンドレス・サマー』
 <東芝EMI ECS-90022>

【昇太さん】
10) Sumahama
 想い出のスマハマ
 1979年
 [ Mike Love ]
 /ビーチ・ボーイズ  The Beach Boys
 From『L.A.アルバム』
 <ソニー 25AP-1346>

【交通情報】
BGM) Hey Jude
 ヘイ・ジュード
 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /エリア・コード615 Area Code 615
 From『エリア・コード615』
 <ポリドール 23MM-0200>

【六角さん】
11) ジェニーはご機嫌ななめ 1980年
 [ 作詞:沖山優司 / 作曲:近田春夫 / 編曲:Juicy Fruits ]
 /ジューシー・フルーツ
 From『ジューシー・フルーツ・ベスト』
 <コロムビア AF-7231>

【昇太さん】
12) ムーンライト・サーファー 1979年
 [ 作詞・作曲:中村治雄 / 編曲:矢野誠 ]
 /石川セリ
 From『セリ・ベスト』
 <フォノグラム 16Y-4>

【昇太さん】
~NHKになかったので昇太さんご持参

13) 恋はもうたくさん 1967年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲:鈴木邦彦 / 編曲:ザ・ダイナマイツ ]
 /ザ・ダイナマイツ
 From「トンネル天国」(シングル)
 <ビクター VP-2>

NHKラジオ第1/NHK-FM
季刊深夜便「春風亭昇太のレコード道楽」
-夏!海!オヤジだって恋を語る- 再放送ver.
2016年7月25日(月・祝) 24時台・25時台
DJ:春風亭昇太
ゲスト:六角精児


-24時台-
【昇太さん】
~ゲストをお迎えするおもてなしソング

01) 各駅停車 1974年
 [ 作詞:喜多條忠 / 作曲:石山恵三 / 編曲:瀬尾一三 ]
 /猫
 From『猫/ベスト』
 <ソニー SOLL-53>

【六角さん】
~六角さんが初めて買ったレコードは『青盤』

02) Lady Madonna   
 レディ・マドンナ 1968年4位(UK1位)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles
 From『ビートルズ1967~1970』(青盤)
 <東芝EMI EAP-9034>

【昇太さん】
03) レイジー・ガール 1979年
 [ 作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:加藤和彦 ]
 /加藤和彦
 From『パパ・ヘミングウェイ』
 <ワーナー K-10019>

【六角さん】
04) 恋の山手線 1964年
 [ 作詞:小島貞二 / 作曲:浜口庫之助 / 編曲:小杉仁三 ]
 /小林旭
 From『小林旭~さすらい(懐かしの歌声名曲集)』
 <コロムビア  NP-7030>

【昇太さん】
05) ガムをかんで 1973年
 [ 作詞・作曲:大塚まさじ ]
 /ザ・ディランⅡ
 From『SECOND』
 <URC URG-4020>

-25時台-
【六角さんギター弾き語り!】
06) 愛のさざなみ
 /六角精児

【昇太さん】
06) 愛のさざなみ 1968年
 [ 作詞:なかにし礼 / 作曲:浜口庫之助 / 編曲:ボビー・サマーズ ]
 /島倉千代子
 From『島倉千代子ベスト』
 <コロムビア AB-7048>

【昇太さん】
07) 星影の小径 1992年
 [ 作詞:矢野亮 / 作曲:利根一郎 / 編曲:田中達也 ]
 /ちあきなおみ 
 From「星影の小径 / 港が見える丘」(シングル)
 <ビクター invitation VIH28206>
 ※小畑実-1950年

【六角さん】
08) ジェニーはご機嫌ななめ 1980年
 [ 作詞:沖山優司 / 作曲:近田春夫 / 編曲:Juicy Fruits ]
 /ジューシー・フルーツ
 From『ジューシー・フルーツ・ベスト』
 <コロムビア AF-7231>

【昇太さん】
09) ムーンライト・サーファー 1979年
 [ 作詞・作曲:中村治雄 / 編曲:矢野誠 ]
 /石川セリ
 From『セリ・ベスト』
 <フォノグラム 16Y-4>

【六角さん】
10) さすらいのばくち打ち 1976年
 [ 作詞・作曲:なぎらけんいち ]
 /なぎらけんいち
 From『さすらいのばくち打ち』
 <ワーナー L-8085>

【昇太さん】
~NHKになかったので昇太さんご持参

11) 恋はもうたくさん 1967年
 [ 作詞:橋本淳 / 作曲:鈴木邦彦 / 編曲:ザ・ダイナマイツ ]
 /ザ・ダイナマイツ
 From「トンネル天国」(シングル)
 <ビクター VP-2>


『春風亭昇太のレコード道楽』、どうやら番組HPでは過去の放送はアーカイブされないようですし、どちらの選曲かもわからないので、諸々データ書き添えて個人的にメモさせて頂きます(緑字が初回放送分のみ、ピンク字が再放送時のみの選曲。後半は初回と再放送で結構違いますね。アキラのレコード番号が誤表記のようだったので調べてみたんですけど、このレコードかなと推察)。「レコード道楽」タグも設定しました。

今回のゲストは六角精児さん。昇太さんとはGSバンド仲間ということだけあって、気心の知れた気心の知れた者同士の音楽談義は本当に楽しく、自分も友達(というか先輩)の部屋で一緒にレコード聴かせて貰ってるような気分で満喫させて頂きました(「昇太さんご自身がレコードをかける 専門家はゲストに呼ばない」という番組コンセプトは大正解だと思います!)。昇太さんが学生時代、友達の家で聴いたという加藤和彦さんの『パパ・ヘミングウェイ』「山の中の家だったのに海が見えた!」というお話にも大いに共感(滋賀の田舎で聴いてても、やはり海が見えましたよ!)。

そして『レコード道楽』に加え、同日放送だったTBSラジオ『伊集院光とらじおとアレと~アレコード~」第15回の健太さん選曲『萩原健太のMusic SMiLE』第70週における『昭和カタコト歌謡曲』特集、更にBSプレミアム『The Covers』などのお陰で、僕の”浜口庫之助”は益々高まるばかり!?いろいろとヒントも頂戴したので、その辺りを手掛かりにもっともっと深堀りして行きたいです。

何でも、六角さんゲストの今回放送分は9月末にもまた『ラジオ深夜便』ヴァージョン違いの再々放送が予定されてるようですが、その際も「夏!海!オヤジだって恋を語る」という副題はそのままなのでしょうか?流石にもう秋ではないかと(^^;)。


| レコード道楽 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#134

Arthur: Deluxe EditionArthur: Deluxe Edition
(2013/8/19)
キンクス


『亀渕昭信のお宝POPS』#134
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2016年07月23日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2016年07月24日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) How Can I Be Sure
 高鳴る心 1967年4位
 [ Eddie Brigati / Felix Cavaliere ]
 /ヤング・ラスカルズ
 The Young Rascals

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
カーペンターズのロゴ・バッヂをプレゼント!


02) Please Mr.Postman
  プリーズ・ミスター・ポストマン 1974年1位 
 [ Robert Bateman / Georgia Dobbins / William Garrett
 / Freddie Gorman / Brian Holland ]
  
 /カーペンターズ Carpenters
 ※The Marvelettes-1961年1位/R&B1位

CM
-リクエスト-
03) I Adore Him
 チョコレート・デート 1963年25位
 アイ・アドア・ヒム
 [Art Kornfield / Jan Berry]
 /エンジェルズ The Angels

【にっぽん全国レコード店めぐり】
#45:「SORC」(愛知県名古屋市) 

http://sorc.co.jp/cwr.html

04) Arthur 
 アーサー 1969年
 [ Ray Davies ]
 /キンクス The Kinks

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第134回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

7週続いたお裾分け缶バッヂ・シリーズの後はカーペンターズのロゴバッヂ。何と46年前に第1回東京国際歌謡音楽祭初来日した時のグッズかもしれないんですか!?(だとしたら、これまた小さくともレコード以上に貴重なお宝かもしれませんね)。

そして【にっぽん全国レコード店めぐり】のコーナー、名古屋は第14回放送「MEGA-MIX」さん、第46回放送「サンオブスリーサウンズ」さん、第58回放送「マージービート」さんに続いてこれで4店舗目でしょうか。店名の「SORC」「Space Of Rock Classics」だと紹介して「DAIGOもビックリ」と亀渕さん(笑)。でも、確かに女性の店主さんって珍しいですよね(旦那様がレコード・コレクターでいらしたことから、この商売を始められたとか)。品揃えはアナログ盤100%、しかも店主さんはキンクスがお好きとのことですし、名古屋方面に行く機会があったら是非「貴重なレコードの深い森」に足を踏み入れてみたいです。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TFM『幸せのテネシーワルツ』#05

Paris ConcertParis Concert [Blu-ray]
(2015/04/27)
Jose Feliciano Band


TOKYO FM 80.0MHz
『幸せのテネシーワルツ』#05
2016年8月05日(金)AM4:00-6:00
DJ:落合恵子・亀渕昭信


OP)Tennessee Waltz
 テネシー・ワルツ 1950年1位/C&W2位
 [ Pee Wee King / Redd Stewart ]
 /パティ・ペイジ Patti Page

【落合恵子さんセレクト】
01) Aquarius/Let the Sun Shine In
 輝く星座(アクエリアス) 1969年1位/AC1位/R&B6位
 [ Galt MacDermot / James Rado / Gerome Ragni ]
 /フィフス・ディメンション
 The 5th Dimension

【亀渕さんセレクト】
~アナログ盤で!

02) Chapel of Love / Boogie Woogie Bugle Boy 1980年
 チャペル・オブ・ラブ~ブギ・ウギ・ビューグル・ボーイ
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ] 
 [ Don Raye / Hughie Prince ]

 /ベッド・ミドラー Bette Midler
 ※The Dixie Cups「愛のチャペル」-1964年1位
 ※The Andrews Sisters-1941年


-お便り紹介-

【亀渕さんセレクト】
03) 愛は花、君はその種子 1991年
 The Rose
 [ Amanda McBroom ]
 [ 訳詞:高畑勲 / 編曲:星勝 ]

 /都はるみ
 ※Bette Midler-1983年3位/AC1位

【落合恵子さんセレクト】
04) Hawaiian Wedding Song
 ハワイアン・ウェディング・ソング(Live) 1973年/1978年
 [ Al Hoffman / Dick Manning / Charles King ]
 /エルヴィス・プレスリー  Elvis Presley
 ※1926年-as "Ke Kali Nei Au" ("Waiting Here for You")
 ※Andy Williams-1959年11位/R&B27位


-お便り紹介-

【落合恵子さんセレクト】
~8月になると必ず聴く曲

05) Stranger On The Shore
 白い渚のブルース 1962年1位/AC1位/R&B7位
 [ Acker Bilk / Robert Mellin ]
 /アッカー・ビルク  Acker Bilk

-大橋巨泉さん追悼-

【落合恵子さんセレクト】
06) Summertime
 サマータイム 1936年
 [ DuBose Heyward / George Gershwin ]
 /ビリー・ホリデイ Billie Holiday
 ※オペラ『Porgy and Bess』

【亀渕さんセレクト】
07) Walkin' My Baby Back Home 1962年
 ウォーキング・マイ・ベイビー・バック・ホーム
 [ Roy Turk / Fred E. Ahlert ]
 [ Swedish lyrics : Beppe Wolgers ]

 /モニカ・ゼタールンド Monica Zetterlund
 ※Nick Lucas-1931年8位

【落合恵子さんセレクト】
08) Jamaica Farewell
 さらばジャマイカ  1957年14位 
 [ Lord Burgess / Traditional ]
 /ハリー・ベラフォンテ Harry Belafonte

CM
-AM:5:00-
【落合恵子さんセレクト】
09) The Twist 
 ザ・ツイスト 1960年1位/R&B2位(1962年1位/R&B4位)
 [ Hank Ballard ] 
 /チャビー・チェッカー Chubby Checker

-永六輔さん追悼-

【亀渕さんセレクト】
~永さんもお気に入りだったカヴァー

10) Sukiyaki 1990年
 上を向いて歩こう
 [ 作詞:永六輔 / 作曲:中村八大 ]
 /ディック・リー (with サンディー)
 Dick Lee 
 ※坂本九-1961年(1963年US1位)

【亀渕さんセレクト】
11) I Left My Heart in San Francisco (Live)
 思い出のサンフランシスコ  1963年/2013年
 [ George Cory / Douglass Cross ]
 /パティ・ペイジ Patti Page
 Al.『Live At New Latin Quarter』
 ※Tony Bennett-1962年


12) いつでも夢を (Live) 1963年/2013年
 [ 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:吉田正 ]
 /パティ・ペイジ Patti Page
 Al.『Live At New Latin Quarter』
 ※橋幸夫&吉永小百合-1962年


【亀渕さんセレクト】
13) KAIMONO BOOGIE
 買物ブギー 2014年
 [ 作詞:村雨まさを(服部良一) / 作曲:服部良一 ]
 /ブラッデスト・サキソフォン
 ・フィーチャリング・ジュウエル・ブラウン
 BLOODEST SAXOPHONE feat. JEWEL BROWN
 ※笠置シヅ子-1950年

【落合恵子さんセレクト】
14) Big Girls Don't Cry 
 恋はヤセがまん 1962年1位/R&B1位
 [ Bob Crewe / Bob Gaudio ] 
 /フォー・シーズンズ Four Seasons 

【亀渕さんが最近観たコンサート】
~ホセ・フェリシアーノ


15) Billy Jean (Live) 2010年
 ビリー・ジーン
 [ Michael Jackson ]
 /ホセ・フェリシアーノ Jose Feliciano
 ※Michael Jackson-1983年1位

-リクエスト-
16) (Sittin' on) The Dock Of The Bay 
 ドック・オブ・ベイ 1968年1位/R&B1位
 [ Steve Cropper / Otis Redding ]
 /オーティス・レディング Otis Redding

【落合恵子さんセレクト】
17) Ob-La-Di, Ob-La-Da
 オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ 1998年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /インナーサークル Inner Circle
 ※The Beatles-1968年

【亀渕さんアナウンスによる、今日のお天気】

ED) What a Wonderful World
 この素晴らしき世界 2007年
 [ George Douglas / Bob Thiele / George David Weiss ]
 /ジョリー・ホランド&ブッカー・T
 Booker T.Jones & Jolie Holland


以上、落合恵子さんと亀渕昭信さんによる半年間限定のマンスリー生番組『幸せのテネシーワルツ』第5回放送分のプレイリスト(過去のエアプレイ・リスト一覧表示は「幸せのテネシーワルツ」タグを、亀渕さん担当ラジオ番組プレイリストの一括表示はこちらのカテゴリーをご利用下さい)。

今回はリスナーからのお便り紹介コーナーが設けられて、よりゆったりとした構成に感じられましたが、早いもので番組も残すところあと1回となり、巨泉さんや永六輔さんの追悼コーナーもあったからなのか、ようやく夏本番だというのに少し切なくもある放送でした(亀渕さんが巨泉さんのラジオ番組でADされてた時のこと、サンデー毎日の追悼記事でも語って下さってましたね・・・)。

パティ・ペイジ都はるみさんもさることながら、個人的に嬉しかった選曲はホセ・フェリシアーノ(そう言えば僕が愛聴してるベスト盤LPの解説は亀渕さんでした)。「ビリー・ジーン」のカヴァーは、彼の公式サイトでも紹介されてる、もう少しお若い頃にガンガン弾いてるヴァージョン(1987年?)のは知ってたんですけど、亀渕さんがセレクトして下さったマイケル追悼(&51歳誕生祝)のは知りませんでした!?(調べてみたら、他にもYou Tubeに複数動画上がってますね。サビを女性じゃなくて、観客や自身が歌うこの演奏も胸熱)。「ビリー・ジーン」、どうやら来日公演では1stステージのみの演奏だったようですが、残念ながら御縁がなかったので、ライヴレポート有難いです。

それにしても、毎回「雨の日」用と「晴れの日」用の選曲を2パターン用意して下さってるとのことですけど、幸いにしてここまでずっと晴れ続き。せっかくなので一度くらい雨パターンの選曲も拝聴してみたいところですが、でも台風とか来たら困りますし(^^;)、はてさて最終回、9月の空はどうなりますやら(やはり放送延長なり、復活を希望します!)。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「花・太陽・雨」

バルタン星人

「Banzai Washout」の続き。
メカバルタンで味を占めて、程なくバルタン星人フィギュアが増殖
(行きつけのリサイクル・ショップにて300円で発見)。

バルタン星人

メカバルタンよりも直立安定性がやや劣るので、ちゃんとバランスを保って立たせるのには手の位置や角度など、ちょっとしたコツが必要ながら、とりあえずCDが持てたら満足。購入時に店頭でいろいろ試してみたところ、どうやらメカバルタンも個体差があるらしくて、CD持つ持たない関係なく全然立たないのもありました。

バルタン星人>

ハサミの形状的にもメカバルタンと違い紙ジャケCDがギリかなと思いましたが、デジパックCDなら何とかホールド出来ましたよ!(何故かロイ・ウッドがよく似合う・笑)。

バルタン星人

勿論、直立安定性が少々悪くても、デジパックより薄手なら、小冊子とかでもホールド。
やはりこの2つ、並べてみたくなります(^^)。

GUGU

そして先月末のこと。GUのウルトラマン50周年Tシャツ 仮面ライダー45周年Tシャツ、残念ながらグルーヴィジョンズのはもうサイズがなかったものの、セール価格390円+税だったのでついつい1着購入。地元出身のクリエーターさんによるデザインでした。

ゴールデン☆ベスト PYGゴールデン☆ベスト PYG
[スペシャル・プライス]

(2012/12/5)
PYG



ウルトラマン・シリーズは現在NHKのBSプレミアム「名作」回ベスト10が毎週順次放送されてますけど、『帰ってきたウルトラマン』第34話「許されざるいのち」の劇中で流れてたPYG「花・太陽・雨」は当時(ちなみに再放送世代です)、子供心によくわからないまま聴いてても物凄く印象に残ってて、後々、大好きな曲になりました。ジュリーの'75比叡山フリーコンサートタイムマシンに乗って観に行きたい!


| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#133

ムーン・フラワームーン・フラワー
(2003/10/22)
サンタナ


『亀渕昭信のお宝POPS』#133
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2016年07月16日(土)18:00-18:30
KBS京都ラジオ2016年07月17日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Get It On
 黒い炎 1971年24位  
 [ Bill Chase / Terry Richards ]
 /チェイス Chase

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
エルトン・ジョンの缶バッヂをプレゼント!


02) Daniel 
 ダニエル 1973年2位/AC1位
 [ Bernie Taupin / Elton John ]
 /エルトン・ジョン Elton John

CM
-リクエスト-
03) Visions
 君のおもかげ 1966年(UK7位)
 [ Paul Ferris ]
 /クリフ・リチャード  Cliff Richard

-亀渕さんセレクト-
04) She's Not There
 シーズ・ノット・ゼア 1977年27位
 [ Rod Argent ]
 /サンタナ Santana
 ※The Zombies-1964年2位

-リクエスト-
05) Me And Bobby Mcgee
 ミー・アンド・ボビー・マギー 1971年1位
 [ Fred Foster / Kris Kristofferson ]
 /ジャニス・ジョプリン Janis Joplin
 ※Roger Miller-1969年C&W12位
 
ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第133回放送分のエアプレイ・リスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

お裾分けプレゼントのエルトン・ジョンからCMブレイクを挟んでのクリフ・リチャード「Sir」つながり。そして「サー、どうしましょう」と亀渕さん(笑)。選曲もさることながら、今回はこの一言が聞けただけでも有難いというか、全部オールライトな気分です。

そう言えば亀渕さん、またまたBSジャパン『武田鉄矢の昭和は輝いてた』第153回「昭和45年グラフィティ」(7月29日放送)にゲスト出演されてましたけど、ご遠慮されたのか、武田鉄矢さんとロザンナさんに随分押され気味だったような・・・(^^;)。テレビでご発言が控えめだったぶん、やはりラジオでの本領発揮楽しみにしてます!

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大地の恵みとAORの夏2016

田んぼ田んぼ

2016年07月11日(月)

京都レコード祭りの収穫をゆっくり味わう余裕もなく、
田んぼで汗と泥にまみれて穂肥ー・ギレスビー。
いよいよセミが鳴き始めました。
夏はもうすぐそこまで
(というか、もう夏じゃないの?)。


とうもろこし

少々不格好ですが、待望の今年初収穫。

田んぼ田んぼ

2016年07月16日(土)

今日は田んぼでいい汗かいてきました。
もうすっかり夏のようなのに、
綿毛のたんぽぽさん発見。


おやつ

2016年07月17日(日)

本日のおやつ!

エアサプライエアサプライ

2016年07月18日(月)

「海の日」なので、
海ジャケの爽やかなレコードを聴いてます
(僕の洋楽ハジレコ、解説は山本さゆりさん、
シングルは矢口清治さん)。
ベスト盤の裏ジャケとシングル盤が同じジャケって、
ちょっと珍しいパターンでしょうか。


トマト

2016年7月21日(木)

最近毎日食べてるのに全然減らない・・・

ひまわりひまわり

2016年7月31日(日)

昨日、ドライヴの途中に立ち寄った
琵琶湖岸のひまわり畑、
見頃はもう過ぎちゃったかなという感じでした。

暑中お見舞い申し上げます。



ということで、ざっと7月を振り返りつつ夏のご挨拶。

夏の収穫夏の収穫夏の収穫

お陰様でその後も夏の収穫が続々と。
でもそんなにゴーヤばっかりはいらないです(^^;)。

J.D.サウザー

エアサプライだけでなく、やはり夏はAOR。そう言えば先だっても触れた「ソニー AOR誕生40周年記念 AOR CITY 1000 シリーズ」、まずは第1弾の50タイトルが発売されましたが、J.D.サウザー『ユア・オンリー・ロンリー』もラインナップされてますね(ちなみにこれもアルバムとシングル同一ジャケ写真)。ライナーノーツは山崎稔久さんによる新規書き下ろしだそうですけど、僕が持ってる日本盤LPは天辰保文さんでした。

ワイルドフラワーDANCE TO YOU
(2016/8/3)
サニーデイ・サービス


AOR CITY 1000 シリーズ共通アートワークを手掛けられた永井博さんの大阪巡回展3年前の夏にも拝見したから今回はいいかなと思ってたら、サニーデイ・サービスの新作ジャケも展示予定だそうじゃないですか!タワレコにCD買いに行きがてら出かけてみようかしたら・・・。

「ソニー AOR誕生40周年記念 AOR CITY 1000 シリーズ」
http://www.lightmellow.com/catalog.php?topic=10022
「AOR CITY 1000 スペシャル企画 永井博インタビュー」
http://www.billboard-japan.com/special/detail/1638

gremzgremzgremz

ブログで育ててるグリムス(gremz)の木16本目がいよいよ最終コーナー。七夕ヴァージョンも今年は新しいデザインでしたね。そうそう、七夕といえば先日プラネタリウムに行って来たんですが、その話はまた近々あらためて。


| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン#06

ワイルドフラワーワイルドフラワー
(2016/7/20)
アヴァランチーズ


ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』5thシーズン第6回
-夜の最新録音盤-
2016年07月15日(金)17:55-21:00
DJ:安田謙一

http://jocr.jp/nighter/#fri

OP) Substitute
 恋のピンチ・ヒッター 1966年(UK5位)
 [ Pete Townshend ]
 /ザ・フー The Who

【夜の始球式】
01) Don't Pull Your Love 
 恋のかけひき 1971年4位
 [ Dennis Lambert / Brian Potter ]
 /ハミルトン、ジョー・フランク&レイノルズ 
 Hamilton, Joe Frank & Reynolds

【この曲をかけようと思ったときは暑かった…】
02) Some Other Guy
 サム・アザー・ガイ 1962年
 [ Jerry Leiber / Mike Stoller / Richard Barrett ]
 /リッチー・バレット Richie Barrett
 ※The Beatles

03) Little Child
 リトル・チャイルド 1964年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ジャッキー・リントン  Jackie Lynton
 ※The Beatles-1963年

【リクエスト】
03) ボディートーク 1980年
 [ 作詞:おかどいくこ / 作曲者:高木エリカ / 編曲:萩田光雄 ]
 /弘田三枝子

【告知の前に1曲…】
~幻のイベントタイトル…
 
04) 店の名はライフ 1977年
 [ 作詞・作曲:中島みゆき / 編曲:吉野金次、福井峻 ]
 /中島みゆき

【告知!】
~7月30日(土)、元町映画館で「デスの極みバンド」
というトークイベントに安田さんが出演!
映画『バンド・コールド・デス』について、キングジョーさんと語ります!
イベントは映画『バンド・コールド・デス』の上映終了後にスタート!

05) Freakin Out
 フリーキン・アウト
 [ Bobby Hackney ]
 /デス Death

【18時16分の女 今日のプロ野球!】
~プロ野球・オールスターゲームはこのあと7時プレーボール!
その前に辻内かおりさんストーンズTシャツで登板!


BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~ラジオネーム”「9打者連続奪三振」こと、江夏豊さん”からのリクエスト!
06) Live In The Dark
 リヴ・イン・ザ・ダーク 2016年
 [ Jeff Beck / Rosie Bones / Carmen Vandenberg ]
 /ジェフ・ベック Jeff Beck
 feat. Rosie Bones , Carmen Vandenberg
 ※Al.『Loud Hailer』-2016年

【夜の最新録音盤】
~カーネーション『Multimodal Sentiment』、7月13日リリース!

07) 続・無修正ロマンティック~泥仕合~ 2016年
 [ 作詞:大森靖子、直枝政広 / 作曲:直枝政広 ]
 /カーネーション CARNATION

08) WARUGI 2016年
 [ 作詞・作曲:直枝政広 ]
 /カーネーション CARNATION

【サリーとシロー 岸部のアルバム】
~『麻里圭子 フォークソングを歌う』

09) 遠い空の彼方から 1969年
 [ 作詞・作曲:西岡たかし ]
 /麻里圭子
 ※五つの赤い風船、吉永小百合

10) 大根足のサンバ 1969年
 [ 作詞:北山修 / 作曲:加藤和彦 / 編曲:近藤進 ]
 /麻里圭子

【リクエスト】
『The Complete Singles Collection, 1966-1970』

11) On the Good Ship Lollipop
 オン・ザ・グッド・シップ・ロリポップ 1969年/2016年
 [ Sidney Clare / Richard A. Whiting ]
 /タイニー・ティム  Tiny Tim

【リクエスト】
12) Animal Speaks 1976年
 [ Robert Kidney ]
 /15.60.75 (The Numbers Band)

【ジョージ・クリントン自伝『ファンクはつらいよ!』
~タイトルだけで読みたくなりますね…

13) Standing on the Verge of Getting It On
 スタンディング・オン・ザ・ヴァージ・オブ・ゲッティング・イット・オン 2015年
 [ George Clinton / G. Cook / Grace Cook ]
 /ウッディファンク Woddyfunk
 ※Funkadelic-1974年

CM
-19:00-
【夜の最新録音盤】
~坂本慎太郎『できれば愛を』、7月27日リリース!

14) できれば愛を
 Love If Possible 2016年
 [ 作詞・作曲:坂本慎太郎 ]
 /坂本慎太郎

~ご本人からのリクエスト!
15) 鬼退治
 Purging The Demons 2016年
 [ 作詞・作曲:坂本慎太郎 ]
 /坂本慎太郎

【リクエスト】
16) Surfin' U. S. A.
 サーフィンUSA 1988年
 [ Brian Wilson / Chuck Berry ]
 /ジーザス&メリー・チェイン
 The Jesus and Mary Chain
 ※The Beach Boys-1963年3位(UK34位)

【夜のレコード・マンスリー♪~1976年7月号より】
17) Rock n' Roll Love Letter
 ロックン・ロール・ラブレター 1976年28位
 [ Tim Moore ]
 /ベイ・シティ・ローラーズ
 Bay City Rollers
 BCR

18) まちぶせ 1976年
 [ 作詞・作曲:荒井由実 / 編曲:松任谷正隆 ]
 /三木聖子

19) Mr. Melody
 ミスター・メロディ 1976年49位/R&B10位
 [ Chuck Jackson / Marvin Yancy ]
 /ナタリー・コール Natalie Cole

20) If You Wanna Boogie...Forget It
 ブギーを忘れろ 1976年R&B95位
 [ Don Grolnick / Steve Khan / Will Lee ]
 /ブレッカー・ブラザーズ・バンド
 The Brecker Brothers

21) 夏八景 1976年
 [ 作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /麻丘めぐみ

22) 嗚呼!! 花の応援団 1976年
 [ 作詞:どおくまんプロ / 作曲・編曲:小山恭弘 ]
 /異邦人

23) Sunshine Day
 サンシャイン・デイ 1976年R&B61位
 [ Sol Amarfio / Teddy Osei / Mac Tontoh ]
 /オシビサ Osibisa 

24) Rainbow In Your Eyes
 瞳の中のレインボー 1976年52位 
 [ Leon Russell ]
 /レオン&メアリー・ラッセル 
 Leon & Mary Russell

25) シンデレラ 1976年
 [ 作詞・作曲・編曲:近田春夫 ]
 /近田春夫&ハルヲフォン

26) チェリー・ピンク’76
 Cerezo Rosa 1976年
 [ 作詞:岩谷時子 / 作曲:P. Louiguy / 編曲:高田弘 ]
 /ポピーズ
 ※Perez Prado and His Orchestra-1955年1位

27) ツッパリ・ブギ 1976年
 [ 作詞:保富康午 / 作曲:小林亜星 / 編曲:筒井広志 ]
 /シンガーズ・スリー
 ※NET(現・テレビ朝日)系・東映製作
 TVドラマ『ベルサイユのトラック姐ちゃん』主題歌


CM 
-20:00-
【夜のラッキー7】
~アヴァランチーズ『ワイルドフラワー』

28) Frankie Sinatra
 フランキー・シナトラ 2016年
 [ Danny Brown / Robbie Chater / Tony Di Blasi
 / Oscar Hammerstein II / Wilmoth Houdini / Richard Rodgers ]

 /アヴァランチーズ The Avalanches

29) Sunshine
 サンシャイン 2016年
 [ Robbie Chater / Tony Di Blasi
 / Sheila Young / Bobby Goldsboro ]

 /アヴァランチーズ The Avalanches

30) The Noisy Eater
 ノイズイーター 2016年
 [ Robbie Chater / Tony Di Blasi
 / Marcel Hall / John Lennon / Paul McCartney ]

 /アヴァランチーズ The Avalanches

【夜の最新録音盤】
~クレイジーケンバンド『香港的士』、8月3日リリース!

31) 香港的士 - Hong Kong Taxi -  2016年
 [ 作詞:山田ひろし / 作曲:横山剣 ]
 /クレイジーケンバンド
 ※神埼まき-1994年

32) バスが来る  2016年
 [ 作詞:山田ひろし / 作曲:横山剣 ]
 /クレイジーケンバンド
 ※神埼まき-1992年

【リクエスト】
33) 夏のモンタージュ 2008年
 [ 作詞・作曲:竹内まりや / 編曲:増田武史 ]
 /みつき(高畑充希)

【夜の最新録音盤】
~KIRINJI『ネオ』

34) The Great Journey feat. RHYMESTER 2016年
 [ 作詞・作曲:宇多丸、Mummy-D、堀込高樹 ]
 /KIRINJI キリンジ

35) Mr. Boogieman 2016年
 [ 作詞・作曲:堀込高樹 ]
 /KIRINJI キリンジ

【8時43分の女 今日のプロ野球!】
~辻内かおりさんによるオールスターゲーム情報


BGM) Vibrations 1980年
 [ James Last ]
 /ジェームス・ラスト James Last Band

~ふなっしー初監修のメタル・コンピCD『フナメタルロック』情報も。

~ラジオネーム”「ミスター・ホームスチール」こと、新庄剛志さん”からのリクエスト!
36) Chega de Saudade 
 想いあふれて 2012年/2016年
 [ Vinicius de Moraes / Antonio Carlos Jobim ]
 /ウアスカ Huaska
 ※Joao Gilberto-1959年
 ※ベスト盤『ボサノヴァ・メタル教典』-2016年


【夜の泰安洋行】
37) Hong Kong Blues
 香港ブルース 1981年
 [ Hoagy Carmichael / Paul Francis Webster ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison
 ※1939年
 ※映画『脱出(To Have and Have Not)』-1944年


38) The Japanese Farewell Song
 ジャパニーズ・フェアウェル・ソング 1960年
 [ Freddy Morgan / Hasegawa Yoshida ]
 /サム・クック Sam Cooke
 ※Kay Cee Jones-1955年53位

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!
次回は「夜のアソーテッド・フレーバーズ」と題して
8月12日午後5時55分プレーボール!
See You Next Game!


39) Fallin' In Love
 フォーリン・イン・ラヴ 1975年1位/AC1位/R&B24位
 [ Ann Hamilton / Dan Hamilton ]
 /ハミルトン、ジョー・フランク&レイノルズ 
 Hamilton, Joe Frank & Reynolds


以上、ハミルトン、ジョー・フランク&レイノルズに始まり、ハミルトン、ジョー・フランク&レイノルズで締め括られたラジオ関西『夜のピンチヒッター』5thシーズン第6戦のプレイリスト(「恋のかけひき」を聴くと、コレクターズ「MOON LOVE CHILD」を口ずさみたくなります。大好きです)。過去のプレイリストについてはこちらの「yasudaida」カテゴリータグ1st2nd3rd4th)から、或いは昨シーズン迄の分は『夜のスコアブック』をご参照下さい。

今回は「夜の最新録音盤」というだけあって、辻内かおりさんが曲紹介する架空のラジオネームのリクエスト・コーナーも含めて、魅惑的な新作がぎっしりと超メガ盛りの3時間フルコース!?アヴァランチーズは勿論、カーネーションキリンジクレイジーケンバンドもさることながら、個人的に一番インパクトを感じたのは坂本慎太郎さん。というのも放送翌日は田んぼで野良仕事してたんですけど、どうやら一発で脳ミソに植え付けられたらしく、頭の中でずっと「中古の車で出かけるぞ~♪」がループしてましたから(笑)。

そして、ラジオから流れて来る強力なラインナップの最新録音盤に呼応するかのように、我が家のサボテンがオンエア中にじわじわ開花していくという珍事が重なったことでも、益々忘れられない放送になりました(【夜の泰安洋行】も心地よくて暫しうっとり。もっと聴きたいくらいです!)。

当初は番組内でトークイベントの告知があった7月30日までに何とかプレイリストを公開出来ればと思って準備してたんですが、力及ばず、間に合わすことが出来ず申し訳ありませんでした。8月7日(日)17時からのディスクユニオン大阪店におけるカーネーションの新作発売記念イベント安田謙一さんがトークゲストとのことですので、一応こちらでもご確認迄ということでご案内させて頂きます。8月20日(土)21時から放送NHK-FM『しりすぎてるうた』第5弾「パープル・レイン」も楽しみ!


| yasudaida | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くるくるまわる喫茶店。

手柄ポート

2015年09月04日(金)

「姫路城探訪2015」の続き。

レコードが好きなので、姫路の回転展望台=くるくる回る喫茶店「手柄ポート」に行って、コーラレコードのターンテーブル気分(?)を味わって来ました。

手柄ポート手柄ポート

とはいえ、ほんの3回転くらいで45回転は無理でしたが(笑)。

手柄ポート手柄ポート

手柄ポートは1966年に開催された姫路大博覧会に建てられたもので、ロサンゼルス国際空港の旧管制塔をモチーフにしてるとのこと。今年50周年ですね。

手柄ポート手柄ポート

しかしながら老朽化により、取り壊しも囁かれてるとか・・・。
懐かしい未来感を軋ませながら、まだまだ回り続けて欲しいです。

モノレール モノレール

そしてこれは、手柄山交流ステーションに展示されてた「姫路モノレール」ロッキード社が開発し、川崎航空の岐阜工場で製造され、当時としては最新鋭だったと説明書きがあったんですけど、シートの座り心地はあんまり良くなかったです(^^;)。

手柄山モノレール
 
何でもモノレールは当時の市長さんが推進されてたらしく、鳥取まで延伸する計画もあったそうですね!?姫路大博覧会にロッキード式のモノレール、大阪万博の4年前にこんな素敵な光景があったとは。

岡本太郎

その後、せっかくここまで来たからにはと、姫路市総合スポーツ会館岡本太郎作品『躍動』も鑑賞。バスの本数が少なそうだったので諦めようかとも思ったものの、レンタサイクルのお陰で観に行くことが出来ました!(手柄山の近くだったんですが、場所ちょっとわかりにくかったです。観光で来る人は少ないのかも)。

飛び出し坊や飛び出し坊や

ついでに姫路では飛び出しガール飛び出しピカチュウにも偶然遭遇。ガールは量産型なので滋賀でも見たことあります(確か多賀大社の辺り)。

姫路

最後に姫路で味わったのは、ソースをべっとりつけて、更にだし汁にもつけて食べる名物の「明石焼き風たこ焼き」。実際食べてみたら意外と違和感なくて、むしろあっさりふわふわでまいう~!Myたこ焼きランキングの中でも結構上位に入るかもしれません。

オブ・モンキーズ・アンド・メン(日本限定ボーナス・ディスク付)オブ・モンキーズ・アンド・メン
(日本限定ボーナス・ディスク付)

(2016/8/26)
ザ・マイナス・ファイヴ
BSMF RECORDS

そうそう、1966年といえば、申年の今年50周年を迎えたモンキーズのデビュー・イヤー。新作のアナログ盤到着が待ち遠しい8月、Yep Rocから出るThe Minus 5のモンキーズ・トリビュートもなかなか面白そうな企画盤ですね。元R.E.M.ピーター・バックマイク・ミルズも参加してるとか。



アナログ盤もわりとお手頃ですし、日本盤CDは「敢えて収録されていなかったモンキーズのカヴァー2曲を収録したボーナス・ディスク付!」というのも気になるところです。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |