Sweetheart Of The Radio

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

僕の”MARCH OF THE MODS”2017

新幹線新幹線

2017年03月01日(水)

京都駅で新幹線1時間50分遅れの表示に
一瞬焦りましたが、
5分遅れのこだまに乗って上京物語。
先ほど浜松を通過したところです。
流石に今日ばかりはツイッター見てる余裕
あんまりないかも。




シウマイ

2017年03月02日(木)

昨日は終始ワチャワチャしまくりで
ツイッターどころじゃなく。
というか、今もまだワチャワチャ。
落ち着いたらブログにでもまとめたいところです。
帰りの新幹線、お弁当はやはりこれにしました。





コロコロ旅コロコロ旅

2017年03月04日(土)

ネックウォーマーもいらないくらいの
ポカポカ陽気に誘われて、
「TOUGH」「晴れた空カントリーデイ」
口ずさみながらコロコロ旅へ。
ダム2つハシゴして来ました!
#ひとり”こころ旅”





トラクター

2017年03月07日(火)

武道館が終わった、と思ったら、
もう田植えに向けての準備。
時の流れの速さになかなか身をまかせられないです。
#稲作





ランディ・ヴァンウォーマー

2017年03月09日(木)

久々に中古の洋楽CD50円の激安ワゴンへ。
僕好みのは昨年大体買い尽くしたので
もう残り僅かでしたが、ランディ・ヴァンウォーマー
『モーニング・ブリーズ』を見つけてカーステ用に購入。
ピーター・バラカンさんの弟さんとの共同プロデュース作、
「アメリカン・モーニング」の新録も入ってます。
#レコハン





愛車

2017年03月11日(土)

今日は愛車に愛車を載せてお出かけ。
でも思いのほか肌寒かったので
結局ほぼほぼドライブ(^^;)。





飛び出し坊や

山男な0系の飛び出し坊やと飛び出し山ガール。
今日は春の到来を告げる「びわ湖開き」とはいえ、
この辺りはまだ道路脇や日陰に雪が残ってました。
#飛び出し坊や


飛び出し坊や飛び出し坊や

久々に巨大とび太くんにも逢いに聖地巡礼(?)。
#飛び出し坊や #顔ハメ





トラクター

2017年03月12日(日)

本日の愛車。
FMラジオも付いてるので、その気になれば
『サンデーソングブック』『洋楽グロリアスデイズ』
も聴けたのですが、流石に集中力保てないので我慢
(あとで録音聴きます)。
何とか『ソング・アプローチ』には
間に合うよう帰って来られました
武道館特集放送180回目!)。
#稲作





ジョージ・マイケル健太さん

2017年03月15日(水)

「プレーヤーないから、あげる」と言われて
頂戴したLPがジョージ・マイケル『FAITH』
CDでしか聴いたことがなく、ジャケも盤も
コンディション抜群だったので益々感謝感激。
ライナーノーツは勿論、萩原健太さん。


リタ・クーリッジ

更に譲り受けたLPにはリタ・クーリッジ
『ラヴ・ミー・アゲイン』も!
ボズやスウィート・インスピレーションズ
エヴァリーのカヴァーなど聴き応えたっぷりで
ギターはジェイ・グレイドン
ベンチャーズの名手ジェリー・マギーさん!!
帯付きの見開きジャケや盤も
ピッカピカで泣いて喜んでます。



以上、今月の走行記録収穫レコード日記等々。
長くなりそうなのでまずは前半なんですが、でも一番肝心な武道館のことは感動が大きすぎて未だ整理しきれません・・・。またそのうち追々ということにさせて下さい。



マウンテンバイク乗る時「TOUGH」を口ずさみたくなるのは間違いなくこのPVの影響です!


スポンサーサイト

| Diary | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#165

レモン・パイパーズ・ベストレモン・パイパーズ・ベスト
(2008/5/21)
レモン・パイパーズ
解説:上柴とおる

『亀渕昭信のお宝POPS』#165
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年02月26日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年02月26日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Black Betty
 ブラック・ベティ 1977年18位
 [ Leadbelly / Traditional ]
 /ラム・ジャム Ram Jam
 ※Leadbelly-1939年

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
クリス・ヒルマンの米盤LP『Slipping’ Away』をプレゼント!


02) Slipping’ Away
 スリッピン・アウェイ 1976年
 [ Chris Hillman ]
 /クリス・ヒルマン Chris Hillman

CM
-リクエスト-
03) Operator (That's Not the WayIt Feels)
 オペレーター 1972年17位
 [ Jim Croce ]
 /ジム・クロウチ Jim Croce

-亀渕さんセレクト-
~本当は「Jelly Jungle (Of Orange Marmalade) 」を
かけるつもりだったのにレコードを間違えて持ってきた!?

04) Rice Is Nice
 ライス・イズ・ナイス 1968年46位
 [ Paul Leka / Shelley Pinz ]
 /レモン・パイパーズ  The Lemon Pipers 

-リクエスト-
05) Will This Be the Song I'll Be Singing Tomorrow?
 死亡遊戯 愛のテーマ 1978年
 明日の歌
 [ Don Wilkerson ]
 /コリーン・キャンプ ジョン・バリー
 Colleen Camp / John Barry

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第165回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントは多彩なゲストを迎えて制作されたクリス・ヒルマンのソロ1作目『Slipping’ Away』。タイトル曲もラス・カンケルリーランド・スカラーのリズム隊にスティーヴ・クロッパーのギターとアル・パーキンスのペダル・スティール、加えてコーラス陣にはティモシー・B・シュミットフロ&エディ と豪華な顔ぶれがバックアップした爽やかなカントリー・ポップ・チューンですが、ややAOR風味も入ってるでしょうか。バーズフライング・ブリトー・ブラザーズマナサス程じゃないにしても、結構お気に入りです(亀渕さん、「夜でもヒルマン」て・笑)。

そして亀渕さんセレクトは1曲目にかかったラム・ジャムの中心メンバーがレモン・パイパーズでギターを弾いてたビル・バーレットだった、という繋がりからでしたけど(確かビリー・ジョエルとも一緒にバンドやってたんですよね)、個人的には「Jelly Jungle 」より「Rice Is Nice」の方が好きなので(何せ我が家も米農家ですしね・笑)、結果オーライの嬉しい選曲でした。

相変わらずプレイリストの作成が遅れ気味で申し訳ありません(なかなか追いつけません・汗)。春は出逢いと別れの季節、ラジオ各局の改編動向についても色々思うところありますが、そんな中『お宝POPS』は4月以降も聴けるみたいでひと安心です。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TFM東洋化成『団塊ザ・ミュージック』#06

A LONG VACATION 30th EditionA LONG VACATION
30th Edition

(2011/03/21)
大滝詠一


TOKYO FM
東洋化成『団塊ザ・ミュージック』
第6回「1981年」
2017年03月03日(金)AM4:00-6:00
出演:クリス松村、長門芳郎


OP) Do You Believe In Magic?
 魔法を信じるかい? 1965年9位
 魔法を信じるの?
 [ John Sebastian ]
 /ラヴィン・スプーンフル 
 Lovin' Spoonful

【春といえば化粧品のCMソング】
~カネボウ化粧品の1981年春のキャンペーンCMソング

01) 春咲小紅 1981年
 [ 作詞:糸井重里 / 作曲:矢野顕子 / 編曲:ymoymo ]
 /矢野顕子
 ※対する資生堂1981年春のキャンペーンソングは
 松原みき「ニートな午後3時」


【中野サンプラザ公演で活動休止宣言】
02) NATALIE 1981年
 [ 作詞・作曲:竹内まりや / 編曲:告井延隆 ]
 /竹内まりや
 ※花王「リーゼ」のCMソング

【カメリアダイアモンドのCM】
03) Foxy
 フォクシー 1981年
 [ Jeff Harrington / Jeff Pennig ]
 /スーザン・アントン Susan Anton

【1981年のLPチャート】
1位:寺尾聰『Reflections』
2位:大滝詠一『A LONG VACATION』
3位:オフコース『We are』


~『Reflections』はカセットの売り上げも50万、『ロンバケ』も40万!
カーステレオの普及効果?


=ここから4曲は大瀧詠一さんワールド=
【大瀧詠一さんが楽曲提供】

04) いちご畑でつかまえて 1981年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:大瀧詠一 / 編曲:多羅尾伴内 ]
 /松田聖子

【同年リリースの『ポップンガール・ヒデキ』よりほんの少し】
~12弦ギター!

05) スポーツ・ガール 1981年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:大滝詠一 / 編曲:鈴木茂 ]
 /西城秀樹

【『A LONG VACATION』より】
06) FUN×4 1981年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:大瀧詠一 / 編曲:多羅尾伴内 ]
 /大滝詠一

【「さらばシベリア鉄道」に続くシングル】
07) 恋のハーフムーン 1981年 
 [ 作詞:松本 隆 / 作曲・編曲:大瀧詠一 ]
 /太田裕美
 ※ストリングス&ホーンアレンジ:松任谷正隆

【当時パイドパイパーハウスで人気に火が付いた洋楽】
08) It's My Party
 涙のバースディ・パーティ 1981年(UK1位)
 [ John Gluck Jr./ Wally Gold / Herbert Weiner ]
 /デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン
 Dave Stewart & Barbara Gaskin
 ※Lesley Gore-1963年1位

【「キリンレモン」のCMソング】
~清水信之さんは当時20歳!

09) Park Ave.1981 1980年
 [ 作詞:荒木とよひさ、EPO / 作曲:EPO / 編曲:清水信之 ]
 /EPO
 ※Al.『JOEPO~1981 KHz』-1981年


【ギターにはラリー・カールトンが!】
10) Theme From "Greatest American Hero"
 (Believe Or Not)
 アメリカン・ヒーローのテーマ 1981年2位
 [ Stephen Geyer / Mike Post ]
 /ジョーイ・スキャベリー Joey Scarbury

【時間いっぱいまで】
11) スローなブギにしてくれ (I want you) 1981年
 [ 作詞:松本隆 / 作曲:南佳孝 / 編曲:後藤次利 ]
 /南佳孝
 ※同名映画主題歌

CM
-5:00-
【クインシー・ジョーンズでヒットした「愛のコリーダ」ではなく】
12) MOU CORI GORI DA 1981年
 [ Chaz Jankel / Kenny Young / 編曲:和泉宏隆 ]
 /竹村健一
 ※原曲「愛のコリーダ(Ai No Corrida)」
 ※Quincy Jones-1981年28位/R&B10位/Disco5位
 ※Chaz Jankel-1980年

 
【原曲と聞き比べ】
13) Last Pretender 1981年
 [ 作詞:糸井重里 / 作曲・編曲:高橋ユキヒロ ]
 /ピンク・レディー 

14) 偽りの瞳 1980年
 [ 作詞:高橋幸宏、大村憲司 / 作曲・編曲:高橋幸宏 ]
 /ラジ RAJIE

【1981年のシングルチャート】
1位:寺尾聰「ルビーの指環」
2位:竜鉄也「奥飛騨慕情」
3位:近藤真彦「スニーカーぶる〜す」
4位:イモ欽トリオ:「ハイスクールララバイ」
5位:松山千春「長い夜」
6位:都はるみ「大阪しぐれ」
7位:シャネルズ「街角トワイライト」
8位:五輪真弓「恋人よ」
9位:松田聖子「チェリーブラッサム」
10位:松任谷由実「守ってあげたい」

19位:寺尾聰「SHADOW CITY」(前年夏のリリース)


【パイドパイパーハウスの常連さんだった】
~長門さん所有のサイン入りアナログ盤から!

15) SHADOW CITY 1980年
 [ 作詞:有川正沙子 / 作曲:寺尾聰 / 編曲:井上鑑 ]
 /寺尾聰

【当時パイドパイパーハウスで人気】
16) Sleep On It
 スリーブ・オン・イット 1981年
 [ Andrew Kastner / Larry John McNally ] 
 /ラリー・ジョン・マクナリー  Larry John McNally
 ※Chaka Khan-1978年

【1981年の音楽的に注目の映画】
20位:『フラッシュゴードン』
10位:『9時から5時まで』
07位:『ブルース・ブラザース』等々


【『ON THE STREET CORNER』(オン・ザ・ストリート・コーナー)がヒット】
17) Drip Drop
 ドリップ・ドロップ 1980年
 [ Jerry Leiber / Mike Stoller ]
 /山下達郎
 ※The Drifters-1958年
 ※Dion DiMucci-1963年6位


【当時パイドパイパーハウスで人気】
18) Daddy's Home
 ダディーズ・ホーム(Live) 1982年23位(1981年UK2位)
 [ William Miller / James Sheppard ]
 / クリフ・リチャード  Cliff Richard
 ※Shep & The Limelites-1961年2位/R&B4位
 ※Jermaine Jackson「パパの家」-1973年9位/R&B3位


【武道館解散コンサートより】
19)TOMATO IPPATSU
 トマト・イッパツ(Live) 1981年
 [ 作詞:宮下康仁 / 作曲・編曲:スペクトラム ]
 /スペクトラム
 ※デビュー・シングル(1979年)

【『昨晩お会いしましょう』より】
20) カンナ8号線 1981年
 [ 作詞・作曲:松任谷由実 / 編曲:松任谷正隆 ]
 /松任谷由実
 ※コーラス・アレンジ:杉真理

【1981年の新人】
~近藤真彦、イモ欽トリオ、
その他、堀江淳、伊藤敏博、倉橋ルイ子、麻倉美稀、
河合夕子、ザ・ぼんち、エマニエルなど個性豊かな顔ぶれ


【シーズン1最後の曲】
~4月発売予定のパイド限定7インチ(世界初)のラッカー盤!!

21) Altogether Alone
 オルトゥゲザー・アローン 1975年
 [ Hirth Martinez ]  
 /ハース・マルティネス
 Hirth Martinez

ED) Nice Folks
 ナイス・フォークス 1969年
 [ Kenny Altman ]
 /フィフス・アヴェニュー・バンド
 The Fifth Avenue Band


毎月第1金曜日早朝のお楽しみとして定着しつつあったクリス松村さんと長門芳郎さんによるTFM『団塊ザ・ミュージック』。当初から「半年間限定」というアナウンスがあった『幸せのテネシーワルツ』と違い、前回まで(というか、最後の最後まで)そうゆう素振りがなかっただけに、もしかしたら4月以降もこのままのペースで続けて頂けるのかなと淡い期待を抱いてたんですが、やはり『団塊ザ・ミュージック』も半年でひと区切りの運命でしたか・・・。しかしながら、これきりおしまいではなく、【シーズン1の最終回】とのお言葉がせめても救い。第6回放送も貴重な音源や聴き比べなども交えたこだわりの選曲と共に、興味深い証言や考察を伺えて、他ではなかなか味わえない濃密な2時間でしたけど(ミュージックカセットの売り上げにまで着目して紹介して頂けるとは!?)、それでも村田和人さんや須藤薫さんとか、まだまだかけて頂きたい曲や伺いたいことも沢山あるので、この続きであれ、そうじゃないにしても、是非また【シーズン2】で更に更に諸々ご指南頂きたいです。そして、ちらっと言及されてた今度はゲストをお招きしてみたり、というプランも、実現を願うばかりです(関係各位の皆様、宜しくお願い致します)。

そんな訳で、第6回放送分のプレイリストも各種データ番組の流れ的なものもざっと書き添えつつ個人的に作成、ブログに記録させて頂きました(過去の放送分については#団塊ザ・ミュージックタグよりご参照下さい)。まずは【シーズン1】の半年間、月初めにグッドモーニングなGood Vibrationsを有難うございました!

| Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

”買わなきゃ美幸”

川中美幸

2016年11月19日(土)

川中美幸コンサートの招待券貰ったので両親にプレゼント。

2016年11月26日(土)

10年くらい前、両親にマッサージチェアを
プレゼントした時はあまり喜んでくれなかったのですが、
懸賞で当選した旅行券や竹生島クルーズは
気兼ねがないからか思いのほか喜んでくれました。
今夜の川中美幸コンサートも楽しんで来てくれたようです。
懸賞で親孝行プレイ(笑)。



川中美幸

川中美幸さん、コンサート会場では
「買わなきゃ美幸」を合言葉に販促されてるんだそうで(笑)、
うちの両親もお土産にCD買って来ました。
サイン色紙とクリアファイルのオマケ付きでした。



ということで、これは昨年11月の蔵出しシリーズ。
「今度は水森かおりさんを当ててくれ」と言われてるのですが、
そう上手くいきますかどうか(^^;)。

美幸のおとこ唄美幸のおとこ唄
(2017/2/22)
川中美幸


川中美幸さんといえば、ABCラジオTBS/JRN系『サウンド・キャッチ』をネットしてた頃、直前の番組が『川中美幸 人・うた・心』だったので、よく一緒に聴いてたんですけど(健太さんも一度ゲストで出演されたことありましたしね!)、何と最新作『美幸のおとこ唄』では「ダイナ」「ヘイ・ポーラ」に加え、BEGIN怒髪天の曲なんかも歌われてるんですね!?



更に神野美伽さんもギターに古市コータローさん、ドラムにクハラカズユキさん(THEE MICHELLE GUN ELEPHANTThe Birthday)のトリオでレコーディングされたとのことなので、どうゆう形でリリースされるのか楽しみなところ(うちの親にも聴かせてあげようかしら)。

「NICK! NICK! NICK!」ならぬ「mika! mika! mika!」Tシャツ、欲しいです(笑)。

| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#164

Jennifer Warnes / Shot Through the HeartJennifer Warnes
/ Shot Through the Heart

(2016/10/3)
Jennifer Warnes


『亀渕昭信のお宝POPS』#164
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年02月19日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年02月19日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) America America 
 アメリカ・アメリカ 1971年
 [ Michael Holm / Giorgio Moroder ]
 /スピナッチ Spinach

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
ジェニファー・ウォーンズの
「星影の散歩道」日本盤シングル
をプレゼント!


02) Right Time of the Night 
 星影の散歩道 1976年6位/AC1位/C&W17位
 [ Peter McCann ]
 /ジェニファー・ウォーンズ  Jennifer Warnes

CM
-リクエスト-
03) Let's Live For Today
 今日を生きよう 1967年8位
 [ Michael Julien / Ivan Mogull / David Shapiro ] 
 /グラス・ルーツ Grass Roots
 ※The Rokes-1966年

【にっぽん全国洋楽番組めぐり】
#22:琉球放送(RBCiラジオ)
『Tyga's Radio』の嘉大雅さん


04) Lullaby of Birdland
 バードランドの子守唄 1954年
 [ George Shearing / George David Weiss ]
 /サラ・ヴォーン Sarah Vaughan
 ※1952年

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第164回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントはジェニファー・ウォーンズ「星影の散歩道」日本盤シングル!これは大いに興味をそそられますが、そう言えば収録アルバムの『Jennifer Warnes』は昨年BGOから『Shot Through The Heart』との2in1仕様デジタル・リマスターCDが復刻されてたんですね(今月はイアン・マシューズの2in1も出るみたいじゃないですか)。

それから、グラス・ルーツ「今日を生きよう」亀渕さんが『オールナイト・ニッポン』で最初にかけた曲だった、ということは誰も知らないだろうと謙遜しておっしゃってましたけど、いえいえ、NHK-FMの特番『FM40年とその音楽』(2009年02月28日放送)でそのお話を拝聴して、存じ上げておりましたよ(^^)。

ところで亀渕さん、来月2日に下北沢で開催される「リバプールサウンズから始まった! VOL.4」なるイベントでセンチメンタル・シティ・ロマンスの元リーダー、告井延隆さんと共演されるんですね!残念ながら僕は行けそうにありませんが、告井さんといえば”ひとりビートルズなギター演奏は勿論、もしかしたら『ナイアガラ・トライアングル』のお一人だったかもしれない御方なので、機会があれば『お宝POPS』にも是非ゲストにお招きして下さい!(亀渕さんと告井さんの共演、やはりラジオでも聞きたいです)。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#163

NevermindNevermind
(2016/12/2)
Nirvana
Universal

『亀渕昭信のお宝POPS』#163
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年02月12日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年02月12日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Solid Gold Easy Action
 イージーアクション 1972年
 [ Marc Bolan ]
 /T.レックス T.Rex

【今週のお裾分け】
~中目黒のカセット専門店「Waltz」で購入してきた
ニルヴァーナの名作『NEVERMIND』のミュージック・テープ
「Waltz」のトートバッグをプレゼント!


02) Smells Like Teen Spirit
 スメルズ・ライク・ティーン・スピリット 1991-92年6位
 [ Kurt Cobain / Dave Grohl / Krist Novoselic ]
 /ニルヴァーナ Nirvana

CM
-リクエスト-
03) You're Enough 
 幸福過ぎて 1983年
 [ Richard Carpenter / John Bettis ]
 /カーペンターズ  Carpenters

-亀渕さんセレクト-
04) Let's Dance
 レッツ・ダンス 1983年1位(UK1位)
 [ David Bowie ]
 /デヴィッド・ボウイ David Bowie

-リクエスト-
05) Bridge Over Troubled Water
 明日に架ける橋 (1969 Live Version)
 [ Paul Simon ]
 /サイモン&ガーファンクル
 Simon & Garfunkel
 ※1970年1位

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第163回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回のお裾分けプレゼントは前回、中目黒のカセットテープ&レコード「Waltz」取材時に買って来て下さったというニルヴァーナの代表作『NEVERMIND』のミュージック・テープ「Waltz」のトートバッグ。お裾分けプレゼントのような”当時もの”ではなくとも、『NEVERMIND』のミュージック・テープは昨年末に復刻されたらしく、今ならアマゾンやタワーレコードなどでも買えるみたいですね!(国内盤CDも5月にユニバーサルの「ロックの“最高傑作”50」シリーズから1490円で再発される模様)。確かに、カセットのプラケース映えするジャケット写真なので、僕も俄然カセットテープが欲しくなりました。ついでにアル・ヤンコビックのパロジャケ(これ大好き!)のカセットも手に入れて並べて飾りたい気分ですが、どうやらパロジャケの方は現在入手が難しいようで(^^;)。

ところで亀渕さんはデヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』はご覧になられたのでしょうか?実は先日、久々に東京遠征する機会に恵まれたものの、残念ながら大回顧展や中目黒の「Waltz」さんに足を運ぶ時間までは得られず・・・。でも、「Waltz」さんには是非いつか行ってみたいな!と思ってます。

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとり”こころ旅”-2017年如月編

こころ旅こころ旅

2017年2月04日(土)

立春のひとりこころ旅は遂に登山道の入口まで。
さぞ帰りの下り坂は快感だろうと思ったら、
上りで疲れすぎて全然余力がなく、
家まで辿り着くのがやっとこさでした。




この世界の片隅にこの世界の片隅に

2017年2月08日(水)

映画『この世界の片隅に』
まさか今になってTHXシアターの素晴らしい音響で
観る機会に恵まれようとは。
ずっと上映し続けて下さってる
イオンシネマ近江八幡さんに感謝。




ストーンズストーンズ

2017年2月14日(火)

バレンタイン、
流石にチョコはもう・・・と思ってたけど、
いやいやストーンズチョコやでと言うので
有難く頂戴しました(^^)。
コーヒービートのような「シーズ・ア・レインボー」、
ビターで香ばしくて美味しい!




ひとりこころ旅ひとりこころ旅

2017年 2月18日(土)

地味に続く上り坂と向かい風に
心が折れそうになりつつも、
今日は1ダム2神社のコースで汗びっしょり。
まだまだ先だと思ってたら
「武道館まであと11日!」
何だかじっとしてられない気分。




ひとりこころ旅ひとりこころ旅

2017年2月25日(土)

まぁまぁ「晴れた空カントリーデイ」
まだまだ風は冷たくとも、
盆梅の香りや春っぽい顔ハメに出逢えました。
武道館まであと4日!


天使の歌声

アート・ガーファンクルの『天使の歌声』
探してた国内盤LPに運良く
200円均一箱で巡り合えようとは。


天使の歌声天使の歌声

亀渕昭信さんの解説読むのが目的だったんですけど、
野口久光さんとのWライナーノーツじゃないですか!


田中星児田中星児

「青春の旅路」は
田中星児さんの日本語カヴァーも素敵ですが、
やはり今日は「ギターは泣いている」の日本語カヴァーを。
レコードにもノンクレジットだったんですけど、
このジョージ流儀のむせび泣くギターは
どなたが弾いてらっしゃるのでしょう?




チープ・トリックチープ・トリック

2017年2月28日(火)

武道館なんてチープ・トリックディラン
ライヴ盤などで聴くだけの世界で、
田舎もんの自分には一生縁のないところだと
思ってました。いよいよ明日の今頃は・・・。
心の準備が全然追いつかないです・・・。



以上、2月の走行記録レコード日記なども織り交ぜて、ざっとダイジェストで。
ただでさえ短い2月が、今年は更に短く感じました。

今月のブログは3月01日"MARCH OF THE MODS"だけで物凄い長編になってしまいそうですが、それはちゃんと書ければ、の話。まだまだ余韻にどっぷり浸りまくりで日常に戻りきれておらず、当分、心の整理が出来そうにありません。

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『亀渕昭信のお宝POPS』#162

DONUT VOL.9DONUT VOL.9
カセットテープ・イズ・ノット・デッド

(2016/10/8)
スタジオ・エム・オー・ジー


『亀渕昭信のお宝POPS』#162
火曜会ネットワーク制作(AMラジオ全国33局)
ラジオ関西2017年02月05日(日)19:00-19:30
KBS京都ラジオ2017年02月05日(日)23:00-23:30
DJ:亀渕昭信

http://kayoukai.bizon.jp/pops/

OP) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団 Glenn Miller Orchestra

-リクエスト-
01) Superbird
 スーパー・バード  1971年
 [ Howard Greenfield / Neil Sedaka ]
 /ニール・セダカ Neil Sedaka

【今週のお裾分け】
~亀渕さんの貴重なコレクションから
映画『Homer』のサウンド・トラック(カット盤LP)
をプレゼント!


02) Turn! Turn! Turn! (To Everything There Is A Season)
 ターン・ターン・ターン 1965年1位 
 [ Pete Seeger / Traditional ]
 /バーズ The Byrds

CM
【にっぽん全国レコード店めぐり-特別編】
#51:中目黒カセットテープ&レコード「Waltz」取材
~角田太郎さん

http://waltz-store.co.jp/

03) I Saw The Light
 瞳の中の愛 1972年16位
 アイ・ソウ・ザ・ライト
 [ Todd Rundgren ]
 /トッド・ラングレン Todd Rundgren

ED) In The Mood イン・ザ・ムード 1940年1位/R&B20位
 [ Joe Garland / Andy Razaf ]
 /グレン・ミラー楽団  Glenn Miller Orchestra


以上、『亀渕昭信のお宝POPS』第162回放送分のプレイリスト(『いくつになってもロケンロール!』『とことんビートルズ以前』などに続けて、チャート作者クレジットといった諸々のデータも書き添えつつ個人的に作成。順次こちらのカテゴリーに蓄積させて頂いてます。「お宝POPS」タグも設定しました。『幸せのテネシーワルツ』も。ブログ内で検索をご利用の際は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

今回の【にっぽん全国レコード店めぐり】特別編として世界でワン&オンリー【にっぽん全国カセット店めぐり】(!!)。中目黒のカセットテープ&レコード「Waltz」さんは昨年梅田ロフトで観た『大ラジカセ展』にも出店されてましたし、雑誌やネットのニュース(こちらこちらなど)で最近よく取り上げられていたので気になってたんですけど、何と店主さんは僕と同年代でしたか!?確かに、僕なんかにとってのカセットテープはラジオのエアチェックだったり、レコードをダビングして仲間と交換したりという録音メディアでしたが、成程、今は最初から音楽が収録されて販売されてるミュージックテープが主流なんですね。レコードもカセットも、昭和を知る世代にとっては懐かしいメディアも、若者にとっては新しいメディアという感覚なのでしょうか。いずれにしても、カセットテープにはパッケージやサイズ感的にも価格的にも手頃な魅力があるので、昨年のラーナーズみたいにダウンロードコード付きでカセットも、というリリース形態がもっと増えればいいのになと密かに期待しています。

それと願わくば、今回の潜入レポはお話自体の興味深さに加え、いつもの電話取材とはひと味違って臨場感があって面白くかったので、ご多忙かとは思いますが(^^;)、機会がありましたら是非また取材にお出かけ頂けたたら嬉しいです(タワーレコード渋谷店のパイドパイパーハウスとかどうでしょう?)。

フリー(無料)の電子書籍版音楽雑誌『ERIS』第18号(3月9日発行)の朝妻一郎会長と亀渕さんによる「モンタレー・ポップ・フェスティバル50周年」記念対談も楽しみ!!!


| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |