Sweetheart Of The Radio

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『成瀬英樹のPOP A to Z』#06

マイティ・ローズマイティ・ローズ
(2012/9/26)
BOX


RadiCro
『成瀬英樹のPOP A to Z』#06
2017年05月06日(土)22:30-23:00
「Bにまつわる日本のポップス特集」

http://radicro.com/program/popatoz.html

01) ブルーベリー・ヒルへ帰ろう 2012年
 [ Masamichi Sugi & Kiyonori Matsuo ]
 /BOX

02) コメディ・アンド・トラジティ 1999年
 [ 作詞:田島由紀子、Brian Peck / 作曲・編曲:三宅修一 ]
 /BARGAINS バーゲンズ

03) THANK YOU FOR THE MUSIC 2005年オリコン74位
 [ 作詞・作曲:佐々木康之 / 編曲:bonobos、朝本浩文 ]
 /bonobos

-ジングル-
04) Baby's Request
 ベイビーズ・リクエスト 2003年
 [ Paul McCartney ]
 /健'z (萩原健太 & 黒沢健一)
 ※Wings-1979年

05) (I WANNA) BE WITH YOU
 ビー・ウィズ・ユー 1992年
 [ Kenichi Kurosawa ]
 /L⇔R
 
06) バチェラー・ガール 1985年
 [ 作詞:松本隆 /作曲:大瀧詠一 / 編曲:井上鑑 ]
 /稲垣潤一


伊藤銀次さんも黒沢秀樹さんとのパブロック・バンド=uncle-jamでカヴァーしてたBOX「ブルーベリー・ヒルへ帰ろう」で幕を開けた「Bにまつわる日本のポップス特集」、これだけでも痛快この上ないですが(そう言えば竹内まりやさんの2010年公演BOXがオープニング・アクトをやった際にも当時はまだ未CD化だったこの曲をいきなりガツンとブチかましてくれましたっけ)、更にバーゲンズbonobos「THANK YOU FOR THE MUSIC」、そしてジングルを挟んで健'zからのL⇔R、締めに稲垣潤一さん歌唱の松本隆&大瀧詠一作品だなんて、僕の大好きなものオンパレードで嬉しい限り!そうそう、こんなラジオ番組、ずっと求めてたんですよ!!

最後に、銀次さんと成瀬さんのジョイント・ライヴ倉敷&明石公演の告知をして下さってましたけど、もしかして今回「BABY BLUE」がかからなかったのは、そのうち銀次さん大特集の予定があるからなのでしょうか?機会があればゲストにお招きしての師弟放談なども是非にと、密かに期待しております(^^)。


スポンサーサイト

| POP A to Z | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |