Sweetheart Of The Radio

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ラジオ関西『夜のピンチヒッター』6thシーズン#08

ザ・ビートルズ・LPレコード 創刊号ザ・ビートルズ・LPレコード 創刊号
初版限定特価 (ABBEY ROAD)
(LPレコード付)
ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション

(2017/8/29)
ザ・ビートルズ
デアゴスティーニ

ラジオ関西[AM KOBE:JOCR 558KHz]
『夜のピンチヒッター』6thシーズン第8回
2017年07月28日(金)18:15-21:30
「アルバムB面ラストから2曲目、名曲多い説!」
DJ:安田謙一

http://jocr.jp/nighter/#fri

OP) Substitute
 恋のピンチ・ヒッター 1966年(UK5位)
 [ Pete Townshend ]
 /ザ・フー The Who

【夜の始球式】
~今夜は「アルバムB面ラストから2曲目、名曲多い説!」
まずは、1969年リリース『アビイ・ロード』の場合!

01) The End
 ジ・エンド 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

【1984年『カフェ・ブリュ』の場合】
02) Headstart for Happiness
 ヘッドスタート・フォー・ハピネス 1984年 
 [ Paul Weller ]
 /スタイル・カウンシル The Style Council
 ※映画『リトル・ダンサー(Billy Elliot)』-2000年

【1982年『ザ・ギフト』の場合】
03) Town Called Marice
 悪意という名の街 1982年(UK1位)
 [ Paul Weller ]
 /ザ・ジャム The Jam

【1982年『スリラー』の場合】
04) P.Y.T. (Pretty Young Thing) 1983年10位
 [ James Ingram / Quincy Jones ]
 /マイケル・ジャクソン Michael Jackson

【1984年『パープル・レイン』の場合】
05) Baby I'm A Star
 ベイビー・アイム・ア・スター 1984年
 [ Prince ]
 /プリンス&ザ・レヴォルーション
 Prince & The Revolution

【1971年『パッチワーク』の場合】
06) Somebody Like Me
 サムバディ・ライク・ミー 1971年
 [ Bobbie Gentry ]
 /ボビー・ジェントリー Bobbie Gentry

【1972年『サウンド・ナウ!』の場合】
07) 田舎の教会で 1972年
 [ 作詞:山上路夫 / 作曲・編曲:筒美京平 ]
 /堺正章

【1970年『ルッキング・オン』の場合】
08) Brontosaurus
 怪獣ブロントサウルス 1970年(UK7位)
 [ Roy Wood ]
 /ザ・ムーヴ The Move

【1978年『電撃的東京』の場合】
09) 人間狩り 1978年
 [ 作詞:なかにし礼 / 作曲:馬飼野康二 / 編曲:近田春夫 ]
 /近田春夫&ハルヲフォン
 ※ピーター-1974年

【1988年『SCREW』の場合】
10) ONE NIGHT GIGOLO
 ワンナイト ジゴロ 1988年
 [ 作詞:藤井郁弥 / 作曲:武内享 / 編曲:THE CHECKERS FAM. ]
 /チェッカーズ THE CHECKERS

CM
-PM19:00-
【1978年『ジャズ』の場合】
11) Don't Stop Me Now 1979年(UK9位)
 ドント・ストップ・ミー・ナウ
 [ Freddie Mercury ]
 /クイーン Queen
 ※当初予定されてた邦題「僕を止めないで」
 ※映画『ショーン・オブ・ザ・デッド(Shaun of the Dead)』-2004年

【1987年『僕はコレクター』の場合】
12) 夢みる君と僕 1987年
 [ 作詞・作曲:加藤ひさし / 編曲:WINK SERVICE ]
 /ザ・コレクターズ The Collectors
 ※WINK SERVICE=高浪慶太郎&長谷川智樹

【1979年『君が人生の時…』の場合】
13) いつかもうすぐ 1979年
 Someday Soon
 [ Ian Tyson ]
 [ 作詞:浜田省吾 / 編曲:水谷公生 ]

 /浜田省吾
 ※Ian & Sylvia-1964年
 ※Judy Collins-1969年55位


【2014年『Girl Sense』の場合】
14) Vineyard
 ヴァインヤード 2014年
 [ OOHYO ]
 /OOHYO ウヒョ

【1976年『聖子』の場合】
15) 少しだけ片想い 1976年
 [ 作詞・作曲:荒井由実 / 編曲:松任谷正隆 ]
 /三木聖子
 ※荒井由実-1975年

【1986年『ポケット・ミュージック』の場合】
16) LADY BLUE
 レイディ・ブルー 1986年
 [ Alan O'Day / Tatsuro Yamashita ]
 /山下達郎

【1985年『イン・スクエア・サークル』の場合】
17) Overjoyed
 オーヴァージョイド 1986年24位/AC1位/R&B8位
 [ Stevie Wonder ]
 /スティーヴィー・ワンダー Stevie Wonder

【1974年『ひまつぶし』の場合】
18) 何処へ行っても 1974年
 [ 作詞・作曲:高沢光夫、山口冨士夫 ]
 /山口冨士夫

【1971年『ティーンエイジ・ヘッド』の場合】
19) Doctor Boogie
 ドクター・ブギー  1971年
 [ Cyril Jordan / Roy A. Loney ]
 /フレイミン・グルーヴィーズ
 The Flamin' Groovies

【2012年『すとーりーず』の場合】
20) すとーりーず 2012年
 [ 作詞・作曲:向井秀徳 ]
 /ZAZEN BOYS

【1984年『アマチュア・アカデミー』の場合】
21) BLDG(ジャックはビルを見つめて) 1984年
 [ 作詞・作曲・編曲:鈴木慶一 ]
 /ムーンライダーズ

【1978年『愛していると云ってくれ』の場合】
22) おまえの家 1978年
 [ 作詞・作曲・編曲:中島みゆき ]
 /中島みゆき

【1970年『いとしのレイラ』の場合】
23) Layla
 いとしのレイラ 1970年
 [ Eric Clapton / Jim Gordon ]
 /デレク&ザ・ドミノス 
 Derek & The Dominos

CM
-PM20:00-
【1977年『Talking heads:7(サイコ・キラー'77)』の場合】
24) Psycho Killer
 サイコ・キラー 1978年92位
 [ David Byrne / Chris Frantz / Tina Weymouth ]
 /トーキング・ヘッズ Talking Heads

【2010年『リリース・ミー』の場合】
25) Catch Me If You Can
 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 2010年
 [ Z Berg ]
 /ザ・ライク The Like

【1979年『スペシャルズ』の場合】
26) Little Bitch
 リトル・ビッチ 1979年 
 [ Jerry Dammers ]
 /スペシャルズ The Specials

【1971年『ティーザー・アンド・ザ・ファイア・キャット』の場合】
27) Moonshadow  
 ムーンシャドウ 1971年30位
 [ Cat Stevens ]
 /キャット・スティーヴンス Cat Stevens

【1968年『Randy Newman』の場合】
28) I Think It's Going to Rain Today
 悲しい雨が 1968年
 [ Randy Newman ]
 /ランディ・ニューマン Randy Newman

【1969年『レット・イット・ブリード』の場合】
29) Monkey Man
 モンキー・マン 1969年
 [ Mick Jagger / Keith Richards ]
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones

【1971年『スティッキー・フィンガーズ』の場合】
30) Dead Flowers
 デッド・フラワーズ 1971年
 [ Mick Jagger / Keith Richards ]
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones

【1981年『BLUE』の場合】
31) よそ者 1981年
 [ 作詞・作曲:忌野清志郎、仲井戸麗市、奥津光洋
 / 編曲:RCサクセション ]

 /RCサクセション

【1972年『ライヴ』の場合】
32) Jealous Guy
 ジェラス・ガイ 1972年
 [ John Lennon ]
 /ダニー・ハサウェイ Donny Hathaway
 ※John Lennon-1971年(1981年UK1位)

【1974年『ダークホース』の場合】
33) Far East Man
 ファー・イースト・マン 1974年
 [ George Harrison / Ron Wood ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison

【1975年『ヴィーナス・アンド・マース』の場合】
34) Treat Her Gently / Lonely Old People 1975年
 トリート・ハー・ジェントリー~ロンリー・オールド・ピープル
 [ Paul McCartney ]
 /ポール・マッカートニー&ウイングス
 Paul McCartney & Wings

【1974年『ストリートライフ・セレナーデ』の場合】
35) Souvenir
 スーベニア 1974年
 [ Billy Joel ]
 /ビリー・ジョエル Billy Joel

【1982年『SOMEDAY』の場合】
36) Rock & Roll Night
 ロックンロール・ナイト 1982年
 [ 作詞・作曲:佐野元春 ]
 [ Strings編曲:大村雅朗 ]

 /佐野元春

CM
-PM21:00-
【1988年『ベリッシマ』の場合】
37) これは恋ではない 1988年
 [ 作詞・作曲:小西康陽 ]
 /ピチカート・ファイヴ PIZZICATO FIVE

【1984年『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』の場合】
38) Dancing in the Dark
 ダンシング・イン・ザ・ダーク 1984年2位
 [ Bruce Springsteen ]
 /ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen

【1967年『サムシング・エルス』の場合】
39) End of the Season
 エンド・オブ・ザ・シーズン 1967年
 [ Ray Davies ]
 /キンクス  The Kinks

【1974年『パーフェクト・エンジェル』の場合】
40) Lovin' You
 ラヴィング・ユー  1975年1位/R&B3位
 [ Minnie Riperton / Richard Rudolph ]
 /ミニ・リパートン Minnie Riperton

【1979年『カット』の場合】
~安田謙一さんのリクエスト!

41) Typical Girls
 ティピカル・ガール 1979年
 [ Viv Albertine / Ariane Forster / Tessa Pollitt / Paloma Romero ]
 /スリッツ The Slits

【夜のヒーロー・インタビュー】
~ナイス・ゲームでした!
次回は8月18日(金)! See You Next Game!


【1967年『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の場合】
42) Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 1967年
 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

ED) A Day in the Life
 ア・デイ・イン・ザ・ライフ 1967年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles


以上、ラジオ関西『夜のピンチヒッター』6thシーズン第8戦「アルバムB面ラストから2曲目、名曲多い説!」特集のプレイリストを諸々データと共に。基本的に個人が趣味で作ってるものゆえ、不備不足もあるかと思います。お気付きの点があればご指摘頂けると助かります。過去のプレイリストについてはこちらの「yasudaida」カテゴリータグ1st2nd3rd4th5th6th)から、或いは昨シーズン迄の分は『夜のスコアブック』をご参照下さい。

今回は番組全編「アルバムB面ラストから2曲目」がかかるということはわかってたハズなのに、いざ実際オンエアを聴いてみたら何とも摩訶不思議ま気分。だって、いきなりビートルズ「ジ・エンド」で始まるラジオ番組なんて、まず他にないでしょう(笑)。それに『アビイ・ロード』「アルバムB面ラストから2曲目」が果たしてこの曲なのか、というのは(メドレーをどうカウントするのか、「ハー・マジェスティー」をどう扱うかによって)少々議論を呼ぶところ。『サージェント・ペパーズ~』にしても、のちに『レアリティーズ Vol.2』「サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ」と名付けられたノイズ・トラックを1曲とカウントするなら「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」「アルバムB面ラストから2曲目」と言えなくもないので、もしかしたら「ビートルズのアルバムB面ラストから2曲目は名曲多いけど、ちょっとややこしい説!」が成り立つでしょうか(^^;)。何にしても、ビートルズは「イエスタデイ」ではなく、更にポール「恋することのもどかしさ」「ピカソの遺言」じゃなくて「トリート・ハー・ジェントリー~ロンリー・オールド・ピープル」というところに『夜ピン』ならではの面白味を感じます。終盤のキンクスミニ・リパートン小鳥のさえずりSE繋がりも耳心地良かったですけど、ひょっとしてこれは波のSE入りの曲特集への布石だったりするのでしょうか?

あと個人的には、シーズン2第13回の「A-1グランプリ」「僕はコレクター」をかけて頂いたのに続いて、丁度コレクターズのデビュー30周年にあたる今年、中嶋美智代も歌ってた「夢みる君と僕」のリクエストに応えて頂けたことが嬉しかったです(「ドント・ストップ・ミー・ナウ」「いつかもうすぐ」と並べたくなる気持ち、メロディ的に何となくわかります!)。

それにしても、ふと気付けば今シーズンも残すところ8月の次戦と9月の3連戦だけだなんて、ホントあっという間ですね・・・。その前に、8月15日(土)23時からのNHK-FM『しりすぎてるうた~ジョニー・B.グッドのすべて~』(再放送は8月19日13時から)もどうぞお忘れなく!(昨年の第5弾『~パープル・レインのすべて~』アンコール放送は8月12日22時から!!)。


スポンサーサイト

| yasudaida | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |