Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

sowan song&黒沢秀樹インストア・ライヴ

a_sowansong_ss_jake.jpg
瞬間線
sowan song
(2007/02/21)
バウンディ


a_kurosawahideki_believe_jake.jpg
Believe
黒沢秀樹
(1999/04/21)
ポニーキャニオン


4月21日(土)

曇り空ながら気温は25度にも迫ろうかという夏のような暑さ。そんな中、何気なく覗いた十字屋さんのサイトで知ったsowan song黒沢秀樹さんのインストア・ライヴを観に行くべく、久々に電車で京都へ。

sowan songというのは、大阪出身のSSW、前岨啓之(マエソワヒロユキ)さんのアーティスト名義で、僕は正直よく存じ上げなかったのですが、でもプロフールを拝見したらバンバンバザール主催の「勝手にWOODSTOCK'05」に出演されてたり、最新作にあたる2ndミニ・アルバム『瞬間線』は、プロデュースをされた元L⇔R黒沢秀樹さんを筆頭に、ギターやマンドリン、ラップ・スティール、ワイゼンホーンなどをおおはた雄一さん、鍵盤楽器をクレイジー・フィンガーズYANCYさん、ベースにはTHEATRE BROOK中條卓さん、そしてドラムにGOMES THE HITMAN高橋結子さんというスペシャルなチームで一発録音されたとのことなので、興味をそそられ、観に行くことにしたという次第です。

会場は麗蘭のインストアなどで何度か来たことのある十字屋三条本店の6Fイベントスペース(コレクターズが来たのは、もう12年くらい前でしたっけ?・汗)。客席は満員、という訳ではなかったようですが、それでも前日の大阪公演の流れで群馬や石川といった遠方から来られてる熱心のファンの方もいらっしゃいました。ちなみに大半が女性客で、もしかしたら男は僕1人だけだったかもしれません(^^;)。

それでも気にせず(ザ・グッバイで慣れてますから・苦笑)、2列目のステージ正面の席を陣取って開演を待っていたら、ほぼ予定通りの時刻(PM2:00)に「こんにちわ~」と客席後方からsowan songさん&黒沢秀樹さんが登場。ステージ上、左側のsowan songさんはTシャツにジーンズにスニーカー、右側の秀樹さんはウッドストックのTシャツに靴とズボンも全て黒でコーディネイトされてました。

そうして、まずは挨拶代わりに、『瞬間線』から①②と冒頭の2曲を演奏。伸びやかな歌声と浮遊感のあるメロディ、お二人が奏でるギターの音色の重なり具合がほんわかと心地よくて、まるで屋内にいながらひなたぼっこしてるような気分♪とくに②「春のダンス」が良かったです!(sowan songさんはS・ヤイリのフォークギターにピックアップ装着、秀樹さんは写真のギブソンを使用されてました)。

 070421_hideki_g2.jpg


2曲終わったところで、あらためて挨拶MC。大阪ご出身だけあって、話術の方もかなり達者で、「前日の大阪公演が大変盛り上がって朝5時まで飲んでました。なのでスイマセン、スロー・スターターなもんで」と早速軽くひと笑い。

そして3曲目の「夜の水面」は、sowan songさんの弾き語りで、秀樹さんは暫し休憩。「僕も大好きな曲なんで、この曲は演奏に参加せず、皆さんと一緒に聴かせて貰います」と秀樹さんが言えば、「じゃぁ、隣で見守りながら聴いてて下さい。って、親か!」とノリ突っ込みをかますsowan songさん。演奏は勿論、MCの掛け合い漫才の息もピッタリです(笑)。

続く④は、sowan songさんと秀樹さんの共作ナンバーで、まだCD化されていないとのこと(メインヴォーカルは秀樹さんでsowan songさんがコーラスという形だったんですが、L⇔R時代を彷彿させるポップな作風でめちゃ僕好みじゃないですか!)。それから再びsowan songさんが主役となり、やはり『瞬間線』から⑤「ディンドン」。ここに到って「やっとお酒も抜けて来ました」とのことだったんですが(笑)、時が経つのは早いもので、残念ながら次が最後の曲となり、爽快な夏ソング⑥「恋のオレンジジュース」でライヴは幕を閉じました。

sowan song&黒沢秀樹インストア・ライヴ
 in 十字屋三条本店6F (2007/4/21)

【SET LIST】
①ココロカラフル
②春のダンス
③夜の水面(※sowan songのみ)
④大きな恋のメロディ(※未CD化共作曲)
⑤ディンドン
⑥恋のオレンジジュース
【終演/PM14:37】


ライヴ終了後はいよいよお待ちかねのサイン会。まずは秀樹さんから。会場で秀樹さんのミニアルバムも販売されていたものの、僕は「あのぅ~、これにサインお願い出来ますか?」と持参した1stソロの『Believe』をそっと差し出したところ、「これは珍しいもの持って来ましたねぇ!」と、一応喜んで下さってるようでした(僕はどうしてもこのジャケにサインして欲しかったんです・笑)。

MCで、「伊藤銀次さんの30周年ツアーの京都公演にゲスト出演することになってるんですが、多分大阪公演の方にも出ると思います」と告知されてたので、その件も確認しがてら、「銀次さんも30周年ですけど、杉真理さんも30周年ですよね」という話をしたら「そうなんですよ、先日対談したんです」と秀樹さん。そこで「では機会があれば是非、関西でも杉さんとコラボを」とさりげなくリクエストしてみたり(^^;)。更に「友達に見せたいんで、写真撮らせて頂いてもいいですか?」と図々しくお願いしてみたら、快くOKして下さったばかりか、「じゃぁ、一緒に撮りましょうよ!」とおっしゃって下さったんですが、「あ、いや、でも、多分、友達は僕が写ってない方が喜ぶと思うので・・・(^^;)」と秀樹さんのワンショットで撮らせて貰いました(※その写真についてはここでの公開は控えさせて頂きます)。

 070421_jake.jpg


そんなこんなで、最後にsowan songさんに京都でのライヴをお願いしつつ、サイン&がっつり握手して頂いて、午後3時過ぎ、大喜びで会場を後にしました。実は前日腰痛がぶり返してて、朝起きる迄行こうかどうか迷ってたんですが、思い切って行って良かったです♪

■sowan songさんの公式サイト
 http://sowansong.lomo.jp/top.html

■黒沢秀樹さんの公式サイト
 http://www.ourhouse-net.com/hideki/

【蛇足:その他、この日、京都で買ったもの】
といっても、いろいろ行きたいところはあれど、腰の具合もあってあまり寄り道出来なかったので、収獲は以下の2点くらいなんですが。

 070421_get.jpg


京都タワーの土産物売り場にて、たわわちゃんのポストカード・セット(300円・笑)。思ったよりグッズの種類少なくて高かったです。

新風館ヴィレッジ・ヴァンガードにてP-VINE RECORDS PRESENTSのCD『V.V.SLOW?』(2100円)。これです↓

 http://yakenohara.blog73.fc2.com/blog-entry-542.html

ヴィレヴァンとのコラボによるP-VINEのコンピ盤で、勿論、お目当ては本秀康画伯のジャケ・イラスト(裏ジャケもカワイイ!)。なので収録曲まったく知らずに買ったんですけど、早速聴いてみたら1曲目からMAD-WORDSのご機嫌なジャグ・バンド・ミュージックだし、僕の大好きなハニーコーン「希望に燃えて」(1971年1位)やチェアメン・オブ・ザ・ボードクレイジーケンバンド二階堂和美ジョニー・ホートンなんかも入っててなかなか楽しい選曲でした(まだ聴いてないですけど、オマケのCDも60分くらい入ってるみたいです♪)。


関連記事
スポンサーサイト

| LIVE/EVENT | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

黒沢さん?と思ったら弟さんじゃないですか~!! めちゃ懐かしいです。 兄の黒沢健一さんのラジオ番組をよく聞いてました。 弟さんも活動されてるんですね~ 
伊藤銀次さんといえば、ウルフルズを思い出します。

| mari | 2007/04/25 20:40 | URL |

●mariさん
おおっ、そうですか、mariさん健一さんのラジオ聴いて
おられましたか!(802のですよね)。mariさんのブログ
のお気に入り番組リスト拝見させて頂いたんですけど、
今もいろんな番組聴いておられるんですね!

実は秀樹さんは初対面だったんですけど、健一さんには
何度かお目にかかったことあるんですよ(僕のHPも見て
下さってて恐縮しました・汗)。その際に頂いたサイン
ジャケ、以下のページなどで公開させて頂いてます(^^)。

http://www7.ocn.ne.jp/~waruyubi/pops.htm

http://yasuhirock.hp.infoseek.co.jp/

そうそう、銀次さん、ウルフルズのプロデュースさんでした
もんね(そう言えば最近、ウルフルズの一部メンバーと
一緒にバンド作られたみたいですよ♪)

| ヤスヒロッキー・ウィルベリー | 2007/04/28 17:26 | URL | ≫ EDIT

黒沢健一さんにもお会いしたことあるんですね~ しかもHP見てくださってるなんて! すごいですね~
802ガンボでしたね 夜中とかに復活版もやってました
ブログのはラジオのタイムテーブル作りたかっただけなので、全部網羅して聞いてるわけではないんですけどね。。しかも知らん間に番組改編してたりしますね(^ ^;
自分用のつもりなので、たまに書き換えたりはしてますが。。
ウルフルズはトータスさんやミスチルのジェンさん、ジョンBさんなどのラプソディというのはみたことありますよ~

| mari | 2007/04/30 23:11 | URL |

●mariさん
黒沢健一さんと最初にお話する機会を得たのは
ブライアン・ウィルソンのコンサート開演前のロビー
だったんですけど、「HPにCDのジャケ掲載して下さって
どうも有難うございます」とおっしゃって下さったので
大変恐縮しました(^^;)。

実はウルフルズはデビュー前後のブレイクする前に
何度か観てたんですが、その当時はすごい間近だった
のに、2004年に久々にロックオデッセイ大阪ドーム
公演でスタンド席から観たら豆粒みたいだったんで、
えらい出世しはったなぁと感慨深かったです(苦笑)。

| ヤスヒロッキー・ウィルベリー | 2007/05/20 16:14 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/101-02dca227

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT