Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブリCH(ブリチャン)

buri

2010年6月10日(木)の行動記録シリーズ、
「フーくん&ケイちゃん」の続き【Part4】

お友達の案内で次に向かった先は西梅田ブリーゼブリーゼ
そう言えば建て替え前の大坂サンケイホールには2002年7月
ビーチ・ボーイズのビデオ・コンサートを観に来たっけ・・・
(司会は健太さんで、ゲストに黒沢健一さん。
それが僕の初生健'zライヴ体験でした)。

buri

来訪目的はやはりこの巨大マリオネットのブリCH(ブリチャン)
ロボじゃなくても、この系統のものは一度見ときたいなと思って(^^;)。

buri

身長12メートルとのことなので、「ガンダムバイファムよりは
小さいけれど、でもダンバインよりデカイんだなぁ~」
としか考えられないサンライズアニメ育ちな僕(苦笑)。

buri

そんなこんなでブリチャンとの対面を済ませた後は、
更にお友達の案内で高橋信雅さんの壁画アートを見に6Fへ。

buri

高橋さんご自身が“大阪の街を歩き、道行く人に聞いて感じた
「大阪の今」と「それを取り巻く世界」をドローイングしたもの”

なんだそうですけど、細密かつダイナミックな線描がこれまた圧巻!

buri

大阪城太陽の塔通天閣といった大阪のランドマークが妖怪
ロボなど、いろんなキャラと共に描き込まれていて、何とも愉快。

buri

「このギター弾いて歌ってる人は誰だろう?」とよく見てみたら、
元・憂歌団木村充揮さんでした(^^)。

生聞59分 (紙ジャケット仕様)生聞59分 (紙ジャケット仕様)
(1999/08/15)
憂歌団


ところで、憂歌団といえばタモリさんも彼らの大ファンで、傑作ライヴ盤『生聞59分』発売当時のLPには相倉久人さんとタモさんの対談がライナーノーツとして収録されてましたが(そう言えば昔、「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングにオザケンがゲストで出た時、二人で憂歌団の話してたのが妙に印象深く記憶に残ってます。初期フリッパーズ・ギターも憂歌団の影響感じさせる部分ありますもんね)、このタモさんと憂歌団のブルースセッションもゴキゲンですね(笑)。

タモリ & 憂歌団 All Night Nippon Blues '77
http://www.youtube.com/watch?v=VrJ1-cZ1LIc

ちなみに、僕の最近のマイブーム麻丘めぐみさんと『タモリ3-戦後日本歌謡史』だったりするんですけど、その話はまた機会があればということで(苦笑)。



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1116-5c9b11b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT