Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#31

Day Trippers: An R&B Tribute to the BeatlesDay Trippers: An R&B Tribute to the Beatles
(2005/10/01)
Various Artists


#31:2010年06月22日放送

OP:A Hard Day's Night ア・ハード・デイズ・ナイト
 [ John Lennon/Paul McCartney ]
 /バーケイズ The Bar-Kays

01)Lady Madonna レディ・マドンナ 1968年100位
 [ John Lennon/Paul McCartney ]
 /ファッツ・ドミノ Fats Domino

02)Here Comes The Sun ヒア・カムズ・ザ・サン 1971年
 [ George Harrison ]
 /ニーナ・シモン Nina Simone

03)Come Together カム・トゥゲザー 1988年
 [ John Lennon/Paul McCartney ]
 /マイケル・ジャクソン Michael Jackson

番組サイト案内BGM:A Day In The Life ア・デイ・イン・ザ・ライフ
 [ John Lennon/Paul McCartney ] 1967年
 /ウェス・モンゴメリー Wes Momtgomery 

04)Hey Jude ヘイ・ジュード 1969年23位/R&B13位
  [ John Lennon/Paul McCartney ]
 /ウィルソン・ピケット Wilson Pickett

05)Let It Be レット・イット・ビー 2005年
 [ John Lennon/Paul McCartney ]
 /アーロン・ネヴィル  Aaron Neville

06)Ob-La-Di,Ob-La-Da オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
 [ John Lennon/Paul McCartney ] 1969年51位/R&B41位
 /アーサー・コンレイ Arthur Conley

リクエスト募集告知BGM:Come Together カム・トゥゲザー
 [ John Lennon/Paul McCartney ] 1994年
 /マーカス・ミラー Marcus Miller

07)Don't Let Me Down ドント・レット・ミー・ダウン
 [ John Lennon/Paul McCartney ] 1976年
 /フィービー・スノウ Phoebe Snow

08) Yesterday イエスタデイ 1967年25位/R&B9位
 [ John Lennon/Paul McCartney ]
 /レイ・チャールズ Ray Charles

ED:Something サムシング 1970年76位
 [ George Harrison ]
 /ブッカー・T&MGズ Booker T. & The MG's


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第31回放送のエアプレイ・リスト。いつものようにおさらいすべく、ソングライターやチャート&年代など書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

今回は番組サイトのブログ6月10日6月19日付け)で予告して下さってた通り、「ザ・ビートルズ~ソウルがいっぱい!」特集。オープニングのバーケイズからエンディングのブッカー・T&MGズ『マックレモアー・アヴェニュー』のジャケット写真に漂うゆる~いパロディ感覚も絶妙・苦笑)のみならず、BGMに至る迄、番組全編R&Bジャズ系のFAB4カヴァー尽くしで、実にホットでクールな選曲&構成! 元々がビートルマニアで、カヴァー好き洋楽ファンな僕としては、こうゆう趣向、大歓迎です(^^)。

なかでも個人的に嬉しかったのはフィービー・スノウ「Don't Let Me Down」をかけて頂けたこと。言う迄もなく彼女は黒人シンガーではないものの、歌声は文句なしにソウルフルだし、亀渕さんがおっしゃる通り、音楽性豊かなアレンジも秀逸ですしね!(とくに最近蒸し暑い日が続いてるだけに、レゲエっぽいリズムに転調してスティールドラム入ってくるところがやけに心地よかったです)。

そう言えば亀渕さんの語り口調も、梅雨時だからなのか、選曲に合わせてなのか、それともマイケルの一周忌追悼も兼ねての特集だったからなのか、全体的にいつもより穏やかでクールな感じでしたよね。しかし、それでも駄洒落だけは忘れずに随所に盛り込んで下さる亀渕さんのDJはやはり格別(笑)。今回はソウル系のアーティスト、それも後期ビートルズ・ナンバーのカヴァーが中心でしたが、機会があればまたカントリー系のアーティスト初期・中期のカヴァーを集めて特集を組んで頂きたいものです(亀渕さん、宜しくお願い致します!)。

レコード・コレクターズ 2010年 07月号レコード・コレクターズ 2010年 07月号
(2010/06/15)
ミュージック・マガジン


尚、冒頭にジャケット画像を拝借したコンピCD『Day Trippers: An R&B Tribute to the Beatles』には、ウィルソン・ピケット「ヘイ・ジュード」デュアン・オールマンのギター最高!)をはじめ、バーケイズアーサー・コンレイ、そしてファッツ・ドミノと、今回の特集でオンエアされたビートルズ・カヴァーが4曲収録されてて、アマゾンで本日現在690円とお買い得(^^)。あと、『レコード・コレクターズ』2010年7月号【洋楽マン列伝Vol.3】(P124-129)に亀渕さんが登場されてますので、「ロケンロール!」リスナーは要注目。どうやら来月号にも登場されるようですよ♪

 http://musicmagazine.jp/rc/index.html


関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1117-49534e64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT