Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インデアンカレー

curry

健太さんの真似して(笑)インデアンカレーにゃう。
ヒーハー!

6:04 PM Jun 10th movatwitterから

ということで、2010年6月10日(木)の行動記録シリーズ、
「ブリCH(ブリチャン)」の続き【Part5】のツカミもTwitter
より当日の実況中継を抜粋。

「健太さんの真似」というのは、健太さんが6月8日(火)深夜1:29-3:29放送読売テレビ『ミリオンの扉』なる番組に生出演すべく大阪入りされた際、到着後真っ先にインデアンカレーを食べに行かれた模様をTwitterで拝見して、それじゃぁ僕もと後に続いた次第(^^;)。レギュラー730円。

curry

辛さを和らげる為、付け合わせのキャベツのピクルスを混ぜ混ぜして食べる派の僕。それでも辛くて、水ガブガブ&汗だくになりながら完食したんですが(5~6杯は水おかわりしたような・苦笑)、でも確かにこれはクセになる美味しさ!音楽業界をはじめ、各方面にファンが多いのも納得です(先日また関西ローカルの番組で紹介されてました)。

ちなみに、『ミリオンの扉』オーディション番組で、月に一度くらいのペースで放送されてる模様。出演者は司会を務める南海キャンディーズ山ちゃんを筆頭に、天津向井浅越ゴエと「やけにメガネ率の高い生放送」だったんですけど(笑)、健太さんの出演時間は約20分程ながら、健太さんがデビュー前のサザンオールスターズに在籍してた頃のエピソードなども交え、1970年代から現在に至る「邦楽アーティストのヒットの法則」をわかりやすく解説して下さってました(健太さん、深夜の生放送お疲れ様でした。読売テレビの深夜番組への出演はポール・マッカートニー来日特番以来だったのでしょうか?東京にもお店はあるとはいえ、またインデアンカレー食べついでに是非関西来て下さい・笑)。

デイヴ・エドモンズ・バンド・ライブ~アイ・ヒア・ユー・ロッキン(紙ジャケット仕様)デイヴ・エドモンズ・バンド・ライブ
~アイ・ヒア・ユー・ロッキン(紙ジャケット仕様)

(2008/04/23)
デイヴ・エドモンズ


そう言えば健太さん、登場前の経歴紹介VTRでCDやレコードだらけ(!)の健太さんのお仕事部屋がちらっと映って、その時、健太さんは『デイヴ・エドモンズ・バンド・ライブ~アイ・ヒア・ユー・ロッキン』LPジャケをマジマジと眺めておられたんですけど、この紙ジャケCDのライナーノーツは健太さんでしたよね。

エッセンシャル・キャロル・キングエッセンシャル・キャロル・キング
(2010/06/23)
キャロル・キング
解説:萩原健太

そこで、念の為Radio Sweetheartよりお知らせさせて頂くんですが、昨日リリースされました『エッセンシャル・キャロル・キング』国内盤ライナーノーツも健太さんが執筆されてるので、「現代のヒット・チャートから落ちた曲はすべてオールディーズ」という、壮大かつ乱暴なコンセプトのオールディーズ・プログラムのファンだったリスナーは要注目。だってこのCD、解説もさることながら、Disc2にはシュレルズ「 Will You Love Me Tomorrow(明日も愛して)」(1960年1位)をはじめ、ボビー・ヴィー「Take Good Care Of My Baby(さよならベイビー)」(1961年1位)ジーン・ピットニー「Every Breath I Take(愛の息吹き)」(1961年42位)、更にはリトル・エヴァ「ロコモーション」(1962年1位)シフォンズ「ワン・ファイン・デイ(素敵なある日)」(1963年5位)アレサ・フランクリン「ナチュラル・ウーマン」(1967年8位)等々といった彼女のソングライターとしての代表曲オリジナル・ヒット・ヴァージョンで多数収録されていて、ほとんどまるっきり「ソングライター・ファイル」状態なんですから!これなら、健太さんのレギュラー番組復活の時に備えて、予習・復習するのにも打ってつけ。やはり「ポップスは学習!」ですもんね(^^)。



関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1118-23459bf5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT