Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#34

ファイヴ・オリジナル・アルバムズ(完全生産限定盤)ファイヴ・オリジナル・アルバムズ
(完全生産限定盤)

(2010/08/04)
モンキーズ
解説:上柴とおる


#34:2010年08月03日放送

OP:(Theme From) The Monkees (TV version)
 モンキーズのテーマ(テレビ・ヴァージョン)
 [ Tommy Boyce/Bobby Hart ]
 /ザ・モンキーズ The Monkees

BGM:A Little Bit Me, A Little Bit You 恋はちょっぴり 1967年
 [ Neil Diamond ]
 /ベンチャーズ The Ventures

01)A Little Bit Me, A Little Bit You 恋はちょっぴり 1967年2位
 [ Neil Diamond ]
 /ザ・モンキーズ The Monkees

02)I'm A Believer アイム・ア・ビリーヴァー 1971年51位 
 [ Neil Diamond ]
 /ニール・ダイアモンド Neil Diamond

デイヴィー・ジョーンズのインタビュー①
 ~昔のアイドルと今のアイドルの違いについて


03)Be My Baby ビー・マイ・ベイビー  1973年
 [ Jeff Barry/Ellie Greenwich/Phil Spector ]
 /エリー・グリニッジ Ellie Greenwich

番組サイト紹介BGM:Misirlou ミザルー
 [ Milton Leeds/Nicholas Roubanis/Chaim Tauber/Fred Wise ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

デイヴィー・ジョーンズのインタビュー②
 ~自分達のスタッフや仲間について


04) Pleasant Valley Sunday プリーザント・ヴァリー・サンデー
 [ Gerry Goffin/Carole King ] 1967年3位
 /モンキーズ The Monkees

デイヴィー・ジョーンズのインタビュー③
 ~60年代に好きだった歌手はジョニー・ティロットソン、
 エルヴィス、ディラン、そしてビートルズ
 (なかでもビートルズは特別な存在)


05) Will You Love Me Tomorrow?
 ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー (Live)
 [ Gerry Goffin/Carole King ] 1971年 
 /キャロル・キング Carole King
 
デイヴィー・ジョーンズのインタビュー④
 ~ビートルズで一番好きな曲は「ペニー・レーン」


06-1) Daydream Believer デイドリーム・ビリーバー 2009年
 [ John Stewart ]
 /スーザン・ボイル Susan Boyle

06-2) Day Dream Believer デイ・ドリーム・ビリーバー  1989年
 [ 作詞・作曲:ジョン・スチュアート/日本語詞:ゼリー(※忌野清志郎) ]
 /ザ・タイマーズ

リクエスト募集告知BGM:Let's Go Trippin'  レッツ・ゴー・トリッピン
 [ Dick Dale ] /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

デイヴィー・ジョーンズのインタビュー⑤
 ~体が動かなくなる前にやっておきたかったのは
 マラソン、綱渡り、ラクダに乗ること
 (ロンドン・マラソン完走など、いずれも達成)


07) I Wanna Be Free 自由になりたい (Live)  1981年
 [ Tommy Boyce/Bobby Hart ]
 /ニューモンキーズ Dolenz, Jones, Boyce & Hart
 ※東京郵便貯金ホールでの実況録音。
 Al.『ニューモンキーズ・ライブ・イン・ジャパン』


ED:Last Train to Clarksville  恋の終列車
 [ Tommy Boyce/Bobby Hart ]
 /チェット・アトキンス  Chet Atkins


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第34回放送のエアプレイ・リスト。いつものようにおさらいすべく、ソングライターやチャート&年代など書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

今回の放送は「ザ・モンキーズと仲間たち」と題した特集。亀渕さんが7月09日付け番組ブログデイヴィー・ジョーンズにインタビューしたと綴っておられたので、どこかの音楽雑誌にでも掲載されるのかと思いきや、何と、この番組の為のインタビューだったとは!?

そんなデイヴィーの貴重な肉声亀渕さんの名調子を交えつつ聴くモンキーズは格別の味わいで、楽曲を提供したソングライター陣新旧洋邦のカヴァー・ヴァージョンなども盛り込んだ選曲共々、楽しませて頂いたんですが、個人的には「恋はちょっぴり」をかける前にBGMでさり気なくベンチャーズのカヴァー・ヴァージョンを流しておられたのにニンマリ。だってほら、モンキーズのオリジナル・ヴァージョンでギターを弾いてたのは、1968年にノ―キー・エドワーズの後任としてベンチャーズに加入することとなる僕の大好きなジェリー・マギーさんですから!(何でもクリーム解散後、仕事がなくて毎日家でモンキーズのレコードを聴いてたエリック・クラプトンは、デラニー&ボニー公演の楽屋で憧れのジェリー・マギーさんに初めて会った時、開口一番「モンキーズのアルバムでギター弾いてるの貴方ですか?」と質問したとか・笑。そのクラプトンがベンチャーズに加入したジェリー・マギーさんの後任としてデラニー&ボニーの英国ツアーに参加したことがデレク&ザ・ドミノスへと繋がっていく訳ですし、この辺りの関係性は興味深いですね)。亀渕さんにも一言でいいからジェリー・マギーさんについても触れて頂きたかったです(^^;)。

それにしても、「デイドリーム・ビリーバー」の前半スーザン・ボイル、後半タイマーズという聞き比べ形式メドレーにはやはりビッ栗(でもタイマーズもさることながら僕はフィンガー5による日本語カヴァー・ヴァージョン「朝がねむいよ」も好きなので、もし機会があればフィンガー5もかけて欲しいな、なんて・苦笑)。あとニューモンキーズのライヴ音源も現在は入手困難で誰もが聴けるものではないだけに、今回紹介して頂けて有難い限り。最後はチェット・アトキンス御大が奏でる「恋の終列車」で締めという演出も最高でしたが、そう言えば今回、この手の特集企画にしては珍しく番組全編モンキーズとはならず、番組サイト紹介とリクエスト募集告知のBGMだけビーチ・ボーイズ、それもディック・デイルのカヴァー(!)でしたね。もしかしてこれは亀渕さんからリスナーへの「暑中見舞い」だったのでしょうか(^^)。

尚、本来なら次回放送は8月17日(火)のハズですけど、一回お休みで4週間後の8月31日(火)とのこと。まだまだ夏本番はこれからとはいえ、亀ラジオ・ファンとしては夏が終わるのが待ち遠しいです(^^;;)。



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1135-a837399a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT