Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#35

Those Lazy Hazy Crazy Days of SummerThose Lazy Hazy Crazy Days of Summer
(2008/02/26)
Nat' King' Cole


#35:2010年08月31日放送

OP:Let's Go Trippin' レッツ・ゴー・トリッピン 1963年
 [ Dick Dale ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

【なぞかけ①】

01)Itsy Bitsy Teeny Weeny Yellow Polka Dot Bikini 
 ビキニ・スタイルのお嬢さん 1990年
 [ Lee Pockriss/Paul Vance ]
 /ボンバルリーナ Bombalurina  

【なぞかけ②】

02)In The Summertime サマータイム 1995年
 [ Ray Dorset ]
 /シャギー feat.レイヴォン Shaggy feat. Rayvon

【アカショウビンの鳴き声を紹介】

03)Wipe Out ワイプ・アウト 1987年12位
 [ Bob Berryhill/Patrick Connolly/Jim Fuller/Ron Wilson ]
 /ファット・ボーイズ&ビーチ・ボーイズ
 The Beach Boys with the Fat Boys

04)Summer Nights 想い出のサマー・ナイツ 1978年5位
 [ Warren Casey/Jim Jacobs ]
 /ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートン・ジョン&キャスト
 John Travolta, Olivia Newton-John & Cast

05)Zwei Gitarren Am Meer (Gitarren-Serenade)
 海呼ぶギター
 [ Franz Funk/Peter Holm ]
 /ザ・ミュージック・メイカーズ The Music-Makers

06)Summertime Blues サマータイム・ブルース
 [ Jerry Capehart/Eddie Cochran ] 1958年8位/R&B11位
 /エディ・コクラン Eddie Cochran

07)Summertime サマータイム  1966年10位/R&B7位
 [ George Gershwin/Ira Gershwin/DuBose Heyward ]
 /ビリー・スチュワート Billy Stewart

番組サイト紹介BGM:Surf Rider サーフ・ライダー
  [ Nokie Edwards ]  
 /ザ・ベンチャーズ The Ventures

08)Summer's Gone サマーズ・ゴーン  1960年11位/R&B29位
 [ Paul Anka ]
 /ポール・アンカ Paul Anka

09)Those Lazy-Hazy-Crazy-Days Of Summer
 暑い夏をぶっとばせ 1963年6位/R&B11位/AC3位
 [ Hans Carste/Charles Tobias ]
 /ナット・キング・コール Nat King Cole

10)Blue Hawaii ブルー・ハワイ 1961年
 [ Ralph Rainger/Leo Robin ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

ED:Surfer Girl サーファー・ガール  1963年7位/R&B18位 
 [Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys 


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第35回放送のエアプレイ・リスト。いつものようにおさらいすべく、ソングライターやチャート&年代など書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

4週間ぶりとなる今回の放送は「夏の終わりに」と題して、去りゆく夏の歌の特集。8月最終日とはいえ、今年は残暑が厳しく、まだまだ夏真っ盛りのような気候なので、気分的にも肌感覚的にもドンピシャのタイムリーな好企画。序盤は比較的新しめ、それもディスコレゲエラップありとヴァラエティに富んだカヴァー・ヴァージョンを、後半にはスタンダードとでも言うべき夏の名曲お馴染みのヒット・ヴァージョンで配した選曲・構成もいい塩梅で、ねづっちならぬかめっちの見事ななぞかけ2連発(笑)や、いつもながらの名調子共々、終始楽しく拝聴させて頂きました。

なかでも個人的にツボだったのはザ・ミュージック・メイカーズポール・アンカナット・キング・コール辺りで、やはりAMラジオで聴くとまた格別の味わい(「海呼ぶギター」、どこかで聞き憶えのあるメロディだなと思ったら、そうそう、エヴァリー・ブラザーズが歌ってましたよね!)。もしかして、エンディングの「サーファー・ガール」『スタック・オー・トラックス』収録のインスト・ヴァージョンオリジナル・ヒット・ヴァージョンを合体させたものでしょうか?だとしたら、何とも亀渕さんらしい、さり気なくて心憎い演出だこと(^^)。おかげで、涼やかで心地よい余韻のまま一日を締め括ることが出来たんですけど、でも、なぞかけもズコッとハズして下さってたら、更に涼しくなったんじゃないかなと思ったりなんかしちゃったりなんかして!?(って、それは勿論冗談です、スビバセン・苦笑)。



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1150-a0df5985

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT