Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

The Best Of Apple Records

Come and Get It: the Best of Apple RecordsCome and Get It
: the Best of Apple Records

(2010/10/25)
Various Artists


10月25日に予定されているアップル・レコード諸作品のリマスター再発の件、Twitterの方では既に何度か触れてますが、そろそろ青林檎色の(笑)ブログの方でも。

まず注目したいのは21曲入りのレーベル・コンピ『Come and Get It: the Best of Apple Records』アイヴィーズ名義の「メイビー・トゥモロウ」を含め、バッドフィンガーが3曲収録されてることもさることながら、個人的に一番嬉しいのはロン&デレク今回遂に初CD化されてジョージがプロデュースを手掛けた「Sweet Music」が収録されること!(本当にこの日が来ることをどれほど待ち望んでいたことか!!)。ちなみに本日現在、アマゾンでは1973円タワレコでは1972円、そしてHMVが一般価格2300円(オンライン会員特価2116円、マルチバイ特価1610円)、ディスクユニオンは通常価格2000円のところWEB限定予約スペシャルプライス1600円といった感じ。ジャケはわりと無難、というか普通ですね(^^;)。「今のような時こそ1991年のアップル初CD化を記念した4曲入り限定EPみたいな林檎型のパッケージとか出してくれてもよさそうなものなのに」と思いません?

一方、個々のアルバムに目を転じてみると、『ストレート・アップ』「Baby Please」(!)をはじめ未発表3曲ボーナス・トラックで入るのは有難いけど、メリー・ホプキン「Let My Name Be Sorrow」日本語ヴァージョン「私を悲しみと呼んで」ダウンロード版だけというのはちょっと・・・。やはり出来ることならパッケージ盤を手に取って聴きたいです(僕はどうしてもまだネット配信で音楽を買う気にはなれません)。

 http://www.applerecords.com/

それにしても悩ましいのは、リマスター再発15タイトルにボーナス・ディスクが2枚付いた全17枚組の初回生産限定BOXセット、その名も『Apple Records Box Set』。いくら悪指やアップル・レコード好きとはいえ、値段が値段だけにそう簡単には手が出ませんが(汗)、どんなパッケージ・デザインになるのか、ボーナス・ディスクの中身がどうなるのか大いに気になるところ(もしかして「私を悲しみと呼んで」とかも入ったりする?だとしたらスルー出来ませんね・苦笑)。

では最後にアップル・レコーズさんに一言。
ロン&デレク・ヴァン・イートン『ブラザー』のCD化も一日も早くお願いしますよ!



関連記事
スポンサーサイト

| Badfinger | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1157-e2c4027a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT