Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#37

クラプトンクラプトン
(2010/09/22)
エリック・クラプトン


#37:2010年09月28日放送

OP:Take Me Out To The Ball Game
 野球につれて行って
 [ Courage ]
 /ボビー・トゥループ&スターズ・オブ・ジャズ
 Bobby Troup And His Stars Of Jazz

01)See You In September
 シー・ユー・イン・セプテンバー 1966年3位
 [ Sherman Edwards & Donald Meyer/Sid Wayne ]
 /ハプニングス The Happenings

02)Broken Hearted Melody
 ブロークン・ハートのメロディ
 ブロークン・ハーテッド・メロディー 1959年7位/R&B5位
 [ Hal David/Sherman Edwards/Michael Edwards ]
 /サラ・ヴォーン Sarah Vaughan

03)Try To Remember
 楽しい頃を思い出そう
 想い出の九月 1966年
 [ Tom Jones/Harvey Schmidt ]
 /ハリー・べラフォンテ Harry Belafonte
 ※オフ・ブロードウェイのミュージカル・コメディー
 『The Fantasticks(ファンタスティックス)』より。


04)September In The Rain
 セプテンバー・イン・ザ・レイン 1961年23位/R&B5位 UK35位
 [ Al Dubin/Harry Warren ]
 /ダイナ・ワシントン Dinah Washington

番組HP紹介BGM:La Vie En Rose バラ色の人生
 [ Marcel Louiguy/Edith Piaf ]
 /フランク・プゥルセル・グランド・オーケストラ
 Franck Pourcel et son Grand Orchestre

05)Book Of Love ブック・オブ・ラブ 1958年5位/R&B3位
 [ Warren Davis/George Malone/Charles Patrick ]
 /モノトーンズ The Monotones

06)Autumn Leaves 枯葉 2010年
 [ Joseph Kosma/Johnny Mercer/Jacques Prévert ]
 /エリック・クラプトン Eric Clapton

リクエスト&お便り募集告知BGM:
 Stranger In The Night 夜のストレンジャー 1966年
 [ Bert Kaempfert/Charlie Singleton/Eddie Snyder ]
 /ベルト・ケンプフェルト楽団 Bert Kaempfert

07)September セプテンバー 2009年
 [ Al McKay/Maurice White/Allee Willis ]
 /パンプルムース Pomplamoose

08)On Top Of Spaghetti オン・トップ・オブ・スパゲッティ
 [ Tom Glazer ]
 /リトル・リチャード Little Richard

09)Rock'n Roll Lullaby ロックン・ロール・ララバイ 2009年
 [ Barry Mann/Cynthia Weil ]
 /B.J.トーマス B.J. Thomas
 ※オリジナル・ヴァージョンは1972年15位

ED:September Song セプテンバー・ソング 
 [ Maxwell Anderson/Kurt Weill ]
 /サント&ジョニー Santo & Johnny


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第37回放送のエアプレイ・リスト。いつものようにおさらいすべく、ソングライターやヒットチャート&年代、BGMなどを書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。当ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

今回の放送はロケンロール五七五による「秋の歌」特集。それも、ただ単に「9月」「秋」にちなんだ歌だけじゃなくて、スポーツの秋もあれば、食欲の秋読書の秋もあってと洒落っ気たっぷりでヴァラエティ豊かなら、100年以上前に作られた「野球につれて行って」に始まり、サラ・ヴォーン「ブロークン・ハートのメロディ」ビートルズもデビュー前に歌ってたダイナ・ワシントン「セプテンバー・イン・ザ・レイン」といった50年前のヒット曲からクラプトンの最新アルバムに収録されてる「枯葉」のカヴァーまでと、新旧織り交ぜた選曲の幅が広いこと!ましてやアース、ウィンド&ファイヤーのヒット曲「セプテンバー」を目下iTunesYou Tubeで注目を集めている男女デュオ、パンプルムースのカヴァー・ヴァージョンで紹介し、バリー・マン&シンシア・ワイル作による”大人の子守唄”「ロックン・ロール・ララバイ」をオリジナル・ヒット・ヴァージョンではなくB.J.トーマスの最新作『ワンス・アイ・ラヴド』に収められていたボサノヴァ風味のセルフ・カヴァー・ヴァージョンでかけて下さる番組はまず他にないでしょう!!更にJAZZファンにはチェット・ベイカーシナトラサラ・ヴォーン、カントリー・ファンにはウィリー・ネルソン、ポップス・ファンにはディオン&ザ・ベルモンツジェフ・リンでお馴染みの「セプテンバー・ソング」を、最後にサント&ジョニーのドリーミーなギターインスト・ヴァージョンでかけて下さる心憎い演出にも思わずニンマリ。  

その他、「これぞオールディーズ!」ハプニングスモノトーンズなども聴けて嬉しかったですが、でもやはり個人的にはAMラジオのノイズスクラッチ・ノイズもまじったサラ・ヴォーンハリー・べラフォンテダイナ・ワシントン辺りの歌声とサウンドが温かくてゴージャスで、最高に心地よくて癒されました♪ 



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1168-cbe9e062

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT