Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『真夏のストーブリーグ』

cdj

9月も終わり、季節はこれから秋本番といったところですが、
ここに来てようやく僕も『真夏のストーブリーグ』を手にすることが出来ました!
(大きさの比較にCDジャーナル本誌に加え、カマカ『ウクレレ時間』『ローリング・ココナッツ』#48と共に撮影。『ウクレレ時間』も3号目にして遂にGET)。

ロックンロールストーブリーグ~ステレオ! ~これがロック漫筆 VOL.1~(CDジャーナルムック)ロックンロールストーブリーグ~ステレオ! 
~これがロック漫筆 VOL.1~
(CDジャーナルムック)

(2010/04/21)
安田謙一&辻井タカヒロ


ちなみに、『真夏のストーブリーグ』とは、安田謙一さんと辻井タカヒロさんによる「CDジャーナル」誌の好評連載をムック化した『ロックンロールストーブリーグ』から誕生したフリーZINEで、安田謙一さんと辻井タカヒロさんは勿論、本秀康画伯やカーネーション直枝政広さん、更にほしよりこさんやいしいしんじさん、湯浅学さんらが執筆されていて、無料とは思えないくらい超豪華!当然ながら大好評で既に3刷まで増刷されていて、どうやら僕のは3刷みたいです(何でも見分け方は1刷中面クリーム色で表紙バリカタ2刷中面黄色で表紙かため、そして3刷中面黄色ながら、表紙の一部がミスプリにより手書き、なんだそう・笑)。配布先は京都の恵文社一乗寺店ジュンク堂書店京都BAL店、大阪はスタンダードブックスストア、関東ではタワレコ渋谷店ハイファイレコードストアなどに置かれているようですが、詳しくは『CDJournal.com』さんのTwitterをチェックしてみて下さい。

CD Journal (ジャーナル) 2010年 10月号 [雑誌]CD Journal (ジャーナル) 2010年10月号
(2010/09/18)
音楽出版社


それから、『真夏のストーブリーグ』と共に要注目なのが現在発売中の『CD Journal (ジャーナル) 』2010年10月号で、保存版特集

  萩原健太の“音楽食いしん坊”
   アメリカン・ポピュラー・ヴォーカル編


タイトルがいいじゃないですか(笑)。それに何より僕のリスニングライフも近年どんどんルーツを遡って先祖返りする一方で、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」の影響もありロック以前のポピュラー音楽の魅力を痛感してたところなので、個人的にもグッドタイミングで実に嬉しい好企画。実際、「譜面至上主義宣言!」「クル―ナ―革命」「専属シンガー最強論」「黒人シンガー主張伝」といった健太さんの原稿はどれも興味深く、他にも湯浅学さんとの対談や、安田謙一さんによる「極東の亜米利漢」能地祐子さんによる「ザ・ヴォーカリスト図鑑」等々、ホント勉強なります(確かにこれは保存版だ!)。

Theme Time Radio Hour 3 With Bob DylanTheme Time Radio Hour 3
With Bob Dylan

(2010/11/02)
Various Artists


そう言えば健太さんが湯浅さんとの対談の中で例にあげておられた『ボブ・ディランのテーマ・タイム・ラジオ・アワー』、来月待望のシリーズ第3弾がリリースされますが、国内盤MSIさんより11月25日に発売して頂けるとのこと。それも通常盤以外にシーンズ1、2が収納出来るボックスが付いた限定盤と、シーズン1,2,3がセットになった限定コンプリート箱の3種類出るんだとか!?こりゃ今年の秋は益々「箱の秋」というか、箱モノ行政ならぬ箱モノ攻勢となりそうですね(^^;)。

以上、久々にRadio Sweetheartからのお知らせでした♪



関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1169-6ad7e83d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT