Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

胸にしみる空の輝き

 スーパー・ガスの画像  『スーパー・ガス』 / 加藤和彦 ≪テレビ夜話≫ 3月23日(木)放送のNHK総合「音楽夢くらぶ」を観ました。最終回のこの日のゲストはトノバンこと、加藤和彦さんとアルフィー坂崎幸之助さんという再結成フォークル・コンビ。 演奏された曲は「悲しくてやりきれない」「感謝」「イムジン河」「あの素晴らしい愛をもう一度」といった代表的な4曲だったのですが、加藤和彦さんご自身が奏でる三線やバンジョー、アコギやアイルランドの笛などに加え、琴なども交えた郷愁を誘うアコースティックなアレンジが美しくて胸に沁みました(感涙)。子供達によるハングルのコーラスを従えた名曲「イムジン河」も素晴らしく感動的でした。坂崎さんによる献身的なアシストも実にお見事。近年、地上波の音楽番組でこれ程感激したことはありません。最終回ということで最後に司会役の中村雅俊さんが1曲歌われたのですが、(中村さんには申し訳ないんですけど)出来ることなら僕はもう1曲、加藤和彦さんの歌声が聴きたかったです(だって、加藤さんの歌をテレビで聴ける機会って、そう滅多にないことですから・・・。勿論、上記の4曲だけでも大変有難いことですが、例えば、この二人の演奏による「家をつくるなら」「不思議な日」なんかも聴けたら、どれ程NHKに感謝したことか!)。 そんな訳で、(先日の日記ミカバンドを取り上げたことからもお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが)ジョニー・キャッシュカーレン・カータートム・ペティボブ・ディラン熱と併行して、目下、加藤和彦さんマイブームもじわじわ来てる模様(おかげで、僕の脳内ジュークボックスは益々こんがらがるばかり・苦笑)。 そう言えばNHK-FMのマンスリー特番「サウンド・ミュージアム」、加藤和彦さんゲストの今月分もてっきり月末の最終日曜日かと思ってたら、3/19放送だったんですね(『ノーディレクション・ホーム』観に行くことで頭がいっぱいになってて、完全に見落としてました・汗。「悲しくて悲しくて、とてもやりきれない」って程じゃないですけど、でもやっぱりちょっと悲しいです・苦笑。どうやらお相手は坂崎さんではなく、佐野史郎さんだったようですね>ア太郎さん)。  ◎「音楽夢くらぶ」番組サイト:http://www.nhk.or.jp/yumeclub/ ≪哀悼≫ 「音楽夢くらぶ」終了後も、チャンネルをそのままの状態でウダウダ過ごしてたら、作曲家の宮川泰さんの追悼番組に遭遇しました(司会はMPリスナーにはベンチャーズ特集のくちギターでお馴染みの徳田章アナ。服部克久さん、前田憲男さん、川井郁子さんがスタジオにいらっしゃってました)。バンバンバザールもライヴでカヴァーしてる「宇宙戦艦ヤマト」のエンディング曲「真っ赤なスカーフ」阿久悠さん作詞)大好きでした。謹んでご冥福をお祈り致します。
関連記事
スポンサーサイト

| ラジオ&テレビ夜話 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT