Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鈴木祥子@拾得公演ハイライト②

という訳で、前回の続きの鈴木祥子さんの2005年12月30日拾得公演ハイライト②~オリジナル曲編です。    『Love Is A Sweet Harmony』   (公式サイト限定発売のライヴCD。購入はこちらから♪) まず今回、僕が1番聴けて嬉しかったのが、1stアルバムに収録されていた「ベイビー イッツ ユー」!アンコールでのリクエストだったんですが、咄嗟のことで「カポ持って来てないから、キーが低くなってもいい?」とエレキギター(赤ジャガー)を手に取り、「あ~、やだ~、チューニング狂ってるぅ~。誰かチューニング合わせて(笑)」とか言いつつも、いざ演奏が始まったら、祥子さんハジケまくりでノリノリ!(実際、この日1番の盛り上がりだったと思います。リクエストして下さった方にも感謝!)。      祥子さんの愛用ギター(赤いジャガー) それから、何でも、1999年のアルバム『あたらしい愛の詩』をレコーディングしてた頃に仲の良かったお友達が最近お亡くなりになられたとのことで、その友達への追悼の意味も込めて、いくつか収録曲を歌われたんですが、なかでも「いつかまた逢う日まで」が凄まじく美しくて、それでいて猛烈に切なくて、僕の琴線ふれまくりでマジ痛かったです(泣)。 そして勿論、本編の最後は「いつも同じでワンパターンだけど、でもこの曲もその友達が大好きだったので歌わせて下さい」と「あたらしい愛の詩」(作詞・作曲:鈴木祥子/編曲:佐橋佳幸)。 【引用始まり】 ---  ひとりになるのが恐くって 誰かにささえてほしくって  いつでもわがままでごめんね あなたがいて幸せだった 【引用終わり】 --- きっと、この曲は別れた恋人に向けた歌なんでしょうけども、でもやはりこの時ばかりは、亡くなられたお友達のことを重ねて歌っておられるように思われて、いつにもまして胸に沁みました(涙)。それもあってか、「I still love you」のコーラスのところは、ライヴでは一緒に歌うのがお約束みたいになってますが、流石に今回はちょっと歌えなかったです・・・。また、祥子さんが最後の 【引用始まり】 ---  孤独に負けない 勇気を与えてください 力を与えてください  どうか守って下さい 力を与えてください   【引用終わり】 ---   のところで、珍しく(?)こぶしを握りしめて、自分自身にも言い聞かせるように歌われてたのがとても印象的でした。僕も「2006年も頑張って生きて行こう!」と、勇気を貰いました。 もしかしたらこの日、祥子さんは、少々風邪をお召しだったのか、時折咳払いをされたり、ところどころ間違えてやり直したり、といった一幕もあったので、決して本調子ではなったのかもしれませんが、でもそんなこと全然お構いなしの、本当に潔くて素晴らしい、見事なステージでした。 終演後、「今日は出血大サービスで、CD買ってくれた人にはサインだけじゃなくて、キスマークだって何でもしちゃうぜ!」とのことだったので、お言葉に甘えてキスマークも頂こうかと思ったものの、なにぶん恥ずかしがり屋なもので、せいぜい欲張ってサインをいくつか貰うのがやっとでした(^^;)。でもホントにサインと共にキスマーク貰ってた人もいたみたいです!(やっぱり僕もお願いするんだった・苦笑)。        そんな訳で、これがそのうちの一つの、公式サイト限定発売の自主制作ライヴCD『Love Is A Sweet Harmony』の盤面に頂いたサイン、そして隣が拾得のおでん(あ~、またカレー食べそびれちゃったよ・苦笑)。 最後に以下は拾得テリーさんのブログ(最初は祥子さんのお写真もUPされてたのに、いつのまにかエレピだけになっちゃってますね)。  http://terrio.exblog.jp/m2005-12-01/#2940824
関連記事
スポンサーサイト

| ライヴの感想など | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT