Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ジャケガイノススメ』

 Beautiful Covers/ジャケガイノススメの画像  『Beautiful Covers/ジャケガイノススメ』  編・著:土橋一夫&高瀬康一(Surf's Up Design)  毎日コミュニケーションズ(税込 2,310円) 5/21の日記の続きみたいな格好になるのですが。 先日出版されたヴィジュアル・ブック『Beautiful Covers/ジャケガイノススメ』が昨日届きました。早速、ページを開いてみたところ、美女ジャケ、傘ジャケ、夕陽ジャケ、宇宙ジャケ、飛行機ジャケ、バイクジャケ、車ジャケ等々の数々がオールカラーでセンスよく選盤&配列されていて、どれもとっても綺麗なので、パラパラ眺めているだけでもかなり楽しいです(約400点とボリュームも満点)。萩原健太さんのオールディーズ番組のリスナーだった方ならご存知かと思いますが、「セクシージャケ愛好家」でもある僕としては、やはり美女ジャケが多いのが嬉しい限り(笑)。加えて、各レコードの解説と共に、松尾清憲さんや杉真理さん、渚十吾さんに鴨宮諒さん、そして長門芳郎さんや牧村賢一さん、森勉さんらによるジャケ買いコラム「ジャケガイトワタシ」も掲載されているので、読み物としても興味深いものがあります。 勿論、「美しいジャケを見ながら音楽も聴けば楽しさは倍増!」ってことで、レコード会社3社合同による本書と連動のCDシリーズも企画されているのですが、その第1弾のラインナップに『ザ・テディ・ベアーズ・シング!』『パーティー・ウィズ・ザ・ピクシーズ・スリー+8』ハル・ブレイン・アンド・ザ・ヤング・クーガーズ『デュース,“ティーズ”,ロードスターズ&ドラムス』といった名前を見つけて、僕は思わず狂気乱舞しそうになりました!(オールディーズがお好きな方なら皆さんそうじゃないでしょうか?それに、この辺りはナイアガラの源流みたいなもんですしね)。おまけに、いずれもデジタル・リマスターによるボートラ満載の紙ジャケ仕様とのことなので、益々大感激!上柴とおる親方が解説を担当されたブライアン・ハイランド『ステイ・アンド・ラヴ・ミー・オール・サマー』の世界初CD化も泣いて喜んでます(先週のFM-COCOLO「南港♪ミュージックエンタテイメント」でも、ジャッキー・トレント&トニー・ハッチ「59番街橋の歌」と共に、このアルバムから名曲 「I'm Gonna Make You Love Me」をかけて下さってました。ホントにいいんだよな、これが!)。 その他、5/24発売の第1弾だけじゃなくて、6/21発売予定の第2弾ラインナップもまた魅力的なので(とくに僕はロニー&ザ・デイトナス『サンディ』が嬉しい!ジェフリー・フォスケットもカヴァーしてるタイトル曲、今まさに脳内を駆けめぐってます!!)、同好の皆様はこの絶好の機会をどうぞお見逃しなく♪(現在発売中の『レココレ』や『CDジャーナル』、『ストレンジデイズ』誌などにも広告や関連記事が掲載されてますが、ご参考までに土橋一夫さんのBack To MONO ProductionsのHPもリ以下にンクさせて頂きます)。  http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/7517/ ジャケガイ、それは、「音楽配信」では味わえない快楽にして、パチンコや競馬などの賭け事に縁のない僕が唯一楽しんでるギャンブル(やっぱり、素敵なジャケを眺めつつ、ライナー読みながら、音盤を聴く、という三拍子揃った状態が1番好き!ハズレもまた楽し・苦笑)。多分、こればっかりは一生やめれないような気がするので、今後はこの本も手引にしつつ、更なるスリルと浪漫を追い求めて(?)、「ジャケ買い」道にも邁進していきたいと思います(笑)。 ≪追記≫ 願わくばこれも紙ジャケで国内盤出して欲しいなぁ~(^^;)。  Goldieの画像   『Goldie』/ Goldie Hawn
関連記事
スポンサーサイト

| 音楽日記 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT