Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京の春便り②

引き続き、アーカイブ・シリーズ(4/9日記のパート②をお届けします)。  カム・フライ・ウィズ・ミーの画像  『カム・フライ・ウィズ・ミー』 / フランク・シナトラ  (※「パリの四月」収録) 先週の金曜日だったか、帰宅してテレビを付けたら、丁度NHK大阪放送局発の関西ローカルな夕方の情報番組で、「小曽根パパ」こと小曽根実さんが、年季の入った真空管オルガンで「パリの四月」を生演奏されてるところだったので、思わず見入ってしまったのですが、春の陽射しの中、疎水に映る桜を眺めながら哲学の道を歩いてたら、ふとそのメロディが頭の中に甦りました(流石に、桜があまり好きではない僕も、「美しい風景だなぁ~」と足を止めることがしばしば。写真では伝わらないかもしれませんが、肉眼で見ると本当に色鮮やかで、趣きのある佇まいでした)。     とはいえ、やっぱり哲学の道は、沢山の見物客が押し寄せる花見シーズンよりも、何でもない日の落ち着いた雰囲気こそが本来の姿のような気がするんですけど、でも多分、僕がこの季節に哲学の道を散策するのはこれが最初で最後になると思うので、まぁ、これはこれでいい思い出になりそうです(^^;)。歩きながら食べた抹茶とほうじ茶とバニラの三色ソフトクリーム、とっても美味しかったです!(結局は「花より団子、じゃなくてアイス」ってことかよ・苦笑)。   (第3便に続く、というか、ここからが本編のような・・・。とにかく、以上、今シーズンの京都の桜お裾分けでした♪) ※5/24UP
関連記事
スポンサーサイト

| 音楽日記 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT