Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サンシャイン・サーフィン・サウンド

   『サンシャイン・サーフィン・サウンド』 僕にとって2006年の上半期は、ジョニー・キャッシュカーレン・カータートム・ペティボブ・ディランを軸に「カントリー・ロック」が最大のマイブームだった訳ですが。その次に「サーフィン気分」という名のビッグ・ウェイヴが押し寄せて来てることもこれ迄書いて来た通り。そして、この流れが間違いでなかったことを証明するかのように、先月のブルース&テリー関連の紙ジャケ・シリーズに続いて、何と今月は山下達郎さんとフォーエヴァー・レコードの創始者“故・宮下静雄”さんが解説を執筆されていた超強力なサーフィン・ホットロッドのコンピレーション・アルバム『サンシャイン・サーフィン・サウンド』も6/21にCD化されたではありませんか!(すぐ廃盤になる紙ジャケばかりに気をとられてあやうく見過ごすところでした・汗)。  http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=MHCP000001084 ブルース・ジョンストンリップ・コーズホット・ドッガーズジョニー・リヴァース等々と、僕の手持ちの音源ともかなりの部分で重なってはいるものの(^^;)、全25曲とボリュームもあり、実にゴキゲンな選曲!今月も欲しいCDが沢山あるのですが、どうやら達郎さん&宮下さんによるアナログ盤時代の解説もそのまま掲載されているようなので、やはり「素敵なSummer Days♪」を迎える為にも、出来ればこれも手に入れておきたいところです(もう一度購入予定CDリストの優先順位見直してみます・・・)。 ところで、フォーエヴァー・レコードといえば、山下達郎さんや大瀧詠一さんも顧客リストに名を連ねていらっしゃったという大阪を代表する老舗の中古盤屋さんですが、何でも、梅田店がこの夏にも閉店するやもという噂を小耳に挟んだのですけど、本当なのでしょうか?(そうでないことを願いたいですが、もしそうなら閉まる迄に一度行っておかないと・・・)。
関連記事
スポンサーサイト

| 日記(?) | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT