Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Happy Birthday

   『ピルグリム』 / ジョーイ・モランド 先週6月18日はポール・マッカートニーさんの、昨日6月20日はブライアン・ウィルソンさんのお誕生日。共に64歳。そしてまもなくうちの母も同じく64歳(普段、面と向っては文句しか言いませんが、内心では日々感謝してます。親不孝な息子でゴメンナサイ)。ポールもブライアンも、うちのオカンも、みんな長生きして下さい。 その前に、今日6月21日はレイ・デイヴィスおじさん(1944年生まれ)のお誕生日であると共に、ニルス・ロフグレンさん(1951年生まれ)や、我が最愛のバンド、、バッドフィンガーの、ジョーイ・モランド(1948年生まれ)のお誕生日。皆さん、お誕生日おめでとう!レイおじさん、いつまでも素敵な「ひねくれ者」でいて下さい(アイヴィーズ時代の悪指をいち早く評価して、デビューをすすめて下さって、その節は本当に有難う)。ニルス・ロフグレンさん、またボスと一緒に日本にも来て下さい。楽しみにしてます。そして、ジョーイ、悪指はとうとうあなた1人だけになってしまいました・・・。やはり悪指を引き継ぐのはあなたしかいません。ジョージ直系の素晴らしいギターワーク、また聴かせて頂ける日が来ることを信じて待ってます。ゲイリー・ウォーカー&ザ・レインナチュラル・ガス、1stソロのCD化も実現しますように(祈)。 そんな訳で本日の1曲はジョーイの「No One Likes The Rain」。「Be My Baby」調のメロディとジョージ・ハリスン風のギターソロの相性は抜群!音の壁はショボくて、仕上がりのB級感は否めないけれど、でもそれも含めて、僕は最高に大好きです!!
関連記事
スポンサーサイト

| 音楽日記 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT