Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『扉~To Villa』:DJ天辰保文

ゴールドラッシュのあとで 天辰保文のロックスクラップブック (CDジャーナルムック)ゴールドラッシュのあとで
天辰保文のロックスクラップブック
(CDジャーナルムック)

(2008/07/22)
天辰 保文


TFM/JFN系『扉 -TO VILLA-』木曜日
2010年12月30日25:00-28:00
DJ:天辰保文


AM01:02:46
01)Ol'55 オール '55  1973年
  [ Tom Waits ]
 /トム・ウェイツ Tom Waits

BGM:Mr. Tambourine Man
 ミスター・タンブリン・マン 1965年1位
 [ Bob Dylan ]
 /ザ・バーズ The Byrds

AM01:13:01
02) Just Like A Woman 女の如く 1966年33位
  [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan

AM01:17:50
03)Mohammed's Radio モハメッドのラジオ  1976年
 [ Warren Zevon ]
 /ウォーレン・ジヴォン Warren Zevon

BGM:After the Gold Rush
 アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ  1970年
 [ Neil Young ]
 /ニール・ヤング Neil Young

AM01:25:13
04)Heart Of Gold 孤独の旅路 1972年1位
 [ Neil Young ]
 /ニール・ヤング Neil Young

BGM:Way Over Yonder 幸福な人生 1971年
 ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
 [ Carole King ]
 /キャロル・キング Carole King

AM01:33:55
05) You've Got A Friend (Live)  君の友だち 2010年
 [ Carole King ]
 /キャロル・キング&ジェイムス・テイラー
  Carole King&James Taylor

【別コーナー~天辰さんは暫しお休み】
AM01:47:20
06)Chasing Cars チェイシング・カーズ  2006年5位
 [ Connolly / Lightbody / Quinn / Simpson / Wilson ]
 /スノウ・パトロール Snow Patrol


BGM:Best of My Love 我が愛の至上 1975年AC1位
 [ Glenn Frey/Don Henley/J.D. Souther ]
 /イーグルス The Eagles

AM01:57:04
07)Desperado ならず者 1973年
 [ Glenn Frey/Don Henley ]
 /イーグルス The Eagles

AM02:01:40
08)Acadian Driftwood アケイディアの流木 1975年
 [ Robbie Robertson ]
 /ザ・バンド The Band

【ジョー・ヘンリーについて】
AM02:12:05
09)Mean Flower ミーン・フラワー 2001年
 [ Joe Henry ]
 /ジョー・ヘンリー Joe Henry

AM02:16:53
10) Don't Give Up On Me
 ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー  2002年
 [ Hoy Lindsey / Dan Penn / Carson Whitsett ]
 /ソロモン・バーク Solomon Burke

【T=ボーン・バーネットについて】
BGM:Power of Love  パワー・オブ・ラヴ 1980年
 [ T-Bone Burnett ]
 /T=ボーン・バーネット T-Bone Burnett

BGM:You Are My Sunshine
 ユー・アー・マイ・サンシャイン 2000年
 [ Jimmie Davis / Charles Mitchell ]
 /ノーマン・ブレイク Norman Blake
 『オー・ブラザー! オリジナル・サウンドトラック』

AM02:25:36
11) The Weary Kind ザ・ウイーリ・カインド  2010年
 [ Ryan Bingham / T-Bone Burnett ]
 /ライアン・ビンガム Ryan Bingham
 『クレイジー・ハート~オリジナル・サウンドトラック』

BGM: Up Where We Belong  愛と青春の旅立ち 1982年1位/AC3位
 [ Will Jennings / Jack Nitzsche / Buffy Sainte-Marie ]
 /ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
 Joe Cocker & Jennifer Warnes

AM02:34:51
12) Patriot's Dream 2001年
 [ Arlo Guthrie ]
 /ジェニファー・ウォーンズ Jennifer Warns

AM02:39:48
13)Thunder Road 涙のサンダー・ロード  1975年
 [ Bruce Springsteen ]
 /ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen

BGM:The River ザ・リヴァー  1980年
 [ Bruce Springsteen ]
 /ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen

AM02:46:17
14)Atlantic City アトランティック・シティ 1982年10位
 [ Bruce Springsteen ]
 /ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen

AM02:52:25
15)Helpless ヘルプレス 1970年
 [ Neil Young ]
 /クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
 Crosby, Stills, Nash & Young
 CSN&Y


以上、天辰保文さんDJによる12月30日深夜放送の『扉 -TO VILLA-』(木曜日)のエアプレイ・リスト。トークバックのBGMについてはオンエア上で一切曲紹介なかったものの、話の流れというか番組の流れ的に”鍵”となるものについては併せて書き出してみました。

何度か書いております通り、僕が持ってる洋楽の日本盤CDの中で多分天辰さん執筆のライナーノーツ率が一番高いだけに(あとはやはり中川五郎さんとか健太さんのが多いような気が。そう言えば竹内まりやさん初のツアーパンプにも天辰さんが文章を寄せておられました)、天辰さんの選曲は興味深く、お話もなかなかお上手で、実に楽しい2時間でした(出来れば番組の最後まで3時間DJを拝聴したかったくらいです)。

まずトム・ウェイツを振り出しに、ディランウォーレン・ジヴォンニール・ヤングと天辰さんの思い入れのあるアーティストを順に紹介していく番組の形式は、天辰さんのパーソナル・サウンド・グラフィティ的な色合いが強かったものの、年の瀬にラジオから流れてくるこの時代の音楽はよりいっそう魅力的で、より深く心に沁み入るかのよう。そして勿論、キャロル・キング&ジェイムス・テイラーは今年印象に残ってる来日アーティストの代表ということで(『トルバドール・リユニオン』の日本盤解説も天辰さんでしたもんね)。

それから、2時台のジョー・ヘンリーT=ボーン・バーネットは天辰さんが今、最も注目してるサウンド・クリエイターとして取り上げると共に、ソロモン・バークの追悼も兼ねて。あともう一人、要注目サウンド・クリエイターとしてダニエル・ラノワの名前も挙げておられましたっけ(またの機会に是非!)。それにしてもジョー・ヘンリーもさることながら、このところのT=ボーン・バーネットの活躍ぶりには目を見張るものがありますよね!グレッグ・オールマンの新作『Low Country Blues』も大いに期待出来そうですし!!このプロモ動画見てるだけでもシビレちゃいます(^^;)。

と、ここ迄(キャロル・キング以外は)ずっと男性アーティストの歌声が続いたので、2時台半ばになって女性アーティストの歌声もと紹介して下さったのは僕も大好きなジェニファー・ウォーンズ。それもアーロ・ガスリーの作による「Patriot's Dream」というのがまた心憎い選曲で、真夜中にラジオで聴く彼女の麗しい歌声とヴァン・ダイク・パークスが奏でるアコーディオンの音色が何とも言えぬ心地よさ(おまけにアーロ・ガスリーの歌声も途中から重なりますしね!)。

更に畳み掛けるように、最後にボス、エンディングはCSN&Y「ヘルプレス」と終始天辰さんらしい素敵な選曲でホントあっという間の2時間。天辰さん、年末の深夜の生放送、お疲れ様でした&有難うございました。また今年、番組に登場される機会がありましたら、今度はトム・ぺティさんもかけて頂けたら嬉しいです(^^)。
 
尚、新年一発目となる1月6日深夜の放送は長門芳郎さんがDJを担当されるとのこと!
これまた聴き逃せませんぜ!!



関連記事
スポンサーサイト

| DAYBREAK/TO VILLA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1612-1f12bcc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT