Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BOX in 大阪城ホール

BOX POPSBOX POPS
(2008/11/19)
BOX


ケンタッキーフライドチキン Presents
TOKYO FM/FM OSAKA 開局40周年記念スペシャル
-souvenir again-
mariya takeuchi live 2010

2010年12月22日(水) 大阪城ホール
Opening Act:BOX



【Set List】
01)Blueberry Hillへ帰ろう (未CD化)
02)Tokyo Woman (未CD化)
03)風のBad Girl
04)君の瞳のRainbow
05)Temptation Girl
06)Train To The Heaven
【18:32-18:59】

BOX are
杉真理:Vocal,Guitar&Chorus
松尾清憲:Vocal,Guitar&Chorus
小室和幸:Vocal,Bass&Chorus
田上正和:Guitar&Chorus

Support Member
島村英二:Drums
小泉信彦:Keyboard



BOXとしては、恐らく20年ぶりくらいとなる大阪での公演を(確か1990年頃、大学の試験期間中だったかに観に行ったような)、BOXファンにとってはメモリアルな”2010"年に、それもジョージ・ハリスンリンゴ・スターもステージに立った大阪城ホールのような大舞台で観ることが出来るなんて本当に夢のよう(このような機会を用意して下さった竹内まりやさんには心から感謝するばかり)。

ある程度予想はしてたものの、オープニング・アクトゆえ、どうしてもアウェー感は否めず、約30分全6曲という出番も短くあっという間で、杉さん&松尾さんによるMCの面白さが発揮される前に終わっちゃったのは少々残念でしたが(きっと初めてBOXを観る人の方が多かったと思うので、せめてメンバー紹介くらいはあっても良かったような・・・)、でも、日本を代表するポップス職人ツートップ率いる「永遠のビートルズ少年たち」が繰り出すピュアブリティッシュキャッチーだけどちょっぴりマニアックなバンド・サウンドは円熟味が増して益々”魔法の領域”。演奏やコーラスワークのみならず、1曲終わるごとに深々とするお辞儀もビートルズ・スタイルで息ピッタリ(杉さんもMCで「今回、お辞儀にすべてかけてます」とおっしゃってたっけ・笑)。

それにしても、いきなりの新曲2連発にも驚かされましたけど(!?)、やはり個人的に感慨深かったのは竹内まりやさんがコーラスで参加していたBOXのデビューシングル「風のBad Girl」と、そのカップリング曲でラジオで初めて聴いた時めちゃ衝撃を受けた「Temptation Girl」(杉さんが何と言おうと、僕はエンディングの元ネタバッドフィンガー「Sometimes」のような気がしてなりません・苦笑)、そしてビートルズ讃歌「Train To The Heaven」 といった1stアルバム『BOX POPS』収録曲を20年ぶりに大阪で聴けたこと。欲を言えば「風のBad Girl」はまりやさんのコーラスも生で拝聴してみたかったな、なんて(^^;)。尚、2作目『JOURNEY TO YOUR HEART』から唯一披露されたドリーミーな王道バラード「君の瞳のRainbow」まりやさんが大好きな曲、とのことで選ばれたようでした♪

そんな訳で以上、すっかり遅くなってしまいましたが(汗)、2010年12月22日の行動記録シリーズの【Part-3】【Part-4】もComing Soonってことで(多分)。



【蛇足】例えばこの際、BOXもベンチャーズ方式を参考にして、夏だけリードギター橋本哲さんで地方都市巡業公演(名付けて『JOURNEY TO YOUR TOWN』ツアー・笑)、冬にリードギター田上さんのオリジナルBOXで東京公演みたいな可能性はないもんでしょうか?(そりゃ当然、オリジナルBOXでツアーして頂けるなら文句ないですし、或いはそれが難しいのなら東京でのライヴをUstreamで生中継、という展開でもあればと・・・)。とにかくどうゆう形であれ、BOXとしての活動が少しでも増えればいいのになと願う次第です(勿論、新作も期待してます! Dreams Last Forever!!)。


関連記事
スポンサーサイト

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1619-94aad0b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT