Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仲井戸麗市の「D.N.A.~ロックの殿堂~」#16

ニュー・ロール・ソウルニュー・ロール・ソウル
(2005/10/21)
ロバート・ウォード


JFN「D.N.A.~ロックの殿堂~」#16
2011年01月21日(金)PM19:00-19:55
DJ:仲井戸麗市


OP:Pearly Shells 真珠貝の歌 
 [ W.Edwards / L.Pober ]
 /ビリー・ヴォーン楽団 Billy Vaughn & His Orchestra

01)Come On Let's Go カム・オン・レッツ・ゴー 1966年22位
 [ Ritchie Valens ]
 /マッコイズ The McCoys

02)Yeah Yeah イエー・イエー  1965年21位
 [ Rodgers Grant/Jon Hendricks/Pat Patrick ]
 /ジョージィ・フェイム ジョージ・フェイム Georgie Fame 

03)Catch Us If You Can 若さをつかもう 1965年4位
 [ Dave Clark/Lenny Davidson ]
 /デイヴ・クラーク・ファイヴ The Dave Clark Five DC5

04)It's Easy イッツ・イージー 2006年
 [ J.J. Cale ]
 /J.J.ケイル&エリック・クラプトン J.J. Cale & Eric Clapton
 
05)Peace of Mind ピース・オブ・マインド 2000年
 [ Robert Ward ]
 /ロバート・ワード Robert Ward
 
06)Good Vibrations グッド・ヴァイブレーション 1966年1位
 [ Mike Love/Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

ED:Are You Alright? アー・ユー・オールライト?  2007年
 [ Lucinda Williams ]
 /ルシンダ・ウィリアムス Lucinda Williams


以上、いつものようにおさらいがてら、エアプレイ・リスト作成&個人的にメモ。

今回のテーマは2011年最初の放送ということで、今年1年元気に過ごせるようにとチャボさんが選ぶ元気が出そうな曲の特集。差し詰めCHABOさん流の「棚からひと掴み」による「いくつになってもロケンロール!」って感じでしょうか。

それにしても何にしても、全体的に60年代のヒット曲を中心とした選曲の中、まさかロバート・ワードがかかるとは!?(最近テレキャスターを愛用してるCHABOさんが、テレキャス系のギタリストの作品を色々と聴き漁って研究しているということもあってのセレクトだったんですけど、そう言えばロバート・ワードを民放FMのみならず、ラジオで聴いたのは初めてかも。いやホント、最高にゴキゲンで嬉しい瞬間でした)。

その他、J.J.ケイル「イッツ・イージー」は「こうゆう人生観で突っ走ろうと自分に言い聞かせてる」とCHABOさん。麗蘭でもJ.J.ケイルに触発されて曲を作ったとか。あと、ビーチ・ボーイズ「グッド・ヴァイブレーション」を曲紹介する際には訳詞の朗読も。 

仲井戸麗市リスペクトアルバム「OK!!!C’MON CHABO!!!」仲井戸麗市リスペクトアルバム
「OK!!!C’MON CHABO!!!」

(2011/02/23)
仲井戸麗市


そして最後に2月23日発売予定の仲井戸麗市リスペクトアルバム「OK!!!C’MON CHABO!!!」をちょっぴり照れくさそうに告知(奥田民生さんやザ・クロマニヨンズをはじめ、斉藤和義さんに曽我部恵一さん、YO-KING等々、確かに興味深い顔ぶれ!)。エンディングBGMはCHABOさんも日本語カヴァーされてるルシンダ・ウィリアムス「アー・ユー・オールライト?」第7回放送でもかけて下さってましたが、やっぱ名曲ですね。



関連記事
スポンサーサイト

| Chabo-DNA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1624-f7d88208

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT