Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#45

Reunion ConcertReunion Concert
(1990/10/25)
Everly Brothers


#45:2011年02月01日放送

OP:Wake Up Little Susie  起きろよスージー
 [ Boudleaux Bryant / Felice Bryant ]
 /ボードルー・ブライアント Boudleaux Bryant
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1957年1位/C&W1位/R&B1位)

01)When Will I Be Loved 
 ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド  2009年
 [ Phil Everly ]
 /ジョン・フォガティfeat.ブルース・スプリングスティーン
 John Fogerty feat.Bruce Springsteen
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1960年8位)

02) Take A Message To Mary
 メアリーへのメッセージ 1980年
 [ Boudleaux Bryant / Felice Bryant ]
 /ロックパイル Rockpile
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1959年16位)
 
03) Stick With Me Baby
 スティック・ウィズ・ミー・ベイビー  2007年
 [ Mel Tillis ]
 /ロバート・プラント&アリソン・クラウス
 Robert Plant & Alison Krauss
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1961年41位)

リクエスト募集告知BGM:
 Gone, Gone, Gone ゴーン・ゴーン・ゴーン
 [ Don Everly / Phil Everly ]
 /ザ・ベンチャーズ The Ventures
  ※エヴァリー・ブラザーズ(1961年31位)

04) Sleepless Nights スリープレス・ナイツ 
 [ Boudleaux Bryant / Felice Bryant ]
 /グラム・パーソンズ&エミルー・ハリス
 Gram Parsons & Emmylou Harris
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1960年) 

05) Let It Be Me
 レット・イット・ビー・ミー 1964年5位/R&B5位
 [ Gilbert Becaud / Mann Curtis / Pierre Delanoe ]
 /ジェリー・バトラー&ベティ・エヴェレット
 Jerry Butler & Betty Everett
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1960年7位)

06) Devoted To You
 愛をいつまでも 1978年36位/AC2位/C&W33位
 [ Boudleaux Bryant ]
 /カーリー・サイモン & ジェイムス・テイラー
 Carly Simon & James Taylor
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1958年10位/C&W7位/R&B2位)

番組サイト紹介BGM:
 
All I Have To Do Is Dream 夢を見るだけ 
 [ Boudleaux Bryant / Felice Bryant ]
 /フレッド・モーリン Fred Mollin
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1958年1位/R&B1位/C&W1位)

07) Crying In The Rain
 クライング・イン・ザ・レイン 1996年
 [ Howard Greenfield / Carole King ]
 /アート・ガーファンクル with ジェイムス・テイラー
 Art Garfunkel with James Taylor
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1962年6位)

08) Bye Bye Love (Live) バイ・バイ・ラヴ 1970年
 [ Boudleaux Bryant / Felice Bryant ]
 /サイモン&ガーファンクル  Simon & Garfunkel
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1957年2位/C&W2位/R&B5位)

09) All I Have To Do Is Dream (Live)
 夢を見るだけ 夢を見るだけサ 1958年1位/R&B1位/C&W1位
 [ Boudleaux Bryant / Felice Bryant ] 
 /エヴァリー・ブラザーズ The Everly Brothers
 ※1983年の再結成コンサート(1985年リリース)より

ED:Bird Dog バード・ドッグ 
 [ Boudleaux Bryant ]
 /ボードルー・ブライアント Boudleaux Bryant
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1958年1位/C&W1位/R&B2位)


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第45回放送のエアプレイ・リスト。いつものようにおさらいすべく、ソングライターや年代&ヒットチャート、BGMなどをわかる範囲で書き添えて個人的にアーカイブ(リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。当ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

今回は2009年の春に番組が始まってから2度目の2月を迎えるということで、"2"にちなんで【デュエット特集】。放送前、番組サイトの予告動画に映し出されたレコード・ジャケットを見て「もしかしたらブライアント夫妻の作品特集でもあるのかな?」と思ってたんですが、当たらずも遠からずで、上記リストの通り、(デュエット特集であると共に)BGM等も含めて番組全編エヴァリー・ブラザーズのカヴァー特集という2段構え(亀渕さんはあえておっしゃらなかったけど、僕の予想の更に上を行く巧みな選曲と構成で誠に天晴れ!)。ジョン・フォガティブルース・スプリングスティーンの豪華共演を振り出しに、デイヴ・エドモンズ&ニック・ロウアリソン・クラウスグラム・パーソンズ客演&カヴァーの達人JT2曲、そして最後はエヴァリー兄弟ご本人のライヴ・ヴァージョンで締め括ってと、僕の好きなアーティストと楽曲のオンパレードで嬉しさも「2倍2倍!」、と言いたいところなんですが。話題が専ら「番組終了について」では流石にいつものようには楽しめず・・・。

残り3回の放送はとくにテーマは設けず、リスナーからのお便り紹介&リクエスト大会を用意して下さってるようですけど、個人的にはもっともっと亀渕さんならではの選曲の妙を味わいたいので、あまりリクエストに縛られず、普段通りに明るく楽しく元気よく、この番組らしい愉快でゴキゲンなDJショーを貫いて頂けたらなと願う次第です(そう言えば記念すべき番組第1号リクエストは大瀧詠一さんでしたが、大瀧さんから番組終了前にもう一度「カメちゃんお疲れ様」とリクエスト・メール来るでしょうか・・・?)。



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1627-173a1da7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT