Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』火曜日:ビーチ・ボーイズ50周年大特集(2)

ビーチ・ボーイズ・コンサートビーチ・ボーイズ・コンサート
(2009/07/01)
ビーチ・ボーイズ


JFN系『BIG SPECIAL』
2011年07月19日25:00-28:00
-Big Summer Special第1弾-
グループ結成50周年記念、All About ビーチ・ボーイズ Vol.2
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
選曲&監修:萩原健太


-第2夜はこの曲でスタート-
2011-07-20 AM01:02:32
01) Sloop John B
 スループ・ジョン・B 1966年3位
 [ Traditional / Brian Wilson ]

CM
-1時台前半は『ペット・サウンズ』(1966年)から-
02) Wouldn't It Be Nice
 素敵 じゃないか 1966年8位
 [ Brian Wilson / Tony Usher / Mike Love ]

03) God Only Knows
 神のみぞ知る 1966年39位
 [ Brian Wilson / Tony Usher ]

04) You Still Believe In Me
 僕を信じて 
 [ Brian Wilson / Tony Usher ]

05) I Know There's An Answer
 救いの道
 [ Brian Wilson / Terry Sachen / Mike Love ]

06) I Just Wasn't Made For These Times
 駄目な僕
 [ Brian Wilson / Tony Usher ]

07) Don't Talk(Put Your Head On My Shoulder)
 ドント・トーク
 [ Tony Asher / Brian Wilson ]

08) Caroline,No キャロライン・ノー
 [ Brian Wilson / Tony Usher ]
 ※この曲のみブライアン・ウィルソン単独名義

CM
AM01:34:07

-1時台後半は幻の『SMiLE』から-
09) Our Prayer / Gee
 アワ・プレイヤー/ジー
 [ Brian Wilson ]

10) Heroes and Villains
 英雄と悪漢 1967年12位  
 [ Vand Dyke Parks/Brian Wilson ] 

11) Vegetables (SMiLE version)
 ヴェジタブルズ
 [ Vand Dyke Parks/Brian Wilson ]

12) Cabinessence
 キャビネッセンス
 キャビン・エッセンス
 [ Vand Dyke Parks/Brian Wilson ]

CM
13) Surf's Up サーフズ・アップ 
 [ Vand Dyke Parks/Brian Wilson ]

-お時間いっぱいまでこの曲で-
14) Pet Sounds ペット・サウンズ
 [ Brian Wilson ]

CM
AM2:00

-2時台はこの曲でスタート-
15) Good Vibrations
 グッド・ヴァイブレーション 1966年1位
 [ Mike Love / Brian Wilson ]

CM
-『ワイルド・ハニー』(1967年)から -
16) Darlin'  ダーリン 1967-68年19位
  [ Mike Love / Brian Wilson ]

17) Wild Honey
 ワイルド・ハニー 1967年31位
 [ Mike Love / Brian Wilson ]

18) I Was Made To Love Her
 愛するあの娘に
 [ Henry Cosby / Sylvia Moy / Lola Mae Hardaway / Stevie Wonder ]
 ※スティーヴィー・ワンダー(1967年2位/R&B1位)

19) Let The Wind Blow  風を吹かせろ
  [ Mike Love / Brian Wilson ]

-続いて『フレンズ』(1968年)から-
20) Friends フレンズ 1968年47位
 [ Brian Wilson/ Carl Wilson/ Dennis Wilson/ Al Jardine ]

21) When A Man Needs A Woman
  男が女を必要な時
 [ Brian Wilson / Dennis Wilson / Carl Wilson /Al Jardine
  / Steve Korthof / Jon Parks ]


22) Passing By パッシング・バイ
 [ Brian Wilson ]

23) Busy Doin' Nothin'
 ビジー・ドゥーイン・ナッシン
 [ Brian Wilson ]

CM
- 『20/20』(1969年)から-
24) Do It Again
 恋のリバイバル  1969年20位
  [ Mike Love / Brian Wilson ]

25) I Can Hear Music
 アイ・キャン・ヒア・ミュージック 1969年24位
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 ※ロネッツ(The Ronettes/966年100位)

26) Time To Get Alone
 タイム・トゥ・ゲット・アローン
 [ Brian Wilson ]

27) Break Away
 ブレイク・アウェイ 1969年63位
 [ Reggie Dunbar/Brian Wilson ]

28) Soulful Old Man Sunshine
 ソウルフル・オールドマン・サンシャイン
 [ Richard Henn/Brian Wilson ]
 ※この時期に録音されたものの、長らく発表されず、
 のちに『エンドレス・ハーモニー』で陽の目を見る。


CM
29) Can't Wait Too Long
 キャント・ウェイト・トゥー・ロング
 [Brain Wilson]
 ※この時期に録音されたものの、長らく未発表

-ここで台風情報-

CM
AM3:00

-3時台はこの曲でスタート-
30) Barbara Ann (Single Version)
 バーバラ・アン 1966年2位
 [ Fred Fassert ]
 ※リジェンツ(The Regents/1961年13位/R&B7位)

CM
-少し遡ってライヴ盤『ビーチ・ボーイズ・コンサート』(1964年)からカヴァー曲を-
31) The Little Old Lady From Pasadena
 パサディナのおばあちゃん
 [ Don Altfeld/Roger "Hot Dog Rog" Christian ]
 ※ジャン&ディーン(Jan & Dean/1964年3位)

32) Papa-Oom-Mow-Mow
 パパ・ウー・モウ・モウ
 [ Al Frazier / Turner Wilson / Carl White / John "Sonny" Harris ]
 ※リヴィングトンズ(The Rivingtons/1962年48位)

33) Graduation Day
 グラデュエイション・デイ
 [ Joe Sherman / Noel Sherman ]
 ※フォー・フレッシュメン(Four Freshmen/1956年17位)

-『ビーチ・ボーイズ・パーティー』(1965年)からやはりカヴァー曲を-
34) Tell Me Why  テル・ミー・ホワイ
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 ※ビートルズ

35) Devoted To You
 デヴォーテッド・トゥ・ユー
 [ Bodlieaux Bryant ]
 ※エヴァリー・ブラザーズ(1958年10位/C&W7位/R&B2位)

36) Alley Oop アリー・ウープ
 [ Dallas Frazier ]
 ※ハリウッド・アーガイルズ(Hollywood Argyles/1960年1位/R&B3位)

37) Ruby Baby ルビー・ベイビー
 [ Jerry Leiber/Mike Stoller ]
 ※ドリフターズ(1956年)、ディオン&ザ・ベルモンツ(1963年2位)
 ※当時アルバムには収録されず、のちにBOXセット『Good Vibrations
  / Thirty Years Of The Beach Boys』で陽の目を見る


38) There's No Other (Like My Baby)
 ザアズ・ノー・アザー
 [ Phil Spector / Leroy Bates ]
 ※クリスタルズ(The Crystals/1962年20位/1961年R&B5位)

 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

CM
AM3:30

「iTunes Festival London 2011」よりThe Scriptのライヴ・パフォーマンス



以上、『ビーチ・ボーイズ結成50周年記念大特集』の第2夜エアプレイ・リストも第1夜に続いて超特急で作成&取り急ぎまずはブログにUP。

昨夜、というか今朝も外は暴風雨だったので、不安や喧騒をかき消すようにラジオのボリュームをいつもより大きめにして楽しませて頂いたんですが(苦笑)、ポップス職人芸の極みとも言うべき『ペット・サウンズ』『スマイル』をはじめ、60年代後半にかけての名曲群オンパレードに胸がバクバク。「キャント・ウェイト・トゥー・ロング」やブライアンとリック・ヘンの共作による「ソウルフル・オールドマン・サンシャイン」といったかつての未発表曲を電波に乗せてくれるのも恐らく健太くらいのもんでしょうし(^^)、ホント有難いです。

あと3時台に用意して下さってたカヴァー曲だらけのライヴ音源コーナーもまた嬉しい趣向で、絶妙な選曲にニンマリ(なかでも個人的に感激だったのは「ルビー・ベイビー」。実は丁度僕も『グッド・バイブレーションズ』箱で予習復習に聴いてたところだったんですよ!それに確か今週月曜の7月18日はディオンさんのお誕生日でしたしね!!)。

どうやら今夜の第3夜から1970年編に突入、ということになりそうですけど、いくら3時間番組とはいえ、やはりビーチ・ボーイズ50年の軌跡を振り返るのに僅か4回というのはあまりにも少なすぎるような(^^;)。でも、それだけに健太さんが最終第4夜の3時間でどんなふうに総括して下さるのかなと、その辺りの手腕も含めて、益々期待を膨らませています。とにかく早く生解説聞きたい!!


関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです、イサムです。
第二夜はなんとか聴けましたが、1、3はだめでした。曲目リスト有難いです。見てるだけで伝わって来ます。
今夜は頑張って聴くつもりです!

| イサム | 2011/07/21 11:35 | URL |

●イサムさん
こちらこそご無沙汰してます&コメント有難うございます!

曲目リスト、お役に立てば何よりです♪

> 今夜は頑張って聴くつもりです!

同じく!

実は明日、歯医者さんの予約入ってるんですけど、
それでもやっぱり聴かずに寝る、という選択肢は
僕にはないです(^^;)。

| 糸志野露滋。 | 2011/07/21 20:07 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1713-3f402d71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT