Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『亀渕昭信のロックンロール伝』

亀渕昭信ロックンロール伝~ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした亀渕昭信ロックンロール伝
~ビートルズ以前、
16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした

(2011/07/31)
亀渕 昭信



2011年07月25日(月)

『亀渕昭信のロックンロール伝説
~ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした』
(ヤマハミュージックメディア刊)、
スタジオジブリ発行の小冊子『熱風』に連載されてた
エッセイを単行本化されたものみたい。

http://t.co/gH4RpER
posted at 19:25:57

亀渕昭信のロックンロール伝~16歳の僕はドーナツ盤に恋をした亀渕昭信のロックンロール伝
~16歳の僕はドーナツ盤に恋をした

(2011/08/10)
オムニバス



『亀渕昭信のロックンロール伝
~16歳の僕はドーナツ盤に恋をした』、
単行本出版と共に8/10にはUSMジャパンから
28曲入りオールディーズ・コンピも。
ジャケには『いくつになってもロケンロール!』
サブタイトル英語タイトルが!?

http://t.co/IipHan1
posted at 19:28:10


以上、本日のツイートより抜粋。
表紙&ジャケがカッコイイので、重ねてブログでもメモ。
CDにはカヴァー聴き比べ的な選曲も見受けられますが、もしかして曲間に亀渕さんのDJも入ってたりするんでしょうか?(^^)。

それにしても、6月9日ロックの日(?)以降、連日更新され続けている「ナイアガラ・ラジオ館」ディープなオールディーズ考察を拝読してると、「せめてあと一年、いや半年でも『いくつになってもロケンロール!』が続いていて、一度でも大瀧詠一さんをゲストに迎えて亀渕さんとのオールディーズ放談みたいな機会があれば良かったのになぁ~」と思わずにはいられません(残念ながら3月21日NHK-FM『今日は一日“大滝詠一三昧”』でも当初予定されていた番組形式ではなくなってしまい、大滝さんとカメさんのロケンロールでナイアガラなポップス談義を聴くことが出来なかっただけに尚更です)。

日本におけるDionのアーティスト名表記の変遷。
キングレコード《ディオンとベルモンツ》
→ビクター《ダイオンとベルモンツ》~ソロ“ダイオン”
→東芝・コロンビア移籍後もそのまま《ダイオン》
時には“ダイオン(ディ・ムチ)”
ややこしや(^^;)。

http://t.co/AYiW6XO
posted at 19:39:39


ホント勉強になります、「ナイアガラ・ラジオ館」

是非ラジオでも聴いてみたい!!!



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1717-77664549

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT