Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』木曜日:西海岸サウンド特集

ハイダウェイ[紙ジャケットCD]ハイダウェイ
(2007/07/11)
アメリカ


JFN系『BIG SPECIAL』木曜日
2011年07月28日
25:00-28:00
-Big Summer Special第2弾-
ウェスト・コースト・サウンド特集
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
スペシャルDJ:萩原健太


01)Wham Bam (Shang-A-Lang)
 恋のバンシャガラン  1976年16位
 [ Rick Geils ]
 /シルヴァー Silver 

CM
02)Rain,Oh, Rain
 雨に願いを 1976年76位
 [ Dennis Henson ]
 /フールズ・ゴールド Fools Gold

-CSN&Yに触発されたミニ・スーパーグループ(?)2曲-
03)Let Me Down Easy
 レット・ミー・ダウン・イージー 1976年80位
 [ Craig Fuller/Eric Kaz ]
 /アメリカン・フライヤー American Flyer

04)Slow Dancing
 スロー・ダンシング  1976-77年61位
  [ Jack Tempchin ]
 /ファンキー・キングス Funky Kings

05)More Than Just The Two Of Us
 想い出のスニーカー 1981-82年34位/AC17位
 [ Michael Carey Schneider ]
 /スニーカー Sneaker

CM
- 第1夜~第3夜でかからなかったアサイラム・レコードの作品を -
06)Fallin' In Love
 フォーリン・イン・ラヴ 1974年27位
 [ Richie Furay ]  
 /サウザー、ヒルマン、フューレイ・バンド
 Souther-Hillman-Furay Band

07)Little Bo’s Peep Show
 リトル・ボーのピープ・ショウ  1977年
 [ Tim Moore ]
 /ティム・ムーア Tim Moore

08)Down Where the Valley's Are Low
 ダウン・ホエア・ザ・ヴァリーズ・アー・ロウ 1973年
 [ Judee Sill ]
 /ジュディ・シル Judee Sill

09)San Diego Serenade
  サンディエゴ・セレナーデ 1974年
 [ Tom Waits ]
 /トム・ウェイツ Tom Waits

CM
-もう1曲、アサイラムから-
10)The True One トゥルー・ワン 1974年
 [ Gene Clark ]
 /ジーン・クラーク Gene Clark

-1時台の締めはこの曲で-
11)Peaceful, Easy Feeling
 ピースフル・イージー・フィーリング 1978年
 [ Jack Tempchin ]
 /ジャック・テンプチン Jack Tempchin
 ※イーグルス(Eagles-1972年)

CM
AM2:00

-2時台前半はイーストLAに着目!-
12)Tell Her She’s Lovely  
 テル・ハー・シーズ・ラヴリー 1973年40位/R&B98位
 [ David Batteau ]
 /エル・チカーノ El Chicano 

CM
13)Someday We'll Get By
 サムデイ・ウィル・ゲット・バイ 1973年
 [ C.Escovedo,T.Harrell & E.Knowles ]
 /アステカ Azteca

14)Why Cant We Be Friends
 仲間よ目をさませ! 1975年6位/R&B9位
 [ Thomas Allen/Harold Brown/B.B. Dickerson
 /Jerry Goldstein/Lonnie Jordan/Charles Miller
 /Lee Oskar/Howard Scott ]
  
 /ウォー WAR

15)Suavecito
 スアベシート 1972年18位
 [ Richard Bean/Pablo Tellez/Abel Zarate ]
 /マロ Malo

16)Together
 トゥゲザー 1981年18位
 [ Kenny Gamble/Leon Huff ] 
 /ティエラ Tierra
 ※イントゥルーダーズ(The Intruders-1967年48位/R&B9位)

CM
-2時台後半はベイエリア・ファンク!-
17)My Lady Woman
 マイ・レディ・ウーマン 1972年
 [ Danny Hull/Cecil Stoltie ]
 /コールド・ブラッド Cold Blood

18)Your Love ユア・ラヴ 1975年38位
 [ Larry Graham ]
 /グラハム・セントラル・ステーション 
  Graham Central Station

19)What Is Hip?
 ホワット・イズ・ヒップ 1974年91位/R&B39位
 [ Emilio Castillo/David Garibaldi/Stephen Kupka ]
 /タワー・オブ・パワー
 Tower Of Power

CM
- イーストLAのラテン・ロックとベイエリア・ファンクの合体-
20)Everybody's Everything
 新しい世界 1971年12位/R&B39位
 [ Milton Brown/Danny Joe Brown/Teddy Moss/Carlos Santana ]
 /サンタナ Santana
 ※タワー・オブ・パワーのホーン・セクション参加!

-2時台の最後はこの曲で-
~ベイエリア・ファンクの元祖

21)I Ain't Got Nobody (For Real)  
  アイ・エイント・ガット・ノーバディ 1968年 
 [ Sylvester Stewart ]
 /スライ&ザ・ファミリー・ストーン
  Sly & The Family Stone
 ※ローカル・デビュー曲

CM
AM3:00

-3時台はこの曲でスタート!-
22)Get Together       
 ゲット・トゥゲザー 1969年5位/1967年62位
 [ Chester Powers ]
 /ヤングブラッズ The Youngbloods
 ※東海岸出身ではあれど、のちに西海岸で活躍。加えて、象徴的な曲ということで。

CM
-第1夜から第3夜の補習- 
~1960年代のサンフランシスコに焦点をあてて

23)Somebody To Love
 あなただけを 1967年5位
 [ Darby Slick/Grace Slick ]
 /ジェファーソン・エアプレイン Jefferson Airplane

24)Omaha オマハ 1967年88位
 [ Skip Spence ]
 /モビー・グレイプ Moby Grape
 
25)The Golden Road (To Unlimited Devotion) 
 ゴールデン・ロード  1967年
 [ Jerry Garcia ]
 /グレイトフル・デッド Grateful Dead

26)Light Your Windows
 ライト・ユア・ウィンドウ 1968年
 [ Gary Duncan / David Freiberg ]
 /クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス
 Quicksilver Messenger Service

27)The Joker ジョーカー 1973-74年1位
 [ Eddie Curtis / Ahmet Ertegun / Steve Miller ]
 /スティーヴ・ミラー・バンド Steve Miller Band

28)Canned Music
 キャンド・ミュージック  1971年
 [ Dan Hicks ]
 /ダン・ヒックス&ヒズ・ホット・リックス
 Dan Hicks & His Hot Licks

CM
- サンシャイン・ポップをもう少し手厚く保護-
~1967-68年頃のLA

29)Montage From How Sweet It Is (I Know That You Know)
 モンタージュ・フロム・ハウ・スウィート・イット・イズ 1968年
 [ Jimmy Webb ]
 /ラヴ・ジェネレーション Love Generation

30)Back on the Street Again
 花咲くカリフォルニア  1967年36位
 [ Steve Gillette ]
 /サンシャイン・カンパニー 
 Sunshine Company 

31)Yellow Balloon
 イエロー・バルーン 1967年25位
 [ Gary Zekley / Dick St.John / Jay Lee ]
 /イエロー・バルーン Yellow Balloon

32)It's A Happening Thing 1967年93位
 [ Alan Brackett ]
 /ピーナッツ・バター・コンスピラシー
  Peanut Butter Conspiracy

33)My World Fell Down
 マイ・ワールド・フェル・ダウン 1967年70位
 [ John Carter/Dick St.John/Jay Lee ]
 /サジタリアス Sagittarius

CM
- 最後はダン・ピークの追悼に-
34)Today's The Day
 今日がその日
 1976年5位/AC1位
 [ Dan Peek ] 
  /アメリカ America 


以上、JFN系『BIG SPECIAL』木曜日2011年07月28日深夜放送のエアプレイ・リスト。当日、こちらにてリアルタイムで大体作成済みだったので、油断してすっかり遅くなっちゃいましたが、やはり一応このブログにも蓄積(勿論、追々またサイト本体のJFNページに収蔵予定)。

正直、「ウェスト・コースト・サウンド」って何だか漠然としたテーマだなと思ってたら、案の定、第1夜から第3夜までは健太さんもおっしゃってたように”ぼんやり”とした選曲で、僕もモヤモヤしてたところ、最終夜に健太さんがバシッと穴埋めして下さったので、お陰でスカッと気が晴れました。とくに2時台前半のラテン・ロック特集と、それに続く2時台後半のベイエリア・ファンク特集がゴキゲンかつ痛快な選曲で俄然ヒートアップ!NHK-FM『ポップス・グラフィティ』時代の「暑い時には熱いお茶特集」「ブラウン・アイド・ソウル特集」(そっか、最近は「ブラウン・アイド・ソウル」というと韓流の男性グループの方なんだ・・・)、更には『ミュージック・プラザ第2部』時代に竹村淳さんの代打で火曜日を担当された「ラテン風味の曲特集」の熱気がグワッと蘇って来ましたよ!?やっぱり「暑い時には熱いお茶」ですね(^^)。

尚、(他にも何人かいらっしゃいましたが)僕がダン・ピークの追悼リクエストをお願いしたのは、第2夜の3時台でアメリカ「名前のない馬」がかかったものの、彼の訃報には触れて頂けなかったからなんですけど、でも健太さんもその時オンエア聴いてらして、すぐにダン・ピークのこと、番組宛てにメール送られてたんですね(翌日の放送で知りました)。もしかしたらもう、健太さんは忘れてるかもですが、アメリカ「今日がその日」を聴くと『ポップス・グラフィティ』時代に健太さんがリクエスト葉書を全部家に忘れて来ちゃった1997年のお誕生日の放送を思い出します(笑)。

では最後に念の為、確認。早いもので健太さんの次回登板はいよいよ今週8月26日(木)深夜放送のお馴染み、ラジオヒッツ&リクエスト・スペシャルリクエストはお早めに!



関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1730-a16319e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT