Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『転校生』の階段

onomichi onomichi

2011年08月29日(月)

もし僕が尾道から帰った時、女っぽくなってたら、
この階段を転がり落ちたのだとお察し下さい(^_^;)。

http://t.co/h8IT391
posted at 18:41:20 

と、まだまだ続くよ尾道旅の記録シリーズは【Part-6】
そんな訳で、一応『さびしんぼう』の福本渡船『時をかける少女』の艮神社
そして『転校生』の御袖天満宮尾道三部作の主要ロケ地を駆け足で巡ったことに。

やっぱり僕、尾道三部作では『転校生』が一番好きなので(ちなみに新・尾道三部作だと『ふたり』)、今回訪れたロケ地の中でもこの階段が格別に感慨深かったです(幸い、男女入れ替わることなく、無事に帰って来ました・笑)。

onomichi

そうそう、『転校生』『ふたり』と言えば、双方に登場する茶房こもんも勿論外せませんが、迂闊にも評判のワッフルを食べ損ねてしまい、今更ながらちょっぴり後悔(^^;)。

onomichi

でも、「足形のみち」では、尾道市内各所に設置された有名人・著名人の足形プレートの中から大林宣彦監督の足形を見つけ出し(というか、いきなり遭遇。多分誰でもすぐわかると思います)しっかりカメラに収めて参りましたとも(^^)。

大林宣彦のa movie book尾道大林宣彦のa movie book尾道
(2001/09)
大林 宣彦


尚、大林作品のロケ地巡りについてはこのような本も出版されてますけど(表紙イラストもジェフ・リンそっくりだ・苦笑)、駅前の観光案内書土産物店など街中のいろんなところで尾道三部作新・尾道三部作のロケ地案内MAPが無料で配布されてたので(あと『てっぱん』のロケ地MAPも!)、それだけでも大助かり(とくに尾道三部作のロケ地案内図には大林監督をはじめ、主要キャスト陣のコメントなども掲載されていて、大変興味深かったです)。ただ案内地図とはいえ、大林監督も「皆さんに迷子になってもらうために作られた」と書いておられるくらい結構アバウトなので、少々迷いましたが(笑)、それこそがまた尾道路地探訪の醍醐味で、何とも愉快で楽しいひと時でした。

- Part7につづく-



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1738-dbd38770

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT