Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』 :コーラス・グループ特集Vol.4

ビギンビギン
(1997/04/21)
ミレニウム


TFM/JFN系『BIG SPECIAL』
2011年10月06日25:00-28:00
「ハーモニーの楽しさ~コーラス・グループの魅力」
【第4夜】
スペシャルDJ&選曲&監修:萩原健太
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子


【第3夜までアメリカ中心だったので、今夜はまず英国ものからスタート】
01)Let's Go To San Francisco
 花咲くサンフランシスコ 1967年UK4位
  [ John Carter/Aaron Lewis ]
 /フラワーポット・メン The Flower Pot Men
 
CM
【一人多重録音もの】
-1990年代-

02)Your Imagination
 ユア・イマジネーション 1998年 
 [ Brian Wilson / Joe Thomas / S.R.Dahl ]
 /ブライアン・ウィルソン Brian Wilson

-50年代代表:多重録音の草分け-
03)How High The Moon
 ハウ・ハイ・ザ・ムーン 1951年1位
 [ Nancy Hamilton / Morgan Lewis ]
 /レス・ポール&メリー・フォード
 Les Paul & Mary Ford

-1960年代代表-
04)You Can't Do That
 ユー・キャント・ドゥ・ザット 1967年122位
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /二ルソン Harry Nilsson
 ※カナダではTOP10ヒット。

-1970年代代表-
05)I'm Not In Love
 アイム・ノット・イン・ラヴ 1975年2位
 [ Graham Gouldman/Eric Stewart ]
 /10cc 
 ※シングル・エディット・ヴァージョン

-1980年代-
06)Maxine  愛しのマキシン  1982年
 [ Donald Fagen ]
 /ドナルド・フェイゲン Donald Fagen

CM
【1960年代後半から70年代にかけて一世を風靡したハーモニー・スタイル】
~パート分けされていない、同じような音域で作る三声くらいのハーモニー、
その代表格

07)Blackbird ブラックバード 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /クロスビー,スティルス&ナッシュ
 Crosby,Stills&Nash CSN
 ※未発表スタジオライヴ・ヴァージョン

~ブラス・ロックにまで影響(笑)
08)Travel Suite: Flight 602
 フライト・ナンバー602  1971年
 [ Robert Lamm ]
 /シカゴ Chicago

~パート分けされていないコーラスの完成形
09)Ol' 55 懐かしき’55年 1974年
 [ Tom Waits ]
 /イーグルス  Eagles

~イーグルスと共に健太さんの憧れを掻き立てたコーラス
10)Crazy Love
 クレイジー・ラヴ 1979年17位/AC1位/C&W95位
 [ Rusty Young ]
 /ポコ Poco

CM
【健太さんが中学生の時にラジオで聴いてぶっとんだコーラス】
11)Bohemian Rhapsody
 ボヘミアン・ラブソディ 1976年9位/UK1位
 [ Freddie Mercury / Queen ]
 /クイーン Queen

AM2:00
【2時台はまず1960年代半ばのハーモニーでスタート】
12)Mr. Dyingly Sad 
 ミスター・ ダイイングリー・サッド 1966年17位
 [ Don Ciccone ]
 /クリッターズ The Critters

CM
【2時台前半はカート・ベッチャー特集!】
~最も成功を収めたプロデュース作品

13)Cherish チェリッシュ 1966年1位
 [ Terry Kirkman ]
 /アソシエイション  The Association

~自身のグループから2曲
14)My World Fell Down
 マイ・ワールド・フェル・ダウン 1967年70位
 [ John Carter/Dick St.John/Jay Lee ]
 /サジタリアス Sagittarius

15)I Just Want to Be Your Friend
 友達になれたら  1968年
 [ Curt Boettcher ]
 /ミレニアム The Millennium 
 
~ソロ
16)The Choice Is Yours
 チョイス・イズ・ユアーズ  1972年
 [ M. Rooney / T. Rooney ]
 /カート・ベッチャー Curt Boettcher

~その後の活動 
17)Jamaica Farewell 
 さらばジャマイカ  1976年
 [Trad./Lord Burgess ]
 /カリフォルニア・ミュージック California Music

18)(Just To Let You Know) I Love you So
 アイ・ラヴ・ユー・ソー
 [ Rick Lisi ]
 /カリフォルニア California

CM
【2時台後半はアカペラ・コーナー】
19)Walk The Dinosaur
 ウォーク・ザ・ダイナソー 2008年
 [ Randy Jacobs / David Was / Don Was ]
 /フライング・ピケッツ The Flying Pickets
 ※Was (Not Was)-1989年7位

20)Teach Me Tonight
 ティ―チ・ミー・トゥナイト 2011年
 [ Sammy Cahn / Gene DePaul ]
 /ナイロンズ The Nylons
 ※ジョー・スタッフォード (Jo Stafford-1955年15位)

-一人多重録音アカペラを2曲-
21)Good Lovin'  グッド・ラヴィン 1988年
 [ Rudy Clark / Arthur Resnick ]
 /ボビー・マクファーリン Bobby McFerrin
 ※オリンピックス(The Olympics-1965年81位)
 ラスカルズ(The Rascals-1966年1位)


22)Mighty Love  マイティ・ラヴ 1985年
 [ Bruce Hawes / Joseph B. Jefferson / Charles Simmons ]
 /トッド・ラングレン Todd Rundgren
 ※スピナーズ(The Spinners -1974年20位/R&B4位)

CM
【ゴスペル・ヒット】
23)Oh Happy Day  オー・ハッピー・デイ  1969年4位
 [ Edwin Hawkins / E.F. Rimbault / Traditional ]
 /エドウィン・ホーキンス・シンガーズ
 The Edwin Hawkins Singers

AM3:00
【3時台はボブ・ディランのコーラスものでスタート】
24)7 Deadly Sins
 セヴン・デッドリー・シンズ 1990年
 [ Traveling Wilburys ]
 /トラヴェリング・ウィルベリーズ
  Traveling Wilburys
 
CM
【ソロ・アーティストがバックにコーラスを従えた名演を集めて】
25)Daddy's Home
 ダディーズ・ホーム(ライヴ・シングル) 1982年23位
 [ William Miller/James Sheppard ]
 /クリフ・リチャード Cliff Richard
 ※シェップとライムライツShep & The Limelites(1961年2位/R&B4位)
 ※ジャーメイン・ジャクソンの邦題「パパの家」
  (Jermaine Jackson-1973年9位/R&B3位)


26)A Sunday Kind Of Love
 サンデー・カインド・オブ・ラヴ 1975年
 [ Barbara Belle/Anita Leonard/Louis Prima/Stan Rhodes ]
 /ケニー・ランキン  Kenny Rankin

27)If I Should Fall Behind
 イフ・アイ・シュッド・フォール・ビハインド 1992年
 [ Bruce Springsteen ] 
 /ディオン Dion

28)Smack Dab in the Middle
 スマック・ダブ・イン・ザ・ミドル 1976年
 [ Chuck Calhoun ]
 /ライ・クーダー Ry Cooder

29)His Hand in Mine
 主の御手をわが胸に 1960年
 [ Mosie Lister ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

CM
【第1夜~第3夜に入れたかったけど入れようがなかった(笑)
健太さんの好きなコーラス】

30)Bluebird  ブルーバード 1973年
 [ Linda McCartney / Paul McCartney ]
 /ポール・マッカートニー&ウィングス
 Paul McCartney & Wings

31)Maybe I'm A Fool To Love You
 アイム・ア・フール 1975年
 [ Eric Faulkner ]
 /ベイ・シティ・ローラーズ Bay City Rollers

32)Save Your Heart For Me
 君のハートは僕のもの  1965年2位
 [ Peter Udell / Gary Geld ]
 /ゲイリー・ルイス&プレイボーイズ
 Gary Lewis & The Playboys

33)Sandy
 サンディ 1965-1966年27位
 [ John "Bucky" Wilkin/Buzz Cason ]
 /ロニーとデイトナス ロニー&ザ・デイトナス
 Ronny & The Daytonas

34)A Love Song ア・ラヴ・ソング 1983年
 /ダズ・バンド Dazz Band
 ※Al.『On the One』

CM
-最後もやはり第1夜~第3夜に置きどころがなかった
典型(笑)ともいえるこの曲でお別れ-

35)Viva Japon  ビバ・ハポン 1962年
 /トリオ・ロス・パンチョス Los Panchos
 ※Al.『Los Panchos en Japon vol. II 』


以上、10月06日深夜に放送されたJFN系『BIG SPECIAL』「コーラス=ヴォーカル・グループ特集」第4夜のエアプレイ・リスト。なんやかんやしてるうちに発表のタイミングを逃してしまい、今頃になってしまって申し訳ありませんm(__)m。

第1夜から第3夜までのアカデミックに要点が整理されてた放送とはひと味もふた味も違い、「コーラス・グループ特集」というにはやや強引な選曲と構成でしたけど(笑)、でもそこがまた健太さんのスペシャルDJならではの魅力で、とにかく一貫してポップな選曲がゴキゲン。そう言えばカリフォルニア「アイ・ラヴ・ユー・ソー」NHK-FM『ポップス・グラフィティ』月曜日時代カリフォルニア・ミュージック特集(2001年2月19日放送)でもかけて下さってましたが、こうゆうのを全国ネットの番組で紹介して下さるのは、やはり僕が知る限り健太さんだけなので、10年ぶりにラジオで耳にすることが出来て本当に有難い限り。カート・ベッチャー特集は勿論、一人多重録音コーナーも、もっともっと深く掘り下げて頂いて、まだまだ聞きたいくらいでした(また何かの折りにお願いします!)。

さて早いもので、来週はいよいよクリスマス・ウィークTBS系ラジオ『サウンド・キャッチ』では既に先週からクリスマス・ソング・スペシャルで盛り上がってますけど、来週の『BIG SPECIAL』も楽しい放送になること間違いなし。年内最後の登場となる健太サンタさんのスペシャルDJ、リスナー仲間の皆様もどうぞお聴き逃しなく!!




関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

美しいコーラスに憧れました

『BIG SPECIAL』でコーラス・グループ特集をやったのを知りませんでした。法事があったり、パソコンが壊れるなどバタバタしていた時期で聞き逃していました。先ほどコーラス・グループ特集Vol.1~Vol.3のオン・エア・リストを拝見したのですが、普段、なかなか耳にする機会が無い曲も多く、非常に後悔しています。私がコーラスについて最初に意識したのはビートルズですが、高校時代にビーチ・ボーイズのベスト盤を買い、そのコーラスを聴いてビートルズとはかなり違う印象を受けました。このコーラスはどこから来たのだろうと、当時は不思議に思っていました。私が社会人になってからやっていたバンドで、ビーチ・ボーイズやCSN&Yのコーラスを取り入れようと思ったのですが、メンバーに「無理」と言われて却下された思い出があります。

| ドルフィン | 2011/12/16 23:46 | URL | ≫ EDIT

●ドルフィンさん
あら、それは残念!
実は僕もメンバー全員がリードヴォーカルも取れてバシッとハモれる
ようなバンド、やってみたいなと夢見てたんですが、でも実際やると
なるとなかなか難しいですよね(^^;)。

ところでビーチ・ボーイズと言えば、
50周年記念に再結成ツアーと新作アルバムをレコーディングという
驚愕のニュースが!?(更に全キャリアを総括する新しいBOXセットも
発売の予定とか!!)。

http://www.thebeachboys.com/reunion/index.html

| 糸志野露滋。 | 2011/12/17 17:41 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1781-45f9ef63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT