Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:Elvisカヴァー聞き比べ特集

Aloha From HawaiiAloha From Hawaii
(1992/04/14)
Elvis Presley


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年1月12日25:00-28:00
「Elvisカヴァー聞き比べ特集」
スペシャルDJ:石島稔
http://www2.jfn.co.jp/big/


【サン・レコードのレーベルメイトのカヴァー】
~ロカビリー・スタイルのカール・パーキンスに対し、
エルヴィスはロックンロール・スタイルに!

01-a)Blue Suede Shoes
 ブルー・スウェード・シューズ 1956年20位
 [ Carl Perkins ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

01-b)Blue Suede Shoes
 ブルー・スウェード・シューズ 1956年2位/R&B2位/C&W1位 
 [ Carl Perkins ]
 /カール・パーキンス Carl Perkins
 ※初の3部門同時チャートインを記録した曲。

CM
【黒人音楽の解釈】
-白人ソングライター・チームが黒人R&Bシンガーに楽曲提供-

02-a)Hound Dog ハウンド・ドッグ 1953年R&B1位
 [ Jerry Leiber/Mike Stoller ]
 / ビッグ・ママ・ソーントン  Big Mama Thornton
 ウィリー・メイ“ビッグ・ママ”ソーントン

-白人コーラス・グループがよりR&Rに近い形でカヴァー-
02-b) Hound Dog ハウンド・ドッグ 1955年
 [ Jerry Leiber/Mike Stoller ]
  /フレディ・ ベル&ザ・ベルボーイズ
Freddie Bell &The Bellboys 

-エルヴィスがロックンロール・スタイルで取り上げ大ヒット-
02-c)Hound Dog ハウンド・ドッグ 1956年1位/R&B1位/C&W1位
 [ Jerry Leiber/Mike Stoller ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

【ブルーグラス・ミュージックの解釈】
03-a) Blue Moon Of Kentucky
 ケンタッキーの青い月
 ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキー 1947年
 [ Bill Monroe ]
 /ビル・モンロー&ブルーグラス・ボーイズ
 ビル・モンローと彼のブルー グラス・ボーイズ
 Bill Monroe & The Bluegrass Boys
 Bill Monroe & His Blue Grass Boys

- サン・レコード時代のデモ録音-
03-b)Blue Moon Of Kentucky
 ケンタッキーの青い月 1954年
 [ Bill Monroe ]
  /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

-ロックンロール的な解釈による完成形-
~エルヴィスが新たな命を吹き込んだ!

03-c) Blue Moon Of Kentucky
 ケンタッキーの青い月
 ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキー 1956年
 [ Bill Monroe ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

【R&Bの神様、レイ・チャールズの解釈】
04-a) I Got A Woman アイ・ガット・ア・ウーマン 1955年R&B1位
 [ Ray Charles / Renald Richard ]
 /レイ・チャールズ  Ray Charles  

-RCAでの初レコーディング-
04-b) I Got A Woman  アイ・ガット・ア・ウーマン 1956年
 [ Ray Charles / Renald Richard ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

CM
【先輩ロックンローラーとのカヴァー聞き比べ】
05-a)Shake, Rattle & Roll
 シェイク・ラトル・アンド・ロール 1954年22位/R&B1位
 [ Charles E. Calhoun ]
 /ビッグ・ジョー・ターナー Big Joe Turler
 ※イギリスでは最初のロックンロール・ヒット。

05-b) Shake, Rattle & Roll
  シェイク・ラトル・アンド・ロール 1954年7位
 [ Charles E. Calhoun ]
 /ビル・ヘイリーと彼のコメッツ Bill Haley & His Comets
  ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ

05-c)Shake, Rattle & Roll
 シェイク・ラトル・アンド・ロール 1956年 
 [ Charles E. Calhoun ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

【エルヴィスの心の故郷、C&Wの解釈】
~エルヴィスにトム・パーカー大佐を紹介したのはハンク・スノウ

06-a) (Now and Then There's) A Fool Such as IA Fool Such As I
  フール・サッチ・アズ・アイ 1952年C&W3位(1953年C&W4位?)
  [ Bill Trader ]
  /ハンク・スノウ Hank Snow

06-b) (Now and Then There's) A Fool Such as IA Fool Such As I
  フール・サッチ・アズ・アイ 1959年2位/R&B16位(UK1位) 
  [ Bill Trader ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

CM
【ここでちょっと番外編】
07)My Way マイ・ウェイ 2007年
 [ Paul Anka / Claude Francois / Jacques Revaux ]
 /ポール・アンカ with ボン・ジョヴィ
  Paul Anka with Bon Jovi
 ※フランク・シナトラ(1969年)

AM2:00

【ここからはElvisのヴォーカリストとしての魅力に迫る】
~1926年の古い歌がベースになっている

08)Are You Lonesome Tonight?
  今夜はひとりかい?  1960年1位/R&B3位/1961年C&W22位
 [ Lou Handman / Roy Turk ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley 
 
CM
◎サン・レコード時代のカヴァー
09-a)Harbor Lights  港の灯 1956年
 [ Gordon Kennedy / Jimmy Kennedy / Hugh Williams ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

09-b)Harbor Lights 港の灯 1950年8位
 [ Gordon Kennedy / Jimmy Kennedy / Hugh Williams ]
 /ビング・クロスビー  Bing Crosby

◎1940年代にグレン・ミラー楽団でヒット
10-a)Blueberry Hill ブルーベリー・ヒル  1957年2位
 [ Al Lewis / Vincent Rose / Larry Stock ]
 /ファッツ・ドミノ  Fats Domino

10-b)Blueberry Hill ブルーベリー・ヒル 1957年
 [ Al Lewis / Vincent Rose / Larry Stock ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

◎イタリアのナポリ民謡に新たな命を吹き込む!
11-a)Torna A Surriento   帰れソレントへ 1911年
 [ Ernesto de Curtis ]
 /ジュゼッペ・ディ・ステーファノ Giuseppe Di Stefano

11-b)Surrender サレンダー  1961年1位
 [ Ernest De Curtis /Doc Pomus/Mort Schuman ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

◎1953年にダレル・グレン(Darrell Glenn) が発表(6位)
~今やエルヴィスのセイクレッド・ソングに。

12-a) Crying In The Chapel
 涙のチャペル(クライング・イン・ザ・チャペル) 1953年4位
 [ Artie Glenn ]
 /ジューン・ヴァリ June Valli

12-b) Crying In The Chapel
 涙のチャペル(クライング・イン・ザ・チャペル) 1965年3位/AC1位
 [ Artie Glenn ]
/エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

CM
◎Elvisの映画音楽から
13-a) Blue Hawaii ブルー・ハワイ 1961年
 [ Ralph Rainger/Leo Robin ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

13-b) Blue Hawaii ブルー・ハワイ 1937年
 [ Ralph Rainger/Leo Robin ]
 /ビング・クロスビー  Bing Crosby
 ※映画『ワイキキの結婚』

~同じく映画『ブルーハワイ』から
14-a) Monnlight Swim  月影のなぎさ 1957年24位
 [ Sylvia Dee / Benjamin Weisman ]
 /アンソニー・パーキンス Anthony Perkins

14-b) Monnlight Swim 月影のなぎさ 1961年
 [ Sylvia Dee / Benjamin Weisman ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

◎ミュージカル・ナンバー~1945年の名作『回転木馬』より
15-a) You’ll Never Walk Alone
 ユール・ネバー・ウォーク・アローン(Live) 1980年
 [ Oscar II Hammerstein / Richard Rodgers ]
 /ペリー・コモ Perry Como

CM
15-b)You’ll Never Walk Alone
 ユール・ネバー・ウォーク・アローン 1968年90位
 [ Oscar II Hammerstein / Richard Rodgers ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

◎結婚し子供も生まれた幸せの絶頂期に歌手としても大きな転機を迎える
~初のメッセージ・ソング

16)If Can Dream 明日への願い 1969年12位
 [Walter Earl Brown]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

AM3:00
◎王道ラヴ・ソングの解釈聞き比べ
17-a)The Wonder Of You
 ワンダー・オブ・ユー  1959年25位
 [ Baker Knight ]
 / レイ・ピーターソン Ray Peterson

17-b)The Wonder Of You
 ワンダー・オブ・ユー  1970年9位/AC1位/C&W37位
 [ Baker Knight ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley
 ※ライヴ・ヴァージョンでオンエア

CM
◎歌い方も大人っぽくなったエルヴィス除隊後のカヴァーを聞き比べ
18-a) Fever   フィーバー 1958年8位/R&B5位
 [ Otis Blackwell / Eddie Cooley ]
 /ペギー・リー Peggy Lee
 ※オリジナルはLittle Willie John(1956年)

18-b) Fever  フィーバー 1960年
 [ Otis Blackwell / Eddie Cooley ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

◎カントリー・クラシックの名曲を聞き比べ
~ポーター・ワゴナー(Porter Wagoner/1965年C&W4位)

19-a)Green Grass Of Home
 思い出のグリーングラス 1967年11位(1966年UK1位)
 [ Curly Putman ]
 /トム・ジョーンズ  Tom Jones

19-b)Green Grass Of Home
 思い出のグリーングラス 1975年
 [ Curly Putman ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

◎1945年の同名映画主題歌のカヴァーを聞き比べ
20-a) Love Letters ラブ・レター 1957年
 [ Victor Young / Edward Heyman ]
 /ナット・キング・コール Nat King Cole

20-b) Love Letters ラブ・レター 1966年19位(UK6位)
 [ Victor Young / Edward Heyman ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

◎巨匠対決
21-a)My Way マイ・ウェイ 1969年27位/AC2位
 [ Paul Anka / Claude Francois / Jacques Revaux / Gilles Thibault ]
 /フランク・シナトラ Frank Sinatra

~1977年6月(亡くなる約2ヵ月前)のライヴ録音で
21-b)My Way  マイ・ウェイ(Live)
 [ Paul Anka / Claude Francois / Jacques Revaux / Gilles Thibault ]
  /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley 

◎『アロハ・フロム・ハワイ』(1972年1月14日)の
リハーサル・ショー(1月12日)から

22)I’ll Remember You  アイル・リメンバー・ユー
 [ Kui Lee ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

23)An American Trilogy アメリカの祈り  1972年66位
 [Arr.:Micky Newbury]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

CM
【最後はElvisもステージのクロージング・ナンバーに使っていたこの曲で】
~原曲は18世紀フランスの作曲家ジャン・ポール・マルティーニの「愛の喜び」

24)Can't Help Falling In Love 
 好きにならずにいられない 1962年2位/AC1位
 [ Luigi Creatore / Hugo Peretti / George David Weiss ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley


以上、JFN系『BIG SPECIAL』2012年1月12日深夜放送のエアプレイ・リスト。番組サイト掲載分のじゃ少々物足りないし、個人的に記録しておきたかったので、邦題ソングライターチャート&年代等々もわかる範囲で書き添えて作成してみた次第。

エルヴィスは「カヴァー」というよりも独自の解釈で楽曲に新たな命を吹き込む「インタープリート」と呼ぶのが相応しいと石島さんがおっしゃってましたが、確かにその通りかもと納得。ラジオ番組ならではのオリジナルとカヴァーの聞き比べを通して、白人のカントリーやブルーグラス、黒人のR&B音楽をロックンロールへと変貌させていったエルヴィスの選曲眼プロデューサーとしての凄さも検証しつつ、素晴らしい歌声をたっぷり堪能出来て、大変興味深い3時間でした(「アメリカの祈り」という邦題はレコード会社の担当ディレクターだった石島さんが名付け親でいらしたんですね!『アロハ・フロム・ハワイ』については『DAYBREAK』時代に木崎義二さんや湯川れい子さんがそれぞれ2008年1月14日深夜2009年9月3日深夜の放送で特集を組んで当時のエピソードを語って下さってましたけど、石島さんからもその辺りのお話、もうちょっと伺ってみたかったです。そのような機会、是非またお願いします!)。

関連記事
スポンサーサイト

| DAYBREAK/TO VILLA | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

好きにならずにいられない

私もこの番組を聴いていたのですが、やはりエルヴィスは凄いなと改めて思いました。単に歌が上手いというのではなく、声そのものに強烈なグルーヴがありますし、曲の解釈の仕方にも非凡な才能を感じます。聴き比べだったので、より興味深くて楽しめました。

実は私の母がエルヴィスのファンで、私が母に「エルヴィスが登場した時、どのように感じたのか?」と質問したところ、「それまでこの世界に存在しなかったものが、突然目の前に現れた。本当に衝撃的だった。それ以上は言葉では説明できない」と言っていましたよ。

| ドルフィン | 2012/01/16 23:56 | URL | ≫ EDIT

ドルフィンさん、お返事遅くなってすみません。
そうですか、お母様はElvisファンでいらっしゃいましたか!

本当に、こうして聞き比べてみると、エルヴィスの歌声の魅力や
歌唱の素晴らしさが浮き彫りになって、あらためて彼の偉大さを
痛感せずにはいられないですよね。

最近は激安の廉価盤CDも沢山出てますけど(アルバム8枚をCD4枚
に押し込め、更にシングル曲のボートラ付きで千円弱、というの
には流石に驚きました)、エルヴィスの歌声、ラジオでもっと
聴きたいですね!

| 糸志野露滋。 | 2012/01/21 22:17 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1795-e62043f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT